更新日: 2017年12月05日
お問い合わせ

<協力>



現在の閲覧者数:


◆11月12日に出身地別対抗戦を開催しました。⇒地域別対抗戦2017

◆10月22日の試合は、中止となりました。(10月24日更新) ⇒試合日程
*表示が更新されない場合は、ページの再読み込みを行ってください。

「HKSA AA LEAGUE」のFacebook


第73期 第11節 12月3日

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:藤原
敗戦投手:
アタッカーズ 0 0 0 3 2         5 HR:
ドリームス 1 16 5 2 X         24 HR:中村 岡本
勝ち組コメント
今季5戦目は、我らが市助助監督の日本帰任前、最終試合。
絶対に負けられない戦いがある!気合十分で挑むのは打線好調のアタッカーズさん。
初回、エース組長が久々の先発登場。
船の上で磨きのかかった精神力と持ち前の速球で相手打線をノーヒットでピシャリ!
最高のスタートを切った夢軍団は、先頭バッターともきんがしっかりとヒットで出塁し、2番なかすけが渋い犠牲フライで、まずは先制。
このまま一気に流れに乗りたい夢軍団であったが、3番TK-Gがあっさり凡退・・・チャリンチャリン。
続くは本日の主役、市助。気合は十分であったが、ここは四球を選ぶ。
続く組長、しっかりとレフトへはじき返すもここは相手レフトのナイスキャッチ。あえなく1点で攻撃終了。
ただ、今日の組長はエンジン全開。
続く2回も緩急を織り交ぜ初回同様ノーヒットでピシャリ!打線の奮起をまつ。
2回は、これまた帰任が決まっている角ぴろ〜んから。しっかりと左中間へはじき返しチャンスメイク。
続くは市助と長年苦楽を共にしてきた、Wそうさい。
溜めに溜めたスイングは市助への愛を込めた一振り。
見事ライトスタンドへ飛び込む今季初HR!
ここから夢軍団怒涛の連打で打者一巡の猛攻撃。
1番ともきんにも満塁HRが飛び出し、この回一挙に16点を奪取。
投げては3回までノーヒットに抑える組長の好投。
打線は市助2安打含む全員安打とこの日の夢軍団は絶好調。
最終回はWそうさいが抑えで登場。
一二塁間の若手コンビに守備の乱れが出るも慌てることなく、きっちり試合を閉めて、試合終了。
見事市助助監督へ勝利をプレゼントすることが出来ました。
市川さん、長年の香港勤務本当にお疲れ様でした!!
夢軍団に沢山の夢を頂き、感謝・感謝・感謝です!
残されたメンバーも市川さんの思いを受け継ぎ、来年も勝利を掴みにいきましょう!!
負け組コメント
強豪ドリームスさんとの対戦は2回に大量16点を奪われてジ・エンド。
終盤の反撃で完封は逃れたのがせめてもの救い。
引退試合の高安さん、広州・深センから度々ご参加くださりありがとうございました!

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:中島
敗戦投手:吉冨

イーグルス 1 0 3 0           4

HR:丸山

ロイヤルズ 3 1 4 4           12 HR:
勝ち組コメント
1回、ヒットと四球で塁を埋め赤石の2点タイムリー、丸山の3塁打で幸先よく3点奪取。
2回は、野嵜の今シーズン2本目のヒットが3塁打となり山中の遊ゴロで追加点。
3回、2つの死球を絡め丸山、中島のタイムリー。新人村山の捕前初ヒット。
4回は木俣、野嵜のこの日2本目のヒットで駄目押し。
投げては、中島と道宗の100歳超え黄金バッテリーで相手打線を4点に抑え完投で前期に続き連勝。
負け組コメント
貧しさに負けた〜、いいえ、世間に負けた〜。
試合終了後から、往年のヒット曲、「昭和枯れすすき」のフレーズが頭から離れません。
ついに開幕5連敗。AAリーグで未勝利のチームは、我がイーグルスだけとなってしまいました・・・。
がしかし、4番丸山に待望の一発が出るなど、厚く垂れこめた雲の隙間から、わずかに光が差してきたように思います。
長いトンネル脱出に向け、皆さん、頑張りましょう!!

