AAリーグ第68期 スコアボード

第20節 5月26日

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:
敗戦投手:

コンポードー                     HR:
オオゼキ                     HR:

雨天順延


 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:
敗戦投手:
サンエイ                     HR:
サクラ                     HR:

雨天順延


 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:
敗戦投手:
アタッカーズ                    

HR:

ロイヤルズ                     HR:

雨天順延


 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:
敗戦投手:
ベアーズ                     HR:
イーグルス                    

HR:

雨天順延

第18節 5月12日

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:
敗戦投手:

ドリームス                     HR:
サクラ                     HR:

雨天順延


 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:
敗戦投手:
アタッカーズ                     HR:
イーグルス                     HR:

雨天順延


 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:
敗戦投手:
コンポードー                    

HR:

サンエイ                     HR:

雨天順延


 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:
敗戦投手:
パイレーツ                     HR:
ロイヤルズ                    

HR:

雨天順延

第17節 5月5日

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:戸崎
敗戦投手:清水

ベアーズ 1 2 4 0 0         7 HR:米澤
サンエイ 3 0 6 0 X         9 HR:
勝ち組コメント  
試合の流れはベアーズさんペース、3回裏に四死球に助けられ、6点をとり逆転。
なんとか逃げ切り、7勝目勝利。
残り4試合、欲張らず、一戦一戦、大事に戦いましょう。
負け組コメント
68期第8戦、本日も初参加の新人を加えて、今期ピッチャーが補強されたサンエイさんとの一戦。
初回の攻撃、2番清水がレフト前ヒットで出塁後、2盗、その後ホームスチールも成功し、一人で先制点を稼ぐ。
1回裏の守り、今回もエース不在で、清水が久し振りの登板。
立上り四球、連続ヒットで相手4番強打者を無死満塁で迎える。
ヒットは打たれたものの、2失点で抑え、この回は更に1失点したが、3失点は久し振りの登板にしては合格点。
2回表の攻撃は、先頭島の2塁打、続く岩間が死球で出塁後、8番川村のレフト前クリーンヒットで先ず1点。
その後、2者が倒れて2死2、3塁から、Philがライトへ上手く流し同点に追い付く。
3回表の攻撃は、1死後伊藤死球、清水連続死球、浅野四球で満塁なったところで、不動の4番米澤も上手くライトへ流し込み、満塁ホームラン。
このまま逃げ切りたいところだったが、ピッチャー清水が死球を受けた影響か、急にコントロールを乱し、上手くヒットも絡められ6点を失い、再逆転を許してしまう。
4回、5回に何とか点が欲しかったが、尻上がりに調子を上げた相手エースに、2回とも3者凡退に打ち取られゲームセット。
惜しい試合を落としてしまったが、ゲーム内容は良かった。
1週空いてゲームが続きますので、再度気合を入れて頑張りましょう。
先ずは、11日の歓送迎会は盛り上がりましょう!

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:牟田
敗戦投手:
オオゼキ 3 2 0 3           8 HR:
アタッカーズ 5 2 0 2           9 HR:
勝ち組コメント  
18年間、アタッカーズの中心選手として活躍した畠山の壮行試合であり、広州から休眠メンバーの水野も駆け付け、チームメンバーも一段と気合が入る。
初回表、先発Gムタは、慎重にコントロール中心の投球だが、四死球で無死満塁。
押し出しとヒットで失点を重ねるも、この回3失点で踏ん張る。
初回裏、畠山、天野、土井、浅野の連続四球で一点を返し、小澤のエンタイトルツーベースで、一気に同点に追いつく。
さらに四球押し出しで、この回5点をあげ逆転する。
二回表、四球ヒットに足をからめた攻撃で、同点に追い付かれる。
二回裏、あっさり二死をとられたあと、玉腰四球、畠山ヒット、天野四球で満塁と攻め立て、相手の暴投で玉腰がホームに帰り勝ち越し。
さらに、土井がライト前に運び、この回2得点。
三回表、制球の安定してきたムタが2四球を出すも、後続を断ち零封。
その裏のアタッカーズも、藤戸がセンター前に打ち返し、ムタが四球で出るも後続を断たれる。
四回表、相手打線にムタがつかまり、3失点で逆転される。
さらに、1死2・3塁のピンチに、センターへのライナーを天野が好捕。
飛び出した二塁ランナーが、ベースに戻れず、ダブルプレーでチェンジ。
思わぬファインプレーに危機脱出。
四回裏、時間的に最後の攻撃。
この回に逆転すればサヨナラと、気合の入るアタッカーズ。
先頭の栗林が粘って四球。
次打者のT山本は、フルカウントまで粘り、ストライクを取りにきた甘い球をレフト前に運ぶ。
そして玉腰、内野のエラーで出塁して無死満塁。
ここで登場したのは、ミスターアタッカーズ・畠山。
一打サヨナラのチャンス。(正式にはまだ時間は残っていたが・・・・)
ここで打てば千両役者というところだが、フルカウントまで粘った末、四球。
この日、1安打2四球の出塁率10割と、出塁王・畠山らしい試合といえるかもしれない。
というわけで同点。
ここで時間がきて、3塁ベースのT山本がホームインすればサヨナラに。
この美味しい場面は、新人には荷が重かったか、天野は凡退。
ここで登場したのは、畠山に次ぐ『大御所』土井。
ライトへの流し打ちで、ライト前。
離塁して打球がライト前に落ちるのを見ていたT山本、バウンドした打球をとったライトが、素早くバックホーム態勢に入るのを横目で見ながら、全速力でホームへ突入。
キャッチャーのブロックの隙間に左足を突っ込み、サヨナラのホームイン。
相手投手の制球難もあったが、今日は我慢して四球を選んで出塁。
ボールを選んで、タイムリーヒットでランナーを返すという、粘りの攻撃ができた。
守備も好守がみられ、体力的に不安視されたムタも、初勝利を完投であげた。
負け組コメント
五月とは思えない冷んやりした空気の中、連勝を賭けてアタッカーズさんとの一戦。
初回は大明神、BIM連続四死球から、河村監督左前ヒット。
エース森木は凡退するも、根間、バブリー連続四球で二点。
りんりん、タイムリーも出て、三点先制。
しかし、裏はフォアボール、ライト前二点タイムリーポテンヒットなどで五点を献上。まだ行ける!
二回表は石田四球、庭野左前ヒットでチャンスを作り、森ジャンボ遊ゴロで一点。
イチロー四球、大明神左飛のあと、BIMサードゴロが敵失を誘い同点。
二回裏は四球、左前ヒットなどで二失点。
三回表は河村、森田の四球はあったものの、ゼロ。
しかし、裏は無死ニ、三塁のピンチをエース森木が三振、セカンドライナー(イチローダイビングキャッチ!!)、ファーストゴロでゼロに凌ぐ!
盛り上がって四回。風邪ひきりんりんの、力の抜けた巧打で無死一塁。
ここで、ヨコフジがあわや、の左翼フェンス直撃の二塁打!
石田の捕ゴロが相手エラーを誘い一点。
庭野三振がパスボールとなり同点。
ここからジャンボ、イチロー、大明神が三連続四死球で逆転!
なお満塁で、二番BIMの右中間のあたりは、センターランニングキャッチに阻まれ二死。
ところが、イチローがセカンドを飛び出しており、スリーアウトに…。
最終回、四回裏は無死満塁から押し出し同点。
捕邪飛でワンアウトを取るも、最後はサヨナラヒットで9対8。
うーん、悔しい悔しい負けでした。 残念!
決起集会で結束して、次戦は勝とう!

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:金塚
敗戦投手:遊佐
サンダース 2 2 1 1 4         10

HR:斉藤

エンジェルス 0 0 0 0 1         1 HR:中込
勝ち組コメント  
5月5日、子供の日。
天候は曇り、5月の香港にしては、例年に無く肌寒い日が続いている。
今期も、とうとうここまでやってきた。
あとは残り3試合、全て上位チームとの試合を残すのみ。
じゃじゃじゃ、どなたのお友達?謎の美女応援団も来ている、口にはしないが、誰もが良いとこを見せたいと思っているはず・・・。
その第11節は速球派、遊佐投手率いるエンジェルスさんとの一戦。
水野監督、あっさりジャンケンに負け、先攻で試合開始。
ここまで後攻めが多かった今期、先攻は一抹の不安があったが、先頭、黄が7前ヒットで出塁。
相手守備の乱れも有り、3塁まで進塁すると、続く那須も7前ヒットで先制得点!
その後、満塁まで攻め上げるも、もう一本が出ず2得点止まり。
その裏の相手攻撃、先頭打者をバントヒットで出塁を許すと、連続四球もあり満塁とする。
しかし、続く打者を投ゴロで抑え、何とか無失点で切り抜ける。
この試合は、なぜかリズムが悪い。
2回、3回も先頭をエラーで出塁を許し、金塚、毎回ランナーを背負った我慢の投球が続く。
4回には、あわやスリーランの大飛球も中堅飛でしのぎ、最終回、今期6度目の完封を目指す。
しかし、甘く入ったところを、エンジェルス中込選手に痛打され、今期初本塁打を被弾してしまう。
その後も、後続に連打を許すものの、追加点は許さず、結果、10対1で勝利した。
美女応援団の皆さん、ご声援ありがとうございました。
折角、来ていただいたのに、誰も絡まなくてすみません、サンダースは内向的なんです・・・。
でも、また懲りずに応援に来てくださいね!
負け組コメント

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:島上
敗戦投手:大澤
ツナーズ 4 3 6 1 2         16 HR:島上
カイザース 0 1 0 0 3         4

HR:

勝ち組コメント  
『主軸が大暴れの毎回得点』
いつも円陣で、”ハズレ”掛け声を連発するEさん欠場、テンションが高いだけで役立たないTさんが見学で、ある意味、”良い環境”で挑むカイザースさんとの今期第10戦。
初回の攻撃は、久々の1番起用で静かに燃えるJoeから。
ショートへの当たりを快足で内野安打とし、2番:元祖快足男、藤井へ。
初球にJoeが2盗を決め、1,2番で先制点の期待が高まるも、ここは我慢の四球出塁。
ここもと良い打球を飛ばし、”株”が買値に戻りそうな3番:監督は、見事な3塁ゴロでJoeがフォースアウト。
気落ちした監督、4番:”小川義不在の時はお任せあれ”松倉の打席中、パスボールがあったにもかかわらず進塁を怠り、株価下落基調が加速。
あわてて2盗を成功させるも、厳しいベンチの眼にさらされる。
松倉が四球を選んで満塁。
監督の2盗は意味あったのか?という疑問は置いといて、5番:投打の活躍を期待し、というよりお願いされた島上へ。
2-2からの5球目をジャストミート!ライナーで壁にぶち当たる先制満塁HRと、これ以上ない一振りで期待に応える。
気分を良くしての初回、島上のマウンド。
いつもより(気持ち)躍動感ある投球フォームで、苦手セッキンメイマウンドとカイザースさん打線に挑む。
結果は、被安打1与四球1奪三振1と、毎度おなじみ”苦しみながらもゼロ封”という立ち上がり。
2回の攻撃は、打率低迷に悩む9番:助監督から。
詰まったかに見えたが、きっちりセンター前に運びチャンスメイク。
10番:河野、11番:土佐屋が悔しくも凡退となるが、1番:Joeがライト前に安打し、守備が乱れる間に助監督が一気にホームイン。
2番:藤井が、またしても四球で出塁し、3番:監督の打席。
これまた3塁への当たりも、今度は強襲ヒットで満塁。
ここで4番:松倉は、あわてず好球必打でセンターへ2点タイムリーヒット。
2回裏の守りは、いつになく制球に苦しむ島上が、与四球2にヒットを絡められて1失点。
しかし、最少失点で流れは引き続きツナーズ。
と思いたいところ、3回の先頭、打撃好調で7番まで打順が上がった森下は、ファールで粘るが最後は見逃し三振で、ダウンを喰らってコーナーに引き上げるボクサーのごとく、ガックリとベンチに引き揚げてくる。
8番:基本的には外部環境に左右されないマイペース型、下山もここは引きずったか、ライトフライに倒れ2死。
ここで見事な打順組み!
9番:助監督がライトへ2塁打し、ベンチに勢いを引き寄せる。
それに応え、河野が内野安打、土佐屋が四球で毎回の満塁設定。
1番:Joeのライトへ走者一掃の2塁打に続き、藤井の内野安打で1、3塁。
藤井が2盗を決めて、3番:監督への御膳立て完了。
さすがにここは、センターへ快打し、2者生還。
続く松倉も同じくセンターへ2塁打し、この回6点目をあげる2死から怒涛の攻め。
こうなると島上の投球も冴えわたり、3回裏をぴしゃりゼロ封。
4回の攻撃も、2死から下山の右中間2塁打に、助監督がレフト前タイムリーで続き、毎回得点継続。
5回の攻撃も、先頭:土佐屋のセンター前ヒットから、なぜか2死まで追い込まれて、3番:監督の、これでもか!の3塁への当たりが内野安打となり、4番:松倉が四球で4度目の満塁。
5番:島上は、綺麗にセンター返しで2者生還、6打点の荒稼ぎと”打の日”を飾る。
最終回のマウンドには、好調だった打撃が影を潜め、この試合、なんだか蚊帳の外状態の森下があがる。
10失点まで大丈夫!と、安心させようとのベンチの声が届いたか否か、3安打1四球で3失点と不安的中の投球も、最後はトントンとアウトを重ね、何か抑えたような雰囲気でゲームセット。
攻撃が目立ったこの試合、唯一出塁しなかった森下が、心憎いまでの不安定な投球で存在感をアピールして、試合を締めくくるあたり、チームの好循環が続いている。
この勢いを維持し、今期残り3試合を全勝し、トーナメント戦、来期に向け弾みをつけましょう!
そう言えば、4番:松倉が全打席出塁3打点でしたが、この試合のMVPは、島上がゲット。
満塁弾+6打点の活躍で文句なしですが、松倉の会社の先輩上司の分も加味されて受賞を逃したか?
まぁ、男気のある先輩上司は、その分、たらふく飲ませてくれるはず!
多少の愚痴、小言、説教は我慢か?割りあわないか?
試合では無礼講、大いに結構!ここぞとばかり下剋上だ!
負け組コメント
完敗に乾杯!
5勝3敗1分。残り試合全勝を目指して挑んだ、ツナーズさんとの第10戦。
寺内監督のNEWメガネで、相手チームを翻弄させるも、初回の満塁本塁打から毎回得点を許してしまい、終わってみれば4−16の大敗。。。
打線も最終回のみ連打が出たものの、4点しか取れませんでした。
残り3試合こそ、全勝出来るように頑張りましょう!

