AAリーグ第69期 スコアボード

TOPページ >>第1節〜第10節 >>第11節〜第20節 >>第21節

第20節 5月18日

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:森實
敗戦投手:鈴木

サクラ 0 2 5 1 4         12 HR:清野 中
パイレーツ 5 0 0 5 1         11 HR:村山
勝ち組コメント  
5割復帰がかかった櫻、今日の相手はパイレーツさん。
先行をとった櫻、初回ファーボールのランナー二人をおいて、打撃好調のキャプテン増山が打った打球、当たりは良かったがサードベースの真上、まさかのダブルプレーでチャンスメイクできず、4番清野も平凡な内野フライに終わり無得点。
その裏、勢いにのるパイレーツさんの怒涛の攻撃にあい、いきなり5点のビハインド、苦しい立ち上がり。
嫌な流れをとめたい櫻、その裏、ファーボールと山本のレフト前タイムリーで2点をかえす!
そこから、エース森實が2回、3回と無得点に抑える圧巻のピッチングで、流れが櫻に。
3回の櫻の攻撃、玉江の三遊間に飛ぶ絶妙のヒットで出塁すると、そこから1番呉山、ファーボールで出塁、2番山口のレフト強襲のあたりは相手のファインプレーに阻まれるも、3番増山が先ほどの借りをかえす右中間の2塁打、そしてここから櫻が誇るクリーンナップ!
5番中の「俺がいるぞ!」との声掛けに奮起した4番清野が、センター場外にまで飛ばすホームランで逆転、続く中もなんとライトに飛ばすホームランで、なんと4番・5番のアベック弾が飛び出し、勢いは櫻に。
このまま一気に突き放したいところも、パイレーツさんの強力上位打線に捕まってしまい、この試合再びビハインドの苦しい展開。
時間的に最終回、打線は1番呉山からの好打順。
その呉山、鮮やかなセンター前ヒットで出塁し、勢いを引き寄せる。
増山ファーボールで4番清野が渾身のレフト前、5番中の犠牲フライで1点差、期待がかかる6番鈴木が、左中間の2塁打で逆転!
8番藤田もセンターに落として追加点。
最終回、このまま終わりたいところだったが、いきなりパイレーツさんにホームランを打たれ、1点差にまで詰め寄られるも、最後はエース森實が粘りの投球で振り切り、櫻苦しい戦いをものにし連勝で勝率5割に!
残り2試合、全部勝って、今シーズンを終えたいところ!!
負け組コメント
69期第九戦!
先週雨で流れて、5月唯一の試合。
結構人数が集まり18名、青監督は未だDL入りだが、谷津前監督の香港復帰があり、今日は是非勝ちたい試合です。
いつもと違って後攻のパイレーツ、1回表の守備、鈴木投手苦しい立上がりを、サード高橋の好守で切り抜ける。
裏の攻撃、1,2番が連続安打で出塁し、3番近藤Aのタイムリーで先制、4番はフライに打ち取られるが、5番谷津、6番高橋の連続2塁打で更に得点、この回一挙5得点と、良い流れのゲーム展開!
2回の攻防は2失点、パイレーツ無得点。
3回に入り相手打線に捕まり、2本塁打を含む5失点で逆転される。
裏の攻撃、今日は下位打線が機能せず無得点。
4回表、1失点で凌ぎ裏の攻撃、上位に回ってブランクを感じさせない5番谷津の逆転打、6番高橋のタイムリーが飛び出し、2点リードで逆転する。
5回表、相手先頭打者に安打、盗塁、四球もあり、再び相手打線に捕まり逆転される。
最終回裏、2点ビハインドで、村山のライトギリギリに飛び込む本塁打で1点差に詰めよるが、後続が打ち取られ万事休す。
11対12で悔しい敗戦となりました。
新人、復帰組も含めて人数も増え、心強い限りですが、調子の良い選手と悪い選手がハッキリしています。
次こそ勝利できるよう、全員調子を上げて行きましょう!

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:吉冨
敗戦投手:迎
ブレーブス 0 7 2 0           9 HR:
イーグルス 2 3 4 1           10 HR:
勝ち組コメント  
前戦で惜敗し、勝率5割にしたいイ軍は、新人1名を加え計14名で、ブレーブスさんとの1戦に臨みました。
初回の表の守備。
今期0点で切り抜けたことが無いイ軍でしたが、先発タフマン吉富が丁寧にコーナーを突き、守備のファインプレーにも助けられ、0点で切り抜ける。
1回裏の攻撃、先頭水田博士が四球で出塁しすかさず盗塁、2番もうすぐパパ高島がライト前ヒットを放ち1点先取。
続くマッスル木下は力んだのか三振、4番いぶし銀才木はショート内野安打で出塁、四球等で出塁し2-0とする。
続く2回表、タフマン吉富が相手打線につかまり、一挙7点を許す。
5点差を追いかけるイ軍は、四死球にヒットを絡め3点をかえし、5-7と差を詰める。
3回表は2点を許し、5-9と離される。
しかしその裏も、疲れの見え始めた相手ピッチャーから大量の四死球に、ジャーマネ小林が2塁打を放ち、とうとう同点に追いつく!
最終回表をは0点に抑え、その裏の攻撃、フランク三浦ー、水田博士は四球に盗塁を絡めサヨナラのチャンスを広げる。
ここで、もうすぐパパ高島がサヨナラライト前ヒットを放ち、自身の誕生日に花をそえた!
10-9で勝利しましたが、残塁多く、チャンスをつぶした機会が多い試合となりました。
負け組コメント
朝から蒸し暑さを感じる天光道グラウンド。
その暑さは、後の試合を予期するかのように熱気に変って行った。
先に、試合結果は9対10と負けたが、激しい熱戦が繰り広げられた。
特に際立ったのは、2回の攻撃。
ブレーブスの打線が大爆発、11打者で計7点を奪った。
続く3回にも、追加点をあげた。
単発ながらも連打を出せるブレーブス打線に、今後は更に期待出来そう。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:長谷川B
敗戦投手:鈴木
ベアーズ 0 2 0             2

HR:長谷川B

コンポードー 27 2 13             42 HR:渡辺 新居 小佐野
長谷川B
勝ち組コメント  
7連勝と波に乗るコンポードー。
今期残り3戦を全勝し、2位に望みをつなげるためには、負けられないベアーズさんとの1戦。
先発は歯B。1回、ベアーズさんの攻撃を四球を許すものも、サード本田の良いプレーもあり、4人で終わらせる。
その裏、相手ピッチャーの制球が定まる前にランナーを溜め、無死一、三塁のチャンスを作る。
ここで、最近打率下降気味のウーウェイが打った会心の当たり。
打点王をひた走る、1.新居.3の前には、ランナーを残さないと言わんばかりのライトへの完璧な当たりで、3点を先制する。
その後も、相手ピッチャーのボールをしっかりと見極めチャンスを作り、SEXY、歯Bの満塁ホームランもあり、1回に一挙27点をあげる。
2回表、ピッチャーは歯Bに代わり、SEXYがマウンドへ。
簡単に2アウトを取るものの、四球からリズムが崩れ、3連打もあり2点を失うが、後続をきっちり仕留め、裏の攻撃にうつる。
2回裏、歯Bの犠牲フライなどで2点を追加。 3回のSEXY。
チャンスは作られるものの、要所を締め0点で切りぬける。
最終回となった3回裏。
得点差はあるものの、攻撃の手を緩めないコンポードー。
1.新居.3のHR、歯Bのこの日8打点目となるタイムリーなどで13点を追加し、ゲームセット。
打点王争いのトップをひた走る1.新居.3は、2打点と打点を稼ぐことはできなかったが、全員が打点を挙げ、一人ひとりの役割をしっかりこなせたゲームだったのではないかと思います。
残り2戦、連勝し、クリパで良い席に座りましょう!!
負け組コメント
時間の大半を守備に費やした試合だった。
相手打線にボールを見極められ、無理にボール球に手を出さず、打つべき球を的確に捉えられた。
悲惨な試合内容だが唯一、2回の攻撃で鈴木が右中間に目の覚める3塁打を放ち、島の死球を挟んで松澤のこれまた右中間の3塁打で2点を挙げた。
下位打線の連打で点を奪えたのは、大きな収穫でした。
次回も気持ちを切り替えて頑張りましょう。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:丸山
敗戦投手:谷本
アタッカーズ 0 0 0 1 0         1 HR:
ロイヤルズ 3 6 1 7 5         22

HR:大井

勝ち組コメント  
初回の攻撃、安打出塁の木下は盗塁で三進、丸山の犠飛で先制のホームを踏む。
白杉の安打と疇地、能見の四球で満塁とすると、二死から中島、澁谷の連続押し出しで2点を追加する。
(…なおも満塁の好機に、次打者はまさかの…!)
2回は八武崎の中前打、城倉、根本が四球で、下位から理想的な好機をつくり、トップへ。
丸山、疇地の連打で4得点、白杉、能見の連続四球で、またも満塁と好機再到来。
ここで新たな境地、今節もマスクのシンボーグ大井が、左前への適時打で2点を加える。
3回、赤石監督の二塁打と城倉の中前打はあったが、後続3人は悲しい連続の凡打…
トップから始まる4回の攻撃は、木下、丸山、疇地の連続四球で無死満塁。
能見の2点タイムリーに発奮した(顔色は悪い)大井は、負けじと左中間への3ランHR!
中島四球、澁谷が中前打でつなぐと、赤石監督が中越えの適時二塁打を放つ。
さらに、国分にも適時打が飛び出し、この回、一挙7得点を挙げる。
暑さと湿気に辟易の今節だったが、守備に破綻なく、丸山―中島の継投で1失点。
最終回にも安打と3四球、中島の3点適時打等で5点を加えてゲームセット。
今季も残り2節、借金完済後、ようやく勝ち星が先行しました。
次節はついに…、あの人に…、安打が…?、乞うご期待!!
負け組コメント
小澤新監督体制の第一戦。
1回2回3回と先頭打者が出塁するも、後続を断たれる。
4回に小沢監督の三塁打。
大里元監督のタイムリー二塁打で1点を返し、反撃ムードもここまで。
先発は久しぶりの谷本。
初回、2回と四球タイムリーで失点を重ねるも、3回には立ち直る。復活の兆しがみえてきた。

第19節 5月11日


全試合雨天順延 (6月29日に変更)

第18節 4月27日

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:金塚
敗戦投手:迎

ブレーブス 1 7 1 0 0         9 HR:
サンダース 4 1 3 2 X         10 HR:太田
勝ち組コメント  
4月27日、第10戦。
今日のお相手は、古豪のブレーブスさん。
サンダースは、新加入の津曲(つまがり)を含む15名で挑む。
腰痛の金塚は大事を取り先発回避、今期加入の三村が先発のマウンドに立つ。
その初回の投球、先頭を遊撃ゴロで仕留め、何とか試合になりそうな感じ。
と、思ったのも束の間、連続4四球を与えてしまい、ノーヒットで1点与えてしまう。
さらにピンチは継続、大量失点の予感が。。。
しかし、続くバッターを6-4-3のWプレーで後続を何とか絶つ。
裏の攻撃で太田の2ランなどで逆転するも、2回表に再逆転されシーソーゲームに。
途中から登板した腰痛金塚、6安打を許すも、エラー絡みの2失点と好投。
最終回、1点のリードを保ち、前節櫻戦に続き、辛くも逃げ切った。
あと残り三試合、目指すは全勝優勝だー!ってことで良いでしょうか、かんとくぅ。
負け組コメント
前期優勝、今期もここまで全勝のサンダースさんを相手に大番狂わせし、優勝を目指す他チームからお褒めの言葉を頂けたらなぁっとちょと思いつつも、実際のところは前期完封負けを喫しているので、兎に角1点は取ると挑んだこの試合。
相手投手は前期MVPの金塚大投手ではなく(腰痛の為らしい?)、始めて対戦する投手に、一回表連続4四球で幸先良く1点をとる。
ただ後続が続かず1点どまり、それが影響したのか、その裏あっさり4点を取られ逆転を許す。
このままずるずる行くのがこれまでのブレーブスだが、この日は違い、2回表下位打線が繋がり、金塚投手も引っ張り出し、大量7得点とBIGイニングに。
このまま何とか勝ちきりたかったが、地力の差かじりじり追い上げられ、4回裏には逆転を許してしまい、最終回の5回表得点出来ずTHEエンド。
今期もあと3試合、1勝でも多く出来るよう頑張りましょう!!

