AAリーグ第71期 スコアボード

TOPページ >>第1節〜第10節 >>第11節〜第20節 >>第21節〜

第71期 第20節 4月10日

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:長谷川B
敗戦投手:
アタッカーズ 6 0 5 6           18 HR:
コンポードー 11 7 5 4           27 HR:Jack
勝ち組コメント
本日の先発は監督のセクシ。
エースの島尾が帰国してしまい、エースで4番の長谷川に頼るしかない状況。
この危機的状況と、調子に乗りまくっている長谷川のビックマウスを黙らせるためにも、早急な対策が求められる中で臨んだ一戦。
初回、先発のセクシはコントロールが定まらず四球・押出・ヒットで5点を献上。
残念ながらここでピッチャー長谷川に交代。
交代を告げられた瞬間、長谷川の口元が微かにニヤける(1回目)
代わった長谷川は1点の追加点を許すものの、ノーアウト満塁のピンチを見事に切り抜ける。
その裏、1番廣瀬、2番河合、3番関の連打で2点を返し、尚もチャンスで4番長谷川。
ここは冷静に四球を選び、続く5番JACKが見事3ランホームラン!!
その後も池中、新居、西村、稲葉と打線が繋がり打者一巡の猛攻で見事逆転に成功する。
続く2回表、長谷川は相手打線を0点に抑える安定のピッチングを見せる。
2回裏の攻撃で7点の援護を得たところで、3回表の守備からマウンドには期待の新人サウスポー/河合がマウンドへ。
エース島尾がチームを抜けるタイピングでの加入となり、新たな勝頭としての期待がかかる。が、やはり初マウンド。緊張感も重なり、中々ストライクが入らない!
しかし、ここはキャッチャー池中の的確な助言で徐々にボールがまとまりだし、なんとか6失点で凌ぐことに成功!
続く4回表のマウンドにも引続き河合が登板。
なんとか流れに乗ってもらいたいところだったが、コントロールがまとまらず6失点したところでピッチャー長谷川に交代。
(やっぱり俺しかいないな、と言わんばかりに長谷川の口元がニヤける(2回目))
ここも長谷川がビシっと抑えて勝負あり。
打撃、ピッチング共に長谷川におんぶにだっこ状態になってきているので投手陣の奮起を期待したい!!
負け組コメント

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:田中
敗戦投手:北浦s

エンジェルス 9 4 15 0           28

HR:佐藤(2本) 木原 崎川
 渡辺

ベアーズ 3 0 2 0           5 HR:Stephen
勝ち組コメント
エンゼルス打線爆発で2戦連続の爆勝!
投げても田中―石本の継投できっちりベアーズさん打線を抑え込むことができた。
初回先頭の佐藤がお約束のバックスクリーンネットを揺らすと、続くシブもチーム打率上位に食い込むヒットで出塁(本日10割)、片倉は四球を選びチャンスで4番中込が打席に入る。
強打エンゼルスの要、監督中込の調子が上がらない。
力んだ当たりでセンターフライに倒れた。
しかし途切れず木原が右中間に特大HRを叩き込み、吐田、石本連続ヒット、ヒデは四球を選びなおもチャンスが続く。
崎川セカンドフライに倒れるも、オッパ、大介、ヨッシーの連続ヒットで着実に得点を重ねていった。
本日初参加の若松は気持ちのいい3スイングの空振り三振(OK!)で、この回一挙9点を奪い幸先のいいスタート。
初回守備はエラーがらみで3点を許すが、エンゼルスのドン田中の好投が光り3点で抑えた。
2回勢いを止めないエンゼルス、田中、佐藤、澁谷、片倉と連続出塁のチャンスで4番監督中込、期待がかかるがここも力んだフライで凡退に終わるも犠牲フライで1打点。
監督の調子が上がらない。
吐田は会心のヒットで続き絶好調、他が続けず4点にとどまるも試合を決めるには十分な追加点。
3回、打者一巡13人の猛攻で15点を叩きだす。
先頭ヒデが初のユニフォーム参戦で右中間を両断し盛り上げる。
オッパ&大介&シブも本日10割の大活躍でクリーンヒットで盛り上げると意表をついたヨッシーのバント奇襲、崎川&大介のHRで大介は打率トップに躍り出た。
好調佐藤もセンターネットを揺らして本日2本目で試合を決める。
3回裏からエース石本が登板、雨の中2失点で切り抜ける好投。
1-4-3のナイスゲッツーも心地いい。
4回攻撃&守りと雨がつづき大きくゲームが大きく動くことは無く、ゲームセット。
チーム平均打率は5割を超えるエンゼルスだが、勝率もなんとか5割に戻したい!
今日のベアーズさんの好投手からヒットを打てたことを自信に次試合につなげましょう!
負け組コメント
総勢18名で主力選手3名を送り出した前節の試合から一転して今節の参加者は10名。
守備位置を大幅に入れ替えた新生ベアーズはエンジェルスとの対戦に挑みました。
1回表エンジェルスの攻撃、先発北浦は立ち上がり、先頭打者にいきなりセンターに被弾。
その後もコントロールは安定していたものの、逆に単調になったところを狙い打たれ、初回3被弾でいきなり9点のビハインドを背負う。
取り返したいベアーズは1回の裏、先頭熊谷が5失で出塁すると、布村、北浦、Stephenが3連続2塁打、更に川島がレフト前で続き3点を返すが、鈴木、Jungが内野フライ、青山5ゴロで追い上げられず。
2回表にも4点を失い、その裏の攻撃は金光三振、角田6ゴロ、先頭に還って熊谷がレフト前で出塁するも、布村レフトフライで無得点。
迎えた3回表には再びエンジェルス打線に捕まり、雨による中断を挟んで、今期ワーストの一挙15失点。
3回裏の攻撃は、四球の北浦を塁に置いて4番Stephenが左中間に意地の一発。
しかし続く川島、鈴木、Jungがいずれも内野ゴロに倒れて2点止まり。
4回表をようやく三者凡退で切り抜け最終回へ。
先頭の青山が四球で出塁するが、金光の5ゴロはダブルプレーに、角田が5内野安打で出塁するも、最後は熊谷が5ゴロに倒れ、5-28の大敗となった。
厳しい結果となりましたが、これからが今期の踏ん張りどころ。
残り4戦、ベストを尽くして戦うのみです!負けるなベアーズ!

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:藤原
敗戦投手:森實

サクラ 0 0 0 0 2         2

HR:清野

ドリームス 3 0 4 0 X         7 HR:佐藤(隆)
勝ち組コメント
71期第9戦、強豪サクラさんとの一戦に新人山下(清)を加え夢軍団15名で挑みました。
先発、組キャプの立上り。先頭打者にライト前に抜けようとする当たりを打たれるも、ファーストタカGジャンプ一番好捕にて1アウト。
次打者には8前に弾かれ、3番は抑えるも4番にレフト前を打たれピンチ拡大。
しかし、5番を三振に切って取り0封でのスタート。
その裏の攻撃、先頭バチをはライトフライで1アウト。
2番キョギをは、右中間への3塁打で先制のチャンスメイク。
3番角太、3塁線への2塁打で1点を返す。4番タカGレフト前で、さらに1点。
5番組キャプも続き、レフトへの強烈な2塁打で3点目。
副キャメルDBで続き、押せ押せの場面も・・・市助詰まったセンターフライ。
初参加の清はショートゴロで3点止まり。
2回から4回までの組キャプは相手に付け入る隙を与えず、パーフェクトピッチング!キレキレです!!!
一方夢軍団の攻撃は、2回はを総裁四球の後、好調さとまのライトオーバーの2塁打、純生四球にて満塁のチャンスを作るも、頼みの下位打線、テコン・きーやん・ちゅんたに今日は1本が出ず0点・・・。
3回は、ますけんのレフト前に始まりバチを・キョギをの連打。
タカGの今季7本目も加わり、4点を追加。
最終回の5回表、組キャプが相手4番に特大のホームランを打たれ、1アウト後に副キャメルへスイッチ。
先頭打者に四球は許すも、後続を2者三振に抑えゲームセット。
決して楽な展開では有りませんでしたが、しっかり勝利を収めました。
残りはあと4試合、一つも気が許せる試合は有りません!
更なる気合いとコソ練で勝利をもぎ取りましょう!!!
負け組コメント
今日は優勝候補ドリームスさんとの一戦。
エース森實復活で勢いに乗りたいところだが.....
初回、監督の小山、不動の4番清野が単打で繋ぐも、得点には至らず。
守りは初回、2、3番に連打打たれ、4番に1発、3点を献上。
3回にも連打連打で合計7点を奪われる。
最終回、3番増山の意地のツーベースで流れを変え、4番清野、これまた意地のバックスクリーン上段に飛び込むツーランホームランで2点返すも、反撃はそこまで。
気づけば三振、三振で、8つも奪われました。えぇ、いいピッチング、恐れ入りました。

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:島上
敗戦投手:金塚

ツナーズ 3 0 0 1           4

HR:松倉 島上

サンダース 0 0 1 0           1 HR:
勝ち組コメント
ついにやってきた強豪サンダースさん戦。
元ツナメン、ツナマネからも応援メールが入り、いつも以上に気合の入る11人のツナメン。
初回表、先頭武藤が追い込まれながらも技ありのライト線への2ベース。
続くJOEの打席で武藤が3盗を決め、更に5ゴロの間にホームイン。
続く3番松倉、4番絶好調島上と連続HRと好投手から幸先よく3点先制。
その裏、HRで乗りにのる島上は3者凡退に抑える上々の立ち上がり。
2回表、先頭下山が綺麗な9前ヒットで出塁。
続く富山はセーフティーバントが決まりノーアウト1、2塁のチャンス。
続く河野は7球粘るが3振。
10番松永、良い当たりをするもファーストの正面ライナー。
11番直田、3振に倒れチャンスを生かせず。
しかし下位打線も次に繋ごうという意識、食らいつく姿勢。
その裏、ピンチを迎えるも0点で抑える。
3回表、1番からの好打順も3者凡退…。
その裏、連続2ベースヒットを浴び1点を失う。3対1とまだまだわからない。
続く4回表、先頭島上がレフト前ヒット。
5番OWENの5ゴロでランナーで入れ替わる。
6番玉田の打席でOWEN両足スライディングで気迫の盗塁。
玉田ピッチャーゴロの間に3塁へ。
7番下山の5ゴロでOWENが猛然とホームへ突っ込み相手のフィルダースチョイスを誘い貴重な追加点を挙げる。
その裏、島上は2つの四球を出すが無失点で切り抜ける。
この回の途中、怪しかった雲行きがついに悲鳴をあげ途中中断となる程の大雨。
ここで終わってもいいと思うツナメン…。いや、むしろ終わって欲しい…。が、再開。
気持ちを切り替えて。5回表、10番松永4への内野安打。
1アウト後、トップにかえって武藤が右中間を抜ける3ベースヒット。走攻守3拍子揃ってる!!
続くJOEも8前のヒットで追加点。
2アウト後、島上が7前ヒットでダメ押し。この回3点を追加。
その裏、再びの大雨となり時間切れ。
ツナメン全員が最後まで集中力を切らさずに大きな大きな1勝を挙げました。
ベンチの雰囲気も最高です。
次は首位ドリームスさん戦です。頑張るしかないですね!!
負け組コメント
71期もいよいよクライマックスに入り、大一番を迎えるサンダース。
対戦相手は前期リーグ優勝の強豪ツナーズさん。
勝負は少ないチャンスをモノに出来るかどうか。
本日が最終試合となる橋本選手を4番ファースト に起用し、リベンジに燃えて試合に臨む。
初回エースの立ち上がりを攻められ、2者連続本塁打を浴びるが、3失点で切り抜けると、その後の2・3・4回には立て直し、追加点はフィルダースチョイスの1失点のみに抑える。
ファースト強襲ライナーを橋本選手が好捕すれば、セカンド津曲キャプテンもダイビングキャッチのファインプレーでチームを鼓舞する。
一方、反撃を期待する打撃面では、John・植中・簀戸選手の3安打1得点に抑えられ、チャンスをモノに出来きずに停滞。
土砂降りの雨の中で一時中断を挟み再開して迎えた5回、相手に3点追加されたその裏、4番橋本選手からの打順で、ここから一気に逆転だと盛り上がると、またまた雨が激しく降り出し中断。
結局時間切れで雨天4回 コールド負けという結果に。。。
天気と同様、悔し涙の橋本選手最終試合となってしまいましたが、試合終了後、土砂降りをもろともしないベースランニングを敢行して頂いた橋本選手。
常にサービス精神旺盛なプレーで盛り上げて頂き、ありがとうございました。
また必ずどこかでお会いしましょう。

