AAリーグ第67期 スコアボード

第67期 第29節 9月9日

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:森木
敗戦投手:佐久間
パイレーツ 0 2 0 0           2 HR:
オオゼキ 10 8 2 0           20 HR:太田
勝ち組コメント  
第67期最終戦は、2度の雨天順延のち、ようやく対戦となったパイレーツ戦。
3連勝を賭けて負けたくないこの試合、今期最多の19名参加+マネ2名の総勢21名のベンチは、久しぶりの大賑わいで、河村監督はこの盛り上がりに笑みを隠せず。
ジャンケンに勝利し後攻を選択し、初回の守備に就くオオゼキ、いつもながらに不安のあるシュフ森木の立ち上がりに加え、人生初のショートに入るキャプドラ太田が、一同を更に不安にさせつつも、プレーボール。
この試合もコントロール重視のシュフ森木、1番・2番を打たせてはいけないショートに打たれるが、無難にキャプドラが捌き難なくツーアウトとすると、不安が消え俄然声が出てくるオオゼキ。
死球・ヒットで2死1・2塁とされるも、次打者をサードゴロに打ち取り、何と無失点での立ち上がり。
幸先良いスタートに盛り上がるオオゼキだが、先頭打者のゼッツ金子が、ぼよーんとレフトフライで打ち取られるが、3者連続四球で1死満塁とすると、5番ハナヂィ中内がセンター前に先制2点タイムリーヒット、更にトーマス四球で、再度満塁から7番大島BIMが、レフト前タイムリーヒット、クセモノ北西押し出し四球、満塁男大明神神田がセンター前2点タイムリー、太い彗星松木が打率5割に乗せるレフト前ヒット、リンリン田中の四球を挟んで、マグナム山田がセンター前ポテンタイムリー、シュフ森木のファースト強襲ヒットと、怒涛の攻撃で何と10点先制。
2回表、10点を貰い気を良くしてしまったのか、シュフ森木が3連続四球を与えてしまい、2死満塁とされると、右中間へタイムリーヒットを浴びる。
センターマグナム山田のマグナム弾で、打者走者をセカンドで刺したかと思いきや、不慣れなショートキャプドラが、スライディングでグラブを弾かれセーフにされるも、オーバーランした三塁走者を見逃さず、きっちりアウト。
好守備→まずい守備→好守備で、2失点に抑える。
2回表、イチロー鳥羽、マニア庭野、モリケンが連続四球で満塁とすると、最終打者マキシマム・ザ・オオミカも四球を選び1打点を追加すると、打者一巡となったところでピッチャー交代。
1番に戻り、遅い球が苦手なゼッツ金子だったが、きっちりタイミングを取りセンター前ヒットを放つと、2番ウザ王古田、3番河村監督も連続押し出し四球。
ここでHRを放つと、チーム2冠が見える4番キャプドラ太田は、「HRを狙う」宣言。
フルカウントから放った打球は、センターバックスクリーンへ、左手を天に挙げガッツポーズのキャプドラ・・・
が、センターが捕球体制からジャンプ・・・、「やっべぇ」と思った瞬間、打球はフェンスで跳ねてスタンドイン、今季2本目のグランドスラムでチーム2冠、面目躍如たる打棒が復活してきたか、キャプドラ?
3回表、コントロールが安定してきた森木に、セカンド古田・ショートキャプドラが好守備で応え、2死2・3塁のピンチも無失点に切り抜ける。
3回裏、2死から太い彗星松木が四球で出ると、リンリン田中が今期一番の当たり、「フェンスまであと2mぐらい飛んだよな?」、「いやいやいや、定位置ちょい前の左中間の当たりデスガ・・・」ということで、ただの左中間ライナーだったのを、センターエラーで2死1・3塁。
マグナム山田が右中間に2ベースを放つと、リンリン田中が3塁を回り、ホームへスライディング(うむ、これはなかなか良かった)し、2点追加で20点の大台へ。
4回表、守備陣を大幅に変えると、セカンド横藤田(アダ名募集中)の好守備もあり、シュフ森木初の三者凡退。
4回裏、マニア庭野がショート内野安打で出塁するが、無得点となったところでゲームセット。
嬉しい3連勝で、試合後の打ち上げ@元豊園(無理に早く開けて貰いました)も、ほぼ全員参加で大盛り上がりとなりました。
今期はエーススシ石田を失い、投手陣の試行錯誤の繰り返しの中で8連敗を喫してしまったが、徐々にまとまりを見せてきたシュフ森木に加え、魔球ミヅノ・河村監督と投手陣を厚く?しつつ、新人8人も加入し戦力も拡充、来期上位返り咲きへの布陣が整ってきました。
来期は、オオゼキ旋風吹かせますぜ。
リーグ各チームの皆様、67期お疲れ様でした。来期もまた宜しくお願い致します!
負け組コメント
第十三戦、本日もメンバー11名と寂しい人数だが、最終戦を是非勝利し、最下位脱出したい重要な一戦。
いつも通り先攻のパイレーツ1回表、2アウトから四球と安打、相手ミスで走者を2,3塁に置いてのチャンスの場面だったが、あと一本が出ず無得点。
先発は、前回リリーフで好投した佐久間を起用、期待に応えたい先発のマウウドだったが、先頭打者をレフトフライで仕留めたものの、制球が定まらず、3者を四死球で出し満塁にし、センターへタイムリーを浴び、再び四球で満塁、一気に相手打線の猛攻に遭い、10失点で1回裏を終える。
重い流れを変えたいパイレーツ、1アウト後、3者連続四球で満塁とし、10番由良が三振で2アウトとなるが、11番Hawardがセンター前に打ち返し、2者生還!
3走者目佐久間が本塁を狙うが、塁上で挟まれ3アウトで流れを掴めず。
2回表の佐久間投手、なれない実戦でのプレッシャーからか、立ち直れず無念の投手交代。
ノーアウト満塁の場面から、左のエース鈴木が登板、急な登板ではあったが、何とか3アウトにこぎ着けこの回8失点。
2回を終了し、2対18と大きく点差が開いてしまい、試合はこのままずるずると…
後半、鈴木の好投もあったが、攻撃も不発で2対20で惨敗!
2シーズン連続最下位と、不本意な結果となりました。
悔しいシーズンでしたが、新人加入で守備力、攻撃力とも向上しています。
投手は投球練習して、ゲームを作れる様に慣れていきましょう。
トーナメントまで暫く試合が無いので、休養(ケガの回復)、基礎体力アップ、シッカリ練習をお願いします。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:土田
敗戦投手:矢口
アタッカーズ 0 0 0 0 1         1 HR:
イーグルス 5 3 0 3 7         18 HR:
勝ち組コメント  
なんとか67期最終戦を勝って、来期にいい形で繋げたいイーグルス。
対戦相手は、2度も雨天で延期になったアタッカーズさん。
先発投手の土田は、1回表、アタッカーズさんの攻撃を危なげないピッチングで無失点で抑え、いい流れで初回の攻撃に入る。
先頭打者は、この日欠場した丸山(裕)に代わり、今期初めて1番に入った高島が、じっくりボールを選んで四球で出塁。
これで相手投手はリズムを崩したのか、エラーと四球でノーアウト満塁のチャンスメーク。
ここで、チーム本塁打王4番、キャノン砲・稲場に期待のかかるところだったが、ここは力が入り、ショートフライに。
しかし、5番土田が押し出しの四球で先制すると、前試合のカイザース戦で貴重なタイムリーを放ったHKT道場・丸山(信)が、ここでもレフトへタイムリーを放ち、2者を迎え入れる。
これが、丸山(信)劇場の幕開けとなった。
さらに、次打者、柳田が四球で再び満塁にすると、もじ男・後藤登場。
なんと、ここで意表をついたセーフティバント敢行。
しかし、ピッチャー前に転がって、あっさり本塁フォースアウト。なんで満塁で???
もうひとつの、後藤劇場が幕を開ける。
しかし、このあと、中原、伊藤がきっちり四球を選び、連続押し出しで、幸先よく5点を先制。
2回表、アタッカーズさんの攻撃。
先制した直後だけに、この回はなんとか無得点に抑えて、試合の流れを引き込みたい。
その大事な先頭打者。痛烈なライナーがショート頭上へ!
これをショート高島、ジャンプ1番、超ファインプレーでこれを見事にキャッチ。
これで勢いに乗った土田は、この回を3者凡退に抑える。
続く2回裏、中押ししたいイーグルスは打順よく、ファインプレーで気をよくしている1番、高島から。
ここでも、きっちり四球で出塁すると、2番高木がしぶとくセカンド後方に打球を落とし、チャンスを広げる。
ここで3番、才木が右中間を抜く3塁打を放ち、2点追加。
さらに土田の犠牲フライで、効率よく1点追加。
その後も、丸山(信)2本目のヒット、柳田、四球とチャンスをつくり、なにを見せてくれるか楽しみな後藤に。
しかし、抜いた球に泳ぎまくって3塁ゴロ。
背泳ぎ銀メダル入江ばりの、いい泳ぎっぷりを見せてくれました!
しかし、4回には丸山(信)、この日3本目のヒットがタイムリーとなると、四球の柳田を挟み、後藤にもタイムリーが飛び出し、アタッカーズさんを引き離す。
守っても右翼・後藤、左翼・丸山(信)で両翼に入るが、フライが上がると、ドキドキさせながらも確実に処理し、土田を援護。
土田は途中、ピンチを迎えるが、ここでもセンター前になりそうなライナーを、この日、丸山(裕)に代わりセンターに入った才木が好捕。
捕球後、一回転してファインプレー風に見せていたが、最後は足がもつれただけらしい。
ファインプレーも飛び出し、土田は無四球で1失点に抑える好投を見せ、打っては丸山(信)が4安打6打点の大活躍。
丸山(裕)、富安オパらの欠場の穴を埋めた。
67期は5勝8敗で終了。8敗のうち、4敗は1点差負け。
勝ち星数も内容も、66期よりよくなっているが、来期は「勝負強さ」を課題に上位進出を狙う!
負け組コメント
新規加入の天野を加えた11人で、最終戦に挑むアタッカーズ。
初回、二日酔いで酒臭い息を撒き散らしている矢口が死球で出塁するも、後続が断たれる。
今日の投手陣は、前回21個の四死球を出しながらも、4イニングを投げ切ったタフネス矢口!!!
試合前に入念な投球練習を行った成果か、立ち上がり2球までは上々。
だが、あとが続かず、結局先頭打者を歩かせる。
そして、四球でためたランナーをタイムリーで返され、初回5失点。
二回裏には、アタッカーズ必死の守備で、3失点に抑える。
三回裏は、ついに零封。
流れが変わりそうな気配も感じられたが、三回表に牟田、四回表に矢口にヒットが出るも、単発で得点につながらず。
『このままでは、2試合連続完封負け?』、との心配がメンバーの頭に浮かんだ5回表、先頭浅野監督が右中間に運び、執念の2塁打。
続く藤戸が、相手エラーで出塁。無死1・3塁と、初めての得点チャンス。
助監督島田が凡退して、迎えるT山本は、重圧を感じながらも右中間に打ち上げ、3塁浅野がタッチアップで本塁へ生還。
久々の得点を上げるも、ここまで。 最終的には18対1の完敗。
1勝12敗と大きく負け越して、シーズンを終えました。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:
敗戦投手:森實
サクラ 0 1 0 0 0         1

HR:

サンダース 4 1 3 1 6         15 HR:
勝ち組コメント  
今期最終試合。
雨で延びてた櫻戦、ここに集うは、前節の反省をしっかりしたであろう勇士12名、いつも通りの後攻での試合開始!
先頭打者を内野安打とされてしまうが、後続を許さない完璧?な守備!
その裏、猛省の成果がでた!
先頭から黄選手、センター前ヒット。出だしが肝心
4番ジョンのチームバッティングで一点先制。
その後、満塁で宮定選手、レフトオーバーの3塁打で3点追加。
ここで、1回の猛攻終了。
2回表の櫻さん。先頭打者に2塁を許してしまう。
後続三振を今日は何かが違った。
とその時、ピッチャー投げた!おっ2塁ランナー3盗?
ボールがなんと三遊間へ、一点を許してしまう。完投勝利が・・・・(キャッチャー頑張って)
2回の裏、ヒットとエラーで1点追加。
3回以降、おかしな守備はあったが0で抑えて、すばらしい守備。
打っては、チームバッティング後のジョンにホームラン! ずーと狙っていたからなー。
金塚投手、実はよく走った試合でした。
出塁後ワンヒットでホームまで、投げて打って走った!3冠です。
この試合の光景を忘れずに、トーナメント戦に挑みましょう!
一部文章理解に困る2回表の部分は、記憶からさっさと消しましょう^^; 。
負け組コメント
早くも第67期リーグ最終戦、勝って有終の美を飾りたい試合の対戦相手は、サンダース。
サクラの先攻で試合開始。
1回表、この試合の切り込み隊長を任されたのは、ユーティリティープレイヤー福井。
ファールで粘った後、しぶい当たりのヒットで出塁。
しっかりと先頭バッターの役割を果たし、得点のチャンスを作ったものの、後続が続かずこの回無得点。
その裏、相手打線につかまり4失点。 厳しい立ち上がりとなる。
反撃したい2回表、先頭の牧野が、火を噴くような右中間への2塁打で出塁。
後続は倒れたが、パスボールと悪送球で何とか1点を返す。
その裏、無失点に抑え、攻撃へのリズムを作りたかったが、1点を許してしまう。
3回以降、サクラ打線はランナーを出すも、ホームが遠い。。
対象的に、相手打線にはコツコツと点を取られ、終わってみれば大敗。
課題は、はっきりしている。
この悔しさをバネに課題を克服し、来季は更に上を目指したい。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:遊佐
敗戦投手:
ツナーズ 4 4 4 2           14 HR:
コンポードー 0 3 1 0           4

HR:

