AAリーグ第66期 スコアボード

第66期 第20節 9月4日

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:金塚
敗戦投手:佐藤
アタッカーズ 0 0 0 4 0         4 HR:
サンダース 3 5 0 5 6         19 HR:John
勝ち組コメント
残り試合も少なってきて、気合を入れて望むアタッカーズ戦。
久しぶりに大所帯の17名参加かと思いきや、当日2名お休み、そして遅刻者2名も出るも、総勢14名で挑む。
初回、ランナーは出すものの、安定したピッチングを披露するエース金塚、早速それに応 え、4番のJohnがガツンと一発3ランを放つも、朝早すぎるのか、ベンチの出迎えが静かぁ。(笑)
そして、2回表も三者凡退に切って取ると、大将・中村がクリーンヒットで出ると、久々登場の土佐屋も選んで出塁、そして那須がきっちりタイムリーヒットで繋ぐと、爽やか渡辺、監督も選んで出塁、ここで超若手・稲田が走者一掃の2塁打で怒涛の5得点を挙げ、試合の流れを ぐぐっと引張り込む。
しかし、4回表に四球及び守備の乱れで、あっさり4点を献上してしまうと、ここはエー ス自らチームに喝を入れると、先頭土佐屋が選んで出塁すると、那須もヒットで続き、爽やか渡辺も遅刻の汚名返上とばかりに、久しぶりのヒットを放ち、監督も選んで出塁すると、再び稲田が2点タイムリー、運び屋ミズノも2点タイムリー2ベースを放ち、5得点。
そして5回裏も、4番Johnが前打席にボール球をわざわざ振って、敢え無く三振したのとは違い、チームバッテングの2塁打で出塁すると、エースもタイムリーヒットで繋ぎ、宮定 オッパもヒットで続き、黄オッパも選んで出塁、大将・中村のタイムリーヒット、そ して斉藤のタイムリーヒット、土佐屋・ムエタイの犠牲フライなどで6点を追加する。
守っては、今回も4回以外は危なげなくきっちり抑え、9奪三振を奪ったエース金塚。
そして雷打線、全員仲良く3打席回り、終わってみたら今季最多の19点。
そのうち5打点を叩き出した稲田、3安打猛打賞の運び屋ミズノ、宮定オッパと元気が良いです。
そして、新人・那須にも、ようやく"らしい"当たりが出てきて、更なる期待が持てます。
しかぁし、外野の守備の連係がうまくいけたら、もう少し防げた点、反省です。
そして、今回も2人いたので・・・。くどいようですが遅刻厳禁。
勝ち星は二桁に到達しましたが、まだまだ厳しい戦いが続きます。
この勢いで雷軍団、残り試合3試合、着実に勝利に邁進しましょう!!!
負け組コメント
開幕直後の連勝の勢いは、どこに?
連敗ですっかり元気のないアタッカーズ。今日は、首位サンダースさんと対戦。
初回、水野四球出塁・大里安打で無死1・2塁。
「いけそうな」雰囲気だったが、後続が凡退。早くも暗雲立ち込める。
その裏、主力守備メンバーの大量な欠席の為、ほとんどが定位置ではないアタッカーズ守備陣。
サンダースさんの強烈な打球に、たじたじ。
先発佐藤が必死に耐えるが、ランナーをため、3点本塁打で先制を許す。
その後も、サンダースさんの強烈な打球に、たじたじのアタッカーズ守備陣。
しかし、徐々にであるが慣れても来る。
そして佐藤も踏ん張り、3回はついに零封に抑える。
そして、4回表には水野、大里の四死球に、柴のタイムリーで待望の1点。
さらに、畠山・中村の連続2塁打とつなげ、この回4点を返し反撃ムード。
しかし・・・・・・・・そのあとが波にのれない・・・・・・・。
4回から宮崎が登板するも、再び火のついたサンダースさん打線が爆発。
打線もランナーは出すが、その後が続かずに、一方的な試合となる。
今回の敗戦で、ついに2つの負け越し。この3試合でわずか7得点。
勝率5割まで残り2試合、これ以上は負けられない。

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:土田
敗戦投手:川満

イーグルス 3 0 1 2 1         7

HR:

カイザース 0 3 0 1 2         6 HR:
勝ち組コメント
66期も残り4試合。
一戦必勝で4連勝をめざすイーグルスに、オパこと富安の日本からの参戦が決まり、チームの士気も盛り上がり、臨んだカイザースさんとの一戦。
1回の表、先頭丸山のツーベース、続く笠井のヒット、そしてイーグルス首位打者森島の四球で、初回から大量得点の予感。
続くバッターは、65期とのカイザースさんとの一戦では、本塁打も打つなど大暴れした富安。
「でるか一発!」と誰もが思っていたが、力が入りすぎてサードゴロ。
しかし、さすが長年、イーグルスの中心として活躍してきた富安。
相手のエラーを誘い、初回まずまずの立ち上がりの3点。
1回の裏は、先発土田の立ち上がりをうまく捉えられるも、セカンド笹川の好フィールディングもあり、得点を許さない。
2回の表は、先頭土田が技ありのセンター返しで出塁するも、後続が続かず追加点を奪うことができず。
その裏、エラーやヒットでワンアウト満塁のピンチに、ツーベースを打たれるなど3点を奪われ、同点とされる。
2回の裏に同点とされるも、西山のエラーでの出塁を足がかりに、本間のヒットで1点を返すなど、いつもと違う感じのイーグルス打線。
長打はなくても、ヒットや四球、盗塁などで、泥臭いながらもチーム一丸となって、点を奪う攻撃ができた。
その間、守備の面では、エラーもありながらも、笹川や稲葉などの好プレーもあり、先発土田の好投を支える。
4回の表は笠井、植木、森島の三者連続ヒットや富安の四球などで、2点の追加点を奪い、4回を終わって、6対4と白熱した試合が続く。
猛暑の中の一戦も、1時間を経過した5回の表。
先頭才木が四球を選んで、すかさず盗塁を決め、ツーアウト後、西山が技ありのライト線へのヒットを放ち、貴重な1点を追加。
この1点が勝利に大きく左右するとは、誰もが想像していなかった5回の裏、最終回。
粘るカイザースさんは、ワンアウト2・3塁と土田を攻め立て、2点を奪う。
その後、ツーアウトになるも、1塁に出たランナーを痛いミスで3塁まで進めてしまい、ツーアウト3塁。
一発出れば逆転サヨナラ、ヒットやパスボールでも同点。
守る野手だけでなく、ベンチも息を呑むような緊張の中、相手打者が打った打球は、センター丸山のところへ。
大きな当たりに一瞬、「同点か?」と思われたが、守備の要、丸山が落ち着いてキャッチで試合終了。
カイザースさんとの白熱した試合を、勝利という形で終えることができた。
急遽、イーグルスのために日本から参戦してくれた富安さん、暑い中、本当にご苦労さまでした。
守備での活躍など、富安さんの存在はとても大きなものでした。
残り3試合、一戦必勝で、目標としていた勝率5割に近づけたい!
負け組コメント
本日、結婚式を迎える竹内選手のウエディングゲーム!
何としても勝って、夜の披露宴に花を添えたいところ!
初回に3点を奪われるも、2回裏の攻撃、相手のエラーや、キャプテンYAKABUの2ベースヒットなどで同点に追いつく。
その後、追加点を奪われ、7対4で迎えた最終回、松木、小野寺などのヒットで1点差まで追いつくも、そこで終了。
残念だが、竹内先輩のウエディングゲームに、花は添えられませんでした。
しかし、どんな時でも明るいカイザース!
披露宴ではゲームの事など忘れたかのごとく、竹内先輩の新たなる門出を祝福しました!
竹内先輩&ボ二ーちゃん、末永くお幸せに!!

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:丸山
敗戦投手:戸崎

ロイヤルズ 2 0 4 0 5         11

HR:

エンジェルス 5 1 3 0 0         9 HR:
勝ち組コメント
『コメント係、大失態!の巻』
※『野手の墓場』は次回以降、お届けいたします。
チームK期待の新人大塚に、夏休みで来港中の梶原を加えた史上最多23名で挑む(はずだった)エンジェルス戦。
だが選手として、また社会人としてあるまじき大遅刻をかましたコメント係のせいで、チームの士気は↓のまま先攻、初回の攻撃。
疇地、BABAの四球で作ったチャンスに、監督白杉の打球は失策を誘い、疇地が生還。
二死後、バットのどの部分で打ったらそうなるのか、ピーノくんの無回転打球は左前にポトリと落ちて、この回は2点を先制。
裏に一気に逆転された2回は、二死からヨデンが強烈な投手強襲打を放つも、無得点に終わる。
さらに1点を追加され4点差となった3回、「ヨデンには負けてられん」と、先頭岡谷が中前打で出塁。
RYOさん、伊藤と3連打で無死満塁のチャンス。
赤石はボールを見極めて押し出し四球、宮本が剛球に逆らわず左前に運ぶ適時打。
大石内野ゴロの間に追加点を挙げると、城倉も右前に弾き返し同点に。
(その後は宮本本塁憤死、ヤブ三振で逆転ならず)
突然の登板で調子が狂ったか、その裏に再逆転を許したKAZは3回で降板、丸山にスイッチ。
3点を追う5回は、やっと打席が回って来た23番目の打者梶原が、絶妙のバントヒットで出塁すると即盗塁。
疇地死球、BABAの右前打で一死満塁とすると、監督白杉はフルカウントから中前に落とす適時打で反撃の狼煙。
続くKAZは、右中間を破る走者一掃の三塁打で、ついに逆転!
なおも二死から前越が四球を選び、丸山が中前適時打でリードを広げる。
水野死球で再び満塁となるが、ヨデンの鋭い打球は、残念ながら右翼手の正面となり、11対9に。
6回にも、大石の適時打等で3点を追加したが、その裏エンジェルさんの猛反撃(特大満塁HR)を受け、1点差まで詰め寄られたところで時間切れとなり、前イニング(5回)に遡ってのスコアにて試合終了。
接戦をなんとかものにし、久しぶりの勝ち星先攻となりました。
次節は、『野手の墓場』をお届けする予定です。
負け組コメント
4位上昇でウキウキの天使達。
今日も朝から総勢14名、セッキメイに集まります。
怪我でブランクを空けていた医龍戸崎。 朝から、医龍3の話題で盛り上がります。
投球練習も、怪我の影響が無いよう。
今日はいけるぞぅ的な空気で、強敵ロイさんに臨みます。
1回、立ち上がりをうまく責められ2失点で、またも追いかける形に。
1回裏、流し小野ちゃん。綺麗にライト前に流して、トップの役目を・・・
そして、すかさず盗塁。今日は燃えてます。
続く新人土橋、DBで出塁。
当たっている若大将宮澤、気合を入れすぎたか・・・セカンドゴロ。
その間に、流し小野ちゃんがホームへ生還、1点を返します。
続いて医龍戸崎、目の覚めるような打球をライト前へ運び同点。
続く、若頭中込、センターオーバーの二塁打で逆転に成功。
そして会長清水、左中間へボールを運び、2塁打でさらに1点追加。
栗やんライト前に弾き、得点圏へランナーを進め、監督崎ちゃんショートゴロの間に、会長清水が見事生還、合計5点目。
見事な逆転劇で、試合をひっくり返します。
2回、医龍戸崎、調子の上がってきた速球で、0点に抑えます。
2回裏、飛びます鍵谷、四球で出塁。
大御所松樹、なんと送りバンドで素晴らしいチームプレーを見せます。
パパ山本、まだまだ合宿の効果は衰えません、綺麗にセンター前に弾き1点追加。
3回、甘く入ったストレートを打たれ、4点を失い同点に・・・
3回裏、流し小野ちゃんセンター前に弾き出塁。
若大将宮澤、センターオーバー三塁打で逆転。
医龍戸崎もライト前に運び、さらに1点追加。試合を戻します。
4回、両者ともに0行進。
悪夢の5回、まだ完全に怪我が治りきっていない医龍。
こつこつとランナーをためられ、まさかの失点5。
その裏5回、援護できない天使打線、三者凡退で雲行きが・・・
6回、3点を失い、その差5点・・・
6回裏、最終回のコールが響き、泣いても最後の攻撃。
ドラマが待っていました。
もう遅刻は許しましょう、伏谷やん、内野安打で出塁。
トップに戻り、流し小野ちゃんセンター前へ。
新人土橋倒れるも、若大将宮澤DBで満塁に。
そして、このオトコ医龍戸崎、ぱこ〜んとセンターへ運び、グランドスラムぅ〜!!その差1点!!
会長清水、ライト前で出塁同点のランナーに。
栗やん粘りに粘り、四球で逆転のランナーに。
これはいけるぞ〜の雰囲気でしたが、時間キレに。最終回無効!!
監督崎ちゃん、逆転サヨナラの夢舞台が・・・
最後まであきらめず、攻撃を続けた天使達。
次につながるチームプレーと、粘りを見せた試合でした。

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:遊佐
敗戦投手:芝田

パイレーツ 0 0 0 0 1 1       2

HR:

ツナーズ 3 5 3 4 2 X       17 HR:
勝ち組コメント
『遊佐-森下の継投で連勝、しかし課題も』
66期も終盤に入り、第11戦目となるパイレーツさんとの一戦。
若大将を自宅引越準備で欠いて、11名で挑む。
若手3人衆の中で、どうも目覚めの悪い田川&伊東組を、第1試合の審判に指名、ところが、とういか案の定、約1名寝坊で遅刻。
たまたま3Aの試合で居合わせたTUNAS右の55番:飯田に、緊急塁審登板をお願いし、事なきを得る。
試合開始前から、監督の意図した(危惧した?)通りに事が運び、いざ、試合開始。
初回の守りは、遊佐の危なげない立ち上がりで即攻守交替。
攻撃は、1番やじられ大将:田川が、緊迫した第1試合の主審で目が覚め、投球スピードにも目が慣れた事(と、監督は信じるが本人は否定)で、2球目をレフト深いところに運び、3塁打と本来の1番打者の活躍を見せる。
2番サードで定着(?):藤井は、レフトへの犠牲フライを放ち、まず先制。
続く3番仕事師:阿部は、ライトへのややこしい当りが相手守備の乱れを誘い2塁へ。
ここもと打撃不振、しかし森下への投打の指導は絶好調:4番遊佐は、センターへの飛球に倒れるも、阿部は3塁へ進む。
目覚めの悪さ本家本元5番:砂永は、本家の意地をみせるショートへの内野安打で阿部生還となる、しょぼくてせこい打点を稼ぐ。
続く、朝はやっぱり苦手です若手3号:6番前田は、四球を選び2死1,2塁。
ここでの追加点が重要となる場面で登場は、朝から肩身の狭い7番:伊東。
しかし、それを振り払うがごとく、無心にバットを振り抜き、本来なら弾丸ライナーといきたいところが、センター前にふらりと上がるポップフライ。
これが、攻撃側から見ていても気の毒なぐらいの場所に落ちる適時打となり、どこまでも救われるバカンス明けの伊東。
野次改めご意見番:河野の四球後、前節、入団後、最高のパフォーマンスを見せた”憑いてる”9番:森下へ。
さすがに1週間”憑き”を継続できなかったようで、ライナーが三塁正面となり、がっくり。 本来の姿へと戻る。
初回に続き、2回以降も遊佐の投球は冴え、毎回奪三振で回を重ねる。
2回の攻撃では、朝にめっぽう強い現場監督:直田が、見事な流し打ちで出塁。
11番しょぼ監督:富山は、毎度のドン詰りセカンドゴロで相手守備をかく乱、1番に戻り田川が四球を選び無死満塁。
2番:藤井のショートゴロの間に、直田が生還し4点目。
3番:阿部はセンターフライに倒れるも、4番:遊佐が四球を選んで1死満塁。
いつもは、3打席目ぐらいから目覚める5番:砂永が、少し早起きして基本に忠実、センター方向に速い球足ではじき返した当りが、幸運な場所に転がり、走者一掃の3塁打に。 憎らしく打点を稼ぐ。
6番:前田も続いて3塁打とし、この回の5点目をゲット。
7番:伊東は、さすがに救われないセンターフライに倒れ、世の中、そううまくは事が運ばないことを証明する。
3回は森下の3塁打、4回は富山の3塁打、5回は前田の2塁打が追加点に貢献。
16点差がついたところで森下をマウンドに送る、どこまでも安全志向の監督。
しかも、遊佐をキャッチャーに、森下を限界まで追い込む作戦。
しかし、今日は監督の思惑を裏切る四球を連発。
3四球で1失点と、やっぱり”憑いてた”投法で事なきを得たが、反省点山積。
17対2で快勝と記したいところですが、9残塁と攻め切れていない印象はぬぐえず、守備面でもアウトを取れるところでランナーを残すなど、課題を残した。
あと2戦、勝って兜の緒を締めて挑みましょう。
窒息するまで締めたことないので、この機会に限界までやってみますか。
平日の夜は、各自、息抜きしすぎなぐらいやってますし。。。
もう一言、社会人男子は、朝強くないといけません!
夜と朝にいろいろな事やらないと、いろいろ方面からモテないっすよ!
負け組コメント
9月に入って公式戦も残り3試合となり、未だ1勝と大苦戦中のパイレーツですが、本日はレギラー陣が香港に戻り、さらには新人4選手(国松、塚田、富沢、池田)が参加し16名で、目下優勝争い中の強豪ツナーズさんとの対戦となりました。
得点力下降気味のパイレーツ1回表の攻撃、主軸打者の前にランナーを溜めていきたいところだったが、3者凡退に抑えられる。
その裏、エース芝田の立ち上がり、味方のエラーもあり3失点したものの、久々のマウンドとは思えない球威とまずまずの制球で、落ち着いた投球をみせる。
2回表の攻撃、2者が倒れ、6番芝田選手がチーム初安打を打つが、後続走者のミスで得点のチャンスを逃す。
2回裏、制球の乱れでランナーを溜めたところを相手チームに攻められ、5失点と大きく点差を引き離されてしまう。
3回表の攻撃も3者が打ち取られ、無得点で反撃できず、悪い流れで3回裏となる。
ここで青監督、ついに秘策としていた本日初参加の塚田投手を登板させる!                その塚田投手、パイレーツ投手力アップの期待を背負った初マウンドで、制球に苦しむも3回裏を3失点で切りぬけ、4回裏も引き続き投球し、3,4回計7点を失うも見事に投げ切る。
5回裏は再び芝田投手にマウウドを譲るが本日、芝田、塚田両投手で試合を無難につくる。
課題の打線は本日も不発…、5回表に1番鈴木選手の3塁打と、3番岡部選手の適打で初得点し、完封を阻止するも、終わってみれば2対17と完敗、チーム7三振と打線が繋がりませんでした、残念。
試合後、新人4名の歓迎も兼ねた飲茶で、敗戦気分も入れ替え、来週の練習試合は新人さんも是非参加してチーム練習し、実践経験を養って、新しいチーム作り&来季へのチーム構想へ向けて取り組んでいきましょう!