第16節 4月21日

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:金塚
敗戦投手:森實 福井 山根

サクラ 0 0 0 0 0 0       0 HR:
サンダース 2 0 0 4 0 3       9 HR:全、依田
勝ち組コメント  
月21日、曇り、今にも泣き出しそうな空模様。
68期第10節は、好投手率いる櫻さんとの一戦。
この試合から参加の深川、橋本を含む14名で櫻さんに挑む。
サンダースは、ここまで無傷の9連勝中、ここまで来たら一試合も落としたくない。
今季、好調エース金塚とバッテリーを組む太田の欠席により、2年ぶりに先発マスクは、エージがかぶる。
その立ち上がりの初回、早くも不安が的中。
先頭打者に安打を許すと、続く打者は三振で打ち取るが、三番打者にクリーンヒットを打たれる。
しかし、ホームを狙った走者のオーバーランにより、三塁‐本塁間で挟殺とし、ピンチを切り抜ける。
終わってみれば、初回が最大のピンチ、その後は2回、3回、4回と毎回三振を含む安定した好投を見せる。
これで完封ゲームは5試合目、四死球の少なさが好調の要因でしょう。
攻撃は、4番John 3打点、5番依田 4打点(グランドスラム)、6番金塚 2打点と、上位で全得点を稼ぎ出す。
下位に当たりがないときは上位が活躍、上位に当たりがないときは下位で得点、今期は打線が上手く回転している。
いよいよ終盤に向けて残りは三試合、いずれも上位強豪チームとの対戦を残すのみ。
思い起こすと、今季好調の理由は、緒戦に妖艶美女の応援があったからの様な気がする・・・。
あの美女は、ただの通りすがりだったのか、妄想だったのか・・・。
今度は何時応援に来るの?今でしょう!!
負け組コメント
今回の対戦相手は、強豪サンダースさん。
胸を借りるつもりで、チーム一丸となって臨みましたが、完封負け。。。
悔しいけど、強かったです。
もっと練習しないといけないです。
チャンスはいくつか作るものの、肝心なところで一本が打てず。
まだまだ強豪さんとの試合が続きますが、なんとか喰らいついて、良い試合を しましょう!

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:川満
敗戦投手:宮内
ロイヤルズ 5 0 0 0           5 HR:
カイザース 1 0 1 10           12 HR:小野寺
勝ち組コメント  
4勝3敗1分で迎えた、第9戦目のロイヤルズ戦。
負けられない試合が続く中、チーム一同、気合い十分で試合開始。
しかし、初回ロイヤルズの猛攻に合い5失点。
チームに嫌なムードが流れる中、その雰囲気のまま攻撃に入ったせいか、いつものカイザース打線とは違い、相手投手に抑えられ、初回1点のみとなった。
その後、3回に小野寺選手のソロホームランがでるも、この1点のみ。
この時点で5対2と、更に悪い雰囲気が流れる…。
しかし、迎えた4回。
新加入した屋良選手のヒットからチーム打線が繋がり、なんと一挙10得点。
12対5となり、試合を決めた。
勝利の背景にあるもの。それは、初回の5失点以降、相手打線をOに抑えた事が大きな勝因である。
内外野の守備陣の安定。特にセンターを守る 佐々木選手の存在は大きい。
残り試合も攻守で相手を圧倒できる様、チーム一丸となって、勝ち星を増やしていきたい。
負け組コメント
月末に香港を離れる大塚の最終戦、チームKの後輩達は、勝利で先輩を送れるか…?
疇地の左越三塁打で勢いをつけると、丸山四球、KAZ三前打で無死満塁。
白杉監督が我慢の押し出し四球で先制、こーたくんは左翼線へ走者一掃の二塁打。
能見、四球で好機は続くが、ふたつの内野ゴロの間に1得点と、やや尻すぼみで初回終了。
2回、先頭城倉は、持ち味の振らない打撃を徹底し四球、ヨデン(K)渾身の三前打で無死一、二塁とするが、熊田(K)が併殺打、、、あまりの惨状にメンバーは声が出ない…
ヤブは、あえて振り回す打撃を実践、前には飛ばず結果四球も、この回は無得点。
3回、先頭の打席には、大塚の秘蔵っ子とも言える宇治川(K)。
合わないタイミングもなんのその、強引に中前へはじき返し、ベンチから喝采を浴びる。
失策と疇地の四球で、今節2度目の無死満塁に、丸山はいつもの中直。
犠飛には微妙と思いきや、三走宇治川(K)は余裕の刺殺。
5分前の喝采は怨嗟の声に変わり、そしてまたも無得点で好機を活かせない。
先発KAZは、ランナーを出すものの要所を締め、また守備陣もこれに応え、ここまで2失点。
特にヨデン、能見、こーたくんら外野陣が、随所に好プレーをみせ、士気をあげる。
一死からこーたくんが安打出塁、能見の鋭い打球は、投手の好捕に阻まれ二死。
大塚、最後の打席は、感極まり遊ゴロ…、4回攻撃終了時では、まだ3点のリード。
しかし、裏のカイザースさんの、下位打線から上位打線につなぐ分厚い攻撃に10失点。
3個目のアウトを取る頃には、試合時間も過ぎ、そのまま試合終了。
大量失点の影には、糾弾されてしかるべき、左翼手のプレーがありました。
大塚先輩、やり残した事とは?
「チームK後輩への指導と教育ですね。」
お疲れ様でした、いつかまた南の島で… 。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:土田
敗戦投手:鈴木
パイレーツ 0 4 0 0 1         5

HR:

イーグルス 3 5 0 2 7         17 HR:丸山(裕)
勝ち組コメント  
この日は、エース土田さんの最終戦。
前日、鍋を囲んでの決起集会で、士気を高めて挑んだ1戦!!
何といっても、ホッとしたぁ〜
ようやく、イーグルス今期1勝!
そして、白星を手土産に、土田さんを送り出す事が出来て良かった!
初回、丸山(裕)の先頭打者HRを皮切りに、3点を先制!
2回 エース土田は相手打線につかまり、4失点で逆転を許す。
この日はいつもと違うイーグルス打線。
この回先頭のモツ鍋 西山の3ベースを足がかりに、5点と大きく突き放す事に成功すると、この後エース土田は、味方の守備にも助けられ、3,4,5回を1失点。
4回に2点追加し、最終回には相手の制球が乱れたところに漬け込み7得点。
今期1勝目!
残り試合、勝ち星を増やしていきましょう。
土田さん 長年イーグルスのマウンドを守って頂き、ありがとうございました!
負け組コメント
68期第十戦!
試合前、内野の水溜り取りから始まり、良い話は久才選手のサプライズ参加、悪い話は佐久間選手のドタキャンと、朝からドタバタしましたが、無事試合開始となりました。
今日はパイレーツ先攻でスタートだったが、不振の打線を物語る様に、死球で走者を出すも、ピッチャーライナーでアッサリ3アウト、打者3人で攻撃終了。
その裏、鈴木の立ち上がり、先頭打者に本塁打を浴び、長短打も含め3失点と、本日も追いかける展開。
2回表、久才選手のライト前安打と小泉選手の本塁打で2点返し、なおも走者を置いて、10番近藤選手のやっと出た今期初安打は嬉しい2点タイムリー、この回4得点で逆転!
だが、その裏も相手打線に捕まり、5失点と流れを掴めない。
3回、両チーム無得点、4回、得点のチャンスが有ったが、物にできず無得点。
反撃できないまま、試合はズルズルと最終回の守りで1時間15分経過、その時点で負けが決まり、万事休す。
5対17で敗戦となりました。
後半失速中のパイレーツ、このままでは終われない。
そろそろ、是非打線を見直して、勝機呼び込みましょう!
また、久才選手の様に日本メンバーも、たまに香港に来られた際は、是非参加お待ちしています。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:中村
敗戦投手:
コンポードー 0 0 0 0           0 HR:
ドリームス 2 3 12 X           17

HR:岡本

勝ち組コメント  
68期も後半戦、香港特有のじめじめした気候の中、16名でコンポードーさんの一戦に臨みました。
相変わらずの勝率で勝ち、後攻を選ぶ夢軍団。
先発キャメルの立上りは、先頭にPushバントを決められ、いきなり先頭を許す。
更に次打者もバント、軽くさばき送りバントを決められると思いきや、1塁セーフのコールに一同唖然。
一転、いきなりピンチを迎える。
しかし、後続を何とかしのぎ、無失点で何とか耐えるピッチング。
1回表、先頭ABKは7へ高く打上げるも、レフトがまさかの落球で出塁。
WPで2塁へ進塁も、続くOSMはPゴロでランナー動けず。
3番キャプテンSHUHOは、お手本のセンター返しで1,3塁。
4番ナベシャブ、こちらはなんと8打数連続安打と、記録をさらに伸ばす8前へのタイムリー。
続くおそうさいは、8フライで流れが切れかけたが、しっかり助監汗助タイムリーで2点目。
打撃不振Ferryは、力の無い6フライで攻撃終了。
2回のキャメル、8オーバーの3塁打を許し、この回もピンチを迎える。
ただし、連打は許さない本日の投球。この回も無失点。
2回裏、先頭キャメルが内安打で出塁後、菅マネ〜が惜しい犠打でチャンスメイク。
続くウッチーが見事に応え、綺麗な流し打ちで1点追加。
続くゆ〜き副キャプ、7オーバーの2塁打で更に1点。
三盗後、沖三郎四球で1,3塁。忍者丸はPゴロで1,3塁変わらず。
ここで好調伊藤園は、6への内安打で3点目を追加。
ラストバッター王純生、捕えたあたりは、もうひと伸び足らず、8ライナーでこの回終了。
3回表、4のエラーに、6の珍しいエラーにも、今日は耐えることが出来ました。
3回も無失点で、その裏の攻撃へ。
3回裏、アキレス佐藤は、DBで1塁へ出塁。
ABK四球に、OSMヒットで満塁。
続くSHUHOは、9前へきっちりタイムリー(5打数連続安打中)。
止まらないナベシャブ、9打数連続安打となる8前2点タイムリー、3番4番のタイムリーに燃える5番おそうさい。
捕らえた打球は、7へのスリーラン。
そして、止まらない夢軍団の猛攻、9安打に3四死球、エラーも絡めて打者一巡で12点を奪う。
なので、ラストバッターは純生。
4回表、最終回のコールを受ける。
迎える1番に、またもやバントを許し、1塁への暴投も加わりノーアウト2塁のピンチ。
ツーアウト満塁、カウントノースリーから一悶着あるも、心を入れ替え、何とか三振でゲームセット。
今季3完封目を達成。
守備で、ばたばたと珍しい展開とはなりましたが、打撃は好調!
投手も踏ん張るという、非常に良い展開でした。
残り4試合、各自意識を高く持ち、無敗優勝!
負けない夢軍団を再構築しましょう!!!
負け組コメント