勝ち組コメント  
『67期最終戦、全員得点と思いきや、あれっ!』
無風快晴高湿度。熱中症のためにあるような、恐ろしい日に集まりし12名。
67期最終戦とあって、何とか勝利したいところ。
先攻を選んでの初回。
母校の甲子園出場に触発され、なんだか高校球児モードの1番:田川ちゃん。
しぶとく右中間に運ぶ2塁打で、狼煙をあげる。
2番快足助監:藤井が、頭部死球で両軍入り乱れるか!、と緊張するまでもなく、スタスタと1塁へ。
3番:阿部も、フルカウントから四球で無死満塁。
4番:遊佐は、前節から続く3打席連続犠飛で、まず先制。
5番すっかりチームに打てない不安を与えることが定着した砂永は、目の覚めるようなレフト線への2塁打で、藤井を迎え入れる。
6番またしても本日2試合目:飯田は、四球を選んで満塁。
7番TUNASユニフォームが定着したJoeが、ボテボテの3塁ゴロで内野安打打点付。
7番若手歯科医:Owenが、師匠を真似してか、センターへの犠飛でこの回4点をあげ、攻守交代。
裏の守りは、先発:遊佐、危なげない立ち上がりでゼロ封。
2回の攻撃。1死後、10番包丁をバットに持ち替えた江藤が、見事な右打ちで出塁。
11番何気に得点に絡む下山が四球。
12番いつもの打順で監督、いつものせこいバント安打で満塁。
ここから1,2番四球、3番:阿部の当たりがミスを誘い3加点。
4番:遊佐は、たぶん記録と思われる4打席連続の犠飛で、8点目をあげる。
2回裏の守りは、うまく攻め立てられ3失点。
3回に進んでの攻撃。
この回先頭の6番:飯田が、2塁打で出塁。
続く7番:Joeの強烈なライト前で9点目。
8番:Owen四球、一人とばして、10番:江藤四球で1死満塁。
11番:下山のショートへの当たりが、相手守備の乱れを誘い加点。
12番:監督は、ドン詰まった3塁への当たりが功を奏して11点目。
1番:田川は、今期のチームMVPは俺だ!と、センターへの鋭い当たりでアピール打点。
3回裏1失点し、8点差で最終回へ。
3番:阿部の四球後、4番:遊佐は、この打席で”仕事直行”宣言の好走塁をかます2塁打で、無死2,3塁の御膳立て。
5番:砂永は、浅い浅いライトフライが、阿部の走力に助けられての犠飛に。
6番:飯田は、さすがに暑さに参った様子も、打席では別人と2本目の2塁打で、14点目をあげる。
さぁ、裏の守備をきっちり締めての場面。
遊佐に代わって、藤井が緊急マウンドへ。
遊佐との球速差を活かして(?)、見事なマウンド裁き。
きっちりゼロで、今期最終戦を勝利で締めくくる。
攻撃を手を緩めることなく、塁上を賑わしたこの試合。
終わってスコアーを眺めると、全員得点、、、あれっ、9番打者が、全アウトのうち4分の1を献上。
そう言えば、いつになく試合後静かだったような、そうでもなかったような。
戦評に名前があがらなかったITよ!
次のトーナメント戦での活躍は、そのダイエットの成否以上に必須です。
負け組コメント

第67期 第28節 9月2日

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:宮内
敗戦投手:矢口
ロイヤルズ 5 5 0 14           24 HR:
アタッカーズ 0 0 0 0           0 HR:
勝ち組コメント  
ゴッシーの愛称で慕われてきた前越(45)、前田敦子に触発されたか、突然の帰国宣言。
水浸しのグラウンドを、アタッカーズさんメンバー(感謝!!)と必死の整備、壮行試合の開催にこぎつける。
初回、先攻のロイヤルズ。
いつも我慢、見極め上手の疇地、前越が連続四球で好機をつくると、BABAが右翼線に先制の適時二塁打。
さらに四球で満塁とし、打席には新星、能見。
奥さまの叱咤(罵声?)が効き、左中間を破る走者一掃の二塁打。
塁上でメンバーと奥さまの歓声に応える。(…が、この後、二度の悲劇が彼を襲う…)
連続四球でまたも満塁。
赤石の打ち上げた中飛は、犠飛には十分。
と思われたが、三走能見は、本塁手前のぬかるみに足を取られダイビング。
勢いがアダとなり、そのまま前転、本塁を飛び越してしまい、無念の憤死。
表裏、泥まみれの姿に、歓声が失笑に変わる。
老体を鞭打ち、ショートの守備に就く前越、年齢に裏付けされた確かな守備能力(?)で、先発のKAZに良いリズムを与える。
2回の攻撃、ひさびさの参戦にしては、振れているヤブが、詰まりながらも中前に落とす適時打。
押し出しの四球と内野ゴロ間に、新理事の國分が還り、この回も5得点。
3回、山興の左前打とふたつの四球で満塁とするが、あと一本が出ず無得点。
無安打投球を続けるKAZ、最終節、最大の山場は能見が演出。
頭上を襲う打球をジャンプ一番、好捕!!…したかに見えたが、掴み損ねたボールと外れたメガネは、グラウンドにポトリ。
見失ったボールもメガネも拾えず、打者走者は一塁を駆け抜ける…結果は三強襲安打、決まり手はメガネ飛ばし。
打撃でも守備でも絵になる漢…?
最終回、8連続四球で迎えた前越、最後の打席。
いつもの様に好球をカット(?)し、フルカウントから右前へ運ぶ適時打。
最後まで、することにブレの無いゴッシー。
押し出しと監督白杉、能見、ヨデンが適時打を放ち、14得点をあげ、最終回の守備へ。
好リードの疇地に、KAZがテンポ良く投げ込む。
うるさいベンチに萎縮気味の守備陣だったが、乱れも無く最後の飛球も大塚が捕球し、完封勝利。
ゴッシーの壮行試合に、花を添える事ができました。
(シーズン最後2試合で59得点、スコアをつけるマネージャーも疲労困憊でした)
前越さん、お疲れ様でした。日本での飛躍を期待しております。
また香港に来られる時は連絡を。しないとブチますよ…(はあと)
負け組コメント
前日の雨により、グランドにはところどころ水たまりができており、グランドコンディションの悪さに試合開始が危ぶまれた。
しかし、両チーム選手の努力によりグランドが整備され、足元に多少の不安を残した状況で試合開始。
最近、集まりの悪いアタッカーズだが、今日は新規メンバー2名を加え、14人でロイヤルズさんに挑む。
アタッカーズ先発は、絶倫・矢口。
しかし、コントロールのいい矢口だが、ぬめった足元が気になるのか制球が定まらず、四球を連発して5点を献上。
その裏、反撃を試みるも、あっさり三者凡退・・・・・
2回表も、ピッチャーの制球が定まらず、四球でランナーをため、失点を重ねる。
しかし、守備陣は緊張がきれることなく、たまに飛んでくる打球を確実に処理してアウトを稼ぐ。
その裏、2死から藤戸が四球を選び、ここで挽回と矢口が打席に立つが、相手投手の術中にはめられ凡退。
3回表、矢口の制球が安定し始め、堅い守りによって、この回ついに零封。
その裏、打線が・・・・やはり沈黙を続けるが、穂積が必死に粘った末、三塁手のメガネを飛ばす強襲ヒット。
穂積のリーグ初ヒットが、ノーヒットノーランを阻止する値千金の一打となった。
4回表、満を持して若武者・谷本の当板。
しかし、天光道の魔物は谷口にもとりつき、制球が定まらないまま無念の降板。
再登板した矢口だが、四球のランナーをタイムリーで返され、大量失点。
最終回、アタッカーズ打線は三者凡退。
出場選手全員にきっちり打順が回り、試合終了。
さあ、今季は残り一試合。頑張りましょう。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:戸崎
敗戦投手:小泉
パイレーツ 0 2 2 0 0         4 HR:高橋
エンジェルス 8 2 1 1 X         12 HR:宮澤
勝ち組コメント  
67期最終戦。勝てば悲願のリーグ優勝。
第1試合前に小雨が降り、グランドはぎりぎりの状況。
後攻で始まったパイレーツさんとの最終戦。
初回、1番バッターに快心の二塁打を打たれるも、後続をゲッツー含む完璧なシナリオで打ち取り、優勝に向けまずまずの滑り出し。
1回裏、信じるオトコChery、曲者吉田と連続四球。
三男中込、内野安打でいきなり満塁で、燃えるオトコ戸崎へ。
戸崎、打たせてもらえず、押し出しで先取点。
若大将宮澤、ショートゴロの間に曲者帰還し2点目。
いぶし銀ギン吉本、四球で再び満塁に。
続・裸の大将岡山、今期は満塁男のあだ名も付き、チャンス到来。
しかし、またまた四球で押し出し。
ご意見番田中も四球で押し出し。
流し小野ちゃん、流せずショートゴロ。
監督崎ちゃん、四球で押し出し。
美人スコアラー&娘息子の見守る中、アリンス藤木登場、ここまでヒットらしいヒットのなかったエンジェルス、内角を綺麗に返し快心のレフト前。
「愛しているンス」とばかりの活躍ぶり。
チュパ澁谷、四球で出塁。
打者一巡で、信じるオトコCherfyへ、またまた四球。
曲者吉田、満塁のチャンスを生かせずファーストゴロで終わるも、初回8点Get。
2回表、相手6番バッターに痛恨のツーランを浴びるも、後続三者連続三振で打ち取り、反撃の隙を与えません。
2回裏、三男中込センター前に抜けるかと思いきや、帰って来たよK泉氏にうまく裁かれPゴロ。
燃えるオトコ戸崎、ライトオーバー三塁打。
若大将宮澤、パコーンと打った打球はセンター後方へ。
入るか入るか・・・フェンス際でセンターキャッチ・・・戸崎はタッチアップ体制に。
しかし、な・なんとセンターグローブを弾き、ボールはフェンスにすぅ〜と。
(これって記録本塁打ですよね?) オウンツーラン!!
いぶし銀ギン吉本、四球。
続・裸の大将岡山、四球。
ご意見番田中、大きなあたりも、今度はセンターに見事に裁かれ2アウト。
流し小野ちゃん、流せる三塁ゴロでこの回2点。
3回表。エラーも絡み、2点を失ってしまいます。
その裏、監督崎ちゃん、アリンス藤木、連続四球で出塁。
チュパ澁谷、センターへあげてしまい1アウト。
信じるオトコCherfy、三打席連続四球で満塁に。
曲者吉田、満塁で曲者振り発揮、P前に転がしたはずが上がってしまいフライに・・・2アウト。
三男中込、四球で押し出し。
燃えるオトコ、今期最終打席が気合入ってしまい、セカンドへ打ち上げてしまいます。
4回表、四球1個出すも、完璧なピッティングで4人で締めます。
4回裏、若大将宮澤、ノースリーから悪送球を嫌らしくカット、次の球を狙っていたのが、ライト横を抜けるスリーベース。
いぶし銀ギン吉本、四球。
続・裸の大将岡山、三塁ライナー。
ご意見番田中、Pゴロ。
流し小野ちゃん、ショートゴロで追加点ならず。
最終回、マウンドに内野陣集まり、気合の掛け声。
1人目:三振。2人目:ファーストゴロ。3人目:サードエラー。
4人目:ライト前。5人目:DB。ツーアウト満塁で4番青さんへ。
ここで抑えて決めたい。
全力投球宣言の戸崎、思いっきり投げた2球目、ショートフライに打ち取り、67期リーグ優勝の瞬間。
積年約18年、悲願のリーグ優勝。
エンジェルスOBの方々、当日試合に参加できなかった選手の皆様、支えてくださった家族の方々、ありがとうございました。
ようやく、優勝という恩返しができました。
さぁ〜、チュパ隊長指揮下、優勝パレード?と、ご褒美慰安旅行です。
負け組コメント
第十二戦、試合も2戦を残すのみ、相手は優勝マジック1のエンジェルスさん。
本日は、メンバー僅か11名と物足りないが、気負いせず試合に臨みました。
1回表、先攻のパイレーツ、1番根本の2塁打と続く山内が死球で出塁、先制のチャンスをつくるが、3番内野ゴロ、4番も遭えなく併殺に打ち取られ無得点。
その裏、先発は早朝深センから駆けつけた小泉、前回不甲斐無い投球だっただけに、今日は試合をつくって行きたいところ、しかし課題の制球が定まらず、連続四球と被打で1回裏8失点と、苦しい立ち上がり。
2回表、5番岡部が安打で出塁、6番前日のアルコールが抜けきらない高橋が、眼の覚める特大のホームランを放ち、2点を返す。
2回裏、投球感覚を取り戻しつつある小泉だったが、走者1人を置いてセンターへの鋭いライナーを、村山がフェンス際でグラブで弾き、被本塁打としてしまう…(本人、センターで暫く正座し動けず)。
不運もあったがこの回2失点でしのぎ、3回表の攻撃、1,2番が出塁し、相手エラーの間に2点を追加、3回裏も小泉が1失点で抑え、先発の役目終了。
4回表無得点、4回裏は志願の初登板佐久間が、1失点で抑える。
ついに最終回の攻撃、2者連続安打と死球で2アウト満塁、4番青監督に打順が回り、最後の最後で戸崎投手との真っ向勝負の場面が訪れる。
見ごたえある勝負だったが、青の打球は高いショートフライとなり、試合終了。
粘りを見せたパイレーツだったが、4対12で敗戦となりました。
優勝チーム相手に、初回の失点以外は良い内容だったので、来週の最終戦も、今日の様にシッカリ戦いましょう!

