AAリーグ第70期 スコアボード

TOPページ >>第1節〜第10節 >>第11節〜第20節 >>第21節

第70期 第20節 4月26日

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:金塚
敗戦投手:長谷川B
サンダース 2 0 4 0 0 3       9 HR:稲田 那須
コンポードー 2 0 2 2 1 1       8 HR:杉本
勝ち組コメント
前節の悔しい敗戦から新たな気持ちで迎える豪打コン ポードー戦。
リーグ有数のショートである杉本君の送別試合だなぁと思ってたら、そう言えばボンド斎藤さんの送別試合だったと思い出しました。
送別試合同士の対戦は手に汗握る乱打戦。
初回、送別1番のボンド斎藤は、得意の悪球コースが来ず四球で出塁 となるが、2番黄のセンター前ヒットがエラーを誘い、いきなり長躯ホームインで先制し、更に稲田の犠牲フライであっという間に2点先制。
が、その裏、送別となる杉本君にあっさり同点HRを浴びてしまう。
3回表、3番稲田の3ラ ンHR、4番那須のソロとアベックHRで4点を勝ち越し、このまま突き放したいものの、3・4回 と強打に小技を混ぜてくるコンポードーにじわじわと追いつかれ、5回にエラーが重なり逆転を許してしまう渋い展開。
時間的に最後の攻撃となる6回表、先頭は最終打席を迎えるボンド斎藤。
きっと何かやってくれるだろうの期待を軽く裏切り、今期21打席目もノーヒットで締めるライトフライ。。。
が、ここで終わらないのが新生サンダース。
黄・稲田の連打にエラーで1死満塁から暴投で同点とすると、エース金塚が自らのバットで逆転タイムリーを放ち2点を勝ち越し。
残り10分ちょいで抑えて勝たないといけない状況で迎えた最終回のコンポードーの攻撃も上位打線からの手に汗握る展開。
1死 から3連打と内野ゴロで1点差に詰め寄られて一打同点の2死1・3塁とされるが、最後はエースの力強いストレートでレフトフライで無事ゲームセット。
しかしまぁ打ちますねぇ、コンポードーさん。。。でも楽しい試合でした。
そう言えば、ボンドガールが来ていなかったので今一つ存在感に欠けてましたが、斎藤ボンドさん、最後の最後で打率000という記録を残してしまいましたが、タイに行っても引き続き敏腕スパイとしての活躍を期待しております。
負け組コメント
第11戦は、歯Bが行きつけの散髪屋にお願いして貼ってもらった部員募集広告を見て入部してくれ、これまで短い間であったが、攻守そして独特のキャラと可愛い八重歯でチームを支えてくれた“みっちゃん”こと杉本選手の最終戦。
みっちゃんのためにも勝利を!と、14人のメンバーは朝から気合が入っていました。
が、初回。先発の歯Bは気合が空回りして先頭打者に四球を出し、制球に苦しむ立ち上がりに加え、センター広瀬のマズい守備もあって、2点を先取されてしまう。
相手好投手のことを考えると、非常に重い2点だが、裏の攻撃、先頭の広瀬が汚名返上でヒットで出塁、その後2人が倒れるも、打席には昨日(今朝)3時に家に帰ってきたみっちゃん。
しかし、寝不足も二日酔いもなんのその、内角高めの速球に体は鋭く反応し、レフトフェンスへ突き刺さるアーチで同点!
2回は両チームともゼロで迎えた3回、歯Bが相手の強力な中軸に捕まり、2本の本塁打などで4点を失うが、その裏の攻撃では先頭のいぶし銀・河邉が、散々粘って相手投手の体力を奪った末に、センター前にクリーンヒットで出塁し、池尻のライトへのタイムリーで2点を返す。
4回は歯Bが粘ってゼロに抑え、その裏2死からみっちゃん、新居の連続安打、Hoiming四球で満塁として、ウーイェイよしたかがデッドボールで「痛いけどホッとしたわ」と1点、更に島尾の内野安打で1点を返して再び同点に追いつくが、その後2死満塁で歯Bが放った右中間のフライを相手センターが好守で勝ち越しはならず。
5回相手攻撃もゼロに抑え、その裏相手ミスから何とか1点をもぎ取って、この試合初めての勝ち越し!
最終回の6回の守り。疲れの見える歯Bは、先頭の相手1番打者を打ち取るも、2番からチャンスを広げられ、不運な安打と連携ミスも重なってしまって3点を奪われてしまう。
後が無い2点ビハインドの6回裏の攻撃。何とかみっちゃんの最後に勝利をと円陣を組むも、みっちゃんと二遊間を組む高Sは何と本日3回目の三振に倒れる。
が、太郎、みっちゃんの連続ヒットと相手エラーで満塁として、Hoimingのショートゴロの間に1点をもぎ取り1点差!
一打サヨナラ逆転の2死2・3塁のチャンスに、ウーイェイよしたか。食らいついたが惜しくもレフトフライに倒れ、ゲームセット。
相手好投手から12安打8点を奪い、1時間半ギリギリまでもつれたゲームでしたが、功労者みっちゃんに勝利を届けられず、みんな悔しい一戦となりました。
僅差の試合で勝ち切れないのは、力が無い証左であると各自反省して次戦以降奮起を誓う。
杉本みっちゃん、コンポードーを盛り上げてくれて、本当にありがとう!
大阪でも仕事とソフトボールでの益々の活躍を祈っています!

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:中村
敗戦投手:谷津

パイレーツ 0 1 0 0 1         2

HR:

ドリームス 8 0 0 2 4         14 HR:内山 佐藤 峯元
勝ち組コメント
4月26日晴れ、今期も残り2試合。
来期に繋げるべく???な、なんと10名でパイレーツさんとの一戦に臨みました。
久々先発キャメルの立ち上がり、先頭打者を空振り三振に仕留めたはずが、PB&暴投にてランナー許す。
その後、3塁まで進塁は許すが、耐えて無失点でその裏の攻撃に。
先頭SHUHO四球を選ぶと、ウッチーDBでチャンス拡大。
こちらも久々MTが、レフトへの鋭い当たりで満塁にすると4番タカG、綺麗なグランドスラムでまず4点。
さらに角太が続くと、バチヲの5ゴロはエラーを誘い終わらない夢軍団打線。
お総裁・ホリエモンは倒れるも、キャメルのタイムリーが飛び出すと・・・純生の振りぬいた打球はレフトスタンドに飛び込む3ラン。
初回に8点を奪い試合を決める。
2回のキャメルの投球は、突如崩れるいつものドタバタ劇で、ノーヒットながらも1失点を喫す。
2回裏は、タカGのちゃリーンでまさかの3者凡退。
3回の攻防は、お互いランナーを許すも後続が続かず締まった試合に???
4回表、SHUHOへスイッチ。パイレーツさんに初安打を許すも無失点で裏の攻撃へ。
4回裏、キャメル・純生倒れ2アウトとなるも、SHUHOきっちり9前へ運ぶと!やっと出ましたウッチーさんに嬉しい一発。
2点を奪い、ようやく追加点。
5回表は、クローザーお総裁の登板!連打から、1点は奪われるも最終失点で最終回の攻撃へ。
Bヲさんにまさかの2打席連続三振はあったものの、お総裁・ホリエモン・キャメルのタイムリーで駄目押し4点を奪いゲームセット。
内容は圧勝も、なぜか部費が潤う夢軍団。今期も残り1試合!
帰任者続出+けが人続出で厳しいチーム状況ですが、最後をいい形で締めくくりトーナメント、来期のリーグに向かいましょう!!!
負け組コメント
2戦とも強敵を残すが、何とかもう1勝挙げたいパイレーツ。
1回表:先頭根本は三振するも振り逃げで出塁。だがその後、4番まで3者三振と振るわない。
1回裏:予定を変更して急遽先発登板となった谷津は、調子が乗らず四死球から相手四番に満塁ホームランを浴びる。この回8失点とやられる。
2回表:相手投手が崩れたか、2アウトから連続四球でチャンスのパイレーツ。
菅原が相手の隙をついて本盗塁を成功させ、嬉しい1点目をものにする。
2回裏:ショート根本からセカンド向井へのゲッツーで無失点に抑える。
4回表:2番野田が本試合初安打。
5回表:向井、菅原にヒットが生まれ、土壇場でもう1点追加。
5回裏:細かなヒットを重ねられ、4失点。このままゲームセット。
■強力なドリームス打線を途中無失点で切り抜けるなど良い場面もあったが、総合力で敵わず。
次戦、有終の美を飾れるか。

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:島上
敗戦投手:

ツナーズ 1 6 9 0 6         22

HR:小川(2本)

オオゼキ 0 0 0 0 0         0 HR:
勝ち組コメント
『連打連打でビックイニング、島上被安打2の完封劇 』
前節のサンダースさんとのしびれる全勝対決に、無念の欠場となった3選手が奮って参加した今期第12戦。
お相手は、大関さん。この試合に勝利すれば70期優勝となるが、参加12選手、敢えて意識せずこの試合に集中。
先攻となっての初回の攻撃。
1番:大陸ビザを取得し北京語が流暢になった小川。香港に旅行に来たような開放感からか4球目を流し打ち、滞空時間の長いレフトビッグモンスターへのHRを放ちにこやかに先制。
続く2番:武藤。こちらも大陸から参加の勢い(?)をかって、レフト前に目の覚めるようなクリーンヒットで出塁。
念願のクリーンナップ昇格、3番:高橋は、サードゴロでランナー入れ替わる。
が、ここでまたしても高橋”こっそり足負傷”。
本人曰く、打った後の一歩目らしいが、ベンチは守備につきたくない口実と理解。
負傷要因を分析中に後続打ち取られ攻守交替。
高橋負傷で初回から外野のシフト変更(?)が発生する珍事に、先発:島上、四球に内野安打とランナーを背負うも、落ち着いて後続をピシャリ。
攻撃への流れを呼び込んで、2回は先頭の6番:Joeがセンター前に弾き返し、ゴロをジャックルする間に2塁を陥れる。
その後、Joeはパスボールの間に3塁を狙い、悪送球でホームイン。
誰かさんと違って、ダイヤモンドを駆け巡る。
Owen四球後、8番:下山が綺麗なライナーでセンターに打ち返す3塁打、10番:富山のせこいセンター前ヒットなどで加点。
そして、大陸1,2番コンビへ。
まずは、小川が、つまりながらも2打席連続のレフトへの3ランHRを放ち、HRダービー参戦ののろしをあげる。
続く武藤は、センターへ強烈に弾き返し、快足を生かして3塁打に。
続く高橋、足の負傷は打撃に影響なし(?)と気合で打席に立つが、ここは残念なショートゴロ。
裏の守りも、島上の危なげない投球で攻撃の流れをキープ。
3回表は、Joe、Owen、下山の3連打に、11番:萩原の基本に忠実センター返し&12番:河野の気持ちよく引っ張ったレフトへの2塁打に3四球も得て着々と加点。
3連続アーチを狙った小川のセンターへの凡フライ+足に加え、今度は四球で悶絶:高橋+HRを狙って強烈なラインドライブ4番:松倉など、盛り上げ要素満載の打者14人での猛攻で9加点。
この勢いで4回の攻撃も(?)のはずが、まさかのゲッツーもあって3者凡退と意気消沈。
しかし、5回に再び連打劇場開演。
富山の転がったとこだけが良かったライト前ヒットから、萩原の見事な流し打ち、河野の2打席連続2塁打とつながって、間に小川のやらかしちゃったライト前ポテンヒット(大関さん、すいませんが失策とさせて頂ければありがたいです。)を挟んで、武藤の男気3塁打、高橋の汚名返上レフト前タイムリー(+即代走)に、松倉の味方で良かった強烈過ぎるレフト前まで、あれよあれよの6得点。
最終回の守りは、ショートに入った左投げの小川が、センターへ抜けようかというライナーを、横っ飛びならぬ横滑りで見事キャッチして試合終了。
島上の完封劇も加わり、攻守に充実した勝利を得たこの一戦。
この勢いそのままに70期の最終戦も勝利し、優勝の文字の前に”全勝”を加えたいところ。
1戦1戦大事に戦ってきた結果、全勝優勝への挑戦権を得ることが出来ました。
次戦もいつも通り丁寧に試合を進めましょう。
まだまだ大事なところでやらかしてしまうツナーズ気質が完全に無くなったわけではありません。
期中に異動になって戦線を離れたメンバーに恥じない最終戦を?
ところでこの試合、監督いなかったね。誰か気が付いた?
(心配なし!胴上げ監督来るまで取っておきましたから、、、)
負け組コメント
約1ヶ月ぶりのゲームは、全勝ツナーズさんとの一戦。
1回表、エース高見はいきなり先頭打者ホームランの洗礼。。やっぱり強い。
ただ、 この後を0に抑えて、1失点での立ち上がり。
その裏は、先頭柳沢が粘ってフォアボール、赤沼もヒットでつなぐ。
しかし、3番河村 の打席で柳沢が3塁を窺うが惜しくもアウト。
河村、高見がフライに倒れてゼロ。
2回表は6被安打2四球。2打席連続アーチもあり、6失点。その裏は三者凡退。
3回表は7被安打4四死球で11失点。
3回裏は谷口が死球で出塁するもゼロ。
4回は、ランナー1塁から1−4−3の併殺もあり、高見が三人でゼロに抑える!
その裏は、二死から柳沢に左中間のスリーベースが飛び出すが、後続が倒れる。
5回表は6失点。
その裏は三者凡退で試合終了。
完敗です。切り替えて、あと2試合頑張りましょう!

