AAリーグ第70期 スコアボード

TOPページ >>第1節〜第10節 >>第11節〜第20節 >>第21節

第70期 第10節 1月25日

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:迎
敗戦投手:川満
カイザース 2 4 5             11 HR:赤坂 成田
ブレーブス 7 7 7             21 HR:DERICK 迎 VINCENT
勝ち組コメント
2015年の2試合目、なんとか初白星と挑んだカイザース戦。
初回表、あっさり2アウトを取り、その後若干の乱れはがでるものの、何とか2失点で踏ん張る。
その裏、先頭打者がいきなり凡フライでアウトとなるも、2番田伏選手が昨晩一滴も酒を飲まなかったことが効を奏して、技ありのセフティーバントを決めると、 その後打線が繋がり5短打・3四球を絡め一挙7点を奪いリードする。
2回表に4点を取られ1点差に迫られるも、その裏14番打吉田が右中間を抜けるヒットで、脱げそうになるズボンを必死で押さえ2塁へ爆走スライディング、好返球でタッチアウトかと思われたが判定はセーフ。
それで勢いに乗ったのか、3番DERICKの3ランなども飛びだし8安打1四球でまた7得点。
3回表、やはり強豪カイザースさん、ホームランなどで5点を奪われるも、なんとかリードしたまま3回裏へ。
時間はあと数分、攻撃したまま時間終了へと持ち込みたいところ。
今日のブレーブスはいつもとちがい選手みんなが更に気合を入れ、4番迎選手の満塁弾、続く5番VINCENT選手がソロとアベック弾なども飛び出し、またまた7得点、そこで時間切れゲームセットに。
カイザースさんに勝利したのは、いったい何期ぶりだろうか?
今期うれしい2勝目は、777のスリーセブンで確変突入!!
このまま確変継続で連ちゃん勝利といけるよう、次戦も頑張りましょう!!
負け組コメント
前節勝率を5割に戻して、貯金1を目指して迎えたブレーブス戦。
香港マラソン開催日と重なり、主力4人を欠く。
1回表の攻撃、ノーヒットで2点を先制するも、裏にHRを含む7点を取られ逆転をされる。
2回表の攻撃、2アウトからミノテツの2ベースをきっかけに、本日新加入のジョニー、助監の大出、阿部のタイムリーで4点を返す。
2回裏も相手の攻撃は緩むことなく、7点を追加され嫌なムード。
3回表の攻撃、この回にせめて同点に追いつきたい。
先頭赤坂、続く成田Teraokaのアベック弾(今季2度目)でまず2点。
1アウトから、川満、竹内の連続ヒットから四球を絡め満塁に。
ジョニーの押し出し四球と、大出のタイムリー2ベースでこの回5点を返す。
しかし、万事休す。時間も気になり焦ったカイザース。
裏の攻撃も相手に7点を取られ、タイムオーバー。
11-21で完敗。。。来週の試合から気持ちを切り替えて頑張っていきましょう。
まだまだこれからですよ!!

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:島上
敗戦投手:谷津

パイレーツ 0 0 0 0           0

HR:

ツナーズ 5 7 15 X           27 HR:阿部(2本) 小川 松倉
 HEIWAN  砂永 島上
勝ち組コメント
『HR7本乱舞、島上7奪三振完封』
前節、何となく繋がりに欠けたツナ打線。早くも修正のチャンスと2週続けての公式戦。
今日の相手は、パイレーツさん。
ツナメン13名(内マネ1名)に対しパイレーツさんは、18名?
多勢でマグロ漁船を襲われそうな様相で整列、いざ試合開始。
まずは守りから。島上、ほぼ捕手:Joeの構えたところにビシビシ投げ込んで、2奪三振と完璧な立ち上がり。
すぐさま攻撃に移り、1番:小川。ここは、お約束の見事なサードファールフライでアウト。
小川の吉本新喜劇のような安定した笑いの提供にベンチは安堵し、気持ちを切り替えて2番:阿部助監へ。
こちらも小川凡打を取り返す、いつものかっ飛ばしで3塁打放つ。
3番:Heiwanも、いつもの笑顔で威圧する打席のオーラで四球出塁、即盗塁。
4番:松倉は、センター最深部への犠飛を放ち先制。
5番:監督は、相変わらずの”集中”と”にやけ”を打席で繰り返すも、ここはきっちりタイムリーで2点目。
6番:Joeは、3塁線を狙ったパンチショットで監督との結果オーライのエンドランを成功させ、監督長駆して生還。
7番:高橋は、きっちりレフトへ弾き返してJoeを迎え入れ4点目。
8番:島上は、相手守備の乱れを誘い2死1,2塁に。
9番:富山、眼鏡をコンタクトに戻し、バットも変えてやっとこさのライトへのタイムリーヒットで高橋生還。
この回5得点で攻撃を終える。
2回の守備は、傷心の小川に早く打席を回すべく島上、バシバシ投げ込んで3奪三振とあっという間に攻撃へ。
回の先頭:江藤は、”出塁するんで後のみなさんよろしく”とベンチで掛け声、初球をひっぱたきサードライナーで、こちらもあっという間にベンチに戻る。
今季初参戦の12番:森下は、死球で出塁。
1番に戻って小川は、見事にベンチの期待に応えライトフライで2死。
ここから怒涛の攻めで、阿部助監ライトへソロHR、Heiwan&松倉のレフトへの連打で追加点。
監督にレフトへの2ランHRが飛び出し、相手守備の乱れや高橋&富山のセンター前でさらに得点を加え7得点として3回へ。
ヒットで出塁を許すも、島上の危なげない投球でゼロ封継続。
3回裏の攻撃は、久々の超ビッグイニング。
回の先頭:江藤が左中間への2塁打でベンチを盛り上げ、森下の技ありのライト線3塁打で1加点。
3度目の正直で小川にライトへの2ランHRが出て、ここからHRラッシュ。
Heiwan&松倉のアベックアーチに島上のグランドスラム、そして阿部助監にこの日2本目となる3ランHRが飛び出し、長短打13に4四球で15点を奪う。
こうなれば島上完封へと期待が高まるが、長打を許し3塁にランナーを置いてのピッチングに。
2死まで追い込んで、相手打者が放ったのはサードフライ。
なぜかセンターからサードへのコンバートを希望した左投げ:小川の前に。
勢い良く前進し、最後はちょいと行き過ぎてウイニングボールをキャッチ。見事、完封劇”完”とする。
しかし、1試合7HRはツナーズ史に残る豪打ぶりではなかったか!
投打がこれ以上ないほどかみ合った試合。
そんな中、アップまでは快調に飛ばした野次将軍、内野ゴロで一塁へ激走?皆が異変に気づかない?ふくらはぎへの重傷で、最後は片足ジャンプして試合終了の整列へ。
ここもとスライディングキャッチやクロスプレーといった激しいプレーでの負傷はない反面、”えっ、どの場面でそうなったの?”と皆が質問攻めにする負傷が相次いでます。
忍び寄るチーム高齢化、いやいや高齢が常態化してこその円熟です。
完治し、けが防止、予防に留意し末永くプレーしましょう!
皆さん、他人事ではありませんよ!体の変化が忍び寄ってます。
お酒も年々弱くなってませんか?衰えない夜間活動も考えものですが、、、。
負け組コメント
開幕2連勝から勝敗を2勝2敗の五分と落とした前戦から、嫌なムードを断ち切りたい。
本日も充実の18名で参加。
1回表:上位打線がなんと相手投手の速球、変化球に対応できず2三振の三者凡退。
1回裏:本戦も先発は谷津。
大切な初回、第一打者をサードフライに打ち取り幸先良くスタートかと思われたが、その後強打にやられ、この回5失点。
2回表:初回に続きパイレーツ上位打線が翻弄され、なんと全員三振の三者凡退!
2回裏:相手2ランホームランを2回献上。点差が大きく広がる。
3回表:こうなるとパイレーツは、秘密に練習を重ねてきた新投手・大竹を投入する動き。
TKDで投手デビューを果たす。が、相手の容赦ない猛攻で4ホームラン15点。
1アウトゲットから相手攻撃が無限に続くかと思われたとき、パイレーツコーチ陣は投手交代を言い渡す。
火消しに参上した3番手高橋が、見事ゲッツーに討ち取りついにゲームセット。
■相手チームとの力量を感じた一戦。
パイレーツは、18名の打順が全員まわらないという珍記録にも見舞われ、意気消沈。
だが、まだ先は長い。落ち込んでいる暇はないぞ、パイレーツ!

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:森實
敗戦投手:石本 田中

サクラ 10 2 0 3           15

HR:山口(2本)

エンジェルス 7 0 1 0           8 HR:
勝ち組コメント
今日のお相手は、切れ目のない打線を誇るエンジェルスさん。
まだ薄暗いグラウンドでの会話。
『あれっ、イケメンショーマが現れない。』
さては、前夜のイベントでパワーを使い果たした他の若手選手たちと同様、夜更かしかと思いきや、流石首位打者の貫録、あたりが明るくなったころには合流。一同、少しは不安が和らぐ。
1回表は桜の攻撃。
熟睡して、すっきりした顔のショーマ君、四球で出塁し、まずは1番の責任を果たす。
続く、マイク山口、前夜のイベントの疲れもなんのその、ライナー性の強烈なあたりで、今季第二号ホームラン。
続くウッチー、清野は四球で出塁、ここで迷シェフ小山、前捌きがうまいのは包丁だけではありません。レフト前ヒットで追加点。
鈴木、藤田、安信の四球、森實レフト前ヒットに続き、山本、堀内の四球などで打者一巡後、1番呉山が見事にセンターにはじき返し、続くマイクは四球を選んで押し出し。
なおも1アウト満塁で、クリーンナップに繋ぐ。
ウッチ―はライナー性のあたりを好捕され、四番清野も外野フライに倒れ、スリーアウトとなるも、初回に10点と幸先良いスタート。
1回裏、先発森實は、コントロール重視の投法で投げるも、中途半端なストライクボールを容赦のないエンジェルス打線に打ち込まれ7点献上。不安な立ち上がり。
2回表、小山の四球、裏4番藤田の三塁打、森實のセンター前ヒットなどで2点を追加。
2回裏、森實は、投法を標準モードに切り換え。
マスクをかぶった鈴木監督の好リードもあり、相手打線を無失点に抑える。
3回の攻撃。堀内が華麗なセンター前ヒットで出塁。
しかし、練習では調子のよかった玉ちゃん、元気なく6−4−3のダブルプレー。この回0点。
『飲茶をご馳走せよ』と桜の若手が詰め寄る中、『残念でした。今日はこれからシニアの試合があります』と巧みな言葉で交わし、ベンチではクリーンヒット。
3回の裏、容赦のない天使打線は執拗な攻撃。ラッキーにも1点に抑える。
4回の最終回の攻撃、マイク山口がレフト線に鋭いあたり、外野に転がる間に、ホームまでまっしぐら、ランニングホームランで高校球児のような走りをみせる。
続いて清野のセンター前ヒット、小山、鈴木の連続二塁打などで3点追加。
4回裏も強豪打線をなんとか0に抑え試合終了。
この日の収穫は、マイク山口が2ホーマー4打点、この試合2安打の小山とならんで、打率8割で首位打者に。
ホームランも清野と並び、今季通算3本と大活躍。
更に堀内。イチローを彷彿させる華麗なフォームによるセンター前ヒットに、味方の桜選手全員から驚きと称賛の声。大飛躍への兆しか。これからの活躍に期待。
次週も強力打線を誇るイーグルス戦。頑張りましょう。
負け組コメント
1月末、まだまだ寒い香港、今期3勝2敗で迎えたサクラさんとの一戦。
1回表、Aクラス入りを果たす為、落とせない試合を後攻の天使軍団。
本日、初先発の石本は、まさかの四球の嵐。。。
途中、田中に交代するも10失点。。。
一回裏、気を取り直して巻き返したい天使軍団の攻撃 1番、先頭打者の片倉レフト前ヒットからの、続く崎ちゃん監督はセンター越の三塁打w
3番、職人吉田はセンター前ヒット、4番トミーは四球。
5番、子煩悩の中込はセンターフライに倒れるも、ミスターエンジェルスの宮澤はレフト前ヒットで4点を返す!!!
7番、ドン田中はライト前ヒット、続く石本ははセンター前ヒットで出塁!
8番、渡邉の犠牲フライで追加点、9番、みやもっちゃんはセンター越の三塁打で続くと、11番、たかちゃんはショートゴロで倒れるもこの回7点を返す!!!!!!!
二回表、ドン田中は連続安打を浴びるも、2失点で切り抜ける。
二回裏、ここで離されるわけにはいかない天使軍団。
12番、松樹ラオパンはショートゴロに倒れるも、続く片倉は四球&盗塁で1死2塁も、崎ちゃん監督はショートフライwww、しかし職人吉田は四球で出塁!!!!!
チャンスで4番トミーは、レフトフライで4番の仕事できず無失点wwww
三回表、ここはどうにか凌ぎたい天使軍団!
ドン田中は、この回は味方好守にも助けられ零封!!!!!!
三回裏、5番中込はセンターフライに倒れるも、6番宮澤はセンター前ヒット!
7番田中はライト前、8番石本は四球、9番渡邉はレフト前ヒットを連続出塁!
9番みやもっちゃんは、チャンスで三振wwwwwww
10番たかちゃんに期待がかかるも、センターフライwまさかの1点しか取れず。。。
四回表、絶対点数はやれない天使軍団。
完全に打ち取っているも連続ポテンヒットを浴び、2失点。。。
四回裏、この回逆転しなければならない天使軍団!!!!!!!
先頭打者の12番、松樹ラオパンはファーストゴロwww
片倉はショートフライwwwww
崎ちゃん監督はエラーで出塁するも、吉田はピッチャー強襲も好守に阻まれ試合終了。。。。
初回の10失点が響いては今期やっと3敗目。。。。
次戦は気合を入れて、強豪ドリームスさんとの一戦に臨む!!!!!!

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:中村
敗戦投手:北浦

ベアーズ 0 1 0 0 0         1

HR:

ドリームス 2 8 1 3 X         14 HR:下鉢
勝ち組コメント
70期第6戦、ほんの少しだけ肌寒いSKM。
香港マラソンの影響か、開始前に9人?あれ9人しかいない。
出張者と滑り込みセーフでもちゃリーンのホリエモンを加え、何とか11名でベアーズさんとの一戦に臨みました。
初回の守り、先発キャメルの立ち上がりは、3番に四球を許すが、無失点の無難な立ち上がり。
初回の攻撃、1番ABKが相手投手の速球に押され9フライに打ち取られると、2番ウッチーも力無く8フライであれれ2アウト。
嫌な流れを、3番バチヲは、もつれながらも疑惑のランニングホームランで1点先制。
4番SHUHOの2塁打に、5番たかじぃの打球は相手のライトのエラーを誘い追加点。
6番Ferryは、これまた速球に詰まり1フライで、何とも寂しい2点を先制。
2回の守り、先頭を打ち取るも、次打者にうまくセンターへ運ばれる・・・
疑惑の7前(エラー)に突如四球を連発も、何とか1失点で切り抜ける。
2回裏、お総裁・角太の連打キャメル・ホリエモンの四死球・ABK・ウッチー・バチヲ・SHUHOの4連打、あれ?そうそう市助見逃しちゃリーンを加え8点を奪う攻撃でリードを広げる。
3回表、2アウトまでトントンと進み、3者凡退を予感させた7フライ、汚名返上と角太前進。
誰も?がやると思ったかどうかはさておき、余裕の落球を披露。
すぐさまボールを3塁へ送球し、タッチアウト・・・。3者凡退(ちゃリーン)。
4回はSHUHOにスイッチ、少しばたつく珍しい展開も無失点、5回はクローザーお総裁が登板。
見逃し三振を含めて6球で三者凡退という圧巻のピッチングを披露。
人数少ないうえに、DBを7発も喰らうというひやひやな試合でした・・・。
次節は旧正月前の更に寒い時期です。
現在の課題はリクルート活動、及びまだ見ぬ新人2名の早期戦力化・・・これからも厳しい戦い続きますが、1試合も落とせませんよ!
夢軍団一致団結で、優勝奪還目指し各自取り組みましょう!!!
負け組コメント
早くも70期折り返しの第6戦は、ドリームスさんとの試合。
予想はしていたものの、本塁が遠かった。
相手の3人の投手に、結果的には2安打と打てなかったものの、6つの四球を選んで塁を賑わせ、2・4回は得点のチャンスをつくった。
しかし要所を抑えられ、完封こそ免れたが1点のみ。
一方、守備では14失点はしたものの、前回から北浦投手が少しづつ良くなってきており、課題の右打者インコースのボールをコントロールできるようになれば、守備力は相当アップするはず。
今後に期待です。次回もがんばりましょう。