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:丸山
敗戦投手:山崎
ロイヤルズ 1 1 2 1 2         7 HR:
ベアーズ 2 0 0 2 0         4 HR:米澤
勝ち組コメント  
『 人生初 』
勝てば星を五分に戻せる、ベアーズさんとの一戦。
大事な大事な初回の攻撃は、先頭から驚愕の二者連続三振(振り逃げ1)…。
しかし老成持重、疇地はキッチリと四球を選び、PBで二、三塁とすると、白杉が毎度の重圧にさらされながらも、遊横に転がし先制。(その後のプレーは内緒です…)
先発丸山が2ランを浴び、逆転された二回の攻撃。
人生初マスク、掛け声もどこか初々しい大井が、口火を切る中横への2塁打。
赤石監督は内野安打、城倉四球で満塁の好機。
前打者の悲しい(初球)投ゴロを目の当たりにし、気合十分の澁谷は、バットを折られながらも、左前に落とす適時打で試合を振り出しに戻す。
三回、木下、疇地が安打出塁後、白杉、能見の四球の間に、PBで2点を勝ち越し。
四回、先頭の赤石監督が四球、二進した二死から失策で生還し、1点を加点。
疲労困憊の丸山(だけでは無いが…)が、二人の走者を出したところで、中島にスイッチ。
代わりバナに適時打を打たれるが、後続は絶ち、1点リードで最終回へ。
疇地が一、二塁間を破ると、死球出塁の木下が生還。(ナイスラン!)
どさくさに紛れ三進した疇地を、白杉が今節2本目の適時打で迎え入れる。
大井の内野安打、中島の四球で二死満塁となるが、次打者は…(結果は内緒)。
ベアーズさんの攻撃を、中島は走者を許すが、無失点で切り抜け、7−4でゲームセット。
今節のヒーローはやはり大井、人生初マスクながら、今年一番の熱気の中、フル出場。
中盤以降、「暑いから」と、プロテクターを着けてませんでしたが、ホント危ないですよ…。
負け組コメント
立ち上がりに気を付けたいエース山崎だが、勝ちが続き調子が良くなってきた。
初回を最少失点で抑える。
その裏初回の攻撃は、先頭の伊藤(雄)が死球で出た後、2死3塁から米澤が逆転2ラン。
直後の2回表に同点を許したものの、この回も1点で切り抜ける。
その後も、山崎自身の暴投や味方の守備の乱れなどで、毎回得点はされつつも、大量失点はなく安定したピッチングを見せた。
対する自陣の攻撃は、積極的に行くものの、2・3回が得点ならず。
4回、先頭の松澤が左中間を破る2塁打。
今回初参加の塩野が、四球で1死1・2塁の場面で、トップの伊藤(雄)が右中間に2塁打で1点。
2番Philipの内野ゴロの間にも1点を返し、1点差としたがここまで。
勝ちが見える試合だったので残念でした。
もう少し得点力をアップして、0点のイニングを減らしたいところです。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:森實
敗戦投手:吉冨
サクラ 3 1 2 0 0         6

HR:清野(2本)

イーグルス 2 1 0 1 0         4 HR:
勝ち組コメント  
櫻がイーグルスに6ー4で辛勝。
4番清野の2ランなどで3点を先制、中盤には清野の2打席連続ホームランで突き放す。
相手イーグルスは、先発のエース森實をじりじり攻め、櫻は、再三のピンチを迎えるも、野手の好守備もあり なんとか逃げ切った。
負け組コメント
前戦勝率5割とし、勝ち越すべく新人1名を加え計12名で、サクラさんとの1戦に臨みました。
今期初回を0点で切り抜けたことのないイ軍は、今回も3点先取されてしまう。
裏の攻撃、先頭の水田博士がレフト前、ゆっくりとした返球の隙をつき一気に2塁を陥れる。
2番佐藤はセフティバントで出塁し、すかさず2盗を決める。
3番いぶし銀才木は、右中間を深々とやぶり、2塁を回り3塁を陥れようとした矢先・・・。
小学校の運動会のリレーでハッスルしすぎて体がついて来ず、派手に転倒するオヤジ状態に・・・。
それでも、生まれたての仔馬のように手足をばたつかせ、必死に3塁へ向かうが間に合わず、敢え無くタッチアウト・・・。
しかし、2点奪取で2-3とする。
2回も1点を追加され、2-4とされるも、裏の攻撃ではダンディ中原がセカンドエラーで出塁、ジャーマネ小林・タフマン吉富とヒットが続き、フランク三浦のライトフライ時返球がそれ、ボールデッドとなりダンディが生還し3-4とする。
3回表も4番に2ランを打たれ、追加点を許し3-6と引き離される。
その裏は2番からの好打順であったが、3者凡退で終わり0点。
4回は相手打線を0点に抑え、裏の攻撃では5番マッスル木下の2塁打の後、稲場ぅわぁライトフライで1アウト3塁とする。
ここでもってる男、ダンディ中原のフルスイングキャッチャーゴロで出塁、続く打者四球の後、ジャーマネのセフティバントでチャンスを作るも、タフマン吉富が3振に切って取られ、1点どまりの4-6。
続く5回は、お互い0点でゲームセット。
相手4番に2本の2ランを許し、惜敗してしまいました。
イ軍は傷心の4番の春はまだ遠い・・・。 。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:長谷川B
敗戦投手:森木
オオゼキ 0 0 1 4           5 HR:高見
コンポードー 6 1 0 0           7

HR:

勝ち組コメント  
強豪チームを破り、現在波に乗っているコンポード。
今日の対戦相手は、強打のオオゼキさん。
今期上位に食い込む為には、落とせない大事な一戦。
前回好投したピッチャー島尾様が欠席の為、本日は久々の“自称ローテーションの谷間”歯Bが先発。
最近、島尾様の成長が著しく、“谷間”歯Bとしても、イイピッチングをし存在感を示したいところ...
1回表、“谷間”歯Bがコーナーを丁寧に攻め、3人で相手の攻撃を終える素晴らしい立ち上がり。(記憶にないほど素晴らしい立ち上がり。と言うことは初めて?)。
1回裏、1番ヒロヒロが、得意のセーフティーバンドで出塁すると、2番、3番が四球で出塁し、ノーアウト満塁。
続く打点が多すぎてマートンならぬニートン、ローター、元4番、歯B、井野の5連打で一挙6点を上げる。
平均年齢40オーバーの5人が、大振りをせず短打で繋ぐチームバッティングで、理想的な初回の攻撃。
2回表も歯Bがコーナーを丁寧に攻め、相手の攻撃を3人で終える。
ここ数年にない素晴らしいピッチング。
2回を終了した時点で、誰も期待も予想もしていなかったが、歯B本人だけ「完全試合」を意識していたとのこと(?)
2回裏、ヒロヒロ、セクシーがヒットで出塁し、ここもニートンのヒットで1点追加点を加える。
しかし、後続が相手ピッチャーの緩急を付けた投球に打ち取られ、この回は1点のみ。
3回、4回、「完全試合」を意識した(?)歯Bの球が真ん中に集まり出し、相手打線に捕まり5失点。
やっぱり甘くなかった...
5回表、2点差で向かえた最終回、2アウト満塁のピンチを招くが、最後は歯Bが踏ん張りゲームセット(暑い中、よく一人で投げきった!)
後半、相手チームの方に完全に流れがいってしまい、以前のコンポードであれば、そのままズルズル失点を重ね負けてしまうパターンだったが、今はこのような場面でみんなが声を掛け合い、粘り勝ちができるようになった。
今期は、成長著しいコンポードの若手と、チームの勝利を最優先しチームプレーに徹するベテランが上手く噛み合い、ここ数年では1番イイ状態である。
残り3試合、3戦全勝で上位に食い込むぞ!
負け組コメント
リーグ戦第10戦は3勝目をかけて、現在3位の強豪コンポードーさんとの一戦。
1回表は、中山、田中、高見が内野ゴロと内野フライに倒れて3者凡退。
その裏、マウンドに君臨するのは、復帰したエース森木。
しかし、久々の登板で調子を掴 むのに苦しんだか、セーフティバント、四球、死球で無死満塁。
ここで、右前安打と、シ ョートの頭を越えるセンター前ヒットで3失点。
続く遊ゴロがエラーとなり、パスボー ルと連打で6失点。
しかし、無死一、二塁から三振。死球の後、内野ゴロ2つで懸命に追加点を阻んだ。
その森木の粘りに応えたいオオゼキ打線だが、2回表は根間、中内、寺脇が三者凡退。
2回裏は安打3本で1点を献上するが、三振と2つの内野ゴロで最小失点で踏ん張る。
3回表は藤井三振、河村内野フライの後、9番に打順を上げた鳥羽が、初めての走者となる右翼線3塁打を放つ!
森木死球のあと、赤沼がタイムリー2塁打で1点を返す!
3回裏は1安打を打たれるも、内野ゴロ2つとファーストフライでゼロ。
四死球がなく なり、森木が完全に立ち直った。
4回表は先頭森川が、3試合連続となるヒットを放ち出塁。
続く斉藤の当たりは、ライトの エラーを誘い、無死1、2塁。
本日デビューの正木は、フルカウントから遊ゴロ併殺崩れで、1、3塁に走者が残り、ここで中山は犠牲フライでまず1点。
2番田中が中前安打で繋いだ後、今日は打撃に専念できる好調高見が、反撃のスリーランアーチで5−7!
4番根間が安打と盗塁で繋いだが、5番中内は惜しくもショートゴロに倒れる。
1時間は過ぎており、時間が気になる中、4回裏は四球、安打で1死1、3塁のピンチを招くも、キャッチャーフライ、サードフライでまたもゼロ!
際どく1時間15分のコー ルを免れ、最終回の攻撃へ。
先頭寺脇は、出塁率チーム3位の実力通り、四球を選び出塁。
藤井はセカンドゴロに倒れたが、パスボールで2塁進塁。
河村もきっちり四球で、ランナーをためる。
鳥羽は内野フ ライに倒れて2死となったが、出塁率チームNO.1の森木も、しぶとく四球を選び、二死満塁!
一打出れば同点という場面!
しかし、先ほどタイムリーの赤沼は、惜しくもピッチャーゴロに倒れてゲームセット・・。
強豪コンポードーさんに、文字通り食らいついた一戦でしたが、初回の失点が悔やまれる展開でした。
ただ、終盤の追い込みは、次戦以降に繋がるものであり、森木も2回以降は粘りのピッチングで貫禄を示しました。
69期あと3戦、頑張りましょう!

第17節 4月13日

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:吉冨
敗戦投手:正木

アタッカーズ 3 1 1 0           5 HR:
イーグルス 9 0 4 6           19 HR:木下
勝ち組コメント  
勝率5割に戻すべく、11名で臨んだアタッカーズさんとの一戦。
試合当日、発熱で監督がDOWN(スコアラーで出席)、その他の主力選手も欠き不安の中、試合開始。
1回表アタッカーズさんの攻撃、初先発のタフマン吉富は3点先取される。
がその裏、銀の匙(さじ)水田博士のHITを皮切りに、マッスル木下・長谷の2塁打、サランヘヨ富安とジャーマネ小林のシングルに大量の四球が絡み、14打者で一挙9得点。
2回は1点に抑え、裏の攻撃は4番からの攻撃で、追加点を狙いたいところだが、0点で終わる・・・。
今季、試合後半追いつかれて逆転負けするパターンが多いイーグルスにとって、ここは挽回していきたいところだが、3回も1点取られ9-5となる。
しかし、今回は違いました。
その裏の攻撃はフランク三浦、銀の匙水田博士、サランヘヨの3単打に四球+相手エラーが絡み、4点を追加し13-5と引き離す。
完投を狙うタフマン吉富は、4回相手打線をを0点に抑え、イ軍打線に発破をかける。
その裏には、ジャーマネ小林のセーフティバント、ムッツリ村垣(注:あくまでもイメージです)のライト前、長谷のレフト前+相手エラーの後、とどめはマッスル木下のホームランで6得点を挙げ19-5となり、ゲームセット!
勝率5割とし、次戦は古豪櫻さん!勝ち越すぞ。
負け組コメント
5年にわたりアタッカーズを支えた、浅野監督の送別試合となったイーグルスさんとの今期第九戦。
幸い天気にも恵まれた。
初回、先頭打者の小沢次期監督の二塁打、今季好調の島田のセンター前で先制点。
大里の三塁打で2点目。
大里も返り、この回3点とまずまずの滑り出し。
さて、守りにつくアタッカーズだが、なんと投手がいない・・・
ここで、以前投手経験があると吠えるMを、先発のマウンドに送り込む。
Mの投げるいやらしいボールが審判に受け入れられず、四球連発。
さらにストライクを取りに行くボールを痛打され、アウトを取れずに無念の降板。
前の試合で初登板の本多が、飲み過ぎの体調不良のまま登板。なんとか後続を抑える。
その後、アタッカーズも攻めたてるが、なかなか攻撃が続かない。
本多は2回裏を零封したものの、その後も相手打線に得点を重ねられる。
最終回、これが香港最後の打席か?と浅野監督が打席に立ち、チームへの最後のはなむけと粘り、四球をえらぶ。
続く藤戸も出塁して、1死1・2塁のチャンスに山本。
が、必死の打球はショートライナーとなり、併殺。試合終了。
まだAクラス入りの可能性はある。残り試合も頑張ろう。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:山崎
敗戦投手:鈴木
パイレーツ 4 0 0 0 2         6 HR:
ベアーズ 3 4 0 0 2         9 HR:
勝ち組コメント  
久しぶりの連勝。エース山崎の投打の活躍が光る。
パイレーツさんに4点先取されて迎えた初回の攻撃は、3連続四球の後、山崎のヒットで先制、その後も押し出し、相手のエラーから3点を返す。
2回の攻撃は、田中四球後、JUNGの内野安打、ステファンの死球で満塁とし、伊藤のヒットで同点とし、押し出し四球後、山崎の2点タイムリーで引き離す。
その後は、お互いに点が取れない中で迎えた5回は、エラー絡みで2点を返され同点。
サヨナラの期待がかかる、その裏の攻撃は、3連続四球で満塁で、バッター角田。
自分で試合を決めてやろうとの気合充分。
その気合が通じてか、ワイルドピッチで勝ち越し。
その後は、角田が犠牲フライを打って追加点で引き離し、試合終了。
(後でスコアーブックを確認したら、2回4点でした。試合中は、2回3点と勘違いし、5回ベアーズの攻撃の際、1点とればサヨナラと勘違いしてましたが、もともと5回に入る段階で勝ち越してました、、、すいません)。
今日のヒーローは、投打に活躍した山崎、そして10キロマラソン後、参加したステファン。
ステファンは、試合後家族とハイキングに行くため、すぐに球場を後にした。どんだけタフなんだろ(笑)
負け組コメント
69期第八戦!4月パイレーツの唯一の試合。
本日も新人含めて16名が集まり、ベアーズさんとの試合です。
先攻パイレーツ1回表の攻撃、1番鈴木健選手の見事なセンター返しで出塁、2,3番四死球で満塁とし、4番に座った小泉選手の2点タイムリーで先制!
相手ミスもあり、この回4得点。
1回裏、鈴木健投手、立ち上がり制球に苦しみ3失点。
2回表、アッサリ3者凡退、裏に3失点で2点ビハインド。
3回表、またまた3者凡退と、2,3回の無得点がゲームの流れに重くのしかかる。
3回裏を無失点で凌ぎ、4回表に近藤A選手のタイムリー、相手ミスで2得点し同点とする。
最終回、相手エラーと四球で一死満塁とし逆転のチャンスを迎えるが、葉佐、藤井雅選手2者連続で内野ゴロに打ち取れ、逆転の夢潰える…。
試合は最終回裏に、連続四球とワイルドピッチで呆気なくサヨナラ負け。
青監督ケガで打席に立てず、復帰予定のY元監督も参加できず。
後半戦苦しいスタートとなりました。
次戦まで1ヶ月あるので、反省と巻き返しに向けトレーニングしておきましょう。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:中村
敗戦投手:川満
カイザース 2 0 0 0 1         3