第71期 第19節 4月3日

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:藤原
敗戦投手:川満
カイザース 4 3 1             8 HR:成田
ドリームス 1 7 3             11 HR:佐藤(隆) 中村
勝ち組コメント
71期第8戦。難敵カイザースさんとの一戦に夢軍団13名で挑みました。
初回組キャプの立上り。先頭打者に強烈なショートゴロを打たれると、きょぎっしーが弾き先頭打者を塁に出す嫌な展開。
制球の定まらない組キャプに襲い掛かる相手打線・・・あれよあれよと4点のビハインド。
すぐに追いつきたい夢軍団の攻撃は、好調ワルヲ・キョギヲの一二番コンビが敢え無く凡打。
久々登場、角太はしっかりセンターに弾き出塁。
4番タカGは、センターオーバーの2塁打で1点を返す(流石です)。
5番ホームランの欲しい組キャプは、強烈なショートゴロで1点止まり。むむっ。
2回の組キャプ、やはり制球定まらず早くも5個目の四球を許すとたまらずクローザーお総裁を投入。
2三振を奪う快投も、ヒット・エラー四球を絡められ3点を奪われ6点差の苦しい展開。
その裏の攻撃、先頭副キャメはレフト前でチャンスメイク、を総裁レフトフライで1アウト。
好調さとま、大根ギリの打球はセンターフェンス直撃の2塁打。まずは、1点を返す。
ここから繋がる夢軍団の下位打線!!!
テコンがライト線にポトリと落とすと、き〜やんのショートゴロは相手セカンドのエラーを誘う。
純生止めたバットで1塁線を破り、ちゅんた三振で2アウトも、ますけん執念のレフト前(これがデカかった!)。
先頭戻って、ワルヲがセンターへしっかり弾き返すと、キョギヲも続いてレフト線への3塁打。
角太三振で攻撃終了も、7点を奪い見事逆転!!!
3回表、組キャプ再度マウンドへ!制球は戻り1アウトを取るも、相手三番に強烈な一撃を喰らう・・・。
同点となるも、同点で踏ん張る。
1時間コールを過ぎたおそらく最終回の攻撃、先頭たかG。2球目を捕えた打球は滞空時間の長い場外ホームランで勝ち越し!
続く組キャプ、レフト線へ強烈な2塁打+W.Pで3塁へ。
チャンスに副キャメは右中間にとどめの一発をかまし勝負あり。
を総裁が続き、さらに長い攻撃を予感させるも、さとまは凡退。
続くテコンの打席で1時間15分コール。勝ち確定!狙いは・・・。
想定通りの、6-6-3(ちゃリーン)(爆笑)。
本当に厳しい試合でしたが、底力を発揮全員で勝ち取った勝利だったと夢軍団一同ご満悦。
まだまだ厳しい試合が続きますが、この勢いで全勝キープ!頑張りましょう!!!
負け組コメント
上位キラーのはずのカイザースとしては、Top3から一つは勝ちたいと望んだ試合。
初回は先頭ヒロのショート強襲エラーから大出のヒットで繋ぎ、3番周のセンター前で先制点と思いきやキャッチャーのブロックによりホームに触れていないとアウトの判定??
バックネット裏からでもブロックを上手く避けて触っているかと。(コリジョンルールを提案します。)
しかし4番赤坂がパワー対決に粘って四球で満塁、川満のセンター前で今度は2点先制!!
ここから相手ピッチャーは動揺か?疲れからか?三連続四球で押し出しでさらに2点を追加。
1回裏も強打ドリームスの上位打線を1点に押さえピッチャー川満も上々の立ち上がり。
2回の攻撃も四球から流れが来たかに見えたがドリームスさんは「ピッチャー俺」リリーフ登場。
スローボールを操る老獪なピッチングにカイザースとしては数年前に見た少し嫌な記憶が、、、
案の定 四球、エラー、ヒットで3点追加も相手のテンポであっさり攻撃が終わってしまう。
この段階では6点差になり少し勝ちが見えたかと思い始めた矢先の2回の裏のドリームスさん、下位打線になるも次から次へとライン際にポトリ、一塁線のファール疑惑もヒット、また内野の頭の上をポトリとヒットを重ねられ、気がつけば7点取られいつの間にか逆転され追う展開に。
3回は時間的に最終回になりそうな所にドリームスさんは、再度エースの登板。
疲れを癒しまた切れの良い速球が復活した相手に、ホームラン期待の赤坂も打ち取られる。
しかし続く部下成田!上司の仇とばかりにライトオーバーの会心の弾丸ライナーがネットを揺らし起死回生の同点打に今日一で盛り上がるカイザース!!!
同点で最終回のドーリムスさんは4番の強打者、一発だけを避けたいところだが渾身の投球も非情にも見事なレフト場外弾。そしてもう一本見事なツーランで万事休す。
ヒット5本で7点と好投手からカイザースらしく点を取った辺りは残り全勝に向けて繋がるか。
それにしても今回のっぴきならない事情により欠席のT内さんが気がかりです。
(ソフトの為なら仕事の出張でも断る彼が旅行で欠席とはだれと一緒だったのでしょうか、、、)

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:高見
敗戦投手:迎

ブレーブス 4 0 0 3           7

HR:

オオゼキ 2 3 15 6           26 HR:山田(2本) 河村(3本)
 鈴木
勝ち組コメント
やっと春らしくなった香港、朝の濃い霧も晴れ始めた天光道グランドは汗ばむ陽気。
4年の間活躍したイチローのラストゲームとなったブレーブスさんとの一戦は、オオ ゼキ後攻にてプレーボール!
初回の守りは1死満塁のピンチを迎え、ここでライトへのタイムリー。
しかし、ライ トカリギュラの好返球で2人目の生還を阻む!
その後、死球、ヒット、パスボール、ワイルドピッチで結局4点の先制を許す。
その裏は2者凡退後、3番マグナムの1打席目は天光道のネットを突き破るような左中間への弾丸ライナーのホームラン!
続く監督もセンターに連続アーチをかける!
2回表タカミーは、サード亀井の好判断によるゲッツーもあり、三人で切り抜ける。
2回裏はDGM四球のあと、コータローがレフトスタンドに美しい放物線を描く一発を放ち、同点!
出塁率抜群のジローが追い込まれながらも粘ってフォアボールを選ぶと、カリギュラも粘ってフルカウントからレフトにツーベースを打って逆転!
亀井にもヒットが出たが、イチローの痛打は惜しくもサード正面でこの回は3点どまり。
しかし、タカミーはライトゴロも含む3者凡退で流れを呼び込み、これが3回裏の猛攻を生む!
2番バットウサイヒットのあと、3番マグは初球を綺麗にさばいて、強烈なセンター前安打!と思いきやセンターファンブルの間に2塁をおとしいれるナイスバッティング&好走塁!
このチャンスに4番河村は左中間に2打席連続のスリーランホームランを豪快に放ち、まず3点!
振り逃げなどで1、2塁となったあと、コータローがヒッ ト、パスボールで1点。
ジロー四球、ゾロも四球を選び押し出し。
カリギュラの安打で2者が還り、亀井の一打がエラーを誘って迎えた満塁のチャンスに、伝統のユニフ ォームで緊急参戦のピストン三原がレフト前タイムリー!
続く1番イチローは自らの最終戦を飾るレフトへのヒットで2者を迎え入れる!
1死後、3番マグは初球をセンターに運ぶツーベースで見事に猛打賞!
4番河村は完全に「狙って」入った打席だったが、なんと本当にこの回2本目、今日3本目のホームラ ンをセンターに放り込む!
タカミーも乗り遅れまいとヒットを放ち、DGMのツーベースでまたも1点追加。
ということでこの回15点!!!
4回表は3点を失ったが、タカミーは3三振を奪う!
最終回の攻撃はジロー、ゾロ連続ヒットでついに全員安打達成!
相手の守備の乱れもあり2点を取ると、亀井がツーベース、そして三原もセンターにツーベースを放ち1 点!
イチローの香港最終打席はセンターへの大飛球となったが、惜しくもグラブに収まりツーアウト。
しかし、バットウサイがヒットで繋ぎ、本日4打席目のマグはセンターへこの日2本目の超特大ホームラン!
4本目を狙った監督の一打は、打った瞬間いったか!と思わせたがフェンス直前で失速し、レフトフライ。
ゲームセット。 ということで、26−7の快勝!
イチロー惜別に6本の花火が上がりました。
三原さん、ありがとうございました!
また、ワインとギターとオオゼキを愛する男、イチローおつかれさま!
このまま勝ち続けるぞ!
負け組コメント
これまで1勝のみで連敗続きで、そろそろ勝利が欲しいと意気込んで試合に挑む。
1回打線が繋がり4点先取だが、良かったのはそこまで。
3回裏にはエラーが重なり一挙15失点、サンエイ時代を思い出す悪いところが出てしまい結果大敗。
試合にエラーは付きものですが、凡ミスはいただけません。
気を引き締めなおして頑張っていきましょう。

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:吉冨
敗戦投手:佐久間

パイレーツ 3 0 2 1           6

HR:青

イーグルス 7 6 2             15 HR:稲場
勝ち組コメント
3連勝と破竹の勢いを見せるイーグルスが迎えるシーズン7戦目の相手はパイレーツさん。
初回表の守備、先発遠藤憲一は先頭から二者連続のフォアボールでランナーをためると、3番打者にスリーランホームランを打たれいきなりの3失点。
ただ、しっかりと腕が振れていた今日の憲一は、気持ちがやや落ち込みつつも、鋭い速球を低めにおさえ続け、気づけば初回は3三振!
さて、いきなりのビハインドでも今のイーグルスには重くない3点、その裏の攻撃、リードオフマン加藤タカが四球からの盗塁でノーアウト二塁とすると、続いて本日2番に入ったKATSUの三遊間を破るレフト前ヒットの間にタカがホームインしてすぐさま1点。
さらに3番稲場うわぁは前回の試合失念からの名誉挽回とばかりにバットを鋭く振り抜き、放たれた打球はレフト頭上を越えて見事なツーランホームラン!
笑顔で稲場うわぁを迎えたメンバーが心に思ったことは一つ、「次の試合もちゃんと忘れずにきてね!」
さて、攻撃の手を緩めてはならないところ、4番監督の四球から、6番Daisukeのセンターオーバーのツーベースでもう1点。
そしてフランク三浦とオパがしっかり四球を選んでツーアウト満塁で回ってきたCliff。
ツーストライクと追い込まれながら、しぶとく二遊間後方に落ちるポテンヒットで2点追加。
さらには「あけましておめでとうございます」で朝の挨拶が始まった久しぶりの出場、大砲・石田もしっかりと内野手の間を抜けるヒットで、初回終わってみれば7得点。
これで波に乗ったイーグルス、2回表を憲一が粘り強く抑えたこともあり、2回裏の攻撃、先頭じゃーまねがエラーで出塁すると、ラストバッター憲一はきれいなセンター返しで、下位打線とはいえ着実に回すバッティング。
続く先頭加藤タカがセンターオーバーのツーベースでランナーをしっかり返すと、KATSU、稲場うわぁの連続四球で迎えた監督は、4番打者らしい強烈な打球で三塁線を破って2得点。
「丸山はお前だけじゃないんだぜ」と続く5番ノブも鋭いセンター返しでさらに2得点で、初回に続いて6点を挙げるおせおせムード。
十分すぎる味方の援護射撃もあり、ピッチャー憲一は制球に苦しめられながらも速球で要所要所をしっかり締め3回表を2失点で抑えると、裏の攻撃はランナー2人を自らのツーベースで返す活躍。
最後は二塁手・石田の華麗なグラブさばきによるアウト二つもあり試合終了。
これで今年に入って負けなしの4連勝!!
次戦は欠場メンバーが多く苦しい試合が予想されるも、今の勢いと着実な試合運びを武器に勝利をものにしたいところ!
負け組コメント
前試合までで帰国組が7人抜けたが、新人4名の入部で計17名参加で迎えたイーグルス戦。
現在3勝3敗、ここで勝ち越したい試合は先攻でスタート。
1回表:先頭根本、2番SAMが四球を選びいきなりのチャンス。
ここで3番監督青が見事なライトオーバーの3ランホームランで3点先制。
しかし後続は四球1個をはさみ3三振と追加点ならず。
1回裏:エース不在のパイレーツ、先発は今期初登板の佐久間。
先頭を歩かし盗塁を決められた後にレフト前安打であっさり失点。
続くバッターには2ランホームランを打たれ早くも同点にされる。
緊張感からかその後も四球、安打で追加点を取られ初回7失点。
2回表:ツーアウトから新人吉富がサードエラーでランナーに出るも後続が続かず無得点。
2回裏:2番手高橋をマウンドに送るが、相手打線の勢いを止められず、味方のエラーもありこの回も6失点。
3回表:先頭高橋が四球で出塁。その後1アウトとなるがパスボールとワイルドピッチで3塁へ。
続くHOWARDも四球を選び1アウト1.3塁とチャンス。
ここで新人三谷はショートゴロ、2塁ホースアウトの間に3塁ランナーホームイン。
2アウト1塁となるが続く新人南はセンターへクリーンヒット。
1塁ランナー三谷の好走塁で1,3塁となり、続く新人寺田も二遊間を破る安打で追加点。
この回は新人の活躍で2得点。
3回裏:3番手新人の吉富初登板。緊張のなか2失点と三振1個を含めまずまずの好投。次期エースの予感!
4回表:2番からの攻撃だが、三振、セカンドゴロと早くも2アウト。
続く遠藤は4番の意地を見せ右中間越えの3塁打。
2アウト3塁から打撃好調の小泉の打席でパスボールがあり3塁ランナーホームイン。
小泉は四球を選ぶが後続が続かずゲームセット。終わってみれば6対15の大敗。
イーグルスさんの勢いを止めることが出来ませんでした。
バッテリーが転勤、帰国で不在の中、安定した投手の育成が急務であるが、やはり打線が寂しすぎる。
しかし新人の活躍が好材料であり、今後大いに期待したい!