第70期 第9節 1月18日

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:藤原
敗戦投手:高見
ドリームス 3 1 5 2           11 HR:
オオゼキ 0 1 3 0           4 HR:
勝ち組コメント
改めまして明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願い致します。
2015年夢軍団初戦、朝もやの残るTKG第一試合、オオゼキさんとの一戦に14名で臨みました。
負け先行の夢軍団、初回の攻撃は1,2番の四球にSHUHO,たかじぃがきっちり返しノーアウトで2点先制。5番Ferry犠飛で追加点もちゃリーン。
組長四球で繋げるも、お総裁、角太に一本が出ず、3点で攻撃終了。
先発組長の立ち上がり、重い玉をビシビシと投げ込む!三者凡退、無失点の立ち上がり。
2回の攻撃は、市助、テコンドーの四球に純生レフト前にタイムリーで何とか1点。
2回裏、先頭に四球を与えるとあわやホームラン性のエラーを献上しピンチを広げる。
更にタイムリーエラーで1失点。しかし最少失点で食い止める。
3回表、1,2,3番連続四球も、4,5番が連続犠飛、組長タイムリーお総裁四球で繋ぎ、角太叩きつけるレフト前。キャメルエラーで出塁も、市助まさかの空振りちゃリーン。
3回裏はお総裁にスイッチ、珍しく2四死球は与えるも、最後は粘りの投球で何とか3失点に食い止める。
時間も無くなり出した4回表、11,12番の四球の後純生ちゃリーン、マスケンPゴロの間に1点追加、1番ウッチータイムリーで追加しダメを押す。
最終回は、SHUHOが登板。イージー!ライトフライが2塁打となるも、後続を切って取りゲームセット。
新年一発目をなんとか白星勝利。15年はまだまだ始まったばかり!負けられない戦いが続きます。
各自コンディション調整と、スケジュール調整は宜しくお願い致します!!!
負け組コメント
今年第1戦、一ヶ月ぶりの一戦は、強豪ドリームスさん戦でした。
初回、高見は連続四球と連続安打と不安な立ち上がりであったが、その後右飛、遊ゴ ロ、セカンドライナーで3点に抑える。
しかし、裏のオオゼキ攻撃は、赤沼投ゴロ、柳沢三振、河村サードゴロでゼロ。
河村 はなんとこれが70期10打席目で初めての凡退。
2回表は中飛、四球のあとセカンドゴロ。ゲッツーを狙うが惜しくも一塁はセーフ。
ここから四球、タイムリーで1点を追加されるが、ピッチャーゴロで切り抜ける。
2回裏の反撃は、4番正木がフルカウントから四球を選び、続く高見は初球をセンター 前に運ぶ。
このチャンスに、6番田中は右中間にタイムリーツーベースで1点を返す!
無死2、3塁で根間は遊ゴロ。
8番小野は追い込まれてから見極め、しぶとく四球を選び、1死満塁。
谷口もフルカウントまで粘るが、ピッチャーゴロで二死。
続く三浦の打席で田中が本塁を狙うが、惜しくもアウト! 1−4。
3回表は、ドリームス上位打線を前に3連続四球。
この後、外野フライ2つでツーアウ トとなるが、四球、ワイルドピッチ、そしてタイムリーなどで、この回1安打で5点を失う。1−9。
しかしあきらめないオオゼキは、三浦サードゴロのあと、ジェットが粘って四球を選 び、次打者鳥羽の初球に盗塁成功!
鳥羽の左飛で果敢に三塁を奪い、続く森川が初球を左前に弾き返し、タイムリー!
赤沼フォアボール、柳沢デッドボールで2死満塁とチャンスを広げると、河村がセンター前に運び、2者を迎え入れる!4−9。
ここで4番正木はボールスリーとなるが、フルカウントとなり、最後は惜しくも投ゴロに倒れる。
4回表はランナー2人を出すも、三振と投ゴロで二死。
ここでタイムリー内野安打を打たれ、2点を献上。
最終回は高見がライトにツーベースを放つが、田中、根間、小野が内野ゴロに倒れ、万事休す。。。
しかし、全体に声はよく出ていたし、惜しい試合であった。
次はコンポードー戦。 がんばろう!

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:島上
敗戦投手:島尾

ツナーズ 5 0 0 2 2         9

HR:阿部

コンポードー 1 2 0 0 1         4

HR:杉本(2本)

勝ち組コメント
『繋がり欠けた打線、全員2打席かなわず』
玉田、渡辺の新人2名を加え、集まりしツナメン16選手。
2015年の初戦は、前期悔しい敗戦を喫したコンポードーさん。
まずは、参加人数で圧倒しつつ、新年とあって厳かに試合開始。
初回先攻のツナーズ。1番復帰の小川、あれっ?とそしてしれっとライトフライで凡退。
2番助監阿部ちゃん、1番小川のお株を奪う見事な放物線を描き、レフトフェンスを軽々越える先制アーチ。
3番Heiwanは、静かに威圧して四球出塁。
4番松倉は、あれっ力んだのショートゴロ、しかし送球ミスとなりチャンス拡大。
5番監督砂ガーは、新品のスパイクにチームメートから愛の砂かけ攻撃、小学生的いじめに耐え、ここは四球で満塁に。
6番Joeのセカンドへのあたり、相手守備がもたつく間に、Heiwan&松倉還り3点目ゲット。
7番、足の故障から完全にDH専業と化しつつある高橋は、しぶいセンター前タイムリーで2者を迎え入れる。
8番島上もセンターにはじき返し、押せ押せムード。
しかし、9番武藤のショートへのあたりが良すぎてゲッツーとなり、初回の攻撃を5得点で終える。
裏の守り。セカンドの監督がボール回しでファーストにワンバンを投じ、守備に一抹の不安を抱える。
案の定、島上の立ち上がり、先頭打者にうまく右に運ばれる被弾。
四球や安打で攻められるも、ショート:阿部ちゃんの見事な素手キャッチからのジャンピングスローなどで追加点を与えず2回の攻撃へ。
12番新婚さんに技ありのライト前ヒットが出るが、淡白な攻撃でゼロ得点。
流れが悪くなったか、その裏の守りで相手1番打者に今度はレフトへ2ランHRを浴びて、2点差に詰め寄られる。
3回の攻撃。回の先頭、新人渡辺にレフトへのヒットが出るが、板長のゲッツーなどがあり、またしても無得点。
頼りない打線に投手:島上、否応なく気合の投球でゼロ封にし4回へ。
先頭の小川のセンター前から阿部助監死球で攻め立て、パスボールや松倉のレフト前タイムリーで待望の追加点をあげるも2得点と、なんとなく盛り上がりに欠ける攻撃に。
期待した援護も不足気味とあって、島上は淡々と投げ込んで2奪三振でゼロ封。
5回の攻撃は、島上、武藤が三塁を強襲し出塁。
続く藤井は、投手前にバックスピンをかけて転がし内野安打で満塁。
役に立たない富山が、自信なさげに四球を選んで1加点。
続く下山が投手ライナーで1死。
萩原、粘ってフルカウントから空振り、捕手後逸の間に武藤が還って2死で攻撃続行のはずが、2塁走者:藤井がスキをついて本塁へ!とはいかず、3本間に挟まれ憤死。
新人渡辺&玉田、板長に2打席目が回らずに最終回の守りとなる。
1失点はしたものの、危なげない投球で島上が締めて、5点差でゲームセット。
今期無傷の5勝目をあげたものの、何となく爆発力や繋ぎの粘りが欠けた攻撃に物足りなさのあった試合。
来週も試合です。早急に課題を克服できるチャンスです。
各自イメトレ十分、アルコール不十分で週末を迎えましょう!
しかし、スコアー分からないものばかりでつけてるとすごいことになってるなぁ。
初回の攻撃、ホームに還ったら全部本塁打の表記なってるで、、、。
危うく?5者連続本塁打!こうなったらスコアーでなく”レフト前ヒット”とか”サードゴロアウト”とか、言葉で書いたほうがエエな、こりゃ。
マネージャーに感謝感謝の気持ち沸き立つ貴重な試合であった。
負け組コメント
今年の初戦、目標である全勝優勝のために大きな山場のツナーズさんとの一戦。
先発は昨季ツナーズさん戦勝利に、投打に奇跡を起こし、今期チームMVP、DHのベストナインを受賞した島尾。
立上り、1番をセンターフライに打ち取るも2番にホームランを浴び、まさかの助監督のショート送球のスルー等により、一挙5点を先制される。
その裏の攻撃。タイで昼夜修行を行いパワーアップし、本日1番の杉本が先頭打者ホームラン。
1点を返すも2番高Sはショートゴロ、3番ウーイェは緩い球をうまく一塁線に2塁打、助監督フォアボールの5番B、6番本日の救世主、稲葉が倒れて1点で終わる。
2回、島尾は外野まで運ばれる打球があるものの球に力強さがあり、この回0に抑える。
その裏は、素振りを自宅で継続し、練習ではかなりの成長が見られる池尻、しかしファーストゴロ。
島尾もショートフライに打ち取られる。
張がフォアボールで出塁後、杉本が2打席連続のホームランを場外に叩き込む。
高Sがセンター前ヒットで続くも、ウーイェが見逃し三振と2点止まり。
3回も島尾はランナーを出しながらも0で抑え、粘りをみせる。
その裏、助監督がしぶとくレフト前で出塁。しかし期待の5番Bがセンターフライに倒れ、6番稲葉はフォアボール。
池尻がショートゴロで助監督が果敢にホームを狙うもアウト。
島尾が連続0で抑え、流れを変えれるチャンスのこの回に0点だったことが残念…
4回、エラーも絡み2点の追加点を与える。
裏の攻撃、島尾・張と2三振に打ち取られ、3打席連続に力んだ杉本もショートゴロ。簡単に終わってしまう。
5回、上位打線に張がさばける打球に判断できない×2等で2点さらに追加点を許す。
最終回、高S、池中と倒れ、助監督は敬遠気味のフォアボール。
5番Bとの勝負に、本人がベース上での必死のアピールによる左中間の2塁打で1点を返すも、救世主稲葉がセンターフライでゲームセット。
全勝優勝の夢は潰えました…しかし、9人ギリギリという人数の中、大量失点はせずに持ちこたえ、最後まで声が出て雰囲気も悪くない。
切替えて、次戦より全勝を目指します!

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:金塚
敗戦投手:吉冨

サンダース 3 2 0 0 3 5       13

HR:那須

イーグルス 0 0 0 0 0 0       0 HR:
勝ち組コメント
「サワディークラッ!」
今日は永年、サンダースの屋台骨となり活躍された、ムエタイ・アベタカシの歓送試合。
陰となり日向となり11年間、マルチプレーヤーとしてチームを支えた。
セッキンメイグランドに悔いを残さないよう、勝利で送り出してあげたい。
そのお相手は堅守イーグルスさん、前期は1点差の辛勝、今日も接戦が予想された。
先攻で始まった試合、1番サードムエタイ・アベが相手エラーを誘い出塁すると、太田の三塁打で幸先よくホームベースを駆け抜ける。
3回の攻撃ではレフト前にクリーンヒット、6回もエラー絡みで出塁、全打席出塁で最終戦も大活躍だった。
投げてはお誕生日を迎え、投球に磨きを増すネルソン・金塚、6回を被安打5、10Kと快投、無失点で切り抜ける。ムエタイ・アベの最終戦を完封で花を添えた。
時を同じくして今日この日、帰国のマネージャー千春さん、今までお疲れ様でした。
また何処かでお逢いしましょう!!ジョイギーン!!!
負け組コメント
『守備陣が足を引っ張り、惨敗』
夜が明け切って間もないSKMの寒空の下、強敵サンダースさんを迎えての一戦。
この試合は、守備陣が先発の半袖吉富の足を引っ張る展開となった。
初回、ショート高島の幸先悪い連続エラーでランナーをためられ、セカンド木下のトンネルなどで3点を奪われる。
何とか点を返し追いつきたいイーグルス打線も、相手投手にキリキリ舞い。
上位1、2、4番が三振に倒れ、攻撃のリズムを作れない。
吉富の打たせて取るピッチングに守備陣が応えられず、その後もサード才木前監督の2暴投、ファースト高木のキャッチングミス、レフト水田博士の「ライン際ミラクル棒倒し送球」などで、結果的に12点を奪われる展開となった。
守備のリズムが打線にも影響したのか、1-4番で6三振を奪われるなど散発4安打に抑えらる散々な結果。
明るい材料といえば、竹モッチャン今期初安打!
気持ちを切り替えて、次戦の才木前監督の花道を作りましょう!!

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:
敗戦投手:佐藤

ロイヤルズ 3 2 2 0 7 2       16

HR:

アタッカーズ 1 1 0 0 0 3       5 HR:
勝ち組コメント
負け組コメント

第70期 第8節 1月11日

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:崎川
敗戦投手:三浦
エンジェルス 3 6 7 6           22 HR:片倉 佐藤 富田
イーグルス 4 0 2 2           8 HR:丸山(裕・2本) 丸山(信)
勝ち組コメント
曇天の寒空の下、今期2勝2敗で迎えたイーグルスさんとの一戦。
1回表、今日勝って勝ち越したい先攻の天使軍団。
1番、先頭打者の片倉四球からの、続くイケメン佐藤はレフトフライwww 3番、子煩悩の中込は左中間へ二塁打で1点先制!
4番、トミーはショート強襲でさらに追加点!
5番、やーまだーのファーストゴロの間にさらに追加点!
崎ちゃん監督、トール渡辺の連続安打を放つも、みやもっちゃんのサードフライでチェンジw
がしかし、この回貴重な3点を奪う(^▽^)
1回裏、本日はピッチャー不在の中、崎ちゃん監督は先発!www
制球が乱れ、4失点wwwww
まあ、久しぶりのマウンドなので仕方ないですね(―○―)w
2回表、まだ追加点が欲しい天使軍団。
9番、澁谷隊長は黄色い声援のおかげで、綺麗なライト前ヒット!!!!!
10番、松樹ラオパンも綺麗なレフト前ヒット!!!!
11番、本日初参加の石本さん!若干力んでセカンドフライwww
打順は1周して、1、2番の片倉と佐藤は左中間へ二者連続ホームラン!
(イケメン佐藤はエンジェルス入部後、初ホームランらしいですwww)
3番、中込はセンター前ヒットで出塁すると、4番トミーはレフトへの弾丸ライナーがホームラン!!!
後続は倒れるも、この回6点追加(―▽―)♪
二回裏、9点の援護をもらい、ここはどうにか凌ぎたい天使軍団!
崎ちゃん監督は、この回は味方好守にも助けられ零封!!!!!!
三回表、相手ピッチャーは代わり7番、渡辺は四球で出ると、パスボールと進塁打の間に無死三塁で9番、澁谷隊長は左中間へのヒットで追加店!
松樹ラオパンと新人の石本は、揃ってレフト前ヒットで出塁♪
一巡して片倉はレフト線への3塁打、相手エラーもあり走者一掃となるw
さらに、中込の二塁打でこの回一挙7点追加!
三回裏、もう若干余裕の出てきた崎ちゃん監督は、ヒットを許すも、後続を断ち2点で切り抜けるwww
四回表、先頭打者の8番、みやもっちゃんはレフト前ヒットで出塁!!!
9番、澁谷隊長はレフトフライに倒れるも、松樹ラオパンは四球で出塁!
11番、石本はセンター前ヒット(?皿?)
一巡して片倉は内野安打、佐藤のレフト前の間に3点追加♪
中込は内野ゴロに倒れるもダブルスチールもあり、二死二、三塁でトミー!
痛烈なレフト前でダメ押しの2点!!!!
最終回、崎ちゃん監督はこの回も連打を浴びるも、2点に抑えてゲームセット。
打撃戦を制したエンジェルスは、今期やっと3勝目!!!
次戦は宿敵サクラさんとの一戦に臨む(^皿^)/
負け組コメント
2015年初戦相手はエンジェルスさん。
初回表、先発フランク三浦が3失点に抑え、その裏の攻撃で逆転したいところ。
1番水田博士は四球、2番長谷も死球で同点のお膳立てお膳立て、3番才木は2塁打で一気に同点に追いつき、4番ゲーリー丸山は食中毒の腹痛の為か力まず、後ろからチビりながらも逆転アーチを華麗に放つ。
打者4人で4点GETするも後続が続かず、フライ3つで終わる。
2回は6点取られ一気に差をつけられる。
1回同様、効率よく点をとりたいところだが、今回は下位打線が奮わず0点。
3回表も3HRを含め7失点と、どんどん差をつけられる。
その裏、1・2番は四球で出塁し、初回の再現といきたいところだが 博士は3塁盗塁を勘違いし帰塁中タッチアウト。3番才木はライトフライ2アウト。
そして、ここでまたもや4番ゲーリー登場。
チビった1打席目の余韻が残ったまま打席に入る。そして、ここでもチビりながら 2打席連続アーチを放つ。
続く腕相撲の弱いマッスル木下も2塁打を放つが続かず2点どまり。
4回表も打ち込まれ6失点。
がけっぷちイ軍の攻撃は、稲ばうわーがレフト前ヒット、続く中南米から来た助っ人似丸山Aが怪力で2ランホームランを放つも、またもや後続で点を取れず8-22で大敗を喫す。
次戦は王者サンダースさん。無敗の王者に一矢報えるよう頑張りましょう。

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:川満
敗戦投手:谷津

パイレーツ 3 0 2 0 0 0       5

HR:

カイザース 2 0 2 4 2 X       10 HR:鈴木 阿何
勝ち組コメント
明けましておめでとうございます。
2015年最初の試合はパイレーツさん。
この試合から登場の新入部員の香港やん、阿何くん&Newバット(2本)
初回の守り、先発川満の制球が定まらず連続四球の後、5番谷津選手へセンターオーバーを打たれ3失点と苦しい立ち上がり。
しかし、セカンドを狙ったバッターランナーを、センターかっちゃんからの好返球&ショートまっきーの上手いプレーでタッチアウト!
その裏、ヒロ鈴木の先頭打者HR(Newバット効果?)で反撃開始!
、、かと思いきや2点で攻撃終了、3回も2失点後の2得点でなかなか追いつけず嫌な展開へ。。。
時間も気になり始めた4回裏、ノーアウトから死球で出た成田くん、しかし川満&顧と連続アウトで2アウト。。。
やばいと思った成田くん、すかさず盗塁を決めランナー2塁。
つづく先輩の粘りの四球をからめ、ミノテツのセンター前で本塁突入成田くん、、、タイミング的にアウトかと思われたが、うまくタッチをかいくぐり同点のホームイン!!
守備でも再三の好プレーをみせてくれました成田くん。
18アウト中3分の1の6アウトを取ってくれました。。
やっと同点に追いつき、楽になった新入部員の阿何くん、豪快にかっ飛ばし3ラン!!
最終回もパイレーツさんに満塁まで攻められるも何とかしのぎ、2015年は勝利発進で勝率も5割復帰です。
この試合MVPは、なんと言っても成田くん!
この調子で今年もよろしくお願いします。
あとは阿部くんの目覚めを待つだけですね。。
負け組コメント

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:
敗戦投手:迎

ブレーブス 0 3 0 3 0         6

HR:VINCENT

ロイヤルズ

4 0 6 2 3         15 HR:
勝ち組コメント
負け組コメント
2015年最初の試合でしたが、残念ながら敗戦しましたが、70期はまだまだこれからです。
頑張りましょう。

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:森實
敗戦投手:北浦

ベアーズ 3 6 0             9

HR:米澤 北浦

サクラ 18 7 3             28 HR:内田 清野
勝ち組コメント
2015年の最初の試合はベアーズさん。
蕁麻疹発症のイケメン・ショーマ、脇腹痛発症の新人安信、会社イベント参加のキャップ増山・お疲れクリパ委員山田を除く12名で臨む。
先行を取りたいところだが、監督ジャンケン負けて幸先悪し。
初回相手攻撃、先頭打者の初級ど真中を左前へヒットされる。
盗塁ワイルドピッチの後、タイムリーヒットで先制される。
その後、ランナー一塁から相手5番にインコースのストレートを、ものの見事にレフトオーバーホームラン。
やはり、インコースのベルト球はいけません。
3点のビハインドで初回櫻の攻撃。
先頭山口の絶妙なバントヒットの後、監督のセカンド強襲安打が右中間を点々とする間に、山口が快足を飛ばしてホームイン。
続く3番内田は、ドンピシャ・センターオーバーのホームランで、あっと言う間に同点。
4番清野もアベックアーチで続くと、櫻打線が止まらない、止まらない!
小山四球、助監督センター前、藤田レフト前、森實サードバントヒット、城戸一二塁間と4連打。
ミッキー山本ショートエラー、赤門堀内の四球を挟んで、大御所玉江が7年ぶりのタイムリー安打のオマケ付き!
二巡目に突入しても勢い止まらず、初回から丸々二巡打者24人で18点、超ビッグイニングに。
二回から成長著しい山口にスイッチ。 6点は取られるも、中々のピッチング。
取られたら取り返せと、二回裏の攻撃も手を緩めず、先頭山口から7番藤田まで長短合わせて7連打を含む8安打を集中させ、取り返したぞ7点。
三回の守備は、レフト・エース森實が守備でも魅せますファールすれすれの大飛球を見事にスーパーキャッチ。 山口のこの回零封をアシスト。
時間ギリギリの三回裏、山口・監督を塁に置いて、打者はサイクル安打の期待が高まる内田。
ジャストミートした打球はセンター左へ、これは二塁打確定と誰しも思ったが、相手センターのナイスな位置取りで好捕され、残念サイクルならず。
3番ダメなら3A帰りの4番清野に期待したが、何を勘違いしたか空振り三振。
おいおいと思ってる中、復帰小山がキチンとやってくれます。ライト横にポテンツーベースヒット。
助監督はアウトコースの球を綺麗に流し打つも、これまた相手サードのファインプレイに阻まれ、チョー残念!
記憶の中ではクリーンヒットだね、助監督。
この回終了で丁度時間となり、ゲームセット。
打つも打ったり、25安打で28点の大勝利。
2015年最初のゲームをモノにし、通算で3勝2敗と一つの貯金。
この調子で次戦も頑張りましょう!
負け組コメント
本年最初の試合は、いきなりアクシデントから。
4名ものメンバーが体調不良で欠席となり、ギリギリの9名で試合に臨むことに。
危うく初っ端から不戦敗となるところでした。皆さん、体調には十分注意しましょう。
初回、トップバッターの根野がレフトにヒットを放つと、若さであっという間に2盗3盗。
北浦が左中間2塁打であっさり先制した。
これを米澤がレフトの葉っぱに当たる本塁打で返し、この回3点。まずまずといったところ。
2回は四球とワイルドピッチ、内野ゴロで1死3塁の場面で、9番村松が振り逃げの三振。
この間にランナーが還り1点。
ヒット、四球と続き1死満塁としたところで、北浦の満塁本塁打が飛び出した。
北浦はこの試合2安打5打点の大活躍。
時間的に最後の攻撃となった3回は、2ケタ得点を目標に1点を取ることをチームに課すも、残念ながら無得点。 こういうところが課題でしょうね。
守備は慣れない守備位置もあって、最終的に大量得点を許したものの、北浦投手が2回3回と徐々に良くなり、「開眼した」とのお言葉が出ましたので、これが最大の収穫となりました。
次の試合までに忘れてしまわないようにお願いします。
ともあれ、冒頭に述べたように体調には十分注意して、次戦もがんばりましょう。

第70期 第7節 12月7日

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:
敗戦投手:
アタッカーズ                     HR:
サンダース                     HR:

5月31日に延期(HKSA主催イベントの為)


1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:
敗戦投手:

コンポードー                    

HR:

カイザース                     HR:

5月31日に延期(HKSA主催イベントの為)

 

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:島上
敗戦投手:中村

ツナーズ 2 0 0 1           3

HR:松倉

ドリームス 0 0 0 1           1 HR:
勝ち組コメント
『島上ピンチにギアアップ、狙って奪三振 』
肌寒い曇天(というよりまだ暗い)のセッキンメイに、予定時間通りツナメン11名集合。
監督はじめ何選手か欠場でちょっぴり寂しい人数。
さとみマネの送別試合をサヨナラ勝ちで制した前節の余韻は、どこへやら。
強豪:ドリームスさんとのこの試合に、淡々としたモードでいざ試合開始。
初回の攻撃。1番快足:藤井は、ファールで粘るも三振に倒れる。
2番助監:阿部は、ストレートの四球で出塁。
今日は3番:松倉は、3球目を技ありの一撃でライトへ運ぶ先制2ランを放ち、ベンチに着火。
あれっ4番:小川は、しぶくセンターに返して”よし、ここから”と勢いよく1塁オーバーラン、ではなく”よっこらしょ”と1塁到達。
5番:島上、6番:高橋と連続四球で1死満塁と大量得点のチャンス。
しかし、7番:Joeが倒れ2死、8番:富山は、何と”相手に塩を売る”背任の見逃し三振で、何となく勢いを欠いた攻撃に。
その裏の守り。島上はいつも以上に低めの内外角の投げ分けが冴え、2奪三振と見事な立ち上がりでゼロ封。
2回の攻撃は、9番打撃開眼:Owenと10番北関東ではなく首都圏だ!:萩原が連続四球で塁を賑わし、11番調理場に立つと心強い打席では?:江藤へ。
ファール、ファールと後ろや横に鋭い当たりを飛ばしたが、ここは悔しい三振。
1番に戻り藤井は、センター前にしぶとく運んでつなぐはずが、2塁走者:Owen、3塁回ってストップのところ、ホームを狙いタッチアウト。
頼れる助監:阿部は、4球目を見事に捕らえ”よし!”と思った瞬間、相手2塁手の好捕にはばまれ追加点を奪えず、流れが相手に傾きかける展開に。
2回裏の守り。打ち取った当たりがぽとり、ぽとりと落ちて2安打されるも、要所では三振を奪い抑え込む島上投球で相手に流れを渡さず。
3回の攻撃は、3番:松倉が相手ミスを誘って出塁。ワイルドピッチで2塁に進み、追加点のチャンス。
ここで勝負強い小川登場でベンチは盛り上がる。
フルカウントまで行って見事に捕らえた強烈な打球は、次の瞬間、相手投手のグラブに納まり飛び出した2塁走者:松倉戻れずでゲッツーに。
続く島上も粘るがショートゴロに倒れ、またしても加点できず嫌な流れとなる。
3回の裏。悪い流れを断ち切るのは、やはり島上投球。
ランナーを背負ってから真骨頂発揮で、3奪三振でねじ伏せる。
何としても追加点が欲しい4回の攻撃。足を痛め半径1メートルを行動範囲にする6番:高橋から。
右中間を襲う当たりは、見事にダイビングキャッチされ攻撃のリズムが掴めないツナ打線。
しかし、7番:Joeのパンチショットがライト横を襲い、今度はフェンスまで転々。
こうなれば俊足を飛ばして3塁へ。
続くチャンスにめっぽう弱い富山は、本領を発揮してセカンドゴロで2死。
ここで登場するは、打席で今までにない落ち着きをみせるOwen。
何と見事な右中間への当たりをかっ飛ばし、Joe悠々生還で貴重な追加点をあげる3塁打。
さらに1点を狙った荻原の打球は、ショートゴロとなり3点リードで最後の守りへ。
相手1番、3番にヒットされ1点を返されるが、島上落ち着いて攻めの投球。
相手強力打線に臆することなく、2奪三振と1塁小フライで締めくくって、僅差の試合をものにする。
なかなか打線の援護が得られず、何度も相手に流れが行きかけた試合を、9奪三振の力投で勝利を手繰り寄せた島上の投球さま様の辛勝。
2014年最後の試合を勝利し、気持ち良くクリスマスパーティーを迎えられそうな予感。
1月半ばまで暫し休戦です。自己管理をきっちりと充実の休養を!
自覚十分の”もう若くない”ツナメンの皆さん、運動する前には十分なウォーミングアップを。
アップで息が切れても恥じることはありません。
”勇気ある撤退”でアップで十分運動した気持ちになりましょう。
その代わりにと酒席の後の夜の運動に励むなど言語道断ですぞ!
負け組コメント
2014年最終試合。お相手は投打のバランス抜群のツナーズさん。
シェッキンメイにティンコンドーならぬテコンドー(近藤)が加わり、14名で臨みました。
初回キャメルの立ち上がり、先頭打者を三振に切って取るも、2番打者に四球を与え、3番にライトオーバーの一撃を喰らう・・・。
続く4番には詰まりながらもセンター前、さらに四球を重ねるが今日は踏ん張り2三振を加え、初回を2点で切り抜ける。
すぐに追い付きたい夢軍団は、相手投手のインコースへの出し入れに苦しみ1番2番が連続三振。SHUHOヒットで出塁も、4番凡打であっさり終了。
2回は相手に出塁は許すが、やはりホームは与えない・・・0点でリズムを作る。
裏の攻撃、先頭三振・・・組長・お総裁に連続ヒットも、角太1ゴロ、続く9番見逃し三振・・・。こちらもホームが遠い。
3回の守り・・・先頭5ゴロを、三塁におられる方がトンネル。SHUHOバックアップも1塁間に合わず。
続く4番の1ライナー!ナイスキャッチでDP成立、この回を何とか3者凡退とする。
3回裏の攻撃は、相性ばっちり市助助監督・テコンドーに連打が生まれ1・3塁の場面も・・・3者連続三振で遠い遠いホームベース。
4回お総裁のダイビングキャッチでチームが活気づくも、3塁打2発を喰らいついに追加点を許す。
ロースコアなのにあっと言う間に1時間15分。最終回に突入した夢軍団。
1番からの攻撃・・・K。バチヲが8前で2塁を陥れると 3番SHUHOのタイムリーでようやく1点を返す!
4番隆Gも続きチャンス拡大!1打サヨナラの場面を作るも・・・5番K、6番3フライでゲームセット。
相手より多いヒット数も、9/12OUTが三振ではどないもなりません!!!
クリスマス前で出費のかさむこの季節に、一気に潤う夢軍団の台所。
守備は随所にいいプレー(ウッチーのダイビングキャッチ・バチヲのナイス返球!)、新人テコンドー初打席初安打!と悪いことばかりでは有りません!!!
負けは負け!切替えが大事です。
次節は、年明け1月中旬!正月での暴飲暴食を避け、走ってバットを振り込んで絞りましょう!!!
夢軍団のみなさん!!!もう負けませんよ!!!

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:山口
敗戦投手:高見

サクラ 0 5 9 4           18

HR:呉山、清野

オオゼキ 1 0 6 7           14 HR:
勝ち組コメント
なんとしても2連敗は避けたいところだが、前期敗戦しているオオゼキさん。
初回、先行を取るが、1番、2番があえなく凡退。
3番内田総裁がしぶとくヒットで出塁するが、後続が続かず無失点。
嫌なムードが漂うが、一回裏は次期エース山口が先発し、何とか強力オオゼキ打線を1失点にてしのぐ。
2回、相手ピッチャーのファーボールにうまくヒットが絡み、一挙5点。
裏もエースの良いテンポに守備もきれいにまとまり、無失点にて切り抜ける。
が・・・3回、4回と取って取れらの攻防で、最終回に4点差と迫られるが、最後は櫻の大エース、森貫がしっかりとオオゼキ打線を抑え、連敗脱出!!!
厳しい試合ではあったが、主砲清野が今期2号ホームランを放ち、スランプを脱出!
呉山のランニングホームラン、山口の公式戦初勝利等、今後へ向け大きく収穫のある試合であった!
負け組コメント
70期第4戦は、2勝目をかけてサクラさんとの一戦。総勢12名で臨みました。
1回表、高見の立ち上がりは、三振、セカンドゴロでツーアウト。
ヒット、四球で2人を出したが、続くサードゴロを正木がさばき、この回ゼロ!
その裏は先頭赤沼、2番抜擢の三浦が連続四球。
3番河村も8球粘って、四球で無死満塁。
ここで正木がレフトにタイムリー!ただ、二塁走者三浦は相手中継の前に本塁憤死でワンアウト。
ここから高見サードライナー、田中投ゴロでこの回1点に終わる。
2回、高見が崩れ5つの四球が得点に絡み、5点を失う。
2回裏の反撃は、谷口、森田が連続内野ゴロ。
Jet加藤がセンター前ヒットを放つも、小野が投ゴロで0点。
3回表は、連続エラー、4四死球、2本のヒットで6失点。
空振り三振2つでツーアウトまで漕ぎ着けたが、ここから内野守備の乱れと、タイムリーでもう3点失い、この時点で1−14。
しかし、諦めない我がオオゼキは、ここから猛反撃!
石田四球、森川凡退後、赤沼が四球。
三浦は追い込まれてから粘って四球。
河村が押し出し四球を選び、まず1点。
4番正木はチャンスに強いところを見せて、センター前タイムリー。
5番高見はファーストゴロでツーアウトとなったが、この間に一人還り4−14。
続く6番田中は初球を叩き、レフトオーバーの2点タイムリーツーベース!
谷口が四球で繋ぎ、8番森田はツースリーから右中間にツーベースで7−14。
Jetも初球を狙ったが、惜しくもピッチャーゴロ、しかし追い上げてきた!
4回表、投手は赤沼にスイッチ。しかし、ホームラン、エラー、四球、ホームランで4点を献上。
このあとは、ライトJetの好守もあり、3人で切り抜ける。
1時間15分が過ぎ、最終回オオゼキは11点差を追う攻撃。
小野が8球粘って価値ある四球を選ぶと、石田もきっちり連続四球。
森川はセンター前ヒットを打ち、無死満塁。
赤沼はサードゴロとなったが、2番三浦がフルカウントから今日3つめの四球をもぎ取り、まず1点。
一人で3打席18球を投げさせているのは隠れた好プレー!
続く河村、4番正木も四球を選び、10−18。
5番高見はライトに2点ツーベースを打ち、続く田中も2点タイムリーでこれに応え、14−18まで来た!
田中は今日4打点!谷口は死球で1、2塁。
しかし、森田、加藤が内野ゴロに倒れて、ゲームセ ット。。
今日は守備が乱れて失点を増やしてしまい、最後の追い上げが間に合わない試合にな ってしまいました。
つなぐ意識は強く、攻撃の流れは悪くないです。
まずはクリパで盛り上がり、年明けは勝っていこう!