HR:

ドリームス 7 0 0 0 9         16 HR:渡部 佐藤
勝ち組コメント  
前節の劇的サヨナラから2週間。暑さが本格化してきた石z尾第一試合。
2期連続で勝てていない苦手とするカイザースさんとの一戦に、ちょっぴり少な目14名(+遅刻者1名)で臨みました。
初回の守り、先発キャメルは、先頭打者にセンター前ヒットを許すも、2番を打ち取り1アウト。
3番打者に、ライトへふらふらとした打球を打たれる。
49歳お総裁、猛ダッシュも届かず、さらにボールはライト後方を転々とし、1点を奪われる。
4番を四球にて出塁許すと、5番のファーストゴロの間に2点目を奪われる。
後続は三振に切って取り、2点ビハインドの展開に。
すぐに追い付きたい初回の攻撃、先頭バチオはセンター前で出塁(WPで2塁)。
2番T-AKBは、ショートゴロでランナー進めず。
3番SHUHO、レフト上段に突き刺さる特大の一発で同点。
4番MT四球でチャンスメイク、5番たかじぃ、6番お総裁四死球で満塁に。
ここでFerryさんに、右中間を破る大きな走者一掃スリーベースが飛び出す。
続くゆ〜き副キャプのレフト前タイムリーが加わり、さらに1点。
キャメルがエラーで続き、ホリエモンのショートゴロの間にさらに1点。
ランナー2塁に残るも、菅マネーはサードフライで7点で終了。
2回以降4回までは、先頭打者に出塁は許すも、粘りのピッチングで「0」で切り抜ける。
逆に夢軍団も出塁はあるも、下位・上位ともに連打は生まれず、試合は膠着した展開に。
5回もランナーを3塁まで進められるが、2アウト。
ここの踏張り所に、パスボールにて1点を奪われ4点差・・・しかし後続は切って取る。
5回裏、試合が動いたと同時に、夢軍団の攻撃も爆発。
たかじぃの満塁ホームランを含む6安打2四死球2エラーも加わり、9点を奪いゲームセット。
大きな山場を乗り切った夢軍団、今後も厳しい戦いが続きますが、各自自己管理をしっかり行い、全員一丸で優勝しましょう!ね?助監督!!!
負け組コメント
本日のドリ戦、優勝するには負けられない一戦だが、主メンバーの内三名が参加できず、苦しい状況、
ほぼ毎試合ベストメンバが揃わない苦しいチーム状況下、何とかここまで7勝2敗と踏ん張るカイザース。
今日もその粘りで、勝利と意気込で迎えたドリ戦、初回表の攻撃、先頭の中野のヒット、2番打者は凡打するも、川満のツベースで1点を先制、その後、松本の強烈なあたりのファースト強襲かと思えたセカンドゴロの間に1点を奪い、幸先良く2点を先取!!
これで行けるかなと思ったのもつかの間、我等がエースの制球が定まらない間に、強打ドリームス打線に7点をその裏奪われる。
しかし、2回以降、制球を取り戻した川満投手、零点に抑えるナイスピッチング!!
が、相手投手もリーグ屈指の好投手、カイザースもその後1点しか奪えず、逆に最終回エラーも絡み9点を奪われジエンド!!(涙)
しかし、しっかり守れば勝てる実力は、あります。
次戦は、現在首位を走るサンダース戦、ここに勝手、優勝の望みを繋げましょう!!
今回、久々の参加の中野選手、3塁打を含む3打数2安打はさすがでした、次戦も是非、参加願います!!

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:島上
敗戦投手:田中
エンジェルス 3 0 2 1 4         10 HR:富田
ツナーズ 4 0 7 0 2         13

HR:小川義(2本) 松倉(3本)

勝ち組コメント  
『覚醒!ホームランバッター』
ここ2試合の連敗で、どことなく元気のないツナーズ。
なんとしても連敗を阻止し、是が非でも勝ちたい本日のお相手は、強豪エンジェルスさん。
打順をテコ入れし挑みました。
初回の守りで3失点。
なんとなく前の2試合からの負のオーラを引きずっている感が漂うが、1回裏の攻撃で、本日1番に起用された小川が、悪い雰囲気を払拭するかのようなライトへのソロホームラン!
2番阿部、3番HEIWANはフォアボール、続く4番松倉も小川に続けとばかりに、初球をレフトへかっ飛ばし3ランホームラン!3-4と逆転に成功。
2回は両チーム無得点で、続く3回表に2失点で5-4と逆転される。
3回裏の攻撃は、13番河野から。
ライトへのヒットで出塁し、1番小川へつなぐ。
1回同様ホームランを期待されると、その期待に応えるかのように、またまたライトへホームランで2点追加。
1アウト後にHEIWANがヒットで出塁し、続くバッターは4番松倉。
小川に続いてホームランを、とのツナメンからの期待にこちらも見事に応え、2ランホームラン。
5番島上がレフトフライで2アウト後、6番砂永、7番高橋がフォアボール。
続くバッターは、8番JOE。
初球を右中間へ運び走者一掃、2点を追加。
9番藤井もライト前ヒットで、さらに1点を加点。
この回で7点を奪い、5-11と再逆転。
勢いにのってリズム良く行きたいところだが、4回に1失点し、その裏の攻撃は3者でピシャリと抑えられ、いまいちリズムに乗り切れないツナーズ。
5回表にヒット、エラーであれよあれよと4失点。
気づいてみれば、離れていたはずの点差も、いつの間にか5回表を終わった時点で10-11と1点差に。。。
が、ここでスコアラー、ツナメンを発奮させる為に「今、同点です!」と一言。
慌てるツナメン、バッターは1番小川から。
3打席連続ホームランを期待し、ツナメンから「ホームラン!」の声援が飛ぶ。
そんな中、冷静な島上投手は「内野フライ打ちそうやな〜」。
結果、見事に予想的中、サードフライトに倒れる。。。
2番阿部がセンターへのヒットで出塁。
3番HEIWANへも「ホームラン」コール。
今度は全員がホームランを期待するが、力みが出たか、初球をセンターフライで2アウト。
4番松倉へも、もちろん「ホームラン」コール。
ヒットでつなぐことではなく、誰もがホームランを期待。
というより、自分に回ってくる前に決着をつけてほしいとの他力本願が垣間見える・・・。
3ボール後に甘く入った球を見逃さずセンターへ運び、本日3本目のホームラン!!
13-11でサヨナラ勝ちという雰囲気を作り、盛り上がるツナメン。
試合終了後に、実は5回表終了時点で1点差で勝っていたことを報告。
というのは真っ赤な嘘で、スコアラー、完全に失点数を勘違いしていました。ゴメンナサイ。。。
試合終了後は、久々に全員でミーティングもし、その後も飲茶で美酒を味わうことが出来ました。
が、しかし、今回のゲームは小川2ホーマー3点、松倉3ホーマー7点と、ホームランバッター頼りは否めません。
ホームランバッター不在時のことを考え、打線をつなぐことを意識し、残りの試合を取り組んでいきましょう!
負け組コメント
今期、なかなか勝利できない天使軍団、上位に君臨する豪打ツナーズさんとの対戦。
初回、曲者吉田、普段はエロいバンドを決めるところ強打に出て、左中間を破る2塁打で出塁。
続くStephen、投手前にうまく転がし、俊足を見せ出塁。
本日、覚醒してしまった新宴会部長トミーこと富田、レフト上段に突き刺さる本塁打〜。
この日クリーンナップ復活のドン松樹、御年とは思えぬ素晴らしいスイング、レフト超え二塁打。
監督崎ちゃん、レフト前に弾くも、チュパ澁谷倒れこの回、幸先良い3点先制。
その裏、1番、4番に文句無しも本塁打を浴び、4点を許すも、まだまだ分からないシーソーゲームに。
2回、暴君山田、豪快なスイングもサード前に倒れる。
オッパ酒井、ボクサー新井と倒れ、この回三者凡退。
2回裏、三振含む文句無い内容で、田中、豪打ツナさんをゼロに抑える。いや〜痺れる投球でした。
3回、先頭のご意見番田中、ショート強打で出塁。
曲者吉田、P前にうまく転がすも流石ツナさん、うまく裁かれ1アウト。
Stephen、センター前にお手本安打。
ここで一本欲しいが、ダーリン中込まさかの三振。
しかし、本日はこの男が待っていた。
トミー富田、レフト前に弾き、逆転! ここまですべての得点を1人で。
ドン松樹、四球を選び、またまたチャンスで監督崎ちゃん。
アウトコースを絶妙に流し打ち・・・抜けたかと思いきや、名手す○が氏のファインプレーで2点止まり。
3回裏、疲労が出てきたところを豪打打線につかまり、7点の大量失点を許す。
4回、チュパ澁谷倒れ、暴君山田も三振・・・
何とかしたいところ、オッパ酒井の痛烈なレフト前でチャンスを作る。
ボクサー新井のワン・ツー打法が、右中間を破る二塁打に。
オッパ生還し1点追加。
田中、うまく打ち取られてしまい、この回1点のみ。
だがだが、本日は何かが違う天使軍団、その裏をゼロ点に抑え、最後の攻撃に。
トップに還り、曲者吉田、サード前セフティーで、いつもの曲者ブリ全快。
Stephenセカンドフライに倒れ、ダーリン中込、鬱憤を晴らす痛烈な打球は左中間に入ったかと思いきや、フェンスぎりぎりの三塁打、曲者生還で1点追加。
ここで、本日覚醒のトミー富田、期待が掛かるもショートフライ。
ドン松樹、まだまだ終われない、レフト前でダーリン生還。2点目。
監督崎ちゃん、左中間を破る二塁打、そして娘さん合格おめでとう!
ちゅぱ澁谷、レフト前に綺麗に返し、ドン・崎ちゃん生還。
あと1点で暴君山田へ、粘りに粘るもショートゴロに打ち取られ、敢え無く逆転に失敗。
最終回、本塁打で2点を失うも、湿気むんむんの中、良く投げ切りました。お疲れ田中投手。
今期勝率過去最高に悪い天使軍団、残り1試合でも多く 勝てるよう、チームプレーで頑張りましょう!!

第16節 4月6日

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:川満
敗戦投手:迎

ブレーブス 4 1 0 0 0         5 HR:迎 丸川
カイザース 3 0 4 4 6         17 HR:松本
勝ち組コメント  
このところ、走塁・守備を徹底するスタイルで勝ちを重ねてきている中、そのスタイルを確固たるものにすべく臨んだ一戦。
初回4点を先制され、追いかける展開でゲームスタート。
1回裏に3点を返すも、序盤はペースを掴みきれずに、3回まで劣勢が続く。
そんな中、やはり流れを変えたのは守備と走塁。
セカンド松木さんの好プレーや、チーム全体の次の塁を狙う姿勢が、徐々に流れをカイザースに引き寄せる。
3回裏に逆転して以降は、一気に突き放して、とどめは哲さんのセンターオーバー満塁アーチ!
ナイスバッティンでした!
この調子で、来週も勝つぞー!
負け組コメント
カイザース戦に向かうブレーブスは、社会に円陣で多島助監督からの激が飛んだ。
「目的のある打ち方をして欲しい」。
早速答えたのは、4番打者だった。
一回表、四球で出たランナー二人を置いて、4番打者迎の打球はセンター頭上へ、快心の当たりは先制の3ランホームランとなった。
また、この試合圧巻だったのは、2回表9番打者丸川の打席であった。
1ボール1ストライクからの3球目、内角球を見事に捕らえた打球は、右中間の中段に飛び込む、耐久時間の長い大きなホームランとなった。
試合後、今期第一号に喜ぶ丸川は、「打った瞬間、真で捕らえた感触はあった。腰の開店で打てたのでは、、」
「3球目前の多島助監督の激が良かった、あれで吹っ切れた。」と話している。
試合結果とは別に、大きな収穫のあった試合だった。
次回は27日サンダース戦、飛躍するブレーブスに注目したい。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:島尾
敗戦投手:島上
コンポードー 1 0 0 0 3         4 HR:島尾
ツナーズ 0 0 1 1 0         2 HR:小川
勝ち組コメント  
『シマシマ、ピノキオ、おにぎり戦犯、改め、島尾様』
気が付けば5連勝で、強豪も破って今期は何かがちゃうコンポードー。
しかし、今節はクリーンナップの123とローターが欠席という、「飛車角落ちで名人に挑む奨励生」みたいなもん。
初回、相手エースの立ち上がり、制球定まらず3四死球で無死満塁のチャンス!
ここで、4番には2009年2月以来、実に5年ぶりに復活の岩間(ニックネーム募集中♪)。
しかし、久しぶりの打席で、しかもいきなりチャンスで緊張したのか、セカンドライナーに!!!!
それを二塁手セコトミーさんがボールを落としてしまい、ゲッツーを狙うも、満場一致で「故意落球」ということで、打者の岩間だけがアウトに。
そして5番ウーイェイ、2ゴロゲッツー崩れの間に、何とか1点を先制。
しかし、後続絶たれ、結局1点しか奪えず。。。
裏の守備は、先頭を四球で出塁させてしまうも、次打者の初球での盗塁を、捕手井野が見事な送球で刺して1アウト(これめっちゃでかい)。
その後好打者が続き、ビビリながらのピッチングの島尾様であったが、低めとコースに投げ分けて何とかかわし、相手強力打線をゼロに抑える。
2回の攻撃は淡白で、2三振を奪われ三者凡退。
裏の島尾様も踏ん張り、ゼロに抑える。
3回は、四球の走者を2塁に進めるも、あと1本が出ず、ゼロ行進。
その裏、四球と安打で無死満塁の大ピンチを迎える。
「島尾様の集中力もここまでか・・・」と思いきや、ファースト岩間の好守などで粘って、2アウトまで漕ぎ着ける。
続くショートへの難しいゴロを、バッティング不調のヒロヒロが捌けず、1点返され同点に。
しかし、ここでズルズル行かないのが、今期のコンポードー!
次打者の、もっと難しいゴロを、広瀬が上手く捌いて3塁封殺でチェンジ。
4回の攻撃は、無死から歯Bが粘って四球で出塁するも、後続がまた抑えられゼロ。
嫌なムードがしたところで、その裏、相手3番にライトへ大きなソロホームランを打たれ、遂に逆転を許してしまう。
しかし、島尾様はしっかり切り替え、センターの歯B、ライトのウーイェイのスーパー好守で援護し、1点ビハインドで5回を迎える。
5回表、何とか出塁したい先頭打者小佐野、粘ったあと右中間へ大きな2塁打。
試合後に分かったのだが、何とかこれがチーム初ヒット。。。。。(危なかったし。)
キャッチャーでリードと守備面で頑張る井野は、本日2回目の見逃し三振に倒れ、とん勝四球、監督凡退で2アウト1・2塁。
試合時間も1時間15分を過ぎ、万事休すかとみんなが思ったその時、最終打者島尾が放った打球は、快音を残してライトフェンス上段に突き刺さる、まさかの大逆転スリーランホームラン!!
裏の守備は、相手の粘りで二死2・3塁で、一打同点のピンチだったが、島尾様の最後の1球はインコース低めに決まって、相手打者空振り三振!
強豪ツナーズさんに見事な逆転勝利!
好打者123、ローターの3番4番を欠き、相手投手に5回までノーヒットで苦しめられましたが、今日は島尾様を中心に、粘り強く諦めない守りで、何とか勝利を掴むことが出来ました。
・・・コンポードーって、こんなチームだったっけ?
負け組コメント
”TUNAS打線エンジンブロー”
前節に続き、打線が機能せず"負け”。
搭載するエンジンは、出力に疑いようのないほどパワフルだが、プラグに点火しない電気系統のトラブルでかかりが悪い。
小川に逆転のソロホーマーが飛び出し、一気に攻め切るかと思いきや失速。
こういう時は、徹底して守備練習か?
夜間の自主練は、控えるべし!