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:大澤
敗戦投手:北浦

ベアーズ 1 4 0 4           9

HR:

カイザース 3 5 1 10           19 HR:白川 阿部 竹内
勝ち組コメント
大澤監督  ’ナイスピッチング’
雨で流れたおかげで久しぶりの試合。
又、エース不在の厳しい状況で臨みました。
今期初先発の大澤は1回を1点で抑え、久しぶりのピッチングとは思えない立ち上がり、その裏の攻撃ランナー2人を置いて、4番阿部が特大の3ランホームランでリードを奪うも、2回ちょっとした守備の乱れで4点を取られヤラレタと思ったが、しかしその裏、頑張ってるピッチャーをどうしても勝たせるという気持ちで打席に向かった竹内にホームランがでてナインに勢いをつけ、この回5点を上げ逆転。
先発大澤も尻上がりに調子を上げ、4回に4点を取られたが、その裏の攻撃満塁で1番白川がグランドスラムを放ち勝利をつかんだ。
あと3戦全部勝つ。頑張りましょう。
負け組コメント
早いもので今期も残すところあと2試合。
初回の攻撃は、2つの四死球で2死1・2塁から米澤の中前打で1点。
物足りないが無いよりはましで、取りあえず先制。
裏の守備では3点を奪われ早々に逆転されるが、このくらいの失点は範囲内で北浦投手も最近は中々安定してきた。
2回の攻撃は2四死球、1失策で無死満塁から新人青山のレフトヒットで1点。
その後も四球と相手失策で計4点を奪い逆転、だがこの回たったの1安打。
欲を言えば、もう少し点が取れたかも。
直後の2回裏に5点を献上し再逆転を許し、3回も1点を追加されてしまう。
4点を追う4回の攻撃は、先頭青山が四球、続く1番鈴木(康)が内野安打で無死1・2塁。
この場面で1塁走者の鈴木(康)がクセで離塁してしまいアウト。
ここで2番鈴木(了)が、流れを変えるライトへの三塁打打を放ち、まず1点。
その後も安打、四球、犠牲フライ、相手失策で4点を奪い、とうとう同点に追いついた。
4回裏の守備についた時には1時間5分が経過していたが、ここからが長かった。
満塁から本塁打を打たれ、何とかアウトを重ねて次の回へという思いで守ったが10失点。
時間切れでゲームセットとなってしまった。
9-19と大差がついてしまったが、直前までタイスコアだったので良い試合といえば良い試合だし、惜しい試合といえば、もう少し点が取れる場面があったので、惜しい試合だった。
次は最終戦、悔いの無いように頑張りましょう。

第70期 第19節 4月19日

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:迎
敗戦投手:吉富
イーグルス 0 0 0 1 0         1 HR:
ブレーブス 0 7 2 1 X         10 HR:迎
勝ち組コメント
今日は迎投手が絶好調、あわや完封の1失点のみ、打線も下位打線が繋がり、2回は7得点のビッグイニングに。
守備でもエラーが無く、リズムよく今期3勝目。
このような試合運びをすれば、必ず勝ちに繋がるという見本のような試合でした。
地力は着いて来ている筈です。
残り試合3試合のみですが、今日のような試合が出来るよう頑張りましょう。
負け組コメント
『連敗脱出出来ず・・・。』
前日までに9人参加と苦しい台所事情だったが、今期初出陣リハビリー柳田と、ジャージー大曽根が出場し11名でブレーブスさんと対戦。
初回、先頭タカ加藤が四球にて出塁し、フランク三浦が手堅く送りランナーは得点圏へ。
3番バウワー稲場が高めのボールで三振し、4番丸@が四球を選び1・2塁とする。
しかし、後続がレフトフライで打ち取られ先制出来ず。
初回の守りはタフマン吉冨がランナーを出しながらも無失点で抑え、両チーム静かな立ち上がりとなる。
タフマン吉冨は、2・3回に相手打線につかまり9失点。
4回に丸丸コンビで1点を返すものの、打線が機能せずに連敗脱出出来ず。
残り2戦!!目の前の勝利目指し頑張りましょう!!!

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:森實
敗戦投手:谷津

サクラ 1 5 8 10           24

HR:清野 藤田 安信(2本)

パイレーツ 0 2 0 2           4 HR:
勝ち組コメント
厚みが増した櫻打線、今日はパイレーツさんとの対戦。
今期、残り3試合となりましたが、上位を狙うためには絶対に負けられない一戦!!
初回の攻撃は、櫻不動の一番打者ショウマ。
いつものように朝一の打席はテンションが上がらない為にお決まりの四球を選らぶ。
2番増山はきっちりとボールを見極めての四球で無死一二塁のチャンス。
続く3番マイクは、センター前ヒットで1点を先取。ムードは盛り上がり大量得点間違いなし!!の状況となった。
がしかし。。。絶好調の小山がまさかのショート凡フライ。
絶不調の清野もショートフライで、「やっぱりな!!」の雰囲気。
こうなったら、中先輩には嫌な雰囲気を吹っ飛ばすような打撃を期待したいところでしたが、あえなくショートゴロ。
なんとも嫌なスタートとなりました。
ただし、今期の櫻打線は前期とはここからが違います!!
2回の攻撃はヒットと四球で1アウト満塁のチャンスに、本日11番打者のヤスがびっくりの特大グランドスラム!!!
これでムードが一気に盛り上がり、3回、4回の猛攻に繋がりました。
3回には8番藤田さんの特大ホームラン(よーーやくでました!!)。
そして、11番ヤスの2打席連続ホームラン(しかもライトへの流し打ち)もでて8点をゲット。
「相手キャッチャーも、あの人何番でしたっけ?」とつぶやくほどの素晴らしい11番打者のバッティング。
4回も好調の堀内が(オープンスタンスなのになぜか)デットボールで出塁したこともあり、10点を取って今季最高得点の24点をもぎ取りました。
投手陣も安定している森實さんが2回をピシャリ!!
安定した二番手になって欲しいマイクも、2回を1点に抑える好投。
厚みを増した櫻打線。残り2試合、この調子で行きましょーー!!
負け組コメント
チーム4勝目で喜ぶパイレーツも、本戦から強豪3連戦となる。
もう一勝でも多く勝ち星を挙げ、一皮向けられるか。
1回表:パイレーツ先発投手は、定番となった谷津。
先頭から2名をボールで出塁させ、続く3番打者に打ち返され1失点。
しかし、ショート青が続けて3つアウトをとり、最小失点で抑える。
1回裏:パイレーツ上位打線は、なんと三者凡退。
相手投手の変化球気味のボールに苦戦か。
2回表:安打と四球で1アウト満塁のピンチ。ここで満塁HMを被弾するなど5失点と早くも辛い状況。
2回裏:投手を援護したいパイレーツは、5番谷津が自ら今試合初安打を挙げると、続く6番村山、8番向井、9番金子と連続安打で2得点。
3回表:連続被安打でランナーをタメられる展開。
この回2本塁打を浴び、8失点で谷津は無念のKO。
3回裏:明るい話題の無いパイレーツだったが、14番長老由良に今期初となる安打が生まれ湧き上がる。
4回表:大量リードを奪われる展開に、2番手大竹が登板。
練習ではコントロール、球威ともノッていたが・・・。
本番のマウンドは緊張感を呼び込むのか、制球が上手くいかず8四死球1被本塁打でKO。
後続の火消役高橋に引き継ぎ、打者5名で待望のチェンジ。この回合計10失点。
4回裏:22点差と後が無いパイレーツにめぐってきた1番打者からの最後のチャンス。
先頭鈴木健、2番根本と連続技ありヒット。
村山の犠打を含め2得点を挙げるが、ここで試合終了。
■大竹登板、新人野田の守備スタメンと意欲的な内容だったが、強豪3連戦の幕開けは手痛い敗戦となった。

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:中島
敗戦投手:北浦

ロイヤルズ 4 9 0 0 2         15

HR:白杉

ベアーズ 2 0 2 0 0         4 HR:
勝ち組コメント
メンバーが多く集まり、気合十分で臨んだ本日。
初回、1番疇地さんからランナーを貯め、4番白杉さんのランニングホームラン・打点3!
理想の展開で一気にメンバーのテンションが上がります。
5番中島さんも3ベース・6番大井さん2ベースと続き、4点獲得。
投手中島さんも気分上々でマウンドへ。
2点は返されるものの、ピッチング内容は上々。今日は(も)期待できそうです。
2回、10番堀口さんが、いきなりセンター方向へ3ベースヒット。
その後もセンター・レフト方向へ皆が打線をつなぎ、一挙9点獲得!!
全員テンションマックスでいけいけモード!
投手中島さん、球速・コントロール共にキレキレ。球が走っており、ベアーズ打線を封じます。
最後まで勢いを保ち、15−4にて快勝。
今日は、まさに投打が噛み合った全員ソフトボールができました。
全員ポイントを前へ前へ、積極的なバッティングができたと思います。
次戦は約1か月後となりますが、これを忘れず繋げていきたいと思います。
ベアーズさん選手2名が負傷なさ心配です。大きな怪我となりませんように。。。
負け組コメント
今日も勝って4連勝と意気込むベアーズメンバー。
初回、北浦の立ち上がりは悪くはなかったが、ロイヤルズさんの4番にどデカい一発を浴びる。
しかし何とかしのいで、想定内の4失点に納まった。
1点でも返したいその裏、2番根野がレフトに安打を放つと、果敢に2盗を決まる。
が、その時にアクシデント発生。
キャッチャーの送球が、膝に直撃してしまった。
痛みをこらえて本塁まで還ってくるものの、出場続行を断念し2回からはスコアラーに。
結局この回は2点に終わる。
流れを持ってくるためには、2回の守備を簡単に終わらせたいところだったが、逆に守備の乱れから大量失点。
この回が試合のポイントだった。
3回に2点を返したが、要所で三振と内野ゴロに仕留められてしまった。
1、2回がウソのように、3回以降は相手打線を巧く抑えただけに、2回の守備が本当に悔やまれる。
点差は開いてしまったが、気合を入れた最終回にまたまたアクシデント。
先頭の松澤が、一塁駆け込み時に膝を痛めて倒れこんでしまった(後に膝の捻挫、全治2週間という診察結果)。
ケガはつきものですが、なるべく避けられるように試合前の準備等々、十分注意していきましょう。
また気を取り直して、次戦がんばりましょう。

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:玉腰
敗戦投手:

アタッカーズ 2 4 4 7 1         18

HR:古川 紅林

エンジェルス 2 1 4 1 5         13 HR:冨田
勝ち組コメント
負け組コメント
今期3勝6敗で迎えたアタッカーズさんとの一戦。
一回表、アタッカーズさんの攻撃、先発石本の立ち上がりを責められ2失点。
その裏、どうにか追いつきたい天使軍団の攻撃、1番、先頭打者の片倉はサードゴロ。。。最近、使えない1番呼ばわりwww
続くイケメン佐藤は、きっちりレフト前で出塁。
3番、職人吉田は、ここぞとばかりにセーフティバントを試みるも、普通に送りバントw
主砲、トミーは起用に応えて本塁打(‥o??o?‥ )
後続が倒れるも、この回2点を返す♪
二回表、石本は調子が悪くないものの、いやむしろ上手く打たせていたが、味方の失策で4失点。。。
その裏、4点を追いかける天使軍団。
6番、ドン田中はセカンドフライで1アウト。
7番、ドン松樹は四球で出塁すると、8番、たかちゃんの久しぶりのヒットは、レフトオーバーのツーベース!!! その間に1点を返す♪
しかし、このあと後続が断たれて1点止まり(´・ε・???)
三回表、先発の石本は非常に頑張って投げているにも関わらず、味方エラーで4失点。
その裏、7点を追う天使達は10番、トール渡邉・石本は相手エラーで出塁www
一巡して1番、全然痩せない片倉の二塁打の間に1点を返す!
2番、イケメン佐藤も二塁打を放ち2点追加!
3番、職人吉田はピッチャーゴロに倒れるも、トミーの二塁打でさらに1点追加!
この回、4点を返す♪
四回表、どうにか連続得点を防ぎたい天使軍団だったが、連打とエラーが絡み何と7点を献上してしまう。。。。。
四回裏、10点を追う天使軍団!!!!!!!
6番ドン田中は、センターオーバーの二塁打で出塁すると、続くドン松樹は相手エラーで出塁!
8番、たかちゃんの犠牲フライで1点を返すも後続が倒れ、1点止まり。。。
五回表、石本が調子を取り戻し最少失点で切り抜ける。
その裏、11番、石本はショートフライで1アウト。
12番、斎藤はセーフティバント&盗塁をちゃっかり決めるwww
一巡して、1番片倉はセンターフライに倒れ2アウト。。。
しかし、ここから反撃開始www
2番イケメン佐藤は左中間に二塁打、続く職人吉田は四球を選ぶと、4番トミーはセンター前、5番崎ちゃん監督はレフト線二塁打、6番ドン田中は左中間二塁打で一挙5点を挙げるも、反撃もここまでゲームセット。。。
終わってみれば18得点を許していまい、今期10敗目。。。
このままでは終われない天使軍団は、新生天使軍団と生まれ変わる為、次戦までに秘策を企てることとなる。。。。。

第70期 第18節 4月12日

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:
敗戦投手:
カイザース                     HR:
オオゼキ                     HR:

雨天順延


1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:
敗戦投手:

エンジェルス                    

HR:

ブレーブス                     HR:
勝ち組コメント
負け組コメント

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:中村
敗戦投手:島尾

コンポードー 1 2 2 1 0         6

HR:新居

ドリームス 3 2 1 0 1         7 HR:佐藤
勝ち組コメント
4月なのに、かなーり寒いSKM。前節の悔しい敗戦からはや3週間。
待ちに待った超大型新人2名を加え、相性の悪いコンポードーさんとの一戦に臨みました。
グラウンド整備に時間を費やし、15分遅れのプレイボール!
初回、組長の立ち上がりは少しばたつき1点を失うも、まずはゲームを作る。
その裏の攻撃、先頭SHUHOはが珍しく凡打。
続くバチヲは四球で出塁。更に組長も四球で続くと、4番タカGのあてた辺りはバックスクリーンへ。
幸先よく逆転3ランを放つ。続く、角太6ゴロで2アウト。
期待の新人KO大キャプテン、K過ぎは期待とプレッシャーを一身に背負い敢え無く5ゴロでKO。
2回の組長、相手5番に右中間最深部に一発を喰らい、さらに連打で1点を失い同点となる。
2回裏、続いて期待のKO大、阿波お土肥!先輩との違いを見せる綺麗な8前でチャンスメイク。
お総裁9フライで1アウト後、キャメルに久しぶりの7前でチャンス拡大。
続く純生、7前に逆転タイムリーを放つ!
更に、テコンドー・ウッチーの連続四死球で1点を追加。
日本より参戦OSMさん、相変わらずのマン振りも・・・5ゴロでで本塁憤死。
昔を彷彿させる快速で1塁はセーフとなるも、肉が離れちゃいました・・・。
チャンスは続くも、本日SHUHOブレーキ・・・。
2点差で迎える3回表、四球からPBでランナー進塁を許すと、1塁強襲で1点を奪われる。
更に連打で満塁となる。
1ゴロで、1死を奪うも、続く打者へ8へ運ばれ2死となるも同点に追いつかれる。
次打者の強烈な打球は、さすがのSHUHO華麗な守備で逆転は許さない。
3回裏、組長9前・タカG四球で作ったチャンスを、汚名挽回K過ぎの7前で1点勝ち越し!
続きたかった阿波お土肥は、見逃しKでちゃリーンは持ち越し。
4回表、久しぶりにキャメルへスイッチも、強打のコンポードーさんに連打を喰らい同点に追いつかれる。
4回裏、お総裁四球・キャメル8前でチャンスメイクも純生鋭い当たりは6-6-3のDP・・・ちゃリーン。
1点が欲しい場面も、テコンドーは1ゴロで追加点奪えず。
勝ち越しは許されない5回表、先頭に四球・PBで進塁を許すと次打者に4へ強烈な当たり!
SHUHOのダイビングで打者をアウトにし1アウト3塁。
気合を入れ直し、次打者を1ゴロ。
更に相手1番を5ゴロに仕留め、同点のまま最終回の攻撃へ。
ウッチー・SHUHO・バチヲの3連続四死球で組長にチャンス到来。
ウッチーなぜか3塁ベース上で憤死も、組長気を取り直して右中間へサヨナラタイムリー!
なんとか、コンポードーさんにリベンジを果たしました!
今期も残り2試合!来期に向けていい形を全員で作っていきましょう!!!
負け組コメント
前日からの雨で開催が危ぶまれた上位との対戦、相手はドリームスさん。
前節の敗戦を糧に、「気持ちを入れて」望んだ先攻初回の攻撃。
1番広瀬はしぶとく四球を選び、すかさず2盗。
2番高江洲はランナーを進め1死3塁。
3番藤澤の内野ゴロの間に広瀬がホームを駆け抜け先制。
4番杉本が倒れ初回は1点。
初回裏、前節のリベンジを胸にマウンドに上がった島尾に託す。
が、さすが上位チーム、初回で逆転を許してしまう。
2回 、6番新居が右中間に完璧な放物線を描き反撃
7番岡崎、8番池中倒れ2死、8番稲葉(リハビリ)はラッキーなヒットで、9番打撃絶好調の島尾に繋ぐ、島尾自画自賛の打球は右中間へ特大なヒット、3塁「鬼」コーチの指示で1塁から激走。
チームの怪しい視線を感じつつ、無事生還で同点に追いつくも、10番西井倒れて逆転ならず。
追いついては離される展開で3回の攻撃。
この回、先頭の11番河辺が右方向に流し打ち、12番渡辺の時にパスボールもありランナー3塁、気合十分の打球はファースト強襲安打で1点差に追いつく。
続く13番池尻もセンター前ヒットで上位打線につなぎ、1番広瀬は足で稼いでノーアウト満塁、2番高江洲、内野ゴロで1死満塁。
3番藤澤は、きっちりセンターへ犠牲フライで同点に追いつくも、4番倒れて逆転叶わず。
島尾は調子が悪いながらも何とか少ない失点に抑え、1点差で迎えた4回の攻撃。
この日絶好調の5番新居は、レフト前ヒット。
岡崎倒れるも、7番池中はライト前ヒット、パスボールで3進していた新居を返し、反撃ムードを盛り上げるも、8番稲葉はまさかの見逃し三振で2死。
9番島尾はライト前も、西井が倒れて追加点ならず。
島尾が粘って4回の裏を0点に抑え、時間的に最終回の攻撃を迎える。
勝つ為には得点が欲しい最終回、調子が上向きな11番河邊が出塁、12番渡辺の時にパスボールで2進、渡辺が抜ければ逆転の可能性の打球が二遊間へ!
しかし、相手セカンド横っ飛びでアウト!
3塁、13番池尻倒れ、1番広瀬、詰まった当たりは内野ゴロ、広瀬なら。。。と言う期待も叶わず、チームの勝利が無くなる。
ゼロに抑えれば引分けられる最終回裏、内外野、ベンチが島尾を盛り上げるも満塁。
3塁ランナーが離塁でアウトになるも、最後まで流れを止められず、最後はセンター広瀬のダイビングパフォーマンスもさすがに叶わず惜敗でした。
しかし、強豪ドリームス相手に、取られては取り返しのナイスゲーム!
島尾も最後まで気合の入った粘りのピッチングでした。
エラー0、凡フライ0、進塁打も出てチームバッティングが出来て来ています。
次戦はサンダース。チームプレーで勝ーつ!