第15節 4月14日

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:戸崎
敗戦投手:

サンエイ 7 2 0 5           14 HR:戸崎
アタッカーズ 1 0 1 0           2 HR:
勝ち組コメント  
早くも今期8試合目、ここまで2敗と前期までとはうって変わって好成績に、チーム内のムードは好調。
初回から4番のホームランなどでリードすると、そのまま押し切り勝利。
さあ、後半戦です。 まだまだこれからです。頑張りましょう。
負け組コメント

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:
敗戦投手:鈴木
オオゼキ 5 0 11             16 HR:
パイレーツ 2 0 0             2 HR:
勝ち組コメント  
今日は、シーズン初勝利をかけて、パイレーツさんとの一戦。
初回から大明神四球、古田はエラーで出塁、中内、森木連続四球で、まず先制。
ここで、5番根間がセンターオーバーの満塁弾?
この後、寺脇、バブリーが四球を選ぶも、この回は5点どまり。
その裏、エース森木は四球、二塁打で一点を失い、その後一死一、三塁から、三ゴロをサード大木がファンブルするも、寺脇の好カバーもあり、三本間挟殺。
結局、この回は二失点で凌ぐ。
二回表は、下位打線が三者凡退になり、二回裏も先頭打者が四球、二暴投で無死三塁。
このピンチを投ゴロ(ファインプレー!)、空振り三振、見逃し三振と、森木が一人で刈り取る!
これが大きかった。
三回表は、森ジャンボヒットの後、大木、古田、中内、森木といった強打者が丁寧に四球を選び、満塁で根間があわや二打席連続満塁弾の二点適時打!
寺脇安打、高見四球を絡め、バブリー中越え二点適時打、横藤田四球、BIM、イチロー連続タイムリー、マニア庭野左中間二点適時二塁打と、下位打線が面白いように繋がり、11点!
三回裏は、二四球を出しつつ、またも森木はゼロに抑える(実は試合はここまで)。
四回表は森木にスリーラン、高見に二点タイムリー二塁打が出て5点。
裏は5四球もあり、時間切れ…。
とにかく、三回までの16対2で、シーズン初勝利とめでたくなりました!
次の試合からは、みんなサインをちゃんと見るように気をつけつつ、連勝街道と行きましょう!
坊主にならなくてよかった…。
最後にキャプテン、バースデー勝利おめでとう!
負け組コメント
68期第九戦!4月に入っての初戦はオオゼキさん。
前日に中期決起集会を行い、気合の17名の参加、是非勝利して勢いをつけたいところ。
最近ジャンケンで勝利できない青監督、さっそく負けてパイレーツ後攻と、いつもと違う流れでスタート。
1回表、鈴木の立ち上がり、制球に苦しみ四球とエラーで満塁、押し出しで1点献上、更に満塁打を浴び痛い5失点。
1回裏、四球の走者を3番小泉の2塁打で1点を返し、尚も1,2塁に走者を置いて、5番Hawardが相手内野エラーで出塁、その間に2塁走者のミスと1塁ランナーの好走塁もあり、この回2点を返す。
2回表、鈴木が無失点でおさえ、裏の攻撃、1アウトで3塁にランナーを進めるが、2者が三振に倒れ無得点と流れを掴めず。
3回表に再び相手打線に捕まり、11失点…。
4回裏で時間切れとなり、結果16対2で惨敗、終わってみれば僅か1安打と、走塁面を含めて反省の多い試合でした。
メンバーも揃ってきたので、新人の勢いを借りて、来週こそ勝ちましょう!

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:島上
敗戦投手:
ツナーズ 5 0 3 3           11

HR:小川義

エンジェルス 0 0 0 3           3 HR:
勝ち組コメント  
『初回の攻防でゲームの主導権握る』
前節の新人むちゃぶりクリーンナップの余韻冷めやらぬ中、何と、監督早くも打順をいじる某在阪球団のような暴挙に。
しかし、こちらはファンやマスコミのプレッシャーからによるものではなく、一人でニヤニヤしながら思いにふける、ある種、監督の趣味に近い打順改造。
本日の相手は、先日までチームメイト、我らがOB(?)遊佐投手のいるエンジェルスさん。
旧メンバーは、何としても良いところを見せておきたいとちょっぴり色気を出して、いざ試合開始。
先攻となっての初回。
1番:新切り込み隊長、松倉。
これぞ1番の仕事と、きっちりレフト前ヒットで出塁。
本日は2番に自らを配した監督。ここもと好調で、センターオーバーの3塁打をかっとばし先制。
クリーンナップの時に打てよ!というベンチの小言は置いておいて、先取点で勢い付く。
続く3番:小川義は、3球目を一閃。ライトフェンスを越えてから、伸びるような弾道の2ランHR!
この打球には、ベンチも喜ぶ前に驚くの先で、ダイヤモンドを一周して戻ってきた小川義をみて我に返り、急いでハイタッチ。
4番:高橋は、悔しくもショートゴロに倒れるが、5番:JOE、6番:富山の死四球で塁を賑わし、7番:島上へ。
右中間を割る2塁打で2者生還、自らのピッチングを楽にする加点で、初回5点として裏の守りへ。
先頭打者を打ち取ったものの、2番にセンター前に運ばれ、強力クリーンナップと相対する恒例セッキンメイ初回マウンド劇場に出演となる島上。
相手として迎える4番:遊佐には、レフト前ヒットをあびるも、毎度の得点を与えない粘りの投球でゼロ封。
試合の振動を抑える投球で、主導権を握ったまま2回以降へ。
2回、両軍ともにゼロを並べ3回。
先頭:松倉の四球出塁から、2番:監督がレフトへ2塁打、3番:小川義がライト線に引っ張り込んで3塁打、2者生還。
その後、相手の守備の乱れを誘って、1点加えて8点差とする。
2回裏に2奪三振と調子の上がってきた島上は、追加点後の3回裏は、”分かってます”と2奪三振で締めて、流れを完全なものにする。
4回表は、10番:助監督が右中間に2塁打を放ち、11番:直田の1塁横を抜ける当たりで、助監督ホームインの速攻。
12番:藤井は、サード前に絶妙なバントヒットを決め、1番に戻り松倉へ。
コンパクトに振り抜いたあたりは、打球が早すぎてどこに飛んだかわからなかったが、直田、藤井があわてて進塁するのを見て、ベンチはヒットだと分かり一安心(?レフト前)。
2番:監督、3塁打、2塁打とくれば、ここは最低でもヒットかと思わせといて、しょぼいショートフライ。
主審から無情なインフィールドフライのコールと、ベンチから罵声が響く。
2死満塁のチャンスに、参戦2戦目にして最強打者の異名が轟く、小川義が打席に。
グランドが静まり返る中、ファールを繰り返す姿から、ライトスタンドへの2本目を想起させたが、フルカウントから一転、三遊間をはかったように割る巧打で、2者を迎え入れる。
これで、前節から6打数6安打7打点で2試合通じてのサイクル達成と、記録もさることながら、その打球の質から異彩を放つ小川義。
”味方で良かった”と、心底思います!
11点差として最終回の守りは、そう簡単には勝たせてくれないエンジェルスさんの粘りある攻撃で3失点。
しかし、丁寧に投げ込む島上の投球に、守備陣は安心してアウトを重ね、無事試合終了。
投打のかみ合ったナイスゲーム。
このまま、今期の残り試合も勝利を重ねたいところだが、好調を維持するために、各自の自主トレは必須です。
しかし、美女始球式って良いなぁ。
○倉涼○級は無理でも、誰かいないかなぁ。
俺、その時だけキャッチャーする!監督、後攻選んで!と不純なイメトレをやっているあなた!
次戦からは、守備機会どころか、ベンチ入りすらできません。
まずは、飲み会に始球式出来そうな美女、連れて来たら?
あっ、ところで宴会担当の○下さん!いつですか夜宴は?
負け組コメント
『投手力の差』
負け試合のコメントを書くことが、こんなにツマラナイとは・・・。
スコアブックも見たくないし、思い出したくもない。
初回の立ち上がり、1アウトしかとれずに5点を献上。
前週の櫻戦同様、初回に失点をしてしまうという悪いパターンで、劣勢を強いられる。
その裏、トップの吉田が、いいタイミングでセフティバントを試みるも、間一髪のアウト。
その後、小野・遊佐とヒットで出塁するが、あと1本が出ず無得点。
相手の攻撃を0に抑えた後の2回裏、2三振を含む策なしの3者凡退。
追加点を許したあとの3回裏。
ここでも2回同様、策なしの2三振を含む3者凡退・・・。
相手投手を褒めるしかないのかとも思うが、あまりにも悔しいので褒めたくないし・・・。
3回、4回と効率よく相手チームは追加点を重ねていく。
ここも、相手打線を褒めたほうがいいのか。褒めたいけど悔しい・・・。
最終回となる4回裏。
先頭のライト級新井が、センターオーバーの2塁打で出塁。
野球経験のないボクサーが、初めて放った素晴らしい当たり。 ナイスバッティング!
続くトップバッター吉田、2番小野に期待がかかるも、相手投手に抑えられ2アウト。
宮澤が四球を選び、パスボールで2、3塁にしたあと、遊佐がレフト線に2塁打を放ち、ようやく完封阻止。
結局、逆転するまでの反撃も出来ずに、完敗。
完敗とは絶対に言いたくないけど、スコア上では完敗・・・。悔しい。
「負けた試合は早く忘れて、次の試合を頑張ろう。」とは思うが、負けた試合から学ぶことも大切なので。
これだけの好投手相手に、策なしというのは反省材料。
2試合続けて後攻で、初回にいずれも大量失点とは、投手の調整方法に工夫が無い。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:中村
敗戦投手:川村
ドリームス 9 2 1 1 6 3       22 HR:市川 中村 丸山
ベアーズ 2 0 0 0 0 0       2