第66期 第19節 8月28日

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:長谷川B
敗戦投手:森
サンエイ 3 0 0 0 0 0       3 HR:
コンポードー 2 4 3 4 3 X       16 HR:大関 村松
勝ち組コメント
前節、途中登板して、見事に試合をぶち壊した監督。
あの試合後の落ち込み様からして、まさかまた投げたいなんて言わないだろうと思って来てみたら、何と先発登板すると言う。
いよいよチームごとぶち壊す気かと、一同朝から不安に。
その立ち上がり。 そんな短期間にコントロールが良くなるはずはなく、案の定いつも見慣れた四死球連発で、あっさり3点を献上。
しかしその矢先、相手の心やさしい3塁ベースコーチから、「腕が振れてないぞ」というアドバイスが。
頭が単純に出来ている監督は、それを聞いて腕を振ることだけ考え、次打者を打ち取り、走塁ミスで思わぬゲッツーとなって、初回をかろうじて乗り切る。
2回もマウンドに上がった監督は、何か掴んだのか、まるで別人のように、初球からどんどんストライクを投げ込み、危なげない投球で4回までを無失点に抑える好投。
初回とのあまりの変わり様に、味方もびっくり、本人すらびっくりで、チームは大盛り上がり。
「最初っから、そうやって投げろやボケ」と、監督へのチームメイトの野次も心地良く響く。
5回から後を託された村上ショージは、剛腕をうならして、5回6回を無失点で締める。
攻撃の方は、監督からこの試合限定で、【アウトになったら罰金】という特別ルールを試合前に発表。
また大量失点するかも、と自分の投球に自信がない監督が、打線の援護を期待して立てたアイデア。
それが功を奏したかどうかは不明だが、みんなしぶとく繋いで16得点。
中でも期待の新人村松が、いきなり3安打1ホーマー4打点と、期待通りに大活躍の華々しいデビュー!!
小梨、高山ら、いぶし銀の活躍もあって快勝!
守ってはノーエラー。
監督の立ち直りがみんなに勢いをつけ、全員野球で勝利を掴んだ試合でした。
試合後、みんなが久しぶりの勝利に酔いしれている中で、チーム内にいささかの違和感が漂う。
ん、誰か取り残されていないか?
みんな何やったっけ、誰やったっけと首をかしげている中、高橋の携帯にポコンとメッセージが飛び込む。
「もしかして、今日試合やった? m(_ _)mスマン!」
送り主の名は、S山S二郎。
「スマン!」って、別に勝ったから済むけど、試合あることさえ知らなかったのはアカン!
反省したS山は、以降の試合での更なる活躍を誓う。
頑張れ、S二郎。戦え、S山S二郎!!
負け組コメント
一回表、相手投手が乱調で連続四球で無安打、あっさり3点を取るも、そこまで。
それが、すべてでした。
その後、毎回のように失点を重ね、打線は沈黙わずか3安打。
終わってみれば、3対17で大敗。。。初回をビッグイニングに出来ていれば、もっと違った試合展開になったかも。。
とにかく、打撃がさっぱりわやです。
みんな素振りして備えるなり、バントヒットを狙って見るなり、なんかせんとあかんのと違うやろか?
小生は、とりあえずダイエット始めますわ!!

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:遊佐
敗戦投手:崎山 佐藤

ツナーズ 5 7 2 1 2         17

HR:砂永

アタッカーズ 0 1 0 0 0         1 HR:
勝ち組コメント
『遊佐-森下の完璧リレーで快勝』
相変わらずの少人数、11名で挑むアタッカーズさんとの今期第10戦。
いつも通り淡々と試合前準備をして、いざプレイボール。
初回先攻での攻撃。
前節、初HRを放ち1番打者開眼かと、メンバー皆が期待を寄せる、いじられキャラ:田川。
何だかぎこちない見逃し方ながら、四球を選んで、先頭打者の仕事と塁上で安堵するも、味方ベンチからは手厳しい野次が飛ぶ。
2番初内野起用:快速デザイナー藤井も、しっかり選んで四球出塁。
いつもは2番、今日から3番、仕事師:阿部は、ベンチからの”バント禁止”令に打席ではにかみながら、これまた四球出塁。
そして不動の4番、でもいつでも砂永に譲る宣言:遊佐の死球で、まず1点。
安定した攻守でベンチからの信頼も厚い、5番:砂永の打席中WPで2点目ゲット。
肝心の打撃は、いつもの通り、目覚め+運が悪い当りで、罰金確定の4-6-3のダブルプレー、しかし打点がつく憎らしさを発揮する。
流れが断ち切られた場面で、6番若大将:山田がきっちりレフト前に運び、7番ナイスオヤジ:飯田が右中間真二つの2塁打で、山田が長躯ホームイン。
2死から、しかも奪った得点であったことは大きい。
8番味方への野次将軍:河野は、しっかり四球を選び、9番打撃不振ボクサー:森下へ。
試合前の河野&遊佐の打撃指導が功を奏したか、ここは、レフト前への会心の一打で打点付の久々クリーンヒットで、この回5点目をあげる。
初回の守りは、遊佐が本日の調子を探りながらの投球。
悔しい当りで2安打されるが、0点でしのぐ立ち上がり。
2回の攻撃は、11番実は森下より安打が少ない監督:富山が、転がった場所がいやらしかったヒットで出塁。
1番に戻り、田川は、きっちりフライアウト。
2番:藤井は、じっと我慢の2打席連続の四球。
そして、新3番:阿部がレフトへ2塁打を放ち、6点目ゲット。
4番:遊佐は、味方も相手も惑わすフライがポトリと落ちて、2打点を稼ぐ。
5番まだまだ安眠中:砂永は、ショートゴロで遊佐2塁フォースアウト。
またしても断ち切った張本人を1塁に置いて、山田四球、飯田レフト前ヒット、河野四球で本日の主役(?)森下へ。
今回も、きっちりセンターへはじき返し、2打点と良い仕事。
10番現場監督:直田、11番グランド監督:富山の連続四球で、満塁のおいしい場面。
でもやっぱり駄目なんです!田川は、約束通りのショートゴロで、この回ひとりで2死を稼ぐ荒業を披露。
一人撃沈状態でライトの守備に付くが、その他はがんばって2回裏を最小1失点でしのぐ。
3回の攻撃は、2番藤井が、先頭打者として本来の活躍を見せ、センター前ヒットで出塁。
阿部の死球を挟んで、4番:遊佐がまたしてもポトリと落として1打点。
さすがに起きました5番:砂永は、レフトへの2塁打を放ち、阿部生還。
6番:山田に眠気がうつったか?ぐるぐる廻って空振り三振。
飯田四球後、おいしいところで河野。
2球目をひっぱたいたが、ピッチャー正面、まず1塁でアウトになり、ホーム転送、3塁走者:遊佐は、膝がカクンカクン状態でホーム目前タッチアウト。
野次コンビのゲッツーで、ベンチが静かになると思ったら大間違い。
遊佐の苦心の投球は、冴えわたりゼロ重ね、ベンチは安心して攻撃に専念出来る状態=味方を野次れる状態に。
4回は、どうしちゃったの?森下が、2塁打を放ち、打球処理にもたつく間に3塁を果敢に落とし入れ、11番:富山の犠飛で生還。
5回は、四球の阿部を置いて、快眠から覚めた5番:砂永が、間に合いましたと、センター深いところに2ランHRを放ち、完全に蚊帳の外なのは、お一人様のみに。
森下にいたっては、5回からマウンドに上がり、遊佐を捕手に無心に投げ込み、なんと2回をぴしゃりゼロ封。
完全に芯で捕らえられた当りが正面をつくなど、本日どこまで乗りに乗っているのか?、少しは分割して活躍した方がと思えるほどの”森下Day”。
意味ある、価値ある1勝を、11名中10名で手にしました!
この勢いで、残り3戦をがんばりましょう!
本日蚊帳の外くんは、残り3戦で爆発の予感たっぷりです。
実は、本日が期待通りの活躍だったとか?
負け組コメント
アタッカーズの勝利の女神、中井マネージャーの転勤が決まり、今日は応援してもらえる最後の試合。
独身男たちにとっては、活躍している姿を見せる最後のチャンス。
初回表、先発投手の制球が乱れ、四死球から先制点を許す。
その裏、独身1号水野が出塁。
2死を迎えたところで、独身2号・杉永登場。
あきらかに「狙った」フルスイングは、あと50センチ塀まで届かずに2塁打。
反撃開始か?と盛り上がるも、そのあとが続かず、この回無得点。
2回表に更に点差が開き、ここで取り返せねばと出塁した独身3号大里監督。
畠山の相手失策出塁。後続の島田・宮崎が封殺されている間に、本塁帰還。
まさしく、屍の山を築いて得た値千金の1点。
3回表より登板の老獪佐藤が、必死に粘りの投球をして反撃をまつも、相手投手の投球術にはまったのか?、もしくはアタッカーズ自身で自滅か?
淡白な攻撃が続き、結局3安打しか打てずに完敗でした。
これで、とうとう勝率が5割を切った。
シーズン初めの、3連勝の勢いの消えたアタッカーズ。
今季の予算は大幅に下方修正して、5割目標?
また、ご参考までに明記しておくが、今日の3安打は水野・杉永・大里の独身トリオによるものであったことを強調しておこう。

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:石田
敗戦投手:須藤

ベアーズ 1 0 3 4           8

HR:

オオゼキ 2 0 1 6           9 HR:
勝ち組コメント
劇的な逆転勝利!!!
オオゼキの現ユニフォームの最終戦、有終の美を飾りました。
詳細はコチラ↓。
http://sports.geocities.jp/ozekihksa/66thLeague_Score_10.html
負け組コメント
本日は、我等のヒーロー小池ちゃんの送別試合。
突然の帰任だったため、送別会も出来なかったため、本日はパーっと試合に勝って、パーっと飲茶でもと思っていたが、ルーキー小島・佐藤が謎の腹痛で、トイレから出れずにお休みのため、総勢9人で臨む大関さんとの試合。
前回に引続き、負けセンでの試合開始は、先頭小池ちゃんが大きなおケツを振らずに四球を選ぶと、続く岩間も四球を選び、早々と得点のチャンス!
3番、4番が倒れ2死となるも、5番椿がうまくセンターに弾き返し一点先制、続く2塁走者もホームを狙うが、相手野手の好返球に合い、タッチアウトで一点止まり。
その裏に逆転を許し、1回終わって1-2。
2回はともに無得点で、3回のベアーズの攻撃は、先頭の小池ちゃんが大きなおケツを振りながらのレフト前クリーンヒットで出塁。
1死後吉川、椿のタイムリーで逆転に成功。
その裏は、エース須藤が強力打線を一点に抑える好投を見せ、1点リードのまま最終回の攻防!
この回、先頭の山野井が死球で出塁し、1死後岩間、吉川の連続タイムリー、相手エラーも手伝い、この回4点を上げ、8-3と大きくリードして相手の攻撃を迎える。
しかし、さすがは強力打線の大関さん。
疲れの見え始めた須藤を攻め、長短打でこの回一挙6点を取られ、逆転負け。
前回に続く、最終回での惜しい逆転負けでした。
とはいえ、途中山野井にイレギュラーバウンドが顔に当たるという不運もあったが、交代のいないベアーズ、血を抑えながらの守備はお見事でした。
更に、今日で小池ちゃんのケツが見れなくなると思うと残念ですが、本日3塁側ベンチだったので、皆さんしっかり心に焼き付けましたね、小池ちゃんのケツ!
本日の敗因は、トイレに籠もっていた両ルーキーです。
遊びたい盛りの年齢ですが、試合の前日は羽目を外さないように。
9人の皆さん、ご苦労さまでした。

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:
敗戦投手:岡本

サクラ 5 2 8 0           15

HR:

ドリームス 6 0 4 0           10 HR:
勝ち組コメント
球を見極め、四球などで塁をため、シングル・長打のヒットで確りと点を取るいい流れの攻撃ができた。
初回では、5番菅原・8番平田のタイムリーで5点。
3回は、先頭6番鈴木の2塁打から始まり、12番鈴木(陽)のタイムリー、1番南の走者一掃の3塁打、2番小山の特大1発HRで一挙8 点。
一方守備では、先方強打打線にはまり初回6点、3回4点返されるも、特に3回はセカ ンド南・ショート小山のファインプレーにて、相手攻撃のペースをシャットアウト。
最終回裏、逆転サヨナラされる可能性も十分にあったが、エース森實の魂込めた投球にて、最後は綺麗に6-4-3のダブルプレーで試合を閉めた。
次戦も勝つぞ!
負け組コメント
8月最後の日曜日。櫻さんとの試合に19名で臨みました。
この試合、エースSHUHOの欠場で、キャメル中村が緊急の公式戦初登板!!
先日の地域対抗戦での、バッタバッタと身内ドリームスを死球で切っていった様な豪快なピッチングを期待!
初回表の守り、期待のキャメル中村は制球が安定せず、四球を連発してしまい、無死のまま、まさかの降板で「おそうさい」へ託す、ホロ苦デビュー。
しかし、流れは変えられず、エラーも絡み、いきなり5点のビハインドを背負います。
試合前の練習では調子よかったのに。。
円陣を組み、逆転を狙った1回裏の攻撃。
先頭からヒットと四死球で満塁としたところで、「おそうさい」の右中間への2塁打と、「たかじぃ」の左中間への2塁打で、一気に6点を奪い逆転。
序盤に逆転し、勢いをつけていきたいところだが、2回表に2点を追加され、逆転を許してしまう。
2回裏に、先頭「おさむちゃん」の安打+好走塁?で再度逆転を狙うも、今日は自慢の下位打線が続かず、無得点。
3回表には、蒸し暑さに疲れの出た「おそうさい」の制球も乱れ、ホームラン2本を含む8点を奪われ、大きく引き離されてしまう。
このままでは引き下がれないドリームス、3回裏には、まさかの17番「そ〜せ〜じ上ちゃん」の2塁打から始まり、上位打線へつなぎ、「あびこ〜マン」本日2本目の安打で満塁とし、「ま〜ぼ〜豆腐」の走者一掃のセンターオーバー2塁打を含み4点を返し、食い下がる。
4回表、おそうさいが「ぽよよ〜んボール」で0点に抑え、迎えるは最終回の攻撃へ。。
5点ビハインドの超逆境・・・
前節の記憶がよみがえる・・・
2節連続の大逆転サヨナラか・・・・
が、最後は3人でピシャリと抑えられ、試合終了。
痛い今期2敗目を喫してしまいました。
今期も残り2試合、あきらめることなく全力勝利だー!!