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:川満
敗戦投手:
イーグルス 5 0 2             7

HR:

カイザース 4 2 2             8 HR:佐々木 松本(祐)
勝ち組コメント  
今日が今期最後の一戦、勝って2位を確定し、来期の目標、”優勝”に向け、弾みをつけたいところ。
初回、いきなり相手に5点を取られるも、チーム内打点王争いの中の、白川と松本(哲)の2点タイムリーで4点を返し、更に、これが首位打者の貫禄か、2回裏、松本(祐)のツーランホーマーで逆転、これが決勝点になるかと思いきや、直ぐにイーグルスさんに2点をゆるし逆転されるシーソーゲーム。
これに決着をつけたのが、ヤングカイザースの一人、”照二”
直後の攻撃で、彼の痛烈な打球が三塁手の横を抜き、逆転のツーランランニングホーマー!!
カイザースの皆さん、本当にお疲れ様でした。
来期は、さらに一歩高いところを目指しましょう!!
負け組コメント
前回、試合中の大雨でノーゲームになったカイザース戦!
グラウンドの水たまりを両チームで整備し、10分遅れでプレーボール!!
初回、1アウトから笹川・高島の連続四球。
凡退を挟み、土田も四球で、2アウトながら満塁のチャンスを作る。
ここで6番 西山がセンターの横を抜けるタイムリーツーベースで2者生還し、先制点を奪う。
続く高木も、セカンドの頭をライナーをセンター前に運び、連続タイムリーで1点を追加。
柳田が四球を選び、再び満塁のチャンスで9番、中原。
ベンチからの「Good Job!!」と押し出しの四球。
ここで相手ピッチャー交代し、10番丸山(信)が、流れを止めずにレフト前にタイムリーを放ち、初回タイムリー3本を含む5点を幸先良く試合の主導権を奪う!
しかし、強打のカイザースさんに裏の攻撃で長短打を浴び、4点を与えてしまう。
2回の攻撃。1アウトから1番丸山(裕)が、センター前を放ち出塁するが、後続が打ち取られ追加点が奪えない。
2回裏、HRで2点を奪われ逆転を許してしまう。
しかし、ここはエース土田が、粘りのピッチング。
追加点を与えずに、1点差で攻撃にリズムを作る。
3回の攻撃、先頭4番才木監督!
痛烈なライナーを放つが、サード正面で出塁出来ず。
1アウトから5番土田は、三遊間へのゴロを相手サードが飛びつくが、グラブを弾き出塁。
続く西山が四球を選び、逆転のチャンス。
7番高木が、難しいアウトコースをライト戦に弾き返し、値千金の逆転タイムリーで試合をひっくり返す!!
後続が凡退し、点差は1点差。
3回裏の守り、粘りのピッチングをしていた土田だったが、上位チームのカイザースさんの粘りにあい、再度2点を奪われ、再度逆転される。
時間も少なくなった4回の攻撃!
淡白な攻撃になり、3者凡退で抑えられてしまう。
時間ギリギリで望みを繋いだ裏の守りであったが、タイムアップで4回は成立せず試合終了。
今期4度目の1点差ゲームを落す、悔しい敗戦。
最近数試合は、打線も繋がり出し、流れは悪くない!
次戦は最終戦!!勝って今シーズンを締めくくりましょう!!

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:森木
敗戦投手:久下(隼)
オオゼキ 0 5               5 HR:

ベアーズ

2 0               2

HR:

勝ち組コメント  
久しぶりの勝利に続き、久しぶりの連勝と行きたいオオゼキは、熊さん軍団との対決であったが、昨日の雨により、グランドコンディションはイマイチのSKMグランド。
そして、試合前のトスバッティングでのシュフ森木の荒れ方に、一同不安が募る中で試合開始。
初回のオオゼキの攻撃、先頭ゼッツ金子は、昨日のラグビーの疲れか、精彩を欠いたピーゴロ。
しかし、続く2番ウザ王古田が、絶妙な一塁線セーフティバントが内野安打に。
ナイスバント!と盛り上がるオオゼキベンチであったが、グランドに異変
熊さん軍団一塁手が、グランドで倒れたまま動かない。。。
打球処理で足を滑らせて手をついた際に、左肘を脱臼した模様。
主審大出新理事長がテキパキと指示し、救急車で搬送。その後、大丈夫でしょうか。。。?
ハプニングで前例のない中断ということもあり、主審大出新理事長・両監督相談のもと、とりあえず1時間という短時間にはなるものの、試合続行という決断。
さぁ、とにかく点を取らなきゃいけないオオゼキ。
1死1塁から再開し、3番河村監督が四球で出塁、復活したのか真価が問われる4番キャプドラ、期待通りの打球は・・・ファールで、結果はダッサいショートゴロ・・・。
キャプ盗塁で2死2・3塁のチャンスに、5番ハナヂィ中内、サード強襲・・・と思いきや、足が遅くてサードゴロと、4番5番がそろって凡退で無得点。
立ち上がり不安なシュフ森木を支援出来ず。
さて、全員の不安を背負うシュフ森木の立ち上がり、いきなり先頭打者にヒットを許すと、暴投で無死2塁のピンチ。
しかし、キャッチャーキャプ太田が、セカンドランナーの隙を突く牽制で、ランナーをアウト。
改めて立ち上がったところに、3本の三塁打を浴びてしまい、2点を失うが、最後はショート寺ワッキーが、難しいフライをナイスプレーで捌き、結果的に2点のみで抑える。
ん?与四球がない・・・それだけでベンチは盛り上がるオオゼキ。
先制されるが、じわじわと時間のないオオゼキ、点差をつけて逆転したい2回表の攻撃。
先頭の6番シュフ森木は、ポップ罰金♪のサードファールフライ。
続く大島BIMのセカンドゴロはエラーを誘うと、寺ワッキー四球&暴投で1死2・3塁のチャンスに、意外性のクセモノ北西。
飄々とセンター前ヒットでまず1点。
更に盗塁で再び1死2・3塁として、マグナム山田が痛烈なセンター前逆転タイムリーを放つと、送球の間にナイススライディングで2塁へ、暴投で3塁にナイススライディング、更に暴投でホームにもナイススライディングで生還。
あまり打たねぇが、とにかくスライディングは上手いということで、ベンチ全員が感心。
さておき、そうこうしている間に2死満塁となり、島人(しまんちゅ)根間が、期待通りライト前タイムリーヒット(初ヒットおめでとう!)を放ち5点目。
先頭に戻りゼッツ金子だったが、珍しく三振・・・。
ここで一言。ワンバウンドのボールで三振し、相手バッテリーがそのまま打者にもタッチしないまま、ベンチに帰っていくにも関わらず、オオゼキ側もベンチに戻ろうとしてましたが、これ振り逃げですからね。
状況を見て、うまーく点を取ることも重要ですよ。
2死からのワンバウンドでの三振は、ランナーの数に関係なく振り逃げですよ〜。
以後、注意してくださいね。
2回裏、先頭打者の打球を、ショート寺ワッキーがエラー、次打者に四球で無死1・2塁のピンチ・・・だったが、1塁ランナーが離塁でアウトというラッキーもあり、シュフ森木、結局この回も無失点に抑える。
3回表のオオゼキの攻撃は、時間切れで幻と終わり、今季最短の2回で試合終了で、二連勝。
ハプニングもありましたが、主審大出新理事長の的確な判断での試合進行、感謝です。
本日の収穫は、与四球王シュフ森木のピッチング、中断の間の投げ込みが効いたのでしょうか、今後試合前に走り込みと投げ込みで、『疲れて、余分な力を抜いて』から、マウンドに立って頂きましょう。
負け組コメント
今期最終戦は、大関さんとの一戦。
前日の降雨でグランドコンディションが悪く、延期が予想されたが、グランドに行って見ると、既に第一試合は開始されているが、やはりグランドコンディションは最悪。
初回、大関さんの攻撃でセフティーバンドを決められ、一塁手阿部は、ぬかるんだグランドに足を取られ転倒。
転倒の際に左腕をグランドに打ち付け、左肘脱臼で動けず、痛い退場となってしまった。
幸い大きな怪我にならなくて良かったですが、、、
いやな雰囲気でしたが気を取り直し、この回は零点に抑える。
1回裏攻撃は、1番伊藤はヒットで出塁するが、2塁上でキャッチャーからの送球でタッチアウト。
しかし、続く2番清水は、右中間を抜ける3塁打。
3番小島が、センターオーバーの3塁打で続き先取点。
4番倒れるが、5番久下(隼)が、同じくセンターオーバーの3塁打で続き2点目。
さらに追加点が欲しい場面だったが、ここまで。
2回表は、1アウト後からエラーが出て、その後四球も有り、大関さんのしぶとい攻めで5点を奪われる。
2回裏ベアーズの攻撃は、先頭布村がイレギュラーを誘うシュート内野安打で出塁後、続く久下(修)がしぶとく四球を選びチャンスを広げるも、後続が続かなく万事休す。
中断の影響が有り、3回表途中で試合終了。
今期は、5勝8敗の負け越しで終えた。
前期までのエース須藤が帰国してしまい、吉川がエースとして序盤は試合を作ったが、吉川も転勤となり、エース不在で苦しい中盤までだった。
その後、久下(隼)が加わり、当初は四球が多かったが、終盤に来てコントロールも安定して、試合が組み立てられる様になって来た。
また、新人も5名加入して、来期は期待出来る。
阿部さん、トーナメント戦はゆっくり休養して、来期から参加出来る様にリハビリを頑張って下さい。
皆さん、今期はお疲れ様でした。

第67期 第27節 8月26日

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:長谷川B
敗戦投手:森
サンエイ 0 0 1 6 4         11 HR:D.MAN DERIC
コンポードー 3 8 5 1 0         17 HR:新居 小佐野
 長谷川B 志摩
勝ち組コメント  
1回表、今日勝って勝率5割に乗せたい大事な一戦。
先発は、エースの歯B。
制球良く、毎日やきにくん、青吉二人による、“普通のプレーを好プレーに魅せる技”が光り、無失点。
1回裏の攻撃、せくし、毎日やきにくんの連打で、二・三塁のチャンス。
毎日きんにくんが、テクニークの右中間3ランで先制(無事にこれでノルマ達成)。
元・四番は、<想定内>のピッチャーフライ。
2回表も、歯B快調に無失点、その裏の攻撃は、今日遅れてきた“あの男”が大仕事。
2アウト後に、カーネル本多の二塁打を皮切りに、井野、金曜日はかんこくんの連打が続き、満塁の状態でユーハイム1号へ。
ノースリーからの四球目、見逃せばボールで1点入るのに、端から見るとヤル気ゼロのバッティングで、レフト前ポテンヒットで1点。
見逃しても打っても、ちゃんと1点入れるあたりの、あの安定性はなに?
そしてなおも満塁で、今季“0割0分0厘”の力男さん。
今期、幾度となく満塁で打順が回るも、空振り・見逃し三振の山を築いてきました。
しかし、さすがにあと2試合となれば集中力が違うのか、打球はレストスタンドへ飛び込む満塁ホームラン!
感動のあまり、かんとくんは、力男さんが家に帰る前に先に奥様へSMSを送って、麻雀の誘いではなく、ホームランの報告をする始末(家に帰ってドアを開けると、クラッカーが鳴り響いたそうです。ぐすん)
3回裏、5番元四番の<想定外>のライトへ3ラン。
続く6番には、コンポードー史上一番の大型新人、しかもイケメンが登場。
「30分前まで飲んでたっす」と、青白い顔をしながらも、痛烈なライト前。
勝手に某チームの某選手と似ていると思っています。
4回から、“鮫達“が登板。
打たれる打たれる打たれる。そして打たれる。
今期初守備のライトで、膝が曲がらない“天光道熊の玉ころがし”の芸も飛び出す始末。
で、満塁弾を2発食らって、計10失点!ドゥーマイ!
あと、書きそびれましたが、ひろひろの初ショートの守備。
比較対象が村上ショージという中、上々の滑り出しを見せたと思います。今後も期待っ!
負け組コメント
今期最終戦、なんとか一矢報いたいところだったが、参加者は僅か10名。
いつものごとく守備の乱れもあって、序盤で大量失点。
後半、4回にはA MANが満塁弾、5回にもDERICKの満塁弾が出飛び出し、何とか11点をとるも、17-11で最後の試合も完敗。
今期は、参加ゲーム数でも打線でも、香港朋友のA MANとVINCENTに引っ張られたシーズンでした。
日本人メンバーの方々、来期は香港朋友に負けないよう、活躍できるよう頑張りましょうや!
あと、今期はVINCENTが5本塁打と、今現時点でAAリーグ始まって以来、初の香港人ホームラン王の可能性があるのかなぁ!?

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:森木
敗戦投手:谷本
アタッカーズ 1 0 0 3           4 HR:金子 太田
オオゼキ 8 7 3 X           18 HR:
勝ち組コメント  
ポストスシ石田後は敗戦続きのオオゼキ、1勝9敗で並ぶアタッカーズとの第11戦は、約1カ月ぶりの試合。
初回、先発のマウンドにあがるのはシェフ森木、受けるは久しぶりにキャッチャー復帰のキャプドラ。
締めて行きたいところであったが、シェフ森木は3連続四球で無死満塁と、まぁいつもの立ち上がり。
しかし、4番を浅いライトフライに打ち取ると、続く5番もピッチャーゴロに打ち取るが、冷静に見えて動揺していたシェフ森木がファーストへ送球、1点を先制されてしまう。
その後、四球を挟むも、最終的に1失点に抑え、大量失点を覚悟した立ち上がりから考えれば、上々の結果。
1回裏、久しぶりに参加の快足ゼッツ金子が、四球で出塁すると、暴投2発であっという間に3塁へ到達。
同点のチャンスだったが、2番ウザ王古田、3番河村監督が四死球で無死満塁。
絶不調の自らを4番に復帰させたキャプドラは、センターへ犠牲フライで、まずは同点。
5番ハナヂィ中内が、レフト線へ逆転2ベースを放つと、6番シェフ森木も、右中間を破るタイムリー2ベース。
7番大木凡助が四球を選んで、嫁の応援がないと打つ期待のテキサス大西だったが、前日ルーキーズではなく機関車トーマスを見たせいか、力ないピッチャーフライ。
大島BIMが四球で2死満塁とすると、大明神神田がセカンドゴロ…がセンターに抜け、待望の初ヒットが2点タイムリー。
更に、太い彗星松木がレフト前タイムリーヒット、リンリン田中が、サンドウェッジでのアプローチショットかというヘボい当たりが、ライト線にどんぴしゃ、グリーンオンタイムリーヒットと連打が続き、久しぶりのオオゼキ打線爆発で、この回8点。
2回表、やっぱり制球が定まらないシェフ森木が、2者連続四球とするも、次打者のピッチャーゴロを1-4-3のダブルプレー(セカンド古田の微妙なナイスプレー)でピンチを切り抜け無失点と、なんだか行けちゃうモードに入ってきたオオゼキ。
2回裏、先頭のマニア庭野が四球で出塁すると、ゼッツ金子、ウザ王古田が四球を選び、またもや無死満塁のチャンスに、3番河村監督がレフト前タイムリーヒット。
そして、ニューバット「Phoenix」(自腹購入4万円)を引っ提げ、この試合2度目の満塁のチャンスに登場の4番キャプドラ太田、低目の球をすくいあげると、不死鳥さながら黄色い軌跡を残して伸びていく打球は、左中間場外への満塁ホームラン。
更に3四死球で2死満塁とすると、大明神神田が今度はキレイなセンター前2点タイムリーを放ち、この試合4打点の活躍。
この回7点を挙げ、15点とするが、まだまだ安全圏ではないと不安が残る守り。
3回表、その不安を打ち消すかのように、簡単に2死を取るが、四死球が絡み2死満塁のピンチ。
不安が頭をよぎるも、このピンチも何とか凌ぎ、またもや無失点。
3回裏、攻撃の手を緩めないオオゼキは、先頭の太い彗星松木が四球、続くリンリン田中のセカンドゴロがダサすぎてエラーを誘うと、13番モリケンが死球で無死満塁のチャンス。
ここで、14番マニア庭野のサードゴロは、アタッカーズ三塁手の好守備で無念のダブルプレー。
しかし、ここで止まらないのが今日のオオゼキ、続く1番ゼッツ金子が、足だけじゃなくパワーもあるぞ、とセンターへ第1号スリーランホームランを放ち、3点追加。
4回表、大量得点を貰ったシュフ森木、四球を出さないリラックスした投球を見せるも、守備陣が3エラーで若干足を引っ張ってしまい3失点となるが、4失点に抑える上々のピッチング。
俺からだ〜!と、打ち気満々で気合が入る河村監督だったが、無情の時間切れコール。
ですが、チームは長い長いトンネルを抜けての大勝利。
いやー本当に長かった…。良かった良かった〜。
負け組コメント
お互い1勝9敗同士で迎えたオオゼキ戦。
アタッカーズは先攻。
制球に悩む相手投手から、3四球でいきなりノーアウト満塁のチャンス。
小沢内野ゴロの間に先制点。
さらに、浅野四球で再度満塁に攻め立てるが、結局1点止まり。
その裏、四球でためたランナーを、タイムリーで返される展開で8失点。
二回表も、四球でランナーためるが、後続を断たれる。
三回表も、畠山が内野安打で出塁するも、得点なし。
一方、相手側は四死球のランナーを、タイムリーで着実に返し、合計18点の大量得点。
最終回、気が付くと四球でランナーはでているが、ほとんどまともに打てていないアタッカーズ。
このままでは終われないと、監督・浅野がお手本通りのセンター前。
藤戸が相手エラーで出塁。
穂積も相手エラーで出塁。その間に2点目。
そして、第一打席で併殺になって挽回を狙う山本タケが、ポテンヒットで3点目・・・・
なんと、これが本日唯一のタイムリーヒットとなる。
続く川辺も、相手エラーで出塁。
その間に4点目をあげるも、ここまで。
四死球と相手失策で、他力本願的走者を11人も出し、塁上をにぎわしながら、ここ一番でタイムリーが打てない。
相手投手も制球に苦しんでいただけに、ここ一発の有無が明暗を分けたのかも。
残り2試合、来季につながるようなパフォーマンスを発揮したいところだ。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:渡部
敗戦投手:森實
ドリームス 4 2 0 0 3 0       9