HR:米澤

勝ち組コメント  
68期第8戦、SHUHO新キャプテン体制の門出。
色々な意味で続く負けられない戦い。
ウッチーさんを迎え、17名でベアーズさんとの一戦に臨みました。
久しぶりの先行夢軍団。
先頭ABKは、右中間へのエンタイトルツーベースで、まずは出塁。
続くは、打撃好調で自身初の2番昇格セカンドゆ〜き副キャプ。
初球をレフトへ打上げるも、レフトまさかのお手玉で辛うじて出塁するも、ベンチからは早くも罵声の嵐・・・。
3番SHUHO、きっちりツーベースで2点先制。
4番MT、腰痛を押して出場も、きっちり8前タイムリー、5番なべしゃぶも8前へ続き1,2塁。
お総裁9フライで1アウトも、続く市助センターへスリーラン。
終わらない攻撃は、Ferry8前にセンターエラーが加わり3塁へ。
続くキャメルが、レフトへ久しぶりに一発で、更に2点追加。
菅マネーも7前へ続き、押せ押せ。
お待たせしました、初登場ウッチーさん。
前評判通り、センスの良さと腰の低さを十分に発揮し、5-4-3のDPデビュー(ちゃリーンはデビュー戦につき免除)。
9点を奪ったその裏の守り、先発キャメルは先頭を打ち取るも、2番に粘られ四球を許す。
3番は打ち取るも、4番に手痛い一発を浴び2点を失う。
2回、沖三郎倒れるも、伊藤園・純生・忍者丸の初安打含む下位打線3連打で2点を追加も、アキレス・ABKが凡退し2点止まり。
その裏キャメルは、ランナー許すも6-4-3のDPで切り抜け、無失点で良い流れに。
3回は、クリーンナップ3連打で1点追加。
4回は、相手のエラーで1点追加。
5回は、忍者丸の豪快スリーランに、本日2回目クリーンナップの3連打等で6点追加。
最終回となった6回も、相手エラーにウッチーさんの初ヒットも加わり、3点追加。
打者48人を送り込み21安打、22点を奪う。
一方、夢軍団の守りは、3-4回をSHUHOにスイッチ。
ランナーを許すも安定した投球で、相手を寄せ付けず無失点。
5-6回は、クローザーお総裁が登板。
再三のピンチも、粘り強いピッチングで、ホームは踏ませない貫禄のピッチング。
リリーフ陣は、お見事完封リレー(先発投手は、一人ライトで深く反省)。
ともあれ、SHUHOキャップの初陣を、見事大勝で飾る。
これから続く後半戦、貪欲に勝利を目指し、優勝奪還やるしかありません!
負け組コメント
68期第7戦、本日初参加の新人2名を加えて、強豪ドリームスさんとの一戦。
エース不在の中、川村が急遽登板。
しかし、コントロールが良過ぎたのか、強力打線に捕まり9失点。
1回裏、攻撃はこちらも負けずと、4番米澤が特大ホームランを打つが、後が続かなく2点止まり。
2回以降、リズムを掴んだ川村は最小失点に抑えるが、いかんせんドリームスさんの速球ピッチャーに押され、ヒットが続きません。
5回裏に1アウト満塁のチャンスを作るも、後続が続けて倒れ無得点。
終わってみれば、2対22の大差負け。
ピッチャーは頑張っているのに、エラーが何個か有ったのが痛かった。(態勢には影響無いが、、、)
5月に入ると連戦が続きますので、それまでに立て直しましょう。

第14節 4月7日

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:遊佐
敗戦投手:森實

サクラ 3 0 0 0 0 0 0     3 HR:
エンジェルス 2 0 0 0 1 3 X     6 HR:
勝ち組コメント  
『コモスタカー? シブヤ マブーティ!!』
5勝1敗でリーグ戦の折り返し地点を迎えた、櫻さんとの対戦。
緩急を使い分け、ベテランの投球術を駆使する森實投手との対戦を、12人のメンバーで戦うことになった。
初回、遊佐の立ち上がりを櫻打線が襲いかかり、プレーボールからわずか5球で1点を失うことになる。
その後も、打ち取ったかと思えた当たりがヒットとなり、合計3点を失い苦しい展開となってしまった。
しかしその裏、すぐさま反撃をみせるエンジェルス。
先頭の「年中無休の半袖Boy 小野ちゃん」が、手にマメをつくるほどの特訓の成果を発揮する、眼があまり覚めそうにないドン詰まったライト前で出塁。
オーケーオーケー、ヒットはヒット。
その後、2アウトになってしまったものの、宮澤、遊佐の連続2塁打で2点を挙げて反撃。
打ちあいの様相かと思いきや、ここからは森實投手と遊佐の投げ合いとなった。
4回にチャンスが訪れる。
先頭の吉田が、職人芸でレフト前で出塁。反撃ののろし。
しかし、3番若大将中込の痛烈ショートライナー。
当たりにつられて飛び出した吉田が頭から戻り、必死の形相で「セーフや〜セーフや〜!」と、陸揚げマグロ状態でお恵み頂戴アピールも届かず、無念のダブルプレー。
諦めずに宮澤・遊佐が出塁し、2、3塁とチャンスをつくり、必死に追い上げるも、あと1本が出ず・・・。
このまま押し切られてしまうのかと、敗戦の予感がよぎってしまう・・・。
5回、試合時間も気になる中で、嫌なムードを一発で払拭。
先頭の崎川監督が、痛烈なセンターオーバー3塁打。
そして、それに続いてマガリーン渋谷も、センターオーバーの大シングルヒットで同点!マガリーン!!
一気に逆転と盛り上がるベンチをよそに、後が続かず、速攻で攻守交替・・・。
しかししかし、まだまだ粘るエンジェルス。
6回裏の最後の攻撃、先頭バッター・ボクサー新井が、必死の激走で初出塁。
続くトップバッター半袖Boyが、再びのライト前ヒット。ボクサー激走で、3塁まで進塁。
半袖なびかせ盗塁を決め、無死2,3塁としたところで、職人吉田登場。
願ってもない逆転のチャンスで、3塁ランナーのボクサーと、3塁コーチャーのマガリーンおじさんが、ヒソヒソと打合せ。
犠牲フライでも逆転という場面で、吉田が選んだ策は、投手前セフティ―バント。
満塁でクリーンナップへ・・・ではない!ヒソヒソ話の打合せは、猪突猛進。
セオリーを度外視の、「何があってもゴー!!」。
タッチプレーも、間一髪のセーフで逆転成功!!
いや、ちょっと待って。これはセオリー度外視ではない・・・。
冷静に考えてみれば、この走塁が正しかったのではないか。
ゴロが転がれば一気にスタートを走者と確認し徹底。
好スタートを切れば、内野手へもプレッシャーがかかる。クロスプレーになれば、ゲッツーはない。
アウトになったとしても、なおも1、3塁のチャンスで、クリーンナップへもつなげられる。
3塁コーチャー渋谷のファインプレー。マガリーン!!
このまま大量得点の勢いむなしく、犠牲フライ2本の追加点のみで合計3点を追加。
勢いを続けることが出来なかった分、不安な雰囲気は漂うが、最終回の櫻さんの攻撃を3人でしめて試合終了。
苦しい接戦を、ものにすることが出来た。

≪緊急告知≫
「ソフトボールは走塁が命・・・」ということで、マガリーン渋谷が走塁教室を開催する予定。
逃げ足の速さから学んだ教訓を生かし、『人の目を盗む・人より先に・人として』という3本のテーマで講義を行う。
詳しいお問い合わせ・参加希望の方は、ナント大きな山田幹事長まで。
電話番号は、フリーダイヤル710−521521(ナント・ゴッツイゴッツイ)。
負け組コメント
1回表、サクラの先攻で試合が始まったが、一番打者呉山がいきなりヒットで出塁。
そこからの連打等で、3者が帰還。
3点先制して、全体の雰囲気は勝ちモードへ。
その裏、相手の攻撃で2点を追い上げられたが、その後はレフトとセンターの好プレーで何とか切り抜ける。
後半は、相手のエラーを誘ったり、積極的な走塁でチャンスを作ったが、相手のピッチャーの変化球などの使い分けで阻まれ、なかなか得点に結びつかない。
そのまま両者一歩も譲らず、一点差で迎えた5回の裏、相手チームに追加点を許し同点とされると、更に次の回にも失点し勝ち越され、そのままゲームセット。
今後の課題としては、バントなども利用、積極的な攻めを展開し、着実に得点を重ねることである。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:金塚
敗戦投手:長谷川B
コンポードー 0 0 0 0 0 0       0 HR:
サンダース 2 1 2 2 3 X       10 HR:太田、依田、金塚
勝ち組コメント  
4月7日、曇り、若干肌寒い気温!
68期第9節は、強打のコンポードーさんとの一戦。
前期、大量失点でノックアウト、今回新人のホヨンを加え、12名でリベンジに挑む。
初回表、死球、四球で塁を埋めるも、後続の打者をサードゴロで仕留め、コンポードーさんの強力打線を零点で抑える。
2回も零点、3回も零点、4回も零点で抑える・・・・・。
む、む、む・・・・・、もしかして、2試合連続のノーヒットノーランの快挙か!と、一瞬誰もが頭をかすめる。
しかし、その夢は、コンポードーさんの打順が二巡目に入った5回に破られる。
巧みにキャッチャー前セーフティバントを決められ、内野安打で始めての安打を許す。
6回にも中前に安打を許すも、終わってみれば2安打完封で、なんとか雪辱を果たすことが出来た。
それにしても、エース金塚、今期完封勝利は4試合目、隠れ自主トレの成果か、今期は絶好調!
とても、この試合でヨメのコンタクトを拝借して、試合に挑んだ人とは思えません!
攻撃は初回に太田の2ラン、3回に依田の2ラン、5回には金塚に3ランが出て、効果的に加点。
上位で7打点、下位で3打点と、バランスの良い攻撃ができている。
毎回の参加者が少ないのがチョット心配だけど、残りゲームは強豪ばかり。
残り試合はあと4ゲーム、総力を尽くして戦いますよ〜!
負け組コメント
今日は、トップをひた走るサンダースさんとの一戦。
何とか先制点を取って勢いをつけたい一回の表の攻撃、青木が抜けた穴を埋めるべく、新一番に抜擢の子供店長だったが、6フライで凡退、続くオッパも6ライナーで凡退の後、連続四死球で2アウト1塁2塁のファーストチャンス!!
だが、5番井野が5ゴロで得点ならず、勢いをつけることができなかった。
1回裏、エース長谷川Bの先発。
なんとか0点に抑えて攻撃につなげたかったが、2点を先制され、いつもの悪い流れに…。
4回までノーヒットに抑えられ、何とかしたい5回表の攻撃、1番子供店長が、持ち味の足を生かしたセフティーバントで、ノーヒットノーランは免れるが。
後が続かず、ゼロ行進。
守っては、毎回失点で5回を終わって、0対10のワンサイドゲーム。
何とか意地を見せたい最終回の攻撃、元4番小佐野が意地のセンター前ヒットを放ったが、力及ばずゲームセット。
今日の試合は完敗であったが、“練習は裏切らない”と思うので、更なる練習で次戦に向け、気持ちを切り替えて頑張っていきましょう!!

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:島上
敗戦投手:宮内
ツナーズ 1 0 0 5 3 2       11

