AAリーグ第72期 スコアボード

第72期 第21節 4月2日

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:久下(兄)
敗戦投手:木俣
ロイヤルズ 0 0 0             0 HR:
オオゼキ 9 12 10             31 HR:山田 高尾  久下(兄)
 小野 正木
勝ち組コメント
今季第12戦はロイヤルズさんとの一戦でした。
初回、先発DGMが満塁のピンチを招くもサードゴロでゼロに切り抜けると、裏のオオゼキは早くも打線が火を吹く!
先頭打者ワッキーが四球で出ると、ポッターはレフ トにヒット、マグも四球で満塁のチャンス。
ここで4番カリがセンターに3塁打を放ち、3点!
バットーサイの内野ゴロがエラーを誘い1点追加後、6番鷹王が今季4号を打って、6点!
1死後フカチンがヒットで出塁。
2死後DGMが四球でつなぎ、続くゾロが2号ホームラン!!
ジロー四球、キャップ安打は残塁となったが、この回9点先制!
2回はマロがランナー3塁のピンチを作ったが、暴投かと見えたところ、捕手鷹王の好守でホームタッチアウトでゼロ。
その裏はポッター2塁打の後、3番マグがホームラン!!
カリ四球、1死後鷹王は内野ゴロエラーで出塁。
2死後フカチンもエラーで1点追加。
レーブンは四球、DGMはエラーで出塁でつなぎ、好調ゾロがレフトにタイムリーを放つと、ジローが満塁走者一掃のタイムリー!
キャップもレフトにタイムリーと復調!
ワッキーはきっちり四球を選び、ポッターはレフトにタイムリー。
マグ、カリの四球で押し出し。パスボールもあって、結局この回12点!
3回表、それでもマロは変わらずに、2三振でゼロに抑えるのが立派!
3回裏、オオゼキは攻撃の手を緩めず、鷹王四球の後、マロがレフトに一発!
1死後レーブン四球、DGMヒット、ゾロ四球で満塁とし、ツーアウト後キャップが満塁ホ ームラン!!
この日5本目のアーチは、キャップ猛打賞、完全復活を告げる一本に!
バースデイワッキーがヒットで出ると、ポッターのバットからはなんと今日4本目のヒットが飛び出し、また1点追加。
マグ、カリはエラーで出塁し、バットーサイがタイムリー!
終わってみればこの回10点。31−0となったところで試合終了。
見事完封、本塁打5本の快勝となりました!強い!
次の試合は今季最終戦。勝って勝ち越しで終わろう!!
負け組コメント
正投手不在となり急遽監督の木俣が先発のマウンドに。
レフトに入った野嵜の頑張りとリリーフ道宗、チームメイト全員のバックアップで何とかゲームを完遂。
残り2試合厳しい戦況が続きますが頑張って行きましょう!

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:井土
敗戦投手:高橋

サクラ 0 5 9             14

HR:小山(2本)

パイレーツ 3 2 4             9 HR:
勝ち組コメント
勝ち越しへの望みをつなげたいパイレーツ戦。
上位ランカーとの対戦だが、けが人含む人数ぎりぎりの10人での試合と幸先不安・・・
監督が櫻得意の先行をとり、初回、先制点を奪いたいところ。
1番、2番と抜群の選球眼で出塁し、大量得点を匂わせるが、3番増山の強烈な打球はサードのグラブにスポっと入ってしまい、まさかのゲッツー。
4番藤田も緩急にやられ、まさかの三振。。。
嫌な流れを断ち切りたいが、守備がぱっとせず、3点を失う。
2回、なんとか逆転したいところ。
先頭、けが人監督小山のツーベースヒットを皮切りにファーボール、エラーを含む7連打で、なんとか5点を奪い取り逆転。
その裏、2点を失い追いつかれるも、3回にけが人監督小山がグランドスラムを含む、2ホーマーを放ち、一挙9点。
最後まで守備が安定せず、最終回も4点を失ったが、けが人監督小山の大活躍により勝利を奪い取った。
次節、最終戦を勝ち、勝ち越しにて終えたい!
負け組コメント
現在6勝5敗で今日勝てば勝ち越し決定という大事な試合だが、出張者続出でエースもチーム3冠王もいなく、けが人助っ人入れて計10人でのサクラ戦。
パイレーツは後攻スタート。
1回表:先発高橋、いきなり連続四球でピンチを作るが、SAMのサードゴロ併殺もあり無得点に抑える上々のピッチング。
1回裏:先頭村田が四球、SAMはピッチャー内野安打で相手パスボール、盗塁も含めノーアウト2,3塁のチャンスに3番青は見事なセンター前タイムリーで2点先制。
続くHOWARDは力み過ぎの三振、走者はパスボールなども含め1アウト3塁。
今日5番のDANNYはレフトへの犠飛で1点追加。
2アウトから高橋死球、藤井レフト前安打と続くが向井はショートゴロに倒れ、この回計3点で終わる。
2回表:相手打線につかまり6安打1四球、エラーもあり、この回5失点と逆転される。
2回裏:腰痛菅原が力みのないセンター前安打、先頭に返り村田は死球、SAMはショート内野安打でノーアウト満塁のチャンス、ここで期待の青監督の打席はレフトへの大きなフライ。
しかしフェンス前で失速、犠飛となり1点。
続くHOWARDは前打席の三振を取り戻すレフト前タイムリーで同点。
後続続かずこの回2得点で同点とする。
3回表:相手打線爆発、2本塁打(1本は満塁本塁打)を含め味方エラーもあり何とこの回9失点。
この回の途中で1時間コール。
3回裏:先頭向井がサードゴロに倒れ、続く菅原はライトへポテン安打。
先頭に帰り村田もセンター前安打、SAMはショートゴロで3塁封殺、続く青は四球で2アウト満。
HOWARDは押し出し四球で1点。続くDANNYのセカンドゴロを相手エラーで1点追加。
続く高橋はセンター前タイムリーで計4点。
2アウトから追い上げるパイレーツは1,2塁でいぶし銀藤井。
しかしセカンドフライに倒れゲームセット。結局14対9で敗戦。3回の9失点が痛かった。
しかし実質9人でいいゲームができたと思います。
これで6勝6敗の5分、今期最終戦に勝ち越しを賭けて頑張りましょう!
とにかく皆さん日程調整して最終戦の参加をお願いします!!!