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:丸山
敗戦投手:高見
オオゼキ 3 0 5 0           8

HR:福士

ロイヤルズ 9 8 0 X           17 HR:白杉 橿村
勝ち組コメント  
『 コラボ 』
城倉団長が負傷欠場、意気込み素晴らしい団員達が、外野両翼に配置され試合開始。
球威のない先発丸山が四球、安打で塁を埋められると、意気込みは素晴らしい団員達 の芸が飛び出す、魅惑のコラボレーションが初回から展開される。
疇地 - RYOさんの好連携、木下の好守備はあったが、流れは変わらず…。
…調子の上がらない丸山と団員達とのコラボは続き、アレよアレよと失点を重ねてい く。
(全てのカバーに右往左往のメガネくん、お疲れ様でした…)
打線は木下、丸山、疇地の3連打で1点を返すと、白杉四球で能見の適時打で同点に。
さらに大井、中島、赤石監督、宇治川の四球、押し出しで3点を加えて、逆転、勝ち越し。
一死後、澁谷、吉原の押し出し四球と、燃える(?)八武崎の中犠飛で初回は9得点。
2回、根本、木下の四球、丸山左前打で無死満塁、疇地が押し出しの四球を選ぶと、コンパクトに振りぬいた白杉の打球は、あっと言う間に右翼フェンスを越える満塁弾。
能見は左前打、大井が中越3塁打(打点1)で続くと、中島四球、燃えた(?)宇治川の内野ゴロで1点を加え、RYOさんの右翼線への2ラン(ポテン)HRでシメて8得点。
3回、渡辺、根本の四死球で一、二塁の好機はあったが、凍りつくプレーがあり無得点。
丸山が3回途中で降板し、ようやくコラボは終了。
継投の中島が後続を断ち、4回の二死満塁も無失点に抑え、17−8でゲームセット。
メンバーの皆様、次節もよろしくお願いしますよ…
負け組コメント
リーグ戦第9戦は、ロイヤルズさんとの一戦。ちょっと少なめ12名で臨みました。
1回表、まず神田がよく見て四球で出塁。
続く三島は、右中間を鋭く破る二塁打。
神田が2塁、3塁を蹴って本塁を狙ったが、ロイヤルズさんの好中継の前に、本塁寸前タッチア ウト!
しかし、福士はレフト前ヒットで1、3塁とし、四番ピッチャー高見のショート頭を越えるヒットでまず1点。
5番田中もライト前ヒットで続き、ここまで4連打で満塁。
河村は惜しくもセカンドライナーに倒れたが、寺脇のレフトへのヒットで2者が還り、根間はライトフライとなったが、この回3点先制。
その裏、先発高見は3連打で先制されたあと、1安打、1奪三振を挟んで四球を7つ出 してしまい、ここで2番手田中にスイッチ!
初登板となった田中は、このピンチを中飛と内野ゴロに抑え、2者できっちり2つのアウトを取り、上々のデビュー!
1回を終わって3−9。
2回表は、前夜の遠征から駆けつけた森田が、ライトオーバーの3塁打で出塁。
しかしこの後、庭野、三浦、鳥羽が内野ゴロ、内野フライに倒れて、惜しくもこの回ゼロ。
2回裏、田中は当然続投となったが、初回とは違って意識したか、2四球2安打の後、ロイヤルズさんの4番打者にライトオーバーの一発を献上し、あえなく降板、高見にマウンドを譲る。
高見は2本のヒットと四球を出したが、投ゴロ、セカンドゴロで二死を奪う。
この際に走者を三本間に挟むが、守備に乱れが出てランナーが残り、ここで次の打者の当たりはライトへのフライ。
ライトに回っていた田中が後ろ向きに打球を追い、前を向いたが、一瞬の静寂の後、打球は無情にも3メートル右にポトリ..
打者走者までホ ームインして、結局この回9点を失う。
3回表、3−18から反撃を狙うオオゼキは、先頭神田が倒れた後、三島が三塁前に絶妙のセーフティバントを決めて出塁。
続く福士は、レフトオーバーに鋭い当たりを放ち、打球が外野を転々とする間に、悠々とホームインのツーランホームラン!
高見四球、田中捕ゴロの後、河村はレフトへの大三塁打を放ち、1点。
寺脇が四球で繋ぎ、根間は右前安打でまた一点。
森田は、1打席目と同じように、逆らわずライトに強い当たりを放ち、これが二塁打となり、また1点。
この日が最後かもしれない庭野の打席は死球となり、二死 満塁とチャンスは広がったが、投手交代後打席に立った三浦の会心の当たりは、惜しくも セカンド正面でチェンジ。 この回は5点どまり。
3回裏は高見が完全に立ち直り、三振、2死球(パスボールかと思う球を、根間が素早くサードに好送球で刺したアウト有)、セカンドゴロであっさりゼロに斬る。
最終回4回表は、鳥羽がレフトへの大飛球。
惜しくもホームランにはならなかったが、二塁打で無死二塁。
神田は死球で繋ぎ、三島はセカンドゴロ。
続く福士は見逃しの三振 となったが、高見が四球で二死満塁。
田中は右中間にいい当たりを放ったが、アンラッ キーにも野手の正面をつき、試合終了...
次の試合は、イースターを挟んで3週間後。
英気を養って、次は勝ちましょう!!

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:金塚
敗戦投手:
サクラ                     HR:
サンダース                    

HR:

勝ち組コメント  
4月6日、第9戦。
今日のお相手は、最も警戒すべき強豪チームの櫻さん。
なんと言っても、サンダースメタボ軍団と体型が違う!
そして、予想通りの厳しい試合展開となった・・・。
その初回の立ち上がり、櫻さん二番バッターに、センター前にクリーンに弾き返され る。
エラーで進塁を許したランナーを、併殺崩れの間に1点先制される。
裏の攻撃、稲田センター前、池田遊撃エラーで出塁、黄四球の後、Johnの二塁打で2点を返す。
続く太田の二塁ゴロの間に、Johnが本塁に戻り1点を加点。
3回にもツーアウトから稲田、池田、黄、Johnで3点を加点する。
4回終わって6点差、安心した5回に逆襲に遭う。
櫻さん4番のセンターオーバーのあわやホームランの三塁打から始まり、エラー、三振振り逃げ、またまた三塁打。
あれよあれよの2点差まで追いあげられる。
一発出れば同点の場面、この回4個目の三振で、何とか猛攻をかわす。
最終回、やはりホームランが出れば同点の場面、櫻さん4番が打ったボールは、高い高 い5飛!
東京ドームだったら天井に当たってたかも。。。
そのフライをJohnがキャッチし、何とかゲームセット、8:5で辛くも逃げ切った。
セーフティバントに盗塁に強打、櫻さんは本当に攻撃が多彩だった。
反省は4個のエラー、次節は修正していきましょう!
負け組コメント

第15節 3月30日

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:山崎
敗戦投手:三浦

ベアーズ 6 1 0 4           11 HR:米澤
イーグルス 1 0 2 6           9 HR:水田
勝ち組コメント  
前日の雨で、やや不良のグランドコンディションで行われたイーグルスさんとの第8戦。
初回、先頭の伊藤が2塁打で出ると、死球、ヒットで無死満塁のチャンス。
しかし、4番が内野フライに倒れ、5番の内野ゴロの間に1点を挙げるものの、2死2・3塁。
6番も内野フライを打ち上げるが、失策により2者が生還。
島の単打、奥山、絹川の連続2塁打で、この回6点とした。
マウンドは、久しぶりの登場となる山崎。
上位打線に捉えらるものの要所を締め、最少失点で切り抜ける。
2回は、1死1・2塁から4番の適時打で1点。
なおも四球で2死満塁とするが、攻めきれず1点止まり。
山崎は2回も好調に抑え、良い守りのリズムを攻撃にも活かしたいところだったが、6-4-3のダブルプレーを決められてしまい、あえなく3者凡退。いやな流れになる。
3回の裏は、相手打線も2巡目になり、また山崎にも疲れが見えてきだしたところを捉えられ、2点本塁打を浴びてしまう。
ここで山崎自らマウンドを一旦退き、奥山にスイッチ。
多少の失点は覚悟していたものの、ここで正面への打球や守備に助けられる面もあり、後続を抑えてしまう嬉しい誤算。
この流れに乗り、4回表は1死から先頭に返って、1番の伊藤が四球、Philipの安打で1・2塁とすると、3番のStephenが適時打、4番が右翼に3点本塁打で仕事をしてこの回4点。
11-3として、最終回は再度山崎が登板を志願。
疲れもあり相手打線に捉まるが、心理的な余裕から、1つ1つアウトを重ね、6点は取られたものの追い詰められた感はなかったように思う。
また、久しく勝利していなかったが、あまり勝つことに固執しなかったのも、良い結果に結びついたのだろう。
次回からも、自分たちが出来ることをやり、楽しくがんばりましょう。
負け組コメント
勝率5割となり、再度勝ち越しを狙うベアーズ戦!
前日の雨の影響もあり、両チームでグラウンド整理から試合開始。
初回の守りで2アウトまでこぎつけるも、サード・ショートの間にポトリと嫌な打球に始まり、6失点からのスタートとなる。
初回、先頭今や振ればヒットの打ち出の小槌高島が、内野のエラーを誘い出塁すると、続く東国原水田が、セオリー通りの送りバンドで手堅くチャンスを作る。
三番に入った監督才木が、しぶとく内野を抜き一点を返す!しかし、初回は一点止まり。
3回の攻撃、ランナーを一人置き、2番そのまんま水田がレフトに会心の今期第一号!
8点を追う、最終回!
先頭マッスル木下・ダンディ中原・ウォッカ長谷の3連打!!
内野ゴロ2本で2点返すと、1番絶好調高島が2塁打・2番宮崎水田の連続タイムリー!
続く監督の気合の2ベースも飛び出し、2点差まで詰め寄る!!
今シーズン、プライベートでも真冬の4番丸山@が、この日三タコとなる内野ゴロでゲームセット。。。
初回の取れるアウトを取っていない事が、終盤まで響く試合となった。
次戦、勝率五分に戻せる様に頑張りましょう!!!