HR:砂永

ロイヤルズ 1 0 0 0 0 0       1 HR:
勝ち組コメント  
『新人3名、いきなりのクリーンナップ起用に応え、6長短打5打点の大活躍』
上海+東京でスカウティング暗躍(?)中のOB:坪木から、大学の同窓:高橋が香港赴任後、そろそろソフトに参加できそうとの朗報が入る。
その高橋も、会社の同僚:小川Yを伴って参戦表明。
また、森下が会社の後輩:松倉を、香港赴任早々、右も左も分からないうちに、得意のクリンチ攻撃でグランドに。
3名とも野球経験者。
しかも、小川Yと松倉は、野球小僧のほぼ頂点を極めたといってよい経歴の持ち主。
出欠確認のメールで、3名に現役時代のポジションをチェックした監督が、ニンマリほくそ笑みながら考えたオーダーは、何と3番:キャッチャー高橋、4番:センター小川Y、5番:ファースト松倉と、いきなりのクリーンナップ起用。
久々の運動、しかも何だか香港らしい景色のグランドで曇天にいもかかわらず、黙々とアップするツナメンバーを横目に、新興宗教の勧誘に引っかかったかとの不安を抱えながら、そんなことはお構いなしに、定刻通りに試合巧者:ロイヤルズさんとの1戦は幕を切る。
先攻での初回。
自ら1番に据え気合の入る監督は、きっちり四球で出塁即盗塁と攻めの姿勢を示す。
それに応え2番:助監督、見事な流し打ちで先取点を奪う。
3番:高橋は、ファールを繰り返し、フルカウントからセンターへ大飛球もアウト。
4番:小川Yは、詰まりながらも果敢なスイングで内野安打。
5番:松倉も、アウトになるものの右方向へ良い当たりを飛ばし、初回は1得点で終えるも、何だか期待の持てる新クリーンナップ。
残りの6名は、なぜかウキウキ元気に守備位置につく。
その裏、セッキンメイの立ち上がりは鬼門の投手:島上。
四球の走者をうまく進められ1失点も、前回のセッキンメイ初マウンドよりは落ち着いた様子で踏み止まる。
2回、3回と両軍ゼロ行進。
3回のピンチをしのぐ強烈なセカンドーライナーを裁いた監督からの4回の攻撃。
快心の3塁打で口火を切り、助監督が四球出塁とじわじわとした攻め。
そこで高橋がレフト線にタイムリー、続く小川Yの左打席から放たれた低い弾道は、そのままフェンスまで届きそうな異次元の打球で2塁打となり、助監督生還。
松倉も見事なセンターオーバーの3塁打で続く怒涛の攻め。
島上の内野安打で松倉が還り、5得点をあっという間に奪う。
流れを確実にする4回の島上の投球でゼロ封とし、5回の攻撃へ。
先頭の森下が、見事なパンチショット(?)でライト線に2塁打。
続く小川Hは、四球でチャンス拡大。
安住の最終打者を希望する土佐屋の鋭いサードライナーは好捕され、三塁に進塁していた森下戻れずのWプレー。
流れが途絶えたかと思われたが、そこは監督、心得たもの。
久々のアーチとなる2ランHRを放ち、続けとばかりにダイヤモンドを駆け巡る。
2番:助監督の内野安打に、3番:高橋が2打席連続のタイムリー、今度は2塁打でもう1加点。
4番:小川Yは、詰まりながらもセンター前に運び、3の3と打率10割のデビュー戦とする。
6回の攻撃は、下位打線が見せ場を作り、8番:江藤の技ありセンター前から下山、森下と連続センター前安打、土佐屋はレフト前に運んで2加点する。
10点差として最終回のマウンドに送るは、時にサンドバック状態、ヒットドランカー(?)こと森下。
しかし、前節から最終回のマウンドが板についたか、全く危なげない投球で見事ゼロ封。
自らが企画する4月の宴会にネタを提供する、NEO森下投球で試合を締めくくる。
ここもと新人を無茶ぶり起用し、新旧戦力の早期融合をはかる監督+助監督の意図が、ばっちりゲームにはまる見事な采配。
円安、株高の影響があったかなかったか、チーム財政も落ち着き、アベノミクスより目に見える形で再生中のスナガミクス:ツナーズ。
これは、今から4月の宴会が楽しみだが、2次会では必ず下半身だけでも生まれた姿に戻ろうとするETさんの振る舞いが、チームカラーだと思われないよう、オーダー発表と違って事前の説明が大切です。
ETさんの悪行を2回目以降、全然知らない人の珍入の様に振る舞う”ボケ殺し”的飲み騒ぎ術は、知らぬ間に習得できますが。。。
負け組コメント
セカンドが華麗なグラブ捌きを見せるも、悲しいプレーが相次ぎ、先制を許した裏の攻撃。
二死からKAZの右前打、白杉監督四球、ツナーズさんのサードに絶妙なグラブ捌きを見せつけられるが、RYOさんは脚で稼ぎ満塁。
赤石は遊撃の深い所へゴロを転がし同点、しかし、次打者は続けずこの回終了。
セカンドの好判断(?)で併殺は取ったものの、どうにもピリっとしない守備陣。
攻撃も同様に、澁谷の四球、疇地の中越え三塁打はあったが、後続は凡退で 2、3回は無得点。
二回りめのツナーズさんの鋭い打球は、内、外野の間を抜け、4、5回で8失点。
監督、主将が打線の奮起を促すが、連続の三者凡退で天候同様、お寒い状況。
最終回にも加点され、澁谷が意地で左前打を放つが、得点にはつながらず試合終了。
次節、『 やり残した事 』 乞うご期待…

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:川満
敗戦投手:笹川
イーグルス 1 4 0 2 2         9 HR:
カイザース 13 8 2 0 X         23

HR:中野 佐々木

勝ち組コメント  
球春到来とは思えない肌寒さのなか、久々のシェッキメイでの一戦。
若手上位打線が機能し、二試合連続の大量得点で危なげなく快勝。
初回、裏の攻撃ですべてが決まった。
二番中野、三番佐々木の連続ホームランで気勢を上げ、この回、打者のべ17人で13点を上げ、試合展開を楽にする。
二回の攻撃も、四球で走者をためたところで、一番沓掛、三番佐々木、四番寺内の二塁打攻勢などで、8得点。
守っては、先発投手川満は、まずまずの投球をみせる。
セカンド松木の好捕も飛び出し、三回までを5点に押さえ、マウンドを大澤に譲る。
四回、リリーフ大澤が、3連続二塁打を浴びるが、なんとか2失点に押さえる。
五回も、制球の乱れから押し出しで2点を失うも要所を抑え、結局、試合展開を脅かされることなく、試合終了。
看板サードの不調が気になるところだが、個々の力をまずまず、発揮できたかという試合だった。
負け組コメント
まだ今期1勝まで遠いイーグルス。
この日は肌寒い中に試合だったが、人数も肌寒く、9人+応援(体調不良)での試合となった。
初回に相手エラーも絡み、才木監督の2ベースで幸先良く先制。
と、ここまでは良かったが、エース不在の一戦という事もあり、守りが厳しい展開となる。
2回までに21失点と、一方的な試合展開となってしまう。
4回に3連続2塁打、5回にこの日3本目のタイムリーを才木監督が放ち追加点を奪うも、序盤の失点が重く負けとなった。
しかし、好投手のカイザースさんからしっかり点を奪う事も出来ていますので、次戦こそ1勝!
頑張りましょう!!!

第13節 3月24日

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:大澤
敗戦投手:

オオゼキ 1 0 0 0           1 HR:
カイザース 4 6 8 X           18 HR:寺内
勝ち組コメント  
この試合を落とせば、上位グループから星の差を大きく引き離され、今後の巻き返しへの期待感も薄れてしまう。
今日のオオゼキ戦は、トップ集団に返り咲きたいカイザーズにとっては、絶対に落とせない一戦である。
結果は18対1。
試合の流れを全く相手に渡さずに圧勝できた勝因は、先発ピッチャー大澤の考えたピッチング(崩れないピッチング)と、野手の締まった守備だった。
攻撃面では、初回から1番沓掛、2,番松木、3番佐々木の連打がカッ飛び、5番寺内のライトへの弾丸ライナー本塁打で破壊力を見せ付けた。
この初回の勢いが、カイザーズの打者全員に気持ちの余裕を与えたのか、ボール球には全く手を出さないすばらしい選球眼で、四球とエラーを絡めてヒットが繋がり、毎回得点となった。
オオゼキ打線も静かなわけではなかったが、セカンド松木のダイビングキャッチ&トスからのダブルプレーなどで、ピンチを一瞬にして吹き消した。
負け組コメント
シーズン初勝利を目指して、本日はカイザースさんとの一戦。 総勢15名で臨みました。
一回表、先頭打者大明神が死球で出塁すると、二番古田はレフトを大きく越えるツーベース!
ただ、ここで一塁走者の離塁が早かったとのコールがあり、一死二塁で試合再開。
三番森木は、フォアボールでつなぐ。
四番中内は、絶妙なチェンジアップに崩されて三振となるも、五番キャプテン大木はフォアボールを選び、二死満塁。
ここで六番りんりん。パスボールで一点先制!
ピッチャーゴロとはなったが、幸先よく先制。
その裏、エース森木の立ち上がりを捉えられ、ヒット、四球、ヒットで同点とされる。
ところが、次打者のセカンドライナーがゲッツーとなり、ツーアウト。
ここで、切り抜けたかと思ったが、四球の後、まさかのスリーランHR被弾…。1-4。
二回表は金子、越境参加の寺脇が連続で中飛。
バブリー森田はファールでしぶとく粘るも、最後際どい球を見送り、三振に倒れる。
二回裏は、七つのフォアボールと一安打で六点を献上。1-10。
三回表は横藤田一飛の後、トーマスがセンター前ヒットで出塁。
鳥羽もフォアボールでつなぐが、マニア庭野の当たりは、セカンドのダイビングキャッチに阻まれ、ゲッツーに終わる。
三回裏のカイザースさんの攻撃は、4安打、4四球に2失策も絡み、8点。
四回表は、森ジャンボ二ゴロ、石田は打席で風格を漂わせ、駿足の片鱗も見せたが、投ゴロ。
一番大明神がエラーで出塁するも、古田が投ゴロに倒れて、ゲームセット…。
終わってみれば、2安打。
一方、カイザースさんは9安打、13四球。
こちらには3つの失策もあり、完敗でした。
イースターで英気を養い、次は打棒爆発で初勝利、といきましょう。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:金塚
敗戦投手:
ベアーズ 0 0 0 0 0 0       0 HR:
サンダース 1 0 7 1 7 X       16 HR:那須、太田、黄
勝ち組コメント  
3月24日、晴!
68期第8節は、ベアーズさんとの一戦。
母校の後輩の応援に、甲子園球場に出かけた水野監督を欠く12名で挑む。
しかし、その監督不在のゲームで、金塚投手がノーヒットノーランの大記録を達成してくれました!
対戦した打者は延べ21名、2四球、1死球、4三振という記録だった。
今期、既に2完封を記録し、今期は何か気合が違うと思っていましたが・・・。
その理由は、父親になった自覚でしょうかね?(今月13日に晴れて父親になりました!)
金塚投手、ダブルでおめでとう!盆と正月が一緒に来ましたねぇ〜。
試合の内容は、打撃好調の打線に、この試合から復帰の池田が加わり、ますます厚みが増した。
その池田、三安打4打点といきなりの大活躍。
守っては、四死球で出塁を許したランナーを、再三の好守備で2塁に進塁させない鉄壁の守り。
ムムム・・・、シニアとは思えぬ俊敏な動きです、恐れいりやした。
上位打線の、那須、太田、黄にもHRが飛び出し、効果的に加点し試合を決めた。
その黄、今期HRは6本目、打点も18点と単独トップ、ちょっと気は早いけど初タイトルを狙いたい。
これから当たるチームは、全て現在上位チーム、総力を尽くして戦いましょう!
負け組コメント
68期第6戦、前期優勝、今期もここまで無敗のサンダースさんとの一戦。
コメントが書けません。
唯一書けるのは、ノーヒットノーランを食らってしまった事です。
外野までもボールが飛びません。3塁ベースも踏めませんでした。がっかり、、、
守りはと言うと、立ち上がり不安の久下パパだが、今日はサンダース重量打線を、2回が終わって1点に迎える。
しかし、3回以降、快くストライクは取るのだか、甘くなったボールをことごとくヒットにされ、合計3ホームランを浴び、終わってみれば16失点、、、
エース金塚さんの見事な投球、セカンド池田さんの華麗な守備と言い、力の差が見事に出てしまった試合です。
気を取り直して、次回は頑張るぞ!