第66期 第18節 8月21日

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:川満
敗戦投手:石田
オオゼキ 4 0 0 2 0         6 HR:
カイザース 4 0 8 1 X         13 HR:
勝ち組コメント
初回、先発の川満投手が、テンポ良い投球で相手打線を打ち取るも、ミスもあり4失点。
劣勢からのスタートとなります。
しかしその裏、若手を上位に持ってきた打線が機能し、4得点!すぐさま追いつきます。
がそんな中、アクシデントが起こりました。
若手期待の白川選手が、まさかの腹痛!で途中交代、チームのムードメーカー屋嘉部選手も、足の負傷!で途中交代と、暗雲が立ちこめます。
しかし2回以降、守備の交代があり、センターラインが安定したこともあり、川満投手の打たせてとるピッチングが光ります。
相手打線を手玉に取り、その後は安定した投球を展開しました。
打線も3回、哲選手の出塁を足がかりに、再度爆発し、一挙8得点で勝負あり。
見事13-6で勝利し、連敗から脱出いたしました。
残り試合も、この勢いで4連勝!
負け組コメント
なかなか勝てません…。
残り4試合、頑張っていきまっしょい。 詳細はコチラ↓
http://sports.geocities.jp/ozekihksa/66thLeague_Score_9.html

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:田中
敗戦投手:藤井

パイレーツ 6 1 1 0 0         8

HR:青、葉佐

エンジェルス 5 1 5 9 14         34 HR:宮澤(2本)、田中、山本
勝ち組コメント
エース医龍戸崎が怪我で欠席、初回からご意見番田中が飛ばします。
初回、四球で満塁にすると、相手打者に2者連続ホームランを浴び、6点ビハインドで試合を運ぶ展開に・・・
1回裏、飛びます鍵谷、続いて三男中込が四球で出塁。
当たっている4番、イケないメンズ宮澤へ。
初球を綺麗に流し、スリーラン! 流れを引き戻します。
ご意見番田中、四球で出塁。
続く新人土橋、左中間へ 2塁打で4点目、栗やん犠牲フライで5点目。
監督崎ちゃん、センター越えの2塁打で同点のランナーになるも、反撃はここまで。
2回、落ち着いた制球を取り戻した田中、三振1個を含む最少1失点で、みごとにシャットアウト。
リズムが上がってきました。
2回裏、イケない親父三兄弟の裏クリーンナップからの攻撃。
ホーチミンで密かに合宿パパ山本四球で出塁、社員旅行は?藤木大王ゴルフスイングで左中間を割る2塁打、チュパ澁谷四球で出塁、しかしその後が続かず 1得点。
イケない親父達の活躍で、シーソーゲームへ持ち込みます。
3回、田中三振を奪うも、パイ打線につかまり1点を献上。
3回裏、ここから天使の猛反撃が始まります。
遅刻しちゃった伏谷やん、四球で出塁。
流し小野ちゃんも、続いて四球で出塁。
三男中込、右中間へ2塁打。ここでやっと逆転。
そして、当たりに当たっている宮澤へ。(お盆休みの帰港を1日早め、気合の入った今試合)
センターへ高く上がった打球、なんと4打席連続ホームラン、もう止まりせん、このオトコ。
続いてご意見番田中、フルスイングが真芯を捉え、2者連続ホームラン、若手にコレや〜と見せてくれます。
新人土橋エラーで出塁、栗やんセンター前へ綺麗に弾き出塁、監督崎ちゃん四球を選び満塁で、満塁男大御所松樹へ。
グランドスラムと言ったらこのオトコ、期待がかかります、しかしここはしっかり選んで押し出し1点。
そして、裏クリーンナップへ。
先頭パパ山本、合宿の成果も虚しくPフライ!痛〜い残塁3。
でも、この回5得点の猛攻で、逆転に成功。
4回、調子の上がってきた田中、パイ打線もゼロでシャットアウト。
4回裏、打線爆発。イケない親父藤木大王、2打席連続2塁打で出塁。
イケない親父Uチュパ澁谷も、続いて右中間へ2塁打。
スマイリー勝っちゃん、レフト前へ運び追加点。
伏谷出塁、流し小野ちゃん、飛びます鍵谷四球で満塁へ。
三男中込、左中間へ運び、走者一掃二塁打。
そして宮澤へ。
ライト、センターに運んだので、今度はレフトへと頼もしいホームラン宣言、ちょっとタイミングが早かったか・・・
柵越えはなかったが、左中間を破る2塁打。
栗やん、内野安打で出塁も、この回の攻撃はここまで、なんと9得点の猛攻。
5回、大量得点で気持ちも楽になった田中、打たせて取る、見事な制球でゼロ更新。
5回裏、残り僅かで迎えた最終回。打って終わろう!と、天使最後の攻撃へ。
大御所松樹、センター前。パパ山本、ここで合宿の成果が、レフトへホームラン!
藤木大王レフト前、チュパ澁谷センター前、スマイリー勝っちゃん内野安打、流し小野ちゃんセンター前、飛びます鍵ちゃんレフト前、三男中込右中間へ2塁打、若大将宮澤左中間へ2塁打、ご意見番田中も左中間へ2塁打、栗やん選んで四球で出塁、監督崎ちゃんセンター前、ここで打者一巡。
残り5分のコールが。時間切れの場合、最終回無効になっちゃうよ〜。
パパ山本の、"公式記録には残らないが、皆の心には残る!"名言がベンチにこだまする。
2順目、大御所松樹、パパ山本エラーで出塁。
残り2分。 チュパ澁谷、イケない親父仲間山本のホールランを記録に残したいと、優しい寸止めでセカンドゴロを・・・
なんとこれが良いところに転がり、内野安打に。
残り1分。誰もが時間切れのコールを想像したその瞬間。
スマイリー勝っちゃん、なんとツーアウトからP前へバンド。
なんというチームプレー。本日MVP確定です。
残り30秒で試合終了。無事公式記録に残ったパパの本塁打。
公式記録では、アウト1のスマイリー勝っちゃん。
最終回14得点の猛攻で、今期前半リーグ最下位の平均得点を一気にあげ、見事な勝利。
単独4位まで上がってきました。
残り1試合も落とさないぞぅ。
負け組コメント
今週は夏季休暇期間と重な、りレギラー陣が揃って帰国中の為、慌てて人数をかき集め、助っ人4名含めなんとか14人集め、試合にこぎつけました。
エース芝田も不在との事で、藤井投手が初登板、初めて初回から守備に就く選手もちらほら…、不安要素いっぱいながら、相手チームもエースの登板は無いとの情報から、打撃戦になると予想した試合となりました。
1回表、1番が打ち取られるも、2番がエラーで、3,4番が連打で出塁し、満塁のチャンスをつくると、5番原選手の当たりを相手がミス、その間に1点を取る。
なおも満塁で6番青監督の満塁打で4点を追加し、7番現在錯覚中メジャー級のパワーを秘める葉佐選手の初本塁打が飛び出し、初回6点を取る!
その裏、藤井の立ち上がり、予想通りストライクがなかなか入らないながらも、『打って頂いて捕る作戦!』で逆転を許さず、5失点で1回裏をしのぐ。
2回、追加得点したいパイレーツ、目黒選手の初安打を機にソフト未経験助っ人、ショーン、サニーのヒットで1点が入る。
2回裏は、四球で走者を出すも、相手が打った打球が不思議と守備正面を突き、1失点で抑える事に成功。
2回が終わって、7対6で1点リードの展開。
得点差を広げたい3回表、1番牛尾選手がセンターはじき返し出塁、2番藤井選手が犠打で送り2塁へ走者を進め、3番小山選手の3塁打で1点を追加、再び打線爆発かと思いきや、4,5番が内野フライに倒れ、嫌な流れで3回裏の守備に就く。
3回裏、エンジェルス打線に捕まり、ついに逆転され、8対11と3点ビハインドとなる。
予想はしていただけに、パイレーツも打撃で得点をしたいところだったが、4回、5回と0点では、なんともならない。
4回裏、5回裏とついに守備の穴が発見され、『打って頂いて捕れない状態』となり、あれよあれよと大量失点…。
終わってみれば、8対34と惨敗でした。
この試合、大敗ではありましたが、登板機会を得た藤井投手、初安打の目黒選手や初めて守備に就いたM-鈴木、目黒、長尾選手等、緊急参加の助っ人4名と、パイレーツの層の厚さを実感できる試合でした。
今回の経験をチャンスに変え、控え選手もシッカリ練習して、スタメン捕りにいきましょう。

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:金塚
敗戦投手:土田

イーグルス 0 0 0 0 1 1       2

HR:

サンダース 0 0 1 5 0 X       6 HR:斎藤
勝ち組コメント
前節の大接戦をものにして、勢いに乗って行きたいイーグルス戦、帰省、病人などで人数が危ぶまれたが、何とか総勢13名で挑む。
しかし、試合は初回から相手の好守に阻まれ、波に乗れないのか、前節から引きずってバットが湿っているのか、雷打線はなかなか点を取れず膠着状態、双方得点を許さず、前半は緊迫し、白熱した投手戦に。(お陰様で罰金回収額が高いこと・・・。)
3回裏、この重苦しい空気を吹き飛ばしたのが、意外性の男、斉藤!!!
遅刻の汚名返上とばかりに、レフト中段に突き刺さるソロホームランをかっ飛ばし、ようやく待望の先制点を奪う。
(その後も一人気を吐き、チーム唯一の毎打席2安打マルチ。腹痛を抱えた方が、バッティングの調子が良いかも・・・ね。)
そして、2巡目の4回裏には、1番運び屋ミズノがクリーンヒットで出塁すると、2番ナカジ―もセンター前で続き、3番深センから参加のマチダも盗塁のサインも関係なく、レフト前にタイムリーで追加点を挙げると、4番Jhonも、ここは遅刻の汚名返上とばかりに、チームバッティングのレフト前タイムリーで、きっちり仕事をすると、そして6番期待の新人那須も、 ようやく出た今季初安打の走者一掃の三塁打で、怒涛の5点を奪う。
そして守っては、安定した内野陣とエース金塚、久しぶりに組んだ監督とのバッテリーで、最後はこの暑さにヤラレてましたが、粘り強く6奪三振の2失点で抑え、6回を一人で投げ抜き、開幕から続く連勝を9に伸ばした。
(エース"生涯初の三振喫す"という記録まで付いて来ました。)
遅刻厳禁。厳しい戦いが続きます。
この勢いで雷軍団、着実に白星を重ねて行きま しょう!!!
負け組コメント
今期目標としていた、勝率5割を達成させるためにも、一戦も落とせない試合が続くイーグルス。
対する相手は、首位を走るサンダースさん。
何とか接戦にもちこみ、首位を走るサンダースさんから、勝利をものにするために集まったメンバーは、今期最高の16人。
試合序盤、イーグルス先発土田、サンダース先発金塚さん、気合いの入った投球で共に得点を許さず。
前節の反省が生かされ、サンダースさん相手に、一歩も引けを取らない試合。
メンバーも一丸となって戦う中、均衡が破れたのが3回の裏、土田の投げた球が相手打者に見事にとらえられ、豪快な一発を浴び、先制される。
何とか好投している土田を助けたいイーグルス打線だったが、相手投手に要所要所をきっちりと押さえられ、4回までスコアーには0が続く。
4回の裏、相手打線にヒットが続き、どうしても追加点を与えたくない中、守備の乱れもあり、またしても好投していた土田のリズムを崩してしまい、5点を追加される。
ツーアウト後、相手打者の打った打球は、センターに抜けたかと思われたが、セカンド平田が逆シングルでキャッチし、見事なプレーで相手の猛攻をしのいだ。
試合も終盤、何とか試合の流れを変えたいイーグルス打線。
エラーで出塁した丸山を、平田が送りバントで2塁に進め、続く植木がタイムリーを放ち、1点を奪い返す。
その後、イーグルス首位打者の森島もヒットで続き、ツーアウト2塁3塁。
この場面で、一打出れば試合の流れは変わったかもしれないが、続く笠井がアウトローいっぱいに入った球に手が出ず、見逃しの三振。
5回の裏の守備では、右中間を抜けたかと思われた打球を、ライト植木がスライディングキャッチ、チームの雰囲気を盛り上げる。
試合時間も残り少なくなった6回の表。
エラーやヒットで何とか1点を追加したものの、最後まで相手先発の金塚さんの緩急とコースをついた球を打ち崩すことができず、惜敗。
いつもながら、先発土田が好投していただけに、打線が助けたい試合であった。
それでも、首位を走るサンダースさんを相手に、いい試合ができたのは収穫。
66期も残り4試合、一戦必勝で臨み、4連勝をめざして頑張ります!

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:丸山
敗戦投手:森

ロイヤルズ 7 1 2 7 0 4       21

HR:樋野

サンエイ 0 0 0 0 1 0       1 HR:
勝ち組コメント
『在籍15年目でピークを迎える。』
連敗中のロイヤルズは、在籍15年目で超遅咲きピークを迎えた山田興を2番に、覚醒(?)したピーノくんを6番に据える新打線で、得点力UPを目指す。
初回、先頭疇地が中前打、山田興がフルカウントから左前に落とし無死一、三塁とするBABAが味方も欺く右翼線二塁打で先制。
更に、復調の兆しの監督白杉の三塁打で2点を追加。
一死後、ピーノくんの左前適時打、前越、丸山の連続三塁打と野選で4点を加え、合計7点。
二回も、先頭の岡谷が死球、土橋右前打、江藤四球で無死満塁とするが、ファウルで粘るも、國分は三振に倒れ、城倉の内野ゴロの間に1得点だけと淋しい状況。
三回は大石が中前打、一死から疇地、山田興、BABAの三連続単打と白杉の中犠飛で2得点。
四回、先頭のピーノくんは、レフト壁際の木のアシストを受けてランニングHR!
これが打線に火を点けたか、一死から水野、ヨデンの連続適時打。
さらに、二死から赤石の適時打、岡谷四球、土橋が中前打でつなぎ、江藤が走者一掃の二塁打を放って、この回7得点。
(國分は、二回に続き大事な場面で、またもや三振!要反省!!)
5回、大石の本日2本目の安打で盛り上がったが結局、無得点。
先発丸山は5回まで最小失点だが、二回以降は毎回塁上を埋められる苦しい投球。
要・体調管理&バックの好守に感謝。
最終回の攻撃、リウマチで余計な力が入らないのが奏功した山田興3本目の安打は、左中間への三塁打。
続くBABAが中前へ適時打、ピーノくん、前越の連続二塁打、丸山、水野の連続安打で合計4得点。
連敗、連勝、連敗と安定しない今期、星は五分に戻しましたが、まだまだ強豪と対戦は続きます。
次節、『野手の墓場。』
乞うご期待!!
負け組コメント
前節の勝利で勢いをつけ連勝を。。。なんて調子のいいことは思っていませんでしたが、なんとか良い試合が出来ればと挑んだ試合。
初回から7失点。打線は繋がらず0の行進。
5回に、相手のエラーと僅かな隙をついた好走塁で、なんとか1得点完封は逃れるも、暑い中で懸命に投げる森投手を、守備でも助けられず、気付けば21失点。
それでも頑張るチームメイトに、頭が下がります。
皆さん、あと今期4試合、ボロ負けにもめげず、一試合一試合楽しく頑張りましょう!!。
そして、勝つ喜びを、またみんなで味わいましょう!!