HR:元村 渡部

サクラ 4 0 0 0 2 0       6 HR:
勝ち組コメント  
第67期最終のサクラさんとの一戦に、大太郎のラストゲーム、SHUHOの完封勝利を掛け、ちょっぴり少な目16名で挑みました。
監督、助監督不在で迎えた最終戦の初回、ぶちキャプ四球でまず出塁、ABKがサード強襲で一二塁、Ferryが浅い8フライに倒れるも、MTぷーさん滞空時間の長いホームラン(久々?)で、幸先よく3点先制。SHUHOも右中間への3塁打に、相手のミスも重なりホームイン。
さらに、OSMさん2塁打で続くも、キャメルに一本が出ず、初回は4点で終了。
1回裏、勝利優先(でも完封したい)という気持ちを胸に、SHUHO登板。
先頭打者の2球目に、うまくライトオーバーの2塁打を許す、続く打者の2球目にセンターに弾き返され、4球で敢え無く完封消滅・・・。
気を取り直したいところも、甘い球を見逃さない強豪サクラさん打線に連打を浴び、4失点で同点。
2回表、先頭菅マネ―7ヒットで出塁、すかさず盗塁。
サトタカも続き、一三塁から盗塁で二三塁。ヤマタカ右中間へ犠飛で、まず1点。
次打者は、本人の最終戦に意気込む大太郎。
数々の場面で、ドリームスを驚愕させてきた男。
低めを振りぬき、打球はセンターへ。
誰もが、まさか?と目を疑う中、センターの好捕も重なり、犠飛止まり(ナイスプレイでした・・・)。
2回〜4回は、安定を取り戻してきたエースSHUHO。
ランナーを許すも、低めにボールを集め無失点。
一方攻撃は3回表、先頭上ちゃんヒットで出塁も、顔面蒼白ゆ〜きさん敢え無く三振。
伊藤園の3塁ライナーに、まさかの捕球後飛出しゲッツー。
4回表、一番から始まる好打順、先頭ぶちキャプセンターへ弾き返すも、ABK、Ferry、MTぷーさん、まさかの3者凡退・・・。
5回表、自らを楽にしたいSHUHOは、ライトスタンドへ流し打ちのお手本本塁打。
本日ダイヤモンド2周目のホームイン。
流れに乗りたい夢軍団、OSMさんヒットで続き、パスボールの間に2塁へ。
キャメルが、きっちりセンターへ弾き返し追加点。
菅マネーも三遊間をしぶとく破り、一三塁。
サトタカの放った鋭い打球は、センターライナーの犠飛で追加点。
ランナー残すもヤマタカ続けず、この回欲しかった追加点は3点で終了。
5回裏、疲れの見え始めたSHUHOに、サクラさんの強力打線が反撃。
SHUHO自身の珍しいエラーも重なり2失点。しびれる展開に。
6回表、追加点を奪いたい夢軍団は、先頭最終打席の大太郎が6ゴロで1アウト。
クロちゃん四球で出塁も、顔面蒼白コンビ(上ちゃん、ゆ〜きさん)は、共に力無くファールフライで攻撃終了。
6回裏、最終回のコールかかる中、粘るサクラさんに連打を浴び、一二塁。
ホームランを浴びると、同点の場面を迎える。
なんとか次打者を冷静に6ゴロに仕留めゲームセット。
試合後に大太郎を胴上げ+記念撮影に続き、飲茶にて送別会。
新たな課題が見えた67期を、11勝2敗で終了。
9月23日から始まるトーナメントは、優勝奪回を目標に、全員一丸で取り組みましょう!
なお、飲茶議事録は別途送付予定???
負け組コメント
今日の一戦は、花田オーナー、南キャプテンの最終戦!!
勝利で送り出すべく、 絶対に負けられない一戦の相手は、強豪のドリームスさん。
今日は、エース森實・花田オーナーのバッテリーでスタート。
でしたが、初回3ランを浴びるなど、いきなりの4失点。
強豪相手に苦しい立ち上がり。
攻撃のエンジンがかかるのがいつも遅い櫻打線。
いきなりの4点は苦しいところでしたが、その裏、このゲームが最終戦の先頭打者・キャプテン南が、2ベースで出塁すると、続く鈴木は、お手本のようなセンター前タイムリ−ヒットで、打者2人で1点を返す。
さらに、3番・4番が四球で出塁すると、塁が埋まったところで、監督牧野の走者一掃タイムリーツーベース。
あっという間に、同点。 依然ノーアウト。 どうした櫻打線。
いっきに逆転といきたい展開。
その後、ツーアウト満塁となって、打席は福井。
その初球。あたりは良かったものの、サード正面でベースを踏んでスリーアウト。
逆転とはならなかったものの、初回から打線がつながり、この後の櫻打線の爆発が期待される、そんな立ち上がり。
2回、ドリームスさんに2点を奪われるも、初回の攻撃を考えると、すぐに同点・逆転だ!!
と思いきや、急遽その後、打線は沈黙。
2回・3回・4回、それぞれヒットは一本どまりで、点数はゼロ。
すると、5回。ドリームスさんに3点を追加され、5点のビハインド。
そろそろ打線の奮起が期待される、1番から始まる5回裏。
先頭の南、続く鈴木の連続ヒットで、ノーアウト1・3塁のチャンスメイク。
初回のように打線のつながりが期待されましたが、この回はゲッツー崩れと、暴投による2点のみ。
3点のビハインドで最終回。
エースが相手の最後の攻撃もぴしゃっと抑えると、最終回の攻撃。
1アウトの後、花田オーナーが死球、続く福井はバントヒットで出塁。
続く打者は倒れるも、最終回ツーアウト、3点差でランナーは1塁と2塁。
ここで迎えるは、まさに最終打席となる南キャップ。
劇的な同点アーチを誰もがイメージするも、結果は内野ゴロ。ゲームセット。
花田オーナーと南キャプテンの最終戦を勝利で飾れませんでしたが、最後の最後まで勝負の行方の分からない、好ゲームとなりました。
花田さん、南さん、今までありがとうございました。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:遊佐
敗戦投手:
ツナーズ 0 0 3 4 1 1       9 HR:
サンダース 0 0 0 0 1 0       1

HR:

勝ち組コメント  
『9名、集中力切らさず快勝』
香港らしからぬ快適(?)な天気に恵まれ、惜敗を重ねた強豪:サンダースさんとの一戦。
お盆休み後で、人数も問題なく集まるだろうとの予想を覆す、ギリギリの9名で挑む。
整列時にサンダースさんをちらり、こちらも10名と同じような台所事情か?。
先攻での初回。
この一戦にかける意気込みを表し、監督自ら1番として打席に。
ライト前ヒットでチャンスメイクと塁上でニンマリも、2番:助監督藤井のセカンドゴロで、監督、塁間でタッチアウトをくらい、Wプレーという失態。
悪い流れのまま、裏の守りへ。
先発:遊佐は、第1試合の主審後で、準備もそこそこにマウンドに上がる。
サンダース:金塚投手との投げ合いを楽しむように、丁寧にコーナーを投げ分け、3者凡退に打ち取る。
バックも不慣れな守備位置ながら堅守を披露、投手戦の様相を呈する。
試合が動いたのは3回。
いつも、試合が終わってみれば貴重な一打だったとうならせる不思議打者、8番:下山が、センター前に落とすヒットで、先頭打者出塁。
なかなか下山の進塁が叶わないまま2死となり、2番:藤井へ。
ここは見事なバントヒットで、チャンス拡大。
3番:阿部もじっくり見極め、四球出塁で満塁。
4番:遊佐は、2球目を打たされた感があったが、転がった位置が良かった、三遊間内野安打で先制点をあげる。
続く5番:Joeが、ここもとの右打席を改め、本来の左打席でライトへクリーンヒット。
藤井、阿部が快足を飛ばし生還し、2加点に成功。
先制後、最も気を付けてかかりたい裏の守りを遊佐、1四球あったもののきっちりと抑え、3回まで無安打ピッチング。
4回表は、遊佐の好投に応えるべく、7番:朝昼晩と忙しい江藤が、粘りの打撃でセンター前ヒットを放ち、先頭打者出塁。
8番:下山も、またしてもやらしくレフト前ヒットで続き、追加点のムード。
1死後、1番:監督四球で満塁。
2番:藤井、今度はセンター前に運んで、江藤を迎え入れる快打。
3番:阿部のショートを、内野安打が送球の乱れを誘い、2者生還。
4番:遊佐のライトへの犠牲フライで、もう1点加えて7点差とする。
4回裏の守りは、遊佐初安打を許すも、集中力を維持しゼロ封。
5回表の攻撃は、前打席にチャンスに鋭い当たりも、相手守備の正面を突き悔しさ一杯の6番:飯田から。
ここは、レフト前に見事にヒットで面目躍如。
2死後、同じく前打席で悔しい三振を喫した9番:直田が、内野安打で1,2塁。
1番:監督がきっちりとレフト前に運んで追加点と、得点機を無駄にしない攻撃をみせる。
裏の守りで2安打を許し、1失点とするが、守りの良いリズムは維持。
6回の攻撃も、先頭3番:阿部が見事な右打ちで3塁打。
4番:遊佐が、本日2本目の犠飛で、取られた分取り返す。
最終回が宣告されての裏の守りも、隙を与えずきっちり抑え、今期ベストといえる試合運びで勝利。
攻撃では、回の先頭打者が出塁、守りは先頭打者を抑えることで、試合の主導権を維持することが体現できた一戦。
お互いに少人数ながら、キビキビと試合を展開できたサンダースさんにも感謝。
67期も残すところあと1試合。
1つでも収穫のある有意義な試合を、今後も続けましょう。
しかし、シニア3選手の元気には感服です。
試合後、”シニアの試合があるんで天光道に急ぎます”と、グランドを後に。
飯田さん! 1日3試合出場は、8月26日香港中探しても飯田さんだけじゃない?
負け組コメント
お盆中の前節。
人数確保を早々と行ったが雨で流れ、今節はふたを開ければ10人と、微妙な人数。
しかし、人数では負けていなかった。
が・・・一回表の守備。連携有る守備とピッチングで、3人でしっかり締める。
その裏、ツナーズさんも負けてはいなかった。3人で締められる。
2回も同様、全く気の緩みの無い両チーム!すばらしかった。
3回4回と、状況に変化が訪れる。ツナーズさんに先制されてしまう。
7点を追う形となったサンダース。
しかし、4回裏終わってみれば、まだ無得点どころかNO安打。
5回裏、金塚四死球の後、やっとでました宮定オッパによる初ヒット。
その後、白木も続くが、一点返して3アウト。
6回、両チームとも無得点で、終わってみれば8対1の2安打。
守備に問題なくても、打てなければ勝てません。
次節が今期最終試合!
勝つ事を前提で、楽しく行きましょう。