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:中島
敗戦投手:天野

ロイヤルズ 0 4 1 0 5 0       10

HR:疇地 大井

アタッカーズ 1 1 1 0 1 4       8 HR:紅林(2本)
勝ち組コメント
優勝に向け、絶対に負けが許されない大事な一戦。
初回、畦地選手の痛烈な右超えスリーベースも後続が続かず、無得点。
先制点を許した二回に猛打が炸裂する。
赤石選手が四球を選び、大井選手、渋谷選手がヒットで満塁のチャンスを作る。
ここで早川選手が同点、小高選手が右前に勝ち越しタイムリーを放つ。
なおも、二死満塁のチャンスで、この日監督として初戦を迎えた、木俣監督の内野ゴロエラーの間に二者生還。この回、一挙4得点。
3回には畦地選手のランニングホームランで1点追加。
4回は両チームの固い守りにより無得点。
5回ロイヤルズの猛打が再び爆発する。
木俣監督、八武崎選手がヒットで続き、畦地選手のツーベース、4番白杉選手のタイムリーヒットで2点追加。
締めくくりとして、大井選手が放った打球は、美しい放物線を描いて、レフトスタンドへ吸い込まれていった。
この回、合計5得点で勝負は決した。
6回に相手打線の反撃に合うが、後の祭り。
球威、キレを最終回まで維持した中島投手。
終わってみれば、6回4奪三振の完投勝利であった。
打線が目立つ中、木俣監督、早川選手の好捕がチームにいい流れをもたらしたことは過言ではない。
また、後、単打が出ればサイクルヒットであった、畦地選手は猛打賞を飾った。
初陣を飾った木俣監督に笑顔はなく、次戦を見据え、厳しい表情で球場を後にした。
負け組コメント

第71期 第18節 3月20日

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:川満
敗戦投手:中
サクラ 0 0 2 8           10 HR:小山
カイザース 2 4 5 16           27 HR:寺内 鈴木(2本) 成田
勝ち組コメント
大勝の
なかに寂しさ
中(さん)帰任
負け組コメント
小雨が降る中、友好的チームの古豪カイザース戦。
今回も、エース・4番に中助監督。 1,2回と櫻の攻撃を0点に抑えられる一方、エース中は打たれ、2回までに6点を献上。
3回表、小山監督の2ランホームランでようやく2点をもぎ取るも、握力がなくなってきたエース中の制球も乱れ、その裏に5点をとられ9点ビハインド。
万事休すと思いきや、4回表にようやく櫻打線が開花し、打者一巡の猛攻で8点を奪取。1点差!
その裏、来期の第2,3ピッチャーを育てるべき、監督も覚悟を決めMikeをマウンドへ。
但し、やはりそう簡単にもいかず、ド乱調で内容最悪。
3アウトもとれず、惜しくもイニング途中で大沢投手へ交代。
見事、5球程度で打者を仕留めようやくゲームセット。
次戦は今期優勝候補のドリームス戦。
一人ひとり課題を持って試合に臨み、来期に向けて着実に頑張りましょう!

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:金塚
敗戦投手:丸山

サンダース 0 1 3 1 2 2 5     14

HR:

ロイヤルズ 1 0 0 0 0 1 0     2 HR:
勝ち組コメント
「那須・岡選手、ラストゲーム!!」
リーグ第9戦は、波に乗ると止められないロイヤルズさん。
この日17時のフライトで帰国する我等が「燃えろサンダース・那須選手」が先頭打者でプレイボール。
初球を打ち損じショートゴロ、全力疾走の那須選手。
1塁ベース手前で阪神/平野を彷彿させるヘッドスライディング!!と思いきや、1塁過ぎての魂のヘッドスライディング(決して足が絡んだのでは有りません。)。
最後の打席は残念でしたが、サンダースへの貢献度は計り知れません。ありがとうございました。
さて、この日の試合は先攻サンダース。
1回こそ無得点だったものの、2回以降は前節にに続く上位・下位打線の若手選手の活躍が目立ち、毎回得点、終わってみれば大量14点(若手7名で9安打7得点、7打点でした)。
71期前半は調子低迷していた津曲キャプテンにもここ数試合当りが出だしてきました。
投げては金塚投手が頻繁に笑顔で「独り相撲や、ごめんなさい。」発言あるものの、いつも通りの安定したピッチング。
浜中監督曰く「まだ涼しいこの季節、4回以降も余裕があるからの発言」だとの事でした。
守ってはショート岡選手のいつも通りの堅実なプレーもあり、危なげない試合展開となり終わってみれば、那須選手、岡選手のラストゲームを14-2の大勝利で飾ることができました。
那須選手の勝負強い打撃、岡選手の堅実な守備、2名が抜ける穴は大きいですが、若手中心に盛り上げていき71期優勝目指して、これからも1戦1戦大事に戦っていきましょう。
負け組コメント
木下監督、國分さんの引退試合に花を添えられるか!?
2人の引退を惜しむように小雨が降る中、リーグ屈指の好投手を擁する強豪サンダースとの決戦。
初回、キレキレの丸山投手のピッチングが冴えわたる。
宮本選手の好守備もあり、三者凡退に抑える。
その裏、木下監督の絶妙なバントヒット、盗塁という足技で相手投手を翻弄、畦地選手が右前安打でつなぎ、この日4番に座った國分選手の一ゴロ間に貴重な先取点を奪取。
4番としての重責を果たす1打であった。
2回も丸山投手のピッチングは冴えわたる。
しかし、早川選手の懸命なダイビングキャッチも及ばず、同点打を打たれてしまう。
好投を続けていた丸山投手も3回以降、相手打線に捕まり、毎回得点を奪われてしまう。
5回、4番國分選手の気迫溢れるヘッドスライディングで内野安打。
赤石選手の左前安打で繋ぎ、宮本選手の相手失策を誘う二ゴロの間に1点を返すも、反撃はここまで。
2人の引退試合を飾ることはできなかったが全体的に引き締まった試合であった。
最後、ホームベース付近で胴上げされた両選手の笑顔が、雨上がりの昼空を彩ったのが印象的であった。

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:
敗戦投手:天野

アタッカーズ 0 0 0 0 1 0       1

HR:

オオゼキ 0 4 0 4 4 X       12 HR:
勝ち組コメント
負け組コメント

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:藤原
敗戦投手:谷津

パイレーツ 1 0 0 1 0         2

HR:

ドリームス 3 5 5 8 5         26 HR:渡部(2本) 木村 佐藤(隆)
 市川 元村(2本)
勝ち組コメント
71期第7戦きすけ・きみえさん最終戦。
パイレーツさんとの一戦に助っ人1名を加え夢軍団12名で挑みました。
先発組長の立上り、先頭打者の打球はセカンドきすけのもとへ!
せっかく追いつくも、しっかり一塁へ冒頭で幸先よく納金。
ピンチで2アウトまで耐えるも、タイムリーを浴び、1点を先制される立上り。
その裏の攻撃、1番助っ人SHUHO振りぬいた2球目はレフトスタンド中段へ突き刺さる先制パンチ、同点。
続くきすけは力んでセカンドフライ。
3番バチをは、3試合連発まであと少しの2塁打でチャンスメイク。
4番タカG初級をセンターはるか後方上段にぶち当てて逆転。
5番組キャプ、レフト線への強烈な打球も敢え無くエン2に。
6番副キャメ3フライで2アウト、続く市助ピーゴロで3点どまり。
2回の組長、ランナーは許すも0失点でピシャリ。
2回の攻撃、久々登場MTも8フライでワンアウトも期待の持てる内容。
を総裁が、四球で出塁するも、さとまが9フライで倒れ2アウト。
しかし今日の下位打線は繋ぐ・・・テコンが強烈なセンター返しでを総裁を返すと、純生・マスケンに連続タイムリー、1番戻って助っ人SHUHO2打席連続スリーラン・・・。
これが1年ぶりにバットを握った人なのか?
きすけは期待に応えてセカンドライナーで納金対応が続く。
3回も組長無失点、4回はを総裁を挟みエラー絡みで1失点、5回は副キャメで無失点。
一報攻撃陣は、きすけ・市助・MT×2本と4本塁打を浴びせるなど26安打の猛攻で大量26点を奪った。
12人中9人が2安打以上、助っ人SHUHOは4打数4安打・・・。
MVPは香港初登場の帆南(はんな)ちゃ=渡部家第一子。
試合の消化が遅い夢軍団は、ようやく7戦目を終了。
上位陣との試合が続く中、気掛かりなのは部員数。
4月の新人獲得に向け、みなリクルータ−活動お願いします!!!
最後になりましたが、きみえさん、香港生活本当にお疲れ様でした!日本でも会いましょう!!!
By 夢軍団
きすけ、歴代最短異動選手?かもしれないけど、また香港戻って一緒にプレーしましょう!!!
SHUHOさん、またお待ちしております・・・。
負け組コメント
前試合に続き谷津、金子、飯塚、野田、計4人の送別試合も兼ねたドリームス戦。
勝利で見送りたいところであるが、相手は強豪チーム。
パイレーツは助っ人も入れ18名参加。先攻でスタート。
1回表:本日ラストゲームの先頭野田がセカンド内野安打で悪送球も誘い2塁へ。
続く飯塚は相手投手の速球に三振。
3番谷津の打席でパスボールがあり、1アウト3塁のチャンス。
谷津はセカンドゴロに終わるも3塁ランナーホームインで1点先制。
1回裏:先制するも先頭打者本塁打であっさり同点にされ、その後もツーランを浴び3点を取られ逆転される。
2回表:先頭近藤、続く青と四球を選びノーアウト1,2塁。
期待するSAMは相手の速球に見逃し三振で1アウト。
続く打撃絶好調の小泉は痛烈なセンター前ヒットで満塁のチャンス。
しかし後続の根本、菅原と内野ゴロ、内野フライに倒れ追加点ならず。
2回裏:2アウトからヒットとスリーラン本塁打で5点追加される。
3回表:先頭打者向井がレフト前ヒットで塁に出るも、後続は三振、内野ゴロ、三振で相手好投手に抑えられる。
3回裏:相手の打線は留まることなく、連続安打、スリーラン本塁打、ソロ本塁打とこの回も5点追加。
4回表:助っ人軍団で2安打と相手エラーも誘い1点追加。
しかし相手好投手に打線はつながらず1点のみ。
4回裏:ラストゲームのピッチャー谷津に相手打線は容赦なく襲いかかり、安打、2塁打を重ね、ランニングスリーラン、ツーラン本塁打を含めこの回8点奪われる。
5回表:先頭打者は最後の打席となる谷津。四球を嫌いボール球にも手を出し闘志を見せるが結局四球。
続く金子も最後の打席。緊張と力みもあったか相手投手の最高の低めの球に手が出ず三振に終わる。
後続も内野ゴロ、ライトフライに倒れ、万事窮す。
試合は決まったが時間の関係で5回裏に入り、更に5点追加され試合終了。
終わって見れば相手チームは7本塁打を含む26点。やり過ぎでしょ!!!
試合結果は忘れて本日最終試合となった谷津さん、金子さん、飯塚さん、野田さんを最後に胴上げしてお見送り!
本当にお疲れ様でした!本当にありがとうございました!
パイレーツはこれで3勝3敗の5分。
次回試合以降残りのメンバーで勝ち越しを目指し頑張りましょう!