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:中村
敗戦投手:谷本
アタッカーズ 0 0 0 1           1

HR:

ドリームス 3 10 6 5           24 HR:
勝ち組コメント  
春は別れの季節・・・。ヤマタカキャップのラストゲーム。
第68期も折り返し、アタッカーズさんとの一戦にアキレス佐藤が復活し、17名で挑みました。
いつもながらに後攻を勝ち取り、初回の守り、前日の疲労?の影響か2四死球を与えるも、「0発進」。
初回の攻撃、1番キャップは四球で出塁すると、ABKも四球で続き1,2塁。
続くSHUHOの捕らえた打球は、5の好捕に阻まれ、5-4-3のゲッツー(ちゃリーン)。
嫌な流れに、4番MTプーさん、久しぶりに芯で捕らえて、9前タイムリー。
密かに塁上で、にやける。
更に、なべしゃぶが7前ヒットで続くと、お総裁のなんでもない5ゴロをファーストへ暴投、思わぬ形で追加点をあげる。
しかし、続く市助、これまた5ゴロで3点で終了。
2回表、香港特有の湿気と闘いながらも「0更新」、味方の打線の奮起に期待。
2回裏、菅マネ〜・Ferry・OSM・キャメルは、連続四死球で1点追加。
今、最も当たっている男、ゆ〜き副キャプ、見事に7前タイムリーで更に2点。
沖三郎・セブンに連続四球で満塁に、伊藤園の渋い6内安打で、もう1点。
純生も続きたいところが、本日2人目のゲッツーで1,2塁(ちゃリーン)。
アキレス佐藤の復帰打席、左足に続き右足も?と心配されたが、DBで出塁。
1番戻ってキャップ。捕らえた打球は、右中間最深部への3塁打。
その後も、四球に安打を絡め、なんやかんやで10点追加。
3回表も危なげない投球で、しっかり切って取りこれまた「0更新」。
3回裏、相手投手交代も、ヒットに四球、エラーも絡まり6点追加。
4回表、時間も気になる守り、ここまでノーヒット。
3度目の正直?とはいかず、1アウト後に、四球を与え、1番に痛烈な7前ヒットを許す。
更に四球で満塁となり、9前にポトリと落とされ、完封も潰える(どこかで見た展開???)
しかし、1点で踏ん張り、最終回の攻撃に。
4回裏、キャップ最終打席。
見事に7前クリーンヒット、ここまでの打撃低迷が嘘のようなバッティング。
SHUHO、本日2回目のゲッツー有るも(ちゃリーン)・・・
長短打ときな粉を絡め、5点追加でゲームセット。
ヤマタカキャップの送別試合を、大勝で飾ることが出来ました。
試合後は、恒例のうつ伏せ胴上げで、3mばかし空を舞ったキャップ。
東京支部会を更に盛り上げて下さいね。
最後に一言、お疲れ様でした!!!
負け組コメント
春の気配を感じる3月末。
今日は強敵(アタッカーズにとって、全チームが強敵といえるが)ドリームスさんとの一戦。
相手投手の投球練習のタマにビビりながらも、なんとか一点一点大事に取っていこうと意気込む。
初回、出塁王ハタケが四球で出塁。
Oサト・アサノの連続四球で二死満塁と攻めるも、あと一本が出ず。
その裏、ダブルプレーでいきなり二死をとるも、ドリームスさんの鋭い打線に失点を重ねる。
ヒットのでないまま、ノーヒットノーランの心配もでてきた4回表、久々の登場・ネズが、必死の粘りで四球を選ぶ。
そして、タマノコシが鋭くセンターへはじき返し、ハタケが身体を張って死球出塁で、1死満塁の大チャンス。
ここで登場のドイ、ライト前タイムリーで待望の一点を上げる。
まだまだ満塁のチャンス、しかし4番5番が凡退でここまで。
20点以上差のつく大敗。今日は、見事に力負けでした。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:
敗戦投手:鈴木
サンエイ 1 0 0 0 3 5       9 HR:
パイレーツ 0 1 1 0 0 0       2

HR:

勝ち組コメント  
今期も折り返し地点を過ぎ、何年振りかの上位が狙える好調サンエイ、パイレーツとの一戦に望みました。
相手投手"スー・ケンタロウ・スー"の軟投の前に、凡打の嵐で3回終わって1点ビハインド。
この展開で燃える男、戸崎周、本領発揮!
2ホーマーでの逆転劇を演出、投げては三振ショー。
「んー流石」のひと言に尽きる。
ちなみに、ライトでタイムリーエラーを犯した選手は、一人、次戦でのリベンジを誓うのであった・・・
負け組コメント
68期第八戦!
3月の最終戦は、好調のサンエイさんとの一戦。
本日も新助っ人1名が参加し、17名で挑みました。
ジャンケンで負け後攻のパイレーツ、シッカリ守り、堅実に得点を重ねて行きたい試合です。
1回表、ここ数試合で安定感が増した鈴木投手、先頭打者を四球で出し相手盗塁を許すと、4番の犠牲フライで先制を許す。
ただし、この回制球に苦しみながらも、1失点で抑える。
その裏の攻撃、1番の三振と走塁ミスで無得点。
2回表、2安打を許すが、内野の硬い守りで無失点。
2回裏、反撃したいパイレーツ、2者連続四球と相手ミス、好走塁で無死2,3塁のチャンス、6番小泉内野ゴロの間に同点に追いつく。
更にランナーを3塁に置いての攻撃だったが、後続が打ち取られ1対1の同点。
3回表、鈴木投手、危なげなく無失点の好投。
裏の攻撃、2アウトから好調葉佐、持っている男佐久間の連続安打と相手ミスで追加得点をあげ、1点リード!
4回、守りでは山内捕手の盗塁阻止もあり無失点だったが、攻撃も3者連続三振で両チーム無得点。
投手戦が続く5回表、疲れの見え始めた鈴木投手、先頭相手4番にソロ本塁打を浴び同点とされると、2アウトからタイムリーを浴び、4対2と逆転される。
5回裏、上位打線にに繋ぎ、直ぐに追いつきたいところだったが、この回も3者がフライで得点ならず。
鈴木投手にとって未知の6回、味方の攻撃時間の早さに休憩ができない中2点を失い、2者置いて再び相手4番との対決、2ストライクから甘いストレートを、センターに本塁打され7点差となる。
裏最後の攻撃に期待するが、最終打者が三振で倒れ万事休す。
4回までは、両チームシッカリ守り、緊張した投手戦でしたが、最後はサンエイさんに持っていかれました。
鈴木投手対相手4番、ベテラン由良の打席、山内、志田の好守と見どころのある試合でした。
負けはしましたが、選手層と守備力が身についてきた様です。
4月は、是非巻き返しと行きましょう!

第12節 3月17日

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:中村
敗戦投手:鈴木

パイレーツ 0 0 0 0 0 0       0 HR:
ドリームス 3 1 0 4 3 X       11 HR:安孫子
勝ち組コメント  
前節の悔しい引き分けから2週間。
不敗街道ひた走るべく、パイレーツさんとの一戦に、用心棒一名を加え、17名で挑みました。
初回、先発キャメルの立上り。
四球でランナーを許すも、無得点に抑える無難な立ち上がり。
貧打に悩む夢軍団の攻撃。
先頭ABKの捕らえた打球は、先頭打者ホームランで、まずは1点先制。
続くは、間もなく帰任のヤマタカキャップ。
同じく捕らえた打球は、失速の8フライ。
SHUHOさん9前ヒットに、MTプーさん・Ferryさん四球で続き満塁も、OSMさん4フライでランナー動けず(あきまへん)。
続くお総裁は、お手本通りのセンター返し、二者生還にセンターもたつく間に、3人目???と思いきや、呼吸が合わず、お総裁挟まれTO、3点で攻撃を終了。
2回表は、微妙な流れに2安打を許しピンチを迎えるも、ここも踏ん張り無失点で、攻撃の奮起を期する流れに。
2回裏、珍しく遅刻の菅マネーさんが7フライ後、市助・キャメルは連続四死球にWPも加わり、貰ったチャンスにユ〜キ副キャプ、沖三郎さんは、いずれも0-2からの凡打。
4ゴロの間に、1点を入れるだけで攻撃が終了。この攻撃は反省要です・・・。
3回も、キャメルは安定した投球で、難なく無失点で切り抜ける。
3回裏、純生さんに初ヒットが生まれるもセブン、伊藤園、忍者丸が凡打・・・。あきまへん×2。
4回表、アウトは全て三振で無失点。
4回裏、用心棒クロちゃん改めシロちゃん、ヒットで盛り上がる。
四球にヒットを絡め4得点も、まずい走塁ミスで2つのアウトを献上。
5回表、ヒットにエラーも絡み1,3塁の、この試合最大のピンチも何とか踏ん張り、1時間コールを受ける。
5回裏、先頭市助、9へ強烈な当たりにエラーが絡み3塁へ。
爆走爆走に、お約束の「きな粉」完成。
犠飛にヒットを絡めるも、3点奪うのみで攻撃終了。
最終回、四球を与えるも、球威は落ちることなく、後続を切って取りゲームセット。
11奪三振で、今季2回目完封勝利。
試合後は、柏谷家・山田家の合同送別会 in トラム。
別れの悲しみを押し殺し、3HのPartyは、合格発表のサプライズも有り、無事に終了。
盛り上がる車内!
この勢いを大切に、次節折り返しの一戦は、いい形を作りましょう!
最後に、イケユカ!手配有難う。
負け組コメント
68期第七戦!
3月は、上位チームとの試合が続きます、本日はドリームスさんとの一戦。
新人1名が参加し、久々15名で挑みました。
先攻のパイレーツ、とにかく走者を出し、得点に結び付けたい。
1番がゴロで倒れ、2番と4番が四球で出塁し、2アウト1,2塁のチャンスをつくるが、5番岡部が敢え無く三振に倒れ無得点。
その裏の鈴木投手、先頭打者に本塁打を浴び先制を許し、四球で出した走者を置いて2点タイムリーを浴び、その後もランナーを背負う展開だったが、最後レフトフライに打ち取り、3失点でしのぐ。
2回表、風邪で体調不調の小泉が、旨く広角に打ち安打、鈴木もセンターに打ち返し、得点圏にランナーを送るが、後続3者が2三振、ゴロに打ち取られ得点ならず。
2回裏、1失点したものの、シッカリ抑える。
3回表、下位打線、速球に抑え込まれ3者3三振。その裏、鈴木の力投で無失点。
4回の攻撃、長老由良の打席、還暦祝いに来てもらったドリームスさんから是非安打したかったが、ファールで粘ったあと、最後は外角の速球で三振を奪われる、結局この回も無得点。
4回の守備では、ショートに入った青監督のところに打球が良く飛び、失策も重なって4失点。
5回表、一矢報いたいパイレーツ、村山、小泉の2安打で、2アウト1,2塁のチャンスをつくる。
7番好打者鈴木に、あと一本を期待するが、初球を打ち上げ、敢え無く3アウト。
結局、5,6回もチャンスをつくれず無得点で、0対11で試合終了。
4安打11三振、得点圏でのあと1本が出ていれば、といった試合でした。
来週はコツコツ安打し、無得点ゲームをストップしましょう。
余談だが、練習中にオリンピックバットが割れ、不吉な予感が的中、打線も音無しです。
至急、バット新調しましょう。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:遊佐
敗戦投手:宮内
エンジェルス 0 1 9 3           13 HR:吉本 遊佐
ロイヤルズ 0 1 0 0           1 HR:
勝ち組コメント  
『惜別の満塁弾』
桜の季節。別れのとき。
苦しい時も、そして楽しい時も、Angelsを盛りたて、Angelsと共にいてくれた、藤木、そして吉本の送別試合となる強豪Royalsさんとの一戦。
初回の攻撃を簡単に終わらせてしまったが、試合が動き出したのは2回表から。
二死から藤木が四球の後に、久々出場のCherfy。
インサイドのストレートを強振した一打は、レフトオーバーの長打コース。
一塁走者藤木が、二塁を回って三塁とチャンスを広げた・・・と思いきや、なんとその快足を緩めることなく、本塁までの激走で1点を先制。
送別試合ということで気合が入るのは分かるが、試合終了までに生存しているかどうかが気になるところ・・・。
その裏、相手攻撃をゼロに抑え、試合の流れをモノにしたいところではあったが、先発遊佐が相手に痛打され1点返上。
緊迫した試合ムードが強まる3回表。
先頭の渋谷が相手の失策で出塁し一死後、いぶし銀松樹が右中間をライナーで抜ける二塁打を放ち逆転成功。
その後、相手投手の乱調により、押し出しを含み3点を追加し3対1とリードし、まだも二死満塁とチャンスは続く。
そして、ここで満を持して吉本登場。
バッターボックスに向かう表情には硬さがみられるが、香港での思い出をめぐらせ、気合みなぎるオーラと共に、一歩一歩をかみしめる。
自軍ベンチからの声援にも何ら動じない静かな構えから、一瞬のうちに振りぬかれたバットから放たれた打球は、すぐにそれと分かる劇的弾。
千両役者ぶりを見事に披露した吉本を、Angelsナイン総出で手荒い祝福。
そして、その歓喜もまだ冷めないなか、おしゃべり職人吉田が今度は一転した投手前セーフティバントで出塁。
この職人芸こそが、Mr.ソフトボール。
それに応えて、移籍後初のAngels4番に座った遊佐が、カウント3ボールからのストレートを弾き返す、センターオーバーの弾丸ライナー餞別弾。
試合を10対3と優位に進める展開となった。
4回にも、崎川・木原のタイムリーで追加点を重ね、13対1と、二人の送別に花を添えることが出来た。
守りのリズムも良く、声を掛け合ってつかんだ勝利。
新入部員の加入もある中、これからまた盛り上がりを見せようとするところで、ムードメーカーの両氏がチームから抜けるのが痛い・・・。
とはいえ、両氏のこれからのご活躍も祈り、再会を願いつつも、Angelsは常に前進しなければならない。
リーグ戦もいよいよ後半に突入し、強豪チームとの対戦を控えている。
気合を入れ直し、一致団結でチームの奮起を期待する。
≪Angelsファンクラブ通信≫
来る3月26日、藤木氏・吉本氏の送別会を開催予定。
開始時間・会場は内緒。テヘぺロッ。
「Angelsナインと触れ合いたい」、「Angelsに入部したい」など、興味のある方は是非ご参加ください。
会費は選手たちと共に割り勘が出来るという、超お得な明朗会計。
握手会や選手の愛用品オークションなど、イベントも盛りだくさん!!
詳しいお問い合わせは、ナント大きな山田幹事長まで。
電話番号はフリーダイヤル00710−00710(オーナント・オオナント)。
負け組コメント
先発KAZは、手探りながらも丁寧な立ち上がりで、エンジェルスさんの攻撃を三者凡退とし、迎えた裏の攻撃。
丸山の右前打、白杉監督四球で二死ながら一、二塁の先制機。
が、次打者能見は初球を三邪飛。
かける言葉が見つからず、ベンチは悲しみに包まれる。
1点を先行された2回の攻撃、先頭赤石は四球で出塁すると、宮本の犠打で二進。
続く梶原は、絶妙な一塁線のバントヒットで、一、三塁と好機拡大。
ここ数試合、研ぎ続ける爪を少しづつ見せ始めた城倉は、右中間へ同点の適時打。
盛り上がるベンチ、打順を上げて期待していた監督はニンマリ。
しかし、後続の後輩2人はPゴロ、P直に倒れ、これには容赦ない罵声を浴びせる。
2本のHR等で9失点、逆襲をもくろむ3回の攻撃だったが、悲しい併殺があり3者凡退。
リードを拡げられた最終回、監督が四球を選ぶが、生還は叶わず無得点。
わずか3安打、中盤以降は二塁も踏めず、元気なく試合終了、となりました。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:島上
敗戦投手:土田
イーグルス 2 1 0 0 0 0       3