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:島上
敗戦投手:金塚

サンダース 0 0 0 0 1 1       2

HR:

ツナーズ 2 0 0 0 2 X       4 HR:
勝ち組コメント
『藤井最終戦も快足で勝利手繰り寄せる』
70期全勝対決となる第11戦のお相手は、皆さんご存知、強豪サンダースさん。
この試合、長年、その俊足と辛口コメントでチームを牽引した藤井の最終戦。
前マネ:聡美さんも日本から駆けつけての、ツナーズメモリアル試合。
ビザ取得で大陸に捕獲されているO選手と、休養中のご意見番K選手、そして試合後の送別会の仕込みに腕をふるう板長E選手を除く16選手で挑む大一番、まずは初回の守りから。
マウンドの島上、禁酒効果テキメン!、1奪三振を含む3者凡退で締める最高の立ち上がりを披露。
これに応えるべく裏の攻撃では、1番:藤井が相手バントシフトを掻い潜る見事なセーフティーバントを決めて出塁。
2番:武藤の1球目に藤井は即盗塁。武藤は2球目をセンターに強烈に弾き返し藤井生還。
わずか3球で先取点をあげる。
パスボールで進んだ武藤を3塁に置いて、3番:監督、いつになく気合が入る。
いつもなら、力みからボテボテの内野ゴロを声を出しながら打つ場面だが、今日は見事に高めをおっつけて、文句なしのセンターへの犠牲フライ。
ほっと安堵した表情は見せずに、かっこよくベンチに戻る監督にツナメンは、普通の反応で迎え、生還した武藤のタイムリーヒット話で盛り上がる。
その後、4番:松倉のセンター前ヒットでさらに加点と意気込むが、後続が倒れ2得点で2回の守りへ。
ここから4回まで投手戦の様相。両投手、被安打ゼロの投球で回を重ねる。
5回の守りで、2本のヒットと四球で攻め立てられ1失点。
しかし、同点逆転は許さない気迫の投球で島上が抑え込む。取られたら取り返すのみ。
裏の攻撃は1番:藤井から。ショートへの当たりが内野安打となる持ち前の快足で出塁。
続く武藤のセカンドゴロで走者が入れ替わり、パスボールの間に武藤が2塁に進塁して3番:監督。
三遊間を破るレフト前タイムリーヒットを放ち、待望の追加点をあげる。
4番:松倉四球後、5番:Heiwanの内野ゴロゲッツー崩れの間に1点加え、3点差として最終回の守りへ。
先頭打者に巧打され、相手打線にじわり攻め立てられるが、何とか追撃を1点でしのぎ切って、”しぶい”試合を勝利する。
この試合、最終戦の藤井の持ち味フル発揮に、島上力投と監督の気迫の責任感が加わり、70期優勝に向けまた1歩近づく大きな勝利をゲット出来た。
試合後は、急いで藤井選手送別会場となる板長待ち受けるGood Luck from Mt.Fuji(?)へ。
幹事長:森下、即席の大弾幕(?)を用意し、ビールから始まり焼酎、ワイン、ウイスキーと昼から至極のひと時を演出。
未来のツナーズを担う男の子5名のやんちゃな好プレーを、おやじどもは我関せずと飲みに集中。
藤井の挨拶はそこそこに、調子の上がったホンコン玉は、今後の朝夜の活躍を期待させる酔いっぷりで場を和ませる。
さぁ、70期残り2戦、気を緩めることなく勝利を重ねましょう。
Lineデビューの総監督の今後の使いっぷりにもこうご期待だ?
負け組コメント
金曜夜からの雨で中止だろうなぁと思いつつ、決行となってしまいました。
引き分けの差を追いかける首位ツナーズさんとの決戦。
攻走守でリーグトップクラスのツナーズを攻略すべく、数日前からメールで打ち合わせていたバッテリーだったが、もっとも警戒していた足で先取点を取られてしまう非常に嫌な展開。
打線も好投手島上投手の前に、良い当たりもことごとく正面に飛んでしまい、4回までノーヒットノーランと沈黙。
何 とか5回に稲田の初安打と好走塁で1点を返すも、その裏にまたもや足とエラーで2失点。
強力ツナーズ打線を5安打に抑える好投だったが、打線はエースを援護出来ないまま、三連覇が大きく遠のく惜敗。
気をつけていたのに、やはり足を絡められてしまい、足を絡められないサンダースとの差が、そこでついてしまったか。
盗塁を打者がバントの構えでサポートする等、徹底した攻めはサンダースも参考にしていきましょう。
浜中新監督の反省にもありましたが、今後は積極的な走塁を仕掛けていかないと、得点力アップは難しいですね。
さーて、負けはしてしまいましたが、また気を取り直して次の試合も頑張りましょう!

第70期 第17節 3月29日

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:森實
敗戦投手:島尾
サクラ 4 0 0 2 1 4       11 HR:小川 清野
コンポードー 4 0 0 3 3 0       10 HR:杉本
勝ち組コメント
今回は超強豪コンポードーさんとの一戦。
最近不振の上位陣を入れ替え、臨む。
初回、打順入替えがいきなり形となる。
高出塁率の1番呉山が右中間へ2塁打、 2番山口はレフトフライに倒れるも、新3番内田のタイムリーで先制。
続く新4番小山が左中間の彼方に消えていく特大2ラン。
更に6番に下がった清野も久しぶりの特大ソロで、この回一挙4点。
その後同点に追い付かれ、引き離し、また逆転される等、 緊張感漂うシーソーゲーム。
センター清野のホームラン性の当たりをダイビングキャッチ、ショート山口もダイビングキャッチ等等等、守備がエース森實を盛り立てる。
残り15分とギリギリで、かつ7−10と3点差と劣勢で最終回を迎える。
絶体絶命の中、下位打線が繋がり奇跡的に逆転。
残り5分切ったところで最終の守備についたが、御年58歳森實が、なんと1分30秒で3人をピシャリ。
奇跡の逆転劇に幕を閉じた。
負け組コメント
連勝を目指してサクラ戦との対戦。
1回、上位打線にホームラン等で4点を先制されるも、気持ちで後続を断つ先発、歯B。
裏の攻撃。1番、結婚間近(?報告無)の広瀬が、平凡なセカンドゴロを足で内野安打!
バッターが見送ってからスタートを切るも、盗塁×2を決める。(セカンドゴロが3ベース相当)
江洲、死球の後に盗塁、3番太郎はきっちりライト前ヒットでタイムリー!1点を返す。
そして主砲・杉本が、ライトに3ランを押し込み同点!
2回。歯Bは下位打線を0封し流れを作りかけるも、高橋・河邉・池尻が3者凡退。
3回も歯Bは、インフル明けにも関わらず、気迫の投球で0に抑える。
渡辺出塁し、広瀬がレフト前に運ぶもセカンド封殺でランナー入れ替わり、江洲セカンドフライ。
3番太郎の打球は左中間へ!しかし、センターがフェンスに当りながらも好捕。得点ならず。
4回、相手上位打線に2点を奪われるも、歯Bはこの日は集中力を保ち続け後続を打ち取る。
その裏、先頭の杉本は四球で出塁し、島尾が左中間に2ベース。
Hoimimg、三遊間を破る2点タイムリー。
池中レフトフライ、新居四球で出塁し、歯Bは気合が入り過ぎてサードフライ。
そして、この試合前まで10割バッターだった高橋が、しぶとくライトに運び(ガッツポーズ早すぎ)Hoimingが生還。
新居は、ホームでタッチをかいくぐるもアウト。1点勝ち越して5回に。
歯Bは、この回も粘り強く1点に抑えて同点に。
裏のコンポ―ドー。河邉、池尻(三振)と倒れるも、渡辺は四球で出塁。
広瀬が右中間にツーベースを放つも、久しぶりの鈍足ん、渡辺ホームに還れず…。
しかし、江洲が右中間にツーベース!2点勝ち越し。
太郎が死球、杉本タイムリーで3点リードする。
6回、歯Bに代わり島尾がマウンドへ。しかし四球が続き、この回4失点で逆転される。
裏も3者凡退となり、ゲームセット。
監督・渡辺の決断の悪さにより敗戦しました。
しかし、最終回までは先制されるも、同点・逆転・同点・逆転するという素晴らしいゲームでした。
下を向いてはいられない!前向き・上向きで次戦ドリームス戦に臨みます!!

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:北浦
敗戦投手:

アタッカーズ 4 0 1 0 3 1       9

HR:玉腰

ベアーズ 0 1 2 3 5 X       11 HR:
勝ち組コメント
2連勝でチームの雰囲気は上々。
今日も(出来れば)勝って、3連勝としたいところ。
初回、北浦の立ち上がりを攻められるが、4失点で終えられる。
近頃は大量失点もなく、北浦投手の内容も格段に良くなってきている。
1回裏、相手投手のやや遅めのボールを打ちあぐね、あっさりと4人で終わり嫌な予感しかしない。
2回、先頭の米澤が中堅に2塁打で出るが、後続が2者フライアウト。
無死2塁からランナー動けず、嫌な空気で2死2塁。
しかし、ここで島が安打を放ち、取りあえず1点。
この回は1点のみで終わるが、最悪は免れた。
3回は、1死から鈴木(康)が四球で出ると、若さで2盗。
休む間もなく続けざまに3盗を決め、2番根野の相手守備失策の間に本塁生還。
ちなみに根野は、この試合3打数無安打で3打点と、おかしなことをしています。
徐々に調子を上げてきた4回、1死から2塁打でチャンスを作るも、2回と同じく後続がフライアウト。
ここで1点取るのと取らないのでは雲泥の差、という場面で山口が年の功できっちりライトに安打を放ち流れをつかむと、その後2得点。
5回表に逆転をされ2点ビハインドとなったが、試合の流れで何とかなりそうな点差。
5回裏は先頭松澤の激走の3塁打で反撃の狼煙を上げると、続く鈴木(康)がライトにヒットを放ち1点。
1死2・3塁から内野ゴロの間に本塁に還り同点。
2死となってから2本の2塁打、2四死球、1失策で3点を奪い逆転に成功。
最終回となった6回表は1点を許したものの、その前の回と変わらずに一つずつアウトを取ることを意識し、終わってみれば僅差ではあったが、落ち着いて勝利を得ることができた。
守備ではエラーもあり好捕もあり、攻撃でも好打あり凡打ありですが、思いきりやって次回も勝つように頑張りましょう。
負け組コメント

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:谷津
敗戦投手:三浦

イーグルス 0 1 1 1 0 1       4

HR:

パイレーツ 3 1 5 0 3 X       12 HR:谷津
勝ち組コメント
前回、久しぶりの勝利に沸いたパイレーツ。
本日の勝利でシーズン目標4勝目を確定したい。
1回表:本日も先発は谷津。先頭打者をデッドボールで送るが、後続をうまくうちとり無失点。
1回裏:根本、青が四球出塁すると、4番谷津が今試合もスリーランホームラン。
3得点と幸先良くリード発進。
2回表:先頭打者にまたしても死球。
続いて三塁線ギリギリの巧みな安打を浴び1失点。
2回裏:先頭7番小泉がボールを引き付け、タメにタメて振りぬいた一打。
ソロホームランで1点を追加。
3回表:ノーアウト2,3塁のピンチだが、奪2三振で最小失点1点で切り抜ける。
3回裏:下位打線2名ツーアウト献上から、パイレーツ打線爆発。
1番根本が四球出塁すると、6番向井まで連続安打で大量5得点。
4回表:リードを保ちたい谷津だが、1失点。
捕手金子のナイス送球で盗塁阻止という見所もアリ。
4回裏:菅原安打出塁も、4人で無得点チェンジ。
5回表:この日は谷津の投球が冴えわたり、チームメンバーも絶賛。無失点。
5回裏:先頭葉佐の安打出塁から、1番根本(3塁打)、2番菅沼と連続ヒット。
高橋がきっちりとランナーを返して追加3得点。勝利が見えてきた。
6回表:数々の逆転を許してきたパイレーツも、この日はリード9点差で落ち着いたか、1失点を許すもしっかりと守り抜き、連勝を決めた。
■チーム目標4勝目を見事に挙げたパイレーツ。
谷津の好投に加え、守備陣の堅い守りが印象的なグッドゲームでした!
負け組コメント
『打線がチグハグで、泥沼6連敗・・・』
メンバーの帰任、転勤により、顔ぶれが大きく変わったイーグルス。
総勢13名でパイレーツさんとの対戦。
初回、いぶし銀長谷が身体を張ったデッドボールで出塁も、後続がポンポンフライを上げてしまい、先制点を奪うことが出来ない。
その裏の守備では、イナバウワーの守備が光るが、4番に3ランを打たれ欲しい先制点を奪われる。
2回丸ちゃん2号の長打で1点、3回はイ・デホを彷彿とさせる構えの石田のヒットを足がかりに1点、4回は監督の「(レフト後方の)葉っぱに当たったの当たってないの2塁打」&好走塁が光り更に1点を奪うも、打線がチグハグでヒットは出るも大量得点に結びつけることが出来ない。
逆に3回は2アウトランナー無しからランナーを溜められ、大量5点を奪われ、追う展開が続く。
あれよあれよの間に最終回・・・先頭の11番最年長のダンディー中原が四球を選ぶも、12、13番が倒れ早くも2アウト。
一矢報いたいところで、いぶし銀、いや、当たり屋長谷がこの日3つ目の死球をにっこり笑顔で受け、ここで登場、タカ加藤!見事なタイムリーを放ち1点を返す。
畳み掛けたいところで、この日2つ凡フライを上げた高島がショート内野安打で続き、満塁のチャンスで監督登場〜〜〜も、初球サードファアルフライであっさりゲームセット。4-12。
ランナーを出すもクリーンアップが機能せず、泥沼6連敗となってしまいました。
ん〜、2015年の初白星がなかなか手に届きません。次戦こそ!