第71期 第17節 3月13日

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:三浦
敗戦投手:迎
ブレーブス 2 3 3 1           9 HR:細尾
イーグルス 4 0 5 1           10 HR:鈴木K
勝ち組コメント
2連勝で迎えたシーズン5戦目、勝ってさらに波に乗りたいところ。
初回表、先発のフランク三浦はストレートがなかなか決まらず、四球でためたランナーをヒットで返され、2点ビハインドの苦しい立ち上がり。
ただ、初回裏の攻撃、相手ピッチャーの制球も乱れたところを逃さず、リードオフマン加藤タカとCalvinがしっかり四球を選ぶと、ワンアウトから監督とノブも連続四球で押し出し。
さらには遠藤憲一の痛烈なセンター返し、KATSUの四球、樫本のレフト前ヒットと、一挙4得点で逆転に成功。
「取られたら取り返す」現在の攻撃スタイルが形になった初回であった。
とは言うものの、ピッチャーフランク三浦は引き続き制球が定まらず、2回表も同様にフォアボール→ヒットで若干流れが乱れた結果、3点を失い逆転を許すシーソーゲームに。
初回と同様にバットで流れを取り戻したいイーグルスだが、2回裏の攻撃は、ワンアウトから、今朝まで酔拳の特訓をしていたために遅刻したオパと、Calvinが四球で出ると、Daisukeのセンター返しで満塁。
迎えるは我らが4番・監督。
カウントを重ねて振り切った打球は痛烈に三遊間を抜ける!
。。。かと思いきや、相手サードの見事な横っとびに阻止され、あえなく無失点。
さらにはその直後の3回表では、相手の強烈なバッティングもあり3点を献上し、8対4と逆に点差を離される展開に。
唯一の救いは、最早お馴染みとなりつつある三塁手・監督からの5-4-3のダブルプレーがきれいに完成したことぐらいか。
(ちなみに監督、二塁手・樫本、ともに人生初のダブルプレー!)
ただ。。。稲場うわぁはどこにいったーーーー!!
さて、「どうしてもこのタイミングで追い上げたい」というのが、口にせずとも皆の心にあった3回の裏。
先頭のノブと憲一が粘って四球を選び、回ってきたのは、坊主頭と童顔と俊敏性で、否が応にも高校球児のパワフルさを期待させる7番・KATSU。
鋭く放った打球はぐんぐん伸び、そのままレフト頭上を越えるスリーランホームラン!(これも人生初!)
それでもまだ1点ビハインドな状況に、酒の匂いを漂わせるオパは冷静に「気持ちを切り替えなきゃダメだ!」と8番・樫本を叱咤激励して送り出すと、そんな期待に応えるようにきっちりと今日2本目のレフト前ヒットで出塁。
Cliffが三振に倒れるも、10番・じゃーまねは大砲を温存して意表をつくセーフティでチャンスを広げると、ラストバッターオパが四球を選び、満塁で回ってきた先頭打者加藤タカ。
甘く入ったボールを痛烈に弾き返し、左中間フェンス直撃のツーベースで2人返して逆転に成功!
このまま守り切りたいところだが、これまで毎回複数得点を許しているだけに若干不安も残る。。。
そこはしかしベテランピッチャー三浦、投球を一転してチェンジアップ主体に切り替えたところ、相手先頭にツーベースとされながら、続くバッターをライト・Cliff(初守備!)へのフライでワンアウト。
センター深くへのフライでツーアウト目にタッチアップで得点を許すものの、最後はきっちりライナー性の当たりを遊撃手・加藤タカが(自称:盛り上がる、監督曰く:大袈裟な)ジャンピングキャッチで、見事1点だけの失点で同点止まりとして攻守交代。
こうなるともう止められないのが今のイーグルス。先頭Daisukeが我慢して四球で出塁すると、監督、ノブの安定した連続安打でノーアウト満塁。
とにかく転がせば何か起こる、という場面で6番憲一はしっかりとセカンドへのゴロ打球。
これを相手セカンドがファンブルしている間にDaisukeがホームインして試合終了。
四球をしっかりと選びつつ、低い打球を飛ばして無駄にアウトカウントを献上しない、粘り強い野球が連携を生み、見事な3連勝!
試合を重ねるごとに強くなる団結力で、このまま一気に勝ち続けたい!
負け組コメント
今日の対戦相手はイーグルスさん、何とか勝利したい一戦だが、監督・助監督不在、そのうえ開始直前まで人数不足で不戦敗となりそうだったが、なんとか11人集まり試合開始。
1回表、幸先良く新人宅間のタイムリーで2点を先取、がその裏、投手迎がまさかの四球連発で4点を取られる。
2回表下位からのスタート8番東海林がヒットででると、9番細尾がこれまでに見たことの無い完璧なスイングで弾丸ライナーの打球はレフトオーバーのホームランで2点。
さらに10番丸川がヒット、11番吉田が四球で繋ぐと、今日絶好調の2番西郷のタイムリーで3点目、あっさり逆転する。
その裏、サード細尾、守備でもキレッキレで投手迎をたすけ0点に抑える。
さあ追加点と意気込む3回表、5番宅間の俊足3塁打から打線が繋がり3得点し突き放す。
勝てるかもと思った瞬間、そうは甘くはなかった。その裏に大量5失点。1点ビハインドに。
それでも4回表、何とか1点を?ぎ取り同点。
このまま5回表の攻撃に繋げたかったが、4回裏に再びつかまり無死満塁に。
そこで1時間30分経過、勝ちは無くなったが何とか同点で終わる為に内外野ともに前進守備でバックホーム体勢をとる。
打球はセカンドへボテボテのゴロ、4-2-3のゲッツーっかとセカンド名手満がやってしまったファンブルでサヨナラ負け。
負けてしまいましたが、でも大丈夫。ナイスゲームだったと思います。
特にホームラン、センター前ヒットに守備でもダイビング連発の細尾選手が大覚醒。
また西郷選手の振りも鋭くなり3打数2安打と好調、東海林選手もしぶとい打撃で2打数2安打と活躍。
次の試合が楽しみな我がブレーブスです。

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:崎川
敗戦投手:高安 前田

エンジェルス 0 14 8 1 4 14       41

HR:石本 中込 田中 佐藤
 木原 渡辺 川村

アタッカーズ 2 0 0 0 0 1       3 HR:大里
勝ち組コメント
エンジェルス全員安打で見事快勝!
エンジェルス創設者にして育ての親、香港のトンネルを全て堀った男といって過言は無い、香港暦40年の歴史を誇る「松樹道一」の送別試合であった。
投げては崎川、田中のリレーで完璧なピッチングで松樹道一の引退試合に花を添えた。
初回、大歓声の中先頭で打席に立ったのは主役の松樹。エンジェルスベンチは大盛り上がり。
しかしココはいい当たりもショートライナーに倒れ、後続も続けず初回はゼロ封に切られる。
初回裏、投げるは久々の投球となった崎川。先頭打者にHRを食らう試合の行方を不安にさせる立ち上がり。
さらに一点奪われるもバックがきっちりと守り後続をなんとか切った。
初回攻撃はかみ合わず、守りも先制を食らう、若干「あれ?!」という立ち上がりだったが、ここからエンジェルス打線・守備がシンクロ。
2回、先頭打者は「松樹親分とは数十年規模のエンジェルス仲間」、田中だった。
結論から言うと、今日のMVPは田中に与えたい。
打っては5の5に1HR。投げては3回自責点0。完璧な形で松樹の引退試合を盛り上げたのだ。
松樹&田中の60代コンビが大暴れ。
田中は先頭でセンター前にクリーンヒットをはじくと、続く佐藤もフェンス直撃、澁谷が四球を選び、ヨッシーはライト前へ、木原も鋭い当たりでレフト前、続く渡辺もショートを襲う強襲ヒット。
宮崎が三振で倒れワン呼吸。満塁にして打席は川村、会心の一撃グランドスラムで完全に火をつけた。
この日川村はスタメンマスクもかぶり、崎川・田中を好リードする影の立役者でもあった。
さらに後続もランナーをためて打席には2回目の松樹、ここはきっちり四球を選んで出塁。
石本サード強襲の強烈な当たり、酒井はサードEでしぶとく出塁、そしてここで4番監督中込。
「わき腹を痛めるケガをしていたが関係ない」と引退の道一に捧げる特大HRをプレゼント。
ここからが引退試合のすごさ、続く田中が数年ぶりのHRをセンターに叩き込み、次打者佐藤もライトネットを揺らして、中込&田中&佐藤の3者連続HR。
この回14点をたたき出し試合を決定付けた。
3回も一切攻撃を緩めないエンジェルス打線。
木原から始まり、渡辺、松樹、石本、酒井、中込、田中、佐藤がヒットを放ち、8点の追加点。
4回も吉田がライト前にクリーンヒットを放つと、後続木原もつないで1点を追加。
5回先頭は塩沢。レフト方向に2塁打を放ち、続く主役の松樹はしぶい当たりで全力疾走、内野安打でさらに盛り上げる。
石本がライトスタンドにたたき込むHRで松樹を歩かせるクールな仕事。
中込、田中、佐藤、澁谷と続いてさらに追加点。
6回最終回と思われる中、なんとか松樹に回したいエンジェルス打線の先頭は木原。
ライト方向宣言打ちのHR、続く渡辺もバックスクリーンに運び、2者連続HR。
打者全員ヒットの期待がかかる宮崎から待望のレフト前が放たれ、塩沢・崎川と続いて続くバッターは道一。
40年間お疲れ様でした、通算打席数ではおそらくリーグ記録クラスでしょう、最後の松樹道一の打席である。
緩めのストレートを見事芯でとらえてライト前にクリーンヒット。しっかり見納めさせていただきました。
松樹のヒットに続いてさらに打者9人がヒットを放ち、この回も14点と牙をむいたエンジェルス打線。
結果は41対3。松樹の引退試合ということもあり、ベンチの盛り上がりは最高潮。
長い歴史を松樹とともに作り上げてきた田中も大活躍。
激動の香港の歴史を作り上げてきた松樹道一にリスペクトの思いを乗せて、最高の胴上げで締めくくり!
松樹さん、本当にお疲れ様でしたっ。
負け組コメント

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:島上
敗戦投手:島尾

コンポードー 2 0 0 2           4

HR:長谷川B

ツナーズ 5 0 3 0           8 HR:島上(2本)
勝ち組コメント
今日は高橋の最終戦。自ら熱望し4番キャッチャーでスタメンの高橋。有終の美を飾れるか?!
対するはコンポードーさん。
初回の守り、相手4番にツーランHRを浴び先制を許すも、初バッテリーの呼吸はなかなかなもの。
その裏、1番砂永四球、2番玉田センター前、3番松倉サード強襲といきなりノーアウト満塁のチャンス!
ここでバッターは4番高橋。…が、ストレートの四球、押し出しで打点1。
続く5番JOEは倒れるが、6番島上、見事満塁弾。
後続は続かずこの回は5点をあげ逆転に成功。
2回表、島上はピンチを迎えるもゼロで抑える。
その裏の攻撃はあっさり4人で終了。少し疲れてきていたキャッチャー高橋、休む暇がない…。
3回表、四球、四球、三振、三振、三振と正に独り舞台(笑)。
途中からキャッチャー高橋からピッチャーへの返球がワンバンドになり始める。ついに限界か…。
その裏、ノーアウト3塁のチャンスで迎えた高橋の2打席目。レフトへの犠牲フライで1点を追加。
5番JOEがヒットの後、6番島上が2打席連続のHR。これで2試合連続×2と絶好調!
4回表、ついに高橋自らキャッチャー交代を申し出、いつものJOEに戻る。
しかしリズムをつかめず、相手上位打線につかまり2点を許す。
その裏、高橋にもう一度打席を回そうと意気込むツナメン。
しかし、先頭10番江藤はあっさり(やっぱり?)ショートフライ。
続く河野、直田のベテラン勢は四球を選ぶ!
1番に戻り砂永はおしい当たりのセカンドゴロ。
2番玉田はショートゴロで3アウトと高橋まで回らず、残念!
ボソッと的をついたコメントを発する高橋さんの一言で笑い、和む事も多かった気がします。
帰任後もツナーズを忘れないで下さいね。
残ったツナメンの皆さん、帰任された方々の分まで頑張って行きましょう!
負け組コメント
今年は異常気象か!と思わせる、この時期にあり得ない寒さの中で昨年の王者ツナ―ズさんとの一戦、この試合が最後となる我がチームのエース島尾の為にも負けられない試合だが、相変わらずのジャンケンの弱さを露呈したセクシ監督により先攻スタート。(最近先攻ばかり・・・・)
一番関がフォアボールで出塁し、3塁まで盗塁で進み、3番島尾の内野ゴロの間にノーヒットで効率よく1点!
その後今期打撃絶好調の歯Bが、左中間に打った瞬間それと分かるホームランで2点先制、さい先よくスタートしたが・・・
裏の攻撃、最後の登板に緊張したか?島尾のピッチングが安定せず、ランナーを溜めての満塁弾などで5点を取られ逆転。
2回は両軍ともに0で終わったが、3回裏の相手方の攻撃で、またもランナーを溜めの一発を浴びてしまい3点追加の2対8の厳しい状況。
ただ島尾の最後の登板を、このまま終わらせる訳にはいかないこの試合、監督(セクシ)が気合いのフォアボールで出塁し、続く関もレフト前ヒットで1,2塁。
高江須の内野ゴロの間にランナーが進塁し、本日の主役エースで3番の島尾登場!
初球高目のボール球に空振りし、打てる気しない空気が立ちこめた、中先程の空振りが嘘のような、1,2塁間を破る強烈なライト前ヒットにより2点を返し、なおもクリンナップに繋がる場面。
しかし流石昨年の王者、4,5,6が抑えられ攻撃終了。
裏の守備は立ち直った島尾がきっちり抑えたが、時間切れでゲームセット。
一昨年から目覚ましい成長を見せ、コンポード−のエースとなった島尾の最終戦を、勝利で飾る事は出来なかったことは非常に残念ではあるが、皆が強敵を相手に、何とか勝とう望み、皆が一丸となれた試合だったと思う。
これからの試合も、常に皆の気持ちを一つにし、残り試合を全勝して上位に食い込める希望としたい。
島尾、ありがとう。日本でも頑張れ!