第70期 第6節 11月30日

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:丸山
敗戦投手:谷津
パイレーツ 5 0 0 3           8 HR:青 谷津
ロイヤルズ 2 3 7 4           16 HR:
勝ち組コメント
負け組コメント
ここまで開幕2連勝のパイレーツは、本日も大量20名参加で和気藹々だ。
1回表:上位打線が手堅く出塁を重ねると、4番 青、5番 飯塚がタイムリーを放ち、続く6番 谷津がツーランホームラン。 この回、5得点を挙げる順調な滑り出し。
1回裏:今日も先発の谷津は立ち上がり良好で、緩急を織り交ぜた投球が冴える。
途中、レフト村山がジャンピングキャッチでチームメイトを沸かせる。
2回表:パイレーツ中位打線がチャンスを掴めない。
打者5人、無得点であえなく交代。
2回裏:投手谷津はカウントで追い込む場面が多いものの、自軍の守備乱れや相手俊足により、ジリジリとピンチを招く。
ところが嫌な雰囲気を変えたのは、またしてもレフト村山。
ライン際ギリギリのダッシュ捕球で3アウト目をとり、なんとか同点に追いつかれるところまでで抑えた。
3回表:再び点差を取り戻したいパイレーツだが、下位打線が機能せず、打者4名でまたしても無得点。
最終試合の17番 藤井雅は、センター前まで勢いよく打球を運ぶがフライに倒れた。
3回裏:前回同様、小さなシングルヒットが積み重なり、気づけば7失点。大量リードを奪われる。
4回表:7点ビハインドを奪い返すべく、上位打線が奮起。
20番 長老由良、1番 村山とランナーを貯めたところ、4番 青がチェンジアップをじっくりと待ち構え、見事なレフト方向への豪快スリーラン。
4点差と詰め寄るパイレーツだが、後続の得点が続かない。
4回裏:最終回は高橋が今季初登板し、安定感のある速球を披露するが4失点。
パイレーツ無念のゲームセット。
送別試合藤井雅は、途中からライトで守備参加。フライ捕球で最後の見せ場を作った。
パイレーツは2回まで悪くない内容で進行するも、後半は守備乱れで崩れた印象。
また、中位以降の打線は打撃力不足。
試合前のバッティング練習でしっかり球を前に飛ばす感覚を積み重ねようと谷津から激が飛び、身を引き締めてグラウンドを後にした。

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:吉冨
敗戦投手:北浦

イーグルス 12 0 13             25

HR:丸山(信)

ベアーズ 9 0 0             9 HR:Stephen、米澤
勝ち組コメント
『打者一巡×2の猛攻で快勝!』
11月の第4戦目、今年最後の試合は相性の悪いベアーズさんが相手。
初回の攻撃でいきなり、自慢の鷲打線に火が点く。
水田博士死球の後、高島の三塁打で先制。
更にクリーンナップ3四死球後、6番いぶし銀長谷の味のある犠飛、7番中原オーナーがキレイにセンター前にはじき返し、更に後続が四死球を選んだ後、11番高木が“ツボ”を外しながらもタイムリー、新人植田の犠飛、打者一巡し、高島2本目のタイムリーで大量12点を奪う。
先発吉富の立ち上がり、いきなりオーナーのファーストゴロトンネルが尾を引いたのか、4、5番に一発を打たれるなど9点を献上し、更に次の攻撃では代わった相手投手を捉えられず嫌な展開・・・。
しかし、今期のイーグルスはここでズルズルいかない。
吉富は2イニング目を気迫の0で抑え、3回の攻撃。
9番フランク三浦四球の後、10番に下がったオパ冨安の初安打でチャンスを広げ、12番吉富、13番植田の連続内野安打で加点。
復帰戦の14番竹本は三振に倒れるも、上位に戻り、この日3つ目の死球を喰らった水田博士のガッツ溢れるプレーに、チームメートも奮い立ち、タイムリー、四死球、打撃妨害内野安打で打線が繋がり2イニング目の打者一巡!
トドメは、やはり丸ちゃん2号の今期2号豪快満塁打で大量13点をあげる!
最終回はフランク三浦がマウンドへ。
水田博士のレフトフェンスにぶつかりながらの身体を張った超ファインプレーに、フランクのピッチングも冴え、最終回を0に抑えゲームセット!
上位下位打線がうまく噛み合い、ベテランコンビ中原・冨安にも初日が出て、俄然調子が上がってきたイーグルス。
厳しい日程の11月を3勝1敗で終え、良い流れで来年に繋いでいけそうだ。
水田博士、しっかり身体のケアしてください!
そして、皆様少し早いですが、良いお年を!
負け組コメント
今年最後の試合は、イーグルスさんとの第4戦。
参加者も16人と、去年の今頃がウソのようです。
是非とも勝って、今年を締めくくりたいところ。
初回は北浦投手の調子が上がらず、1イニング2ケタ得点を許してしまった。
取られたら取り返すぞ、と裏の攻撃はいつもと一味違った。
失策と死球で無死1・2塁とすると、3番北浦が3塁打で2点。
4番Stephenが2ラン本塁打を放つと、5番米澤も連続本塁打で5点目。
塁がきれいになったところからも攻撃は休まず、四球からアウト1つを挟んで安打、四球で1死満塁。
島、Jungの連続安打で得点を重ね、塩野が四球を選んで押出し。
金光の内野ゴロの間に1点を追加して、この回9点。
今日はいけるかもと誰もが思った。
2回にマウンドに上がった藤嶋が好投を見せ、見事無失点。
流れはこちらに来たと誰もが思った。
しかし、ここから初回の攻撃がウソのように失速。
1点でも欲しかったが、2回裏を無得点で終わってしまう。
3回の守備は、これまた2回とガラリと変わって打ち込まれてしまう。
長い守備が終わって、裏を迎えると早くも3回で最終回。
Stephenが3塁打で気を吐くも、あっさり終わってしまい、結果初回の9点のみ。
今年最終試合を飾ることは出来ませんでした。
来年こそ、の思いを胸に皆さん頑張りましょう。

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:
敗戦投手:谷本

アタッカーズ 1 2 3 4 2         12

HR:

ブレーブス 3 0 6 1 3 X       13 HR:D.MAN VINCENT(2本)
 迎
勝ち組コメント
2014年最後の試合、勝って締めくくりたいところ。
初回からの乱打戦を迎投手の好投、西郷選手の好守備で守り、 2点ビハインドで最終回裏の攻撃へ。
2番からの好打順。ビンセントの今日2本目の2ランホームランで同点!
更に、迎選手の2塁打で、サヨナラのお膳立ては完璧。
2人打ち取られて2アウト。
このまま、引き分けで終わるのか?と皆が思ったところにに、相賀監督に打順が回る。
ワンボールからの2球目、痛烈な当たりが左中間へ!
そのまま、あとわずかでサヨナラホームランになるかという2塁打でサヨナラ勝ち!
いやー良かった。次はクリパで楽しみましょう!
負け組コメント

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:金塚
敗戦投手:吉田

エンジェルス 0 0 1 0 0         1

HR:

サンダース 7 4 2 1 4         18 HR:太田
勝ち組コメント
雨は降らないけど、どーんと空気が重い曇り空の中、第三戦目はエンジェルスさん。
初回、重い空気を切り裂く軽やかなピッチングで、2三振を奪ったエースの上々の立ち上がりをサポートするかのように、打者一巡で7得点。
絶好調のピッチングであったが、3回にお約束のアベちゃんエラーが失点に繋がり、マウンドで崩れ落ちるエース。。。
が、4回にようやく今期初ヒットを放ち機嫌を取り戻したエースは、4回・5回と守備の乱れで満塁のピンチを迎えるも、無失点で切り抜けるナイスピッチング。
打線の方も、絶好調の津曲が打率10割をキープ、淡々と単打を重ねる宮定、アベちゃんのいつものポテンヒット、太田の今期初HR等でコツコツと得点を重ねて18得点と好調。
一方で、4タコと絶不調のJOHNさん。。。そろそろ、「だぁっっっ!!」をお願いします。
来週のゲームが中止になったとのことで、今年最後の試合となりました。
来年度も各チームの皆様方、よろしくお願い致します。
良いお年をお迎えください!!
負け組コメント
今期2勝1敗で迎えたサンダースさんとの一戦。
ちょっと早い気もするが、今年最後の試合となる天使軍団。
1回表、先攻の天使軍団。
1番、職人吉田は初っ端三振w
2番、澁谷隊長は投ゴロwww
3番、ダイエッター片倉は三振と三者凡退で速攻でチェンジwwwwww
1回裏、今期初先発の吉田は、立上りを攻められ7失点(;▽;)
2回表、まずは1点が欲しい天使軍団。
4番、トミーはサード強襲も、相手の好守に阻まれ1アウトw
5番、イケメン佐藤はファーストフライw 6番、フェイスビッグ山田は三振とこの回も速攻でチェンジwwwwww
二回裏、追加点を許したくない天使軍団だったが、連打を浴び4失点(;へ;)
三回表、7番、崎ちゃん監督はセカンドフライw
8番、ドン田中は三振をあっという間に2アウトで、流れ最悪wwwww
この回も、速攻でチェンジが頭をよぎる。。。。
9番、田川チャラ男(本名)がセンター前で出塁!!!!!!!
相手ピッチャーはその場で崩れ落ちるwwwww
さらに10番、愛妻家の落合の2塁打で初得点!!!!!!
1番、職人吉田はキャッチャーフライに倒れるも、貴重な1点をもぎ取った!笑
三回裏、この回からマウンドに上がるのは、みなさんお馴染みのドン田中!!!!
躱すピッチングで2失点に抑えるwww
四回表、何とかビッグイニングを作りたい天使軍団。
先頭打者の2番澁谷隊長の当たりはショート強襲で出塁すると、3番、ダイエッター片倉は三振で1アウトwww
4番、トミーはシュートエラーで出塁!
さらに5番イケメン佐藤は、決死のデッドボールで出塁で1アウト満塁キタ━(゚∀゚)━!
6番、フェイスビッグ山田のファーストゴロに倒れ2死も未だ満塁!!!
7番、崎ちゃん監督は・・・・・・・ピッチャーフライで無得点チェンジwwww
四回裏、還暦を迎えるドン田中はフラフラを相手を翻弄し、1失点で切り抜ける!
五回表、追加点が足りな過ぎる天使軍団。
8番、ドン田中はセカンドゴロ。
9番、田川チャラ男はライトフライに倒れ、2アウトwww展開早すぎw
しかし、ソフトは2アウトから!
10番、愛妻家の落合は相手エラーを誘い出塁!
1番、職人吉田には待望のレフト前ヒット、2番の澁谷隊長は死球www
ここでクリーンナップキタ━(゚∀゚)━!
3番、ダイエッターの片倉は普通のショートフライ。はい終了wwwww
今期2つ目黒星を喫したのエンジェルス。。。。
次戦は年明け、宿敵イーグルスさん。絶対勝つぞーヽ(*´∀`)ノ

第70期 第5節 11月23日

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:長谷川B
敗戦投手:丸山
コンポードー 5 1 0 2           8 HR:
ロイヤルズ 1 0 0 3           4 HR:
勝ち組コメント
『高橋元監督、二安打三打点の(初の)大暴れで有終の美を飾る』
長年コンポードーで選手、監督、笑い担当として活躍されてきた高橋元監督の最終戦。
勝利で有終の美を飾って頂こうと気合十分のコンポードーは、13名でロイヤルズさんに挑みました。
初回、1番広瀬が素晴らしいセフティーバントで出塁。
2番高江須もきっちりファーボールを選び、1,2塁のチャンス。
続く,3番杉本は、自称いい辺りもサードに阻まれ、3塁フォースアウト。
期待のかかる4番新居は、相手ピッチャーの緩急のきいた投球に打ち損じるも、相手エラーで満塁。
続く5番ピンキー藤澤が四球を選び、押し出しで待望の1点先制。
1アウト満塁。舞台は整った。
コンポードーの功労者に、神が最高の舞台を用意したかのように思えた。
並みの選手であれば、緊張してまともなプレーができないこの場面。
スーパーポジティブな高橋元監督のことである。
おそらく心の中で、「やっぱり俺がいなきゃだめか」とつぶやき、打席に入っていたと思われる。
期待と笑いが入り混じる緊迫した空気のなか、振りぬいた打球は見事にライト線をやぶる3点タイムリーツーベースヒット。
最高の結果を残しチームを勢いづけ、初回一挙5点を奪う。
最高のムードの中、先発するのはエース長谷B。
本人曰く、球は走っていなかったとのことだったが、いつも通り丁寧なピッチングで先頭打者を内野ゴロに打ち取る。
続く打者もサードゴロに打ち取ったが、守備イップスの疑いのある真栄平のエラーにより出塁を許し、続くバッターに決して甘くない球を投じるも、上手く打ち返され1点を許す。
しかし、そこはさすがエース、後続をきっちり打ち取り、流れを変えずに1失点で切り抜ける。
続く2回の攻撃は、12番西井から。
ひたむきに練習を続けるランニングサイボーグが、痛烈なセンター前を放ち出塁。
ランニングサイボーグ、すかさず盗塁。
13番張監督はファーボール。
続く広瀬は、またもや素晴らしいバントヒットで出塁。
このチャンスに守備イップス大ボス高江須。快音響き追加点かと思われたが、ショートライナーでまさかのゲッツー。いやな空気が流れる。
杉本、新居とファーボールで何とか1点追加。
続く藤沢がいい当たりを放つも、センターフライでこの回1点のみ追加。
裏の守り、チャンスでファーボールの1点のみ追加という嫌なムードも、エース長谷Bがしっかりとここを0に抑える。
続く3回表の攻撃。先頭は最終戦に覚醒した高橋元監督。
バッティングの基本を教えてやるよと言わんばかりの、センター前のクリーンヒット。
続く長谷B、池中と相手投手の術中にはまり凡退。
続く島尾が2打席連続ヒットのレフト前ヒットでつなぐも、大型新人真栄平に今日は快音響かず、この試合初の0点。
裏の守りは2回に引き続き、長谷Bが危なげなく0に抑える。
最終回の攻撃。11番池尻からの攻撃。
腰を痛めながら練習に励むも、ここは凡退。
しかし、続く西井の忍者打ち、張監督、高江須のヒットなどで2点追加。
7点差をつけ最終回の守りに。
最終回は、エースをねらう島尾が登板。
ここのところいいピッチングで自信をつけてきた島尾であるが、今日はバックネットに奥さんがいたからか、リズムを作れずの3失点。
嫌な雰囲気も最後はリズムを取り戻し、8対4でゲームセット。
監督として、みんなをどう輝かせるかを1番に考えてきたので、選手としての力は半分もだせていなかったと言わんばかりの高橋元監督の大活躍で幕を閉じた。
高橋監督、お疲れ様でした。
次試合より、基本のセンター前ヒットとバントの時に、打席からでてアウトにならないことを心掛けて頑張って参ります。
負け組コメント

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:岡本
敗戦投手:川満

カイザース 5 0 3 0           8

HR:阿部

ドリームス 2 7 0 X           9 HR:
勝ち組コメント
70期第3戦、長年チームのムードメーカ且つ宴会部長を務めてきた、ゆ〜きエロ副キャプの最終試合。
何が何でも勝ちたい夢軍団、かなり少な目11名でカイザースさんとの一戦にのぞみました。
初回の守り、先発キャメルは先頭打者に四球を与えると、次打者にも四球。
3番打者の間に、Ferry暴投で失点。
打者は三振に打ち取るも、4番に四球。
5番APOに痛恨の3ランを喰らう最悪の展開。
流れに乗れないキャメルは、2アウトまではこぎつけるも、またもや四球で自滅。お総裁へとスイッチ。
お総裁は、次打者を三振に切って取り、流れを引き戻す。
初回の攻撃、久々先頭バチヲは、まさかの見逃しK・・・(ちゃリーン)。
2番ゆーきは、きっちり四球で出塁すると、SHUHO・隆G、四死球で満塁。
5番Ferryは7前へ2点タイムリー。
一気に行きたい所も、組長7フライ(あと一歩)、お総裁8フライで攻撃終了。
2回のお総裁のピッチング。リズムよく無失点で、見方の攻撃に流れを作る。
2回裏、角太7前にて出塁、キャメル右中間への2塁打で角太が帰り2点差、純生惜しい1ライナーで1アウト、ますけん進塁1ゴロで2アウト3塁。
先頭返ってバチヲの微妙な5ゴロはエラーを誘い、更に1点。
ゆーき7前で続きチャンス拡大。
SHUHOのあたりは、これまた5のエラーを誘い満塁。
隆Gこれでもか、とまたまた5を襲い強襲ヒットで同点。
組長左中間へツーベースで2点、お総裁8へ弾き返し1点。
Mr. 5ゴロの5ゴロで攻撃終了。7点を奪い逆転に成功!
早くも時間が気になる3回表、お総裁におそいかかるカイザースさんの上位打線・・・。
エラーも絡まり3点を奪われるが、なんとかリードを保ち裏の攻撃へ。
先頭キャメルが四球で出塁も、純生惜しい9フライで1アウト、マスケンの6ゴロはエラーを誘い、1.2塁。1番戻って、バチヲはまたしても5ゴロ・・・。
5-4-3のゲッツー崩れを睨み、キャメル本塁突入・・・1点差で最終回の守りに。
最終回、1アウト2塁1打同点の場面を迎える・・・。
打球はサード隆Gのもとへ・・・二塁に牽制を加え一塁へ送球し2アウト。
二塁ランナー三塁へ向かうも、タッチアウトで時間切れ。1点差で辛くも勝利!
試合後は、お約束のうつ伏せ胴上げにて、かなり上空まで飛んだゆ〜き副キャプ!
6年間本当にお疲れ様でした!!!
日本に帰っても、じゃんじゃん出張で来てくださいね!
なんせ、今期の首位打者候補なんですから!!!
負け組コメント
第70期第3戦。前戦の余韻を残し闘う相手は、強豪ドリームスさん。
初回カイザースは、相手先発の制球定まらない隙に1点を先制し、尚もチャンスで今期新加入”アポよぉ〜”の豪快な3ランが飛び出し、イケイケムードで初回に5点。
その裏、先発:川満が強力打線を2点に抑え、上々の立ち上がり。
2回はあっさりと三者凡退に抑えられてしまい、ペースはドリームさんへ。。。
その裏、ドリームスさんの見事な集中打に捕まり、あれよあれよで7失点。
3回、大出・白川のセーフティーバントで相手を揺さぶり、ミスを誘って3点を奪い1点差。
その裏、出塁は許すものの好守もあり0点に抑え、雰囲気良く時間的に最終回の攻撃へ。
板津が出塁し、1アウト2塁のチャンス、一打同点さらに逆転のチャンスを作ったが!!
そこからの記憶が無く・・・    惜敗。。。
【追伸】
ただ2回のドリームス強打者達による、サード大出に対するフルボコは記憶にございます。
大出選手、早く怪我を完治させ次戦に臨むぜ。