1
2
3
4
5
6
7
8
9

ロイヤルズ投手:
オオゼキ投手:高見

ロイヤルズ 0 3 8 0           11

HR:

オオゼキ 5 4 0 2           11 HR:山田(2本) 正木
ロイヤルズコメント
オオゼキコメント
今日はロイヤルズさんとの一戦。
1回表、エース高見は三振を奪った後、四球、内野安打、エラーで満塁のピンチ。
しかし、ここでフライを落球したところ、1塁走者と3塁走者を相次いでアウトにできてしまい、不思議なことにこの回0点で切り抜ける。
その裏は、先頭山田が遊撃強襲ヒット、赤沼もきれいにライト前ヒット、河村の一打はエラーを誘い、無死満塁。
ここで4番に入った高見がセンター前に2点タイムリーを放ち、続く新キャプテン正木は、センターの山に消えるスリーランホームラン!これで 5点を先制。
2回表は4連続四球と2点タイムリーで3失点も、ファーストゴロゲッツーと見逃し三振で凌ぎ、5−3。
追加点の欲しい裏のオオゼキは、一死後木並のメデタイ初安打と、鳥羽のいやらしいライト前安打で繋ぎ、ここでマグ山田がレフトにスリーラン!
赤沼、河村連打の後、高見の犠牲フライもあり、この回4点追加、9−3!
しかし3回表、連続四球の後、内野ゴロ2つのうち1つがエラーとなり、その後死球をはさんで4連続タイムリー・・。
パスボールもあり、結局8点を奪われ、9−11と逆転されてしまう。
反撃したい3回裏も、柳沢に二塁打が出たものの、後続が倒れてゼロ。
1時間が経過し、もう点を与えられないところだったが、4回表高見が踏ん張り、内 野ゴロ2つと内野フライの三者凡退!
わずか4分で抑えて、最後の攻撃に託す。
4回裏は1死後、今日好調の鳥羽がライトにツーベースを放ち、ここで先頭山田がなんと今日2本目の同点ホームラン!!!!
赤沼が倒れたあと、河村がしぶとく四球を選び、このランナーが還ればサヨナラだったが、高見の当たりは惜しくもセンターラ イナーに終わり、11−11で試合終了。。。
打順の組み換えが当たり、ホームラン2本の山田、1本の正木、下位で渋く光った鳥羽、踏ん張って流れを引き戻したエース高見、初安打の木並など、みんな頑張って引き分けに持ち込んだ試合でした!
今のいい雰囲気で、チーム一丸でこのまま行きましょう!

第70期 第16節 3月22日

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:谷津
敗戦投手:石本
パイレーツ 0 0 3 6 0 0       9 HR:谷津
エンジェルス 4 0 1 2 1 0       8 HR:中込
勝ち組コメント
前2回をサヨナラ負けで落とし悔しいパイレーツ。
早朝の霧雨の中、集まったのはこれまでで最も少ない13名。
1回表:先頭根本が四球を見極め出塁するが、後続2-4番がまさかの凡退。無得点で幕を開ける。
1回裏:相手上位打線は、足を使っての積極的な攻撃をしかけてくる。
ノーアウトから4番に満塁ホームランを献上し、4失点とリード開く。
2回表:この回も打撃が続かず、7番村山が初ヒットで出塁するも4人で凡退。無得点。
2回裏:前回で弾みをつけた谷津は、緩急織り交ぜた得意の投法で、三者凡退に討ち取る。
3回表:先頭高橋が安打出塁すると、この日遅刻してきた二日酔い小泉が、会心の2塁打でチャンスを呼び込み、金子が痛快2塁打で2打点。
藤井のタイムリーも続いて、この回3得点と1点差まで詰め寄る。
3回裏:相手もリードを広げたい思いからか、打撃を繋げてあっという間に満塁。
大ピンチもショート青の好守もあり、最小1失点に抑える。
4回表:パイレーツは上位打線3番からの開始。
先頭2名が四球を選び出塁すると、投手谷津が自らを支援する3ランホームランで逆転に成功。
更にAndy、村山が2塁打、小泉、金子が安打を繋げて、大量6得点を挙げる。
4回裏:逆転に成功したパイレーツは、点差を維持したい。
2アウトから絶妙ポテンヒットで2失点と悔しい失点もあったが、まだリードを保ちながらチェンジ。
5回表:またしても上位打線がつながらず。
本日加入、初出場の大型新人菅沼が初ヒットも、打者4名で無得点チェンジ。
5回裏:ここまで来ると、1点もやりたくない谷津。
パイレーツは内野外野とも堅守。最小1失点でリードを守ったまましのぐ。
6回表:最終回、1点でも得点したい谷津が出塁するが、Andyのライナーを相手ショート好守。
飛び出した青がさされ、ダブルプレーでチャンスを逃す。
6回裏:1点もやれないパイレーツは、最後は前進守備を敷いて必勝祈念。
緊張の中、谷津の的を絞らせない投球と、守備陣の祈りが天に通じ、点差を守りきる。
■パイレーツ、ついに6試合ぶり3勝目。
サヨナラ負けのジンクスもここで断ち切り、来週もがんばるぞ!
負け組コメント
小雨が降りしきる天光道の薄暗い朝、今期3勝5敗で迎えたパイレーツさんとの一戦。
一回表、パイレーツさんの攻撃、初回石本の投球が冴えて零封。
その裏、先制したい天使軍団の攻撃。1番、先頭打者の片倉は相手エラーで出塁、すかさずスチールw
続くイケメン佐藤は、四球で出塁。すかさずダブルスチールw
3番、宮澤も四球で出塁。 この日、久しぶりの参加の4番、イクメン中込は起用に応えて本塁打(‥o??o?‥ )
後続が倒れるも、この回4点を先制♪
二回表、またしても石本が粘り零封。何か今日、調子いい感じか!?wwww
その裏、まだ追加点が欲しい天使軍団。
8番、ボクサー新井は、センターフライで1アウト。
9番、みやもっちゃんは、サードゴロで2アウト。
10番、トール渡邉は期待に応えて三振でこの回、無得点(´・ε・???)
三回表、石本が捉えられ始め、3失点。
その裏、11番ドン松樹は、綺麗にセンター前ヒットwwwwやりおるwwww
12番、石本は死球を受けながらも喜んで出塁w
13番、本日初参加、塩沢ことシオピーは、ピッチャーゴロに倒れるもランナーを進める。
一巡して1番、片倉は四球で1アウト満塁のチャンスを作る。。。
ここできました、イケメン佐藤の当たりはショートボテボテも、相手エラーを誘い追加点!
後続倒れるも、この回1点追加する。
四回表、連打とエラーが絡み6点を献上してしまう。。。。。
四回裏、何とか追いつきたい天使軍団!!!!!!!
4番イクメン中込は、相手エラーで出塁&盗塁!
このあと2者連続アウトとなるも、7番、澁谷隊長は四球で出塁!
8番、ボクサー新井は、相手エラーで2死満塁のチャンス。
9番好打者みやもっちゃんのレフト前で2点返上!!!!
しかし、後続断たれて攻撃は2点に留まる。
五回表、石本が調子を取り戻し零封。
その裏、12番、石本は相手エラーで出塁。
13番、シオピーはサードゴロに倒れるも、片倉のフェンス直撃の二塁打で同点に追いつく (??ω??)
しかーし、後続続かず同点で終わる。。。
六回表、石本は粘りに粘って、まだも零封。
その裏、先頭打者の崎ちゃん監督は四球、6番ドン田中はライト前と一気にサヨナラムードw
しかーし、あと1本が出ず試合終了。
次戦までに1人100スイングという課題をクリアし、気合を入れてブレーブスさんとの一戦に臨む(?`?´?)

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:北浦
敗戦投手:迎

ベアーズ 2 0 6 7 3         18

HR:

ブレーブス 2 1 3 1 0         7 HR:
勝ち組コメント
連勝を目指して臨んだ第9戦、人数は10名と少ないながら、試合前から皆気合いが入っていました。
攻撃面は何と、全員安打の18安打で18得点を上げ、全員打点の記録も作りました。
守備面も目立ったミスも無く、好プレーもあり、皆で北浦投手を盛り立てました。
北浦投手も四死球が少なく、打たせて取るピッチングでナイスピッチングでした。
この勢いで、来週も3連勝目指して頑張りましょう。
負け組コメント
初回2点で抑え好スタートの予感。すぐさま主軸の連打で2点を取り返す。
2回は無得点で抑え、勝利の波に乗れるか。。。
攻撃では2アウトながら、多島の久々のセンターへライナー性のタイムリーが出て調子ずく。
3回は、ベアーズのラッキーな安打と痛恨のエラーが続き6失点。
取られたら取り返す今期のブレーブスはちょっと違う。
クリーンナップで3点をもぎ取る。
4回、またしてもエラー絡みで失点が続き、迎投手もさすがに落ち込んで、四球が続く悪い流れになり7失点。
戦意喪失ムードだが、新人真鍋がセンターへクリーンヒット、続くD.MANのタイムリーが出て、何とか1点を取り返しクリーンナップに繋ぐが、3連続アウトで万事休す。
序盤は良い感じムードで進んだが、3回のエラーからの失点で波に乗れなかったブレーブス。
打線は、攻撃は好調で得点は取れる様になってきているので、エラーを無くせば勝機アリ。

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:金塚
敗戦投手:藤原

ドリームス 1 1 0 0 0 0       2

HR:渡部 船谷

サンダース 0 0 0 6 1 0       7 HR:
勝ち組コメント
「チャ ラく楽しもう」のスローガンで、サンダースを初の2連覇に導いた迷将?名匠?名将?水野監督の最終試合は、最終試合を飾るに相応しい宿敵ドリームスさん。
最終試合を飾るべく、出席者は16名の予定だったけど、3名ほど行方不明が出るサンダースにしては珍しい事態が発生。
これも監督が珍しくジャンケンに勝ったりしたからでしょうか?
初回、先頭打者HRで先制される嫌な立ち上がり。
その裏の攻撃で一死2・3塁の逆転チャンスを作るも、4番・5番が全くタイミング合わず、連続三振でチャンスを逸すと、2回も先頭打者にHRを打たれてしまい、とても嫌な流れ。
でも、エースの投球テンポが打線にうまく影響するのがサンダース。
3回・4回とテンポ良く三者凡退に抑えて迎えた4回裏にゲームが動く。
先頭エージがヒットで出塁、さらに水野監督が内野安打で無死1・2塁のチャンス。
ここで、エース金塚が正座して祈る。左中間に打て。左中間に打て。
はっきりとした声のその祈りを聞き遂げたか、神様・仏様・稲田様が左中間を割る素晴らしい同点三塁打を放つ。
更に送球がそれた間に稲田様も生還し逆転。
さらに二死満塁とすると、三村が右中間に走者一掃ツーベースを放ち、ダメ押し追加点。
6回表にエース金塚が軽い肉離れを起こすアクシデントはあったものの、蓋を開けてみれば、打たれたヒットはHR2本のみという素晴らしいピッチングで、水野監督の有終の美をアシスト。
宿敵ドリームスさんからの大逆転勝利は、思い出に残る名試合になったかと。
水野監督、本当にお疲れ様でした。
水野監督がやり残した大仕事、3連覇に向けて、残り試合も1試合1試合、チャラく楽しく勝っていきましょう!!
負け組コメント
ほんのり寒いSKM第一試合、強敵サンダースさんとの一戦に13名で臨みました。
先頭SHUHO、2回Ferryに一発は飛び出すも、結果は散発三安打。
角太を得点圏に置いた唯一のチャンスも、市助・キャメルの連続三振で追加点を奪えず、結果2点どまり。
先発組長は、球威十分で3回まで0封も、4回に不運な当たりからタイムリーを許すと、巧打を集められ一挙6失点で逆転を許す。
5回にもダメ押しの一失点を許し、The end。
良い流れできていたものの、結果は力負け。
しかし、70期は残り3試合有り! 最後まで全力プレーで臨みましょう!!!