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:藤原
敗戦投手:北浦

ベアーズ 1 1 0 0 0         2

HR:

ドリームス 0 4 3 2 X         9 HR:下鉢 市川
勝ち組コメント
71期第6戦ぽっぴーの(不在)・パルナス最終戦。
ベアーズさんとの一戦に新人バンバンを加え夢軍団15名で挑みました。
先発組長の立上り、先頭を三振に仕留めるも2番打者に右中間を破られる。
2アウトとするも、4番に真ん中のチェンジアップを合わされレフト前へ。
1失点でその裏の攻撃へ。
1番パルナス力んでピーゴロ、2番バチを力んでセンターフライ。
3番キョギヲ、力んでサードゴロ。見事な三者凡退。
2回の組長、2アウトまでこぎつけるも最後にタイムリーを浴び、2点のビハインド。ムムム・・・。
2回裏、先頭タカGはDBで出塁、5番組キャプBで続く、6番副キャメショート強襲・・・6Eにて1点を返す。7番角太ファーストゴロで1・3塁。
8番市助Bにて満塁。9番を総裁犠飛にて同点。10番さとま、ツーストライクと追い込まれるもセンター返しで逆転に成功。
11番き〜やんBで続き、12番テコンがこれまた追い込まれてからの強烈なセンター返しで更に1点。
さとまの本塁TOは想定内・・・。
3回表、下位打線を相手にしっかり0失点にて流れを作る。
3回裏、純生見逃しK(ちゃリーン)。14番マスケン意地のライト前。15番バンバン見逃しK。
1番戻ってパルナスの最終打席は、本塁打まであと少しの3塁打。
バチをにホームランが飛び出しその後に満塁のチャンスとなるも副キャメ凡退にて、3点で終了。
4回も、組キャプ3者凡退にて裏の攻撃へ。
4回裏、遅刻の市助に本塁打が飛び出し2点追加もさとま・き〜やんの連続見逃し三振にて一気に潤う夢軍団懐事情。
5回は副キャメにスイッチ。1時間15分コールを受けた最終回。
先頭に四球は与えるも、結果3者凡退にてゲームセット。
先制は許しビハインドの展開も、きっちり逆転きっちり抑えたナイスゲーム!
全員で調子を上げてこれから迎える上位との対戦にしっかり備え、しっかり勝利を掴み取りましょう!!!
ぽっぴーの・パルナス!日本に帰っても夢軍団をお忘れなく!
そしてお疲れ様でした!!!(涙)・(涙)・(涙)
負け組コメント
季節はずれの寒風吹きすさぶ石z尾。
10年にわたりベアーズに貢献した山口選手、不動の切り込み隊長であり外野守備の要東森選手、そして今期ここまで全イニング扇の要に座り続けた大塚選手。
今日は主力3選手の送別試合となってしまいました。しかも相手は今期無敗の最強ドリームス。
最高の舞台で3選手を送り出すべく、東京から駆け付けたOB清水さんと新加入の宮内さんも加え、ベアーズは今期最多の18名で送別試合に挑みました。
1回表ベアーズの攻撃、先頭の東森はボールを見極めながら粘るが最後は際どいコースに決められ三振。
しかし続く三澤が右中間へ見事な2塁打でチャンスメイク。
北浦遊撃ゴロの間に3進し、続くStephenは三遊間を抜いて1点を先制!
更にStephenは2盗から相手の隙をついて一気に3塁へ。
押せ押せムードで5番大塚は打ち気十分ながら残念、四球で出塁。
続く山口は惜しい当たりながら相手ショートの攻守に阻まれる。
ベアーズ先ずは初回に1点を先制。
その裏、先発北浦は気合十分。1、2番を討ち取り、続く3番打者のライトファールフライに布村がダイブ。
届きはしなかったがこの試合が特別であることを示す気合のプレー。
最後は痛烈なライナーをサード熊谷がグラブで叩き落し、初回を三者凡退で切り抜けた。
続く2回表、先頭の清水がセカンド内野安打でチャンスメイク。
布村1ゴロの間に2進し、熊谷が三振で倒れるも、続く川島はレフトへ会心の当たり。
清水が2塁から激走し追加点。鈴木は三振に倒れるがこれで2点を先行。
リードを守ってリズムを作りたい裏の守りはしかし、ドリームス打線に捕まり4点を取られて逆転を許す。
3回表は青山1ゴロ、Jung5フライ、阿部三振で三者凡退。
3回裏には要所で一発を浴びて3点を奪われ、徐々に引き離される展開。
4回表は角田7フライ、岩木、宮内が三振で再び三者凡退。
4回裏には2ランを浴びて更に追加点を許してしまう。最終回となった5回表は1番からの好打順。
東森が執念の四球で出塁すると、続く三澤の痛烈な当たりはショート横へ。
しかしこれを好捕され、飛び出した東森が刺されて痛恨のゲッツー。
最後は北浦が2ゴロに倒れ、ベアーズ一丸となった王者への挑戦は幕を閉じた。
敗れはしましたが、最後まで諦めずチーム一丸で戦ったこの試合は今年のベストゲームでした。
山口さん、東森さん、大塚さん、今まで本当にありがとうございました!
これまでの数々の好プレーと、最後に逆さ胴上げで高々と石z尾の空に舞った皆さんの姿を、ベアーズナインは決して忘れません。
そしてこれからも前に進むのみです。GoベアーズGo!

第71期 第16節 3月6日

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:島上
敗戦投手:川満
カイザース 2 0 0 2 0         4 HR:白川
ツナーズ 4 2 2 1 X         9 HR:砂永 JOE 松倉
 島上(2本)
勝ち組コメント
今日は10人と少なめのメンバーの望んだ強豪カイザース戦。
1回表、カイザースさんの4番にタイムリーを打たれ2点を失うも、セカンド玉田がセンター前に抜けそうな当たりを好プレーでダブルプレーとし2点で抑える。
その裏、先頭砂永ヒットで出塁、続く玉田は良い当たりだったが相手の好守備に阻まれ1アウト。
続く3番JOEは見事に2ランホームラン!
4番松倉は2ベースで続き、5番島上も2ランホームラン!
6番下山、7番萩原が倒れるが、初回で逆転に成功。
2回表は4人で抑える。
その裏、8番江藤は相手キャッチャーの気合いの入ったファインプレーで1アウト。
9番河野は内野安打。10番直田は4ゴロ。
1番に戻り砂永に2ランホームランが飛び出す!この日3本目となり勢いづく。
2番玉田は2ベースを放つが、3番JOEがピッチャーゴロでチェンジ。
3回表も安定した投球で4人で抑える。
その裏、4番松倉、5番島上と連続ホームラン!
6番下山に3者連続が期待され、本人も真剣な眼差し。結果、打球があがらずレフト前ヒット…。
しかし、後続が倒れこの回は2点で終わる。
4回表、ホームランを浴びるも2点で抑える。
またこの回はセンター砂永監督の好守備(本来は下ちゃんの守備範囲!?)もあった。
その裏、好調2番玉田のタイムリーセンター前で1点を追加する。
最終回、エース島上は連続四球などで満塁のピンチを迎えるが最後の打者を三振にきってとりゲームセット。
投打がかみ合った完勝でした。
今日はホームランでの得点が多かったですが、本来の繋げるバッティングを意識して次戦以降も頑張っていきましょう。
負け組コメント
上位進出には、負けられないツナーズとの一戦。
初回相手投手の制球が定まらない中、2番大出が四球を選び、3番白川が内野安打と繋ぎ、4番赤坂の技ありのライト戦への一打で幸先よく2点先制。
その裏、ツナーズ超強力打線に2本塁打浴び、4失点で追いかける展開へ。
2回は先頭成田が四球を選ぶも後続が続かずゼロ。その裏2失点で6−2。
3回も2アウトからセンスマン鍛冶が四球を選び、絶好調のラストバッター松木が上位に繋げれば面白いところ。。。セカンドフライに打ち取られる。
3回裏、何とエース川満がゼロに凌ぎ、4回の表、先頭の寺内がレフトへポテンヒット。
2番大出が倒れた、3番白川がセンターへ2ランホームランで6−4。
一気に逆転したいところ、4番赤坂がセンターフライ、5番ヒロがどまんちゅうのボールを「よっしゃー」
高々と上がった打球は、、、
ごくごく平凡なショートフライ。打ってから「よっしゃー」は言いましょうねぇ。
最終回、下位打線が粘りを見せるも得点できず、THE END。
エース川満も強力打線を9失点に抑える好投を見せたが、攻撃であと1本がなかなか出なかったというより、要所を締める投球を見せたツナーズ島上投手にあっぱれ〜。
さぁ次週からまた準優勝を目指して頑張りましょう!!

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:大竹
敗戦投手:中

パイレーツ 5 1 1 0 6 0       13

HR:村山 鈴木建 谷津(2本)
 青 遠藤

サクラ 6 0 2 3 0 1       12 HR:中
勝ち組コメント
今期メンバー8人が転勤で去るという非常事態でまずは大竹、村山の送別試合も兼ねたサクラ戦。
勝利して見送りたいところパイレーツは13名参加。先攻でスタート。
1回表:先頭村山が右中間2塁打、続く大竹はレフトフライに終わるが、3番鈴木建がライト前ヒットで1アウト1,3塁とチャンス。
ここで4番の谷津はレフト場外へ3ランホームランで早くも3点先制。
続く5番青もライトへ、6番遠藤もレフトへ3者連続ホームランが出て初回5点先制。
相手のスローピッチに上手くタイミングを合わせた見事なバッテイィング。
1回裏:今日ラストゲームとなる大竹が最初で最後の先発。
コントロールは安定していたが甘い球を打たれ、また味方のエラーもありあっという間に6点を取られ逆転される。
2回表:2アウトから同じく今日ラストゲームとなる村山がライトへ同点ソロホームラン。
3回表:4番谷津の左中間2塁打、遠藤のレフト前安打で1点逆転するものの、3回裏にあっさり2点取られ、再度1点ビハインドとなる。
4回表:8番近藤、9番菅原、10番飯塚とたった4球で三者凡退。
嫌なムードで迎えた4回裏に3点の追加点を奪われる。
5回表:4点を追う展開で先頭打者の佐久間が四球、続く藤井がセンター前をセンターがエラーしている隙に2,3塁へ。
最終バッターのHOWARDもライト前へ安打。
下位打線がチャンスを作り1点返し、ノーアウト1,2塁で1番の村山へ。しかし力が入り過ぎピッチャーフライ。
続く大竹は三遊間を破る安打で更に1点返し1アウト1,2塁で3番鈴木はライトへ逆転3ランホームラン。
続く谷津もこの日2本目のソロホームランで押せ押せムード。
5番青もライト前の痛烈な安打で1アウト1塁。
更なる追加点がほしいところ続く根本の辺りは痛烈なピッチャ返し。
これを相手投手が見事に好捕。1塁ランナー飛び出しダブルプレー。この回一挙6点と2点リードとなる。
5回裏:ピッチャー大竹の高低、内外に分けたピッチングに相手も打ちあぐね0点で抑える。
6回表:点差を広げたいところであるが、ランナーを出しチャンスを作るものの相手内野手の好捕もあって結局追加点を取れず2点差のままで最終回裏を迎える。
6回裏:ここまで安定した投球で最初で最後の完投勝利を掴みたい大竹は、先頭打者をショートフライに抑え、その後後続をランナーに出すものの最後の打者をセンターフライに抑えゲームセット!
大竹は自身のラストゲームを完投でまた初勝利で飾る!
ゲーム内容も逆転の逆転という久しぶりに気持ちの良いナイスゲームでした!
大竹さん、村山さん、またラストゲームに参加できなかった野田さんも今までありがとう!お疲れ様でした!
次回の試合も一部メンバーの送別試合になりますが、今日のようなナイスゲームができるよう頑張りましょう!
負け組コメント
投手陣不在の中、今日の先発を任されたのは中、しかも打順は4番。
初先発初勝利をかけて気合十分、そして何よりも、今日が念願かなってあたらしいユニフォームでの初試合、11人で豪打を誇るパイレーツさんに元気よく臨みました。
1回表、先頭バッターに右中間に2塁打をゆるし、苦しい立ち上がり、ヒットと3本の連続ホームランを許すが5点に抑える。
1回裏、今日は先頭バッターの清野がレフト前ヒットで出塁、今日はマスクを外してショートの増山、身軽になったのか右中間を破る2塁打でまずは先制点。
藤田が四球で出塁のあと、ショーマ、大沢、小山、たまちゃんの連続ヒットでこの回6点を入れ逆転に成功。
2回表、リズムに乗ってきた中、この回は1番打者のソロホームランで同点にされるが、踏ん張って失点はこの1点どまり。
2回裏、桜の攻撃は、鈴木のヒットのみ。このあとも両チーム臨場感あふれる試合展開に。
3回表は中が相手打線を1点に抑えるとその裏、桜は藤田のサード強襲内野安打、大沢、小山の連続ヒットで2点を返し、再逆転。
4回表は、2死からショートの増山、三遊間のあたりをダイビングキャッチ、すかさず一塁へワンバン送球、今日初めて一塁を守る大沢が好捕、Mikeのお株を奪う素晴らしいプレーで中が相手を零点に抑え、しかもスーさん、キャップが安打で出塁するとその裏、中自らスリーランを放ち、本日のエースで四番を不動のものとする。
これで4点差をつけてリード、5回表、2本のホームランなどで6点を失い、2点を追う展開となったが、その裏の攻撃も大沢が3本目のヒットで出塁するも、ダブルプレーで零点。
6回、中が気力で踏ん張り零点に相手打線をおさえ、桜2点を追う。
ツーアウトを取られるが、山田が粘って四球で出塁、ここで1番清野。
痛烈な2塁打で山田が帰りあと1点。一打サヨナラのチャンス。
スーさんの打った球はセンターの深いところ、センターが追いついてゲームセット。