第66期 第17節 8月7日

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:遊佐
敗戦投手:土田
イーグルス 1 0 3 0 0         4 HR:
ツナーズ 20 1 0 2 X         23 HR:田川
勝ち組コメント
『初回打者24人の猛攻、中井最終戦で見事なまでの不発。』
ついに9人集まらずかとピンチに陥った前節は、何とか12名集まり安堵。
ところがどっこい、今回の試合に集まったのは、11名。
しかも、試合開始20分前のモーニングコールで起きた河野は、体調不良でダウン。
激暑の中、10名での戦いを余儀なくされる。ある意味、慣れっこですが。。。
NY転勤が決まり、前節が最終戦の予定だった中井は、赴任日程ギリギリまで試合参加を表明。
本当に最終戦になるこの試合に、変に気合が入る。
初回の守り。先頭をセンター前ヒットで出塁を許し、盗塁、バントで3塁まで進められて、犠飛で先制点をあげられる。
その後も攻められ、守備の乱れもあったが、何とか2点目は阻止。
さぁ、攻撃。1番:若さを感じさせない田川は、低温体質気味(?)に早々に追い込まれ、いつもの初回1打席目を予感させる。
しかし、強烈なサードゴロが、温情で強襲ヒットと認められ、塁上でにんまり。
いぶし銀2番:阿部は、見事なバントヒットを決め、3番カウントダウン:中井へ。
全打席HR宣言からは想像も付かない外角球をおよいで見事な空振り。
が、しかし相手守備陣を翻弄、振り逃げでチャンス拡大に一役かう。
毎度、お世話になりっぱなしです4番:遊佐の死球でまず同点。
満塁でチャンスに強い5番若大将:山田は、ぐるぐる回って3球三振。
メンバー皆が、笑いで膝が折れたが、6番:本日9時出社予定、頼んでもないのに開いてしまうチャックをよそに気合は十分:伊東は、レフト線へ2塁打を放ち2者生還。
続く打撃開眼中7番:前田は、ライトへクリーンヒットで4点目ゲット。
今期、ベアーズさんとの試合での、てんやわんや投球以外、影も形も薄い8番:森下は、本人が一番ほっとする死球で再び満塁。
9番:香港島南部からグランド一番のり、現場でもグランドでも総監督:直田は、見事に右中間へ運び走者一掃の3打点。
今期1安打のくせに若手に厳しくあたる10番:富山は、いつものせこい流し打ちヒットで出塁、これでまず打者一巡。
1番:田川の四球で、3度満塁の場面。
2番:阿部は2球目を強振し、センター頭上を越える2塁打で走者一掃。
そして、3番:中井。勝負強い打撃でツナーズ3番の重責を担ってきただけに、皆もそろそろ打つだろうと思っていたが、見事なまでの三振で、1回で2三振とはNYへの土産話か?
4番:遊佐は、きっちりセンターへヒットし11点目。
5番:山田も1回2三振の悪夢がよぎる中、ここはレフト前ヒット、6番:伊東もセンター前で続き4度満塁。
7番:前田は気負うことなく右中間に快打して2者を迎え入れ、13点目。
8番:森下は四球を選んで、またしても満塁の場面で9番:直田は、レフト前に2点タイムリーヒット。
ここまで打線がつながれば、さすがの10番:富山にもセンター前ヒットが出て、打者2巡で16点。
しかも、続く1番:田川が、いつものメンバーの厳しい野次が緩んだ隙をみて、気持ちよく振り抜きセンターバックスクリーンへ初HRとなる、3ランをかっ飛ばす。
2番:阿部の四球後、3番:中井へ。
皆が、”まさか1イニング3三振では”と、ある意味期待したが、そこはわれらが3番打者。
追い込まれて苦し紛れに振った打球は、本人のイメージしたレフト線ではなく、ライト線にいびつな回転がかかりながら落ちて3塁打に。
この猛攻に中井が参加できたことに、メンバー皆がほっとし、本人も3塁塁上で安堵する。
ツナロール打線の上を行く、往年のツナダイナマイト打線を彷彿させる初回の猛攻で、完全に試合のペースを掴み、遊佐の落ち着いたピッチングで相手につけ入る隙を与えず、試合終了へ。
中井を送り出すには、十分な勝利を飾ることが出来た。
前田の6打点、直田の5打点の活躍、遊佐の被安打4の完投が目を引くが、スコアー担当の遊佐夫人を含め、この猛猛暑の中、皆で戦い抜けた事を喜びたい。
小言があるとすれば、点を取られて後の3回裏の攻撃。
先頭を出してから、3連続フライアウトはいかがなものか。。。
これからも激戦が続きます。
ソツのない、スキのない試合運びを心掛けましょう!
では、中井ちゃん、NYツナーズ支社副社長(支社長はキムさんだから。。。)としての活躍を、メンバー一同、願ってます。
業務連絡1件。
いつも5番センターで活躍されている群馬出身の自称:シティーボーイ(死語でしょ?)さん、次期リーグ理事へメンバー一致で推挙されています。おめでとうございます。
こちらも、ますますのご活躍を期待します。
負け組コメント
お盆帰国などの影響で、人数ギリギリの11名。
ベストメンバーでなくとも、なんとか連敗ストップをしたいイーグルスは初回、1番丸山がしぶとくセンター前に運ぶと、すぐさま盗塁を決めチャンスメイク。
ここで2番、今一番乗っている男改め、浮かれている男・ハリウッドスター小林が、完璧な送りバントで1アウト3塁に。
そして、3番植木はきっちり犠牲フライ打ち、お手本のような形で幸先良く1点先制。
続く4番森島もライトヒットを放ち、盗塁を決め、またも得点圏にランナーが進むと、5番才木ショートゴロも、送球が反れ、その間に2塁ランナー森島は果敢に本塁突入。
クロスプレーになるが、間一髪アウト。追加点はならず!
その裏、ツナーズさんの攻撃。
先頭バッター、強烈なあたりのサードゴロ。
これを処理できず、先頭ランナーを塁に出すと、2番バッターの絶妙なバントでオールセーフ。
そのあと、無死満塁で強打者4番遊佐さんには、押し出しの死球で早くも同点。
リズムの狂ったイーグルスは、この後なすすべなくメッタ打ちをくらい、攻撃は3順目に突入。
終わってみれば、1イニング20失点。
この回、空振り三振を振り逃げでアウトにできないなど、取れるアウトをしっかり取れないと、大量失点になってしまう野球の怖さを痛感させられるイニングでした。
初回、暑い中、30分くらい守ってたんじゃないかなぁ。
大量リードを許しても、今後に向け、ひとつひとつのプレーを無駄にしないよう、円陣を組んで気持ちを切り替える。
少しでも意地を見せたいイーグルスは、3回、先頭西山のツーベースを足がかりに、高木が強襲ヒットで続くと1点返し、3番植木、4番森島のタイムリーで、この回3点を返す。
しかし、反撃もここまで、結局4-23の大敗。
初回の20失点は、ちょっとしたミスから招いた大量失点だけに悔やまれるが、それにしても連打を浴びたのは力不足。
ただ、1回、3回のように、今までなかなかできなかった攻撃ができたのは収穫。
次回、、気持ちを切り替えて、首位サンダースに挑戦!

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:戸崎
敗戦投手:佐藤

アタッカーズ 1 1 0 1 0 0       3

HR:

エンジェルス 2 0 3 0 7 X       12 HR:中込、宮澤(2本)
勝ち組コメント
真夏の天光道、第2試合。
猛暑の中、アタッカーズさんとの1戦。
初回、燃える男戸崎四球を重ね、先制1点を許す。
1回裏、若大将宮澤四球、燃える男戸崎ライト前、パパ山本四球、いぶし銀吉本四球、満塁で栗やんに。
栗やん打ち気満々だったが、ここは慎重に選んで、押し出し同点。
まだまだ満塁で1本欲しいところ。
飛びま〜す鍵ちゃん、罰金300ドルの レフトフェンス際へのホップフライで、この回2点。
しかし、逆転しましたよぉ。
2回、戸崎四球を重ね、この回も1点を失い同点に。
2回裏、こちらは三者凡退で、ピッチャーを休ませてくれません。
3回、エンジンかかってきた戸崎、三者凡退で抑え見事0点。
3回裏、スマイリー勝っちゃん四球で出塁、流し打ち斉藤も四球で出塁すると、回ってきました本日ヒーロー、「イケないメンず」次男宮澤。
センターオーバーの弾丸ホームラン。打点3で、大御所松樹を追いかけます。
4回、戸崎満塁まで攻められるも最少1点で抑え、乗り切ります。
4回裏、休む暇もなく燃える男戸崎、四球で出塁、しかし後続が続かず0点。
5回、さすがに猛暑で疲労困憊の戸崎。
しか〜し、逆に力が入らない投球でコースを付き、三振含む三者凡退で抑えます。
5回裏、ビックイニング!!
監督崎ちゃん、詰まりながらも気合でセンター前。
新人土橋、鋭いスイングを見せ、センター前かと思いきや、ピッチャーにうまく裁かれます。
チュバ澁谷、四球で出塁、スマイリー勝っちゃん、ライト前に流し打ち、ブラックエンジェル小野ちゃん、DBで満塁に。
そして、この男に回します。
「イケないメンず」次男宮澤、豪快に前打席のリプレーのようなスイング、左中間へグランドスラム!
打点よぉぉん。
宮澤から、「イケないメンず」3連発だと野次?が飛ぶ中、三男中込へ。
ノースリーからフルスイング、センター超えホームラン。
そして、長男戸崎にバトンを渡します。
絶対打つと気合満々で燃える男打席に、高〜い打球だったが届かず。
最終回、最後まで投げ抜いた戸崎、三者凡退でシャットアウト。
終わってみれば、若大将宮澤、2本8打点の猛活躍。
試合後も自分にうっとり。今日だけは皆も許すよぉ〜。
新人土橋、最終回のナイス守備。これから期待が高まります。
一度入ったら、抜けられないよ〜。
負け組コメント
『再び5割。これからが正念場!!』
貯金1で迎えたエンジェルス戦。敵は相手よりも、まず暑さ。
第2試合の時間帯は、殺人的な暑さ。
先攻で迎えた初回、先頭水野は倒れたものの、畠山が2塁打で出塁。
この後、相手投手の乱れからランナーを貯め、押出しで先制。 しかし1点止まり。
1回裏、先頭打者をショートライナーに抑えるも、四球やヒットで2点を返され、逆転を許す。
2回以降、アタッカーズの攻撃は、四球による出塁を全く活かせず、散発2安打、2点止まり。
一方、エンジェルスには、同じように四球のチャンスをものにされ、3回に3ラン、 5回にグランドスラムを浴びたところで、ジ・エンド。
終わってみれば、12-3の大敗。
酷暑の中、チャンスをものにしたエンジェルスに、軍配が上がったのでした。
再び勝率5割で、これからは上位常連との対戦が残ります!
試合まで2週空いてしまいますので、素振りなどして試合に臨みましょう。

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:岡本
敗戦投手:須藤

ベアーズ 2 1 0 1 0 2       6

HR:山口、須藤

ドリームス 1 1 0 0 0 5       7 HR:溝渕 市川 安孫子
勝ち組コメント
第1試合にも関わらず、汗が吹き出し、止まらない夏本番。
ベアーズさんとの一戦に、夢軍団18人で挑みました。
初回の守り、アンラッキーな安打もあり2点先制され、なおも1死満塁のピンチ。
嫌な雰囲気も、ここはセカンド「山(貴)副キャプ」が、正面のゴロを1塁ランナーにタッチ、そのまま1塁送球のナイス判断でゲッツー完成。何とか2点で切り抜ける。
その裏の攻撃、1番「ぶちキャプ」左中間に一発を放ち、まず1点。
2番「ま〜ぼ〜」は、うまく追っつけレフト前。
さぁ〜大量点と行きたいところも、新クリーンナップが不発に終わり、1点止まり。
2回の攻撃、「市助」渋くライトに落とし作ったチャンスに、「サト(貴)」左中間へのタイムリー2塁打。
続く、「安孫子」が放った打球で、「サト(貴)」果敢に三塁狙うも、タッチアウト。 この回も1点止まり。
3回は、1死2、3塁のチャンスに、「大太郎」はライトに打ち上げ、3塁ランナー「ゆーきエロ」、懸命に走るも本塁タッチアウトで無得点。
4回もチャンスを生かせず、2点ビハインドの5回は、クリーンナップからの好打順も三者凡退。
あらら、いよいよ危なくなって来ました。
時間も気になり出した6回の守り。
1死2、3塁のピンチを作り、エース「SHUHO」無念の降板。
「おそうさい」がマウンドへ。
犠飛に押し出しもありましたが、何とか2点に押さえ、4点差で最終回の攻撃。
まずは、先頭「Sorry」がプレッシャーのかかる中、きっちりレフト線2塁打で出塁。
続く「市助」、気合満点で放った打球は、センターへのホームランとなり、まず2点。
続く「菅ちゃん」が、ピッチャーのグラブを弾くセンター前で出塁。
「サト(貴)」、死球で無死1、2塁。
ここで、不振のため10番降格、「安孫子マン」登場。
「おそうさい」の、「ホームラン狙え〜」の一言に見事応え、放った打球は左中間にサヨナラ逆転3ランホームラン。
最後まで諦めない全員の気持ちで掴んだ劇的勝利も、5回までは2得点と、最近すっきりしない試合が続きますね〜。
次の試合まで少し間が空きますので、ゆっくり休みながらも、イメトレと各自バット振り込むこと!
負け組コメント
本日のお相手は、昨年王者ドリームスさん。
試合前、監督岩間がトスバッティングをしている最中に、監督から命を受けた○田が相手監督とジャンケンし、負けセンとなり嫌な予感!!
まあ相手は王者、胸を借りるつもりで臨むのが一番と思いながらの初回。
先頭石床が、好投手からお手本通りのセンター返しで出塁すると、小島、吉川、米澤の連続安打で、この回2点先制。
さて、その裏の守り。
この日のエース須藤は、一味もふた味も違っていた。
制球力が抜群、更に緩急も操り、強力打線を相手に5回まで2点に抑える好投。
ベアーズ打線はと言うと、2回に山口のソロ、4回に須藤のソロと追加点を上げ、6回には相手投手の疲れが出始めたところを見逃さず、四球とエラーなどで2点追加。
時間も1時間15分を回り、最終回となるであろう6回裏の守り。
得点は6-2と、4点リード。
王者に土をつけるまで、残りアウト3つ!! 誰もが勝利を予感!?
しかし、相手はやはり王者。
疲れの見えた須藤の、甘く入った直球を見逃さず、2ラン、3ランを浴びサヨナラ逆転負け。。。。
夢は、夢軍団の前に儚く潰えました。。。。。。
とはいえ、最終回まで王者と互角の勝負をし、この日はエラーゼロ、被四死球2と確実に戦力UPを感じた試合でした。
敗因は、試合前の監督代行のジャンケンでしょうか?
皆さん、お疲れ様でした。

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:森實
敗戦投手:長谷川B

サクラ 1 1 11             13

HR:鈴木

コンポードー 1 7 0             8 HR:大関
勝ち組コメント
66期強豪コンポードーさんとの第8戦。
現在、6月19日以降4連勝中と、ようやく波に乗り始めた櫻チームにとっては、非常に大切な試合となりました。
初回は共に1点ずつを取り、迎えた2回、先行の櫻チームは淡白な攻撃で1点止まり。
その裏、コンポードーさんに7点を奪取され、2回が終わって、2 vs8と6点ビハイン ド。
気合いを入れなおして迎えた3回表の攻撃では、メンバーそれぞれが自らの役割をしっかりと自覚し、ヒット・四球でランナーを貯めたところで、5番/鈴木の値千金の満塁ランニングホームラン!
その後も攻撃の手を緩めず、この回2回目の打席となった5番/鈴木は、強烈な2塁打を放ち、結局この回11点を奪取 し、逆転に成功!
最後の守りは、森實−水野のバッテリーがきっちりと0点に押さえ、終わってみれば、13 vs 8で5連勝!
今日は、打撃陣が踏ん張った、いい試合となりました。
今日のMVPは、5番/鈴木!
次戦も鈴木祭りだ!!
負け組コメント