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:島上
敗戦投手:森實

サクラ 3 0 0 4           7

HR:増山

ツナーズ 2 3 0 3           8 HR:Heiwan
勝ち組コメント
『逆転に次ぐ逆転の結果はいかに!?』
毎回、接戦を繰り広げる好敵手「サクラ」さん相手に、いつもと打順を入れ替えて臨む。
念入りに準備、練習に励むべきところが、第1試合の早朝集合時間に現れないメンバーがちらほら・・・。
試合前にバッティング練習をしようにも、バットがない事態に・・・。。
試合前練習に気合を入れていたトーナメント戦もいまや昔状態で、試合前からやや不安を隠せず、スタートした今期第3試合。
ツナーズ鬼門の初回の守備は、エラー絡みで3点を献上してしまう。
しかし、その裏の攻撃で、久々の1番バッター阿部助監督がツーベースで出塁すると、2番藤井は持ち前の俊足を生かしてセーフティーバントを試みる。
が、あえなくスリーバント成功ならず、1アウト。
3番は、がっつり寝坊した緊張感ゼロ(?)の砂永監督。
直田名誉監督から、「遅刻したくせにそんな上で打ってるのか!?俺(の時代)の時は一番最後(最終打者)にさせてたぞ。」の檄で、若干の緊張を持ってバッターボックスに立つ。
この檄が見事に奏功、タイムリーツーベースでまず一点を返す。
2塁で満足する砂永監督には、もちろんベンチから「3つ狙えよ!」の野次。
遅刻監督には、本日は優しい言葉はかかりません!
4番松倉は相手チームからしっかりと研究され、松倉シフトがしかれる。
レフトへの特大の飛球はあと一歩届かず、フライに倒れて2アウト。が、ランナーは3塁へ進塁。
5番Heiwanは、存在だけで貫禄たっぷり。
あの体格と太い腕にかかれば、どんなボールもかっ飛ばしてしまいそうだが、3球目を引っ掛け、あれれのショートゴロ。
と思いきや、相手守備のミスが出て、懸命に走ったおかげで1塁セーフ。
その間に、3塁ランナーはホームに生還で2点目。
6番武藤は、ショートゴロで3アウトチェンジ。
2回表は、なぜか「サクラ」戦になると姿をくらます野球少年Oに代わってセンターを守る武藤の好守備もありゼロに抑える。
その裏の攻撃は、前回の「サクラ」戦のヒーローで、満塁男の異名を取る下山。
前回の結果を元に、今回は打順を上げての起用だが、「前にランナーがいないと気合が出ない」と言わんばかりのショートゴロで1アウト。
8番は、前々回の守備で、地味だけどかなり痛い怪我から復活した高橋。
1球目をしっかりと捕らえ、センターへのヒットで出塁。
9番Joeは1球目を引っ掛け、ピッチャーゴロと思われたが、ランナー高橋の走塁が気になったか、一瞬そちらに目が行き、その後に1塁への送球がずれて場外へ。
結果、高橋は3塁、Joeは2塁へ進塁でチャンスを広げる。
10番エース島上は、タイムリーツーベース。自らの一振りで2点を返し、逆転に成功する。
11番Owenは、3球目をライトへ打ち上げ2アウト。ランナーは3塁へ進塁。
12番萩原の打った打球は、サードベース付近。
サードのフィルダースチョイスで、ランナー島上は一旦サードに戻るも、ボールがサードからファーストへ送球される間に、冷静にホームをつき1点追加。萩原も1塁セーフ。
13番河野終身名誉監督は粘るも、悔しいサードフライで3アウトチェンジ。
3回表の守備では、砂永監督がライトへ抜けそうな当たりを華麗な守備で取り、ゴロでアウトにしたかと思われたが、取ったところまではパーフェクトだったが、その後の送球が大きく逸れ、ファーストのHeiwanが大きな体を精一杯伸ばすも取れずに後逸。
ボールが場外に出かけるが、キャッチャーJoeがしっかりとバックアップに入って捕球するなど、全員でゼロ失点に抑え、逆転を許さない。
守りからいいリズムに乗って追加点を取りたい3回裏の攻撃は、14番直田名誉監督から。
4球目を打ち損じ、ピッチャーゴロで1アウト。
1番に戻って、阿部助監督はショートのエラーで出塁。
藤井は1球目を打ち上げ、ショートフライで2アウト。
砂永監督は名誉挽回といきたいところが、デッドボールでアピールできず。
1塁上で「代走を・・・。」と言っていたらしいが、全員無視!(まあ、たとえ聞こえていたとしても却下ですけどね。。)
続いて不動の4番松倉は力んだか?相手の術中にはまり、悔しいサードゴロで3アウト。
この回ダメ出しの得点を奪えなかったのは痛く、相手チームを勢いに乗せてしまう結果に。
4回表の守備で、本日3度目のエラーをおかしたライトOwenには、さすがに助監督の堪忍袋の緒が切れ、下山へ守備交代。
非情の采配にも見えるかもしれないが、全ては勝つ為。
「勝つからこそ楽しみが増える。」ということを、この1年でよく知ったOwenも、この采配の意味を理解しているだろう。(理解していておくれ〜!!)
が、その後、連打などでこの回4点を失い、7-5と逆転を許してしまう。
4回表が終わった時点で1時間10分を回っており、最終回の攻撃。
「まだ行ける!!」と自信を持って言い切ったのは、我らがエース島上。
続いて阿部助監督が、「あとは攻めるだけだから楽だよー。守らなくていいんだから!」と、相手チームにプレッシャーをかけていく。
この肝の据わっている彼らの自信がみなぎる一言一言を、新・旧両マネも信じたい気持ちで、ただただうなずき、信じ、細かいことはわからない分、とにかく声を出して応援する。
先頭打者Heiwanには、エース島上が「真ん中をバチコーンと持ってけ〜!」と、純日本語でアドバイス。
Owenが、「(何言ってるか)わからな〜い。」と笑う中、Heiwanは3連続ボール後の4球目、見事に真ん中をバチコーンとセンターに超巨大ソロホームラン!!
Heiwanすごいよ、日本語わかってるよ!!!
驚きと喜びでHeiwanを出迎え、1点差とする。
続いて武藤も、大きく滞空時間の長いボール飛ばしたが、わずかに手前で失速し、惜しいレフトフライで1アウト。
満塁男・下山は、しっかりと狙い球を打ち、レフト前ヒットで出塁。
続く高橋は打ち上げてしまい、レフトフライで2アウト。
Joeの3球目、何かを持ってる男・下山が突然の盗塁!?
2アウトの状況で誰もがビックリの盗塁。しかもスタートが出遅れ、ベンチ全員が祈る思いで審判を見る。
判定は「セーフ」!止まりかけた心臓が正常に動き始めると同時に、やっぱり何かを持っている男であると再認識。
バッターJoeは、その後ボールをよく見てフォアボール。
続くエース島上もフルカウントまで粘り、最後はフォアボールを選び、満塁逆転の大チャンス。
絶好のチャンスで回ってきたのは、Owen。
エラーで守備交代の尾を引いているかと思いきや、ツナメンベンチからかける声に冷静に反応し、いつもと違う様相を呈す。
2球目を左中間に叩き、サヨナラタイムリーヒット!
2者生還し、8-7のサヨナラ逆転勝ち!
この精神力の強さ、ただ者じゃない、かも??
いやいや、この緊迫した場面で、見事に結果を残したのは、本人も自信につながるだろう。
どの打順からでも得点を狙え、打線に厚みが出てきたのは確かだ。
本日のMVPは、さよならヒットを打ったOwenだが、本人も3つの守備のエラーを反省し、MVPも辞退するということなので、繰上げMVPを決めました。
繰上げMVPは、たとえ下位の打順でも、たとえ先発から守備につけなくても、たとえタクシーで置いていかれても、たとえ寝坊しても、参加し続ける男=何かを持っている男=奇跡を呼ぶ満塁男=ツナーズの財政を立て直した逸材=下山氏に勝手に決定しました!
マネにとって今回が最終試合でしたが、初めて見た試合で下山氏は満塁ホームランを打ち、とても印象的でした。
それにしても、今回は最後の最後までハラハラする展開で、寿命が縮みました。
でもこれぞツナーズですね。
1年ちょっとと短い間でしたが、日本人・香港人がお互いにコミュニケーションを取り合い、試合中は勝つ為に全員がまとまっている素敵なチームのメンバーの一員になれたことを光栄に思います。
ツナーズの試合を間近で見ることが、本当に楽しかったです。
これからの更なる活躍、リーグ戦優勝を期待しています!!
負け組コメント
カイザースに敗れ連敗は避けたいところだが、強豪ツナーズさんとの対戦。
初回は、いきなり山口がスリーベースで出塁!
続く増山は、センターへの弾丸ツーランホームランで最高のスタートを切る。
三番内田もしぶとくライト前ヒットで続く。
四番清野は、センター前への鋭い当たりも、ショートの良プレーに阻まれる。
五番小山は、期待に応えて三遊間を抜けるタイムリーヒットとなり、初回は三点先制!
一回裏は、エース森貫の緩急をつけた投球により、相手の強打線を二点に抑える。
二回裏は、エラーも重なり三点を失うも、我慢強い投球を続けた!
打線がエースを盛り立てたいところだが、二回三回と無得点。
四回は、二番増山が二塁打で先頭出塁!
三番内田も粘って出塁し、清野がセンターレフト間に二塁打で反撃の狼煙をあげる。
六番鈴木は、センターライト間を真っ二つに切り裂く二塁打で逆転に成功!!
いよいよ最終回へ突入。ツーアウトに漕ぎ付けるも、満塁のピンチ。
最後はレフトへの痛烈なあたりで、トーナメントに続くサヨナラ負けとなった。
残り試合は全勝で行きましょう。

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:吉冨
敗戦投手:

オオゼキ 3 0 0 5           8

HR:

イーグルス 1 8 3 X           12 HR:
勝ち組コメント
『吉富の奪三振ショーで、逆転勝利!』
1勝1敗とまずまずの滑り出しで70期をスタートさせたイーグルスの本日の相手は、オオゼキさん。
初回、吉富がいきなり先頭打者にランニングホームランを喰らうも、最少3失点で相手の攻撃を止める。
その裏、先頭の水田博士が四球で出て、連続スチールを試みるも3塁で憤死。
中軸でチャンスを作り、木下がタイムリーを放つも、1得点2残塁で攻撃を終え、流れを引き寄せられない。
嫌な空気が石z尾グラウンドに漂う中、この男がやってくれた!
吉富が圧巻の3者連続三振!
これで完全にイーグルスペースとなり、打者一巡の猛攻で8点をとり逆転に成功。
次の回にも、ゴルファー稲場のドライバーショット2塁打を足がかりに3点を追加。
最終回は四球、味方のマズイ守備もあり点差を詰め寄られるも、最後は吉富の速球が丸ちゃん2号のミット(何故かファーストミット)に吸い込まれ、見事三振でゲームセット。
この勢いで来週の今年最終戦を白星で飾り、貯金生活で新年を迎えたいところだ!
負け組コメント

第70期 第4節 11月16日

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:田中
敗戦投手:北浦
エンジェルス 4 2 0 0 4 0       10 HR:
ベアーズ 0 0 0 0 9 0       9 HR:
勝ち組コメント
気温は20度を上回る秋晴れの下、今期1勝1敗で迎えたベアーズさんとの一戦。
1回表、今期勝ち星が欲しい先攻の天使軍団。
1番、先頭打者の片倉四球からの盗塁でノーアウト2塁で、2番職人吉田はセカンドフライwww
3番から7番まできっちり四球で出塁し、3点を先制!!!!!
さらに、本日サードに抜擢された8番佐藤のレフトへの犠牲フライで、さらに1点追加!!!
9番の酒井オッパこと、たかちゃんはショートゴロwww
1回裏、本日も先発ドン田中は本日も好調!!!!
ギリギリで躱すピッチングで、零封!!!!
2回表、まだ追加点が欲しい天使軍団。
10番、久しぶりの参戦!松樹ラオパンのセンター前ヒットで出塁!!!
ラストバッター11番、ドン田中から3番イクメン中込まで、みーんな四球で押し出しでラッキーな2点を頂く。
ノーアウト満塁で4番、ミスター天使の宮澤は痛烈なサード強襲を放つも、相手の好守に阻まれゲッツー(;へ;)
6番、崎ちゃん監督はショートゴロに倒れるも、この回2点を追加(―▽―)♪
二回裏、6点の援護をもらい上機嫌のドン田中は、この回安打を浴びるも、味方の好守に助けられ零封!!!!!!
三回表、ピッチャーは代わり6番、トミーはまさかの見逃しKwww
7番、ビッグフェイス山田は、大きなあたりもセンターフライに倒れる。。。。
8番、イケメン佐藤は、何かやらかしそうな流れからのKwww
この回、久しぶりの三者凡退wwwww
三回裏、まだまだ頑張るドン田中は相手打線に安打を許すも、後続を断ち零封www
四回表、先頭打者の9番たかちゃんは、レフトフライwww
10番、松樹ラオパンはファーストフライwww
連続飛球で凡退と流れが悪い中、11番ドン田中はライト前のポテンヒット!!!!
1番、ダイエッター片倉は、目の覚めるようなセンター前でツーアウト1、2塁のチャンス!
2番、職人吉田は、ここで技ありのセーフティバント!!!!!!でスリーアウトwwwこの回無得点!!!!
4回裏、ドン田中は疲労を見せながらも、躱すピッチングでこの回も零封!!!!!
4回裏、クリーンナップから始まる天使軍団!
3番、イクメン中込はサードゴロに倒れ1アウト。
4番、Mr,Angels宮澤のレフト線へ二塁打!!!!
5番、崎ちゃん監督はショート強襲の内野安打!!!!!
6番、トミーはフェンス直撃の二塁打で追加点!!!!
ここで終わらない天使軍団!!!!!
7番、山田のライト前ヒットでさらに1点!
8番、佐藤はレフト線へ二塁打!!!!
9番、たかちゃんはセンターへの二塁打で、この回4点追加!!!!!!!
五回裏、さーて10点差あるし、守って終―わりって思ってたのに・・・
相手打線、味方エラーもあり9点を奪われる・・・・・
六回表、何としても追加点が欲しい天使軍団。
11番、ドン田中はライト前、1番片倉はレフト前。
さらに2番吉田は、四球で無死満塁でクリーンナップへ!!!!
3番、中込はピッチャーゲッツー・・・・
4番、宮澤はセンターフライでまさかの無得点・・・
1点差で迎えた最終回、ツーアウトまでこぎつけるも満塁のピンチ・・・・
みんな緊張で声が出てないwwww
最後は難しいバウンドをショート宮澤は華麗に捌き、ゲームセット!
こえーーーーーーーーwwwww緊張して吐きそうだったwwwwww
1点差のゲームを制し、今期2勝目のエンジェルス!!!
次戦、強豪サンダースさんとの一戦に臨む(^皿^)/
負け組コメント
第3戦はエンジェルスさんとの対戦。
先に結果を言ってしまうと、本当に惜しい試合でした。
序盤、北浦投手の制球が定まらず走者を出すが、相手のミスショットや自軍の好守で、得点を許しはするものの、傷口は広げずに何とか小さく抑えられた。
しかし、打撃が沈黙。3回にようやく初安打が出るが、4回まで無得点。
得点力の無さ、特に序盤に点が取れない症状は、このチームの大きな課題です。
4回から投手を藤嶋にスイッチ。スパイクが無いので抑え気味に投げていたが、投球もフィールディングもGOOD。早くスパイクを入手してください。
相手投手がバテて来たところで、5回にようやく打線がつながる。
6番から始まって、打者14人で9点を奪う猛攻(うちのチームとしては)。
6回表を0点に抑え、良いリズムで迎えた最終回は、逆転サヨナラと意気込む。
先頭の奥山がヒットで出塁し、一気に盛り上がるが、後続が倒れ2アウト。
しかし、ここから粘りを見せ、ヒットと四球で2死満塁のチャンス。
点差は1点、一打同点もしくは逆転サヨナラの場面で、前の打席で3塁打を放っている北浦。
後ろには4番が控えているが、ここで決めてしまえと、皆で後押し。
少し力んだか、結果はショートゴロ。でも積極的に打ちに行っての結果だからOK。
勝ち負けは紙一重でしたね。っていうか、もうちょっと序盤で点取りましょうよ、皆さん。
ということで、次回も盛り上がっていきましょう。