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:島尾
敗戦投手:渋谷

コンポードー 10 3 5 0 10         28

HR:長谷川B JACK
  DECK(2本)

ロイヤルズ 1 0 0 0 3         4 HR:
勝ち組コメント
前回の大敗の後、もう一度気持ちを引き締めて試合に入ろうと言って臨んだ試合でした。
1回表 1番広瀬が四球で出塁の後すかさず盗塁で二塁へ。
2番西村が内野安打で一・三塁にすると3番関が右中間へタイムリースリーベースを打つと更に4番長谷川のホームランで2点追加。
その後、四球・安打でランナーを溜めると10番DECKが満塁ホームラン!結局このイニングで10点を先取。
2回もヒットと四球で出塁したところをまたも4番長谷川のツーベースでこの回3点を追加。
3回は下位打線が良く繋がり8番JACKのライト前ヒットに始まり9番高江須のショートエラー、10番DECKのレフトツーベース11番池尻のレフト線へのタイムリーで4点、更に1点追加で5点。
最終5回はついにこの男にヒットが、不調に喘いでいたHOI MINGに待望の今シーズン初ヒットとなるスリーベースが飛び出し一挙10点を追加。HOI MINGおめでとう!
投手の島尾は、野手のエラー・四球もあったがミスを続けず一人で投げきった。
結局トータル28点を取り大勝の試合でした。
この勢いで次戦も頑張りましょう!
負け組コメント
主力メンバーを欠いた10名での試合となりました。
コンポードーからの攻撃。四球とコンポードーの打線に悩まされ、初回から10失点となりました。
城倉さん、畦地さんのヒットでなんとか初回1点を返すも、2回以降も、コンポードーの打線の波は収まらず。
ピッチャー渋谷さんの粘りで何とか失点を最小限に抑えますが、打点がさえず、点差が縮りません。
それでも諦めないロイヤルズは最終5回、城倉さんや渋谷さんのヒット、四球でなんとか3点を返しますが、そこで試合終了。
結果は残念でしたが、少ないメンバーの中で気合と根性で戦った一戦でした。

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:金塚
敗戦投手:高見

オオゼキ 0 0 0 0 0         0

HR:

サンダース 0 3 3 3 X         9 HR:
勝ち組コメント
「今季2度目の完封勝利!!」
リーグ第8戦目。本日はクリーンナップ・守備の要が欠席、なんと 左利きの稲田選手をショートを配置するなど慣れないポジションが不安視されるなか、新人玉城選手を加え16名でオオゼキ戦に臨みました。
初回、いつも通り大エース金塚投手が先頭打者の三振含め3人でピシャリと無失点で抑え上々の滑り出し。
ところが、さすがに簡単には試合を進めさせてくれないオオゼキさん。
ヒット・デットボールで得点圏にランナーを進めるものの、要所をきっちり締められ無得点3残塁に終わり、両チーム譲らぬ状態でスタート。
2回、先制点を奪うのはどちらか緊迫した空気が流れる中、ここも金塚投手がきっちり無失点で抑えると、ついにサンダースが拮抗状態を打ち破り先制点を決める。
汚名返上の下位打線がヒット・相手エラーで出塁すると、大御所・宮定選手が相手投手に10球以上投げさせた上でのフォアボールで出塁。
そしてこの四球をきっかけに毎回の得点に繋がった!
まずは、ビックチャンスに新戦力玉城選手が期待に応えるタイムリー!!初打席・初安打・初打点。
その後も連続ヒットで、3得点。
続く3回・4回も上位打線・下位打線満遍なくヒットが出て各3得点を奪取。
守備では3回の3者連続三振(ファールチップ含む)をはじめ、息の合ったバッテリーで4回・5回も得点を許さず。
大黒柱金塚投手は5イニング7奪三振とナイスピッチング。
左中間を破るツーベースも1塁ベースを回ったところでズッコケる珍プレーやショートフライ落球を見てマウンドに崩れゆくエースなど違う見どころもあったけれど、サンダース期待の若手選手全員の活躍もあり、安定した攻守を見せたサンダース。
目標であるリーグ優勝を果たすべく、残された試合も妥協せずにベテランも若手もチーム一丸となって戦い抜きましょう!
負け組コメント
3月最初の一戦は、強豪サンダースさんとの一戦。
またメーヤンの最終試合でもあり ました。
初回そのメーヤンはフルカウントまで粘るが、三振。結局この回三者凡退。
その裏タカミーの立ち上がりは死球と安打で2死満塁でのピンチとなるが、0点。
2回はマグ中直、タカミー三振、マロ四球も亀仙人内野ゴロでゼロ。
2回裏は内野ゴロで1死、続いてピッチャーゴロと思われたが、ファーストエラーで1死一塁。
続くライトへの当たりで1塁走者が長駆ホームイン。その後3安打に四球 が絡み、この回3点。
3回表は湯けむりセンター前ヒットも、その後3連続空振り三振。
3回裏は4安打で 3点を失う。
4回表は1死からメーヤン最後の打席。初球を振り抜くもファーストフライに倒れる。
バットウサイが内野安打で出塁するが、後続なくゼロ。
4回裏はDGMが3点に抑え、5回表最後の攻撃。
先頭マグの当たりはセンターのエラーを誘ったが、2塁を狙い、惜しくもアウト。
2死後、マロに二塁打が出たが、亀仙人ショートゴロでゲームセット。
0−9。完敗。 サンダースさんは強かった!
試合終了後はメーヤンの胴上げ!メーヤンお疲れ様でした!

第71期 第15節 2月28日

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:
敗戦投手:石本
エンジェルス 0 0 2 0 1         3 HR:木原
サンダース 4 3 2 0 2         11 HR:
勝ち組コメント
負け組コメント
強豪サンダースさんとの試合。
昨年のボロ負けのイメージもあり、先発金塚さんの情報もあり、胸をかりるつもりで挑む試合となった。
初回からキレイに抑えられ、キレイに点を取られる、最悪のスタートを切り、終始取り返すきっかけをつかめずに試合は終了。
収穫は内野の守備だった。
ショート木原のファインプレー2つを含むアウトの量産、ファースト吉田のフィールディング、セカンド崎川も強烈な当たりをダイビングキャッチと、内野の守備は完璧に近く、今シーズン内野守備が安定していることは昨年からの大きな成長点。
あとはエース石本の仕上がりと、打撃陣の成長に期待がかかる。

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:北浦
敗戦投手:

サクラ 0 1 1 1 0         3

HR:

ベアーズ 0 1 2 2 6         11 HR:大塚
勝ち組コメント
前節から1ヶ月、チーム練習も行い万全の状態で迎えた今期第7戦は、選手14名で強豪サクラに挑みました。
1回表サクラの攻撃、先発北浦は先頭打者にいきなりライト前へ運ばれるが、低目を意識した落ち着いた立ち上がり。
ショート三澤の好プレーにも助けられて後続を断ち初回を無失点に抑える。
その裏ベアーズは2死から北浦の2塁打でチャンスを作るが、4番Stephenは惜しくもセンターフライに倒れこちらも無得点。
2回裏、先頭バッターに粘られ、低めに抜いた球を豪快にすくい上げられた打球はレフト場外へ。1点を先制される。
それでも落ち着いて後続を断ち最小失点で抑える。
その裏ベアーズは5番大塚から、山口、布村と3連続ヒットで無死満塁のチャンス。
川島、絹川が倒れるが続く角田が死球を受けて押し出し、同点に追い付く。
3回表、順調に二死まで追い込むが、最終バッターに今度はライナーでレフトフェンスに運ばれ再び先行を許してしまう。
追い付きたいベアーズはその裏、熊谷のセンター前、島のライト前でチャンスを作ると、先頭に還って東森がレフトへ同点タイムリー。
更に三澤もレフト前で満塁としたところで、北浦がレフト深くへ犠牲フライを打ち上げ、遂に3対2と試合をひっくり返す。
4回裏サクラの攻撃は上位打線。
4番打者の犠牲フライで1点を失うものの、この回も要所を締めて最小失点で切り抜ける。
ここまで3対3と締まった投手戦となり、集中力を高めるベアーズ。
4回裏は二死まで追い込まれるが、ここから布村、川島が連打で出塁。
続く絹川の当たりは1、2塁間へ。
懸命に走った絹川は、塁上でカバーのセカンドと交錯し執念の内野安打。
この間に2者が生還し、5対3と遂にサクラを突き放す。
ようやく訪れた流れを離したくないベアーズは5回表、北浦が2三振を含む三者凡退でサクラ打線を押さえ込む。
最終回となった5回裏、一死から岩木が内野安打で出塁。
更に島が遊撃失策、東森も内野安打で満塁となったところで、続く三澤の打球はピッチャーを強襲。この間に1点を追加。
ここでサクラの投手が交代となり、その後は四球押し出しなどで2点を追加した後、5番大塚が右中間へ豪快にスリーランを打ち込み、一挙6点を挙げたところでゲームセット。
11対3で見事強豪サクラを撃破した。
前節の大敗からチーム練習で建て直し、投打がかみ合った好ゲームとなりました。
緊張感のある試合展開の中で各選手が最後まで集中し、守備も安定していました。
これで再び貯金1です! シーズンはまだまだこれから。
上位進出目指して進撃あるのみです。GoベアーズGo!
負け組コメント

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:藤原
敗戦投手:迎

ブレーブス 0 0 0 2 0         2

HR:

ドリームス 5 1 5 3 X         14 HR:下鉢 立石 中村(2本)
勝ち組コメント
71期第5戦昨年5月以来のSKM・・・。ブレーブスさんとの一戦に夢軍団15名で挑みました。
先発組長の立上り、三者凡退で流れを作る。
その裏の攻撃、ワルヲに先頭打者ホームランが飛び出すとキョギヲも連続ホームラン。
三者連続の期待高まるも、組長は強烈なレフト前ライナーで取り敢えず三連打。
4番タカG力んでセンターフライも、5番キャメルはレフト線へホームラン。
市助四球、バルナスツーベースとさらにチャンス拡大しを総裁のショートゴロで追加点。
久々登場きすけは、タイミング合わずサードゴロで5点を奪う展開。
2回の組長、ストレートとらいズのコンビネーションがよく、この回も三者凡退ピシャリ。
2回裏、き〜やんショートEで出塁+盗塁。
テコンは力の無いショートフライ、純生ピーゴロでランナーは進塁。
続くさとまが強烈なセンターオーバーで無得点は免れる。
チュンタDBも、チーム貢献王をひた走るマスケンに一本は出ずこの日も貢献。
3回表、この回も三者凡退、完全試合進行中。本人はやや意識。
3回裏、組キャプタイムリー、キャメル2打席連続、を総裁のタイムリーにて5点を加え大勢が決する。
4回表、満を持してマウンドに上がり先頭から三振を奪うも・・・ラストバッターに振るカウントから四球を許す。
まだノーヒットノーラン・・・1番にライトオーバーで2,3塁のピンチ。
ショートゴロでなんとか2アウトまでこぎつけるも、次打者にセンターへ弾き返され2点を失う。
4回裏は、純生タイムリー、さとまスリーベース等で3点。
増○さんDP・ラストバッターにてさらに貢献度加点。
5回表、クローザーを総裁。三振含む三者凡退でゲームセット。
投手陣の安定により締まった試合となったものの、まだまだ凡ミス・凡打が多く要改善。
各自バット持ち帰り振りこんで、3月の3試合に備えましょう!!!
負け組コメント
病から復帰のエース迎を久しぶりのマウンドに送り出す。
球威はまだまだ元どおりまでいかないが、安定した投球。
初回、強打ドリームスに下位まで打ち込まれ5点取られる。
続いて4回まで毎回得点されるが大量までは取られない。
我が打線は相手投手の好投もあり3回までノーヒット。
4回、このままノーヒット・ノーランされるのか??相手投手も欲が出てきた感じ。
なんとか多島が四球で’繋げると1番ビンセントが右中間へ初ヒットで2、3塁、2番阿部はショートゴロに倒れるも、このところいい場面で活躍出来ていない西郷が値千金センター前タイムリーヒット!
これで完封は免れる。
最終回、相手余裕があるのか2番手に岡本投手登場だったが3者凡退で万事休す。
負けはしましたが、エース迎の復帰で気分晴れやかな感じ、今後は徐々にでいいので病前の迎に期待したいと思う。
反省は久しぶりの試合で速球がそこそこなのか三振が多かった点です。
6三振は多いよみんな!