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:島上
敗戦投手:川満

ツナーズ 8 3 1 0           12

HR:松倉

カイザース 2 0 3 0           5 HR:
勝ち組コメント
『初回5長打で一気、無駄な失点は猛反省』
今期10戦目の相手は、強力打線のカイザースさん。
何とか自軍のペースで試合を展開し、勝利を得たい一戦。
ここもと自ら選んでの先攻なのか、申告のない監督。
じゃんけんに負けての先攻であることは容易に想像がつくが、ツナメンはお構いなく攻撃に集中。
先頭:小川が我慢の四球出塁。
2番:監督自ら攻撃の口火を切るレフト越えの2塁打を放つ。
送球が乱れる間に、小川長駆ホームインで先制。
続くHeiwanも2塁打で続いて2点目。
我らが4番:松倉は、フルカウントから低めの球をすくい上げる一擲、豪快なレフト上段席にとび込む2ランHRをかっ飛ばす。
その後も攻撃の手を緩めず高橋、渡辺の2塁打を絡めて4加点し、初回の攻撃を8得点で終える。
裏の守りは、被安打2と細かなミスが絡んで2失点。
島上の立ち上がりに多少の不安を抱えるも、”打ち勝つ”がテーマのこの試合、攻撃へと気持ちを切り替える。
2回表、先頭の江藤が綺麗にセンターに弾き返して出塁。
続く玉田の1塁強襲打が、ファールラインを越える2塁打となりチャンス拡大。
小川のセンターへの当たりが相手ミスを誘い1点。
監督のライトへの犠飛で2点目、Heiwanのセンターへのタイムリーで3点を加え相手を突き放す。
裏の守りは、危なげなくゼロ封して3回へ。
高橋の四球出塁を皮切りにJoe、渡辺の連打で無死満塁とするが、そこから下山のレフト前タイムリー1本のみで1加点で攻撃終了。
この攻撃の悪い流れが裏の守りに影響し、ミス連発。
止め(?)は、レフトに入った板長の、ツナメン皆が絶句した珍プレーで3失点。
この珍プレーのために、わざわざ満塁にしていたかのような流れを、何とか島上断ち切って4回へ。
1死後、永世総監督:直田がレフトへ貫禄の2塁打を放つも、自慢の上位打線が機能せず、追加点なく最終回の守りとする。
前の回の守りで完全にバックを信頼できなくなった島上は、2塁手の松倉が頼りとばかりに、セカンドゴロでアウトを稼いで、ゼロ封してゲームセット。
参加14選手で31打席ともう1打席づつ打ちたかった微妙な攻撃内容での勝利。
次節までの3週間、如何に各自が調子を上げていけるか。
70期も佳境を迎えました。まずは、板長の珍プレーを酒の肴に、一席といきましょうか?
強烈な印象が焼き付いて感染してしまいそうですが、、、。
負け組コメント
今日のお相手は、ツナーズさん、前回トーナメント戦初優勝の夢を打ち砕かれたばかりか、ここ、数年勝てていない相手、今日こそはと、意気込むカイザースナイン。
一回表のツナーズさんの攻撃、0点に押さえ、裏の攻撃へと思いきや、エラーとホームランなどで8点献上、しかし、その裏の攻撃、カイザース上位打線が2点を奪え返し、反撃ムードで盛り上がる。
2回表のツナーズさんを0点にと思ったのも束の間、なんと、いつも守備で助けらている名手が、まさかの1回に続いての落球、、、
このエラーも絡んで、3点を更に与え、ジエンド。。
と、ここで、いつもなら、ずるずると点差を広げられ負けてしまうのですが、今日は踏ん張り、最終回にも3点を奪い、次の試合につなげることができました。
皆様、次戦は勝って、上手い飯でも食べましょうね〜。
筆者に対しての一言(自問自答):お前も頑張れよな。

第70期 第15節 3月15日

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:藤原
敗戦投手:森實
サクラ 0 0 0 0 0         0 HR:
ドリームス 2 0 2 1 4         9 HR:藤原(2本)
勝ち組コメント
70期も後半戦、負けられない戦いが続く。
近年接戦を繰り返すサクラさんとの一戦に、今日も少な目12名で臨みました。
初回の守り、先発組長の立ち上がり、先頭打者に四球は許すも球威十分!無失点で初回を乗り切る。
その裏の攻撃は、先頭SHUHOが粘ってDBで出塁すると、続くバチヲはタイミング狂わされ、まさかのK(ちゃリーン)。
3番組長もタイミングを狂わされ、2フライであらま2アウト・・・。
しかし、4番のタカGは7前へ弾き返し先取点。
5番Ferrry四球のあと、角太にタイムリーが飛び出し、更に追加。
お総裁の痛烈な当たりは、ショートのグラブに収まり2点で終了。
2回の守り、下位打線にヒットは許すも、要所を締めて得点は与えない。
この回も0封で、味方の反撃へ。
2回裏、先頭市助は、痛烈な5ゴロでサードのグラブをはじく。
1塁へのヘッド?いやおなかからのスライディングもむなしく憤死・・・。久しぶりのきな粉。
続くキャメルは、四球で出塁も純生・テコンドーに一本は出ず、無得点に終わる。
3回表、球威の衰えも無く、快調なピッチングは続く。
この回もランナーは許すピンチを招くが、マスケンのナイスキャッチも有り、依然得点は与えない。
その裏、ナイスキャッチでノリノリのますけんは、心臓バクバクしたままの影響かあえなく憤死。
1番戻ってSHUHOは四球で出塁すると、続くバチヲは見逃しK(ちゃリーン×2)・・・。
嫌な流れを、組長の一振りが流れを変える。
初球をぶった切った打球は、レフト場外へライナーで消えていく。
前節の幻の2本を取り返す一撃で2点を奪う。続くタカGは8フライで攻撃終了。
4回はキャッチャー交代も、組長のリズム・球威は変わらず、この回も無失点。
その裏、市助に久々タイムリーが生まれ1点を追加。1時間コールを受ける。
完封がかかった5回表、気合の投球が続く。
ランナーは許すも、ここも踏ん張って得点は与えない。
最終回となった5回裏、組長に今度はライト場外へ消える2発目が飛び出し、4点を奪って攻撃終了。
結果9-0の完勝も、なぜか紙幣が飛び荒れる夢軍団。
今期初完封・2本塁打と組長大車輪の活躍!
いい流れで次節は強敵サンダースさんに挑みます。
負け組コメント
連敗は避けたい櫻、本日の相手は強豪ドリームスさん、みんな早くから集まりしっかりとアップ。
"櫻らしく楽しくやろう、そのためには勝つこと"との監督の言葉で試合がスタート。
1番今日は珍しく時間どおりに来たイケメンショーマ君、きちっとファーボールで出塁、いきなり櫻の得点パターンに持ち込むも、後続が続かず無得点。
初回の櫻の守り、エース森實さん、強力ドリームス上位陣に対して1三振を含む2得点に抑えるナイスピッチング、守りから攻撃のリズムを作る。
2回の櫻の攻撃、"今日は違う"という言葉どおり、ウッチーがきれいにセンターに転がし櫻、初ヒットも、相手豪腕ピッチャーに押され、得点ならず。
その裏、リズムにのったら止められない、エース森實さん、無得点ピッチ。
何とか、攻撃でエースを助けたいところ。
転がせば何とかなる、との言葉通り、安信さんのショートへの打球が相手エラーを誘う。
さらに、最近当たりの出できた堀内さん、2ストライクまで簡単に追い込まれたものの、イチローばりの流し打ちで次に繋ぐ。
打順は1番に戻り、ショーマ君、みんなの期待がかかる中、打った打球はライトへの大飛球、同点か!?と思われた打球も、もうひと伸びたらず、ここでも無得点に終わる。
ここまで熱投を続ける森實さん、ファーボールの後に、相手3番に打った瞬間の豪快なホームランを打たれてしまう。
このホームランで、一気に相手にリズムが変わってしまったか、2番増山キャップからの好打順の攻撃も簡単に三者凡退に終わる。
その裏、最少失点に抑える森實さんの好投に応えたいところ、チーム首位打者小山さんの右打ち、ウッチーのファーボールで久しぶりに櫻にチャンス到来!
期待のかかる新人西山、セカンドにいい打球が飛ぶも、相手セカンドのプロ並みの守備に阻まれ結果はゲッツー、ここで勝負あり。
終わってみれば、櫻は散発4安打の無得点。
確かに相手ピッチャーも素晴らしいボールを投げていたが、無得点は寂しい限り。
3月は強豪ばかりと厳しい試合が続くが、次回は絶対に勝って、気持ち良く、美味しいお肉とお酒でBBQを迎えたいところ、と言うか、必ずそうなるように、打線陣、奮起しましょう!!

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:島上
敗戦投手:澁谷

ツナーズ 6 1 1 4 2 2       16

HR:JOE 島上 下山
  松倉

ロイヤルズ 0 0 0 0 1 0       1 HR:
勝ち組コメント
『苦手タイプの投手克服できた人そうでない人、いずれにせよ罰金チャリン 』
今期第9戦のお相手は、ロイヤルズさん。
チーム史の中でも苦手筆頭格の相手、ツナメン心して試合に挑む。
先攻となっての初回の攻撃。
相手投手の山なり気味のスローボールをベンチで見ながら、皆、口々に”やばいやばい”と独り言。
1番:藤井の初球キャッチャーフライアウトで完全にアウトになるイメージが完成。
しかし、2番:Joeの転がしての出塁をきっかけに、小川、島上、下山の2塁打3本を絡めて、打者11人一巡する6得点の攻撃をみせる。
裏の守備では、島上が自らの制球に不満を漏らすも、危なげない投球でゼロ封。
2回の攻撃は、JoeのソロHRが飛び出すも、上位打線が完全に悪いイメージにずっぽりはまり、内野フライ2つとサードゴロ、淡白な攻撃で終える。
3回の攻撃も同様、島上のソロHRがあったものの内野ゴロ3つで、”はい、攻守交替”。
4回は、1死後、10番:下山にソロHRが飛び出し、続く玉田のレフトオーバー2塁打で打線に火が付き、中軸:小川&松倉の連続タイムリーで着実に加点。
まだまだ攻め立てられる場面で、監督見事なゲッツー打で消火活動。
5回の攻撃は、Owen&下山も活躍で2加点。
6回には、松倉の2ランHRで得点をのばし計16点の攻撃を終える。
守備の面は、島上完封ペースも、5回にヒットに見せる味方守備で1失点。
この回の被2安打だけだっただけに悔やまれる。
スコアーから見れば快勝だが、なぜか試合後、会計担当:下山が罰金の集計に追われる有り様。
得点の割には、アウトのなり方が悪かった打撃内容。反省しきりです。
今期もはや残り4戦。阿部助監督の帰国に続き、快速元気印:藤井の微笑みの国への異動も控えます。
何とか気を緩めることなく1戦1戦、泥臭く勝利を目指しましょう!
自ら貢献した罰金が、美酒代に代わることを願って!
負け組コメント

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:
敗戦投手:

アタッカーズ   0               0

HR:

オオゼキ   7               7 HR:
勝ち組コメント
1回表アタッカーズさんの攻撃中、負傷者発生によって、メンバーが8人となってしまい 、オオゼキの勝ちとなりました。
負け組コメント

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:長谷川B
敗戦投手:三浦

コンポードー 7 0 5 0 5 0       17

HR:藤澤(2本) 杉本(3本)
  長谷川B

イーグルス 0 0 1 1 0 0       2 HR:
勝ち組コメント
朝から霧がすごく、蒸し蒸しとした中で迎えた、イーグルスさんとの一戦。
先週怪我をした稲葉さんも応援に駆け付け、15名で臨みました。
試合前、岡崎が目の上を切る怪我をしたが、試合に出場。
一回表、広瀬のライト前二塁打でチャンスメイク。
続く、とんかちのセンターオーバーの2塁打で、幸先良く先制。
続くピンク太郎が四球を選び、迎えるは最近ストレスのたまっている杉本。
うっぷんを晴らすかのような鋭い打球がレフトに飛び、3ランHR。
その後、島尾、Hoiming、Jackと連続安打、新居の四球、相手のエラーもあり、一点を追加し、なお満塁で、歯Bがきっちり犠飛。
その後も1点を追加し7点を先制。
その裏の守備。先発歯Bは1番の初球に死球をあたえるも、その後は、落ち着いたピッチングで相手打線を0に抑える。
2回表。負傷岡崎がヒットで出塁するも、最近忙しくて体を動かせていない張監督、良い当たりをするが相手センターの好守に阻まれる。
後続も倒れ、追加点が奪えない。
流れが悪くなりそうな展開であったが、杉本のファインプレー、歯Bの粘りのピッチングで、2回も相手に得点を与えない。
3回表。ピンク太郎、杉本(2本目)Hoiming、歯Bと4本のHRで5点を追加。
その裏の守備。四球のランナーを2塁に置いて、相手が放った打球は、セカンドの横に。
とんかちが追いつくも、最後に打球がイレギュラーし1点を失う。
しかし、その後は後続を打ち取り、最少失点で切り抜ける。
4回表。池尻、河邊と倒れるも、岡崎が2本目の安打で出塁。
張監督が、まともやセンターに良い当たりが飛ぶも、相手センターの守備範囲内で得点が奪えない。
4回裏。歯B、疲れが出てきたのか、相手上位打線に捕まり失点するが、ここでも杉本の好守が有り、最少失点で抑える。
5回表。広瀬、とんかちが連続ヒットで、打席にはピンク太郎。
この日2本目のHRで3点追加。その後杉本もセンターオーバーに打球が飛び、必死にベースランニング。この日3本目はランニングHR。
続く島尾が2塁打。Hoiming倒れるも、Jackがきっちりタイムリー。5点を追加。
5イニングス目に入る歯B。制球が少々乱れるも、相手打線に得点を与えない。
今季初めて6回の攻撃を迎えるが、簡単に3人で倒れてしまう。
最終回の守備。強烈な打球が杉本を襲い、杉本の股間左側を直撃も、根性でアウトにし、ゲームセット。
見事17−2で勝利を収めました。
次戦も、この調子で上位との戦いに挑みましょう!!
負け組コメント
高木さん・水田さんの最終試合と新加入石田さん・加藤タカさんの初戦を勝利で飾れず・・・。
初回表のフランク三浦の立ち上がり、一気に7点先制される。
その裏イ軍の攻撃、5番打者まで回るも結局0点に終わる。
2回はお互い0点で切り抜けるが、3回表またもや相手の容赦ない攻撃に太刀打ちできず5点献上、12-0と大きく離される。
イ軍の攻撃、虎視眈々と次期ジャーマネの座を狙う竹本が出塁し、新加入石田がセンター前に弾き返し1点を返すも、続く加藤タカの当たりは三遊間へ。
しかし、相手ショートの好守に阻まれ3アウトチェンジ。
4回表は0点で抑え、何とか反撃したいところ。
その裏、先頭のフランク三浦が今期初ヒットを放つが、次の水田博士がショートライナー!1アウト。
勢いあまってフランクが飛び出してしまいアウト。一気に2アウトとなる。
続く長谷はライト前ヒット+盗塁、稲場うわぁはセンター前ヒットでチャンスメイク!
ここで、女々しくて鬼龍院丸山とうじょー。
きっちりセンター前に弾き返し、その間に長谷が返り2点目を取る。しかし・・・。
3塁乱コーの水田博士の中途半端な指示で、稲場うわぁは3塁を回ったところでタッチアウトチェンジ。
12対2とするも、その後5回にも5点取られ17-2・・・。そのまま6回でゲームセット。
帰任前の最終戦、勝利で送り出す事が出来ませんでした。
TAKAGINさん、博士お疲れ様でした。