第66期 第16節 7月31日

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:須藤
敗戦投手:川満
カイザース 2 3 2 0 0         7 HR:
ベアーズ 4 7 0 0 X         11 HR:
勝ち組コメント
今期は、上位が期待できると思いながら、気づいたら勝率5割に戻っていたベアーズ。
本日のお相手は、ライバル・カイザースさん。
初回に、須藤の立ち上がりを攻められ2失点。
その裏、先頭の「仕事人」石床が、先頭打者らしく粘りに粘って四球を選び、この日2番に入った大型新人小島のセンター前、4番米澤の2塁打、椿、須藤の連続タイムリーなどで逆転に成功。
2回のカイザースさんの攻撃は、須藤が連打を浴び、気づけば2死満塁。
続く打者の当りは、フラフラとライトに飛んだ凡フライに思えたが、正面に飛んできた難しい打球であったたためか、まさかの後逸で走者一掃となり、再び逆転を許してしまう。
気を取り直しその裏、この回先頭の小池が、ケツでレフト前まで持っていくクリーンヒットでランナー1塁。
1死後汚名返上の、こちらも色々な意味で大型新人佐藤が、三塁線に絶妙(微妙?)なゴロを放ち、相手エラーを呼び込み、チャンスを広げる。
続く、「いぶし銀」山野井もクリーンヒットを放ち、チャンスを広げると、「仕事人」石床が試合後の仕事の憂鬱感を忘れさせるかのような痛烈な当りで、センターに弾き返す。
更に、ヒットと四球でチャンスを広げると、最近ちょっと当りの止まっていた須藤が、ライトフェンス直撃の2塁打で、この回一挙7点を追加し再逆転。
3回の攻撃では、2点を取られながらも須藤が要所を抑え、後続を断つ。
4回カイザースさんの攻撃では、得点圏にランナーを進められた後、ライトに飛球があがり、須藤の顔が引きつったが、佐藤が難なく押さえ無失点で切り抜け、結局その後はゼロが続き、11-7で勝利。
この日は、エース須藤が投打ともに大活躍。
更に、帰国した谷口の穴を見事に埋めた新人小島、完全にキャラを作ったもうひとりの新人佐藤。
この3人の活躍で、貯金をひとつ作ったベアーズでありました。
皆さん、お疲れ様でした。
負け組コメント
久しぶり天気にも恵まれ、連敗中の我がカイザース、気合を入れて望んだベアーズ戦。
1回ヒット3本で2点取るも、その裏4点を取られて、あっという間に逆転され、まだこれからと向かえた2回、ヒットとフォアボール、エラーで3点を取りまた逆転し、いいムードなったと思いきや、その裏またたくまに7点取られ、このままで終わりたくないと思いを胸に3回ヒット、2ベース2本で2点を返し、またエース川満が3,4回と相手打線を0点に押さえ、4点差で向かえた最終回、ランナーを出すが後続倒れてゲームセット。
悔しい試合だった、しかし若い衆が暴れだしたカイザース、今後が楽しみだ。

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:
敗戦投手:宮内

ロイヤルズ 1 1 0 3           5

HR:白杉

サクラ 7 5 1 2           15 HR:
勝ち組コメント
負け組コメント
『五十過ぎてまだまだ輝く』
近年稀に見る、ジャンケンに勝っての先攻。
期待の1番前越は、驚愕の見逃し三振に倒れるが、好調山田興が右中間二塁打。
捕逸で三塁に進み、KAZの当りが良すぎる中直で、判断良く生還。
開幕戦以降、調子の上がらない監督白杉だが、ここは甘い球を見逃さずに、二塁打でチャンスメイク。
RYOさん出塁で二死一、三塁となるが、丸山は打ち上げてしまい、初回は1得点のみ。
その裏は、守備が乱れて大量7点を奪われ、2回表の攻撃。
チーム最高齢ながら守備で大忙しの左翼宮本、絶好調宣言ピーノくんの連続安打で二死一、二塁とすると、何かが変わったヨデンが追撃のタイムリー!
が、次打者ヤブちゃんは相変わらずで、二、三塁に残塁…。
満塁弾等でリードをさらに広げられた3回。
同僚には負けてられんと、俊足自慢の國分が中前打で出塁するも、前越の鋭い遊直に塁に戻れず、一同唖然で今回も俊足は片鱗も見れられずじまい。
最終回の攻撃は、先頭山田興が四球で出塁したが、KAZの鋭い当りは、またもや中堅手正面。
ベンチが暗い中、このままでは終われない監督白杉の渾身の一振りは、右中間ネットを越える場外弾。
次節につながるであろう、価値ある1本に。
その後は、RYOさんの二塁打、死球、失策がらみでさらに1点を追加したものの、前節に続き残念ながら完敗…。
暑い季節、集中力を保つのは大変ですが、頑張っていきましょう。
次節、『山田興、好調はホンモノ?』 
乞うご期待!!

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:
敗戦投手:芝田

パイレーツ 2 1 0 1 1 0 0     5

HR:青

サンエイ 6 2 0 1 3 0 X     12 HR:T-MAN
勝ち組コメント
。。。。。。やりました!!! 勝てました!!!!
ながかったあ〜。(64期2010年1月10日ぶり)
この1勝ちの喜び、皆様にはわかってもらえますか?
負け組コメント
現在5連敗中と、長いトンネルに入ってしまったパイレーツ。
雨天中止を挟んでの第九戦、相手は今シーズン未勝利のサンエイさん、両チームとも負ければ後が無い、今期の最下位決定戦とも言える重要な1戦。
試合前には、日本から戸田選手が応援に駆け付け、また新人谷川選手が初参加され、気合を入れて挑みました。
1回のパイレーツの攻撃、アッサリ1,2番が打ち取られ2アウトとなるが、相手失策で出塁した走者を置いて、4番青監督の8試合ぶりの2ラン本塁で2点を先制!
まずまずの出だしで、1回の守備に就く。
その裏、先発芝田投手の立ち上がり、サンエイ打線に捕まり、先頭打者にセンターへ安打され、四球と死球でノーアウト満塁とされると、適打と犠牲フライ等で一気に6点を奪われる。
2回の攻撃、新人谷川選手の初打席の3塁打と適打で1点を返す。
しかし、2回裏もサンエイ打線に2点を追加得点され、点差を広げられる悪い展開となる。
3回の攻防は、両チーム無得点。
パイレーツ、4、5回と1点づつしか得点できず、6回を終わって5対12と、相手チームに7点差を付けられ最終回の攻撃、打線の爆発を期待したが、あえなく打者3人で打ち取られ試合終了。
試合は、終始相手チームに主導権を取られる悪い流れのまま、得点圏の好気も打球が相手守備の正面を突く等、逆転する事はできませんでした。
ただ、守備では併殺を取るなど良かっただけに、もう少し得点したかった一戦でした。
ついに最下位となってしましましたが、残り4試合の内、1勝でも多く勝てる様、前向きに戦って行きましょう!

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:金塚
敗戦投手:石田

オオゼキ 0 0 0 0 1 0       1

HR:

サンダース 1 1 0 0 0 0       2 HR:
勝ち組コメント
前節の勢いに乗って行きたい、強打オオゼキ戦、久々の大所帯の総勢15名で挑む。
しかし、試合当初からエース金塚の、"今日は体調悪い宣言"に一抹の不安が・・・。
とは言いながら、初回からぴしゃりと3人で抑える仕事人、それに応えるように、先頭 稲田から、4番Johnが四死球で出塁すると、頼れる大将・中村がライト前にタイムリーを 放ち、先取点を獲得。
そして2回も、エースが相手から2者連続三振を奪い勢いをつけると、その裏自らレフ トに2塁打を放ち、宮定オッパもヒットで続き、ムエタイが選んで満塁の場面で、怪力・ 木村がここはきっちり押出しの四球を選び、追加点を奪う。(結局これが決勝点でし た・・・。)
ところが、ここから前節の空中戦はどこへやら・・・。
この暑さでやれたのか、毎回出塁はするものの一本が出ず、残塁の山々・・・、貧打貧打の雷打線。(反省で す・・・。)
それでも、エースは6回を一人で投げ抜き、お見事無四球試合で、1失点に抑える熱投を披露。
1点差での薄氷の勝利で、なんとか勝利をもぎ取る。
連勝は8に伸ばしましたが、まだまだ厳しい戦いが続きます。
次戦は、打線の奮起で快勝を!
負け組コメント
首位サンダースに惜敗・・・。いやー惜しい試合でした。
でもナイスゲーム! 詳細はコチラ↓。
http://sports.geocities.jp/ozekihksa/66thLeague_Score_8.html

第66期 第15節 7月24日

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:戸崎
敗戦投手:土田
イーグルス 1 0 0 1 0         2 HR:
エンジェルス 2 0 3 7 0         12 HR:戸崎
勝ち組コメント
晴天のTKR第1試合。 朝から仕事!?の話で盛り上がる、海外出張組のテキーラ親父達。
初回、1点を先取されるも、後続を抑え見事な立ち上がり。
P組若頭鍵ちゃんの凡打で、早くもテキーラ祭りの予感が・・・
続くCherfy、センター前に弾いて同点ランナー。
燃える男も続いてセンター前で出塁。
テキーラに興味深々会長清水の左中間を破る二塁打で 見事逆転に成功。
2回、相手好打者を見事押さえ、医龍戸崎、見事なオペレーション。
2回裏、医龍よりトイレ行ってくるのでゆっくり打ってねの言葉も むなしく、3者早撃ち凡退で追加点ならず。
3回、ゆっくり休ませてもらえない医龍、1アウト満塁まで攻められるが、2-2-3のゲッツーでみごとシャットアウト、追加点を許しません。
3回裏、栗やんセンター前で出塁、悪人藤木得意の19番ゴルフスイングで、レフトオーバーの三塁打、P組代表チュパ澁谷も、得意の19番ゴルフスイングで レフトオーバー二塁打、ゴルフ打線爆発。
2人のゴルフスイングに反比例、小野ちゃん上から叩いて、ナイスライト前で3得点目。
4回、1点許すも後続を見事抑えます。
4回裏、やっと出ました、燃える男医龍戸崎の、目のさめるような1発。
会長清水、珍しくIFで出塁。
セナ君の応援を背に、今日はパパ宮澤、ライト前に豪打。
ご意見番田中の犠牲フライで追加点。
中込、パパ山本と四球で出塁。
三塁コーチチュパへ耳打ちして打席に入った監督崎ちゃん、スクイズ?と思いきや、フルスイングでセンター前。(何だったんだろうあの耳打ちは・・・)
大御所松樹、センター前に弾き、チーム打点王。
ゴルフチーム悪人藤木、チュパ澁谷、四球を選び満塁まで攻めるが、追加点もここまで。
5回、しっかり抑え、見事勝利!! やっと勝率5割。
残り全勝で、Aランク目指せるか!?
負け組コメント
前節、いい感じで今期2勝目をものにしたイーグルス。連勝をねらい臨んだエンジェルス戦。
天気もよく、第一試合でもすでに30度を超えるような気温の中、プレイボール。
初回、相手好投手からエラーや四球などで、何とか先制点を取ったが、その裏の守備では逆にエラーが続き、あっさりと逆転を許してしまう、嫌な流れ。
2回も、相手の速球にうまくタイミングは合わないものの、ボール球をしっかりと見極め、ツーアウト満塁のチャンスはつくるものの、あと一本が出ず、0点。
その裏の守備では、先発土田がコースをねらったしっかりとしたピッチングで、好打者を揃えたエンジェルス打線に追加点を許さない。
3回以降、速球が決まり始めた相手投手から、絶好調丸山が三振を奪われるなど、少しずつエンジェルスさんのペースの試合展開に・・・
3回裏は、やはり守備で痛いミスが続いてしまい、土田の投球のリズムを崩してしまい3点を奪われる。
4回、四球やヒットで1点を返して、なおワンアウト満塁、一本出ればビックチャンスになりそうな展開だったが、柳田の打った球はキャッチャーの目の前、ホームそしてファーストと誰もが予想もしなかったダブルプレー。
この回も、あと一本が出ていれば・・・・
4回からは、負傷の土田に代わって、急遽笹川がマウンドに上がる。
準備もできていない中での笹川は、やはりうまくストライクが入らず四球、そして甘く入ったストライクを狙われ、大量7点を奪われる。
5回は、リズムよく投げ、無失点に抑えただけに、この回の7点はイーグルスにとっては、本当に痛い7点となった。
5回も、四球とヒットでノーアウト満塁のチャンスをつくるものの、あと一本が出ないイーグルス打線。
結局、試合は2対12という大差がついてしまった。
好投手、相手に再三チャンスをつくるも、あと一本が出ずに終わった試合。
これからの試合でも、好投手との対戦が続くはず。
一人ひとりがしっかりとバットを振って、好投を続けている土田を支えられる打線になっていきましょう。
暑い夏、その暑さに負けないイーグルスのメンバーの熱い心で、次戦以降も頑張っていきましょう!

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:佐藤
敗戦投手:森

アタッカーズ 4 0 5 2 4 1       16

HR:畠山

サンエイ 3 2 3 0 0 1       9 HR:多島
勝ち組コメント
暑くなって、すっかり打線に元気がないアタッカーズ。
勝率5割を死守するために、今日のサンエイさん戦は落としたくないところ。
初回表、今日の切り込み隊長・加藤が安打で出塁すると、浅野が3塁打で1点先取。
パスボールで2点目。ランナーをためて、畠山の2点打で4点。
まずまずの滑り出しといえるが、いまひとつぎこちない印象。
この暑さに、スタミナが心配される佐藤。
今日は、どうも制球が定まらずに、四球を重ねる。
ランナーをため、サンエイさん打線につかまり、3点を返される。
さて、1点差に迫られ、追加点の欲しいアタッカーズだが、2回表はあっさり無得点。
そして、その裏には、ついに2点本塁打で逆転される。
これはもしかして、アタッカーズにとって典型的な負けパターンではないか?との心配がわき上がる。
3回表、崎山・佐藤の投手コンビが連続ヒットでチャンスをつくり、上位にまわった打線が爆発。
5点をとり、一気に逆転。が、その裏3点を返され、1点差に迫られる。が、突き放せない・・・・・
4回表、谷本の3塁打と、山本の内野ゴロエラーで2点を返した。
その裏、暑さに強い石垣男・崎山が登場。
見事零封に抑え反撃を断ち、流れを変える。
そして、5回表に3回と同じパターン。
崎山・佐藤の安打から、上位にまたつないで5点と突き放す。
その裏を零封した崎山。 最終回6回裏には、四球連発でピンチを招くも、落ち着いて後続を断ちきり、最少失点に抑えた。
負け組コメント
高齢化問題に直面している我等サンエイにとっては、非常に厳しい猛暑の中での試合、初回表に4失点するも、その裏3点取り返す。
2回表は0に押さえ、その裏、1番多島に久しぶりの一発が出て逆転するも、3回表に5失点、その裏3点を取り返し喰らいつくも、そこまで。
なんとか体力を振り絞り6回まで頑張ったが、終わってみれば、またもや大敗。
毎試合、全力で投げ続ける我等が森投手に深謝。

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:渡部
敗戦投手:村上

コンポードー 2 0 0 0 1 0       3

HR:小佐野

ドリームス 4 0 0 2 8 X       14 HR:
勝ち組コメント
立ってるだけでも汗の染み出て来る暑さの中、夢軍団19人でコンポードさんとの一戦に臨みました。
初回2点を先制された裏の攻撃、1番「ぶちキャプ」初球デッドボールで出塁するも、不振の2番、3番が凡退。
しかし、4番「もっとムラムラ」がセンターとライトの間にしぶとくテキサスヒットを放ち1点。
更に連続四球で2死満塁。
ここで、好調7番「おそうさい」、きっちりセンター前に弾き返すタイムリーに、「SHUHO」もサード強襲ヒットで続き、更に2点。計4得点で逆転に成功。
しかし、2回は3人、3回は4人で攻撃を斬って取られる苦しい展開。
4回、下位打線が四球等で。無死満塁のチャンスメイク。
1番「ぶちキャプ」の打球は、セカンドのグラブを弾き2点追加。
しかし、しかしここでも2番、3番が凡退し、ダメ押し点奪えず。
5回に1点を返され、3点差で迎えた5回。
ついに、自慢の下位打線が火を噴きました。
連続失策にヒットで、この回も無死満塁のチャンス。
9番「サト貴」、強烈レフト前タイムリー。10番「柏谷」の打球は、右中間真っ二つ。
快足を飛ばし、走者一掃の三塁打。
「伊藤園」、「山貴副キャプ」、「大太郎」も単打で続き、この回計8得点。
守っては最終回、「SHUHO」の好投で今期初登板となった「おそうさい」が、きっちり締めて試合終了。
最終的には点差開きましたが、ここ数試合、すっきりしない試合展開が続いてます。
次戦こそは、上位打線がきっちり仕事しますよ!
負け組コメント
今節は、ややいつもより多めの13人が、セキメイグラウンドに集合。
初回、四球で出た髭男爵が飛び出して憤死するも、ヒットで出た長谷川Aを置いて、目下チーム本塁打王の小佐野が、振り遅れながらもライトへ2ランHRで、幸先良く先制。
本当に頼もしい4番です!
今節、ようやく先発を諦めた監督に代わって、久しぶりに先発マウンドに立った村上ショージは、運が悪いポテンヒット等で4点を奪われて、逆転されてしまう。
しかし、2回以降は立ち直って、相手打線 をゼロに抑えるも、味方打線は相手好投手の前に凡打の山で、追加点が奪えず。
4回裏に2点を奪われて、差が4点に開いてしまうが、5回に村上ショージのタイムリーで反撃。
しかし、得点を焦った監督が本塁で憤死し、1点止まり。
その裏、疲れが出た村上ショージは、味方の拙守に気落ちし、ピンチを招いたところで、さすがは試合巧者の夢軍団、この隙を見逃してくれませんでした。
走者一掃の3塁打など猛攻に遭い、大量失点を喫してしまう。
暑い時はピッチャーもキャッチャーもしんどいから、もっと守備が盛り上げてあげないとあかん!
みんな反省して帰路に。
気持ちを入れ替えて、8月にまた頑張りましょう!