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:金塚
敗戦投手:迎

ブレーブス 2 4 0 0 0 0       6

HR:迎

サンダース 4 5 0 2 1 X       12 HR:斉藤 三村
勝ち組コメント
1時間15分コール寸前に突入した6回裏、サンダースの攻撃。
先頭打者の太田がライトネットに突き刺す今期第1号を放ち、本日猛打賞のおまけつき。
続くエース金塚も、ここまでノーヒットだったがレフト前ヒット。
更に、助監督那須が本日2本目のツーベース。
これまたノーヒットだった榊原が、センター前ヒットタイムリー、三村の死球を挟み、今期絶好調津曲がこれまた猛打賞となるセンター前タイムリー、更に宮定もしぶとく粘ってライト前ヒット。
橋本の本日2本目のヒットも飛び出すと、エージもまた猛打賞となるセンター前ヒットタイムリー。
ボンドガールがいなくて調子が悪かったボンド斉藤も、センター前ヒットを放ち、全員安打を達成。
さらに攻撃の手を緩めず、簀戸の四球を挟み、稲田が満塁から走者一掃のスリーベース、さらに浜中のライト前タイムリーヒット。
何と13者連続出塁に、12人連続得点!・・・・・・・・・・・・・・・。
えーっと、上記攻撃は「ナシよ〜」ということで試合終了。
やや終了時間が早かった気もしませんが。
きゅるきゅるきゅるっと巻き戻して。。。
第70期第2戦は、どんよりした天気が続いた後の秋晴れ好天気で、ブレーブスさんとの対戦でした。
先発三村が初回はHRを打たれるもナイスピッチングだったが、2回に突如崩れたため、3回よりエース金塚投入し、ノーヒットピッチング。
打撃では、斉藤貴と三村に第1号HRが出るなど14安打で、打線も好調。
さて、この調子をキープしていきましょう!!
負け組コメント
今期3戦目は、前期優勝のサンダース様、いつものごとくリーグナンバー1の金塚投手は温存で、三浦投手が先発。
なんとか早く金塚投手を引っ張りだそうと、初回表は4番迎選手の目の覚めるよう弾丸ライナーの2ランホームランが出て幸先良く先鋭、がしかし、やはり守備に乱れが出て、あっというまに4点を取られ逆点される。
2回表は敵投手の乱れにより、連続四球・連打を絡め4点を奪取、再びリードするも、その裏にやはり守備の乱れが絡み、5点を取られて再びリードされ、3回表から金塚投手登場もまったく打てず、好投の迎投手を見殺し状態に。
上記勝利チームコメントではクローズアップされていますが、うちにとってはどうでもええ幻の6回もあったけど、これで3連敗。
迎さん、皆一生懸命プレーしてると思うので、我慢してくださいねぇ。
迎投手の頑張りで、チーム状態は確実に良い方向に向かっていると思います。
皆さん、勝利に向けて頑張りましょう。

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:谷津
敗戦投手:

アタッカーズ 5 1 0 0 8         14

HR:小澤

パイレーツ 8 2 0 5 X         15 HR:青 飯塚
勝ち組コメント
前回、初戦を勝利で飾ったパイレーツは、本日も21名参加で雰囲気良好。
1回表:先発谷津は立ち上がり制球が定まらず、ノーアウト満塁のピンチ。
4番打者をチェンジアップで打ち取るも、この回5失点。
1回裏:上位打線がこつこつとレフト前へ打球を送り、シングルヒット量産で1点ずつ得点。
8得点をあげ、3点リードで初回を終える。
2回表:この回から谷津の投球が冴えわたる。
緩急を織り交ぜた好投で、相手打線を1失点にまで抑え込む。
2回裏:先頭Howardが出塁すると、ついに目覚めた大砲 飯塚が、今期初本塁打となる2ランをレフト方向へ運ぶ。
3回表:谷津の投球が勢いを増し、この回無失点。順調に勝ちを引き寄せる。
3回裏:勢いに乗りたいパイレーツだが、下位打線は三者凡退となり、気まずい空気が流れる。
4回表:しかしそんな不穏な空気も今日の谷津には影響なく、4回も無失点。
外野の安定感もあり、3回から相手を無安打に抑える堅守。
4回裏:1番から始まる上位打線。
4番 青が、センター土手へぶち当てる特大スリーラン。
続いて7番 向井も二塁打2打点と投手を支援。
5回表:9点大量リードで迎えた5回に魔物が潜んでいた。
内野陣の守備がほころびをみせ、相手にチャンスを献上すると、スリーランをくらう嫌な流れで、ついには1点差まで詰め寄られる。
相手に一挙8点を献上したものの、ゲームをひっくり返される寸前で、負けまいとする強固な一体感が醸成され、最後はチーム全員で見事にピンチを切り抜けた。
開幕から2連勝と調子の良いパイレーツ。
いったいどこまで高みを目指せるのか。
負け組コメント

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:川満
敗戦投手:森貫

サクラ 0 2 1 6           9

HR:山口、小山

カイザース 6 7 0 X           13 HR:寺内 赤坂 鈴木
勝ち組コメント
大澤監督にささげる白星だ。16日は大澤監督と妻・ミンソ氏の結婚式。
監督不在で臨んだこの日は、16安打の猛攻で櫻三投手を攻略。
投げては川満投手が、バックの好守に助けられながら要所要所を締めて、櫻の強力打線の追撃を躱した。
数年前は櫻の子会社と言われ続けたカイザース。
他のチームと例外なく、毎年メンバーが入れ替わる中、“追いつけ、追い越せ”の一心で背中を追い続けた思入れの強い友好チームと対戦での勝利。子会社から真の独立へ。
参加できなかった監督と生涯共にする奥様に、価値ある白星を届けた。
次戦は来週23日、天光道第2試合(午前8時45分開始)でドリームスと対戦する。
激突するドリームスの右腕中村亮介投手は、リーグ屈指の最速右腕でライズ、チェンジアップなど変化球にも定評がある。
この日代理で指揮を執った大出助監督は、「リズムに乗せると手が付けられないかも。早い回で先取点を」という思惑があり、「選球眼も良いし、粘れるので速い球も遅い球も食らいついていける」と、今期打率10割の4番打者、寺内勝司選手(結婚相手募集中)に中村投手の攻略に期待を寄せる。
また、新婚生活で今ノリにのっている大澤監督と、名将岡本監督との采配対決も見所。
好勝負を期待したい。
負け組コメント
今季第2戦は、対カイザースさん。
初回、先頭の呉山が強烈なあたりを放ち、センターオーバーの三塁打。いきなりのチャンス演出。
しかし、後続が良い当たりをするも野手の正面を突き、結果無得点。流れをつかみ損ねる。
その裏、緩急に戸惑うことなく、しっかり球を捉えた強力カイザース打線に6失点。
2回、櫻は2点を返し反撃開始。
が、エース森貫を投入するも、流れを止められずさらに7失点。
序盤で態勢が決してしまった。
最終のスコアは、9-13での敗戦。
次戦への明るい話題は、元4番小山の劇的な復活と、最後まで諦めない粘りの姿勢。
最終回には、下位打線でつないで6点をもぎ取った。
守備のバリュエーションが増え、調子の良し悪しで選手を起用できる体制に。
今後は精度を高めて行くことが求められる。

第70期 第3節 11月9日

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:島上
敗戦投手:
イーグルス 2 2 0 0           4 HR:
ツナーズ 4 6 1 0           11 HR:松倉(2本)
勝ち組コメント
『松倉狙って2発左に右に』
前日の雨の影響で、グランド整備からスタートとなったイーグルスさんとの70期第2戦。
開始時刻を少し遅らせ、無事ゲーム開始。
初回の守り。島上の立ち上がり、セカンド富山の落球で調子を狂わされ、ランナーを背負い痛打され先制点を許す。
しかし、アウトはすべて三振と島上、貫録の投球。
裏の攻撃。1番:小川、スローボールを思いっきり引っ張るも、ファーストのミットに収まる残念な1打席目。
しかし、好調2番:藤井は、初球をセンターへクリーンヒット+即盗塁でチャンスメイク。
3番:阿部助監の見事な流し打ちで1死2,3塁に。
ここで4番:松倉は、3球目をレフトへライナーで突き刺す逆転3ランをぶちかます。
5番:島上は強烈なサードライナーを放つも、小川同様相手グラブに収まり残念。
6番:Joeが、ライト前ヒット+盗塁で追加点のチャンス。
ここで好調から?イヤイヤ実力を認められての7番起用:下山が、しぶく三遊間を破るタイムリーを放ち4点目。
8番:Owenは続けず、3アウトチェンジで2回へ。
落ち着いたピッチングで相手打者を追い込む島上であったが、イーグルスさんの各打者の粘りと見事なHRで同点とされる。
しかし、同点まででビシッと締めたことで裏の攻撃へ。
回の先頭、9番:荻原四球出塁、続く富山も四球でじわり攻め立て、11番:江藤のキャッチャーフライや、12番:直田のサードゴロで2死になるも、塁上にランナーを残し上位へ。
まずは、小川がライトへ強烈な当たりを放ち、富山生還。
藤井のセンター前で、直田がベンチの”危ない、早く”の声援をよそに黙々と快走し6点目。
阿部助監、またしても見事な流し打ちで小川を迎え入れ、4番:松倉へ。
狙って良い場面で狙ってHR、しかも思いっきり引き付けて、今度はライトへ掘り込む快打のまたまた3ラン。
単打の連打、そして長打と2死から加点して試合の主導権を握る。
こうなれば、島上も気持ちよく投げ込んで、相手打線に隙を見せずゼロ封。
3回の裏に下山&Owenの好調コンビで1加点し、7点差で試合終了。
トーナメント戦から振れている藤井、下山、Owenに加え、常に巧打、豪打が求められる小川、松倉、阿部助監がきっちり期待に応える今の打線の状態は、”良好”そのもの。
今のうちに試合をこなしたいところだが、年内はあと2試合。
しかし、お相手は強豪続きです。
2014年を締めるにふさわしい試合を是非是非。
その前に夜の栄養補給?食欲の秋っぽくなってきたし、、、
我らが栄養(?)部長!旬の真牡蠣で一献なんてどうですか?
今日は2打席タコでしたが、タコは通年食べれますから、、、。
負け組コメント
『開幕連勝ならず。星を五分に戻す・・・』
初戦白星発進で、勢いに乗るためにも、連勝を飾りたい第2戦は強敵ツナーズさん。
上位が四球・相手エラーなどでチャンスを作り、4番丸山監督、5番いぶし銀長谷の連続タイムリーで幸先良く2点先制。
さらにたたみ掛けたいところで、イーグルスの誇るベテランコンビ冨安・中原が連続三振に倒れ、ビッグイニングのチャンスを逃す。
その裏4点を奪われ逆転されるも、次の攻撃で10番高木のこんにゃく打法が炸裂!
高木にしか打てない右方向に弾丸ライナーで飛び込む芸術的な2ランホームランで、同点に追いつく。
が、反撃もここまで。
2回裏にフランク三浦が、下位に出した連続四球を足がかりに、4番にこの日2本目のホームランを打たれるなどして勝負あり。
(ツナーズさんの打球早すぎですわ・・。)
それでも、3回からマウンドを譲り受けた吉富憲一の好投も光った。
また打撃力も全体的にUPし、今期の鷲は低空飛行を続けた以前のそれとは一味違う。
次戦をとって、上昇気流に乗りたいところだ!

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:島尾
敗戦投手:玉腰

アタッカーズ 0 0 0 0 1         1

HR:

コンポードー 0 8 6 0 0         14 HR:真栄平 杉本
勝ち組コメント
第70期第二戦はアタッカーズさんとの対戦。
新監督と主力メンバーがー不在で、いつもと何か違和感を感じながら試合開始。
1回の表、アタッカーズさんの攻撃。
自称エースの島尾の立ち上がり、低めにコントロールされ、内野ゴロを打たせきっちりと三者凡退。
裏の攻撃、試合前に1.2.3助監督が若手を1番から並べた打順に変更し、勢いをつけようとしたが、広瀬のライトフライ、トンカチがセンターフライと倒れ、勢いがつかず0発進。
今日は主力がいないので、皆この滑り出しに不安いっぱいで守備につく。
しかし、2回の表もファーボールを出しながらも、きっちりと島尾が0に抑える。
何としても早めに先制をしておきたい裏の攻撃、1.2.3がファーボールで出塁、やっと試合に慣れ当たりの出てきた河邊が、センターへの三塁打で待望の先制点、続くウーイェイは最低限のセンターへの犠牲フライで、河邊が生還し2点目。
西井、稲葉の連続ヒットの後、島尾のファーストゴロで1、3塁のチャンス、1番広瀬がきっちりセンターへのヒットで1点追加、トンカチファーボールの後、さすがの初4番杉本がスリーランで、この回一挙8点のビックイニング。
3回の表も、制球に苦しみながらも0点に抑える、さすが自称エース島尾。
今日のメンバーでは、まだまだ油断のできない裏の攻撃、先頭の最近慣れないキャッチャーで足腰フラフラのウーイェイが、ショートのエラーで出塁、続く西井もファーストのエラーで1、2塁のチャンス、稲葉のセンターへのあたりをセンターが落球したが、2塁走者が3塁で刺されライナー入れ替わる。
最近、ピッチングだけでなくバッティングも好調の島尾が、センターへのタイムリーヒットで1、3塁、まだまだチャンスは続く。
最近、若手の加入で年下キャラが使えなくなってきた1番広瀬が、ショートのエラーで1点追加、トンカチファーボールで満塁のビックチャンス、ここでコンポードー最若手の真栄平が、試合を決定づけるグランドスラムでこの回6点追加。
4回は両チーム無得点。
最終回の守り、「完封できるかも}と密かに考えていた島尾であったが、なぜか前戦のトンネルから守備に不安の残るトンカチのエラーも絡み1点を奪われ、そのままゲームセット。
結果的には大勝であったが、内容的にはすっきりしない気持ち悪い試合であった。
次戦、気持ちを引き締めて、優勝目指して頑張っていきましょう!!
負け組コメント
今季第二戦の相手はコンポ―ドーさん。
初回は、両者ともに無得点と静かな立ち上がり。
2回に先発玉腰がつかまり、続く3回もコンポ―ドーさんの猛攻を浴びる。
一方、攻撃のほうは・・・・打てない。
相手の失策や四球で塁にはでるが、ヒットがでない。
まさかノーヒットノーラン?の不安の声がベンチを走る。
4回からは佐藤がマウンドに。無難に抑え、長江rの変わる予感。
そして、5回表に相手エラーで島田が出塁。そのあと、佐藤に待望のチーム初ヒット!!!
パスボールで走者が3塁に進み、2死2.3塁で山本の内野ゴロを野手つかみ損ねる間に、待望の一点をあげる。
かろうじて完封はのがれたが、それにしても打てない。次回、頑張ろう。