HR:丸山(裕)

ツナーズ 0 3 4 0 0         7 HR:
勝ち組コメント  
『江藤の同点3塁打、チームに”喝”力』
勝率5割に戻して、68期も後半戦に突入。
イーグルスさんとの今季第7戦は、ギリギリの9名で挑む。
加入後、初のセッキンメイでの試合となる投手:島上。
香港でのソフトボール再開後、やっと体のサイクルが掴め出したが、まだまだ調整段階。
しかも今回はマウンド、グランドコンディションが、天光道と全然違うセッキンメイ。
後攻での初回の守備。
相手先頭打者に、いきなりセンターバックスクリーンにHRを浴び、その後も四球で走者を許すなど、いつになく苦しい島上の立ち上がり。
何とかゴロで打ち取り、Wプレーでアウトを稼ぐが1加点されて、先発4戦目にして、初めて先制点を奪われる。
裏の攻撃。円陣を組み、江藤の考えに考えた長めの掛け声が響くも、3者内野ゴロ凡退と、いつになく淡白な攻撃に。
どうもペースが掴めない序盤、イーグルスさんの粘りある攻撃に防戦気味で、2回も1失点。
まずは得点し追い上げ体制にと、再度円陣で気合を入れ、この回先頭、いつもは1番今日は4番:Joeが、軽くセンター前ヒットで出塁。
打での活躍も期待される5番:島上は、四球を選び無死1,2塁。
6番:前節のHRで勢いに乗るはずのOwenは、ショートゴロ。
ランナーが入れ替わり、1死1,3塁。
ここで登場は、得点に絡む出塁をかます男、7番:下山。
いつものように気合が入っているのかそうでないのか、打席での微妙な雰囲気で、何事もなかったかのようにライト前に好打を放ち1点返す。
8番:河野は、センターへの飛球。
2塁走者のOwenが、タッチアップで3塁に進み、有言実行、でも時々ポカ、時にとんでもない凡ミス、夜は生まれた姿に戻りたがる男、9番:江藤の打席へ。
1塁走者:下山が、盗塁を成功させチャンス拡大、一打同点のこの場面で、江藤は快心のセンターオーバーの3塁打で2者生還。
3塁での江藤の雄叫びに、ベンチはやんやの盛り上がり。
同点に追い付いたことで、3回の守備にもリズムがうまれ、島上の投球もストレートがきっちりと低めに決まり出す。
バックで守る野手陣も、その投球に一安心、今度は攻撃にもリズムがうまれる。
3回裏、先頭の富山が相手守備の乱れで出塁。
3番:監督が、センター前ヒットで無死1,2塁。
4番:Joeの内野ゴロが、再び相手守備の乱れ誘い、富山生還し逆転。
5番:島上の強烈なレフト前ヒットで監督生還、中継の間にJoeもホームをついて6点目ゲット。
2死から8番:河野が、いつもの狙いすました打球で2塁打をかっ飛ばし、島上を迎え入れて4点差とする。
こうなれば、ツナーズペース。
相手に出塁を許すも、得点は与えない守備で回を進め、最終回となった6回もゼロ封して試合終了。
最少の9名、いつもと違う試合展開を逆転、逃げ切りで勝利したことで、チームとしての”自信”みたいなものが芽生えはじめたツナーズ。
江藤の”元気”や試合中の姿勢、河野の的確な指示などベテランの味に、下山の内に秘めた平常心(?)、島上の投手然としたマウンド裁きなどのスパイスが加わるこの”ツナーズ新味”で、今後も試合に挑みたい。
ここに中堅クラスの活躍がトッピングされれば、さらに濃厚な味を生む。
アルコール臭やビール腹の中堅クラス!
まずは、日常生活のありかたから見直すべきでは。
そう、酔いつぶれて一口も食べないのに、韓メシで大盤振る舞いしている場合ではないのだ!
負け組コメント
前節は、いい形で引き分けをもぎ取り、初勝利目前!!
この日は、主戦2名を欠き苦しい台所事情だが、ここはイーグルスのチームワークで乗り切りたい。
初回、先行の攻撃。
1番・丸山(裕)が、3球目をHR!!WCBさながらの先頭打者アーチで、先制点を奪う。
2番・3番と四球を選び、4番・丸山(信)へ繋ぐ。
期待に応えたいが、ここはサードゴロでゲッツー。
しかし6番・高木がライト前に運び、再び1・2塁のチャンス!
続く土田が、左中間にタイムリー2ベース!で1点を追加するが、続く映画俳優が、あえなく三振に倒れる。
裏の守り。エース土田は、おろしたてのユニホームで快投し、初回無失点。
2回、先頭・中原が粘って4球を選び出塁し、続く柳田先輩!追いこまれながらも、レフト前ヒットで繋ぐ。
1アウトから笹川も四球を選び、1アウト満塁のチャンスで、先頭打者HRの丸山(裕)。
追い込まれてから、内野ゴロの間に1点。
2アウトながら、満塁のチャンス!
しかし、2番・高島が三振に倒れ、突き放せない展開。
2回裏の守りで、ミスも絡み3失点で同点。
3回にも4失点で、逆転を許してしまう。
両チームゼロ行進で最終回、イーグルスの攻撃。
先頭・才木監督が、上手くヒットを打ち出塁。
2アウトながら四球も絡み、1・2塁のチャンス。
しかし、後続が倒れゲームセット。
チャンスにあと1本が出ずに、得点出来ない試合となった。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:長谷川B
敗戦投手:森實
サクラ 0 0 3             3 HR:
コンポードー 4 5 6             15

HR:

勝ち組コメント  
青吉選手の送別試合。
最後は絶対勝利で送り出そうと、監督は欠席だったが、井野監督代行中心で臨んだサクラさんとの試合。
先発は、前日にシングルモルトウイスキーを美味しく飲み過ぎ、軽い食あたり?も併発して、朝一から今日の投球がダメな場合のいいわけを始めているエース歯B。
味方のエラーもあったが、粘りのピッチングで相手中軸に痛打を許さず、0点に抑える。
1回裏の攻撃。今日が最後の試合となる青吉。
カウント3‐1から絶妙なセーフティーバント、続く「やきにくん」も初球、またも絶妙なセーフティーバントが決まり、一挙1、3塁のチャンス。
3年ほど前から、二人で打ち合わせしていた連携作戦が、やっと最後の試合で決まり、ベンチも大盛り上がり。
3番ウーイェイの犠牲フライで、理想的なかたちでの先制点をあげる。
4番微笑み太郎、5番1.2.3もつなぎのバッティングで満塁に。
そして、2死後7番の歯Bは、歯切れのいいスイングで、右中間真っ二つの走者一掃タイムリー2ベースで、初回幸先良く4点を挙げる。
2回も、歯Bの好投。3者連続奪三振で、相手に得点を与えない。
2回裏、子供店長が四球で出塁し、セクシのバックアップがあり、2盗に成功。
その後、セクシピッチャー強襲のセンター前ヒットで、追加点をあげる。
続く、住中が死球で出塁し、裏四番小佐野。
監督代行の指示を全く無視した打撃だったが、結果はレフト前ヒットで満塁に。
ここで、バッターは高山。
打った打球は、痛烈にセンターの頭上を越える、走者一掃のタイムリー2ベースで5点追加。
3回、歯切れの良い好投を続けていた歯Bだったが、味方のエラーから3点を失うが、何とか踏ん張る。
3回裏、青吉が2ベースヒットで出塁、やきにくん痛い死球がファールになる不運な判定もあったが、3塁線へ執念のセーフティーバントが決まり、1回と同じくチャンスメーク。
3番迷える子羊となったウーイェイは、傷心の中で打ち取られるものの、微笑み太郎が死球で出て満塁に。
そして、5番1.2.3が、右中間の一番深い所のフェンス直撃の走者一掃の3ベースで追加点。
その後も、井野監督代行の適時打、歯Bの2本目の2塁打が出て、一挙6点を追加。
次の回は、代わった「しましましまお」が、櫻さんの執念の猛反撃に遭ったが、時間切れでゲームセット。
見事、青吉の最終試合を勝利で飾ることができ、”何が何でも勝つ”が実行できました!
みんなが力を合わせて掴んだ勝利です!
青吉、4年間主力として、そして裏方としてチームを支えてくれて、本当にありがとう。
みんな感謝感謝です。また、試合に遊びに来て下さい。
負け組コメント
勝ち越しを目指し、コンポードー戦に挑む〜幻の逆転劇!?〜
1回表、1番呉山のレフト前ヒットで幸先いいスタート切るも、最近不調の上位打線の凡退により無失点。
その裏、相手のバントを交えた機動力ある攻撃に翻弄され、4点を献上。
2回表、打撃絶好調、エースの森實がライト前ヒット、一時帰国中・平田が四球で繋ぎチャンスを迎えるも、8、9、10番と三者連続三振にて再び無失点。
守備からリズムをつくりたいところであったが、相手の打線の勢いを止められず、その裏5点を奪われ0-9。
3回表、福井、増山、平田とヒットが続き3点を返すも、反撃はそれまで。
再びその裏には6点を奪われ、3-15。
4回表、相手2番手ピッチャーを攻略し、3番中の復活3ラン、9番堀内、10番知念の初安打を含む8安打の猛反撃を見せ逆転!!
櫻らしい、粘り強い試合展開を見せることが出来ました!と言いたいところだが、この時点で時間切れにより、4回表は無効となりゲームセット。
敗北を喫したものの、本試合は堀内、知念と下位打線の大活躍が見られ、櫻の底力が垣間見えた試合。
次回以降こそ、上位打線の奮起に期待し、全員一体となったプレーで勝利を掴みたい。

第11節 3月10日

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:島上
敗戦投手:

ツナーズ 3 8 3 2           16 HR:串下、Owen
オオゼキ 0 1 0 0           1 HR:
勝ち組コメント  
『新旧4番揃い踏み、打線に活気』
今から13期遡る54期、ツナーズ最後の優勝を知る、当時の4番:キム。
”新生ツナーズ”の報に、在NYでヤキモキしていたそのキムが、今期も出張スケジュールを調整して参戦。
新メンバーに魂を注入するとともに、”新生ツナーズ”の実力の程を目で確かめようと、前日深夜着をもろともせず、グランドに姿を見せる。
しかも、この試合の指揮を執る阿部助監督は、5番DHで起用と粋な計らいをみせる。
今日の相手は、数々の激闘を重ねた好敵手:オオゼキさん。
先攻として迎えた初回。
1番:切り込み(?)香港女子ソフト監督、Joeが間一髪1塁アウトとなるも、2番:富山がレフト前安打で出塁。
3番:阿部四球で、まず新4番:串下の打席。
誰もが、つまったと思ったバットの音、弾道を見事に裏切り、ネットを揺らす先制3ランHRが飛び出す。
5番:キムは、続けと大飛球を放つが、左中間最深部でキャッチされ、新旧4番のアベックアーチはならず。
裏の守りは、島上が2奪三振と危なげないマウンド裁き、立ち上がりでまずはツナーズペースに流れを呼び込む。
2回の攻撃は、その島上から。
完全に芯を喰ったあたりは、低い弾道であっという間に左中間を割る2塁打。
続く8番:Owenは、引っ張り専門のイメージを覆すライトへの2ランHRで、ここもとも不調からの復活をアピール。
ここから四球、相手ミスに、本日やっと希望が叶って最終打者:土佐屋のレフト前安打を絡め、6点ゲットで一気に突き放しにかかる。
その裏、レフトへのHRを被弾するも島上、落ち着いて後続を抑え、引き続きツナペース。
3回表は、6番:藤井の投手強襲安打から四球、11番:江藤のピッチャーゴロを絡め(?)て3点追加。
その裏も、ばっちり抑えて13点差として、阿部助監督が次回からの森下への継投を決意。
4回の攻撃中、ベンチで点差があるにも関わらず、不安を口にする森下をよそに、串下の3安打目、キムの気迫が呼び込んだ四球、そして藤井の見事な流し打ちで2加点に成功、15点差にして森下をマウンドへ。
念には念をと、ショートに島上を配し、どこまでも安全運転を心掛ける阿部助監督。
森下は見事に期待に応え(?)、奪三振ありのクローザーぶりを発揮し、試合を締めくくる。
68期の戦績を5割に戻し、ここから残りの試合で、ツナーズ”らしさ”を醸成していく段階に入る。
この試合に参加しつつも、チーム力を分析したキムは、にんまりと”富山さん、歳取ったな”と新旧交代、次代を担うツナーズメンバーへ安心して伝統を引き継げることをうれしそうに伝え、またの再会を誓ってグランドをあとにする。
試合後、財務大臣兼ツナ銀総裁兼クリパ担当相の下山は、3月分の部費を集めつつ、この試合での罰金収入が得られなかったことを、ほんの少し悔みながら第2試合の塁審へ。
収支が頭を巡り、まさか第2試合の三振、ゲッツーの数まで計算していなかったか?
早期の財政健全化が、ツナーズ:スナガミクスの目玉政策だ!
負け組コメント
今期初勝利を見ざし、ツナーズ戦に16名で挑む。
1回表、相手のホームランを含めて3点を献上。
すぐに追いつきたい裏の攻撃だが、根間、古田連続三振、河村レフトフライで3者凡退。
2回も、ホームラン、相手打線の右狙いの攻撃にミスが絡み、8点を取られる。
その裏、エース森木が、憂さ晴らしの特大のソロホームランをたたき込む。
ただその後、3人で打ち取られて1点どまり。
さらに追加点を入れられて、13差とされた3回の攻撃は、先頭の田中がデッドボールで出塁して、反撃のきっかけをつかむが、高見、横藤田が連続三振、大島がショートライナーで得点を奪えず。
15点差の最終回、先頭の石田はセカンドゴロに、砂塵を巻き上げながら一塁に転がりこむが、間一髪アウト。
チャンスも潰えたかと思われたが、続く森田がショート強襲ヒットで出塁。
鳥羽の打席の時に、監督からの盗塁のサインに、見事森田が応える。
監督の頭には、一昨日のWBCの鳥谷の姿が思い浮かんでのサインとか。
鳥羽は、粘りに粘っての四球。GOOD JOB。
初めてのチャンスらしいチャンスだが、森本、根間があっさり倒れて、GAME SET。
攻撃の意志統一ができていた相手チームとの差が、そのまま点差に現れた試合でしたね。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:戸崎
敗戦投手:大澤
カイザース 0 2 0 0 1         3 HR:
サンエイ 6 0 0 2 2         10 HR:DERICK 森
勝ち組コメント  
暖かくなり汗ばむ陽気のなか、参加16名で挑むカイザース戦、ここ数期勝てなかった相手に、なんとか勝利をと挑む。
一回裏、2番DERICKにホームランが飛び出し、四死球ヒットで繋ぐと、8番森選手の久しぶりのホームラン(3ラン)で、幸先よく6点を先取。
その後失点するも、4回、5回に2点づつ追加し、10対3で久しぶりにカイザースさんに勝利。
今日のゲーム運びは、なかなか良かったのではないでしょうか。
負け組コメント
若手選手の強烈な勢いあるプレーが、中堅、ベテランに刺激をあたえ、強烈な勢い(=ノリ)で実力以上のものを発揮する。
これが、近年のカイザースのチーム像だ。
そういった意味で、今季は一味違った感じに映る。
----カイザース、追い上げ及ばず----
カイザースは、機動力を生かして接戦に持ち込もうとするも、最後は拙攻に沈んだ。
先発大澤は、初回2本塁打を浴び6失点。
二回、無死二塁、沓掛が右中間、さらに無死二、三塁、寺内が犠牲フライで沓掛が生還し2点。
五回には、1死二塁から川満の中前打で、4点差に迫った。
四回に無死一塁で、一塁走者の成田が初球二盗を試みるも、白川がセーフティバントを投前に打ち上げてしまい、二塁を狙った成田も戻れず憤死した。
◇浮き彫りになった課題
2勝2敗1分臨んだサンエイ戦は、大澤、川満が力投したものの、打線が3点しか奪えず敗退。
寺内監督は、「4安打では勝てない。見えないミスが多い。ミスが多ければ勝てない」と話し、先発した大澤も、「もっと制球力を磨かないと」と、唇をかみしめた。
打線の底上げはもちろん、送球の精度や打球判断など、残り7試合、課題は多い。
先期の快進撃の立役者、沓掛、白川の二遊間は、今季は失策が多く、ミスを恐れるあまり、どこか自信なさげにプレーしている感がある。
しかし、二人とも、もともと口数が多い方ではなく、プレーで仲間にメッセージを伝えるタイプ。
それは、今も変わりはない。
残り試合、ミスを恐れず、背中でチームを鼓舞してもらいたい。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:久下(勝)
敗戦投手:森實
ベアーズ 8 1 0 2           11

HR:

サクラ 1 5 1 1           8 HR:
勝ち組コメント  
68期第5戦、今季初勝利が待ち遠しいベアーズ、櫻さんとの一戦。
初回、相手エースの立上がりを攻め、1番伊藤は打率10割(その後ちょっと下がってしまったが)の実力を見せ付け、ライト前ヒットで出塁。
続く、本日2番に抜擢したStephen、監督の起用に応える右中間を破る3塁打で先制。
やはり本日3番に起用した三澤も、ヒットで続き2点目。
更に米澤、川村、布村、久し振りの出場となった金光のヒットを絡め3点を追加し、更に満塁で本日初参加の井垣の初打席初安打が3塁打となり、走者一掃し3点を加え、初回8点を上げる。
1回裏、不安が残る立上がりだったが、上手く櫻さんの攻撃を1失点に迎え、2回表は、1回に満塁で凡打した岩間が、汚名挽回のクリーンヒットで追加点を上げる。
2回裏の守りでは、いつもの悪いリズムが出てしまったが、何とか5失点で踏み留まる。
その後、引き離すには更に追加点が欲しかったが、4回表の2点に留まる。
最終回と思われる4回裏の点差は3点で、プレッシャーが掛かる中、上手く相手打線を打ち取り、嬉しい今期初勝利となった。
反省点としては、2回以降、更なる追加点が欲しかったですね。
ランナーが出塁後に、打撃が淡白になってしまいました。
反省点を修正し、次回2勝目を上げましょう!
負け組コメント
3月10日、Shek Kip Meiでの対ベアーズ戦。
新戦力・知念さんを迎えての10名で挑んだ試合。
最近の櫻らしく、攻撃守備ともに声を出して、打っては走り繋ぐ野球を狙うも、初回8点ビハインドの借金が大きく、11対8と3点及ばずの敗戦。
下位打線が粘っての四球で出塁するも、上位打線が守備正面や好守備に阻まれ、大量得点につなげられなかったことが敗因か。
チームの雰囲気は悪くなく、次回試合で雪辱を晴らしたい。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:金塚
敗戦投手:谷本
アタッカーズ 0 0 2 0 2         4 HR:
サンダース 3 5 3 5 X         16

HR:黄、依田

勝ち組コメント  
3月10日、快晴
68期第7節は、ちょうど折り返し地点、アタッカーズさんとの一戦。
サンダースは、ここまで無傷の6連勝、後半に向け、勢いをつけたい大事な一戦だ。
初回の立ち上がりの守り、四球と連打により、満塁のピンチを迎える。
しかしながら、エース金塚、続く打者をセンターフライで打ち取り、何とか無失点でしのぐ。
その裏の攻撃、現在HR王の黄、まさかの三振で倒れ、続く阿部も左翼飛で簡単に二死となる。
二死から相手エラーで稲田、Johnがエラーで出塁すると、依田のHRで3点を先制する。
2回の攻撃では、さすがHR王、黄のスリーランも飛び出し、効果的に5点を加点する。
下位打線に当たりがない無い中、上位打線は好調を維持。
4回までに二桁得点で投手陣を援護、リリーフ宮定が連打を浴びるも、最小失点で逃げ切った。
しかし、その中で最近当たりが停滞している稲田が、一人ブツブツ何かベンチでぼやいていた・・・。
眠れる獅子稲田よ、心配するな、20代は誰でも悶々と苦悩するもんじゃ!
気温が一気に上がるこれからの季節は、若い君が主役です・・・きっと。
負け組コメント
現在、2勝2敗と勝率5割のアタッカーズ。
今日の対戦相手は、今季無敗のサンダースさん。
今日は10人と、ぎりぎりの人数で挑む。
初回、タニモトが四球を選び、Oサトが二遊間を破り、さらに監督アサノも一二塁間を破るゴロで、いきなり二死満塁と攻めるも、後続を断たれる。
その裏、タニモトは快調にアウトを2つとるも、そこで思わぬアクシデント。
レフトへのライナーを、フジトが捕球しそこねて出血。
出番は後半とベンチに座っていた、最後のコマ・Tヤマモトまでが守備につく。
もはや、これ以上のトラブルは許されない状況。
タニモトは制球は安定するものの、守備も乱れて、この回3点を失う。
まだ勝負はこれからと、2回表に2死よりウダが四球を選び、さっき見逃し三振のオザワが、ポテンヒットでランナーをためるも、もう一本がでない。
その裏、5点を失い一方的な試合になり、とにかく1点のほしいアタッカーズ。
ドイのライト前・Oサトのファースト後方ポテンヒットで、無死1・2塁とチャンスをつくるも、相手投手の踏ん張りにより、二死二・三塁。
ここで、下位打線の筆頭・T山本。
打てそうもないから、せめて球数投げさせようと、第一打席とこの打席、ねばりにねばり、甘い球がきたのを左中間にはじき返し、待望のタイムリー2塁打。
4回裏には、2死からGムタがマウンドに立ち、1球で打ち取る仕事ぶりを見せる。
最終回となった5回表、Oサトの2塁打を皮切りに、リリーフ投手をせめたて、2点を返すも及ばず。
今日は、ランナーは出したものの、打線がつながらず。
う〜ん、もっとチャンスに打たねば!!!
(C) Copyright is reserved by HONG KONG SA Men's AA LEAGUE