第70期 第14節 3月8日

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:北浦
敗戦投手:谷津
パイレーツ 0 0 0 6 0         6 HR:
ベアーズ 0 3 1 1 2         7 HR:
勝ち組コメント
旧正月を挟んで1か月振りの試合。
10人で臨むはずが、一人来ない。
欠席者は前夜鯨飲の目撃証言もあり、あきらめで9名ギリギリで対戦することに。
初回、薄暗さと風でいきなり守備に乱れが出るが、北浦が落ち着いた投球を見せ、無失点とこの上ない立ち上がり。
先制点と取りたい1回裏の攻撃は、先頭高田がレフトに安打、2番奧山が死球で無死1・2塁の好機をつくる。
しかし、ここで点取りの役割を果たさなければならないクリーンアップが凡退し無得点。
流れを持って来れない。
嫌な予感しかしないが、しかし2回3回と幸運にも無失点で切り抜けてしまった。
相変わらず打線に爆発力は無いが、2回に死球と島の安打で2死1・2塁から高田の2塁打で1点。
続く奥山のレフト前ヒットとエラーで2点を挙げ、3点を先制した。
3回も1点を追加して迎えた4回表、ついに北浦投手が捉まってしまった。
6点を奪われ逆転を許してしまったが、1つ1つアウトを重ねることに注力することができ、6点に抑えたという見方もできると思う。
直後の4回裏、先頭の松澤が左中間に2塁打。やればできる。
トップに返って高田がレフトにヒット、1点を返しなおも無死2塁。
この局面で畳みかけなければいけないところを、後続があえなく凡退。
こういう場面で、しっかり点を取れるようにしましょう。
運命の5回、この回もある程度の失点を覚悟はしていたが、やはり好機をつくられてしまう。
が、なんとドタバタの守備で、思いもよらず本塁を死守。
5回裏の攻撃は、とにかく同点を目指す。
先頭米澤が安打で出塁し、続く鈴木がライトの頭を超えるヒット。
米澤が長躯本塁に駆け込み同点。タイミングが微妙なんだから滑り込めよ。
その後、相手守備の乱れもあり、1死1・2塁で松澤。
思い切りよく振った打球はレフトへ飛び、鈴木が生還。
まだまだこれからという気持ちでいると、時間により試合終了のコール。
8試合目にして今季初勝利は劇的ではないものの、サヨナラ勝ちで収めました。
サヨナラのプレッシャーが無かったから勝てたという気がしないでもありませんが、次回も勝利できるようにがんばりましょう。
負け組コメント
無念のサヨナラ負けから数週間、今回こそ勝つぞと意気込むパイレーツは、いつもどおり大人数の17名で挑む。
1回表:先頭村山が相手エラーにて出塁するも、続く2番併殺。
3番青がDB出塁するが、4番菅原が凡打に倒れ、上位打線が活かせない。
1回裏:今日も先発は安定の谷津。
初回からまとまった制球が続き、相手4番打者を緩急まぜて翻弄、三振に討ち取る。
2回表:四死球での出塁で得点間近までいくも、連続凡打にてあえなく無得点。
2回裏:ツーアウトまで好調にみえたが・・・。
相手打順が一巡し、1番バッターから続けて連打を浴る。
レフト村山が攻守をみせ3失点でチェンジ。
3回表:意外性NO.1男、佐久間が本試合初安打となる2塁打で出塁。
だが後続が続かず、この回もまたしても無得点。
3回裏:これ以上点差を広げたくないパイレーツだが、早めの1点を献上。
だが守備陣の奮闘もあり、1失点に抑える。
4回表:パイレーツ下位打線から上位までが大爆発!
この日最終17番打者だった鈴木健が、会心の2塁打で出塁すると、続く上位打線が6人連続安打。
この回で6得点をあげ、逆転に成功。
4回裏:先頭打者に安打をあびるも、1失点に抑える。
5回表:得点差はわずか1点。投手支援の打撃が期待されたが、中位打線4人で凡退、無得点。
5回裏:ここ1点のリードを守りきれば・・・。とチーム一体となって臨んだ最終回。
緊張の場面が続いたが、最後は相手打者にサヨナラ安打を浴びゲームセット。
■2試合連続のサヨナラ負けに、涙を隠せないパイレーツ。
全体的な貧打が敗因であることは明らか。長い敗戦トンネルを抜け出せるか。

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:高見
敗戦投手:迎

オオゼキ 1 1 4 0 2         8

HR:正木

ブレーブス 0 1 0 0 0         1 HR:
勝ち組コメント
70期第8戦。前回の劇的な逆転サヨナラ勝ちの勢いに乗って、連勝したいところ!
今日は少なめ11人、少数精鋭でブレーブスさんとの一戦に臨みました。
1回表の攻撃は柳沢、寺脇が連続四球。
河村はライトフライに倒れたが、4番高見は粘ってフォアボールで満塁。
正木はサードゴロ、本塁封殺で二死満塁。
ここで根間が、初球をレフト前に先制タイムリー!1−0!
その裏、休養十分の高見は順調な立ち上がり。
三振、内野ゴロで2死を奪い、2安打を許すも、後続をセンターフライに抑えてゼロ。
2回表は、小野がレフトへの二塁打で出塁。
森田は内野安打で1、2塁。
三浦、鳥羽は倒れて二死となったが、1番柳沢がセンター前タイムリーを放ち、2−0!
2回裏は、いきなりソロホームランを浴びたが、内野フライと2三振で後をまとめる。
2−1で追加点が欲しい3回表、河村が内野安打で出ると、高見はセンターオーバーの3塁打を放ち、1点追加。
ここで、5番正木がワンボールからの2球目を振り抜くと、打球はセンターへの綺麗な放物線を描き、スタンドへ!
貴重なツーランホームランで、5−1に!
この後2死から、小野が今日2本目の2塁打を打つと、続く森田はレフト前にタイムリーで6−1!
3回裏は高見が2四球を出すも、またも三振2つを奪い、ゼロにきっちり抑える!
4回表は2死から寺脇が安打で出るが、ゼロ。
しかし、高見は慌てず、その裏も三振 2つなどで0点で凌ぐ。
5回表は、打撃でも好調の高見がレフト前ヒットで出ると、正木が四球を選び、ここで根間は粘りに粘って11球目(数えたスコアラーさんに感謝!)をレフトに2点タイ ムリーツーベース!
この日、根間は3打点!8−1とリードを広げる。
この後、小野が今日全打席出塁となるフォアボール、森田が猛打賞となる3本目のヒットをセンター前に放ったが、この回は2点どまり。
しかし、今日の高見にはこれで十分。
最終回は、この日8つめの(!)三振を奪い、四球を出すも最後は5−4−3(正木−寺脇−森田)の併殺できれいにゲームセット!
投打がきっちりとかみ合い、久しぶりの完勝でした!!
来週はアタッカーズ戦ですが、この勢いで3連勝しよう!
負け組コメント
参加者17名で挑んだ旧正月明けの最初の試合でしたが、打線が振るわず僅か1得点のみで敗北。
ピッチャーが良くなって来ているんやから、やっぱ打って点取らんと始まらへんです。
みなさん、がんばりましょ。

1
2
3
4
5
6
7
8
9

サンダース投手:金塚
カイザース投手:川満

サンダース 3 0 1 1 2         7

HR:

カイザース 3 0 3 1 0         7 HR:寺内
引き分けコメント(サンダース)
本日の試合は、初代ファミスタで言うところのNス ターズ(サンダース)vsフー ズフーズ(カイザース)の対戦。
反則的強打のフーズフーズに、きやらか(注:初代Nス ターズの抑え、左アンダースローで変化球がすごいが全くスタミナがない)・にやむこ(鈍足長打キャッチャー)のバッテリーが大苦戦。
7点を失い、2点ビハインドの5回表、冬眠から醒めた熊さんのヒット→盗塁のコンボに、帰任が決まってしまった監督が、おそらく今期最初で最期であろう素晴らしい2ベースを披露、更に打撃開眼したかもしれない芦田の内野安打がエラーを誘い、Nスターズらしい地味な攻撃で土壇場で同点。
何とか引き分けとなりましたが・・・、なんとも疲れる試合でしたなぁ。
引き分けコメント(カイザース)
本日の相手は、現在無敗のサンダースさん。
今期なかなか波に乗れない我がチームだが、強豪を倒して波に乗りたい!
と、試合に臨んだものの、初回の表に3点を先制される。やはり、甘くないか。。。
ところが、今日は一味違っていましたね~。
本日、1番志願の寺内選手が、目の覚めるような右中間へのツーベースヒット!
後続も粘りこみ、すぐに追いついた。
さらに、寺内選手の次の打席。今度は読みがちのスリーランホームラン!!
今日はお酒の匂い、しなかったよね〜〜。
頭もカラダもキレキレでよく出来ました!!!
結局、結果は悔しい引き分けに終わりましたが、川満さん、粘りの投球お疲れ様でした〜。
次は、またまた強豪のツナーズさん。シラフモードの寺内選手に期待です!!
前回のリベンジを果たしましょう!

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:島尾
敗戦投手:田中

コンポードー 4 6 2 0 2         14

HR:杉本

エンジェルス 1 0 0 0 3         4 HR:
勝ち組コメント
1ヶ月振りの試合で新年明けの初戦(第7戦目)は、エンジェルスさん。
当初、登板予定であったエース長谷Bが体調不良により、島尾がスクランブル登板となったが、3連勝を目指しプレイボール!
1回表、1番広瀬がセンター前ヒットで出塁し、持ち前の走力で、2塁、3塁のスチールに成功。
2番高Sは四球で出塁・スチールし、3番若手新人Jackの綺麗なレフト前ヒットで2点タイムリーツーベースで先制点を獲得!
4番ストレスが溜まっていた杉本の強烈なレフト中段に突き刺さるツーランで追加点。
5番島尾は、四球を選ぶも後続が出塁できずに攻守交代。
1回裏に1点を返された2回コンポードーの攻撃は、繋ぐ野球で塁を埋めて、Jack、杉本のクリーンナップの2連続長打により、一挙に6点を獲得。
ただし、杉本の打ったセンターオーバーは、エンジェルスさんの連携により、惜しくも本塁でタッチアウトとなり、この回は終了。
3回にも2点を獲得し、回を重ねる事に島尾の調子も良くなり、4回裏には、広瀬のセンターオーバーを回転しながら取るというファインプレーも発生(その回は、最年長新人の稲葉が足を痛め、途中交代…今後が心配。)
4回裏より初参加の礼文がサードに入り、サードゴロをそつなく対処。
最終回の守備では、四球、エラー、ヒットで2点を返されるもゲームセット。
この勢いを大切にし、4連勝を目指して、次戦(イーグルスさん)に望みましょう!
負け組コメント
3月初旬♪上旬♪あったかいんだからぁ♪♪♪
今期3勝4敗で迎えたコンポードーさんとの一戦。天使10人で臨みました。
一回表、コンポードーさんの攻撃、初回からがっつり打たれ4失点。
その裏、気を取り直して巻き返したい天使軍団の攻撃、1番先頭打者の片倉はファーストフライw使えない1番w
続くイケメン佐藤は、相手失策の間に出塁。すかさず瞬足活かして盗塁!!!
3番、トール渡邉はセンターフライに倒れるが、4番崎ちゃん監督のレフト前ヒットでまずは1点を返す(‥o??o?‥ )
流れに乗りたい5番、たかちゃんはサードゴロで流れを切るwww
二回表、ドン田中は四球と連続安打を浴び、6失点。
その裏、どうにか追加点が欲しい天使軍団。
6番、ドン田中はセンターへの大飛球も、相手好守に阻まれる。
7番、みやもっちゃんはサード強襲で出塁すると、8番、山田番長は三振www、9番強打者の落合はセンターフライで無得点(´・ε・???)
三回表、ドン田中は安打を浴びるも、上手く打たせて2失点。
その裏、本日初参加の10番、21歳斎藤ピース君は、期待がかかるがピッチャーゴロwww
1番、2番は揃って四球で出塁すると、3番トール渡邉のショーロゴロで1塁ランナーホースアウトも、すぐ盗塁を決めるw
4番、崎ちゃん監督も四球で二死満塁のチャンス!!!!
ここで5番、たかちゃんはかなりいい当たりも、ファースト強襲・・・ めっちゃおしい・・・(????)
結果、この回無得点。
四回表、絶対点数はやれない天使軍団。 味方の好守に助けられ、零封!!!!!
四回裏、この回逆転したい天使軍団!!!!!!!
先頭打者の6番、ドン田中はショートゴロも失策の間に出塁!!!
7番、好打者みやもっちゃんのサードゴロで1塁ランナーホースアウトw
8番、山田番長は、あわやホームランかという打球もセンターフライw
9番、名前は強打者の落合はサードゴロwww
五回表、リアルに点数はやれない天使軍団。
ドン田中は打ち込まれながらも、バックが助けて2失点で切り抜ける。
その裏、10番ピースは四球で出塁!
1番、片倉はショート強襲で無死一二塁!
2番、イケメン佐藤のセンター前ヒットで1点を返す(??ω??)
3番、トール渡邉のライト前で、さらに1点を返し、なおも一三塁!
ここで4番、崎ちゃん監督はレフトフライもタッチアップで1点返上!!!
しかし、5番たかちゃん、6番ドン田中が内野ゴロに倒れ、追撃もここまで・・・
失策がなかったのは収穫だが、バッティングに問題有り。
次戦までに1人1000スイングという課題をクリアし、気合を入れてパイレーツさんとの一戦に臨む(?`?´?)

第70期 第13節 3月1日

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:金塚
敗戦投手:森實
サクラ 0 0 1 0 3         4 HR:
サンダース 8 1 3 1 X         13 HR:稲田 太田 津曲
 橋本
勝ち組コメント
1ヶ月振りの今期6試合目は、鉄人森實投手と強打クリーンアップ擁するサ クラさん。
新人2名にマネージャー良子、応援団長キム兄を加えて総勢19名 と、稀に見る大人数での試合。
お腹ユルユルで調子最悪のエースを援護すべく、初回からサンダース打線が珍しく火を噴く。
稲田がライトへ先頭打者HR、4番太田が弾丸ライナーでセンターに2ラ ンHR、2年目のジンクスに悩む榊原が今期初安打のタイムリー、津曲の2ラ ンHR、 新人岡の初打席ヒット等で8点 を先制。
1回 で3HRなんて、サンダースでは稀に見る光景。
更 に2回、 眠れる獅子、もとい、冬眠中の熊がようやく目覚めたか、絶好調の橋本が「パキーン!」と快音とともに素晴らしい打球をレフトに放つ。
ベンチ全員、そして、打った本人も本塁打を確信して打球の行方を見ていたその刹那、1塁ベースの遥か前で、幼稚園のリレーに出たお父さんばりに、橋本(独身)が足をもつらせて肩からヘッドスライディング。 ホームランなのに。
目覚めたのは熊だけでなく笑いの神もか。
中日宇野のヘッディングに匹敵するであろうサンダース史上最笑の珍プレーをありがとう、そして初HRお めでとう、はしもっちゃん!
守備では新人岡のダイビングキャッチ連発に、エース金塚が今まで見たことない嬉しそうな笑顔を連発、無難に1失点に抑える。
5回 に三村にスイッチ、ファーストに入ったエースがまさかの大胆なエラーをするが、笑顔で「どんまい、どんまい」って。
人に厳しく自分に優しいエースでした。
帰任が相次いでますが、新人・マネージャー加入で着実に戦力アップ!
残り7試合も、ひとつひとつ勝っていきましょう〜♪
負け組コメント
3月の上位チームとの3連戦の初戦。
今日は、リーグナンバーワン投手を擁するサンダースさんとの試合。
旧正月前の4連勝の勢いそのまま??で、挑むこととなりました。
中助監督が欠席の時は負けない不敗神話は継続中で、今日も旧正月休暇中で欠席。
しかし、ナンバーワン投手に対し、チームにも多少の緊張感の影響か・・・
先攻、上位打線は、2番増山キャップのセンター前ヒット以外は、いいところなく0点。
その裏の守り、いきなりの初回先頭打者ホームランを打たれ、初回に8点を失う。
しかし、ここまで大量得点で勝利してきた櫻、このままでは終われない。
2回、3回と得点圏にランナーを出すし、3回にはエース森實・ワンダーボーイ安信の連続2塁打で1点を返し、尚、エラーなどで満塁のチャンス。
ここで、櫻の重鎮ラストバッター玉江であったが、要所要所で相手投手にビシッと抑えられ、1点止まり。。
最終回、5回に相手投手が代わり、ヒット、ファーボール、エラーで3点を返すも勢い及ばず。。。
13対4での完敗・・・・
次は再来週。まだまだ上位の芽はある!次また頑張りましょう!!