第67期 第26節 8月19日

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:岡本
敗戦投手:戸崎
エンジェルス 0 2 0 1           3 HR:
ドリームス 1 4 7 X           12 HR:
勝ち組コメント  
「投打が噛みあい、全勝優勝阻止」
目の前での優勝胴上げを阻止すべく、エンジェルスさんとの一戦に18名で挑みました。
後攻の夢軍団、初回の守りは、立ち上がりが課題のキャメル。
3ボールと、いつもの悪い流れも、先頭打者から三振を奪う。
2番に四球は出すも、3番、4番を連続三振に仕留める、まずまずの立ち上がり。
先制点の欲しい裏の攻撃、1番ABKは、あえなく遊ゴロで1アウト。
嫌な流れも2番SHUHO、3番Ferryの連打でまず1点。
4番MTプーさんも続き、5番たかじぃは死球でにっこり。
おせおせムードも、OSMちゃん豪快な三振、おそうさいライトフライに倒れ、流れに乗りきられないまま初回の攻撃を終了。
2回表、先頭バッターをセカンドゴロも、ちゃリーンにて出塁。
踏ん張りたいキャメルは、連続四死球から1失点。
なんとか2アウトまでこぎつけるも、次打者に粘られ、押し出しでさらに1失点。
ここで、前節省エネ完封の火消し役、お総裁登場。
あっさり次打者を仕留め、スリーアウト(打たせて取る投球、見習います・・・)。
2回裏、先頭市助センター前、キャメルDBのあと、菅マネ―がライトへツーベースにてまず同点、沖三郎ショートゴロも、FCにて逆転。
新婚サトタカ2点タイムリー、さらにヤマタカ副キャプも続くも、大太郎、ゆ〜きエロ、そ〜せ〜じぃにあと一本が出ず、4点で終了。
3回表、おそうさい続投。ランナーを許すも、絶妙のコントロールに緩急を織り交ぜて、得点許さず。
いい流れのまま、裏の攻撃へ。
3回裏、クロちゃんセンター前で盛り上がる中、今季ダブル0の伊藤園登場。
あと2試合に〇〇をかける中、放った一撃は右中間へ・・・。
誰もが捕れ!と思ったものの、見事今季初安打!
さらに盛り上がりを見せる中、ABKがDBで満塁。
押せ押せムードに、SHUHOきっちり2点タイムリーで点差を広げる。
後続も3安打にエラーを絡め、この回7得点で試合を決める。
4回表、AAリーグ1?のクリーンナップへ再びキャメル登板も、制球纏まらず連続四球の後、ヒットを許し満塁。
なんとか後続を押し出しの1点に抑え、試合終了。
好投手相手に、13安打12得点の効率良い攻めで、全勝優勝阻止。
次節の最終戦も、良い流れでがっちり勝利をつかみましょう!!!
負け組コメント
マジック1が点灯。王者ドリームスさんとの一戦。
先攻を選び試合開始。
二日酔い塚ちゃん、今日は切れがなかった・・・三振。
続き、信じるオトコCherfy四球で出塁も、若大将宮澤、燃えるオトコ戸崎、微妙な球に、まさかの三振。
1回裏、 最小1点に抑え反撃の準備に。
2回表、三男中込、セカンドトンネルで出塁。
飛びます鍵ちゃん、四球。
続裸の大将岡山、連続四球でノーアウト満塁。
チュパ澁谷、慎重に選び四球、押し出しでまず同点。
流し小野ちゃん三振に倒れ、1アウト満塁。
ここで一発期待の監督崎ちゃん、高めを打ち上げてしまいショートF。
ご意見番田中、我慢我慢の四球、押し出しで逆転成功。
大御所松樹、ファーストフライで満塁のランナー返せず。
2回裏、守備の乱れ&豪打ドリ打線に捕まり失点4。
3回表、フローズンショルダー川口、新人三澤、連続三振。
二日酔い塚ちゃん、サードファンブルで出塁。
信じるオトコCherfy、ファーストゴロに倒れ追加点ならず。
3回裏、緊張の糸が切れてしまったのか、天使軍団。
一気に7点を奪われ、厳しい状況に。
最終回、クリーンナップなか始まる攻撃。
若大将宮澤、燃えるオトコ戸崎、連続四球で出塁。
続く三男中込、ライト前安打。
最終回、ノーアウト満塁のビックチャンスに。
飛びます鍵ちゃん三振で倒れるも、続裸の大将岡山四球で押し出し。
チュパ澁谷が三振に倒れ、最後は流し小野ちゃん、流したがファースト前で試合終了。
王者の貫録を見せつけられた試合でした。
2回ノーアウト満塁、最終回ノーアウト満塁の場面で共に残塁3。
奪った得点も、すべて押し出し。う〜んな試合展開でした。
守ってもエラー多く、最終戦に備え自主トレ必須です。
最終戦、絶対決めましょう!!そしてTかMかPへ・・・

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:久下(隼)
敗戦投手:
イーグルス 2 0 5 1           8 HR:稲場 富安
ベアーズ 1 0 4 4           9 HR:清水 米澤
勝ち組コメント  
今期残り2試合となったイーグルスさんとの一戦。
イーグルスさんに初回2ランホームラン、3回満塁ホームランを浴びるも、打たれている雰囲気は無いのに点差は開く。
しかし、ベアーズは3回裏に2番清水、4番米澤の2ランホームランで4点を返す。
3点ビハインドで迎えた最終回の攻撃、先頭久下(隼)がレフト戦2塁打で出塁後、犠飛で先ず1点。
その後エラー出塁、9番Stephenの強烈打球のショート強襲ヒット、続く10番布村のレフト前ヒットで2点目。
ワイルドピッチで3塁ランナー俊足Stephenが、ホームを落とし入れ3点目が入り同点。
2アウトとなり、本日初出場の菰田。
本日2安打目を狙うべく振りぬいた打球は、ピッチャー強襲ヒットで3塁ランナーが帰り、さよなら勝ち。
初出場でいきなりのヒーローとなりました。
勝因は、四球はちょっと多かったですが、守備陣がエラー無く余計な点を与えていなかった事と、最後まで勝利を諦めず、くらい付いた事と思います。
残り1試合、頑張りましょう。
負け組コメント
2連勝と流れが良くなり、更に連勝を伸ばしたいイーグルス!
強打のベアーズさんとの対戦。
初回、先行のイーグルスは、先頭丸山(裕)が三振になるものの、2番笹川が四球を選ぶと、3番稲場のキャノン砲が炸裂!!
ライナーをレフトに運び、2ランHRで幸先良く先制!
1回裏に1点を返されるものの、エース土田はコーナーを丁寧につき、安定した立ち上がり。
3回の攻撃、清水・豊田の連続四球でチャンスを作る。
2番笹川も四球を選び、満塁のチャンスを作る。
前打席HRの稲場は打ち取られるが、4番オパ富安が初球のしっかり為満塁HRで待望の追加点。
この後も、才木監督がしっかり四球を選び、土田のレフト前に運びチャンスを作る。
続く、柳田がしぶとくセンター前に運び、2塁から才木が生還で、この回5点を追加する。
3回裏、2本のHRを土田は浴びるもの、4失点で食い止め、2点リードで最終回へ。
先頭小林が凡退となるが、丸山(信)四球、山崎がセンター前に運び、1・3塁のチャンスをつくる。
続く伊藤は、三振に打ち取られるが、2アウトから清水が四球を選び、満塁のチャンス!
続く助っ人豊田が、ボールに喰らい付き、レフト前にタイムリーで追加点!
満塁のチャンスが続き、先頭に戻り丸山(裕)は、打ち気が出てライトフライに打ち取られて、追加点には繋がらず。
3点差で最終回の守備だったが、内野安打を許したのをキッカケに、バッテリーエラーも含み同点とされる。
2アウトまで辿りついたものの、最後は内野ゴロをさばけず、今期2度目のサヨナラでの敗戦。
アウトに出来るアウトを、1つ1つ取れないと苦しくなる、悪いパターンが終盤に出てしまった惜しいゲーム。
攻撃も形を再三作るものも、あと1本出ていれば、全く違うパターンのゲームだったと悔やまれる。。。
今期あと2戦! 1試合1試合、勝ちに向けて頑張りましょう!!

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:丸山
敗戦投手:高橋
ロイヤルズ 16 4 9 6           35

HR:宮内 橿村(2本)
 澁谷

パイレーツ 2 8 2 0           12 HR:村山 青 鈴木
勝ち組コメント  
〜 澁谷、渾身の一撃!! 打球の行方は…? 〜
今季最少の13名。
監督、主将不在の不安要素を抱えながら、パイレーツさんとの一戦。
初回、先攻のロイヤルズは、疇地が四球後、即盗塁で先制機を演出。
前節ハートを鷲掴み、期待の新星3番能見は、何故か棒立ちのスイングで、初球をボテボテの遊ゴロ…。
ベンチの熱を、一気に下げる。(意気揚々と従えてきた奥さまと娘はオカンムリ)
今節の流れを決めかねない行為に、KAZが発奮。
満塁から中堅最深部に到達する打球で、一気に生還。
新星に、格の違いを見せつける。
四球と宮本、ヨデン、熊田の適時打で加点。
打者一巡し、能見(今度はうまく打てた)、丸山の適時打で打者21名残塁2の合計16得点。
今季、平均得点リーグ最下位を争うチームにとっては、素晴らしい立ち上がり。
2回の攻撃、二死まで無得点も、2失策で二、三塁。
刃を研ぎ続けてきた澁谷の、すくい上げた打球は、歓声に後押しされ、レフト後方を襲う…。
石垣には僅かに届かず、歓声はため息に変わったが、澁谷は全力疾走。
バックアップの遅れを見逃さず、生還。
嬉しい初安打は3ランHRとなり、再びの歓声と拍手に迎えられる。
活気づく打線は、疇地の安打と好走塁、前越の適時打で1点を追加し、この回は打者9名残塁2の4得点。
3回、赤石、丸山、宮本の3連打後、RYOさんが文句無し、中堅越コンクリ―ト直撃のHRを放つ。
その後も、安打のヨデンと四球の宇治川、澁谷で2死ながら満塁。
疇地の適時打で、まずヨデンと宇治川が生還して2点。
その後も、前越安打で澁谷・疇地が、能見の連続適時打で前越が生還し、この回も打者一巡14名で、2残塁の9得点。
乱調の丸山は2回で降板、後を継いだKAZは、絶妙の火消しをみせ、最終回の攻撃へ。
宮本の安打と四球で満塁とし、打席にはRYOさん。
前打席同様の角度で上がった打球は、またもコンクリートを直撃する2打席連続の満塁弾!!
話題の少ないチームに、新たな話題を提供する。
中前打のヨデンは、宇治川の三塁打で生還、その宇治川も澁谷の右前打で生還し、最後まで貪欲に得点を重ねる。
最終回も、打者11名で残塁2の6得点。
結果、久々の守備と声出しに労力を使い果たした4番を除いて、全員安打。星を五分に戻す。
澁谷さん、宇治川さん、初安打、おめでとうございます。さらに精進を。
能見さん、3適時打ですが、最初と最後がひどすぎます。加えて精進を。
最終節、『 誰の壮行試合? 』 乞うご期待!!
負け組コメント
第十一戦、雨で流れたロイヤルズ戦。
今回、若手2名(村石、徳永)の参加を起爆剤として、長いトンネルから脱出したいパイレーツ、いつもと違う後攻でのゲームとなりました。
1回表、先発は登板2試合目の抜擢となった高橋、だが、あれよあれよと連続四球で押し出し、サードゴロで1アウトを取るが、二桁失点で藤井に交代(悔しさをバネに練習しましょう)、藤井も制球に苦しむが、何とか3アウトを取り、長〜い1回表16失点で終える。
1回裏、3番抜擢パンチ力の有る近藤、4番青の2者連続ホームランで2点を返す。
2回表、ショート根本の好守もあり、4失点で切り抜け、その裏、7番ハワードから連打で一気に反撃8得点、20対10となる。
3回表、左腕鈴木、4回表は同じく左腕小泉と、両名久々の登板ながら、個性ある投球で試合をつくり、4回の攻防を終え試合終了。
結果は33対12で惨敗でしたが、全員2打席回り、新人も守備に就き、毎回投手が交代する近年無い投手リレーの試合でした。
残り2試合、“内容充実+育成&最下位脱出”を合言葉に、頑張りましょう!

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:川満
敗戦投手:森
サンエイ 0 0 0 3 2 0       5 HR:
カイザース 1 3 9 9 1 X       23

HR:沓掛 小野寺(2本)

勝ち組コメント  
前回の敗戦を忘れ、気持ちを新たに望んだサンエイ戦、参加人数は多少少なく、久しぶりにジャンケンで負けたが、いつも通り後攻で試合開始!
1回、カイザース先発エース川満が、3人で終わらせ0点最高の立ち上がり、その裏カイザースの攻撃、1番屋嘉部がツーベースヒット、それを3番大出がきちっとかえして1点、だか後続が倒れて1点どまり、嫌な予感が俺の心を揺さぶる。
しかし、ここはエース川満を信じ、低め、外、内とコースを投げ分け、2回、3回も0点に抑える絶好調ピッチング!!
また、打線は2回、6番沓掛のホームラン、川満のツーベースヒット、松本のスリーベースヒット、竹内の犠牲フライで3点、3回はカイザースの長老小野寺のホームランを含め打者一巡で、一挙9点を取り、3回を終え0ー13!
4回に3点を取られるもその裏、またもや打線が爆発
小野寺の2打席連続ホームランなどが飛び出て一挙9点、5回に2点を取られたが、最終回久しぶりに登場ピッチャー屋嘉部、初ピッチャー大出が抑えてゲームセット、終わってみれば5ー23!!勝利
あと残り1試合です、最後まで気を抜かず、頑張って行きましょう。
負け組コメント
猛暑の中、集まったのは僅か10名。
相変わらず守備が酷く、ピッチャーの足を引っ張る、いつものパターン。
打線も繋がらず、気付けば3回終わって無得点。やばい!!
2試合続けて完封されるわけにはいかない。
この際、失点するのは仕方ないとして、何とか得点せねばと、4回表に気合を入れなおし、なんとか3得点、5回にも2得点。
試合結果は大敗だが、完封されるという屈辱は避けることが出来ました。
来週、今期最終戦対コンポードーさん、なんとか勝って終わりたいものですが。。。

第67期 第25節 8月12日

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:
敗戦投手:
パイレーツ                     HR:
オオゼキ                     HR:

雨天順延


 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:
敗戦投手:
アタッカーズ                     HR:
イーグルス                     HR:

雨天順延


 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:
敗戦投手:
サクラ                     HR:
サンダース                     HR:

雨天順延


 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:
敗戦投手:
ツナーズ                     HR:
コンポードー                    

HR:

雨天順延

第67期 第24節 8月5日

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:戸崎
敗戦投手:谷本
アタッカーズ 0 0 0 3           3 HR:
エンジェルス 4 1 5 1           11 HR:戸崎 岡山
勝ち組コメント  
マジック2が点灯し、勢いに乗る天使軍団。
攻守共に、バランスの良いアタッカーズさんとの一戦。
初回、燃えるオトコ戸崎、エンジン全開で奪三振2の立ち上がり。
その裏攻撃、流し小野ちゃん、今日もルーチンバッティングフォームから打席に入り、見送り四球で出塁。
続く曲者吉田、セカンド強襲の打球は、なんと流し小野ちゃんに当たってしまい、フィールドアウト。
三男中込、四球で出塁。
パスボールでランナー2・3塁で、燃えるオトコ。
軽く流した打球はレフト後方、先制スリーラン!!
若大将宮澤、センターへ綺麗に弾き出塁。
いぶしギンギン吉本も、続いてセンター前で出塁。
続裸の大将岡山、サードゴロ。
続くCherfyの打席、ワイルドピッチで宮澤帰還、信じるオトコ、サードゴロ。
監督崎ちゃん、強い打球もサード攻守に阻まれ、初回4点でスタート。
2回表、またまた奪三振2で、綺麗にシャットアウト!!
その裏、ご意見番田中、快心の当たりは、左中間を破るスリーベース。
大御所松樹、サードゴロに倒れ、飛びます鍵ちゃんへ。
サードベース上で、「楽に還してぇ〜ぜぇぜぇ」の田中の声援。
それに答えた鍵ちゃん(えらい!)、センターへ綺麗に犠牲フライ。
田中、難なくタッチアップを決め、若い衆に激を飛ばします。
チュパ澁谷、四球で出塁も、新人三澤、な・なんと、ライトゴロで1点止まり。
ライト強肩でした。ナイスプレー!!
3回、エンジン全開戸崎、この回も奪三振2で完封コース。
その裏、トップに帰り流し小野ちゃん、Pフライ。
曲者吉田、四球で出塁。
三男中込、レフト前へ綺麗に弾いた後、パスボールでランナー2・3塁。
燃えるオトコ戸崎、レフトへ犠牲フライ。 曲者吉田、帰還。
若大将宮澤、いぶしギンギン吉本、連続四球で満塁に。
そして本日ヒーロー、続裸の大将岡山っち。
センター頭上を越えるグランドスラムぅ〜。満塁HRっす。
信じるオトコCherfy、今日は一番声が出ていた、お尻に一発頂き死球で出塁。
監督崎ちゃん、サード線際どい当たりも、攻守に阻まれこの回5点。
(監督、1塁までしっかり走りましょう〜。高校野球も始まります!!)
最終回、リズムが乱れ、四球でパスボールで失点3、しかしこの回も三振を奪い、毎回奪三振の見事なピッチング。
いやぁ〜、完封こそ逃しましたが、制球の良さ、緩急あるピッチング、変化球。見事の一言。
最終回攻撃、ご意見番田中、四球で出塁。
大御所松樹、気負いすぎたか!?空回りの三振。
飛びます鍵ちゃん、四球で出塁。
チュパ澁谷、センター前でダメ押し1点。
新人三澤、センターフライ。
最後は流し小野ちゃん、今日は引っ張っちゃたね、ショートゴロでゲームセット。
マジック@が点灯!!
後1勝、次で決めるぞぉ〜。
そしてTか、Mか、選択肢もう一個増えちゃいました・・・はたまたPか。
澁谷隊長、多数決お願いしやっす。
負け組コメント
一勝八敗で迎えた、リーグ10戦目、6月、7月は雨天中止が続き、チームとしては二ヶ月ぶりの試合。
相手は、現在リーグトップの強豪エンゼルスさん。
じゃんけんに勝ち、先行を選択、幸先よく先取点といきたいところであったが、3回まではゼロ行進。
一方、相手にはスリーラン、満塁ホームランを含む猛攻を受け、3回までに0−10とされる。
一矢を報いたいアタッカーズ、四回の攻撃は、先頭土井の四球に続き、4番大里の右中間二塁打で1点、その後矢口のレフト前ヒット、相手のエラーもあり、この回合計3点を返す。
ただ、反撃もここまで、 3−11の敗戦で、通算成績は一勝九敗となってしまった。
先発谷本をリリーフした矢口の好投、新規加入根津の初ヒットなどの好材料を、次の試合に結び付けたい。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:遊佐
敗戦投手:久下(隼)
ツナーズ 1 4 0 6           11 HR:
ベアーズ 2 0 1 1           4 HR:
勝ち組コメント  
『最終回に効果的な適時打2本で突き放す』
約1か月ぶりの公式戦。雨で途中中止となったベアーズさんとの再戦。
気温、湿度はしょうがなく高いが、曇天に恵まれ(?)、何とか試合への気持ちが盛り上がる。
先攻での初回。
1番:阿部、手本のようなライト前安打で出塁。
2番:Owenの3塁ゴロで、阿部2塁に進塁。
3番:砂永の打席中、パスボールの間に阿部3塁を狙うも、悔しくもタッチアウト。
何となく嫌な流れの中、砂永が死球で出塁し即盗塁、守備の混乱をついて3塁へ。
ここで4番:遊佐が、きっちりとレフト前に先制タイムリー。
その後、5番:Joe、6番:山田が連続四球で満塁へ。
7番:藤井に期待がかかるが、ここはいつになく力んだか、セカンドフライに倒れ、加点のチャンスを逃す。
初回の守り。
先発:遊佐は、先頭打者にうまく運ばれ、3塁打を許す立ち上がり。
厳しい当たりがグラブを弾く等し逆転を許すが、攻めの守りで攻撃へのリズムを作る。
2回の攻撃。
めきめき体重を増やす8番:伊東が、レフト前ヒットを切欠に、12番:森下が見事好打、ライトオーバーの2塁打でベンチを盛り上げる。
その後、守備の乱れを突いて追加点をあげ、逆転に成功。
裏の守りもピシャリと締め、試合のペースをつかむ。
3回の攻撃がちぐはぐとなり、裏の守りで失点。
2点差に詰め寄られた4回。
先頭10番:下山が、高めのボール球を大根切りで見事なセンター前ヒット、続く11番:直田もライト前で続きチャンス拡大。
13番:富山の四球で満塁となったところで、1番:阿部が見事にセンターへはじき返す2点タイムリー。
3番:砂永の四球で、またしても満塁となり、4番:遊佐が走者一掃の3塁打で3点加点。
5番:Joeの内野安打でさらに1点加え、8点リードとして最終回の守りへ。
ベアーズさんの追撃を、何とか1点でかわし勝利。
各自、プレーの良し悪しはあったものの、下位打線で作ったチャンスを上位、中軸が確実に得点に結びつけたことで、落ち着いた試合運びが出来たのでは。
67期も残り2戦。
その前に、江藤さんの新店開業祝で充電しましょう!
江藤さんは放電ですが。。。
負け組コメント
OB原が出張で参戦。
新人3名、片山、布村、鈴木が参加し、計13名と今期一番の大人数で、強豪ツナーズさんに挑む。
1回表は、最小失点1点で押さえ、裏の攻撃は、1番伊藤が三塁打で出塁後、3番久下(隼)のヒットで同点。
続く、米澤ヒットで続き、一死1,2塁。
ここで椿は、しぶとくライト前に運び、二塁走者の久下(隼)が、俊足を飛ばして逆転。
2回のツナーズの攻撃で、サクッと4点を取られ、ベアーズの攻撃は、サクッと三者凡退で終わる。
3回の守備は、満塁のピンチも零点に押さえ、その裏の攻撃は、2死から期待の新人鈴木が綺麗なライト前ヒット、その後、片山が四球を選び、1番伊藤のショートゴロエラーの間に、1点を返す。
4回守備では、OB原が登板。
ツナーズさんの猛打、不運のエラーなどがあり、6点を奪われる。
その裏は、久下(隼)のピッチャー強襲ヒット、椿のこの日2本目のヒット、久下四球で、1死満塁のチャンス。
しかし、ツナーズ大エースの前に、その後が続かず、内野ゴロで1点を返すのがやっと。
完敗です。
試合前に、ツナーズ大エースが今日来ないとのガセネタで、一同心踊ったバチが当たったのか、今日は貧打+エラーが多かったです。
OB原さん、ありがとうございます。
日本帰国者の皆さん、出張の際は是非試合に来てください!!

第67期 第23節 7月29日

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:岡本
敗戦投手:森
サンエイ 0 0 0 0 0         0 HR:
ドリームス 11 0 8 10 X         29 HR:渡部
勝ち組コメント  
あっという間に67期も終盤戦。残り3試合。サンエイさんとの一戦に17名で挑みました。
先発投手は、夢軍団3本柱の○番手「おそうさい」。
先頭打者にヒットを許すも、ナイスコントロールで無失点。
裏の攻撃、「ぶちキャプ」二塁打、「SHUHO」センター越え本塁打で、2点先制。
その後も、「安孫子マン」、「主砲 元村」、「快足&好調 柏谷」、「おそうさい」、「沖さん」、「太郎」、「サトタカ」、「山(貴)副キャプ」にヒットが生まれ、11得点。
2回、「クロちゃん」のセンター前等で2死満塁のチャンスも、「主砲 元村」センターフライで無得点・・・。
3回、4回には、各15人近くの打者を送り込み、この試合、打撃陣は計25安打29得点と、久々に大量得点。
守っては、「おそうさい」が抜群のコントロールにストレートも走り、ナイスピッチング。
2回と3回の2イニングを計10球?で終える、暑さを考えた見事な省エネピッチングで、完封のかかる最終回へ。
ヒットと右中間を破られる2塁打で、1死2、3塁のピンチ。
次打者は、冷静にPゴロに打たせ2死。
四球で2死満塁となり、押し出しもよぎるカウント3-1から、アウトコースぎりぎりに投げ込みサードゴロ。
そのまま、「隆康さん」がベースを踏んでゲームセット。
47歳「おそうさい」、人生初の完封やりました!
試合後に行われたBBQで、大暴れだったことは言うまでもありません。いつもか。。。
いや、BBQでそれ以上に暴れていた方は、別にいました・・・。
「おそうさい、ナイスピッチング」、「Sorry お疲れ様でした」、「Happy Birthday」 。
負け組コメント
NOォ〜〜〜〜!!コメントでお願いします。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:金塚
敗戦投手:川満
サンダース 5 3 2 2           12 HR:稲田 依田(2本)
カイザース 1 0 0 2           3 HR:
勝ち組コメント  
随分雨に流れたと思うと、2週連続での試合で、しかも今シーズン好調の強豪カイザー ス戦に、総勢14名で臨む。
平日は台風から始まり、ほぼ1週間ずっと雨だったのがウソのような快晴=クソ暑い天候の中、ジャンケンで負け、先攻となった初回、いきなり1番マルコ稲田が先頭打者アーチ、そして2番黄オッパも2塁打で続き、3番与一も選ぶと、4番John仕事をきっちりこなす2塁打で走者を返し、ここで5番怪力依田が、何と3ランで、何と1番から5番で早々に5点を挙げ、前節からの好調雷打線が、初回から火を噴く。
2回も、下位打線での監督、ムエタイ、えーじ、土佐屋が、しっかりと上位に繋ぐ仕事をすれば、ここでもマルコがしっかりと返し、追加点で3点を挙げる。
3回は、眠れる獅子・依田が完全開眼、この日2本目となるホームランを打ち上げ中押 し、4回も渋とくえーじが出塁、相手のエラーが絡んだところで、4番JOHNがチームバッ ティングでしっかり駄目押し。
腰が万全でないエース金塚、立ち上がり制球が安定しないも、終わってみれば5奪三振の3点に抑える力投。
そして、前節の勢いそのままで雷打線、12安打の12点は立派!快勝です。
今試合は、何と言っても若手コンビの、夏本格的花火3発が効きました!
投打がしっかり噛み合ったナイスゲームでした。
残りの試合もこの調子で、"絶対"勝ちますよぅ!!!
負け組コメント
いよいよ迎えた今期最大の山場・サンダース戦。
ここまで9連勝を記録し、波に乗っているカイザースの全員が、絶対に負けられない試合と位置づけて望んだ11回戦。
カイザース後攻で開始した試合は初回、サンダースの攻撃に5失点。
今期のカイザースにとっては、十分にひっくり返すことの出来る点差で、1回裏の攻撃を迎える。
1番中野、これまで初回出塁率10割を誇る先頭打者は、バントヒットで難なく出塁。
ここから、いつもの攻撃が始まる・・・かのように見えたが、2番白川が痛恨の見逃し三振。
これをきっかけに、いつもの波がつくれず、初回得点は1点に留まる。
守備からリズムを作り直そうと試みるも、エラーがエラーを誘い毎回失点で、4回表終了時点のスコアが12-1。
最後の攻撃で2点を返すも、万事休す。
サンダースの長打はあったが、失点の大半はエラーによるもので、守備強化を今後の課題のひとつとしていきたい。
今期残り2戦となったが、一つも落とすことの無いよう全力を尽くしたい。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:久下(隼)
敗戦投手:吉田
コンポードー 1 0 3 0 0         4 HR:
ベアーズ 2 0 3 1 X         6 HR:
勝ち組コメント  
2連敗中で、3連敗は間逃れたいコンポードーさんとの一戦。
1回表、コンポードーさんの攻撃を1点で抑え、1回裏の攻撃、1番伊藤はレフトオーバーの3塁打と思われたが、いきなり主審からアウトの宣告。
何故と思ったが?打った際に足が打席から出ていたと不運のアウト、、、
気を取り直して、2番清水は四球を選び、すかさず盗塁に成功。
3番小島がレフトへの2塁打で、清水が帰り先ず同点。
4番が倒れるが、久し振りに試合へ出場の椿が、綺麗に右中間へのヒットで、小島が帰り逆転。
更に、6番久下(隼)の四球でチャンスは広がったが、攻撃はここまで。
3回表に3点を奪われ逆転を食らうが、3回裏の攻撃は11番川村が四球で出塁、本日初参加の12番金光は倒れるが、1番伊藤が四球で出塁、2番清水は絶妙なセーフティバンドで1死満塁。
3番小島、4番米澤は連続四球を選び、押し出しで2点加え同点。
更に、秘密作戦で1点を加え逆転。
その後もチャンスは有ったが、2者連続で三振に倒れ、ここまで。
4回裏に、下位打線が繋ぎ貴重な1点を加え、2点差で迎えた最終回。
ランナーを出し一打同点期も、久下(隼)が家族+恋人が見ている中で、気合で投げ抜き2勝目を上げる。
久下(隼)は、試合を重ねる度に安定感を増し、試合が組み立てられる様になった。
今期残り3試合となったが、全て勝って勝ち越して終わりたい。
負け組コメント
1回表、1番:SEXY、2番:大関が凡退に終わるも、我がチームの助監督が出塁し1点もぎ取るも、5番:小佐野(元4番)の打ち上げで初回表終了。
守りにおいては、この日初めてマウンドに立つ吉田が、四死球を出すも安定したピッチングで、2点で抑える。
2回表、気合いを入れて点を取りにいくも、相手ピッチャーのクセをつかめず、3者凡退。
2回裏、1点ビハインドな状況にあるも、先発吉田の好投により、失点は無し。素晴らしい!
3回に入り、吉田の頑張りにこたえるべく、我がチームの監督がねばり、四死球にて出塁。
そこから下位打線に突入するも、本多のヒット、又、先発吉田の頑張りにより3点を取り、一気に逆転。
3回裏、2点のリードを死守すべく、本日好投を続けてきた吉田も踏ん張るが、緊張と疲れより四死球・ヒットを受け、2点追加点を取られる。
同点死守に向け、我がチームのエース:長谷川Bに交代するが、1点追加され、逆転を許す。
4回表、2巡目を迎える1番バッターからの開始であったが、相手ピッチャーのクセを掴みきれず無得点。
4回裏、1点追加点を与え、5回最終回、5番バッター「元4番」からの開始も、得点につながる攻撃が出来ず、試合終了。
結果、先発ピッチャー吉田は、非常に良いピッチングであったが、攻撃面が乏しい結果であった。
(文責:主飲コーラ)