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:鈴木
敗戦投手:高見
パイレーツ 7 0 2 5 0         14 HR:小泉
オオゼキ 0 0 2 0 4         6 HR:
勝ち組コメント  
69期第七戦!
今期未だ勝ちがないパイレーツ、前日の雨で少しグランドはぬかるんでいたが影響は無く、無事試合開始となりました。
本日15名が集まり、円陣組んで気合をいれて試合に臨みました。
先攻パイレーツ1回表の攻撃、1番鈴木選手の内野安打から連続四球で、4番青監督の内野ゴロの間に先制!
さらに相手ミス、6,7番の連続タイムリーで一気に攻めて、この回7得点。
その裏、鈴木投手の立ち上がり、ナイスピッチで無失点。
2回表、下位打線から走者を出すが、走塁ミスで無得点。
いつもなら悪い流れで大量失点と思われたが、再びその裏、鈴木投手無失点で相手打線を抑える。
3回表、小泉選手の今期初本塁打はツーランとなり、2得点追加。
裏に2失点するが、未だ試合の流れはパイレーツペース。
4回表、相手投手交代後、更に5点追加。
試合はそのままの点差を維持して進み、最終5回裏に粘るオオゼキ打線に反撃され4点を失うが、そのまま逃げ切り、14対6で今期初勝利となりました。
打線が良く打ち、シッカリ守り、投手の力投があり、旨くかみ合いました。
この勢いで、次戦も勝利しましょう。
負け組コメント
リーグ戦第8戦は、パイレーツさんとの一戦。
時折雨も降る中、13名で臨みました。
1回表の守りは、エース森木の留守を預かる、新進気鋭の高見がマウンド。
先頭打者はファ ーストゴロであったが、名手中内がファンブル。
この後、連続四球で満塁。
続く1、2塁間の痛打を、セカンド寺脇がダイビングキャッチで押さえ、すぐに1塁へ投げて一死。
こ れはファインプレー!
その後暴投、四球、連続タイムリー、連続四球、左犠飛、死球、 四球で計7失点。
ただ、最後は初の奪三振で締めた!
すぐに「10点取るぞ!」との掛け声でスタートした裏の攻撃は、中山が大きな右飛、三島センター前ヒット、福士中飛、中内四球、高見左飛でゼロ。
休む間もなくマウンドに立った高見だが、2回は連続四球。
ここで、センター前ヒットを打たれるが、中山の本塁返球を中内がカットし、二塁走者を三本間に挟む好判断。
最後は高見がタッチして一死。続く遊ゴロは、藤井が本塁に好送球し、捕手福士がタッチしてツーアウト。
最後は、一塁線の鋭い当たりを中内が横っ飛びで好捕!
そのままファース トに入り、この回は守備力もあってゼロに抑える!
追い上げたい2回裏の攻撃は、田中遊ゴロ、大木三ゴロの後、藤井はレフトオーバーのツーベース、寺脇はよく見て四球。
しかし、赤沼が惜しくも右飛に倒れ、またもゼロ。
3回表は、四球とHRで2点を追加されたが、その後は2安打を浴びつつも、サードゴロ2つとショートゴロで追加点を防いだ(遊撃藤井が難しいバウンドを好捕し、そのまま自ら三塁ベースに入った好プレー!)。
3回裏は庭野中前安打、鳥羽四球、森川も中前安打で続き、下位で無死満塁のチャンスを作る。
ここで、中山が右前安打で2点を返す。
ただ、この後三島投ゴロ、福士遊ゴロ、中内中飛で2点どまり。
4回からは、今度は赤沼が初登板。
2四球、死球で無死満塁とし、右中間に2点適時打を浴びる。
サードへの小フライで一死を取るも、一塁線を抜く2塁打でさらに2点。
このピンチで、初の奪三振!
続くライト前への当たりは、高見必死の前進も及ばずヒットとなっ たが、四球、右直でこの回5点で凌ぐ。
そろそろ最終回です、との主審さんの囁きを聞き、この回で逆転するつもりだったオオゼキだが、4回裏は高見遊飛、田中遊ゴロ。
大木四球のあと、藤井も遊ゴロでゼロ。
あまりの早さに、なんともう1イニングできることに!
5回表は中飛、左直(大木が前進し、地面スレスレですくい上げるファインプレー)、サードライナー(三島ダイビングキャッチ)と好プレー続出で、なんと三者凡退。赤沼の好投が光った。
ほんとの最終回、5回裏は寺脇がきっちり四球を選ぶ。
赤沼遊ゴロで一死後、庭野サードゴロエラー、鳥羽四球で一死満塁。
森川の遊ゴロで1点返し、中山四球で二死満塁としたあと、三島はライトに今日2本目のヒットで2者を迎え入れる。
福士もレフトへの二塁打で続き1点を追加し、この回4点。
最後は、中内が遊飛で14−6で試合終了。
投手2人は頑張り、守備も好プレー続出だったのですが、うまく打たされてしまい、なかなか大量点を取れない展開になってしまいました。
すぐ来週に次の試合があるので、切り替えてまたがんばりましょう!

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:中村
敗戦投手:遊佐
エンジェルス 4 0 1 0 0         5

HR:富田

ドリームス 0 1 0 0 6         7 HR:渡部 佐藤 岡本
勝ち組コメント  
69期第8節、ソフトボールは2アウトから。優勝まで負けられない夢軍団。
タイ支部の沖三郎を加え、17名で強豪エンジェルスさんに挑みました。
初回の守り、先発はキャメル。
先頭打者にライトへポテンヒットを打たれると、次打者にもセンター前に運ばれ、いきなりピンチ。
3番は三振に切って取るも、4番には甘い勝負球を左中間へ弾き返され、1点を奪われる。
3塁上の微妙な判定はセーフとなり、気を取り直して5番を三振に切って2アウトも、6番への初球・・・レフトスタンド中段へ痛すぎる3ランを喰らう。
次打者は三振で踏ん張るも、重い4点がのしかかる。
夢軍団の初回の攻撃は、SHUHO四球出塁はあるも、4番おかえり&げっそりMTに快音は聞かれず、無得点となる。
2回表は踏ん張り、無失点。
2回裏、5番たかじぃにお返しとばかりに、レフト中段へ突き刺すホームランで1点返す。
しかし、後続倒れ1点のみ。
3回表、これまた1番にポテンヒットを打たれると、3番への決め球がやはり甘く、レフト線へ痛打。
痛すぎる5点目。
3回裏、夢軍団3者凡退・・・。
4回表、ランナー出すも得点与えず。4回裏、先頭うっちー四球出塁も、得点ならず。
5回表、疲れの見え始めたキャメル・・・最後は気合の三振で、2アウト満塁のピンチを凌ぐ。
1時間コールを受け、4点差のまま最終回へ。
先頭クロちゃん、来港の家族が見守る中、気合のライト前ヒットで出塁。
続きたいマスケンの打球は、ライトの好捕に阻まれ1アウト1塁。
1番戻ってバチオは、力無くピッチャーフライで2アウト。
ソフトボールは2アウトから!誰かが言ったような、言わなかったような。
2番ABKは、レフトオーバーの2ベースで1点を返すと、3番SHUHOにもレフトオーバーのランニングホームランが飛び出し、たちまち1点差。
4番MTは、お手本のようなレフト前でまだ終わらない。
走れないMTに代走SHUHO、5番たかじぃに期待が集まる・・・が、冷静に四球を選ぶ。
2アウト、1-3塁。サヨナラのランナーを1塁に置き、打席には千両役者お総裁。
初球はインコースに外れるボール。そして2球目・・・。
捕えた打球は、きれいな放物線を描き、今期第4号逆転サヨナラ3ランホームラン。
ダイヤモンド1周後、歓喜の輪に包まれ、もみくちゃ状態。
厳しい試合をなんとかものにすることが出来ました。
バッテリー・打撃陣の個々の反省はあるにせよ、ここからは気持ちも大事です。
夢軍団が全員一丸となり、本気で優勝を目指し、残り全勝やり切りましょう!!!
負け組コメント
湿度が一気に上がり始めましたね。
一勝四敗二分で迎えた今期8戦目。強豪ドリームスさんとの一戦。
一回表、この日何かが違う先攻の天使軍団、1番のミスターAngelsの宮澤と、2番助っ人外国人の妙代が仲良くセンター前に運ぶと、3番片倉は三振に倒れるも、4番メンタル最強、いやメンタリススト遊佐は、 きっちりセンター前に運び、まず1点先取。
続く5番ダーリン中込は三振に倒れるも、6番トミーは初球アウトハイを振り抜き、これがエグいライナーで左中間へ一直線のHRとなり、さらに3点追加。
帰任の為、本日が最終戦となる若頭。。。あっ、若林も得点に絡みたかったが、残念ながら三振に終わったものの、この回一挙4点先取の天使達。
一回裏、先発メンタル遊佐が立ち上がりをきっちり抑え、零封。
二回表、まだ追加点が欲しい天使軍団。
8番崎ちゃん監督はセカンドライナー、9番澁谷隊長は四球を選び出塁するも、10番酒井オパは三振、11番ドン田中はセカンドゴロに倒れ、この回は無得点に終わる。。。
二回裏、メンタル最強遊佐が本塁打を許すも、最少失点で凌ぐ。
三回表、今度こそ追加点が欲しい天使軍団。
12番ドン松樹はセカンドフライ。
1番ミスターAngelsの宮澤はライト前、2番助っ人外国人妙代のセカンドゴロに倒れる。
3番最近当たっていない片倉のレフト線を破る2ベースの間に1点を追加。
ここで、メンタリスト遊佐はライトフライに倒れるも、貴重な追加点を挙げる。
三回裏、流れを切りたくない天使軍団。
メンタリスト遊佐は、危なげないピッチングで零封。
四回表、まだまだ追加点が欲しい天使達。
5番ダーリン中込、子育ての疲労が祟って三振w 6番トミー、詰まりながらも左中間へクリーンヒット。
7番引退試合の為、どうにか出塁したい若林だったが、ショートゴロw
8番崎ちゃん監督も若林に続き、仲良くショートゴロで無得点w
四回裏、何とか踏ん張りたいメンタリスト遊佐。なんと危なげなく零封!!!!
五回表、9番澁谷隊長は渋いセンター前で出塁、酒井オパは四球、ドン田中・松樹ペアは打ち取られるも、1番宮澤は四球を選び、ツーアウト満塁!!!!!!!!!
ここで助っ人外国人の妙代キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
そして、期待に応えられず三振wwwwww無得点wwww
五回裏、4点リードで最終回を迎えた天使達。
先頭打者をライト前ヒットで出塁を許すも、続く打者は連続フライアウトに打ち取り、ツーアウト1塁であとアウト1つなった天使達。
ここで気が緩んだのか!? レフトオーバーの2ベースと、レフトオーバーのランニングホームランを食らい、1点差まで追いつかれる。
どうにか凌ぎたい天使達だったが、続く打者にレフト前に運ばれ。
5番打者はくさいところをつくものの四球。
2アウト、1、3塁と息を飲む場面。
初球は慎重にボール球から入るものの、2球目・・・ 甘く入った球を弾き返され、これば本塁打となってしまい、痛恨のサヨナラ負け。
若林さんの引退試合だっただけに、勝って終わりたかったが、非常に残念(;▽;)
勝利の女神が微笑んでくれるのを待ちながら、次戦強豪ツナーズさんとの一戦に臨む。
最後に、、、若林さんお疲れ様でした!
日本に行ってもソフトボール続けてくださいね☆
これからも香港の天使達の応援お願いします(^▽^)

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:金塚
敗戦投手:玉腰
アタッカーズ 2 0 0 0 0 1       3 HR:
サンダース 10 0 2 2 3 X       17

HR:榊原

勝ち組コメント  
3月30日、69期も後半戦に突入!
今日のお相手は、エース金塚が苦手としているアタッカーズさん。
サンダースの参加者は、14名+マネ片山、合計15人はいつもとは違いにぎやかだ。
第一試合の夢さんの劇的サヨナラホームランの興奮が冷めやまぬ中、試合が開始。
その初回、やはり苦手意識からか、長短打+死球を絡め2失点。
ん、ちょっと待てよ、前節も立ち上がりで失点し、追う形だったなぁ。
苦手意識が原因じゃなくて、暑くなってきた気温が原因かぁ?
しかし、その裏の攻撃で9四死球を選び、10得点と試合を優位に進める。
制球が戻ったエースはその後立ち直り、2回から5回を無失点と好投を見せ勝利した。
これで無傷の8連勝!チームの雰囲気もいい感じ。
さあ、来週は上位キラーの櫻さんだ、心地よい緊張感を楽しみましょうー!!
負け組コメント
前日の豪雨で試合開催が心配されたが、今にも泣きだしそうな曇り空の下、今日は11人でサンダーズさんに挑む。
初回、小澤のヒット、本多のタイムリーで1点先取。
浅野、藤戸の連続ヒットで2点目をあげる。
しかし、その裏四球を中心に10失点。
2回以降はランナーを出すものの、相手投手に後続を断たれる。
6回には根津にタイムリーが飛び出し、一瞬盛上るもそこまで。
一方、先発玉腰が所用で初回終了後に戦列を離れ、2番手として本多が登板。
こつこつ点を取られながらも、好守備にも助けられ、5回まで投げ切る。
今回は完敗であったが、キャリアの浅い外野手たちの必死のファインプレーもあった。
11人中8人がヒットを打った。
全員が交代で守備についた。
このような試合も、たまにはいいものだ。

第14節 3月23日

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:渡部
敗戦投手:森

ブレーブス 1 0 0 1 0 0       2 HR:
ドリームス 4 1 0 5 2 10       22 HR:下鉢 岡本
勝ち組コメント  
あまりにも悔しい敗戦から2週間、優勝のためには、もう負けられない夢軍団。
15名でブレーブスさんとの一戦に臨みました。
本日先発は、約5か月ぶりにSHUHO、その立ち上がり。
いきなり四球を与えると、続く打者に左中間に運ばれ先制点を奪われる。
その後もキレを欠く内容も、お総裁のナイスゲッツーもあり、なんとか1失点で切り抜ける。
追い付きたいその裏の攻撃は、初球をバチオがレフトへ放り込み、すぐ同点に!
続くABKも、レフトへツーベースでチャンスメイク。
続くは、打率9割越えの投手SHUHO。レフトへきっちり弾き返し、9割キープ!
さらに、8割越えの4番たかじぃ。こちらは、あわやゲッツーのセカンドゴロも追加点!
残ったランナーを、最年長お総裁が今期早くも3本目のホームランでさらに2点追加、6番Ferryもセンター前で、まだまだ終わらない。
本日DHキャメルは、あと60cm届かずフェンス直撃のシングルヒット(ベンチは日頃の行い?と満場一致)。
8番好調ゆーきエロ副、ここはサードゴロでランナー二三塁へ進塁。
続くホリエモンのサードゴロに、ランナータッチアウトで4点しか奪えず。
2、3回の攻防。ヒットを許すも得点は与えず、流れは渡さないSHUHO。
しかし、夢軍団の攻撃も、ヒットは出るがクロのタイムリー1点しか奪えない膠着状態。
4回に入ると、1点を奪われ5-2に。
前節の悪夢が頭をよぎるが、ここもなんとか踏ん張り、後続は断ち切る。
4回より、ようやく?目覚めた打線は、Ferry、ゆーき、伊藤園のタイムリーで5点。
5回はSHUHOタイムリーで2点、6回は6人にタイムリーが飛び出し10点。
後を引き継いだお総裁が、5、6回をピシャリ「0封」。
先頭バチオが4安打と合計27安打で22得点を奪い快勝!
次節より、いよいよ今期も折り返し。
前節で部費もがっつり潤いました、これ以上潤わせる必要は有りますか?
投打ともに、さらに気を引き締め、夢軍団全員の意識を高め「優勝」を目指しましょう!!!
負け組コメント
迎投手は出張で欠席、しかし、ベテラン森投手が怪我より復帰で久々参戦。
なんとかドリームスさんに一矢報いたいと挑んだ試合、ヒット数は11と悪くないが、要所を押さえられ2得点のみで大敗。
今更やけど、勝つのって難しいなぁ!!