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:藤原
敗戦投手:吉冨

ドリームス 1 6 0 2           9

HR:渡部(2本) 船谷

イーグルス 0 0 0 2           2 HR:
勝ち組コメント
新年快楽!!!
第70期新年明け一発目は、イーグルスさん。今日も少な目12名で臨みました。
試合が大きく動いたのは、9対2で迎えた5日の表、SHUHO、バチヲ、組長の3者連続ホームランを含め、SHUHO本日3本目(ソロ・3ラン・満塁)、組長2打席連発、Ferry2打席連発など、6本塁打含む11安打の猛攻で14点を奪うと、その裏の途中で時間切れを迎えてしまう・・・記録は記憶となる。
幻の攻撃により、被害者多数続発し現金が乱れ飛ぶ結果に、勝つには勝ったがすっきりできない夢軍団。
本日の収穫は、組長最長イニング登板!幻含めた10本塁打の猛攻。下位打線の奮起。
スランプ2名は泥沼闇の中・・・。
3月はまだ2試合有り、上位陣との負けられない一戦が続きます、今日は忘れて?次もしっかり勝ちましょう!!!
負け組コメント
曇り空の天光道で、強敵・ドリームスさんとの対戦。
初回、先発半袖タフマン吉富が、先頭打者に目の覚めるような本塁打を叩き込まれ先制を許すも、後続をなんとか断ち切り、テンポ良く行きたいところ・・・だったが、2回の相手の攻撃で、四球、ワイルドピッチなどからランナーをためられ、初回に続き6点、更に3回に2点を奪われる。
反撃に転じたいイ打線は、毎回走者を出すものの、初対戦の相手投手の重い速球と緩急あるボールにタイミングが合わず、3回までゼロ行進が続く。
4回、漸く打線が奮起し、イナバウアーの芸術的な中前安打、丸山監督の左前安打と相手エラー、更にオパ冨安に久しぶりの長打が飛び出し2点を返し、更にランナーをためたところで、ジャーマネ小林のバットに期待が掛かったが、敢え無く三振。
その後の相手の攻撃は、1番打者のこの試合3本目を含めた3者連続弾が飛び出し、大量14点を奪われる散々な結果・・・
記録には残らなかったものの、嫌でも記憶に残ってしまうような悪夢の5回表となってしまった。
ん〜、2015年に入って4連敗、まだ1勝もできていませんが、気を取り直して次戦に臨みましょう!

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:川満
敗戦投手:中島

カイザース 5 1 0 0 0 5       11

HR:白川 阿部 Johnny

ロイヤルズ 1 1 0 0 4 0       6 HR:
勝ち組コメント
1回表幸先良く5点を先制し、その裏ロイヤルズの反撃を受けるも、先発投手川満の落ち着いた投球で最小失点で切り抜ける上々の立ち上がり。
その後、両チーム共に小刻みに点を重ね、6対2と4点リードで迎えた5回裏、粘り強いロイヤルズ打線に4本の長短打とエラーで計4点を奪われ、試合を振り出しに戻されてしまう。
が、同点で止めたのは大きかった。
そして最終回、ここで白川の自らのエラーでの失点を帳消しにする、貴重な2ランホームランで勝ち越しに成功し、さらに阿部、Johnnyにもホームランが飛び出し、この回計5点を奪い試合を決定付けた。
両チーム共に6イニングをコンプリートする締まった好ゲームでした。
また、大事なところで見せた阿豪二塁手、竹内捕手の好守備も大きく勝利に貢献したと思います。
この勢いで次の試合も勝っちゃいましょう!
負け組コメント

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:藤井
敗戦投手:佐藤

アタッカーズ 1 0 1 3 5 0       10

HR:佐藤

ツナーズ 10 7 6 8 1 4       36 HR:小川 松倉(3本)
勝ち組コメント
『藤井、久しぶりのマウンドへ』
70期8戦目は、アタッカーズさんとの対戦。
タイへの移動が決定し、残り参加できる試合が少ない藤井が久しぶりのマウンドへ。
立ち上がりを心配されるが、初回を1点に抑え好スタートで裏攻撃へ。
打順も1番藤井からライト前で出塁すると、2番武藤もレフトオーバーのツーベースで続き、3番小川のライトオーバーのツーベースで2点を先制。
続く4番HR王松倉が、本日1本目のツーランホームランで追加点をあげると、下位打線も繋がり、打者一巡で10得点で攻撃を終える。
気分的に楽になった藤井は、打たせて取るピッチングが安定し、2回を0点に抑える。
2回以降の攻撃も毎回得点で、結果36対10で勝利。
守備では阿部前助監督が抜けたショートを島上がカバーし、好守備を連続するなどピッチャー藤井を盛り上げ、攻撃では3番小川、4番松倉で16打点に、10番Owenも4打数4安打と、上位から下位まで打線が繋がった試合でした。
後半戦もこの調子で勝利を重ね、全員で優勝目指して頑張りましょう!
負け組コメント

第70期 第12節 2月8日

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:島上
敗戦投手:迎
ツナーズ 2 0 6 12           20 HR:松倉 JOE 島上
ブレーブス 0 0 0 0           0 HR:
勝ち組コメント
『阿部助監督の最終戦』
70期7戦目は、ブレーブスさんとの対戦。
ツナーズ纏め役、阿部助監督の最終戦で、1番に起用し4打席を目標に臨んだ一戦。
初回の攻撃は、1番阿部のファーボールと3番砂永のデットボールで出塁し、頼れる4番松倉が右中間へタイムリーツーベースで2点を先制。
エース島上の立ち上りは安定したピッチングで0点に抑え攻撃へ。
2回の先頭は8番下山からレフト前にクリーンヒットで出塁するが、この回は両チーム無得点で3回の攻撃へ。
12番玉田はセカンドフライに倒れるが、最終バッターの直田から連続ファーボールで出塁し、4番松倉の本日2本目のタイムリーツーベースと、5番Joeの右中間へのツーランホームランで6点を追加する。
4回の攻撃は8番下山から下位打線で繋ぎ、満塁で1番阿部に回すが初球デットボールで残念な最終打席となってしまうが、4番好調松倉の場外ホームランや、6番島上のホームランなど打者一巡の12得点で攻撃を終了する。
結果20対0で2試合連続の完封勝利。
阿部助監督の帰国はチームへの影響は大きいですが、残ったメンバーで、また強いチームにして行きましょう!
今までお疲れ様でした。
負け組コメント
勝利2連チャンとは考えが甘かった。
相手主力選手の送別に花を贈る大敗で完封負けのおまけつき。
旧正月明け、気持ちを切り替え頑張りましょう!!

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:藤原
敗戦投手:

エンジェルス 1 2 0 1 1         5

HR:

ドリームス 5 0 4 0 7         16 HR:佐藤(2本) 藤原 
 岡本 船谷
勝ち組コメント
70期折り返しの第7戦、すっかり冬のTKD。
本日も少な目14名で、エンジェルスさんとの一戦に臨みました。
初回、組長の立ち上がり。
反省は先頭打者への四球、やっぱり点に結びつき1点を奪われるが後続は打ち取る。
初回の攻撃、先頭バチヲが7前へ弾くとウッチーが四球でチャンス拡大。
珍しくSHUHOが凡打も、4番たかGレフトへ1本目。
終わらない攻撃は、組長が内外野の間にポテン。
お総裁4ゴロ2アウト、続くFerryに久々の1発が飛び出し更に2点。
ホリエモン、6Eで続くと市助9前にキャメルも四球で満塁。
コップンカー沖登場も、6ゴロで追加点ならず。5点を奪って攻撃終了。
2回の組長、球威十分もポテンヒットを許すと高めの球で被弾…2失点。
さらに満塁のピンチを招くが、2失点のみで踏ん張る。
2回の攻撃はマスケンにナイスヒットが出るも、走塁ミスも有り無得点・・・あきません。
初の3回?組長の投球はまだまだ球威十分!無失点で抑え、攻撃への流れを作る。
3回裏、2番からの攻撃は、たかG2本目・組長アベックで4点追加!
4回表はキャメルへスイッチ。球威十分2奪三振も、自身のエラーも有り1失点。
4回裏、純生にヒットなど塁は賑わすが追加点は奪えず、無失点2回目・・・あきませんあきません。
5回表はSHUHOへ・・・他チームも羨むなんと贅沢な投手リレー?しかしエンジェルスさんの巧打につかまり1失点。
最終回の攻撃となった5回裏、たかGの3打席連発はならなかったが、賑わした塁をお総裁の一振りで4点追加。
旧正月前に合計5本の花火を打ち上げた夢軍団!
次節は3月、前半戦は6勝1敗!後半戦は全勝で!
挑戦者の気持ちを忘れずに、1試合1試合を大切に勝ち抜きましょう!!!
負け組コメント

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:長谷川B
敗戦投手:北浦

コンポードー 9 0 4 4           17

HR:

ベアーズ 0 0 0 2           2 HR:
勝ち組コメント
まだまだ続く寒空のセッキメイ、第6戦目はベアーズさん。
前回試合より少し少なめ13名、連勝狙っていざ勝負。
一回表、1番広瀬が、相手投手の速球を上手く粘って四球で出塁。
2番高S、3番部費滞納太郎は、仲良く死球で1死満塁を作り出す。
やや目を充血(酒?)させてボックスに立つのは4番杉本、しかしここは四球を選んで押し出し先制点ゲット。
続く5番、前日ノンアル新居、しかしここもじっくり選んで押し出し追加点ゲット。
そろそろ快音を鳴らすべく降り立つは、6番MVP男の長谷B、振り抜いた?ひっかけた?打球はサードやや左方向へ飛ぶが、相手サードが打球を弾き、その間に追加点を着実に奪い取る(本人異議申立ても通らず記録エラー…)。
7番島尾は、打ち気を我慢し四球で後ろにつなぐ。
8番ウーイェ、期待に応え綺麗にレフト前ヒット!で更に追加点。
9番新人最年長こと稲葉、波に乗りたいところを速球が厳しいコースに決まり三振→1死。
ここで若手新人Hoiming、思い切り振り抜いたあたりは詰まりながらもセンターオーバー3点タイムリーツーベース!
押せ押せムードの中、左打席に入るは何故か本日半袖Jack、がしかしあえなく三振→2死。
流れを変えるべく、池尻の打球はセンターへ!気持ちよく弾きかえし追加点を奪う。
ラストバッター張監督、四球を選び打者一巡するも、広瀬の打球は相手ショートの好守に阻まれ、攻守交代。
先発は長谷B、四球を出すも寄せ付けない安定感ある投球で、相手打線を抑え込む。
二回のコンポードー攻撃は、得点に結べつけることは出来なくとも、裏の守りで圧巻の投球により、リズムを作る先発長谷B。
三回、先頭島尾ツーベースで出塁、池中四球でノーアウト1、2塁の場面。
稲葉の打球はショート前!ここで2塁ランナー島尾は、ショートへ猛チャージ→1死。
しかし、Hoimingヒットでチャンスメイク!
ここで、前の打席三振の汚名返上すべく、Jackの走者一掃スリーベース!
池尻死球で出塁も張監督、広瀬とセンターフライに倒れ攻撃終了→この回4点。
先発長谷Bは予定の三回を投げ、0封で四回の攻撃へ。
先頭2番高S四球で出塁、3番太郎タイムリーツーベース!
おせおせムードの中、4番杉本の一振り、センター頭上へ弾丸ライナー土手行きかと思われるも、相手の好捕により1死。
5番新居は相手のエラーを誘い出塁。
ここで6番長谷B、チーム一同異議なしタイムリースリーベース!
7番島尾は四球で出塁、8番池中の引っ張ったあたりはファースト真正面!
がしかし、一塁手取れず、打球は島尾の足へと当たってしまう。
審判団の審議へかけられるが、状況を読み込めずベースから離れていた島尾は、タッチアウトを喰らってしまう…島尾にとっては不運が重なる→2死。
流れ悪く、9番稲葉あえなく倒れ最終回へ。
先発長谷B→抑え島尾へのリレー予定が完封目前もあってか、この時誰も気づいていないノーノー(たぶん)もあってか自ら直訴しマウンドへと長谷B。
しかし、相手クリーンナップに死球後のタイムリーを浴び、完封&ノーノー(たぶん)も逃してしまう。
交代を告げる間も無くベンチへ向かう少し寂しげな長谷B。。。
抑えの島尾は球が少々荒れるも抑え込みゲームセット!
内容は各自色々ありますが、良い旧正月を迎え残り試合全勝しましょう!!。
負け組コメント
最近の寒さのせいか、今日も体調不良で2名が急遽欠席。
グランドは試合開始時刻になってようやく明るくなり始めたが、気温も低く、時折冷たい風が吹き付ける中での試合となった。
寒くて体が思うように動かないせいか、打撃は普段より輪をかけて寒かった。
最終回(4回)1アウトまでノーヒットに抑えられ、チャンスらしいチャンスが作れない。
ようやくStephenが3塁打を放ち、1点をもぎ取り4番の仕事をするが、後続が内野安打1本のみで結局2安打4四死球2得点と相手投手陣に完璧に抑え込まれた。
守備で目立ったのは、センターの東森。
スーパーキャッチ1つとスーパーキャッチ未遂が1つで、外野を元気に走り回ってくれました。
次回は1か月後、もう暖かくなる頃だと思いますが、体調に気を付けて次も頑張りましょう。

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:赤沼
敗戦投手:谷津

パイレーツ 3 0 0 0 4         7

HR:

オオゼキ 0 2 0 2 4         8 HR:柳沢
勝ち組コメント
70期第7戦はパイレーツさんとの一戦。
5連敗中、今日は勝って浮上の足がかりを つかみたいところ。
1回表の守りは2週連続でマウンドを守る先発赤沼。
立ち上がりに苦しみ、3連続四死球を献上し、サードゴロの後タイムリー、エラーで3点を失う。
しかし、この後三振、一塁ゴロで追加点を許さない。
1回裏は先頭柳沢凡退後、赤沼は2塁打を放つが、河村、正木が外野フライでゼロ。
2回表は先頭打者にヒットを打たれるが、サード正木のファインプレーと捕手河村の盗塁阻止によってゼロに抑える!
その裏の反撃は、田中が内野安打で出塁。
根間凡退後、好調森川がレフトにヒット。
こ のチャンスに小野がセンターにツーベース! 森川も1塁から還り1点差。
続く谷口は、センター前ヒット。
小野が2塁から本塁を狙うが、パイレーツさんの返球に阻まれ、本塁憤死。
JETは遊ゴロで惜しくも同点ならず。
3回表赤沼はサードゴロ、三振、ピッチャーゴロで三者凡退にリズムを作る。
3回裏は先頭鳥羽がレフトにヒット。
しかし森田三振、石田はピッチャーゴロ併殺でこちらもゼロ。
それでも粘るマウンドの赤沼は、4回表を見逃し三振2つ、四球の後空振りの三振に斬って取り、打線の援護を待つ。
この粘投に応えるべく、4回裏先頭の柳沢は初球をとらえ、センターオーバーへの同点ホームラン!
1死後、河村はレフトにツーベース、4番正木もレフトへのヒットで1、3塁。
5番田中はセカンドゴロに倒れるも、河村が本塁を踏み、逆転!
しかし、5回表パイレーツさんも上位に打線が回り、ヒット、2四球の無死満塁から、2点タイムリーツーベースと2点犠牲フライで4−7と再逆転を許してしまう。
ただこの後は中飛、安打、セカンドゴロで凌ぐ。
5回裏、時間としては走者がたくさん出れば最終回かなという感じの中、森川は遊ゴ ロでワンアウト。
続く小野も遊ゴロだったが、エラーを誘い一塁に。
9番谷口は、フル カウントから今日オオゼキ初の四球を選び、1、2塁。
ここでJETへの2球目がデッドボールとなり、1死満塁!
期待の鳥羽は3−1からストライク、ファールで粘るも、スイングアウトの三振でツーアウト。
もう最終回確定という状況で、森田ははやる気持ちを押さえ、フォアボールをもぎ取る。 これで5−7。
続いて登場の石田はツー ナッシングと追い込まれ、万事休すと思われたが、3球目がなんとデッドボール!
ドヤ 顔で一塁へ。これでついに1点差。
一番に戻って、柳沢は2−1からの4球目をライ トに弾き返す!
JETに続き、2塁から森田が歓喜のホームインでサヨナラ勝ち!!
なんと最終回2死から4点を奪う、8−7の大逆転勝利となりました!
赤沼は5回完投で嬉しい初勝利!
5三振を奪って味方打線に火をつける、勝利に値する内容でした。
打線も最後よくつながり、終わってみれば守備も「あと1点」を与えなかったのが大きかった。
これだけ劇的な試合は久しぶり。3月の連戦もこの調子で行こう!
負け組コメント
前回完敗を喫するも、持ち前の明るさで今試合も意気込み十分のパイレーツ。
前期勝利を挙げているオオゼキから、貴重な1勝をもぎ取りたい。
1回表:パイレーツ上位打線は、相手投手の制球の乱れを見抜き、三者四死球で出塁。
5番Howardが本日初ヒットを運び、初回3点を挙げる。
1回裏:パイレーツ不動のエース谷津が本日も先発。
1被安打も、無失点で切り抜ける好投ぶり。
2回表:先頭飯塚が2塁打で出塁するも、後続が出ず。
加えて、出塁中だった飯塚が盗塁失敗し、3アウトチェンジ。なんと左モモ負傷で、この日は休場。
2回裏:ペースをつかまれた谷津は、2失点から更にピンチが続いたが、センター牛尾の強烈なバックホームにより、本塁ブロックアウトで電撃チェンジ。
3回表:パイレーツ三者凡退!
5回表:パイレーツはこの時点で1点ビハインド。
更に2〜4回と無得点で苦しい状態。 打線は1番からと、チャンスを活かしたいところ。
先頭1番鈴木健のヒット出塁から後続2名が連続四球、満塁のチャンスで4番谷津が2ベースヒット。
自ら2打点を上げ、ここで4得点と逆転。
流れに乗って更に引き離しにかかるが、5番以降続かずチェンジ。
5回裏:2点リードで迎えた最終回。
パイレーツは先頭打者を打ち取り、2番手もショートゴロに仕留めたつもりが・・・青の悪送球で2塁まで進塁献上。
嫌な雰囲気と、余裕のない緊張感がチーム全体を包む。
この後、谷津は本試合初の四球に続き、4被安打と惜しくも崩され、逆転サヨナラ負け。
■勝てた試合だった、との感想がもれる中、しかし全体的な貧打がすべての原因とも。
次戦、旧正月に英気を養い復活を目指す。

第70期 第11節 2月1日

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:島尾
敗戦投手:赤沼
コンポードー 4 0 23 3           30 HR:杉本
オオゼキ 3 0 0 1           4 HR:
勝ち組コメント
ここしばらく出席者が少なかったコンポードーだが、新人5名と出張者2名の計16名と、今期最多人数で挑んだオオゼキさんとの一戦。
1回の表、コンポードーの攻撃。
先頭バッター広瀬がバンドで出塁し、2番トンカチも死球で出塁。
続く太郎がきっちり3番の仕事をし、1点獲得。
続く杉本が四球で出塁し、追加点のチャンス。
歯Bが凡打で倒れるも、後続が粘り、4点獲得し、裏の回に。
先発は、自称エースの島尾。一番バッターをファーストゴロで打ち取るも、ピッチングが安定せず、連続四球に加え、ヒット2本を浴び、3点奪われる。
ヒヤヒヤする中、後続を何とか抑えきり、2回の攻撃。
2回表、追加点が欲しい所だが、残念ながら三者凡退。裏の回、オオゼキさんも三者凡退。
3回表、ここでコンポードー打線が炸裂。
新メンバーのHoimingから攻撃がスタートし、ほぼ全員が出塁し、一挙に23点を獲得。
3回裏、自称エースの島尾からエース歯Bに交代。
さすがエース、死球を出すもきっちり抑えきり4回の攻撃に。
4回表、相手方ピッチャーが変わるものの4点を獲得。
4回裏、歯Bがきっちり抑えるも、センター広瀬の守備位置が前過ぎて、センター越えの3塁打を浴び、1点を奪われてしまうが、後続をきっちり後続を抑えゲームセット。
今日は新人の方も、出張者も、TP元監督も、みんなが活躍した良い試合でした。
次は来週のベアーズさん戦です。
良い旧正月を過ごせるよう、来週もみんな打って絶対勝ちましょう!!
負け組コメント
70期第6戦は強豪コンポードーさん戦。
家族の風邪とか、目覚まし時計の風邪(?)など、色々な理由でメンバーが来られず、まだ暗い天光道に集まった精鋭は、きっかり9 人(+マネージャーさん1名)。試合ができてよかった!
1回表の守りは先発赤沼が粘り、コンポードーさん上位打線を4点に抑える。
裏のオオゼキ反撃は、先頭マグ山田はファーストゴロに倒れたが、2番赤沼、3番河村は連続四球。
4番正木は初球をセンターに弾き返し、1死満塁。
このチャンスに、今季めっぽう勝負強いりんりん田中が、フルカウントから右翼線に走者一掃の二塁打を放ち、4−3!
5番根間は初球を狙うも、惜しくもファーストライナー。
続く小野は8球粘ったが、三振に倒れる。
2回表は、赤沼が快調に内野ゴロ3つを打たせ、正木、根間が軽快にさばいて、3社凡退!
しかし、2回裏オオゼキもお付き合い。
ジャンボ、ジェット、マグが3者凡退。
3回に入ると、2四死球と2安打で失点、セカンドゴロをジェットがきっちり処理し、1死は取るが、ヒット、フォアボール、エラーでここまで5失点。
ここからヒット、四死球、内野守備の乱れもあり、結局この回23失点・・・。
3回裏は、赤沼が四球を選んだが、河村、正木が凡退。
5番好調田中が、今日2本目の二塁打をライトオーバーに打つが、根間が還せず、この回ゼロ。
4回表は根間が登板。
レフトによく打球が飛んだが、ジャンボの奮闘もあり、この回は2点に抑える。
最終回4回裏は、小野内野ゴロの後、ジャンボ森川がセンターオーバーの3塁打!
ジェ ットの内野ゴロで還り、1点返す。
しかし、山田が粘って四球を選ぶも、赤沼三振で試合終了。。。
3回を除けば好ゲームでした。
次はすぐ来週、パイレーツ戦が来ます。勝って、明るく旧正月を迎えよう!

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:金塚
敗戦投手:

サンダース 2 0 4 2 1         9

HR:太田

ロイヤルズ 0 0 0 0 2         2 HR:
勝ち組コメント
肌寒い天光道にて迎えるは、試合巧者ロイヤルズさん。
AかBかCかはっきりしないけど、3人もいるサイトウの一人が本日卒業ということで、最初で最後の1番ショートサイトウ、2番 ファーストサイトウ、3番DHサイトウのサイトウ三連星で望んだ試合。
初回、最終試合となる1番中山サイトウが四球、2番ホンハムサイトウがライト前ヒット、3番ボンドサイトウが送りバントのような内野ゴロでチャンスを作ると、5番太田がツーベースを放ち、サイトウ二人のホームインで先制。
3回 も、中山サイトウのヒットを足掛かりに、4番稲田のタイムリー、太田のライト場外への特大HR等で4点を追加。
4回は、好調橋本のフェンス直撃ヒットや、新人芦田のタイムリーで2点。
下位打線の気合で無事3打席が回ってきたチャンスを生かすか、中山サイトウ!?
香港最終打席で放った当たりは、キレイな放物線を描き、本人含め全員が「おおっ↑」となるが、滞空時間を経て落ちてきた打球は、ネットではなく、ガコンとフェンスにあたり、一同「おおっ↓」だけど、ナイススライディングで再び「おおっ↑」の3ベース。
ボンドサイトウのショートゴロに、判断良くホームに帰る素晴らしい走塁も見せ、本日全打席出塁の3得 点と有終の美を飾った。
エー ス金塚は、完封を前にした最終回にHRを浴びて完封を逃すが、10奪三振の危なげないピッチング。
しかし、あの失投の球は一体何だったのか?
今期は不思議な球がちらほら出るエースでした。
中山サイトウさん、また香港戻っておいでね、ジョイギーーーーン!!
負け組コメント
リーグNo.1ピッチャーがいらっしゃる、サンダースさんとの一戦。
チーム内にも緊張感が漂い、全員いつもにも増して真剣な表情。
1回立ち上がり、2失点。投球内容は決して悪くなく、打線に期待!
3番監督能見さん、左中間への3ベース!
2アウトランナー3塁、ぜひ1点でも返したい場面。
続く4番中島さんは、残念ながら三振。しかし、今日は良い勝負ができるのでは?!
丸山さんから、ひとつひとつのプレーに対し、ベンチでもフィールドでも指導が入ります。
2回、丸山投手が0点に抑える。ロイヤルズは出塁をするも、遠いホームベース。
3回、相手に本塁打を浴びてしまう、、4失点で計6点のビハインド。
守備でもうすこし投手を盛り上げたい場面も。。
反撃開始したいところですが、相手投手の低めに徹底されたピッチングの前に、打線がうまくつながりません。この回三者凡退。
4回、投手中島さんへ交代。2アウトまでは順調ですが、そこからの1アウトが遠い…。
2点追加点を失ってしまいます。相手好投手に打線は依然抑えられてしまいます。
最終5回、丸山・中島両投手の粘りのピッチングに応えたい打者陣。
3番能見さんヒット、この試合初めてのノーアウトでの出塁。
続く4番中島さんは三振。このまま終わってしまうのか、、
しかーし!5番赤石さん、2ランホームラン!!
リーグ指折り好投手からの2ランで沸くロイヤルズ!2点を返します。
結果はこの2点のみとなりましたが、今季で一番チームがひとつにまとまっていた良い試合だったと思います。
決して悪い内容ではありませんので、今後乞うご期待!

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:川満
敗戦投手:谷本

アタッカーズ 2 1 6 1           10

HR:古川

カイザース 21 6 0 7           34 HR:
勝ち組コメント
前週の大敗を払拭するべく臨んだアタッカーズ戦。
初回表に2点を先制されるも、直後の1回裏早速打線が大爆発。
打者1巡の21得点で、はやくも試合を決定づける。
特にアポー・ジョニーコンビの強打は、相手ピッチャーを追い詰める要因となった。
アウトカウントを積重ねる場面でも、犠牲フライで必ず得点に繋げることが出来たのも大量得点の原因となった。
その後、守備面での脆さから毎回得点を許すも、カイザースも攻撃の手を緩めること無く攻め続けて34-10の圧勝。
3者凡退が一度あったことは反省して、次戦もこの勢いのまま臨みましょう。
もちろん最低ラインは残り全勝!
負け組コメント

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:森實
敗戦投手:三浦

イーグルス 1 0 0 2 0         3

HR:

サクラ 5 0 3 5 6         19 HR:
勝ち組コメント
リーグ戦7戦目は、5位争いをかけてイーグルスさんとの戦い。
相手は前監督の最終試合とあって、モチベーションも高い。
一方、こちらも今期初全員参加の17名で臨む。
またもジャンケンで負けて後攻となり、紅一点・近藤マネから「私、じゃんけんも強いんです。今度代わりにやります?」と言われる監督。只今、ジャンケン連敗街道まっしぐら。
初回、一点を先制されるも、一回裏イケメンショーマ四球の後、久々出場の増山キャップがショート内野安打で繋ぎ、今期初の3番Mikeは相手の野選を誘い無死満塁。
ここで、眠れる獅子・四番清野は、何を勘違いしたかピッチャーフライでインフィールドフライ・アウト宣告。
おいおい、と言う雰囲気の中、五番名シェフ小山は見事期待に応えてレフトオーバーの三塁打。
チーム内打点王争いで清野を逆転。
続く夜の帝王ウッチーは、技ありのライト線二塁打で小山を返し、そのウッチーを監督がお手本のようなライト前で返して初回5点ゲッツ。
二回三回と順調にエース森實が相手打線を抑え、追加点が欲しい三回の攻撃はミッキー山本、御大玉江、新人西山の三連打の後、トップのイケメンショーマが、首位打者は渡さんぞとばかりにレフト横に快心の当たり。
ところが、夜と同じで欲張り過ぎてサードタッチアウト。相手の出方をよく見極めようね、ショーマくん。
エース森實、四回に2点取られるも、今日は腕がよく振れて球も走る走る。
今の櫻は、取られたら取り返す。
帝王ウッチーから始まる打順だが、下位打線も好調でバンカー城戸、迷シェフ安信の連続タイムリー等で5点追加。
最終回も上位打線で6点を稼ぎ、終わってみれば18安打19得点の大勝利。
みんな好調をキープしてる中、一人低空飛行の眠れる獅子・清野。
そろそろ起きないと四番から落ちちゃうよ!
次戦は強豪サンダースさん。
トーナメントと同じように、ガッツリ勝っちゃいましょうね!と、まだまだ優勝を夢見る櫻戦士なのでした。
負け組コメント
『才木前監督の最終戦を勝利で飾れず・・・』
才木前監督の最終戦となったこの日は、SKMグランドでサクラさんとの対戦。
そんな日に限って、主力メンバーの病欠・怪我などにより、オパ冨安が三塁、半袖タフマン吉富が右翼を守ることに・・。
初回、早速2番いぶしの銀ちゃん・長谷が粘って四球をもぎ取り、笑みを浮かべて一塁へ歩く。
すかさず盗塁を決め、この日の主役の3番才木が右方向へのタイムリーで先制。
しかし後続が倒れ、初回は1点のみ。
本日の先発はフランク三浦。ベテランらしい味ある投球を見せるも、味方守備の乱れもあり4点を奪われ逆転を許す。
反撃にうつりたいイ打線も、本日は前回試合同様不発・・・。
2回、3回を3人ずつで切ってとられ、勝機を見出せない。
4回からは半袖タフマン吉富がマウンドに上がるも制球が定まらず、相手打線に追加点を奪われてしまい、終わってみれば3-18の大敗。
才木前監督は、2打席目も詰まりながらも、しぶとい安打を中前に放ち、この日2打数2安打。
派手さはなかったものの、「次の打者に繋げる」というチームプレーの大切さを感じさせる活躍を見せてくれた。
丸山新体制になってから、7試合を3勝4敗と借金生活に突入したものの、才木前監督の意思を受け継いで、必ずや「勝ち越しAクラス入り」を目標に掲げ、旧正月後の試合もチーム一丸で乗り切りましょう!
才木さん、お疲れ様でした!!

TOPページ >>第1節〜第10節 >>第11節〜第20節 >>第21節

(C) Copyright is reserved by HONG KONG SA Men's AA LEAGUE