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:長谷川
敗戦投手:吉冨

コンポードー 3 5 4 1           13

HR:

イーグルス 0 0 4 8           12 HR:
勝ち組コメント
第11戦目はイーグルスさんとの対戦。
1番バッター俊足廣瀬が不在となるも、新メンバー栗本を迎えて12名で試合に挑んだ。
じゃんけんに負けて先攻で試合開始。
イーグルスさんピッチャーの立上りを攻め、1〜2番の四球と3番市川の姑息なセーフティーバントで満塁、4番杉本(み)のセンター犠牲フライで先制、太郎のライト前ヒット他で初回は3点を獲得。
エース長谷川Bは今期達成したノーヒットノーラン以降コントロール重視の大人のピッチングを会得して、初回を無失点に抑える。
2回の攻撃は、長老杉本(知)のセンター前ポテンヒットを皮切りに、栗本四球、河邊−西村の連続ヒットと後続も続き、大量5得点を獲得。
長谷川Bの緩急とコーナーワークを生かした絶妙なピッチングにより、2回も無失点に抑えた。
3回の攻撃は、先頭河合がサードゴロに倒れるも、岡田以下3連続ヒットと相手エラーも重なり、この回も4点獲得。
12対0と大量リードで試合が進み、次シーズンを見据えたピッチャー育成のため、好投の長谷川Bから岡田に交替。
しかし、岡田はハードワークと飲みすぎで疲れがたまったせいか、荒れたピッチングで制球がままならず、連続四球、急遽河合に登板させ何とか4点失点でしのぎ切る。
4回の攻撃はイーグルスさんピッチャーの制球力も高まり、1点獲得に留まった。
その裏、サウスポー河合に試合を締めさせるべく続投も、やはり連続四球と長老杉本(知)のエラーも重なり、大ピンチ!
ここで、Mrコンポードーこと長谷川Bが再登板、力で押さえつけたにもかかわらず不運にも飛んだ場所が悪かった歩点ヒットに見舞われたものの後続を押さえ、13対12と辛くも勝ちきった。
第72期の優勝は逃しましたが、第4戦以降連勝を続けているコンポードー。
単独2位を目指して、残りの2戦を乗り切りましょう!
負け組コメント
今期は天候に恵まれて早くも最終戦のイーグルス!!
勝って今季を終了したいが強豪コンポードーさんとの対戦。
前半は最大12点差まで離されたが、相手継投後にイーグルス反撃!
あと一本まで攻め込んだが最後抑えられゲームセット。
今期最終戦と川崎さん最終戦!
また来季にシーズン勝ち越し目指して頑張りましょう!!

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:
敗戦投手:

ブレーブス 6 3 2 4 0         15

HR:DERICK 秋山(2本)

アタッカーズ 4 0 7 0 2         13 HR:
勝ち組コメント
残すところ後2試合、対する相手は今期すでに一勝しているアタッカーズさん、何とか勝って追いつきたいところだが、 またまた9人ギリギリで試合開始。
初回表、1〜5番の5連打もあり幸先良く6得点、その裏4点取られるも、その後も2、3、4回と追加点を重ねる。
3回裏に7失点するも、迎投手、守備陣も何とか持ちこたえ、5回を終わったっところで15-13。
やっと初白星かと思いきや時間はまだ有り6回に。
なんか嫌な予感がしたが、まさか?の猛攻で8得点。
後は6回裏を守りきるだけだが、途中1時間半コールで試合終了、6回は無効に。
でもやっと、一勝出来ましたよ、皆さん。
2番中山が4-4、4番秋山が6回の3本目は無効になったが豪快に2ホーマーと大活躍でした。
あと一試合、前期優勝のドリームスさんですが2勝目目指し頑張りましょう!
負け組コメント

(C) Copyright is reserved by HONG KONG SA Men's AA LEAGUE