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:遊佐
敗戦投手:

ツナーズ 6 3 0 12           21

HR:

オオゼキ 3 0 0 0           3 HR:
勝ち組コメント
『中井選手、最終戦??』
ニューヨーク転勤が決まった中井選手の最終戦、勝利を目指す中、試合前に朗報が。
欠席予定であった遊佐投手の参戦の報告が、当日試合前に。
この朗報の勢いのまま、先攻の初回、1番田川、2番阿部四球。
無死1、2塁で迎えたのは、最終戦で意気込む3番中井、あえなく三振。
4番遊佐、四球の後、5番砂永、しぶくセンター前で2点先取、そのままの勢いで初回6点先制と、幸先よいスタート。
投げては遊佐投手、初回こそ3点失うものの、後は完封。
迎えた最後の攻撃4回表、打者一巡の猛攻で、この回2回目の打席、中井。
前の打席は四球で消化不良の中井、初球をうまく流し打ち、ライト線への三塁打で閉めくくる。
結局この回、12点追加で終了。
中井くん、気分よくニューヨークへ(次戦も参戦のと噂が?)
負け組コメント

第66期 第14節 7月17日

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:渡部
敗戦投手:川満
カイザース 1 1 0 1 0         3 HR:
ドリームス 0 3 1 1 X         5 HR:
勝ち組コメント
前日も雨で、中止濃厚と誰もが思っていた日曜の朝、雨が降っておらず。。。
集合はしたものの、さすがにグランド不良で使えないだろうと思いつつも、水抜き開始。
セカンドあたりに溜まった大量の雨も、両チームの必死の作業を経て、水抜き完了。試合開始。
初回、先頭打者を振り逃げで出塁させ、タイムリーを浴び先制を許す。
反撃したい裏の攻撃、何と三者凡退、、、
2回にもタイムリーを浴び、2点差の苦しい展開。
その裏、5番「Ferry」のライトフェンス直撃の2塁打、「ま〜ぼ〜豆腐」の内野安打で作った2死1、3塁のチャンスに、8番「SHUHO」がセンター前に弾き返し、まず1点。
続く「菅ちゃん」に右中間3塁打が生まれ、2点追加で何とか逆転に成功。
3回、「市助」、「柏谷」の連続安打等で、1死2、3塁のチャンス。
ここで、「沖三郎」がレフトへ強烈なタイムリーを放ち、1点追加。
続くチャンスは三振、Pゴロでダメ押し点奪えず。
最終回のピンチは、6-4-3のゲッツーで凌ぎ、5-3辛勝。
天気同様、全くすっきりしない試合でした。
全ては、上位打線の不振が原因。
対象者の皆さん、大いに反省しましょう。。。
負け組コメント
深夜に降った雨のせいで、試合開始前から水溜りの水を全員で除去する必要があるほど、グランドコンディションが悪かった、ドリームス戦。
1回表、先頭沓掛選手、2番中野選手が出塁。
4番屋嘉部選手が、きっちりとタイムリーを放ち先制。
2回表には、寺内監督のタイムリーで追加点。
守備では、川満投手が立ち上がりから好投続けていたが、2回裏、2死から連続安打を許し、ドリームスに3点を返され逆転される。
その後、均衡したゲーム展開になるが、結局3−5で敗戦。。。
ドリームス戦の敗戦は、水溜りの水の除去で、試合時間が通常より短縮されたこと。
もう少し時間があれば、逆転出来た?
また、O出選手、まさかの寝坊・・・。
途中参戦するものの、1打席も立てず。O出選手が居たら、勝てたかも?
現在3連敗中。次戦はとりあえず連敗ストップ出来るように、ガンガン打ってきっちり守って勝ちましょう!
注意)遅刻は厳禁です!!

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:金塚
敗戦投手:角田

ベアーズ 0 1 0 0 0 0 0     1

HR:

サンダース 6 1 1 1 7 1 X     17 HR:稲田 中島(2本) Jhon
金塚 黄(2本) 中村
勝ち組コメント
監督、肩痛から久方ぶりの復帰試合となった、ライバル・ベアーズ戦。
勢いをつけるべく、エース金塚も立ち上がりから2三振を奪う好スタート。
そして、トップに座った稲田が、先頭打者ホームランでいきなり先取点を奪うと、2番ナカジ―も続いて2者連続ホームラン、そして4番Johnオッパもつないで、5番エース金塚も続いて2ラン、7番斉藤がつないで、8番黄オッパも2ラン、なんとなんと初回で4ホーマー、全てホームランで得点と予想だにしない展開に。
そして、そのままの勢いで終わってみれば、それにしても見事な雷打線。
稲田1本、中島2本、Jhon1本、金塚1本、黄2本、中村1本の計8本も飛び交う空中戦(後半の方は、ベンチの迎えも寂しい感じでしたが・・・。)の24安打、 毎回得点の17点。
その内、ナカジ―、エース、黄の3人でまとめて13打点と、元気が良いです!
そして猛打賞の固め打ちが、稲田、ナカジ―、John、エース、斉藤の4人も出て、貧打がどこに行ったか、いつにない二桁雷打線。(これが毎試合続けば良いのですが・・・。)
守備でも要のセンターで美技を見せた新人稲田、そしてエース金塚も奮闘し、豪打ベーアズ打線を1失点で抑え、奪三振11を記録。 メデタシ、めでたし。
見事監督の復帰戦を飾り、連勝を7に伸ばしとさ。
次戦も気を引き締めて、白星街道を走りましょう!!!
負け組コメント
昨日までの雨で、開催さえ心配された天光道第二試合、あにはからんや第一試合の方々のグランド整備のお蔭で、試合の方は問題なし。
本日は、名手谷口選手の送別試合であり、コッチが勝手にそう思っている終生のライバル雷さんとの試合、しかも雷さんは、今期ここまで全勝で上がってきており、更には第一試合が緊迫したナイス・ゲーム、その上コッチはエース須藤・リリーフ吉川・ショートの椿・川崎、新人ながらいきなり主力の小島、そしていつも出席の連絡がありながら何故かグランドには姿を見せたことがないバニーなど、大幅に人員を欠いての内容的には話題テンコ盛りの試合となった。
結果は、横綱が少年相撲のちびっこに、本気でかち上げるような試合ではあったが、小池の執念のタイムリーで完封だけは免れ、また守備も随所でよいプレーをして、何とか7回まで試合をさせて頂くことができた。
まぁ、それにしてもあちらさんは、天光道の空によく花火を打ち上げ、コッチは暑いせいか扇風機がくるくる回り、あちらさんのHR数とコッチの三振の数が2桁で並ぶ大盤振る舞いの、谷口選手にはある意味で強く思いに残る試合ではあったのではないか。
谷口選手、こんな試合にしてしまい、申し訳ありませんでした。
でもこの2年間で、貴兄との楽しいプレーの思い出も、一杯頂戴しました。
またいつか、グランドでお逢いできることを楽しみにしています。

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:
敗戦投手:

コンポードー                    

HR:

ロイヤルズ                     HR:

雨天順延


1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:
敗戦投手:

パイレーツ                    

HR:

サクラ                     HR:

雨天順延


第66期 第13節 7月10日

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:
敗戦投手:崎山
アタッカーズ 3 0 0 0 2         5 HR:
サクラ 2 2 4 2           10 HR:
勝ち組コメント
負け組コメント
積極的なリクルート活動の成果で、本日も3人の新人が参加。
16人のメンバーでサクラさんと対戦。
初回、水野・土井の二塁打で、あっという間に先制。
敵失でランナーをため、藤戸が三塁線を抜く三塁打で二点を追加。幸先良しとチームが盛り上がる。
が、相手投手が立ち直り、あっさりと後続を断たれる。
南国出身で暑さに強い(はずの)先発・崎山。
サクラさんのパワフルな上位打線を、初回は二点に抑え、リードを守る。
さて、追加点をと張り切るアタッカーズだが、二回表は敵失による出塁こそあったが、なんと3三振と相手投手に翻弄される。
勢いにのれば打ちまくるが、気分がのらねば湿りりがちのアタッカーズ。
淡々とした攻撃を繰り返し、三回四回も零封される。
崎山もふんばり、最後まで投げ切り、味方打線の援護を待つ。
五回表、このままでは終われないアタッカーズ。
藤戸・加藤の安打にパスボールと犠打で二点を返したが、反撃はここまで。
ついに、勝率五割と貯金を使い果たした。
新しい戦力も加わったことなので、勝率5割は死守したいところだ。

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:森下
敗戦投手:須藤

ツナーズ 8 1 0 9           18

HR:前田

ベアーズ 10 0 0 1           11 HR:
勝ち組コメント
『大黒柱不在の危機、超乱打戦を制す』
試合前夜、エースで4番:遊佐が仕事の為、無念の欠場との連絡を受け、監督は考えた。
”森下には、事前に伝えないでおこう”と。
試合当日、いつものように会場に現れた永遠の投手養成期間中:森下、遊佐不在で先発完投を厳命され、凍りつく。
今更ではあるが走り込み、早々に投げ込み開始。
メンバーも、森下の投球練習が気になり、打者役をかってでる。
森下以外の9名は、”相当打たないと勝てないな”ということは十二分に認識でき、投球練習を横目に黙々と打ち込む。
森下を頂点に不安満載で初回、先攻での攻撃。
先頭:藤井が平凡な1塁ゴロを内野安打にしてみせる、いきなりの快足披露でベンチに着火。
藤井は、即盗塁も決め、2番:阿部の四球出塁でクリーンアップへ。
NY転勤が決まり、この試合を入れて残り2戦となった3番:中井が、全打席HR宣言の威勢をかって、レフトへ2点タイムリー2塁打を放ち、繰り上がり4番:砂永へ。
変な力みから、見事な3塁ゴロを放ちずっこけるが、相手守備の乱れを誘い、中井が還り3点目。
5番:山田、6番:飯田と連続四球で、満塁の場面。
今日はトイレへの距離が気にならない7番:前田は、ライトへきっちりタイムリー。
8番:河野もセンターにうまく運び、2者生還。
この回、打者12名で8点を奪う猛攻で、この上のない打線からのプレゼント献上と、森下以外(いや実は森下も?)は思いました。。。
裏の守り、先頭打者の強烈な当りが野手の正面だったり、自信のない腕の振りで微妙な変化をみせる森下スラドロで三振を奪うなど2死まで奪い、”おいおいいけるやんけ”と見方を思わせといて、やってくれました。
終わることのない怒涛の攻めをくらい、元ボクサー森下は完全にパンチドランカー状態。
捕手のサインを見る間も惜しんで投げまくり、守備陣の”ゆっくり””落ち着いて”の掛け声にうなずいて即投球と、完全なる森下ワールドを形成。
見事なまでの取られっぷりで10失点、8得点は水の泡と化す。
2回、ベンチ裏で正座し懺悔する森下を無視し、攻撃に気持ちを切り替えるも、3、4番が倒れ二死。
5番:山田の四球を、6番:飯田のライト線上に落ちる2塁打で1点返して守りへ。
荒れた初回の攻防からうって変わって、試合はこう着状態。
恐る恐るマウンドで投球する森下を、ツナーズ守備陣が盛り上げ、森下もそれに応えるようで応えるでもない、敵味方を翻弄する投球で何と2,3回をゼロ封。
セカンド阿部のジャンピングキャッチ、センター砂永の左中間の当りをスライディングキャッチし、飛び出したランナーを刺すダブルプレーなど、ビックプレーで試合の流れを呼び寄せる。
そして、4回表の攻撃。先頭3番:中井の意表をつくバントヒットから、続く砂永へ。
4番の重責がボールにのしかかり、フェンス越えの弾道が何故かフェンスに当る2塁打で味方を笑わせ、相手守備陣を困惑させる当りでチャンス拡大。
5番:山田のレフト前で同点にし、6番:飯田のまたしてもライトへの2塁打で逆転。
走者二人を置いて、7番:前田。
ベンチの”つないで”の期待を大きく打ち破るライナーで、飛び込むHRをかっ飛ばし、ベンチはやんややんやの大騒ぎ。
その後も、9番:森下の意識回復安打、1番:藤井の見事な2塁打で加点し、そこからさらに4連打で、この回9点を奪う。
あとは、試合成立に向け時間との戦い。
1点を返されるも、ピッチャー強襲を森下がグラブにあて、ショート山田の正面に転がるなど運も味方し、残り2分で何とか勝利を掴む。
大黒柱の遊佐を欠き、不安だらけの試合を、森下の投球が、さらに奈落の底へと思わせといて守備で踏ん張り、打線の大爆発で逃げ切った貴重すぎる1勝。
激しい試合内容に、記録には残るが、意識朦朧で記憶には残らない試合だった。
試合後、皆の分もドリンクを買おうとする森下を、”自分の分だけ買ってくれば”と突き放す監督。
あのすさまじいまでの間髪入れずの取っては投げ投法だけは、メンバーの記憶に焼きつき、ドリンクだけでは水に流せないものとなった。
さぁ、次節24日の試合へ。
まずは、9名確保から取り掛かりましょう。
ここ一番の巧打の秘訣、”試合前日に海で焼く”。
飯田、前田の6,7番コンビが実証済です。
冬場の活躍は、期待できないということか?
森下劇場で体力を消耗したので、数人で焼肉食べました。森下さん、おいしかったです。
領収書、後日渡します。
負け組コメント
一昨日に歓送迎会(兼決起集会)を開催し、チームの輪が更に増したベアーズ。
今日のお相手は、強豪ツナーズさん。
相手エース不在ということもあり、少しだけ気が緩んだのか、エラーと四球でバタバタと8点を先制されるという、ベアーズの悪い癖が出てしまった初回。
悪い流れを断ち切るべく、先頭、約一年ぶりの復帰の伊藤が、目の覚めるような当りをするも、ショートの好守備に阻まれてアウト。
続く谷口は、センター前で出塁。2死後米澤、吉川の連続2ベースで2点。
相手投手の乱れもありその後、計7つの四球と角田のシングル、新人小島の2塁打で一挙10点を挙げ、逆転に成功。
2回に1点差に詰め寄られたが、エース須藤が技術でかわし、後続を抑える。
対するベアーズの2回3回は、ランナーを出すも追加点が取れずという、悪い流れで迎えた4回、時計は既に1時間を経過。
得点10-9。猛暑で疲れの見え始めた須藤に対し、相手はセーフティバンドで容赦のない攻撃、これには須藤はじめ内野陣も動揺し、ランナーを貯めてしまう。
その後連打を浴び、この回なんと9失点。
タイムアップでの勝利も視野に入れながら、4回裏の最後の攻撃。
先頭須藤が四球を選んだが、続く岩間が粘りながらもきわどいコースを見逃し三振、Stephen凡退で2死となり、万事休すと思われたが、角田がこの日2本目となるセンター前(大根切り)ヒットでチャンスを広げ、小池もセンター前(クリーン)ヒットで1点返すも、後が続かずゲームセット。
ただ、この日はここ最近では見られない、16人が集まるという層の厚さを見せ付けたベアーズ。
ワザ師谷口の帰国は痛いが、26歳トリオの入部、T氏、I氏の鬼ヨメコンビの復帰と、今期は先期より上位が期待できそうだ。

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:戸崎
敗戦投手:石田

オオゼキ 1 0 1 0           2

HR:

エンジェルス 0 3 1 4           8 HR:
勝ち組コメント
朝から晴天で向かえたオオゼキさんとの1戦。
第1試合にも関らず、朝から猛暑のSKM。
初回、立ち上がりをうまく攻められ1点を失うも、後続をしっかり抑えて、最小失点。
1回裏、二日酔い中居がDBで出塁すると、本日4番宮澤がセンター前に弾き、1、2塁。
得点圏でこのお方、燃える男戸崎、鋭いスイングは 1・2塁間を破りライト前、2塁から中居、走る走る。
前日の酒が抜けていた模様だったが、ホームでクロスプレイ。
ここは相手キャッチャーに見事に裁かれ、得点成らず。
続く2回、エンジンのかかって来た戸崎、テンポ良くゼロ点で押さえます。
2回裏、会長清水が四球で出塁すると、な・なんと田中、見事なセフティーバンドで出塁。
若手に激を飛ばします。
いぶし銀吉本も、しっかり選び、四球で出塁。
ノーアウト満塁で、監督崎ちゃん。狙っていた打順だったのか、背番号5に皆の期待がかかります。
打った打球は惜しくもサード正面、得点ならずも、まだまだ 1アウト満塁。
続く大御所松樹、2ストライクからフルスイング。
打球はレフトの頭を超え、走者一掃の3打点。
本日、大御所2人が見せてくれます。
パパ山本もレフト前に弾き、もう1点欲しいところでしたが、この回松樹の3打点止まり。
3回四球も絡み、ランナー2・3塁でキャッチャーパスボール。
痛い失点1を相手に与えてしまいます。
戸崎、動揺を隠しながらも三振で閉め、ゲームは3対2の均衡戦に。
3回裏、若頭勝っちゃんが四球で出塁。
続く、斎藤1・2塁間を渋く破る初ヒット。
栗やん、サードゴロに倒れ、ランナー1・2塁で、パスボールのちょんぼをしてしまった中込へ。
死んでも返せ〜の怒り?の声で気合が入ったのか、ライトオーバーの2塁打、斉藤帰還するも、栗やんクロスプレーで、またも相手キャッチャーに阻まれます。
この回1点止まりで、まだまだ苦しい展開。
4回、エンジンのかかって来た戸崎、相手打線をゼロで抑えます。
4回裏、戸崎2塁打で出塁、会長清水・田中、続けて選んでまたまたノーアウト満塁で、監督崎ちゃん。
マジで狙った打順、打点を稼ごうと一発狙っていた崎ちゃんだったが、ここは落ち着いて選んで、押し出し1点。
そして、本日ヒーロー、大御所松樹へ、またまた満塁で繋ぎます。
2ストライク追い込まれてから、前回の打順をリプレイするかのフルスイング、強烈な打球はファーストを襲い、強襲ヒットで走者2人を帰します。 これで、本日打点5の猛活躍。
5回裏、疲労が溜まってきた戸崎に、オオゼキ打線が襲いかかります。
四球で、ヒットで、コツコツとランナーを貯められ、相手監督に本塁打を浴びてしまい、逆転。
まさかの展開に、天使達唖然。
1点ビハインドで最終回裏、 悪人藤木、気合の2塁打で同点のランナーとして出塁。
若頭勝っちゃん、四球を選び逆転のランナーとして出塁。
斎藤倒れるも、1打逆転の場面で栗やんへ。
気合を入れて、ボックスに立つ栗やん。ここで、1時間半経過のコール。
最終回成立せず、勝利を頂いてしまいました。
打って勝ちたかった・・・でも勝利は勝利。
ということで、今期2回目のグランド整備へ。
猛暑の中、審判の皆様お疲れまでした!!
負け組コメント
幻の猛攻&逆転勝利・・・。
詳細はコチラ↓。
http://sports.geocities.jp/ozekihksa/66thLeague_Score_6.html

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:土田
敗戦投手:森

サンエイ 1 0 0 0 1         2

HR:

イーグルス 2 7 2 4 X         15 HR:
勝ち組コメント
前節でサクラさんに負けてから臨むこの試合、チームとしては連敗を避けたい大事な一戦。
なんとしてでも勝ちたいと意気込み、総力戦で戦う。
天気もよく、朝から気温がグングン上がる中、試合開始。 体力的にきつい試合となりそう。
立ち上がり、先発土田、1点取られるも、丁寧にコースをついて何とか食い止める。
この頑張りに、打線で援護したい。
1回の裏、2番の笹川のセンタ前ヒットをきっかけに、丸山、森島の連続ツーベース、笠井のシングルヒットと打線が続き、2点獲得。
打線が確実に繋がり始め、チームとしては良い流れ。
2回の表、土田のピッチングは上り調子、この回0点に抑える。
2回の裏、課題の下位へ繋がる打線。
長打不要、コンパクトなバッティングを目指し、なんとか相手を攻略したい。
先頭の才木が失策で出塁すると、続く柳田がきわどいながらも、ラインぎりぎりに入る、いぶし銀のツーベース。
その後、続く課題の下位打線から7連続ヒット!!
こうなったら流れは、こちらのもの。
この回以降、ピッチャー土田も好投が続き、2失点に抑え、完投。
ここ数試合、チームが目指す戦いが少しずつ出来きるようになり、手ごたえが感じられるようになってきた。
今後、強豪チームとの対戦が続くが、胸をお借りするつもりで、精一杯戦っていきたい。
今日のこの勢いで、次の試合に臨む。
負け組コメント
前夜にメンバーの結婚披露宴があり、前監督も自腹で来港、ほぼ全員寝不足(なかには超二日酔いで)のなか、なんとか今期初勝利を祝結婚に華を添えようと挑んだ試合。
一回表、一番打者が、いきなり3球3振。
しかし、2番3番連続ヒット、5番のタイムリーで先取点を奪うも、その後敵投手の緩急を使った上手い投球に翻弄され、5回にようやく1点を取るが、敵の卒が無い攻撃に、終わってみれば大敗。
この試合も、サンエイに勝利の女神は微笑むことは無かった。あ〜ぁ。

第66期 第12節 7月3日

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:石田
敗戦投手:
オオゼキ 2 0 0 2 3 2       9 HR:河村
サンエイ 0 0 0 0 0 0       0 HR:
勝ち組コメント
完封負けのち完封勝利。
オルティス石田改めスシ石田、嬉しい完封勝利!
いや、オオゼキ全員も嬉しい完封勝利! 詳細はコチラ。
http://sports.geocities.jp/ozekihksa/66thLeague_Score_5.html
負け組コメント

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:渡部
敗戦投手:宮内

ロイヤルズ 0 0 0 0 0         0

HR:

ドリームス 1 4 2 0 3         10 HR:溝渕
勝ち組コメント
暑い!立ってるだけでも暑い!第2試合はかなり暑い!と、書いてるだけで暑くなって来ました。。。
前節、敗戦を喫し絶対に連敗は出来ない、かつ長年夢軍団をサポーターとして支えてくれた「有ちゃん」の送別試合に19名で挑みました。
初回の守りを、リズム良く無失点で切り抜けた裏の攻撃。
1番「ぶちキャプ」、技ありのライトへの一発で先制。
2番抜擢「Sorry」もセンター前で続きますが、3番「安孫子マン」のボーンヘッドで追加点奪えず、嫌な雰囲気。
2回の攻撃は、先頭「隆康さん」が四球で出塁。
続く、「おそうさい」がセンターオーバーの単打?でチャンスメイク。
「SHUHO」の打球は会心のあたりも、低弾道のセンターライナーで3塁ランナー動けず、続く「市助」、「菅マネー」は、右中間にうまく追っ付ける2塁打で3点追加。
「快足 柏谷」もタイムリーを放ち、この回計4得点。
3回の攻撃、好調を継続している「伊藤園」のセンター前。
すっかり自信を付けた「ゆーき」も、同じくセンター前で無死1、2塁のチャンス。
内野ゴロ等でランナーが入れ替わった2死2、3塁。「有ちゃん」、夢軍団加入10年目での初打席。
豪快な空振り2つで追い込まれた後、思い切り良く振り切った打球は、右中間を真っ二つに破るタイムリー2塁打!2打点付き。
お見事!でも、何で今まで選手として出場しなかった。罰金です。。。
5回にも、チャンスに今期いまだノーヒットだったことを周囲にも気付かれ始めた「めしもーり」に、キレイなセンター返しが生まれ追加点。
守備陣も5回0死1、2塁のピンチで、今日2安打と好調レフト「菅マネー」が、ファールフライをナイスアメフトキャッチで好捕。
飛び出したランナーも刺し、併殺にするなどバックも守り立てました。
「SHUHO」が、暑さでいつもの調子ではなかったものの要所を締め、今期早くも4試合目の完封劇。10vs0で完勝。
「有ちゃん」長年、本当にサポーターとして有難うございました。
ただ、最後にもう1回言います。「何で今まで選手として試合に出なかったの!」
負け組コメント
『ヤブちゃん、次回幹事に任命される。の巻』
ロイヤルズの伝統とも言える、じゃんけん負けによる先攻。
初回の攻撃は二死後、チームB、BABAが四球で出塁するも、白杉監督のバットは火を噴かず無得点。
HR等で5点リードされた3回の攻撃。
一死から丸山が左前打、水野は相手失策で出塁し一、二塁。
後続の赤石、岡谷は粘りを見せたが、打ち取られ走者を還せず。
その裏、猛暑の中、味方の援護を待ち我慢の投球を続けるカズ宮内が、二死から長打を浴びて、更に2失点。
0−7とされたところで、丸山と交代。
4回、大好きな季節に向け、調子を上げてきているピーノくんが出塁するが、前節、大活躍のチームKは凡退。
1点が遠い・・・。
最後の攻撃となった5回。ヤブ、城倉、連続四球で無死一、二塁と久しぶりのチャンス!
ベンチの期待に応えたいチームA、疇地だったが、打球はレフトファールゾーンへ。
これを見た二塁走者ヤブは、何故か三塁へ猛ダッシュ。
レフトが捕球し慌てて戻るが封殺、いつもは罵声で出迎えるベンチも、今回は無言・・・。
集中力が切れたか暑さのせいか、裏の守備では四球、失策に安打を絡められて3失点。
0−10で時間切れ終了となり、残念な完封負けとなりました。 2安打では勝てません。
次節、『 あの輝きをもう一度 』 
乞うご期待!!

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:村上
敗戦投手:芝田

パイレーツ 0 12 4 2           18

HR:安橋

コンポードー 11 1 8 X           20 HR:新居 長谷川A
勝ち組コメント
連勝で借金返済と行きたい今節。
対するは、宿敵のライバルであるパイレーツさん。
2回連続で初回途中降板という、不名誉な結果に終わっている監督が、また懲りずにマウンドへ。
しかし、今回はコントロールが良く、どんどんストライクを投げ込んで、何と3人を打ち取って、初回を 三者凡退に!
監督が見せた劇的ビフォーアフターに、ベンチ一同「なんということでしょう」と大盛り上がり。
その勢いで初回の攻撃、新居の満塁アーチ含む6連打など、打ちも打ったり合計11安打の猛攻で、一挙11得点。
非常に楽な展開として、監督を強力に後押しする。
でもしかし! 2回、急にコントロールを乱し、四球で走者を出して相手に甘い球を痛打され、そして味方タイムリーエラーも出て、気がつけば大量リードだったはずが、追い付かれる寸前の危機。
監督は我に返ったところで、「これはアカン」と慌ててピッチャー交代を宣言。
2回は1死しか取っておらず、3試合続けて満塁のピンチを、村上ショージに託す。
代わったショージも、相手の勢いを止められず、結局2回12失点で逆転を許してしまう。
なんということでしょう。。。
その後、ノーガードのどつき合いとなった試合は、終わってみれば20対18で辛くも勝利。
大量リードを接戦にしてしまった監督は、またまた猛反省。
こんな試合の中でも気を吐いていたS山S二郎は、後方のフライを果敢にダイビングで取りに行き、左肩の筋を負傷。
厄年まっさかり、しかも前回地面で腕の肉をゴッソリ削ぎ落としてしまったセキメイグラウンドで、相手は同じパイレーツさんと、今から思えば恐ろしいばかりに揃っていた悪条件。
ナイスファイト!彼のためにも、みんなこれからもがんばろう!
負け組コメント
前期大敗を喫した、「宿敵のライバル」コンポードさんとの試合。
今季最少人数12名の参加でしたが、各自のモチベーションはいつもと変わらず、気合をいれて挑みました。
1回の表の攻撃、相手投手の荒れ球に翻弄され3者凡退と、相変わらず1回に得点出来ないパイレーツ。
悪い流れのまま1回の守りに入ったせいか、エース芝田投手の立ち上がりもイマイチボールに切れが無く、相手チームに攻められ、11点を取られる最悪の出だしとなる。
ただ今日のパイレーツは、少数ながら組んだ打線が繋がり、2回に入り猛反撃に出る。
4、5番が四球で出塁、6番正延選手、7番山内選手の連打で得点すると、後続も四球と長打で得点を重ね、相手先発をマウンドから降ろすと、最後は打者一巡し、4番安橋選手のライトオーバーで相手守備がもたつく間に、一気にベースを駆け抜け、これがランニング本塁打となり、この回一気に12得点で逆転に成功!
2回裏に同点とされるも、3回表の攻撃、ランナーを置いて12番鈴木将選手のライトライン際への2塁打(嬉しい初安打)が飛び出し、追加4点を奪い再び逆転に成功、このまま逃げ切りたいところだったが…。
3回裏に入り、制球、ボールの切れともに調子が上がらない芝田投手、緩急をつけ工夫するが相手チームに連打され、8点を奪われ逆転を許す。
4点ビハインドの最終回、四球と安打で2者を置いて、6番正延選手のタイムリーで2点差までつめよるが、最後のバッターがフライに打ち取られゲームセット。
18対20で悔しい敗戦となりました。
残念ながら、シーズン負け越しが決定してしましましたが、今回の様に二桁得点出来れば勝ちが見えてきます。
残り5試合を、チーム内の活性化を図りながら、全力で戦って行きましょう!