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:川満
敗戦投手:森實
サクラ 1 3 1 0 2         7 HR:横山
カイザース 7 2 2 3 X         14 HR:白川 竹内
勝ち組コメント  
試合前日まで9人しか集まらない非常事態!
この日は、前節までカイザースの一員だった松本佑さんが応援に。
また、久しぶりの登場、沓掛パパが緊急参加。
この試合も人数ギリギリの10人で、強豪櫻さんとの試合に臨んだ。
1回表、この日もエース川満は、いつも通りのナイスピッチング!
立ち上がりは、ホームランの1点で抑える。
1回裏、1番白川、2番松木の連続出塁後、4番寺内の2点タイムリー。
続く、5番大澤監督もタイムリーで続き、6番成田、7番哲もヒットで続く。
8番は現在絶好調の竹内先輩!カウント2−2から、センターへ3ランホームラン!
前試合の鬱憤を晴らす、ナイスバッティングでした!
この回に一挙7点を奪い、流れをカイザースに引き込んだ。
2回には、白川のソロホームランと寺内のタイムリーで2点。
3回、4回にも追加点を奪い、結果14−7で勝利!通算成績6勝2敗とした。
現在人数ギリギリのカイザース。
沓掛パパ、次戦の参加もよろしくです!
負け組コメント
今季第8戦目は、友好的チームの強豪カイザースさんとの戦い。
初回、2番増山のホームランで先制し、その後の回もヒットで繋いで合計7点を奪ったが、守りが最悪でした。
エース森實は、伸びのある球を投げ込んで打ち取るが、野手がエラー。
そしてまたエラーと記録に成らないまでも、バッテリーとショート以外の全ての野手がエラーをするという、エースに申し訳無い結果となりました。
終わってみると、カイザース打線に14点を奪われていました。
大きな課題が見えた試合でした。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:島尾
敗戦投手:
エンジェルス 0 0 2 1 0 0       3

HR:

コンポードー 13 1 2 6 4 X       26 HR:長谷川B 新居 島尾
勝ち組コメント  
前節の劇的な勝利で勢いにのるコンポードー。
13名で、やきにくんの引退試合(仮)に望む。
先発シマシマは、チームゴルフコンペで、嫁手作りの全員分のおにぎりを家に忘れた失態を振り切るかのごとく、捕手やきにくんの巧みなリードのすべて逆を突く攻めで、なんか結果的に危なげない立ち上がりとなって、エンジェルさん打線をピシャリ。
裏の攻撃。歯Bの3ラン、123のレフト上段のもぅ少しで外へ出そうな両手のソロなど、相手投手を一気に攻め込み、打者17人の猛攻で13得点。
前節に続き、初回の攻め込みは素晴らしい(パチパチ)
続く2回も、ことごとく巧みなリードの裏をかく、おにぎり戦犯。
ここもゼロ点に抑え、コンポードーも1点追加。
3回。全て逆を突くという、ひねくれた投球に疲れを見せたおにぎり戦犯。
相手下位打線に対して四球が続き、ランナーを溜めたところでクリーンヒットを放たれ2失点。
が、その裏、自らの失点を帳消しにする2ランを放つ(←おにぎり戦犯は帳消しにならず)
4回。相手上位打線につかまるも、力投で1点に押さえる。
おにぎり戦犯の、ゲームを作った安定したピッチングはすばらしかった!!
裏の攻撃にも弾みがつき、11人の猛攻で6点追加。
5回表。おかみさんが舞台袖でじっと見守る中、万を辞して土俵にあがる新弟子Bカップ「渡辺」。
まだ2場所目の土俵とあって、力んでしまったのか、四球が続きピンチを招くも、四股踏みなおして立ち直りゼロ点に抑える。
その裏の攻撃。やきにくんこと大関結びの一番。
横綱級の韓国カラオケ巡業の過去を改め、四股名もオッパへと変えてからの数年間、磨きに磨いたテクニックをこの一打席にかける。
愛弟子達に見習えとばかりに、決まり手のセフティーを見事に決め、観衆から座布団が舞う。
そして後続が続き4得点。
6回も「渡辺」。まわしではなく気持ちを締め直して、エンジェルス打線を封じゲームセット。
26-3の快勝!
コンポードーの功労者オッパの引退試合(仮)に花を添える、すばらしい試合ができました。
この勢いのまま、次節も頑張りましょう!
負け組コメント

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:丸山
敗戦投手:島上
ロイヤルズ 0 0 1 4 0         5 HR:能見
ツナーズ 0 0 0 4 0         4

HR:

勝ち組コメント  
『 往年の守備力 』
先攻のロイヤルズ、大事な初回の攻撃は、あっさりと三者凡退(凡飛2…)で攻守交替。
ツナーズさんには無死の走者を許すが、疇地の好守で併殺、無失点で切り抜ける。
2回、先頭白杉は四球で出塁するが、キレキレのツナーズさん内野陣に併殺のご返杯 …
3回の攻撃は、赤石監督四球、城倉団長が中前打で無死一、二塁と先制点の好機。
指示ガン無視の宇治川は、強行で五ゴロ…、またも併殺!!の危機に、慌てて全力疾走。
かろうじてセーフとなったが、ベンチからの冷たい視線を一身に受ける。
PBで二、三塁となったところで、RYOさんが右前に落とし、待望の先制点。
なおも一、三塁で追加点のチャンスだったが、後続は二者連続の三振…で攻撃終了。
4回の先頭、参加2試合目の吉原は、左翼線への大飛球、これが三塁打となり、続く木下の中前打に満面の笑みでホーム到達、ベンチから手厚い祝福を受ける。
丸山の投前打、疇地の二ゴロで走者は進み、白杉の二ゴロで木下が生還し加点。
ここで前節のヒーロー能見、高々と打ち上げた飛球は、石垣を越えるツーランHR。
(二試合連続で見逃された奥さまは、さぞご立腹のことでしょう…)
KAZ右前打も後続凡退、リードを5点とし、終盤戦へ。
先発の丸山は、二順目の一死から、上位打線に連打と四死球で、あっという間に4失点。
サード赤石の身体を張った二つのアウトに救われ、這う這うの体でベンチに戻る。
「なんとか得点を」、先頭の団長は、新芸をチャラにする今節二本目の中前打。
宇治川が左中間を破る打球を放つと、必死の形相でセカンドベースを蹴る。
その思いと形相の割には脚は進まず、しかしそれでも三塁を回り本塁生還。
ようやくベンチに戻ったところで、まさかのエンタイトルツーベースを主審が宣言。
引きずる脚で三塁に戻り、生還の願いを後続に託す。
RYOさんが四球を選び、無死満塁としたが、後続の3連続凡退で団長を迎え入れることはできずに悪い流れの中、最終回の守備へ。
得点圏に走者を進められたが、なんとか打ち取り、5−4で勝利。
前節同様の無失策(?)、特に往年の守備力を取り戻したような疇地と赤石の三遊間が、守備陣を引き締めたナイスゲームでした。
負け組コメント
『エンジンのかかりの悪い打線、最後まで、、、。』
試合は第2試合ということもあり、アップする時間も十分にあり、各々に体を作り臨んだ相手はロイヤルズさん。
初回の守りをきっちりゼロに押さえ、好調な滑り出しを見せるも、攻撃面は打者12名が一巡するまでの4回1アウトまで打線が沈黙。
相手ピッチャーの巧みな投球と内野陣の好守備に阻まれ、内野安打、シングルヒット各1本のみで得点を奪えず。
ピッチャー島上が2回も無失点に抑え、踏ん張りゼロが続くも、3回に1失点、先取点を奪われる。
4回にも4失点と5点ビハインドで迎えた4回の攻撃。
ようやく打者一巡した1アウト後、1番に戻り、ついに打線が火を噴き始める!
1番:藤井、2番:阿部助監督、3番:小川が3連続安打で2得点。
4番:松倉は、前打席でフォアボールとバットを振るチャンスがなかった為、この打席ではと一段と気合が入る!
ツナメンもホームランを期待して見守る第1球は、まさかのデッドボールを受け、その場で倒れこむ。
痛みと、打席でバットを振れなかった悔しさで、顔をゆがませながら1塁に歩を進めるその姿は、4番としての責任感とプライドを感じさせる。
5番:砂永監督は、4番の悔しさを晴らすかのように、きっちりセンター前に打ち返し3点目。
徐々に追い上げを見せる。
6番:Joeの打球はサード強襲、3塁走者の松倉が戻れず2アウトになるも、7番:富山がフォアボールを選び満塁。
8番:島上もきっちりボールを選んで、4点目は押し出し。あと1点で同点!
なおも満塁で、期待とプレッシャーが否応にもかかる9番:武藤は、2球目をサードゴロ。
堅実な相手守備に阻まれ、3アウトチェンジ。
が、しかしまだ時間はある。最終回きっちり守って、最後の攻撃にかける。
のはずが、その思いに反し、最終回もロイヤルズさんは簡単には終わらせてくれず、走者3塁のピンチを迎える。
しかし、ツナメンも意地で踏ん張る。
小川による必死のSHEP KIP MEIルールのアピールや、阿部の好フィールディングもあり、最大の危機をチーム一丸となって無失点に抑える。
(実は筆者、この回、あまりの緊張で守備を見ていた時の記憶が一部ありません。ゴメンナサイ・・・)
さて最終回攻撃、なんとしても逆転したいところ。
10番:下山が意表をつくバントを試みるなど、ゆさぶりをかけ積極的な姿勢をみせるも、キャッチャーフライで1アウト。
11番:Owenは、センターにはじき返し1塁。
12番:江藤の打ったゴロは、本来はゲッツーコースだが、打球が内野フィールド内でものすごい回転を見せ、そのおかげでゲッツーは免れる。2アウト2塁。
次打者は1番:藤井。第1打席は内野安打、第2打席は3ベースと本日唯一2安打の藤井に期待がかかったが、惜しくもセンターフライでゲームセット。
結果5対4で、反撃も一歩及ばず敗戦となりましたが、今回初めて内野のセカンド守備についた武藤は、ゲッツーをとるなど華麗な守備も見せてくれました。
ほっとした顔が印象的です。
また、試合中にJoeとOwenが広東語で声を掛け合ったり、彼らが英語で日本人選手を一生懸命応援する姿も、いつも以上に見られました。
今後もお互いに声を掛け合い、チーム力を高めてより良いチームにしていきましょう!

第13節 3月16日

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:島上
敗戦投手:鈴木

パイレーツ 3 1 0 0           4 HR:
ツナーズ 7 10 0 1           18 HR:松倉(2本) Heiwan
勝ち組コメント  
『再スタート』
前回の試合で痛い1敗を屈し、気持ちを切り替え臨んだパイレーツさんとの一戦。
試合前の新人紹介で、人の良さそうな表情と体格の良さに、期待を膨らませるツナメン。
初回の守り、島上の立上がりは、ツーアウトから満塁となりセンター前へ弾き返され、監督のハンブルも有り3失点。
後続を断ちきり攻撃へ。
1・2番:ファーボールの後、期待の新人3番:Heiwan、初球を弾丸ライナーでライトスタンドへ。
出迎えるツナメンは、大盛り上がりでニッコニコ。
続く4番:松倉も、負けてられないと右中間へ場外ホームラン。
続く5番:関西の虎こと島上、ベンチは3連続ホームランを期待するが、ここはきっちり選んで1塁へ。
6番:助監督も続き、7番:藤井と9番:昇り竜こと下山の長短打を含め、7得点で逆転に成功!
2回の守りは1失点で攻撃へ、12番:ベテラン河野のヒットから、4番:松倉の2打席連続ホームランを含め、打者一巡で10得点。
その後は、島上の危なげないピッチングでゲームセット。
結果18対4で、4番:松倉、8番:高橋の5打点が光った試合でした。
しかし、フライアウトの多さと細かいミスも反省し、これから勝ち星を重ねて行きましょう!
負け組コメント
69期第六戦!
前日、帰任が決まった山内、生田、岡部選手の送別会をし、ちょっと酒が残った感じでの第一試合。
15名が集まり、是非勝利して送り出したい試合。
先攻パイレーツ1回表の攻撃、1番山内選手フライに打ち取られ、2番三振で2アウト。
3番生田選手、ナイスバッティングでセンターへ安打、そこから2四球満塁にし、6番国松選手の3塁打!
幸先良く3得点。
その裏、先発鈴木投手、久々の登板で四球で2者を置いて3番に3ランを浴び同点、続く4番にも本塁打を浴び、あっという間に逆転を許す苦しい投球で、この回7失点。
2回表、先頭3塁打、鈴木自らタイムリーで1点を追加。
だがその裏、再び相手打線に捕まり、10失点と点差が広がる。
3回、3者三振と試合の流れは戻らないまま、最終回へ。
4回表、山内最終打席は無念のピチャーゴロ、後続の2塁打と生田2打席連続の安打、四球で満塁と意地を見せるが、最後はピチャーへのゴロでホームゲッツーとなり万事休す。
残念ながら勝利できませんでしたが、1回の様な粘りがあれば勝利に繋がるハズです。頑張りましょう!
試合後は山内親子、生田選手を胴上げし、思い出のある球場を後にしました。
パイレーツを盛り上げて頂き、有難う御座いました。日本でのご活躍を願っています。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:川満
敗戦投手:玉腰
アタッカーズ 3 0 1 0 0 0 1     5 HR:
カイザース 0 1 1 1 2 2 X     7 HR:
勝ち組コメント  
いやはや、、なんとも、、相手投手の超絶スローピッチを、全く打てる気がしません。。。
みーんな力入りまくりで、打ちあげてしまいフライばっかり。
逆にこっちは、アタッカーズさんに巧く打たれて3点ビハインドで、やばい感じ満載。
ホントに、どうやって打ったらいいのかワカラナイ。。。
もう、しょうがないので、アタッカーズさんに打ち方を教えて頂こうと思い、こちらもスローピッチで対抗。
そしたら、アタッカーズさんも打ちあぐねてくれて、、なんとか接戦に持ち込むことに成功。
そんな中、試合を決めたのは走塁でした。
白川せんせい、さぶかじろうくん、成田くんの好走塁!!
いや〜ナイスラン!!! 勝ててよかった。。。 。
負け組コメント
折り返しの第七戦。相手はカイザーズさん。
初回、玉腰、小沢、土井の連続安打。大里、犠打で先制点。
本多、ライト前2点目。浅野、犠打3点目。さらに藤戸がヒット出塁するも、ここで小休止。
その裏、先発玉腰は零封で幸先よし。
2回、宇田川がレフト前ヒットも続かず。
3回には、エラー出塁の庭田が、パスボールで3塁まで進み、川辺の打球がエラーの間に帰還。
無安打で追加点。
しかし、その後淡白な攻撃が続き、その間にじわじわと追い上げられ、ついに5回裏に逆転される。
最終回、庭田が絶妙のバントで出ると、古川、内野安打。
玉腰、四球で満塁。小沢も四球を選び、押し出し1点。あと2点差。
ここで登場した土井。長打が出れば一気に逆転・・・・・しかし、必死の反撃もここまででした。
後半戦も頑張りましょう。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:金塚
敗戦投手:鈴木
サンダース 3 3 1 6 9         22