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:田中
敗戦投手:高見

エンジェルス 2 5 0 7           14

HR:片倉

オオゼキ 0 0 1 4           5 HR:
勝ち組コメント
肌寒い季節になってきましたね。 各自、風邪を引かないように気を付けましょう!
さて、今期1敗で迎えた2戦目。オオゼキさんとの1戦。
1回表、今期初勝利を挙げたい先攻の天使軍団。
1番、先頭打者の片倉は、初っ端なから三振www
2番職人吉田と3番イクメン中込は、仲良く四球で出塁すると、4番ミスターAngelsの宮澤はセカンドゴロかと思いきや、相手の失策に助けられ1点先制!
5番、崎ちゃん監督は四球を選び、まだ追加点が欲しい場面で、6番、酒井オッパは投ゴロに倒れるも、7番、黄色い声援を身にまといっている澁谷隊長は声援の力を借り四球を選ぶも、続く8番、子煩悩の新井は内野ゴロに倒れチェンジ。。。
1回裏、本日も先発ドン田中は相手打線に打たれ、ノーアウト満塁のピンチ!!!
しかし、黄色い声援を浴びて、いつもより動きが機敏な澁谷隊長のダブルプレーが光り、零封!
2回表、まだ追加点が欲しい天使軍団。
9番、フェイスビッグ山田は、顔面でプレッシャーを与え四球。笑
10番、ドン田中はピッチングに集中する為、三振。笑
打順一巡して1番、片倉に今期初本塁打が出て2点追加!
さらに2番、職人吉田は、セーフティバントで出塁!
3番、イクメン中込は、育児に没頭しすぎて実力発揮できず三振。笑
4番、ミスターAngelsの宮澤は四球を選ぶと、5番、監督はレフトオーバーの三塁打で2点追加!
さらに相手の失策の間に1点を追加して、この回5点を奪取する(―▽―)♪
二回裏、7点の援護をもらい上機嫌のドン田中は、この回安打を浴びるも、またもダブルプレーに助けられ零点に抑える。
三回表、7番、澁谷隊長は黄色い声援に応えられず三振に倒れるも、8番、新井は四球。
9番、山田はセカンドゴロの際に、新井がアウトカウントを間違えタッチアウトwww
10番、田中はピッチングに専念する為に、安定の三振www
三回裏、相手打線に安打を許すも、後続を断ち1失点に抑える。
四回表、先頭打者の片倉は、センター越えの三塁打で出塁すると、2番、職人吉田は技ありの流し打ちで、レフト線への二塁打で1点追加!
3番イクメン中込も、ここぞとばかりにセンター前へ弾き返し、4番に繋ぐ!
ここで頼れるミスターAngelsの宮澤、痛烈なレフト線はの二塁打を放つも、吉田が捕殺で打点付かずwww
5番崎ちゃん、酒井オッパ、澁谷隊長、新井ちゃんまで連続四球&パスボールで4点追加!
さらに9番、山田はセンター前ヒットを放ち、2点追加!
10番、ドン田中は体力温存の為、三振w
1番、片倉はセンターフライに倒れるも、この回7点をもぎ取った天使達!
4回裏、ドン田中は長短打を浴びるも、後続を断ち4失点で切り抜けゲームセット!
終わってみれば、計14点を挙げる猛攻を見せた天使達。
今期初勝利のエンジェルス!!!
流れそのままに、次戦ベアーズさんとの一戦に臨む(^皿^)/
負け組コメント
初戦会心の勝利の2戦目は、エンジェルスさんとの一戦。
1回表、高見の立ち上がりは、空振り三振でスタート。
連続四球の後のセカンドゴロがエ ラーとなり、1点を失う。
四球の後、ピッチャーゴロで二死となるも、四球もあり、こ の回2失点。
その裏オオゼキの攻撃は、1番河村ストレートのフォアボール、赤沼、中内連続安打で無死満塁。
しかし、4番高見サードフライ、5番根間サードゴロ併殺でゼロ・・。
2回表は、四球、三振から相手1番打者にツーランを浴びる。
そのあと、バントヒッ ト、三振でツーアウトまで漕ぎ着けたが、四球の後、左越三塁打とエラーで3点追加 され、この回5点。
2回裏は、田中三振の後、三浦、正木が連続安打で1、2塁。
しかし、続く森川の捕飛が惜しくも併殺となり、この回もゼロ。
3回表は三振、四球、二ゴロ、三振でゼロに抑えて反撃を待つ。三振は6つ目!
3回裏の反撃は、石田三振の後、新人加藤が四球を選び、小野の二ゴロで走者入れ替 わった後、1番河村がライトにタイムリー3塁打を放ち、赤沼は左飛に倒れたが、この回1点を返す。
4回表は、4連打を浴びたが、センター赤沼から遊撃根間、捕手河村へのリレーが決まり、ワンアウト。
ここから4連続四球とタイムリー、パスボールで4点、計7点を失う・・・。
但し、この回も三振を奪い、毎回の7奪三振は立派!
4回裏は中内中飛の後、高見、根間、田中が3連続四球。
三浦遊ゴロの間に1点を返 し、続く正木がセンターへの2点タイムリー3塁打!
森川、石田が連続四球で再度満塁とし、加藤の内野安打でさらに1点。
小野は惜しくも中飛に倒れたが、この回4点を返す!
しかし、5回は結局完了せず、結局14−5で敗戦・・。
4回で7残塁とチャンスにあと1本が出ず、もやもやした負けになってしまったが、2週間後の次戦は切り替えて勝とう!

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:藤原
敗戦投手:中島

ロイヤルズ 1 1 0 1 0         3

HR:疇地

ドリームス 4 2 0 1 X         7 HR:下鉢
勝ち組コメント
70期第二戦、香港も20度を下回り、肌寒さを感じるSKM。
16名でロイヤルズさんとの一戦に臨みました。
初回の守り、先発組長は先頭打者に右中間に運ばれる。
まずい連携も有り、ランニングホームランを許す。
その後も四球でランナーはためるも、センターバチヲの好捕も有り、何とか1失点で切り抜ける。
追い付きたい初回の攻撃は、先頭ウッチー5ゴロで、1アウト。
2番ゆーきエロ副四球で出塁、SHUHO7前の後、4番たかじぃ7へのエンツーで2点を奪う。
Ferry9フライで2アウト後、組長バチヲの連続タイムリーで2点を奪う。
お総裁が四球で繋ぐも、角太9フライで4点のみ。
2回表、制球の定まらない組長は、3四死球を出しここでお総裁にスイッチ。
先頭を6ゴロに抑えるが、四球を与えてしまい、押し出しで1点を返される、その後はゲッツーで切り抜けなんとか最少失点。
2回裏、突き放したい夢軍団。
先頭キャメルが四球で出塁、続くホリエモンのツーベースで2,3塁のチャンス。
市助、6Eの間に1点追加チャンス拡大も、菅マネー6フライで1アウト。
セカンドの頭上を越すライト前ライムリーヒットに市助暴走し、3塁でプチきな粉もなんとかセーフ。
15番クロ、16番マスケンは、KとKがひっくり返ってあら大変・・・。2点しか奪えず緊張した展開に。
3回の守り、お総裁の投球術に相手上位もはまり、無失点で攻撃へ!
ところが、1番から始まる攻撃は、ゆーきエロ副にツーベースは生まれるも、3番4番が凡打・・・あきまへん。
4回よりキャメルへスイッチ。
先頭を5ゴロに切って取るが、4番5番に連打を許し、1点を奪われる。
しかし、次打者を三振、そして9フライで切って取り追加点は与えない。
追加点の欲しい4回裏、5番6番が凡打で倒れたところを、バチヲの右中間へのランニングホームランで1点追加。
お総裁、力走むなしく6ゴロでラストバッター(ちゃリーン)。
5回表は、危なげないピッチング。ピーゴロに2奪三振でゲームセット。
接戦の勝利も、前節とは打って変わって、打線は香港と同じく湿りがち・・・。
今年も残り2試合!良い正月を迎えられるよう、もう一度振り込みですよ!
お金ばかり振り込まんと・・・。
負け組コメント

第70期 第2節 11月2日

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:城戸
敗戦投手:中島
サクラ 3 0 0 3 0         6 HR:清野
ロイヤルズ 2 1 1 1 0         5 HR:
勝ち組コメント
70期開幕戦は、ロイヤルズさんとの対戦。
2014年トーナメント3位となった自信と悔しさを胸に、今期は本気で優勝を狙う。
しかし、エース森實をはじめとする主力メンバーを欠く、苦しい人繰り。果たして結果は?!
初回はさくらの核弾頭呉山が、執念の四球で出塁。
3番増山は、見事三遊間を抜けるヒットでチャンスを広げると、4番清野が打席へ。
内角寄りストレートを振り抜くと、打球はレフトへ弾丸スリーランホームラン!
櫻不動の4番が、ホームラン王奪取へ最高のスタートを切った。
一回裏は不在のエース森實に代わり、玉江が満を時してマウンドへ。
ベテランの投球術を披露し、またバックの盛り立てもあり、1点リードを守り切った。
2回には三振を取るなど、見事先発ピッチャーの責任を果たす。
3回からは櫻の隠し玉、サウスポー城戸がマウンドへ。
1点を失うも、スローボールを主体としたピッチングで要所を締めた。
2回、3回と櫻無得点が続き、3回裏で4対3と櫻が1点を追う展開に。
四回表は、呉山が前打席の二塁打に続き、四球と出塁率100%を維持!
続く鈴木も見事続くと、3番増山はレフト、センターの間を抜く二塁打!
最後は、またも四番清野がライトへスリーベース!
櫻の三、四番の見事な活躍で、鮮やかに3点を奪う。
続く4回裏は、城戸がツーアウト後に連打を浴びるも、レフト藤田とショート増山の見事な連携プレーにより、バックホームアウトで4回裏の攻撃をしのぐ。
最終回は3人でピシャリと締め、城戸が勝利投手となった。
9人全員とマネージャー近藤さんの勝利への執念により、一点差ゲームを制することが出来ました。
今期は優勝へ爆進しましょう!
負け組コメント
70期の開幕戦。相手は強打のサクラさん。
1回表相手の攻撃。先発の中島は、フォアボールなどでランナー2人を背負い、相手の4番に3ランホームランを被弾。
(悪くない球だったが、バッターが一枚上手!)
裏の攻撃では、相手ピッチャーのフォアボールでランナーをため、こちらも4番白杉の走者一掃の二塁打で2点を返し、なおも満塁のチャンスを作る。
ここで1本でれば、流れが一気にこちらに来るところ。
しかし、残念ながらあと1本がでず同点、勝ち越しならず。
その後は中島が低めをつく丁寧なピッチングで、強打のサクラさんを抑える。
ピッチャーの頑張りに応えたい打線も、相手ピッチャーのフォアボールにも助けられ逆転するものの、あと1本がでずに引き離せないまま、接戦に持ち込まれる。
4回の表、なんとか抑えていた中島がつかまり、逆転を許す。
ここで丸山にスイッチ。期待に応え後続を切り、攻撃に臨みをつなぐ。
その裏の攻撃、2OUTながら1,2塁のチャンスをつくり、バッター八武崎。
痛烈なあたりがレフトの頭を超え2塁ランナー生還、1塁ランナーも3塁を回り、ホームでのクロスプレー!
しかし、相程の中継が上回り、同点ならず。
そのままスコアは動かず、5-6の惜敗。
両ピッチャーがいいピッチングをしていたのに、攻撃陣が援護できず悔しい敗戦。
中島さん、丸さん申し訳ない!

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:三浦
敗戦投手:川満

カイザース 0 1 6 1 0         8

HR:成田

イーグルス 6 0 3 1 X         10 HR:丸山
勝ち組コメント
『丸山イーグルス開幕戦白星発進!』
リーグ戦初戦の相手は強豪カイザースさん。
新体制の丸山イーグルスは、14名の新打線で開幕戦に臨んだ。
初回、いきなりイーグルス打線が火を吹く!
先頭の水田博士が四球で出塁し、すかさず盗塁。バッテリーエラーの間に、一人で1点をもぎ取る。
続く高島が四球で出塁。木下が倒れた後、監督の一打でチャンスを広げ、前監督才木のタイムリーなどで二者が生還。
プレイングマネージャーの呪縛(?)から解放され、「プレーのみに集中できている」という才木は、まるで少年のよう。
純真無垢に白球(黄球?)を追いかけ、のびのびとソフトを楽しんでいる、という表現がピッタリだろう。
更にイーグルスの攻撃は続き、いぶし銀長谷、中原オーナーの四死球などでチャンスを広げ、恐怖の9番打者、丸ちゃん2号の二塁打が飛び出し、大量6点を先制する。
博士らしからぬまずい守備などがあり、一度は逆転を許すも、フランク三浦が要所を締める緩急自在のピッチングで相手打線を翻弄し、味方の反撃を待つ。
逆転されたその裏、1,2番で同点にするも、3,4番が連続三振で倒れ、一塁ベンチに嫌なムードが漂う・・・そんな中、ココも少年才木がやってくれた!センター前のタイムリーが飛び出し、これが決勝点。
フランク三浦の熟練した投球術で、強豪カイザースさんの攻撃を最少失点に抑え込み、最後は丸ちゃん2号のダメ押し超特大アーチで、開幕戦を見事白星で飾った。
僅か6安打ながら、四死球や相手のミスにつけこみ10得点を奪い、新打線がうまく機能した丸山イーグルス。
新監督の名采配ぶりが光った価値ある一勝だ。
次戦はこれまた強敵のツナーズさんだが、この勢いで連勝狙えるよ〜!
負け組コメント
あぁ、やっちゃったよ。70期初日、いきなり土つけちった、、、
なんとか、今場所は三役昇進を目指していたのに、手痛い黒星スタート、、、
何が、悪かったのかなぁ、初回がきつかったな、そこそこみんな打ってたんだけどなぁ、
やっぱり、エラーはきつなぁ、自分、ショートでもキャッチャーでもエラーしたしなぁ
でもさ、イーグルスさん、打球、速いんだもん、走るしさぁ、やっぱりお腹がじゃまだな。
なんでかな、成田くんはいいホームランでたし、香港の阿部くんも加入してくれたし、期待はできるんだけどなぁ、つぎはがんばろ、あっ、次はでれないんだぁ、、、
あぁ、なんか、いいことないかぁ、ファインプレーしたいぁ。仕事いきたくなぇなぁ、
すいませ〜ん、ハイボール、お代わりください。
みんな次、がんばってねぇ、、、
良い子のみんな、酔いどれ消沈の監督に励ましのお手紙を送ろう!

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:宮定
敗戦投手:北浦

ベアーズ 8 0 2 0 6         16

HR:米澤、東森

サンダース 2 7 5 8 X         22 HR:斉藤(聡)
勝ち組コメント
11月2日、第70期緒戦、乱打戦を制す。
サンダースにとっては今日が開幕戦、お相手はいつも接戦となるベアーズさん。
その大事な一戦、エース金塚と捕手太田、打のかなめの黄、水野監督を欠く緊急事態で迎える。
マウンドには投手宮定、捕手斉藤(聡)のアラフィフ・コンビで挑むも、初回からベアーズさんの打者11人の猛攻撃に遭う。
追いかけるサンダース、初回の攻撃0安打、二回の攻撃1安打と中々ヒットが出ない。
しかし、相手投手の制球の乱れをつき、着実に毎回加点する。
最終回にエラー絡みと本塁打で再び猛攻に遭うも、何とか後半の連打で貯金した点数を守り、逃げ切った。
さぁー今期はどの試合も厳しい戦いになると思うけど、一戦一戦大事に戦っていきますよー!
負け組コメント
サンダースさんとの第2戦。
好打あり、好守あり、アクシデントありの盛りだくさんな試合でした。
初回の攻撃は打線がつながり、打者11人で8点を挙げた。
これで強豪サンダースさんとも試合になると思ったその裏、アクシデント発生。
内野ゴロを処理したサードの送球が、北浦投手の顔面を直撃、倒れこんでしまった。
すわ病院かと思われたが、幸いにも大事に至らず。
チーム内ドクターの判断もOKが出、本人も大丈夫とのことで続投。
チーム内にドクターがいて良かった。
試合再開ののち、なおも攻め込まれていたが、センター矢頭のファインプレーで窮地をしのぐ。
この直後、2回の攻撃で1点でも取っていれば流れがこちらに来るところだが無得点。
やはり、2回裏からサンダースさんの打線が爆発してしまった。
しかし、前述の矢頭や高田の好捕で守備も盛り上がった。
攻撃も3回に米澤の2ラン、5回には東森の3ランが飛び出し、17安打16得点で大いに盛り上がった。
負けてしまいましたが、次回もこの調子で楽しく頑張りましょう。

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:谷津
敗戦投手:迎

パイレーツ 4 3 6 4           17

HR:谷津

ブレーブス 1 1 3 3           8 HR:D.MAN 丸川
勝ち組コメント
心機一転のリーグ初戦、初勝利を狙うパイレーツは、20名参加と選手層充実。
1回表:上位打線フォアボール出塁からAndyセンター返し、小泉犠打でこの回4得点。
1回裏:先頭打者にソロホームランを浴びる谷津。
その後は安定した投球でペースを崩さず、決め球チェンジアップで切り抜ける。
2回表:先頭打者大竹が、カット打法で粘り初ヒットに繋げ出塁。
後続もフォアボールを見極め、国松が2点タイムリー。
2回裏:緩急を絡めた谷津の投球が、相手打者に球を絞らせない。
センター牛尾の連続攻守もあり、この回は1失点に抑える。
3回表:下位打線は四死球で出塁。
上位に繋ぐと、谷津がスリーランホームラン。
この回6得点と、勝利を大きく呼び寄せる。
3回裏:勝ちを意識したショート根本のエラーから流れが悪化。
満塁のピンチが続くも、最後は相手離塁ミスでピンチを抜ける。
4回表:フォアボールの見極めで冷静に続々出塁したところを、金子が渾身の三塁打で追加3点。
4回裏:ランナーを背負う展開だが、最後は内野攻守、セカンド向井からファースト鈴木健と美しいゲッツーでゲームセット。
パイレーツ初戦は、攻守とも安定感のある良い内容だった。
今回同様、パイレーツ持ち味の明るい雰囲気で、次戦連勝を目指す。
負け組コメント
今期2戦目はパイレーツさん。
何とか初勝利をと16名で挑むも(ちなみに相手は20人近い大所帯)、 ミスなども重なり毎回失点、こちらは初回先頭打者D.MANのホームランが出るが、その1点のみ。
2回も1得点のみ。 なかなか打線が繋がらない。
3回に3得点、4回には丸ちゃんの3ランが飛び出すも、その3得点のみ。
毎回得点だが、結局8-17で大敗。
やはりミスからの失点は痛いが、それより打線がもっと頑張って、点を取れるときには取って、ピッチャーを盛り上げて行かないと勝利は遠いのでは。。
皆さん、これまでより更に一打席一打席、真剣勝負でお願いします。
PS。走塁も大事ですよ〜。

第70期 第1節 10月26日

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:藤原
敗戦投手:佐藤
アタッカーズ 1 1 2 3 0         7 HR:
ドリームス 8 6 14 1           29 HR:渡部(2本) 佐藤 船谷
 藤原 角本
勝ち組コメント
70期開幕戦は、アタッカーズさんとの対戦。
70期こそは優勝を!と、心機一転のドリームス。
開幕投手は、期待の大型新人「組長」こと藤原。
1失点ながら2奪三振とまずまずの立ち上がり。
ドリーム初回の攻撃は、1番うっちースリーベース、2番ゆーき副キャプのレフト前タイム-リヒット、わずか3球で同点に追いつくと、続く3番SHUHOキャプは2ランホームラン。
更に4番MT、5番たかじぃ、6番Ferryの3連打で満塁とすると、藤原組長の満塁ホームラン!!
更に8番ばっちーのスリーベース、9番お総裁のタイムリーヒットで計8点と、初回の攻撃は上々。
2回には、たかじぃ、Ferryの2者連続のホームランなどもあり6得点。
3回には、打者14人を送り込む14得点の猛攻。
眠れる大器「角太」に、待望のホームランも飛び出した。
結局4回の攻撃で全員安打の30安打(6本塁打)、29得点と大当たりのドリームスでした。
藤原組長は結局3回を投げ自責点4、奪三振7、四死球4とまずまず。
おそうさいも、いつも通りテンポの良い投球でした。
課題の守備も中継プレイはしっかりラインが作れており、余計な進塁を許さなかった事は収穫。
反省材料は、12個のアウトのうちフライアウトが犠飛を含め10個!これは多すぎ。
「強く叩く」という事を心掛けて行きましょう!
負け組コメント
第70期の初戦はドリームスさん。
初回、内野安打で出塁の谷本が、大里のタイムリーでホームを踏み、先取点をあげる。
その裏、先発佐藤がドリームズさんの猛打につかまり、一気に8失点。
二回には、佐藤が2塁打。
小沢のヒットで3塁まで進み、パスボールで帰還。1点を返す。
三回には、正木が四球。大里二塁打。鎌沢の内野ゴロの併殺くずれで3点目。
さらにパスボールで4点目と、相手の先発投手をしつこく攻める。
四回には、二番手投手に襲い掛かり、3点をあげ合計7点。
結果的には大差の負けであったが、臆することなく最後まで攻撃を続けた。
守備も最後まで緊張が切れなかった。
シーズンは始まったばかり。頑張っていこう!!!