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:金塚
敗戦投手:川満

カイザース 1 0 0 0 0 0       1

HR:

サンダース 1 0 0 5 1 7       14 HR:全
勝ち組コメント
66期第6戦は、いつも接戦となる試合巧者のカイザースさん。
セーフティバント、盗塁、エンドランと巧みな攻撃に対して、堅い守備で対抗したいところ。
しかし、今期から正捕手として開眼した阿部など、守備の要がことごとく欠席で、試合前から不安で一杯のサンダース。
ジャンケンで奪い取った後攻めを生かすため、1回表をキチッと守って、裏の攻撃に移りたいところ。
しかし、1回表、カイザースさん先頭打者にヒットを打たれると、足を使った攻撃で簡単に三塁まで進まれてしまう。
相手4番にキチッと二塁打を打たれ、初回先制され1点を追う形に。
1回裏の攻撃、今期加入の稲田が二塁打で出塁すると、水野もサード内安打で出塁するが、クリーンアップ大抜擢の斎藤が、まさかの三振。
4番Johnのサードゴロで1点返すも、5番黄がショートフライに倒れ、初回は両チーム1点ずつの五分五分の戦いに。
2回、3回と両チームヒットが出ず、試合は投手戦になるかと思われた、4回表、2アウトからエース金塚がセンターオーバーの三塁打を浴びてしまう。
エース金塚っていうけど、控えの投手がいる訳でもなく、一人で投げ抜くしかない厳しい台所事情なんですけどね。
それを察してか、ピッチャー強襲ヒット性の当たりを自分でさばいて、このピンチを何とか切り抜ける。
ピンチの後にチャンス有り、4回裏、最終打者のDenisがレフト前で出塁すると、1番稲田二塁打、水野四球、斎藤レフト前、Johnライト前と続き、町田の犠牲フライもあり、なんとか5点を勝ち越す。
5回も1点加点すると、最終回となった6回に、打者一巡の攻撃で7点を加点したところで、ちょうど時間切れ。
最終回まではお互いエラーも少なく、がっぷりよっつの引き締まった試合でした。
あえて勝因を挙げるとすると、即席サードの菅本が内野球廻しの後、試合球をベンチに毎回投げ入れようとし、野手の緊張を解いたことだろうか・・・。
菅本くん、試合球は投手に返してね!
負け組コメント
初回、先頭バッター大出は、バスターを成功させ出塁、更に絶妙のディレイドスチールを2つ決めて、ランナー3塁となり、4番寺内の2塁打で生還。
出だしは、相手の隙を見逃さない見事な攻撃であった。
しかしこの日、カイザーの打線が繋がったのは、この場面のみ。
2回以降は、ネルソン投手にヒット4つに抑えられ、奪った点はこの1点だけ。 完敗でした。
そんななかでも、今期加入の若手二人が元気なプレーを見せてくれた。
本日デビューの中野は、センターオーバーの3塁打。
そして、レフト成田のダイビングキャッチ。二人とも足が速い。
リーグ後半戦は、彼らの走力を存分に活かし、攻守ともに機動力のあるプレーに磨きをかけたい。
そのためにも、意思の疎通の徹底、サインプレーの精度アップが求められる。

第66期 第11節 6月26日

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:村上
敗戦投手:佐藤
アタッカーズ 5 0 3 0 0         8 HR:
コンポードー 7 4 1 3 3         18 HR:小佐野(2本) 長谷川B
勝ち組コメント
前回1アウトも取れずに、猛攻を喰らって降板した監督が、前回の結果を猛省して臨んだにも関わらず、また懲りずに先発マウンドへ。
先頭打者を四球で歩かせてしまうも、2番打者をセンター大関の好捕でアウトにして、取りあえず前回よりはマシだとホッと一息。
でもしかし、相手クリンナップに痛打され、また四球を連発して満塁のピンチを 迎えた所で、指先の皮がめくれて多量に出血。
すぐさま、「これは天の思し召しや」と勝手に解釈して、結局1死取っただけで、迷わず村上ショージに交代。
いきなり登板させられた村上ショージは、ホンマかいなと呆れながらも、 「出てるランナーは、どうせ全部監督の自責点や」と開き直り、その通り全員ホームインさせるも、いつものマイペースでコントロール調整を完了。
反撃したい打線は、相手ミスにも助けられ、井野のタイムリーと、監督の3ラン等で一挙7点で逆転。
その後は、村上ショージの迫力の投球で、アタッカーズさんの攻撃を2点に抑え、打っては小佐野がチャンスで2発のアーチ。
7打点を一気に稼ぎ、きっちり4番の仕事。
合計15安打18得点で、これまで湿りがちだった打線が、ようやく元気を取り戻しました。
次週は宿敵のライバル、パイレーツさんとの一戦です。
この勢いで、借金完済目指して頑張りましょう。
負け組コメント
前回雨で流れ、久しぶりの試合。
最近、部員減少に悩むアタッカーズだが、今日も新人候補・藤戸が参戦。
13人のメンバーで、コンポ―ドーさんに挑む。
初回、相手投手の制球難と守備の乱れからランナーをため、得点を重ねるが、振り返ってみればヒットは大里のツーベースのみで、実は全く打ててない。
ゆえに、5点はとっても、なんとなく波にのれてないアタッカーズ打線。
その裏、相手打線の猛攻に守備のリズムも乱れ、一気に7失点で逆転される。
その後も着々と点を重ねる相手打線に対し、ヒットのでないアタッカーズ。
かろうじて、3回に四球でランナーをため、土井小沢の安打で3点をあげるも、下位打線が打てず反撃もここまで。
エース佐藤も、太陽が照りつける中、必死の熱投を続けるが、コンポードーさんの強烈打線を抑えきれない。
最後の反撃へつなごうと、前回好投の宮崎が登場。
ランナーを出しながらも、ツーアウトまでとったところで、ダメ押しの3点本塁打。
終わってみれば、8点は取ったものの、わずかに3安打。
今日は、完全にコンポードーさんに圧倒されました。

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:森實
敗戦投手:土田

イーグルス 1 2 0 0 0 0       3

HR:丸山

サクラ 1 2 0 4 2 X       9 HR:鈴木
勝ち組コメント
第4戦で完封勝利し、ようやくエンジンのかかった櫻チーム。
どうしても連勝したい、大切な一戦でした。
初回・2回とイーグルスさんが先行し、それを追う嫌なムードで試合が展開。
均衡を破ったのは、4回裏のクリーンアップからの攻撃。
3番/南が強烈な打球で3累打。
続く4番/山根が四球を選び、5番/横井のセンター フェンス直撃ヒットで2点。
続く6番/鈴木のジャストミートは、綺麗に弧を描く右中間本塁打となり、更に2 点。
5回裏の攻撃では、11番/原田のヒット⇒盗塁(初盗塁!)、その後、前試合でHRを 放った最強最終打者/水野の技ありのヒット、続く1番/佐藤のヒットで更に2点を追加。
目標の2桁得点には届かなかったものの、徐々に攻撃が線になってきたことは、大きな収穫。
また、3回以降は森實−水野の息の合ったバッテリーに、守備が要所を締め零封。
ようやく夏本番となるが、暑さに負けず、連勝街道を進むぞ!櫻チーム!
負け組コメント
66期第五戦、対する相手は、前節オオゼキさん相手に完封で勝利をものにし、勢いに乗っているサクラさん。
イーグルスとしては、サクラさん相手に勝利をものにし、上位進出への足がかりとしたい大事な一戦となりました。
1回の表、1番植木がエラーで出塁。
続く2番平田が、絶妙なバントで相手のエラーを誘い、ノーアウト1・3塁。
「初回からビックチャンスか!」と思われたが、その後、4番森島のヒットで1点のみで1回表を終了。
なかなか、チャンスであと一本がでないという、今期のイーグルスの課題がまた出てしまった攻撃となった。
その裏、先発土田がコースを付いた巧みなピッチングで、強打者を揃えるサクラさんの打線を最小失点で抑え、味方の援護を待つ。
2回の表、6番土田がセンター前にヒットを放ち、続く7番丸山に期待がかかる。
試合前のトスバッティングでは、誰もが惚れ惚れするするような打球を飛ばしていただけに、「今日はやってくれるだろう!」というメンバーの思いに、見事に豪快なホームランで応えてくれた。
眠れる大砲が、ついにやってくれました!
ここから、イーグルスの打線に火が付くはずだったが、丸山のホームランの後はヒットが全く出なくなってしまったイーグルス打線。
2回以降は、土田が相手打線から4奪三振を奪うなど、好投を見せたが、さすがサクラさんの打線、甘く入ったボールを見逃さず、4回、5回追加点を奪われ、徐々に点差が開いていく。
そして、6回表のイーグルスの攻撃が終わったところで、時間切れのコール。
1・2回とサクラさん相手に食らいつき粘っていただけに、3回以降追加点が取れなかった悔しい試合となった。
しかし、丸山に待望の一発が出たことや、毎試合土田がしっかりとしたピッチングで試合をつくってくれているなど、次戦以降に期待がもてるイーグルス。
次戦のサンエイさんとの試合に向けて、しっかりと素振りを続け、次こそは打ち勝ちましょう!

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:遊佐
敗戦投手:川満

ツナーズ 0 0 2 4 2         8

HR:

カイザース 0 0 1 0 0         1 HR:
勝ち組コメント
『久々の9名での戦い、後半に効果的な2塁打2本飛び出す』
出欠確認メールの返信段階で、何だか嫌な予感が漂っていたが、試合前々日までは、11名の参加を確保。
いざ、カイザースさんとの対戦へと思いきや、体調不良と突然の出張で前日午後に9名確定。
当日朝、”向かってますか?”コールでまずは安否(?)確認するも、やはり顔を見ないことには。。。
日曜早朝から変なプレッシャーを抱え、何とか9名揃うも、1名は腹痛と戦いつつ、グランドとトイレを行ったり来たり。
”河野さん、無理して転んで怪我しちゃ駄目ですよ”と、66期初戦を回想しながら皆で無事を誓い合う。
何はともあれ、試合が出来る喜びを噛締めプレイボール。
先攻を選んでの初回。
1番:田川がフルカウントから珍しく振り抜いた当りは、ライト後方へ。
ベンチが、”おやっ、コレは”と思ったのもつかの間、好捕されてアウト。
直に”いつも通りの1OUTからの攻撃だ!”と認識し、2番:藤井が絶妙なバントヒットで出塁。
そして中軸にという場面設定が、3番:中井の強烈セカンドライナーで1走:藤井飛び出しゲッツーで攻守交替に。
不完全燃焼の初回攻撃を引きずることなく投手:遊佐、丁寧な立ち上がりでゼロ封スタート。
2回の攻防は、両チーム淡白な内容でゼロ行進。
試合が動いた3回。8番:河野のセンター前ヒット、9番:富山、1番:田川の連続四球で無死満塁の絶好の先制機。
2番:藤井の打席中、WPで1点が転がり込んで、なお2,3塁。
藤井は、きっちり犠牲フライで富山を迎え入れ2点目。
しかし、後続は倒れて2点止まりに。
その裏の守り、四球のランナーを2塁まで進められ、便利屋ショート:前田へ厳しい当りが襲う。
グランドとトイレは軽快なフットワークで往来するも、この場面では後ろに下がって踏ん張りきれず、グラブに打球をかすめる事もなく、無情にもレフト前に。
1点返されたものの同点、逆転まではゆるさなかった事で、4回の攻撃につながる。
1死後、6番:前田はイメージ通りにいかなかった先程の守備を振り払うがごとく3本ファールし、粘ってライト前安打を放つ。
7番:飯田が四球、8番:河野が2打席連続となるセンター前で続き、満塁の場面。
9番:富山は、見事にドン詰まってセカンドゴロ。
2塁フォースアウトの間に1点加えるも2死となり、追加点が是が非でも欲しい場面。
初回の打席以外、そこそこの打率を残す1番:田川は、ここは期待に応え右中間に2塁打を放ち、2者生還。
2番:藤井もレフト前に巧打し、この回4点目をゲット、試合の流れを一気に手繰り寄せる。
裏の守りも、遊佐の危なげないピッチングでぴしゃり。
5点差では物足りないと5回の攻撃では、この回先頭の4番:遊佐が狼煙をあげ、1死1,2塁の場面で7番:飯田が、前日の天日(?)焼けのリフレッシュ効果から右中間へ2塁打を放つ。
1走:前田も、この場面は緩い部分に気合で栓をして、長躯生還で応え7点差と突き放す。
最終回となった5回裏の守りは、2四球を与えるも遊佐、緩急織り交ぜてのピッチングで切り抜け、7点差のまま試合終了。
9名で蒸暑い中、貴重な勝利を掴む。
ちなみに、遊佐の投球内容は、被安打1、与四球5、奪三振1。
この被安打1は、例のショートへの当りということが判明。
トイレへではなく家路を急ぐ前田、と思いきや普段通りの前田君状態でほのぼの、今後の更なる活躍が期待される。
7月も強豪との2戦を控えます。
メンバー一同、万障繰り合わせの上、試合参加でお願いします。
偶数月夜宴担当者へ、今月も残り数日ですが、どうされましたか?
負け組コメント
出足好調で迎えた第5戦、相手は前節1点しか取れず、苦杯を喫したツナーズさん。
上位の打順をいじり、14名で挑みました。
先発 川満は、初回1死からランナーを出すも、ダブルプレーで無得点。
その裏、四球とエラーで1死1塁・2塁の絶好のチャンスを作るも、惜しい当たりが相手ディフェンス陣に阻まれ、残塁。
川満は2回も封じ込み、立ち上がりをほぼ完璧な内容で乗り切るが、3回に先制の2点を奪われてしまう。
その裏、 『まだまだ序盤、打って返そうゼッ==!!』の掛け声が有る中、1死1・2塁のチャンスから、松本(祐)のヒットにより1点を返すも、惜しくもこの回は1点止まり。
4回・5回と追加点を奪われ、反撃を試みるもホームが遠〜く、最終回2死から四球で出した1塁・2塁のチャンスも後続が繋がらず、結局ヒット1本のままゲームセット ε=ε=ε=!!
センター:屋嘉部、ライト:大澤を初め、内外野陣が堅い守備で川満投手を盛り上げたが、好投手擁するツナーズさんのソツのない9人野球に完敗でした・・・゚゚・(≧д≦)・゚゚・
次戦以降も好投手との対戦が続くが、打線の奮起を期待、何とか上位に喰らいつき、嫌らしい野球でジャイアントキラーを発揮したい。

1
2
3
4
5
6
7
8
9

エンジェルス投手:戸崎
ベアーズ投手:須藤

エンジェルス 2 2 0 3 0         7

HR:仲居

ベアーズ 2 2 0 1 2         7 HR:米澤
引き分けコメント(エンジェルス)
雨天中止含め、1ヶ月もゲームが空き、待ちに待ったベアーズさん戦。
投球練習から、びゅんびゅん飛ばす燃える男戸崎。
今日は絶対勝つぞ、と気合満点です。
1回、Mr天使(候補)宮澤の会心の打球が、サード戦を破り2塁打。
続く、いぶし銀吉本が四球を選び、二日酔い中居が きっちりセンターへ運び、犠牲フライでまず先制1点。
続く戸崎が四球を選び、さらに追加点チャンス。
中込の打球で相手チームも守備が崩れ、吉本生還で2点目。
1回裏、2点をもらって少しは楽にいける・・・と思ったが、さすがは上位チーム、初回からの猛攻で2点取られ、早くも同点に。
2回、パパ山本会心の二塁打で出塁すると、飛びま〜す鍵谷レフト前で追加点。
栗やんの内野ゴロの際、鍵谷が三塁まで進塁、 続く、昼だけ監督崎川がセンター前へきっちり犠牲フライで2点目追加。
2回裏、更に2点をもらって少しは楽になったか・・・と思うのもつかの間、四球とエラーで貯めたランナーを1本で返され、またまた同点の振り出しに。
3回、両者共に、0行進。
4回、二日酔い中居、なぁ・なんと・・・チーム初本塁打〜!!
2試合目のこの時間帯なら酒も抜けて・・・とセンターへぶち込みました。
続いて、中込も左中間へ運び、2塁打で進塁。
会長清水がセンターへ運び、中込生還。
パパ山本、2打席連続2塁打で出塁するも、後が続かず追加点3点とまり。
4回裏、2アウト満塁まで攻め寄られるが、要所を押さえて最小1点で押さえる。
最終回、悪人藤木がレフト前で反撃するも、一歩及ばず0点。
2点差ビハインドで、最終回裏を迎える。
ヒットと四球、さらにエラーで1点を失い なおも、2アウトランナー二塁三塁。
ここで1本でれば同点の場面で、なんとパスボール、お面で弾いたボールがころころでラインを割り同点に。
さらにランナー三塁、もう1点取られればさよならの場面、ここは戸崎落ち着いてました。
Pゴロに打ち取り、ゲームセット。
勝てる試合も細かいミスで落とし、根気と気合が足らねぇ天使達でした。
引き分けコメント(ベアーズ)
前節から連戦となったクマさんチーム、本日のお相手は、いつも激戦となるエンジェルスさん。
さすが天使さんだけあって、先攻後攻をジャンケンなしで譲ってもらい、おトコバに甘えて後攻を選んだベアーズ、初回は豪打のエンジェルスが、先発エース須藤の甘い球を見逃さず2点を先取、しかしベアーズもその裏、すかさず4番米澤の一振りで同点に戻す。
試合は、この裏表が象徴するように、絵に描いたようなシーソーゲームで後半戦にもつれ込む。
3点を奪って均衡を破ったエンジェルスさんに対し、その裏クマは1点止まり。
相手豪腕戸崎投手も、尻上りに調子を上げてきているので、厳しい展開ではあったが、5回の表、須藤が渾身の投球で相手強力打線を0に抑えると、それに触発されたかその裏、谷口・山口・米澤と連打を続け、幸運にも助けられて何とか同点まで持ち込む。
しかし、ここで力尽きたか、最後は3塁にまでランナーを進めながら、決定打を放つことができず、試合終了。
お互いに緊迫した良い試合でした。。。
しかし、野球狂の山口、復帰の椿(前節から4連続安打を放つなど、嬉しい活躍、それに華麗な守備も健在)の燃える打棒や、監督岩間が存在をアピールする3塁打&2塁打、主軸米澤のHR&ココイチでのヒット、そしてレフトを守った新人佐藤や小島の好プレーなど、新旧取り混ぜた中で強豪エンジェルスさんとイーブンの勝負が出来たことは、次への自信とつながったことと思う。
この勢いで7月の3戦に挑めば、ダーク・ホースとして面白い展開が期待できるかも。
他でも熱戦が続いていると思いますが、暑さに負けず、また次回もグランドでお逢いしましょう。

(C) Copyright is reserved by HONG KONG SA Men's AA LEAGUE