HR:

ベアーズ 3 0 4 0 2         9 HR:鈴木 Stephen
勝ち組コメント  
3月16日、69期も折り返し地点の7試合目。
今日のお相手は、古豪ベアーズさん。
サンダースは、ちょっと多めの15人で試合に挑む。
エース金塚、今期6試合で6失点、平均失点は驚異の1点台。
その初回の立ち上がり、カウントを悪くしたところを安打、四球、タイムリーと3失点。
2回は3人で抑えるも、打順トップから始まった3回に、再び4失点(自責点3)と乱調。
今期、初被弾もあり、3回終わって7対7のイーブン。
4回の攻撃で、自らの二塁打も含め6点を奪い取り、何とか勝ち投手の権利を得て降板。
4回、5回は太田にスイッチ、失点2(自責点1)で逃げ切った。
相手投手の四球で塁を埋めたこともあるけど、中軸が良く当たっている。
三村、浜中、水野監督で8打点と好調、好調。
だけど、そろそろ気温も上がってきて、肥満度の高いサンダースは夏バテも心配だ。
残り6試合は、現在上位チームとの試合だ、チーム一丸となって乗り切るゾー!
負け組コメント
強豪サンダースさんとの第7戦。
相手の金塚投手には、前期ノーヒットノーランに抑えられており、今期も調子が良い様子。
何とか喰らい付いて、ヒット一本、一点をもぎ取りたい。
こちらの投手鈴木は、初回の相手攻撃を3点に抑え、上々の滑り出し。
リズムに乗りたい攻撃は、先頭の伊藤が、いきなりセンターにヒット。
2番が四球で続き、好調のStephenが、センターにタイムリーヒット。
ノーヒット、完封の呪縛が、あっという間に解かれた。
押出しと内野ゴロの間に得点し、この回3点。スコアをタイに戻した。
鈴木は、2、3回と得点されるものの、強打の打線相手にナイスピッチングだった。
トップの伊藤から始まる3回は、その伊藤がセカンド強襲で出た後、2死から米澤の右中間2塁打で4点目。
角田もライトにヒットで続いて、2死1、3塁の場面で好投した鈴木の打席。
喰らいついて粘った末に、なんと左中間に3ラン本塁打。
3回を終わって、7-8の予想を覆すいい勝負だったが、やはり最後は突き放されてしまった。
しかし、最終回もStephenに2ランホームランが出るなど、勝負をあきらめず、且つ試合を楽しめたと思う。
次回も楽しく頑張りましょう。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:森木
敗戦投手:三浦
イーグルス 3 0 0 1 3         7 HR:
オオゼキ 7 0 3 5 X         14

HR:森木

勝ち組コメント  
リーグ戦第7戦は、イーグルスさんとの一戦。
1回表の守りはヒット、三振で1死2塁から遊ゴロは福士どこにも投げられず、その後ファースト横を抜けるタイムリーで2点。
次のレフト前の小フライは、遊撃福士が背走のまま後ろ向きに捕るファインプレーで二死。
しかし、次の遊ゴロでエラーが出て、その後、遊ゴロで初回3点(ショートにとにかく球が飛ぶ・・)。
その裏のオオゼキは、先頭寺脇がヒット。
一死後、福士がレフトへの二塁打。
ここで四番中内が、センターオーバーの3塁打(激走!)。
続く高見も、レフトへの3塁打で同点。
6番田中は、1塁ゴロエラーでついに10割が途切れるも、高見が返り逆転!
大木もヒット、二死後森木が歩き満塁。
このチャンスに、10番赤沼が値千金の走者一掃3塁打をライトに放つ!
森田四球、斉藤投ゴロで、結局この回7点!
2回は森木が三振、二直、右前安打(ファースト横にもよく飛ぶ試合!)、ライト前ポテンヒットでピンチを招くも、続く打者を三振に斬って取り、ゼロに押さえる!
2回裏は庭野左飛、三浦遊ゴロ、鳥羽二ゴロでゼロ。
追加点を奪えなかったが、森木は快調。
3回は投ゴロ、二ゴロ、右前安打、投ゴロでゼロに押さえる。
中押しの欲しい3回裏は、森川が痛烈な左前安打で出塁、金子Jrが右前に渋く落として1、3塁。
ここで、寺脇は中飛。
森川が本塁に突進し、捕手タッチをかわしたかに見えたが、惜しくもアウトで二死。
しかし、三島がしぶとく中前安打で繋ぎ、3番福士が貴重な追加点となる二塁打を放つ!
金子、そして三島が足をもつれさせながらもホームインして、2点!
4番中内も貫禄のタイムリーを放ち、この回3点追加!
4回表は一ゴロの後、中軸二人に二塁打、ヒットを浴び、1失点。
遊ゴロ失で1、2塁 となったが、ここも二ゴロ、遊ゴロで凌ぐ森木。 ここまで、四死球ゼロ!
4回裏は田中四球、大木安打、根間四球の無死満塁から、森木がセンターオーバーの特大満塁ホームラン!!
赤沼が2本目の安打を右前に放ったあと、斉藤にも初安打が出て、計5点。
最終回は四球の後、投ゴロ、一ゴロで二死まで取るも、死球、四球、死球で押し出し。
2点タイムリーも出て計3点失ったが、最後はサード三島の華麗なジャンピングスローで試合終了。
15−7で今期2勝目となりました。
試合中盤を、エース森木が「楽しんで」無四球で最小失点で凌ぎ、打線が繋がって追加点を取るという、いい勝ち方でした!
次戦も連勝といきましょう!
負け組コメント
4試合消化し、2勝1敗1分。14名で臨んだオオゼキ戦。
今回を最後に帰国する、オモラシ大住も参加!
本日の主役は、残念ながらダンディ中原ではなく、絶好調リードオフマン高島でした。
今回、3打数3安打2打点とクリーンナップ並みの働きで、打率・打点でチーム内でTOPに並びました。
肝心の試合内容は、初回表3点先取するも、その裏に一挙7点を許し、そのまま一度も逆転することなく、7-14で敗れました。
本日の収穫は、新加入タフマン吉富の初登板と、眠れる4番丸山@の復調でした。
先発三浦の後を受け、緊張で制球に苦しんだようですが、球威ともに今後十分期待出来る内容でした。
これから蒸し風呂のような気候の中でも、投げ抜くスタミナをつけておいて下さい。
また、悲運の自称エース柳田の復帰も待ち遠しい。
最後になりましたが、大住さん、ありがとうございました。

第12節 3月9日

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:金塚
敗戦投手:森木

オオゼキ 0 1 0 0 1         2 HR:
サンダース 6 7 1 2 X         16 HR:
勝ち組コメント  
3月9日、また寒さが戻ってきた、天光道は暗く肌寒い。
今日のお相手は左の速球派、森木投手を有するオオゼキさん。
エース金塚とは、お互い火炭の空き地で切磋琢磨する仲だ。
前日のボーリング対決では、金塚に軍配が上がったが、今日は・・・。
その初回の守り、金塚は2Kを奪う上々の立ち上がりを見せる。
リズムよく1回裏の攻撃に移行、連続四球で塁を埋め、効果的に6点を先取。
2回表の守りで連打を浴び、無死一塁二塁、フィルダースチョイスもあり1失点。
しかし、後続を三振でかわし、この回、最少失点でしのぐ。
制球の戻った森木投手に差し込まれる場面も多かったが、序盤の13得点を守り、左の エース対決は金塚に軍配が上がった。
この試合から加入した新人三村も、2安打と活躍、打線に厚みが増した。
今期のサンダース、投打がかみ合い、ここまで無傷の6連勝。
気温の上がらないうちに、勝ち星を重ねたい。
負け組コメント
リーグ戦第6戦は、強豪サンダースさんとの一戦。
1回表の攻撃は、一死後根間が右前にヒットで出塁も、福士、そして緊急参戦の横井が凡退でゼロ。
その裏、エース森木は死球、2四球で満塁のピンチとしてしまい、中前安打、押し出し、ライト前安打(寺脇ダイビングわずかに及ばず!)で3失点。
一ゴロの後、右前安打、三振、中前2点適時打で結局6失点。
2回表は、好調高見が中前安打で出た後、絶好調田中が、三遊間をしぶとく抜く安打で、今期10割をキープ!
河村は投前安打で繋ぎ、無死満塁。 大木二ゴロで1点。
藤井凡退後、 森木は四球でまた満塁とするが、赤沼が倒れ、この回1点。
2回裏は安打、四球、二塁打で1失点。
遊ゴロで1死を取るが、3連打、エラー、右飛、安打と繋がれ、7失点。
3回表は、古田、庭野、森田が3者凡退。
3回裏は、森木が立ち直り、四球、遊ゴロ、安打、エラーで1点は失ったが、三振、遊ゴロで1失点で凌ぐ。
4回表は、鳥羽、三浦、金子が3者凡退。
4回裏はエラーも絡み、2塁打で2点は失うが、サードファールフライ、投ゴロでチェンジ。
5回表は、先頭寺脇が四球で出塁。根間の痛烈な一直の後、福士がライトフェンス直撃の意地のタイムリー!
しかし、4番横井は大きな中飛、高見は遊飛に終わり、試合終了。 完敗でした。
この後、試合が続きますので、切り替えて前を向いて行きましょう!