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:三浦
敗戦投手:天野

アタッカーズ 5 1 0 0 2         8

HR:

イーグルス 2 3 4 0 6         15 HR:
勝ち組コメント
我らがベストイレブン高島の久しぶりの試合参加と、新人鈴木兄弟の若い息吹も加わり、総勢14名で迎えた快晴のSKM第二試合。
初回表の守備、2戦連続先発の遠藤憲一は波に乗り切れず相手打線につかまり5点を献上。
その裏、先頭打者加藤タカは悔しい判定で倒れるも、続く高島が左中間を抜く見事なツーベース。
二十代鈴木Dの進塁打から丸山ズが共にフォアボールを選択。
ツーアウト満塁で迎えたほやほや三十路の鈴木Kは、ここで見事な2点タイムリー。
2戦連発を狙ったじゃーまねはセカンドゴロに倒れたものの、なんとか反撃の格好を作った初回。
2回表、強烈なサードゴロを華麗に監督が捕球するも、ファースト高田純次が送球を落球。
リズムに乗りづらいしんどい展開をなんとか踏ん張り、1点でおさえたその裏、グローバル化が進むイーグルスの若手、Calvin、Cliffの両名によるヒットでランナーをため、続くオーソネミーヨは負傷した身体できっちりと外野まで弾き返し、一挙3点。
そのまま流れに乗るかと思いきや、あえなく三塁手前で頓死。
コーチャーのじゃー●ね、ベアーズ戦に続き五十代の走力を過信しすぎ説、急浮上!
さて、遠藤憲一に代わってマウンドに立ったのはフランク三浦。
緩急をつけつつ、その心地よいリズムに選手も同調したのか、右中間を破るかという打球を鈴木Dがナイスキャッチでまずワンアウト。
二人目の打者にはレフト前に強烈に弾き返されながら、レフトCalvinからの素早い返球を、ショート高島が巧みに中継、セカンド加藤タカまでストライクの返球で、二塁を狙った打者走者を刺してツーアウト。
三人目は緩く打ち上がった小フライをキャッチャーのぶが飛びついてスリーアウト。
集中した結果に生まれた「神回」に、否応なく盛り上がるベンチ!
その裏の攻撃、ワンアウトから、加藤タカ、高島、鈴木D、監督、のぶ、さらにはじゃーまねと、ツーベースとスリーベースを1本ずつ含む連打も連打で4点を加え、しっかりとピッチャーを打線がサポート。
5回の表に二遊間スイッチをする監督の大胆な采配に加藤タカ、高島の両名が見事に(?)エラーで応えるも、2点で抑えて1点差リードのまま、その裏に突入。
すでに時間いっぱいで勝利は確定しつつ、そこは手がつけられない今のイーグルス。
高島がベストイレブンの実力をこれでもかと皆の目に刻み込む今日3本目の長打で出塁すると、鈴木D、監督、のぶ、鈴木K、じゃーまねと6連続安打で、しめくくりはフランク三浦の三塁打。終わってみれば6点を最終回に叩き込み、見事勝利!
前戦に引き続き、得点されても集中力を切らさず、かつゴロを狙うことで相手チームにプレッシャーを与えることが奏功した見事な逆転試合。
本日3安打(全て長打)2打点3得点の高島選手を失うのはイーグルスにとっては痛手だが、鈴木D&K(あだ名募集中)はともにマルチヒットと、今後もイーグルスの成長と進化に期待が持てそう!
高島選手、どうもお疲れ様でした!来香の際はまたヒットを稼ぎに来てください!!
負け組コメント

第71期 第14節 2月21日

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:中村
敗戦投手:高安
アタッカーズ 2 0 0 0           2 HR:
ドリームス 2 2 8 7           19 HR:下鉢 佐藤(隆) 立石 
 市川
勝ち組コメント
71期第4戦またまた1か月半の間をおいてアタッカーズさんとの一戦に新人2名を加え夢軍団15名で挑みました。
先発キャメルの立上り、先頭打者に三遊間を破られると痛烈な当たりはフェンスまで到着、いきなりのピンチ。
2番打者の6ライナーは、隆Gの左脇の下を抜けセンターへ(ちゃリーン×1)、続くピンチは8前へポトリ。
なんとか6ゴロで1アウトも、さらなる6ゴロは野選にて2失点目(ちゃリーン×2)、気を取り直して後続は抑え、2点を追って1回裏の攻撃へ。
先頭バチヲは、6Eで出塁すると、角太の強烈な当たりは相手6のナイスプレイでセカンドアウト、続く組キャプ高々と打ち上げるもフェンスまであと少し(風の影響?)
4番隆Gは、四球を選びチャンス拡大、5番副キャメ6Eで何とか1点。
6番パルナスの初球にWPで何とか同点、攻撃終了。
2回のキャメル、フルカウントもあるが結果3者三振。
2回裏、お総裁お手本バッティングで出塁すると、8番キョギッシーに7スタンドへの一発が飛び出す!
風の影響は関係ないですね。
市助も続き、ホッピーノも4Eで続く。
テコンは、6ゴロも新人Daniel改めき〜やんは初打席を6内安打で出塁。
純生の強烈な1ゴロで2アウト、さとまの5ゴロで攻撃終了。結果2点。
3回のピッチング、先頭を三振に仕留め4者連続。安打と5Eはあるものの、粘って無失点。
3回裏、新人チュンはこれまた初打席を7前で出塁。
1番戻ってワルヲが放り込む。角太がツーベースで続くと市助のホームランも有り8点を奪う。
4回は、組キャプにスイッチ。サードに変わった隆Gのもとにまた打球が飛び、珍しく3つ目のE(ちゃリーン×3)。気を取り直し後続は抑える。
4回裏、汚名返上?隆Gにグランドスラムが飛び出して結果7点を奪う。
最終回は、クローザーお総裁。先頭の6E(おそらく記録は内安打?)、さらに四球があるも無失点でピシャリ。
大勝の中にも、内野陣の5エラーは頂けません。
これから気温も上がってきます!しっかり動いてしっかり全勝街道を走り続けましょう!!!
負け組コメント

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:島上
敗戦投手:渋谷

ロイヤルズ 0 0 0 0 0 0       0

HR:

ツナーズ 2 1 3 3 0         9 HR:
勝ち組コメント
約1ヵ月ぶりの試合となった今期6戦目の相手はロイヤルズさん。
初回、ロイヤルズさんの攻撃は3者凡退に抑え、エース島上順調な立ち上がり。
その裏、トップバッターの監督砂永はセンターへのクリーンヒットで出塁。
役割を果たす、2番定着の玉田はしっかりとフォアボールを選び、続く3番高橋のレフト前ヒットで1点先制!
4番松倉、5番島上はチャンスに凡退するも、6番JOEがセンター前ヒットで2点目。
7番萩原は三振に倒れこの回2点先制。
続く2回の守備で奇跡が起こる。
ヒットとフォアボールでノーアウト1,3塁のピンチの場面、続く打者はショートゴロ。
6-4-3のダブルプレー完成かと思いきや、ファーストOWENがまさかの好送球で3塁ランナーを本塁で刺す。
トリプルプレー完成!チームが勢いづく!
その裏の攻撃は8番OWENが流れに乗りツーベースで出塁。
9番富山の初球で3塁へ意表をつく盗塁。ギリギリセーフとなる。
富山はフォアボールを選び、10番下山はセンターへの犠牲フライで1点追加。
11番江藤、12番河野は倒れ、この回は1点止まり。
順調に投げる島上は3回も2三振を奪い危なげなく0点に抑える。
3回裏は最終バッター直田がフォアボールで出塁、トップに戻って砂永はレフトへ単打。
続く玉田はセンター前で満塁。ここでチャンスに強い3番高橋は左中間を破る2ベースで2点追加。
4回の守備でもサード萩原の攻守によりゲッツーを奪い、流れにのるツナーズ。
その裏もOWENの2打席連続ツーベースに下山もツーベース、直田のタイムリーヒットなどで3点を追加。
5回は両チーム0点で終了。テンポの良い試合で6回まで突入。
最終回もエース島上は2三振を奪い、完封勝利!
次戦から上位チームとの対戦が続きますので、体調を整えて頑張りましょう!
負け組コメント
シーズン始まってから雨天続きで、久々のトーナメント戦。
ロイヤルズ先行で試合開始となりましたが、ツナーズピッチャーの早い投球に悩まされ、初回から三振が連続。
対するツナーズは、初回から2得点と打線も好調でした。
2回、3回と白杉さん、早川さんのヒット等で流れを取り戻しかけますが、得点までには至らず。
ツナーズ打線は相変わらず好調。
投手渋谷さんの踏ん張りで5回はなんとか0点に抑えましたが、結局ロイヤルズは最終回まで得点なしで試合終了となりました。
バッティング練習に注力し、次回の勝利へつなげていきます。

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:高見
敗戦投手:島尾

コンポードー 0 0 0 1           1

HR:

オオゼキ 5 5 11 X           21 HR:柳沢
勝ち組コメント
旧正月明けて最初のゲームは、強豪コンポードーさんとの試合!
初回タカミーの立ち上がりは四死球で1、2塁のピンチを招くが、後続を断ち0点。
その裏一矢からポッター2塁打、リンリンタイムリーで先制。
タカミーもつなぎ、2 死からジャンボが執念の内野安打で2点目。
この後、コンポードーさんの守備の乱れを突いて3点を追加し、5−0。
2回表は2死満塁のピンチを迎えたが、ここで捕手湯けむりからサードへの矢の牽制がはまり、スリーアウト!
ここで切り抜けたのは大きかった!
2回裏はテルマエ四球、湯けむりヒット、ジロー四球で満塁からシュンが押し出しで1点。
メーヤンもよく見て押し出しで1点。
ポッター犠飛の後、リンリンが2点タイ ムリーで、この回も5点、10−0!
3回表も三振、内野ゴロで0点と反撃を許さないタカミー。
すると3回裏打線が爆発!ジャンボ四球、1死後ゾロ、バットウサイもフルカウントから四球を選び、満塁。
このチャンスに孝太郎がライトに走者一掃のスリーベース!
テルマエは追い込まれながらもセンターにタイムリー。
2死後、ジローはエラーで出塁し、シュンが右中間に試合を決めるスリーランホームラン!
メーヤン死球、ポッターヒット、そしてリンリンが猛打賞となる三本目のヒットを放ち、エラーでそのままホームイン!
その後もタカミーヒット、マロ、ジャンボ四球。
この間にバッテリーエラーなどあり結局この回11点!
最終回の守りは、タカミー自らのエラーがきっかけで惜しくも1点は失ったが、気がつけばこの試合ノーヒットでゲームセット!21−1と快勝!
強豪コンポードーさんに対してのこの勝利で、今後どんどん乗っていこう!
負け組コメント
風も強く、とても気温がかなり低くて寒いオオゼキさんとの第一試合。
今まで後攻でよい試合ができていたが久しぶりの先攻。
手術も成功して復活の広瀬はいきなり見逃し三振。
西村四球、関死球も今試合4番に抜擢のウーイェイはあえなくファーストゴロ。
5番太郎丸は痛烈なピッチャー返しも好捕されて初回は0。上位打線で先取点を取れない。
先発は島尾。調子は悪くないがエラーが絡み、5点を奪われる。
2回、岡田は三振、夜更かし礼文はエラーで出塁、Jack三直、池尻、島尾四球で満塁のチャンス!
しかし新居のあわや死球の状況で夜更かし礼文がまだ寝ぼけてて押し出しと勘違いして離塁→チェンジ(バカ!)
その裏、夜更かし関の暴投なども絡み4点を献上。
3回、新居三振、Hoiming四球、そして新入団の河合は三遊間に良い打球を放つもアウト(足も速い)
セクシセカンドゴロで1点も取れない…
その裏は島尾2アウトまで取るも、この展開にさすがに集中力も切れて本塁打を浴びた時点でセクシに交代。 当然打たれて計10点追加される。
最終回、1番からの打順で意地を見せたかったが、広瀬レフトフライ、西村エラーで出塁しパスボールで1点を取るも関四球、ウーイェイファーストゴロ、藤太郎四球、岡田ショートゴロでゲームセット。
なんとノーヒットで完敗しました。
久しぶりにボロ負けし、全員でミーティングしましたが、前日、当日のアップ含めてコンディション調整ができていない等の意見が出ました。
(寒いからアップは徹底的にノックで体を動かせば良かった…)
やはり全ては勝ちにいくという気持ちの部分が問題と思います。
次戦は気持ちを引き締めて、そして楽しく勝ちましょう!