 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:戸崎
敗戦投手:宮内
エンジェルス 1 5 1 1 0         8 HR:
ロイヤルズ 3 2 0 1 0         6

HR:能見

勝ち組コメント  
真夏のSKM第2試合、灼熱での試合運びが予想されたが、太陽が雲に隠れてくれて、ちょっぴり涼しい中で試合開始。
先攻で本日は攻めまくりたいエンジェルス。
Cherfy死球で出塁後、曲者吉田送りバンド、三男中込犠牲フライで、ランナー三塁。
燃えるオトコ戸崎、イチローも顔負け巧みなバットコントロールでレフト前、先制の1点。
若大将宮澤、緩い球を打ち上げてしまい、この回1点のみ。
1回裏、2アウト、ランナー2・3塁で、相手新人選手に内角低めをうまく持っていかれ、スリーランで逆転。痛い・・・
2回、裸の大将岡山、左中間を破るスリーベースでノーアウト3塁。
ご意見番田中、しっかり選び1・3塁。
流し小野ちゃん、よく見ると(こちらも)イチロー顔負けのルーティンスタイルが… バットをクルクル回し、得意の流し!!
セカンドとライトの間に絶妙に落とし、岡山帰還。
監督崎ちゃん(今日は一番声が出てました。)、慎重に選び四球で出塁。
チュパ澁谷、香港空港で食べたラウンジラーメン3杯の威圧からか、なんとキャッチャーPB。
その間、田中帰還で同点。
チュパ、打ってはキャッチャーフライに倒れるも、尚1アウト2・3塁。
大御所松樹も、慎重に選び満塁に。
ここで登場、野球部同窓会で若き日の感覚を取り戻した、いぶし銀銀吉本、センターオーバーの走者一掃タイムリー2ベース。
若き日のパワーも取り戻していたら、HRでした。(次回に好ご期待!!)
新人三澤、フォーティーショルダー川口と倒れるも、この回5点で逆転成功。
2回裏、三振2個を奪うも、甘い球を狙われて、2点失点。 その差1点。
3回表、信じるオトコCherfyレフト前、曲者吉田、曲者ブリを発揮できず三振。
三男中込、まったくタイミングの合わないまま、Pゴロで2アウト。
燃えるオトコ戸崎、若大将宮澤と連続四球で満塁に。
本日ヒーロー、裸の大将岡山、鋭く捕えた打球はレフト前に。(打球が早すぎて、3塁ランナーしか生還できなかったよ〜)
ご意見番田中、強い当たりもショート正面で、この回1点のみ。
3回裏、エンジン全開で0点シャットアウト。
4回表、流し小野ちゃん、今度は流さず、左中間へ、お見事3ベース。
監督崎ちゃん、きっちりと仕事を遂行、センターへ高々と犠牲フライで、小野ちゃん生還。
チュパ澁谷、相手エラーで出塁、チャンスを作ります。
大御所松樹、レフト前。
いぶし銀銀吉本、絶妙のセフティーも、間一髪アウト。
三澤続けず、この回1点止まり。
4回裏、1点を返され、まだまだ厳しい試合展開。
最終回、フォーティーショルダー川口、Pゴロ。
信じるオトコCherfy、サードフライ。
曲者吉田、曲者ブリ前回のセフティーもう〜ん、絶妙のタイミングでアウト。
2点差で迎えた最終回裏、満塁まで追いつめられるも、追加点を許さず、何とか勝利。
ついに、微笑みの国(TまたはM)まで、マジック点灯A!!
負け組コメント
倉庫劇さんが参加し、試合前から活気溢れるロイヤルズメンバー。
16名で今季無敗、エンジェルスさんとの一戦を迎える。
1点を先制された直後の攻撃。
暑さ関係無し、いつも元気な先頭疇地が左前へ運ぶと、僅かな隙を見逃さず二進。
二死から白杉監督は四球を選び、参加3試合目で5番抜擢の能見が打席へ。
速球に戸惑いながらも3球目を強振すると、レフト石垣にぶつける逆転の3ラン!!
飲み会で掴みかけていたハートを、一気に鷲掴みにする。
連打で逆転された2回の攻撃。
宮本、熊田が粘り倒し、連続四球で好機を作ると、山興が右中間へ適時打。
長らく底に沈むヨデンも、右前に落とし1点差に迫る。
なおも無死一、三塁の好機。…が、2者連続の見逃し三振…
新人宇治川、打球は芯で捉えるも、相手投手の好守備に阻まれ、涙をのむ。
追いつけず、また流れを掴めないまま、この回を終える。
3回の攻撃は、厄年明けコンビがあっさり凡退。
トップに戻り、疇地は2打席連続の安打。 響く快音と罵声が耳に痛い…
4回、監督の中前打に、死球出塁のBABAが好走塁。
前節の借りを返すべく、一気に本塁を陥れる。
なおもKAZの死球で塁上を賑わすが、あと1本が出ず、結局1得点。
最終回。円陣を組み、監督、自ら奮起を促す。
念が通じたか、熊田は相手失策で出塁、山興四球、さらにPBで無死二、三塁。
次打者ヨデンのボテボテの二ゴロに、三走熊田は本塁突入を自重したかに見えた。
が、一塁送球中に猛然とダッシュ。
前節、味をしめたスライディング(今節、2回目)を敢行するも、無念の憤死。
後続も打ち取られて、試合終了。
ついに借金生活です。
今季も残り2試合。完済に向けてメンバーの奮起を期待します。
倉庫劇さん、今節は少し元気が無かったですね。次節はお願いしますよ…(はあと)

第67期 第22節 7月22日

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:島尾
敗戦投手:森木
コンポードー 4 9 3             16 HR:新居
オオゼキ 1 0 4             5 HR:中内
勝ち組コメント  
そこそこ悔しい敗戦から2週間、総勢20名参加の第10戦。
1回の攻撃、フォアボールと相手のエラーに助けられ、初回4得点(ヒットゼロ)
そして、この日の先発は、"ビールは3リットル飲めないが、コーラは3リットル飲める"島尾。
皆の期待と不安と不安を背負い、緊張したそこそこ大きめの顔で、人生2度目のマウンドへ。
その島尾の1球目。相手1番打者が、外野フライへ。
これでホッとしたのか、この後はランナーは出しても乱れることなく、相手の攻撃を1点で抑える。
2回表、"歯派"長谷川Bの2ベースヒットを皮切りに、"ひろひろ"広瀬のセンター前、初参加の"ユーハイム2号"梅崎のライトへの2ベースヒットも飛び出し、一挙に9得点。
点差をもらった島尾は、落ち着いたピッチングで相手に攻撃を0点に抑える。
3回表、この日調子が悪いと言いながらも、"毎日きんにくん"新居の特大の2ラン、"金曜日はかんこくん"高山のレフト前ヒットで3点を追加。
3回裏、1アウトまですばらしいコントロールを続けた島尾も、コーラと緊張が切れたのか、相手4番から満塁ホームランを食らう。
このタイミングで、もう一人の投手候補である、"ひろひろ"広瀬に投手交代。
実践マウンドに立つのは2回目の広瀬は、危なげなピッチングではあるが、相手の攻撃を4点で抑えてゲームセット。
攻撃はしょうもない面が目立ち、守備も内野が全く安定せず、反省材料多数ですが("しましま"志摩のセカンドは完璧)。
今日の試合は、若手ピッチャー二人の活躍に尽きるでしょう。
試合後は、チームに8年に渡って貢献して頂いた、"おすぎ"こと杉山さん家族の送別BBQ。
ご苦労様でした。転勤先でも素晴らしい活躍を期待しています。
そのBBQは、強風により早めに退散。⇒"たかはc"監督家で続けてパーティ。
狭い部屋に、子供を入れて30名が集結。
その子供らは、監督の家の愛のベッドルームを占領。
"歯派"、"たかはc"は熟睡。
"ユーハイム1号2号"は、偶然相席の人でしたばりの沈黙、といろいろありましたが、楽しく過ごさせて頂きました。
夜遅くまでありがとうございました。
では、来週も頑張りましょうね、"シャークス"吉田っ!
負け組コメント
なかなか勝ちの見えない、我がオオゼキチーム。
豪打のコンポードーさんとの一戦。
試合前の練習、ふと人数が足りないのに気づく、、、あれバッテリーがいない。
シェフ森木は何とか間に合うが、キャッチャー予定のマグナム山田は、ドタキャン欠席。
まさかの太い彗星・松木が、スタメンキャッチャーで波乱の試合のスタート。
1回、シェフ森木の立ち上がり。
遅刻の動揺か、いきなり5連続四球でのスタートであったが、その後、ダブルプレーもあり、初回4失点で切り抜ける。
その裏、何とか追いつきたいオオゼキの攻撃。
太い彗星・松木ライトフライの後、ウザ王・古田が四球、本日監督のハナヂィ中内のレフト前ヒット、大木凡助の四球で満塁から、シェフ森木の犠牲フライで、何とか1点を返す。
期待のかかるテキサス大西の打球は、一瞬はっとする当たりかと思いきや、フェンスのかなり手前で失速の、ただの外野フライ。
大事な場面でのフライを、自らポップと認定して、罰金を寄付してもらいました。男ですねぇ。
2回表、なんとかリズムを作りたいシェフ森木だったが、コントロール定まらず7四球。
長い守備時間は、キャッチャー太い彗星・松木の体内から水分を奪い、生命までも奪う寸前に。
プロテクターがぐっしょりで、いつもより1キロは重かったそうな、by3回からキャッチャーを交代したハナヂィ中内談。
結局、この回9点の追加点を許す。
大量点をリードされて、大事な2回の攻撃。
新人・神田が内野エラーで出塁するも、続くバッテイングセンターでは王様、グラウンドでは何様のリンリン田中の内野ゴロ、クセモノ北西セカンドフライ、大島BIMファーストフライのしょっぱい攻撃。
3回表、シェフ森木は四球の後、ホームランを許すが、そのあと腕が振れ始め、徐々に開き直る、もとい、立ち直る。
サードテキサス大西のエラー絡みで、さらに1点を失うが、この回のアウトをすべてセカンド古田が無難にさばき、3失点で切り抜ける。
時間的に最終回のオオゼキの攻撃。
先頭、鳥羽、森田の新人コンピが、空気を読める四球で出塁。
太い彗星・松木のエラー出塁で無死満塁。
が、ウザ王・古田は内野ゴロアウト、、、残念ながら、今日は守備の人。
ここで、本日代理監督のハナヂィ中内、不甲斐ない成績に、指導そのものにも疑問を持ち始めた息子の前で、これぞ見本とばかりに、見事レフトフェンス上部のネットに突き刺さる、意地の満塁ホームラン!!!
続きたい大木凡助だったが、初球打ち内野ゴロで2アウト。
シェフ森木が内野エラー、と思いきや、一塁前で転倒し、赤ちゃん這い這いで何とか出塁、テキサス大西の四球でランナーをためたが、新人・神田がレフトフライでゲームセット。
飲茶の反省会では、代理監督より、俺しか打ってないじゃんかという、超上から目線のお説教が続く。
今日は、一言もありません。
3回に少し立ち直ったシェフ森木と、今シーズンは心中しようという前向きな意見でまとまり、無事散会。。 。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:戸崎
敗戦投手:久下(隼)
ベアーズ 4 1 1 0           6 HR:
エンジェルス 2 0 8 X           10 HR:
勝ち組コメント  
雨天中止が続き、なまり切った体の天使軍団、台風も近付いている中の、灼熱の中での強豪ベア―ズさんとの一戦。
今回は、元高校野球部のマネージャー+2匹の子羊、アリンス家族を応援団に、無敗伝説を継続すべく、珍しく試合前に円陣を組み、いざ出陣!
後攻で始まった初回、ベア―ズさんの巧みなセンター返しの連続で、4点ビハインドからのスタート。
いやいやこれから、、、と、1回裏の攻撃。
1番、日本語上手ねCherfy君、ぺちょっと左太ももにデッドボールで出塁。
2番アリンス、家族にいいとこ見せようと、粘り粘って四球を選び1・2塁。
続く甘いマスクの三男ナカゴミン、期待に応えて痛烈なHitで1点を返す。
燃えるオトコ戸崎、ガツーンと痛烈なあたりも、相手ファーストの攻守でライナーをキャッチされ、1塁走者も戻れず、ダブルプレー。
しかし、まだまだ〜、若大将宮澤がバッターボックスへ、ワイルドピッチの間にアリンスがこそっと生還し2点目の後、ライト前にHITで続く、 曲者吉田、バントを匂わしながらも四球で出塁。
この後、続・裸の大将岡山が、ライトフライに倒れ2点止まり。
相手投手のコントロールの良さに、なんとなーく嫌なムードでこの回終了。
2回以降、意地悪な太陽が更に気温を押し上げ、マウンド上の燃えるオトコを照りつけるが、相手熊さん軍団に長打を許さず、最少得点に押さえる。
2回裏、監督サキちゃん、打ちたい気持ちを押さえ四球を選ぶが、続くチュパ澁谷のあたりは強烈なセンター返し、、、しかし、相手セカンドのファインプレーで、一転してダブルプレー。
その後、大御所松樹が四球で出塁も、流しの小野ちゃん、綺麗に流し打つもライトフライで、な・なんとこの回0点で終了。
なんとなーく嫌なムードが更に増し、天使軍団のトレードマークの笑顔が消え始める。
(やばいでアリンス!!)
ところが、もわもわの熱気の中、燃えるオトコが、燃えたぎるマウンドで焦る天使たちに活を入れ、熊さんたちに最少得点しか与えない投球。
ここからが、今年の天使軍団!
3回裏、先頭もじゃ髭塚原シブーく四球、いぶしギンギンの吉本のレフトオーバーのツーベースで1点、お寝坊フッシーも渋くライト前に運び、Cherfy三振も、アリンス藤木2度目の四球、 ナカゴミンのライト前のあたりでそれぞれ必死に生還し、なんと同点に!(やったー)。
天使軍団に微笑みがもどる。
燃えるオトコ、若大将と怒涛の連続ヒット、その後曲者吉田、出ましたセフティバンド、続・裸の大将・サキちゃん・チュパと連続四球も、最後はまたまたダブルプレーでチェンジ。
しっかしこの回、今までのウップンを晴らす、怒涛の8点を奪取。
最終回、きっちり0点で締めてゲームセット。
冷や汗が、最後は心地よい爽やかな汗に変わっておりました。
まだまだ続く険しい道。
されど、我らは天使、苦しい時こそ手と手を取り合い、羽ばたいて行きましょう。
その先には、必ず夢と希望の微笑みの国が待ってます。