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:長谷川B
敗戦投手:中村
ドリームス 2 0 7 0           9 HR:
コンポードー 12 0 2 X           14 HR:新居
勝ち組コメント  
5勝目を目指す大事な第7戦の相手は、チームメイトも嫁も仲良しの強豪ドリームスさん。
気合い入れて臨もうにも、試合寸前にドタキャンが入り10名と、とっても控えめな人数。
1回表、エース歯Bが、歯ではなく神経をすり減らしながら、丁寧にコーナーをつくピッチング。
ヒロヒロの素晴らしい守備もあり、ドリームス打線を何とか2点で抑え、裏の味方の攻撃につなぐ。
1回裏、動だけど不動の1番となったピノキオヒロヒロが、失笑するくらい簡単に内野ゴロに倒れ、2番セクシがベース手前でバウンドするゴロのボールを空振るなど、嫌なムードになったところ、「飛行機内のトイレの場所を間違える」など、持ち前のマイペースを発揮して四球で出塁(ここがでかい)、3番兼投手の今日は負担が大きい歯Bも四球で一二塁、そして伊達男ではなく打点男の4番123が、両手でバットを振ってレフト線を破る二塁打で同点においつく。
続く5番ローターも四球、6番ウーイェイの右ヒットで満塁、7番の元4番がヒットで1点追加で勝ち越し。
本来のコンポードーであれば、ここからアウトの連続になるが、、、、、、 と思いきや、8番本田も四球でまた満塁。
そして9番、ヒロヒロと同じくらい最近ピノキオなシマシマが、センター前へ弾くヒット。
まだ満塁の状態で、ラストバッターの監督が、痛める足を引きずりながら打席へ。
内野ゴロで相手のエラーもあり、更に1点。
打順1巡して、ピノキオヒロヒロ。満塁のチャンスに、三振で「1回で1人で2アウト」という離れ業を達成(ちからこぶ)。
2アウトで萎えかけたところを、マイペースセクシがレフト前ヒットで2点追加。
歯Bも相手エラーの間に、監督が足を引きずりながら生還。
続いて、先ほど両手でバット振った伊達男(打点男)123が、またもや両手でバットを振って本塁打(この回だけで5打点男)。
全員が(ある意味ヒロヒロも含む)つなぐバッティングを心がけて、12点の大量得点の奪取に成功しました。
2回表、歯Bがピシッと抑える。
2回裏、我々がピシッと抑えられる。
3回表、ついにドリームスさん打線を目覚めさせてしまい、四球も絡んで一挙7点を献上。
満塁で走者一掃のレフトオーバーヒットを打たれて、その打球を追う元4番が、足を自爆テロ(被害者1名)。
監督が元4番の安否確認を行なっている間に、勝手に歯Bがマウンドをピノキオシマシマに譲って投手交代。
そのピノキオシマシマは、キッチリ後続を断つ素晴らしい内容。
3回裏、強豪相手にこの点差は心もとないが、こちらは下位9番打者から。
しかも、相手投手交代でヤバイ…。
しかーし、先ほど好投したピノキオシマシマが、レフト前ヒットで出塁。
続く満身創痍の監督。歩くのもしんどく、バットを杖替わりに打席へ。
あまり打席に長く入れないと判断した監督は、前の打席で失敗した初球勝負を今回も選択。
その打球は、チームメンバー全員が口を揃えていう「らしくない」深い右中間を破るヒット。
3巡目、本日のアウト担当のヒロヒロは、職務を全う。
続くセクシ&歯Bの活躍で、更に一点追加。
4回表、ピノキオシマシマがピシッと抑え、念願のドリームスさんに勝利しました。
今回のように、皆が自分のすべき事をすれば、充分に勝てるのだと確信できた試合でした。
負け組コメント
69期 第6戦 難敵コンポードーさんとの一戦に、かなり少な目13人で臨みました。
キャプテン・副キャプテンが相次いで負けて、珍しく先行の夢軍団。
初回の攻撃は、一番バチオが久しぶりに観戦の奥様にあわせるかのような、久しぶりの長打でノーアウト2塁のチャンス。
続くABK、キレがなく、まさかの見逃し三振ちゃリーン?4。
それでもSHUHO、しっかり2塁打で先制。
なおも畳み掛けたい所も、4番たかじぃ、どんずまりの5ゴロ。
お総裁、四球の間にPBで2点目を頂くも、続くFERRYは、微妙な判定の三振・・・ちゃリーン?4。
しっかり守りたい初回の守り、先発キャメルは、先頭打者を簡単に打ち取り1アウト。
続く2番も2球で追い込むも、そこから粘れず四球を与える。
3番にもフルカウントから四球でピンチ拡大。
続く四番に7へ強打を許し、同点に追いつかれると、悪い流れに歯止めがかからず6エラー、ポテンヒット 四球がからみ、4点献上。
見かねたお総裁が、リリーフ登板・・・も流れ変わらず、四球、ヒット、エラー、ようやく2アウト、エラー、エラー、本塁打。
と、あれよあれよと11点を献上。まさかのビハインドで2回の攻撃へ。
先頭キャメルは元気なく、2フライで1アウト、続く絶好調ゆーき副キャプ、振り切って9戦に落ちるヒットで出塁。
ホリエモンもヒットで続くも、後続倒れ得点ならず。
2回裏は、お総裁がぴしゃり。
流れを引き込むと、3回表の攻撃はセブンが三振で1アウトとなるも、続くマスケンナイス四球で出塁。
1番返ってバチオ6ゴロでランナー入れ替わり、ABKの5内安打でバチオが飛び出すも、相手落球で命拾い。
そこからは、4四死球4安打を絡め7点を返し、2点差に詰め寄る。
3回裏、時間が気になる夢軍団、1点も許せない場面でSHUHOへスイッチ。
相手下位打線につかまり、2失点で勝負あり。
最終回の攻撃は、3者凡退。
終わってみれば、13-9という点差以上に負けを痛感した試合となりました。
改めて課題が浮き彫りになった夢軍団。
個々人思うことはいろいろあるかと思いますが、切り替えるしかありません。
もう一度、ここらで本当に気合を入れ直し、優勝めがけチーム一丸で頑張りましょう!!!

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:丸山
敗戦投手:
エンジェルス 4 0 0 2 0         6

HR:

ロイヤルズ 5 0 5 0 X         10 HR:能見
勝ち組コメント  
『 メガネくん大活躍、の巻 』
制球の甘い先発の丸山は、エンジェルスさんの上位打線に連打を浴び、初回4失点。
ロイヤルズ、裏の攻撃は木下、丸山四球、梶原の五前打で無死満塁とし、疇地死球、能見の左前打で2点を返す。
凡フライふたつで二死となるが、甥っ子を引き連れ参戦した宮本が、嫌な流れを払拭するレフトオーバー、走者一掃の三塁打が飛出し、逆転に成功する。
2回、先頭澁谷が粘りの四球出塁も、後続は塁を進める事ができず、凡退で無得点。
3回の攻撃、丸山の二塁打に白杉、疇地が連続四球で二死ながら満塁。
今期、参加率は安定してきたが、好守ともにプレーは不安定な能見が打席に入る…
…メガネ、その奥の眼は甘い球を見逃さず、会心の当たりはライナーで石垣を直撃!!
赤石監督、宮本の連打でさらに1点を加え、リードを広げる。
(子犬ちゃんは前打席同様、いい場面で遊ゴロ…、二打席連続、イニングのラストバッターでした、とさ。)
2点を返された4回の攻撃は、四球出塁の國分をまたも進める事ができずに無得点。
最終回、無死一、二塁と攻め立てられたが、ここでセンター能見が、野手間に落ちそうな打球をすくい上げるファインプレー。
飛び出していた一走を封殺、さらに二塁へ転送、三重殺を完成させる起点となる。
内野陣も(宮本経由の)二個の併殺を記録、守備陣は生まれ変わった様な充実振りで、大量失点を許さず、10−6で久しぶりの勝利。
今節は10得点、ツンドラのごとき凍てついていた打線にも、春の兆しでしょうか。
メガネくん、次節もよろしくお願いしますね。(はあと)
負け組コメント
薄暗い寒空のもと、一勝二敗二分で迎えた今期5戦目。ロイヤルズさんとの一戦。
一回表、先攻の天使軍団。
この日1番のミスターAngelsの宮澤は、遊直に倒れ1アウト。
2番スティーブン、3番片倉は四球を選びダブルスチールを決め、一死二、三塁の場面で、4番のまだまだイクメン中込が中前打を放ち2点先制!!!!!
さらに、5番崎ちゃん監督は、左超の二塁打を放ち1点追加!!!!!
さーらーにー!6番ガヤ担当のトミー(日本人)が、絶妙な右前打で1点追加!!!!
さらに追い打ちをかけたいところで、7番酒井オパは惜しくも右飛球に倒れ二死、 8番の澁谷特攻隊長は二ゴロに倒れるも、この回久しぶりに打線が繋がり、4点の猛攻を見せた天使達!!!!
一回裏、今日も先発ドン田中が立ち上がり、制球が定まらずに四球と安打を浴び5失点。
二回表、逆転したい天使軍団は、9番の若林が右前に上手く弾き返し、無死一塁で、10番の草食系男子の渡辺が併殺打、続く11番反逆のカリスマのホリエモンは二塁ゴロ。
まさかの3人で攻撃を終了してしまう(>へ<)
二回裏、どうにか零封したい天使軍団。
ドン田中が、ドンの風格を感じさせる投球術で零封。
三回表、12番フェイスビッグ山田から始まる好打順も、えぐいファールを打ちながらも二飛球、続く13番ドン田中は右飛球に倒れ、あっという間に二死。
1番宮澤は右越の三塁打を放ち、追加点のチャンスで、2番スティーブンは二ゴロに倒れ、この回も無得点。
三回裏、守備で流れを作りたい天使軍団だが、安打とエラーで痛い5失点。
四回表、追いつきたい天使軍団。先頭打者の片倉は、左前打で出塁。
イクメン中込は、中超のランニングホームランで2点を返すと、さらに崎ちゃん監督&トミーの2人の中前打で無死一、二塁。
チャンスに強い酒井オパのはずが、まさかの併殺・・・・Oh! My God!
併殺の間に塁を進め、二死三塁の場面で自らのバットで追撃したい ドン田中は、あっけなく投ゴロに倒れ、この回2点追加に留まる。
四回裏、この回、ドン田中はまたも風格を見せ、無得点に抑える。
五回表、9番若林は四球で出塁し、10番渡辺はファウルで粘り、スイングも悪くないのに、なぜか併殺の予感www
しかし、相手のグラブを弾く左直で無死一塁、二塁のチャンスを作る!!!
11番CEOホリエモンの力ない打球は、センターの前にポトリと落ちる予定が!!!
相手選手が上手く救い上げ中飛球となり、走者2二人は帰塁できず、まさかのトリプルプレーとなってしまう。。。完全にツイテナイ。。。
チームの纏まり、雰囲気は悪くない、なぜ勝てない天使達(;▽;)
負け癖がついてしまっている天使軍団。
気合いと根性を入れ直して、次戦コンポードーさんとの一戦に臨む。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:森實
敗戦投手:迎
ブレーブス 0 0 0 0 0 0       0 HR:
サクラ 1 1 0 5 1         8

HR:

勝ち組コメント  
前節の悔しい敗戦を吹き飛ばし、勝率5割に戻したい櫻、本日はブレーブスさんとの一戦。
後攻の櫻、エース森實の立ち上がり、伸びのある直球を軸に無得点に抑え、いいリズムで攻撃に繋げる。
初回、先頭の呉山がデッドボール、盗塁、パスボールもあり、ノーヒットで幸先良く先制するも、後続が続かず1点止まり。
エース森實、ランナーは出すも、テンポ良くコーナーをうまくつく投球で得点を許さず。
その裏、7番悩めるキャプテン増山が、会心の一撃でレフト前ヒット、9番藤田の右中間を抜ける3塁打で追加点。
11番山本の、2アウトからの意表を突くスクイズも攻守に阻まれ、追加点ならず。
今日の森實、回を増すごとに冴えわたるピッチング、3回まで毎回三振を奪う好投で無失点ピッチング。
その裏、玉江のショート強襲ヒットが出るも、後続が続かず無得点。
行き詰まる投手戦、エース森實、続く回も強力ブレーブス打線を無得点に抑える。
何とか好投の森實に追加点をプレゼントしたいところ、打線はトップの呉山からの好打順。
呉山、期待に応えるレフトオーバーの2塁打、2番山口三遊間を抜けるヒット、その後4番清野のライトオーバーの3塁打でランナー一掃、その後も鈴木のセンターオーバーの2塁打、先ほどのあたりで完全復活の増山が今日2安打目、森實のショート強襲ヒットと、久しぶりの5点のビックイニング。
完封の期待がかかる森實、5回もランナーを出すが無得点。
その裏、山田が追い込まれてからライトに弾き返す絶妙のヒット、続く堀内、センターまで飛ばす大飛球も惜しくもアウト。
しかし、ここで終わらないのが櫻、最終バッター辻岡が、センターオーバーの2塁打で7点目!
最終回の森實、ストレートの威力は最後まで落ちず、終わってみれば、6奪三振の完封劇!
投打が噛み合った櫻、これで勝率をイーブンに戻す!
この勢いのまま、次節勝星先行に繋げたい。
負け組コメント
今日の迎投手は、球も走ってて、結果8点取られたけどナイスピッチング。
デッドボールがちょっと多けど、腕が良く振れてて今後が楽しみ。
しかし、打者陣は好投手森實さんに押さえられ、今期最初の完封負けを喫してしまいました。
A級戦犯は筆者、ランナーを置いての打席に凡打と三振、皆さん申し訳ない。。。

第11節 3月2日

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:天野
敗戦投手:迎

アタッカーズ 2 7 7 2 3         21 HR:
ブレーブス 5 0 1 1 1         8 HR:西郷
勝ち組コメント  
3月に入り、温かくなってきたグランド。
今日は、第六戦目でブレーブスさんとの対戦。
初回、アマノのスリーベースを皮切りに、2点を先制する。
その裏、マウンドには初登板のアマノ。
ブレーブス打線の猛攻を浴び、5失点で逆転される。
2回表、島田の相手エラー出塁を皮切りに、四球でランナーをため、パスボールで無安打の1点をあげる。
さらに四球で満塁。ここで、新加入のフル川が押し出し四球。
そして、一番アマノが2打席連続スリーベースで3点。
さらに攻撃を続け、この回7点で逆転する。
3回表も、エラー四球でためたランナーを、アマノの三打席連続のスリーベースで一掃。この回も7点をあげる。
4回、5回も得点を重ね、合計21得点。
立ち上がり打たれたアマノだが、2回以降は0点もしくは最少失点に抑え、初登板を完投で飾った。
負け組コメント
3連勝を目指し挑んだアタッカーズ戦、一回表に2点を取られるもその裏、空かさず西郷選手のランニングホームランもあり、5点を取り良い感じ。
が、その後は守備ミスもからみ、大量失点。
打線も繋がらず大敗。また一から頑張りましょう。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:大澤
敗戦投手:鈴木
ベアーズ 4 0 0 6           10 HR:絹川
カイザース 5 9 10 X           24 HR:
勝ち組コメント  
4番不在でも打線爆発
熾烈極まるカイザース4番争奪戦勃!?
春の兆しが出始めた2日早朝。
しか、しカイザースの打線は、すでに春を通り過ぎ、熊谷市の日本最高気温記録を日々更新するが如く、今日も絶好調!
各打者のバットから火が点き、17安打24点。
前戦も合わせると、54点を荒稼ぎ。チームの雰囲気も最高潮。
残り7試合、強豪チームとの対戦ばかりだが、上位に残り優勝戦線に踏み止まるためには、一試合も落とせない。
だからこそ、現4番の更なる活躍を期待したい。
負け組コメント
カイザースさんとの第6戦。
初回、死球、四球、安打、安打、死球、死球と相手投手が制球に苦しみ、4点を先取。
なおも1死満塁と好機だったが、内野フライに1塁走者がアウトカウントを間違えて帰塁出来ず、4点に留まる。
3回も、3連続四死球で無死満塁とするものの、ショートライナーに3塁走者が飛び出してしまい、2死となり、結局無得点に終わってしまった。
最終回は、初参加の絹川が3ランホームランを放つと、四球と相手のミスで無死1・2塁から好調のStephenが2塁打で2点を返す。
その後も、死球と内野安打で1点を奪い、最後は良いムードとなった。
守備面ではどうしても大量失点を許してしまうが、取れるアウトを取っていくという形は出来つつあるよう思う。
攻撃面では、2つの走塁ミスを反省したい。
負けは続いていますが、攻撃のリズムは良くなってきているので、もっともっと楽しんでいきましょう。

TOPページ >>第1節〜第10節 >>第11節〜第20節 >>第21節

(C) Copyright is reserved by HONG KONG SA Men's AA LEAGUE