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:高見
敗戦投手:北浦

ベアーズ 0 2 1 1 3         7

HR:

オオゼキ 6 0 3 4 X         13 HR:柳沢
勝ち組コメント
トーナメント戦で浮上のきっかけをつかんだオオゼキ。
70期初戦は、ベアーズさんと の一戦。
ちょっと蒸し暑い中、選手13名プラス2名で臨みました。
1回表、高見はファーストゴロ、四球、ショートゴロ、三振でゼロに抑える。
その裏オオゼキの攻撃は、1番山田、2番寺脇がストレートの四球で出塁。
3番河村は 3塁への内野安打となり、ノーアウト満塁。
ここで、一発狙いたいところをこらえて、4番正木、5番根間、6番田中が3連続で押し出し四球を選び、まず3点!
7番赤沼 は内野ゴロゲッツーとなったが、8番高見が自分を楽にするタイムリースリーベースをライトに放って2点追加!
続く森川の打席では、暴投でホームインの好走塁!
森川は遊ゴロとなったが、この回6点先制!!
2回表、まだ息の落ち着かない高見は、3四死球で無死満塁のピンチ。
ここで暴投で1点を失うも、見逃し三振でワンアウト!
再び暴投で1点失うが、続く打者を緩い1塁ラ イナーとサードゴロに抑えて、2点で凌ぐ。
2回裏は、三者凡退で6−2。
3回表は、ピッチャーゴロ(高見好守!)でワンアウト。
すっかりショートが気に入っ た根間へのゴロでツーアウト。
このあと、2四死球で繋がれ、センターにタイムリーを浴びる。
しかし、ここで強肩センター山田が、3塁に矢のような送球を投げ、3塁ア ウト!
この回、1点で抑える。このプレーは大きかった!
3回裏、追加点の欲しいオオゼキは、石田凡退の後、その山田がセンターに2塁打!
続く寺脇は右中間に2塁打を放ち、1点。
3番河村もレフトに2塁打を打ち、1点。
4番正木は惜しくもショートフライに倒れたが、5番根間もレフトにタイムリーを打ち、この回3点追加で9−3!
4回表は、デッドボールとショートゴロの後、ベアーズさんの走塁死と2四球で2死満塁。
ここで暴投で1点を失い、続く打者も四球で満塁。
しかし、次のバッターの打席で、あわや暴投か、とそれたボールを捕手河村がベースカバーに入った高見にトスしてアウト!
このプレーも大きく、この回1点で抑える。
4回裏は赤沼、高見が連打で1、2塁の後、睡眠時間ゼロの森川が、ツーストライクと追い込まれながらも、執念のセンター前タイムリーで10−4!
1死後、柳沢がライトオーバーのダメ押しのスリーランホームラン!!
この後、石田に安打が出たが、後続が倒れて13−4で最終回へ。
さすがに疲れの見える高見は、フォアボール、レフトへのポテンヒットの後、デッドボ ール3連発で、2失点。
レフトへの犠牲フライで、もう1点。
しかし、最後の踏ん張りでセカンドフライ、フォアボール、レフトフライに抑えて試合終了。
13−7での勝利となりました!
投手高見は、トーナメント戦に次ぐ連続完投勝利。
初回の立ち上がりを捉えてじっくり とフォアボールを選び、欲しい時に追加点が取れ、ポイントで好守備によって失点を食い止め、全員野球、非常にいい勝ち方でした!
このまま開幕ダッシュしよう!
負け組コメント
オオゼキさんとの70期最初の試合。
なんとか勝って波に乗りたいところだが、初回は四球で走者を出すものの無得点。
その裏、北浦投手のエンジンが掛からず苦しむが、それでも6点に留めた。
2回、3連続四死球と暴投で2点を取り返すが、後が続かず。ここまでノーヒット。
3回2死から2連続四死球で走者をためると、3番北浦が待望の2塁打を放ち、2塁走者生還。
ここから畳みかけようと思った瞬間、足を痛めていた1塁走者Philが3塁憤死。
4回の攻撃も、6人の打者に4四死球1安打でありながら、走塁ミスを2つ犯してしまい結局1点止まり。
最終回も疲れの見えてきた相手投手が死球を連発。
1安打5四死球で3点を挙げたが、もう少し得点したいところだった。
北浦投手は2回以降大崩れすることなく、まずまずのピッチングだったように思う。
問題は得点能力。結果的に15四死球をもらいながら、安打3、得点7は寂しい。
一つでも先の塁、1点でも多くとれるように意識していきましょう。
気持ちを切り替えて、また次戦がんばりましょう。

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:島上
敗戦投手:

ツナーズ 0 7 6 6 1         20

HR:小川(2本) 阿部 武藤

エンジェルス 0 0 0 1 0         1 HR:
勝ち組コメント
70期初戦は、数ヶ月ぶり?の石z尾グラウンドにて。
更に第一試合も久しぶりということで、各々コンディションが万全でない様子。
眠気眼の者、風邪の症状を訴える者、タクシードライバーにグラウンドの場所をうまく伝えられずに監督にヘルプコールをする者、タクシー乗り合いで、メンバー同士で待ち合わせをしていたにも関わらず、ピックアップ漏れしてグラウンドに来てしまう者、などなど朝から我が道を行くツナメン各人。
おまけに、勝利の女神ならぬ勝利の小人君は、腹痛+吐き気をもよおし顔面蒼白に。
パパに抱きついて離れなくなり、ツナメンも心配をしつつも、試合開始となる。
対する「エンジェルス」さんは、前69期に逆転に次ぐ逆転で辛勝したお相手。
先攻のツナーズ、1回表の攻撃は、わずか5球であっけなく3者凡退。
エンジンが温まりきっていない様子。。。
しかし、裏の守りはきっちり0点に押さえ、エース島上は前回の試合からのノーヒットノーランを継続中。
2回表は、3者連続フォアボールでノーアウト満塁。
7番藤井のファーストゴロの間に、念願の1点を先制。
続く8番島上もフォアボールを選んで再び満塁。
9番Joeは気合が入り過ぎたか、3球目に大きな空振り。
完全にタイミングがずれていたが、その後しぶとく粘り、フルカウントの末、7球目をレフトへタイムリーヒットで2者生還。
続く10番は、久々の参加の武藤。
日本に帰省し、リフレッシュ十分、エネルギー満タンの3ランホームラン!
11番はキングオブ満塁男、下山。
前打者武藤にお株を奪われ、塁に人がいないと本領が発揮できないといわんばかりに、1球目をたたきショートゴロ・・・かと思いきや、相手の守備のミスでちゃっかり?否きっちり2塁へ。
12番萩原は、レフトへのタイムリーで1点加点。
13番BBQの陰の立役者江藤は、センターフライで倒れ2アウト。
14番直田名誉監督は、右中間を破る2ベース。
バトミントンでの足首負傷から復活したばかりの走者萩原は、足首に気にしてか?はたまた顔面転倒を懸念してか?小走りでホームは狙わず、3塁止まりの安全走行。
15番河野終身名誉監督は、1球目を打ち上げセンターフライで3アウト。この回7点を奪う。
2回裏の守りでは、エース島上が2試合ぶりのヒットを許すも、3奪三振で0失点。
3回表の攻撃は、1番小川から。
ようやく目覚めてエンジン始動したか、3球目をライトフェンスオーバーのソロホームラン。
ダイヤモンド一周し戻ってきた主砲へ、ツナメンがかける言葉とは、「ホームランボールは自分で取ってきてね」。
これぞツナーズ流賞賛方法か?!
2番阿部助監督は、ピッチャーゴロで1アウト。
3番Heiwanは、センター前のヒットで出塁。
4番松倉は、センターフライで2アウト。
5番は、チャンスで結果を残したい砂永監督。レフトへ引張りタイムリーツーベース。
ランナーHeiwanは、1塁から3塁へ激走。ベンチからのストップの声も空しく、3塁を蹴ってそのままホームへ暴走しかけるが、既にボールは戻ってきており、完全にアウトのタイミング。
本人も半ばあきらめ気味に3塁とホームとの間を走ってあがくと、天が味方したか、相手の守備エラーを誘い、見事にホーム生還。巨体を揺らして走った甲斐がありました。
打者走者砂永監督も、その間に3塁へ。
6番高橋は2打席連続フォアボールで出塁するも、2回裏の守備で足を負傷し、無念の交代。
藤井は1球目をミートし、タイムリーヒットで1人生還。
エース島上も2打席連続フォアボールで出塁すると、女房役のJoeが1球目をレフトへタイムリーツーベース。その間に3者生還。
続く武藤も、同じく1球目をセンターへ引っ張り、1、3塁と好調を維持。
下山は、前打者二名に続けと1球目を打つも、センターフライで3アウト。この回は6点。
負傷高橋に代わり、江藤がライトの守備位置へつく。
久々の試合参加でうれしさ炸裂、一際大きな声でエースを盛り上げる!(?)
盛り上げられたエースは、ノリノリでとはいかず、ヒット1、四球1を与えるが、2奪三振で無失点を継続。
4回表は12番萩原から。2球目を引っ掛けショートフライで1アウト後、江藤がフォアボールで出塁。
直田名誉監督は、レフトへのヒットで絶好調。
河野終身名誉監督は、珍しくタイミングが合わずに、セカンドフライで2アウト。
1番に戻って小川。先ほどボームランボールを自分で取りに行かねばならないことを学んだ小川、「飛ばすならレフト方向にしたほうがいいよ」というツナメンからのアドバイス通り、狙うは左中間。
そして、狙い通りに結果を残すのがこの男。見事に左中間への3ランホームラン。
阿部助監督は、石z尾グラウンドの特長を生かしレフトへ引っ張ると、持ち前の快足+日頃の練習で鍛えられた脚力を生かして、余裕のランニングホームラン。
Heiwanは、ライトへのツーベース。3回表のダッシュが足に響いているのか、3塁は狙わずきっちり2塁でストップ。
不動の4番松倉はタイムリーツーベースで、ランナーHeiwanがセカンドから生還。
砂永監督は、またもレフトへのタイムリーヒット。
セカンドランナー松倉は、Heiwanとはうって変わって余裕の表情で生還。
藤井はセカンドフライで3アウトチェンジ。この回も6点。
4回裏はヒット2本を打たれ、2試合ぶりに失点。しかし後続は断ち、最少1失点で5回へ。
表の攻撃は8番島上、9番Joeがバッテリーそろって打撃でも外野へのフライとライナーで2アウトに。
しかし、2アウトからも攻撃の手を緩めないのが今のツナーズ。
好調武藤が、またしてもレフトへのヒットで3打数3安打。
続く下山も負けじとタイムリースリーベースで、ランナー武藤生還。
萩原はライトへのフライで、あえなく3アウト。でもこの回1点を追加。
最終回の守りは、ヒット1本打たれるも、本日7つ目の三振を奪い、結果20-1で70期初戦は見事勝利。
やはり、下位打線の活躍が目を見張ります。
もはや「下位」打線という言葉はふさわしくありません。これぞ打撃の下剋上。
今後は守備の下剋上も活発化するかもしれません!
お互い切磋琢磨し、いい意味で高めあっていきましょう!!
これからは、試合前のノックも取り入れますか!?(笑)
負け組コメント

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:長谷川B
敗戦投手:迎

ブレーブス 4 0 0 1 0         5

HR:

コンポードー 3 8 3 0 X         14 HR:新居
勝ち組コメント
監督が高橋Pから張兵足(元セクシ)に代わり、初采配の監督にプレッシャーを掛けない為に、絶対負けられない第70期開幕戦の相手はブレーブスさん。
開幕投手は、前期は急成長のおにぎり戦犯に主役の座を奪われ、自称「ローテーションの谷間」を自虐ネタで連呼していた歯B。
後攻めで始まったゲームの初回の守り、開始早々、平凡なセカンドゴロを名手トン勝がまさかのトンネル!
誰もが目を疑ったが、一番状況を理解できず真っ白になってたたずんでいたのは、当の本人トン勝。
これをきっかけとして相手打線に捕まり、本塁打も含め初回に4点のビハインドを背負う形となり、嫌なムードで初回の守備を終える。
4点差をいっきに挽回したい1回裏の攻撃、1番守備位置まだ迷走中?の廣瀬が、得意のセフティーバンドで出塁。
(バンドありきの守備に対して成功させる足はさすが!)
2番トン勝は、先程の守備での失態を取り返すべく、何が何でも出塁する気迫で臨み、死球にて出塁。
無死1,2塁から、3番ローターが3塁線への絶妙な送りバンドを決め、得点圏にランナーを進める。
ここで前期ベテラン(年長者)2名が帰国した事により、期せずして最年長となってしまった4番1.2.3が、年齢を感じさせない会心一発(ばか力?)をセンター後方の土手の中段に叩き込み1点差。
続く5番杉本、6番歯Bが四死球で出塁するも、後続の7番おにぎり戦犯島尾、8番ウーイェイが外野フライで倒れチェンジ。
2回の守備、「ローテーションの谷間」と言う汚名を返上する為に歯Bが好投し、危なげなく2回裏の攻撃につなげる。
ここで逆転したい2回裏の攻撃、9番河辺がショートのエラーを誘い出塁、10番池尻も四球で出塁し、ノーアウト1,2塁。
続く11番張監督は、1塁ゴロとなり1アウト、ここで1番に戻り、廣瀬が四球を選び1アウト満塁。
2番トン勝、気合いが入るもピッチャーゴロで、ホームフォースプレイとなり2死満塁。
満塁からの無得点が脳裏をよぎる中、さすが確実性の男、3番ローターが、センター前にはじき返し2得点で逆転。
続く4番1.2.3四球、5番杉本がショートのエラーを誘い、6番歯Bのセンター前ヒット、7番島尾の右中間への2塁打、8番ウ―エイのこれまた右中間を深深とやぶる3塁打で、一挙8得点のビックイニング。
3回表の守りは、歯Bが「ローテーションの谷間」ではなく、コンポードのエースとしての貫録を見せ、危なげなく無失点で裏の攻撃につなぎ、裏の回でダメ押しとなる3得点を加え、4、5回のマウンドをおにぎり戦犯島尾に託し、島尾も出塁を許すが要所を締め、無失点でゲームセット。
開幕戦という大事な試合、しかも張新監督の初陣を良い形での白星発進したコンポードーだが、さらに褌の紐を締め直し、これから続く試合を集中して今期も上位に食い込めるよう頑張るぞ〜!!
負け組コメント
今期開幕戦は、前期準優勝のコンポードーさん。
初回、ビンセントの満塁弾で4点を先制するも、勢いと若さで勝るコンポードーさんに初回3点、2回8点と得点を重ねられ、こちらは1点を返すのみ。
結果5-14で大敗。
でもブレーブス諸君、まだ始まったばかり!
これから後12試合、1勝でも多く勝てるよう頑張りましょう!!

TOPページ >>第1節〜第10節 >>第11節〜第20節 >>第21節

(C) Copyright is reserved by HONG KONG SA Men's AA LEAGUE