追伸:アリンス奥さん、今回、みんなのためにスコアラーしてくれて、ありがとう。
おかげでいつもより、活躍できたよ。
今度、また来てくれたら、君のためにハッスルするよ。アリンスより。
負け組コメント
今期、ここまで全勝で首位を走る、強豪エンジェルスさんとの一戦。
じゃんけんで負け、先攻の攻撃。
1番伊藤が、しぶとくセンター前ヒットで出塁後、2番清水は、華麗な送りバンドを決め、送球中にランナー伊藤は、一気に三塁を奪う。
続く3番小島の三遊間深くへの内野安打で、伊藤が帰り先ず1点先取。
伊藤の足が生きた瞬間で、走塁も重要と認識した。
続く4番米澤も、右中間を綺麗に破る二塁打で、一塁ランナー小島が一気にホームを駆け抜け2点目。
ここでも、果敢な走塁が◎。
続く5番山口の、二塁強襲ヒットで一、三塁。
続く打順が昇格した6番久下Jr.の二塁ゴロの間に米澤が帰り、3点目。
更に、ワイルドピッチで1点を追加して、好投手戸崎さんから幸先良く4点を奪う。
そして迎えた1回裏の守り、心配された久下Jr.の立ち上りだったが、3戦目と言う事も有り、落ち着いた投球で、強打打線を2点に抑える。
そして2回、3回と最小得点だったが追加点を上げ、久下Jr.に取っては未知の3回裏の守り。
暑さのため疲れが出始めたのか、ランナーを出し満塁後走者一掃ヒット(記録上はワンヒット&ワンエラー)を打たれ、その後も追加点を奪われ、合計8点を失い逆転されてしまう。
ここでワンヒットに抑えて置けばと悔いは残るが、、、
最終回になった4回表は、きっちり締められ無得点に終わる。
最後まで、首位を走るエンジェルスさんを苦しめた、全体的には好ゲームだったと思います。
頑張って投げている久下Jr.に、打線が10点位取って上げると、楽に投げられるのではないでしょうか。
次回は、打撃陣(特に私)の奮闘を期待します。
まだまだ暑い中の試合が続きますが、頑張りましょう!

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:川満
敗戦投手:
ロイヤルズ 5 1 0 0 1         7 HR:
カイザース 4 0 3 2 X         9 HR:中野 白川 寺内
勝ち組コメント  
連勝中のカイザース!強敵ロイヤルズに、14名で挑みました!
カイザース後攻で始まったゲーム。先発は大澤!
課題のコントロールは克服したものの、そこは強敵ロイヤルズ。
甘いボールを見逃してもらえず、ホームランを含む5失点と、厳しい立ち上がり。
ロイヤルズ押せ押せのムードの中、エース川満へバトンタッチ。
しかし、そこはエース! 嫌な雰囲気を、見事なリリーフで後続を抑えます。
1回裏の攻撃、早めに追いつきたいところ。
先頭中野、2番白川が、まさかの連続ランニングホームラン!
普段は仲が悪いが、チームの勝利に向けて、今期初めて1,2番が良い仕事をしました。
その後、3番大出の安打の後、4番寺内。
「ランニングホームランは、ホームランじゃない」と、ライトスタンドへ弾丸ライナーの一発を叩き込みます。
1回の攻防は、4:5のビハインド。
2回に1点追加され、カイザースは無得点。
3回に入り、4:6のビハインドで中盤に入ります。
中盤は、攻守でビックプレーが2つ!
守備では、サード大出のトリックプレーで、あわやノーアウト3塁のピンチを防ぎます!
(宮本慎也みたいでした)
攻撃では松本(祐)、竹内、中野で作った満塁のチャンスで、2番白川が決勝の3塁打!
(この日、打点4)見事に逆転!
その後、4回にYAKABU、松本(哲)、川満の連打でしっかりと追加点をあげ、9:7で勝利!
来週も、この勢いで連勝目指します!
負け組コメント


 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:金塚
敗戦投手:藤井
パイレーツ 1 2 0 0 2         5 HR:村山 青
サンダース 8 8 1 12 X         29

HR:

勝ち組コメント  
前節のドリームス戦を制し、勢いに乗りたい今節パイレーツ戦は、少し寂しい11名で挑む。
2試合目の暑さ、初回表イキナリ1発を浴び、不安な立ち上がりも何のその。
その裏から、1番に座った黄オッパが、幸先良く2塁打出塁すると、3番那須も2塁打、4番JHONも2塁打、そして6番金塚も2塁打で、あっという間に初回から打者一巡の猛攻8点。
その勢いは2回も止まらない、長打は無いものの、きっちりと繋ぎ、またまた打者一巡の8点で、一気に試合の流れを持ってくる。
大量得点を貰ったエース金塚は、これ以降完全に抑え、そしてトドメは4回、何とあれよあれよと、1回に12点を挙げる。
何と今季最多の29点を挙げ、快勝。
1本もホームラン無しで大量得点とは、派手さが無いうちのチームらしい・・・。
この試合は、何と言っても韓国コンビ、5打点の黄オッパ、4-4のJhonと大暴れ。
そして仕上げは、何シーズンぶり?かの宮定オッパの登板も難なくこなし。
この勢いで乗っていきましょう!
負け組コメント
第十戦、前日の台風情報で試合中止と思っていたメンバーだったが、晴れ時々曇りの試合日和となりました。
本日は、メンバーギリギリ9人と試合中のケガ、体調不良無しで強豪サンダースさんとの試合に挑みました。
ジャンケンで負けたものの、いつも通り先攻のパイレーツ、1番がセンターフライに倒れるが、2番抜擢新人・村山選手が、2試合目で低めのボールを旨く拾い、技ありの初本塁打をライトに放つ!
その後4番、5番が出塁するが、後続が打ち取られ、1回表1得点。
その裏、先発藤井投手、丁寧な投球を心がけるが、甘いストライクボールをヒットゾーンに連打され、8失点。
2回表、エラーの走者と1番根本の3塁打で2点を返すが、2回裏も相手打線の猛攻を受け、8失点。
3回表、パイレーツの攻撃、無得点。
3回裏から投手交代、高橋投手初登板、地道に練習していた成果で、1失点で切り抜けるナイスピッチ。
夏バテのパイレーツ打線、4回表も無得点。
4回裏の高橋投手、四球、味方のミス、相手連打を浴び12失点と、初登板の洗礼を受ける。
5回表、相手投手交代後、青監督の2ラン本塁打で2点を返すが、既に試合は決し完敗!
新人・村山選手の初本塁打と、高橋選手の初登板、全員フルイニング守備に就き、ケガ無く無事ゲームを終了できたのが、せめてもの収穫です。
とりあえず日程調整して、試合参加できるようお願いします。

第67期 第21節 7月15日

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:丸山
敗戦投手:久下(隼)
ロイヤルズ 6 8               14 HR:
ベアーズ 3 0               3 HR:
勝ち組コメント  
雨天中止が続き、およそ一か月半ぶりのリーグ戦は、ベアーズさんとの一戦。
…なまりきった身体にこたえる蒸し暑さ…
試合前の練習から、半分以上のメンバーの目は、死んだ魚の目の様…
初回、疇地が右前打で出塁すると、四球とBABA、大塚、丸山の適時打等で 6点を先制。
得点不足に悩む今季、稀に見る好スタート。
3点を返された2回の攻撃は、10個の四球と疇地の適時打で8点を追加する。
3回にも四球とRYOさん、ヨデンの連続二塁打等で4点を追加するが、直後に猛反撃を受けるという、今まで何度も見た光景が繰り広げられる。
が、攻撃途中ながら、時間切れ。
2回までで試合成立となり、貴重な勝ち星を手にする。
(前出の2人の安打は記録に残らず、残念!!)
※ベンチではご機嫌、守備では無口の倉庫劇さん。次節もよろしくお願いしますね… 。
負け組コメント
6月は全て雨で延期となり、5月以来の第8戦。
勝率5割を目指したロイヤルズさんとの一戦。
前回同様、久下Jr.は苦しい立ち上がり。それでも、何とか6点に抑える。
ベアーズの攻撃は、三連続四球で満塁、ここで4番米澤が2点タイムリーヒット。
5番は倒れるが、6番OB清水がクリーンヒットを放ち、1点を追加する。
2回表も、同じく苦しい展開となり、8点を献上してしまう。
2回を終わって、11点ビハインド。
3回に進み、2点を返し、続く久下Jr.が満塁ホームランを放つが、生憎ここで時間切れとなってしまい試合終了。
久下Jr.の満塁ホームランは、幻となってしまった。
久しぶりの試合と言う事も有り、久下Jr.は、なかなかボールがコントロール出来なかった。
もう少し時間が掛かるだろう。
皆さん、更に3週連続で試合が続きますので、頑張りましょう!

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:川満
敗戦投手:太田
オオゼキ 5 0 0             5 HR:
カイザース 9 0 4             13 HR:沓掛
勝ち組コメント  
7連勝で迎えたオオゼキさんとの第9戦。
残り5戦、全試合勝利を目指します!
今期のカイザーズは、試合前からモチベーションが違う。
1回表、押し出し他で5点を失ったものの、一回裏の攻撃では、1番中野選手から5番大澤選手まで、連続四死球で走者をため、6番屋嘉部選手がきっちりタイムリー。
その後、8番川満選手のタイムリーや押し出しで、大量9点を取ることに成功!
2回、3回の相手チームの攻撃は、川満投手の好投で得点を許さなかった。
追加点が欲しい3回裏の攻撃では、大陸組の屋嘉部選手、松本(哲)選手が連続ヒットで出塁、その後、ラッキーなポテンヒット、インターフェアも絡んで1アウトランナー1、2塁から、11番沓掛選手の見事なライトへの3ランホームランで、この回4点を追加。
結果13−5で、3連戦の1戦目を勝利で飾りました。
この試合、沓掛選手は5打点! お見事です!!
残り4戦、この調子で気が緩むことなく、全勝目指して頑張りましょう!!
負け組コメント
雨で流れて流れて流れて流れて、何と2か月ぶりの公式戦は、試合巧者のカイザースさん。
2か月の間に、何と新人が7名も参加という大型補強に成功。
本日も17名参加となる中、7名の新人が全員揃ってデビュー!
さて、久しぶりの試合、後攻を取りたかったが、じゃんけんに負けて先攻。
カイザース先発は大澤投手ということで、待球作戦の指示の中、マグ山田・暴言王古田・河村監督が予定通り、四球・死球・四球で、あっという間に無死満塁。
さて、押し出しか?とおもったら、4番シェフ森木がキャッチャーフライ、5番ハナヂィ中内がセカンドライナー(これはファインプレー)と、あっという間にツーアウト。
待球って言ったじゃなーい、ダメよ〜、ボール先行カウントで打っちゃ…。
さておき、続く打撃ドン底のキャプドラ太田は、打つぞ〜というオーラを見せつつ、押し出し四球。
続くキャップ小栗・太い彗星松木・リンリン田中が、連続押し出しで更に3点追加。
ここで、ピッチャーにぃにぃに交代するも、マニア庭野のショートゴロがエラーを誘い、更に1点追加ということで、幸先良く5点先制。
1回裏、先発は魔球ミヅノなキャプドラ。
とりあえず、ストライクゾーンに投げるだけの魔球ミヅノがストライク取れず、何と5連続四死球、ヒット、四球、ヒットと、過去になかったド乱調。
何とか1アウトは取ったものの、もう一人四球を出したところで、あえなく交代。
ふがいない投球で申し訳ないっす・・・。
久しぶりの公式戦登板となるシュフ森木だが、土曜会で毎週鍛えている効果があったか、立ち上がりこそ制球を乱したが、三振を取ってから落ち着いたピッチング。
とは言え、打者一巡で9失点は痛い。
続く2回、新人さんいらっしゃいということで、初打席ラッシュ。
新人・根間、新人・横藤田はアウトになるが、新人・寺脇がセンター前ヒット、新人・鳥羽がレフト前ヒットで出塁するが、新人・森田はセカンドフライ。
ヒットもアウトも、それぞれが丁寧に打つ素晴らしいデビューで、今後に期待です。
2回裏、ヒット1本を許すも、セカンド古田、ショート寺脇の好守で無失点。
シェフ森木、いいじゃないですか!
3回表、何とか1点を返したいところだが、新人・大美賀、新人・山田、新人・古田が三者凡退。
3回裏、ヒット2本とレフトキャプドラエラー等で、1死2・3塁。
ここで、シェフ森木の暴投で突っ込んで来た3塁走者に対して、キャッチャー新人・根間が、素早い処理でアウトに。
素晴らしいプレーですなぁ、これでキャプも安心してキャッチャー引退ということで・・・。
さておき、2死3塁とするが、ここからヒット、打撃妨害(新人・根間、負傷…)のち、3ランホームランを浴びてしまい、あっという間に4失点。
ホームランで動揺したか、連続四球を出すが、最後はセカンドゴロということで、無難なピッチングとなったシェフ森木。今後に期待。
さーて、4回表の攻撃・・・と思ったら時間切れ。3回しか出来ないとは…。
反省すべき点もありましたが、何はともあれ新人7名の素晴らしいデビューで、今後のオオゼキに期待です。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:
敗戦投手:
エンジェルス                     HR:
アタッカーズ                     HR:

雨天順延

(C) Copyright is reserved by HONG KONG SA Men's AA LEAGUE