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:
敗戦投手:松倉

ツナーズ 7 3 3 1           14

HR:

コンポードー 3 7 10 X           20 HR:
勝ち組コメント
今期6戦目はツナーズさんとの試合。
ツナーズさんの強力打線に初回に7失点を喫してしまったが、投手の広瀬がまとまりあるコントロールで四死球をほとんど与えず、チームにリズムをもたらす。
その後、ここ3試合沈黙していた攻撃陣が爆発。
全員で”繋ぐ”を意識した結果、2回と3回はどちらも打者一巡の攻撃となり計20得点、相手を突き放すことが出来た。
打たれながらも粘り強い投球をしてくれた広瀬がついに初勝利!
全員で声を出し合い、最後まで良い雰囲気のまま試合運びを出来たことで久々の勝利につなげることができた。
本年の試合はこれで終了、次戦は年明け早々に首位サンダースさんとの戦いとなります。
1ヶ月程空いてしまいますが、今日の勢いそのままにサンダースさんに挑みたいと思います。
本年も大変お世話になりました。来年も何卒よろしくお願いいたします。
負け組コメント
73期5戦目はコンポードさんとの対戦。すこし肌寒さも感じる本年最終試合開始。
初回からツナーズは、砂永の二塁打を皮切りに攻撃がつながり打者一巡の攻撃で一挙7点。
一方、守備では初回の攻撃を3点に抑える。
2回も富山の出塁から、厚澤、松倉の安打が続き3点追加。
裏の攻撃では、コンポードさんの攻撃が火を噴き、本塁打も飛び出し一挙7点とこの時点で10対10のイーブンスコアに。
3回も攻撃の手を緩めず、萩原、砂永の2連続2塁打、松倉の強烈な二塁強襲安打と更に3点追加。
しかしその裏、コンポードさんの打線がつながり8安打、2イニング連続打者一巡と10点。。。
最終回、下山、河野の安打で1点を返すが後続が続かず試合終了。
連敗となってしまいましたが、良い緊張感の中怪我なく試合ができました。
また来年も頑張りましょう!

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:金塚
敗戦投手:石本

エンジェルス 0 1 0 1 1         3

HR:石本

サンダース 0 0 6 1 6         13 HR:吉田 吉原
勝ち組コメント
73期4戦目は強打のエンジェルスさんとの試合&サンダースの名3塁手・菅原選手のプレ送別試合。
試合は正捕手浜田が不在の中、金塚-土肥の新バッテリーで開始。
初回、エース金塚が3人を打たせて取り、上々の滑り出し。
いい流れから先取点を取りたいところであったが、好調サンダース打線もお付き合いで得点出来ず、試合序盤は投手戦の展開。
相手に1点の先制を許した三回、リズムよく守備を終えると、先頭宮定が冷静に四球で出塁、ヒット等でつなぎ、無死満塁のチャンスにラストバッター土佐屋がしっかりと四球を選び、押し出しで同点。
上位打線につなぐと3番吉田、4番吉原の連続HR等で一挙6得点をあげ、逆転に成功!
四回、気が緩んだのか金塚が今日が最終戦?のエンジェルス石本選手に完璧な一発を浴び、嫌な雰囲気に。
ここでセカンド丸山に超ビックプレーが飛び出す。
相手2番打者のセンターに抜けようかという強烈なライナーを横っ飛びで好捕。
この回を守り切ると、その後は好調なサンダース打線。
プレ送別の名サード菅原のタイムリーで突き放すと、打線がつながり得点を重ねる。
終わってみれば13ー3で勝利。
投打がしっかりと噛み合い開幕4連勝!!
レギュラー争いの激しいサンダースにおいて、参戦2戦目でセカンドのレギュラーを確固たるものとした感のある丸山選手。
足もある素晴らしい野球センスは中堅、ベテランにも今後良い影響を与えるでしょう。
次戦以降も連勝街道目指して、頑張っていきましょう!!
負け組コメント
先発石本は好投も中盤に守備が乱れ、点差が開いてしまう。
本日のチームハイライトは石本の帰任前最終打席、レフトスタンドに突き刺す狙い通りの本塁打!
逆転へ向けチームも盛り上がる!
が、最終的には力負け。なんとか石本に勝ちをつけたかった。



(C) Copyright is reserved by HONG KONG SA Men's AA LEAGUE