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:川満
敗戦投手:谷津

パイレーツ 3 0 0 0           3

HR:

カイザース 6 7 9 X           22 HR:成田 竹内 小野寺
勝ち組コメント
旧正月明けの初戦は絶対に負けられない試合パイレーツ戦です。
1回表に3点を取られるも、まずまずの立ち上がり。
その裏カイザースは打線が爆発し6点を取り逆転、さらにエース川満が2回、3回と0点に抑え完璧。
我がカイザースは2回に成田のホームランなどで7点、3回には竹内、小野寺のホームランまた、打者一巡で9点を取り,快勝。
次戦はどことはあえて言いませんが、目標はただ一つ’’勝つ’’ 。
負け組コメント
雨で試合が流れに流れ、昨年11月22日以来約3カ月ぶりの試合。
珍しく人数が揃わず12名参加で強敵カイザース戦。先攻でスタート。
1回表:先頭打者SAMの当たりはピッチャー、1塁間へのボテボテゴロであったが俊足を活かし、内野安打と相手のエラーを誘い2塁へ。
続く菅原四球、向井セカンドゴロ2塁ホースアウトで1アウト1,3塁。
ここで監督青がライト戦ライナーの3塁打で2点先制。
続く金子もレフト前ヒットで3点目。
押せ押せムードで追加点がほしいところ、谷津は厳しいインコース低めに手が出ず三振。
続く小泉は右中間へ2塁打、2アウト2,3塁のチャンスとなったが、続くHOWARDは三振。初回は3点にとどまる。
1回裏、相手打線の怒涛の攻撃と味方のエラーもあり6失点、続く2回裏は7失点、3回裏は9失点と容赦なく打線が爆発。気付けば計22点取られる。
パイレーツとしても追加点を取り、接戦に持ち込みたいところであるが、2回表は先頭打者近藤がセンターオーバーの2塁打、3回表も先頭打者SAMがレフト線への2塁打と好機を作るが後続が続かず、最終回となった4回表も追加点奪えず、結局計7安打、初回の3点のみで試合終了。
今日の試合は忘れて気持ちを切り替え、次戦は一部メンバーの送別試合も兼ねた試合になるので、勝って送り出したいとこであるが、次戦の相手はサクラ戦、、。
とにかく頑張りましょう!

第71期 第13節 1月31日

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:長谷川B
敗戦投手:石本
エンジェルス 1 0 1 3 0 3       8 HR:佐藤(3本)
コンポードー 2 1 2 1 3 X       9 HR:関
勝ち組コメント
寒空の下、前戦引き分けの後のエンジェルスさんとの一戦。
初回、先発はこの日4Pの歯B。久しぶりの先発のためか初回から四球でランナーを出すも1点でしのぐ。
療養中の広瀬に代わり一番は西村。エラーで出塁するも、様々な女性との密会報告が上がる高江須はフライを上げて1アウト。
ここで色男、関が左中間に2ランホームラン!逆転に成功する。
4P歯Bが四球、池中ライトフライ、最近調子を上げて太郎丸を抑えて6番に昇格の稲葉はショートゴロに倒れる。
2回、歯Bは下位打線を0に抑え、その裏、太郎丸は四球、新居はピッチャーゴロに倒れるもDeckが2盗、3盗を試みて悪送球を誘い1点追加。(振り返ればこれがデカかった!)池尻、島尾連続ヒットも悩めるHoimingが倒れてチェンジ。
その裏は1点を許すもリードを守り、セクシが疑惑の2ベースで出塁。西村、高江須倒れて関が四球。
ここで4P歯Bがライトへ2点タイムリー!2点を追加し5対2。
4回、調子は良かった歯Bだが3ランを浴びて同点に追いつかれる。
その裏、太郎丸四球、新居が倒れるもDeckタイムリー。1点を勝ち越す。
5回も4P歯Bはノーフォアボールで0封。その裏、疲れも見えてきた相手ピッチャーからセクシポテンヒット、西村のゴロでランナー入れ替わり、四球で高江須、関が続き、4P歯Bの犠牲フライで1点、打撃好調の池中のレフト前2点タイムリー!
3点を追加。これで勝負あったと思った6回。四球やヒットでランナーを許すと3ランホームランを打たれて1点差!
しかし最後は4P歯Bがピッチャーゴロをつかみゲームセット。9対8と接戦をものにしました。
Deckの果敢な走塁が印象的だったこの試合、機動力もチームとして今後考えて組み立ててみたいと思います。
旧正月明けも体は動かして次戦も連勝を目指しましょう。
負け組コメント
本日は対強豪コンポードーさん。
エンジェルスは初回、先頭助監督片倉が粘りの四球セレクト。
すかさず2、3盗と決めるも後続は続かず2アウト。
4番トミーがきっちり2ベースで1点先制!
続く川村は四球を選びチャンスを広げるも、監督中込がリキんだフライで3アウト。1点に留まった。
その裏1回の守備、先発エース石本の立ち上がりは上々。
エラーで出塁を許し、HRも喰らったが、内容悪くなく2点の失点でゲームを作る。
2回攻撃、宮崎が待望の芯をくったクリーンヒット!
続く佐藤も同じようなあたりでレフト前へ運ぶも、タイムがかかり宮崎離塁でまさかのアウト!リードをしてしまった!
佐藤はやり直しでショート強襲、すぐに盗塁。木原もしっかり四球を選び出塁。
ただ後続続けず残塁多くもこの回0封に終わる。
2回以降、投手石本、四球など毎回出塁を許しピリッとしない部分もあるがしっかりゲームメイク。
各回1〜3点で切り抜けた。
セカンド木原の好守も光り、1-6-3ゲッツーもあり、試合は均衡が続く。
3回攻撃は好打者中込から、きっちりセンター前、からの盗塁でチャンスメイク。
続く宮崎が渋いサード内野安打を見せ、チャンスで次打者佐藤が初球センターど真ん中HRで同点に追い付く。
しかし後続続かずこの回同点止まり。
4回、なんとまさかのキレイに3者凡退 (敗因はここでしたかね笑)。
そして5回、時間的に最終回、なんとか同点までは持ち込みたいエンジェルス。点差は4点。
先頭松樹がキッチリ四球を選び先頭出塁、続く四番トミーもキレイにレフト前へ運び1*3塁。
チャンスで中込ライト犠牲フライで1点を返した。
宮崎がショートゴロに倒れ2アウト、完全に追い込まれる。
しかし続く佐藤が本日2発目のHRでさらに2点を追加し1点差!
しかしラストの杉本粘りかなわず3アウト、僅差にて惜しくも試合終了。
前試合同様1点差にて敗北を喫する悔しい結果となった。

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:吉冨
敗戦投手:簀戸

イーグルス 0 1 0 7           8

HR:小林

サンダース 3 1 3 0           7 HR:
勝ち組コメント
雨で流れに流れてようやく迎えた2016年初戦。
そしてなんだかんだでまだ今シーズン3戦目。
初回、先頭打者・加藤タカが電光石火のセンター返しで口火を切り、続くCalvinが四球を選んでいきなりのチャンスが回ってくるも、続くオパ・監督・のぶのクリーンナップが倒れ、ノーアウト一・三塁からのまさかの無得点。
その裏はピンチを乗り切りリズムに乗る相手チームの猛攻に合い、初回を終えて0対3のスタート。
2ヶ月前の試合を思い起こさせるなんとも不安な立ち上がり。。
そんな雰囲気がチーム内に流れ始めた2回表の攻撃、ワンアウトから迎えたのはこの日7番に入ったじゃーまね。
バントの構えを見せながらベンチの期待値を下げておきつつ、続くボールを鋭く強振。
かなり手前で捉えてすくい上げた球は、そのままグングンと伸びて〜。。。
まさかまさかの(自称)40年ぶりのホームラン! !
これいつもやってくれればベースランニングで息切れしなくていいのに!
試合はその裏に1点を返された上、3回裏にもエラーも絡み3点を加えられ、1対7で迎えた4回表はオパからのクリーンナップスタート。
先頭オパが緩いボールを(自称)避けきれずに色っぽいデッドボールで出ると、そこから押し出しを含む3連続のフォアボール。
ホームラン王7番じゃーまねは力みすぎてセカンドフライに倒れるも、8番遠藤憲一、9番フランク三浦がきっちりとつなぐ連続安打で3点差。
2連続フォアボールで続き、わずか1点差とすると、迎えた新人・樫本の進塁打で同点、さらに新人・クリフハンガーが痛烈なレフト前への今日2本目の誕生日ヒットでついに逆転!
時間いっぱいで最終回となったその裏、点差はわずかに1点。 。。
これまで強力打線に毎回得点を許してきた大黒柱憲一は土壇場で頂点まで持ってきた集中力でショートゴロ、三振に切ってとると、女房役のぶによりマウンドで喝を注入され気合十分、最後の打者もショートゴロに捌き、この試合始めての三者凡退。
フォアボールと相手チームの守備に助けられるも、それをしっかりと得点につなげられたのはチームがいい雰囲気で一体となっている証拠!
強豪を倒したことで波に乗り、このまま勝ち続けたい!!
負け組コメント
「6連勝ならず。。。」
ここまで負けなし6連勝の勢いそのままに臨んだイーグルス戦。
絶対的エース金塚投手不在で乱打戦が予想されたものの、序盤流れを サンダー スに引き寄せたのは育成投手簀戸の好投だった!!
ヒット・フォアボールで得点圏にランナーを背負いながらも無失点で初回を切り抜け、その後も3回まで3安打1失点とナイスピッチング。
ここで打線が爆発すれば一気にゲームが決まるはずだった。。。
がしかーし、稲田・岡・那須・小西・橋本・浜中と14選手中6選手しかヒットが出ないなど、イマイチ破壊力なく大量得点で畳みかけられないサンダース打線。
それでも6点リードで迎えた最終回。
ここまで好投していた簀戸投手の制球が定まらず流れを持っていかれると、ベンチワークやディフェンス面で記録に現れないミスを連発するようになり、一挙7得点を献上し、逆転を許す。
打撃面では後が続かず、クリーンナップの不振と本日不在でチームHR王を競う黄・John両選手の必要性を強く感じる結果に・・・
勝つべき試合を勝ちきれなかったサンダース。
短い回であれば簀戸投手の目途がたってきたことはチームにとって大きなプラス材料だけども、金塚投手がいなければ、どこにも勝てないのか!?
優勝に向け後がなくなったことに変わりはなく、厳しい状況に追い込まれた、ここからの真価が問われる。
“ここからは絶対に落とせない”という強い気持ちで、残り全勝で行きましょう!!

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:川満
敗戦投手:北浦

ベアーズ 0 3 3 1           7

HR:

カイザース 13 0 9 X           22

HR:寺内 鈴木 白川
 赤坂 鍛冶(2本)

勝ち組コメント
旧正月前の最後の試合。勝利で飾りたいカイザースはベアーズとの対戦。
1回表、カイザースのエース川満はベアーズ上位打線をノーヒットで0点に抑える完璧な立ち上がり。
その裏カイザースはエースの快投に応える怒涛の攻撃。先頭の寺内が四球で出塁すると、2番鈴木の3塁打であっさり先制。
続く白川のヒットで2点目を奪うと、その後も打線が繋がり、川満の適時打、成田の連続ヒットでランナーを溜めると、続く鍛冶に3ランホームランが飛び出し、カイザースが7対0とリードする。
その後も打線は止まらず、ヒットと四球でランナーを溜めると、1番寺内が3ランホームランを放ち、さらに赤坂にも2ランホームランが飛び出し、結局初回に打者16人の猛攻で13点を奪い試合を優位に進める。
2回表ベアーズも反撃に出るが、川満投手が落ち着いて3失点に抑えた。その裏カイザースはベアーズ先発投手に抑えられ無得点。
3回表のベアーズの攻撃も3失点で凌ぎ、13対6で迎えた3回裏、佐藤、寺内がヒットで出塁すると、続く鈴木が3ランホームランを放ち、さらに白川にも2者連続となるホームランが飛び出し17対6と点差を広げる。
その後も打線が繋がり、また鍛冶にこの日2本目のホームランも飛び出し、この回9点を奪い試合を決定付けた。
最終回となった4回表、川満は相手の攻撃を1点に抑え、結局22対7でカイザースが快勝した。
勝利で旧正月ブレークを迎えられたカイザース、正月明けも勝利でスタートしましょう。
負け組コメント
前節から2ヶ月近い間を置いて2016年初戦を迎えたベアーズ。
先週までの冷え込みは和らいだものの、まだまだ寒い石z尾での第1試合、新加入の熊谷さんを含む12名でカイザースに挑みました。
1回表の攻撃、2番三澤が四球で出塁するも、続く中軸がこれを返せず無失点。
その裏、先発の北浦は球は走っていたものの高めのコントロールを抑えられず苦しいピッチング、カウントを取りにいった球をコンパクトに返され外野の前に、更に走者が溜まったところで長打を浴びるパターンで、3被弾13失点と炎上してしまう…
1点ずつ返すしかないベアーズは2回表、絹川、鈴木の連続安打、Jungの四球で満塁のチャンスを作ると、岩木のヒットで1点、更に島のレフト前で2者が生還するが、本塁を狙った岩木が三本間に挟まれ攻撃が途絶える。
その裏のカイザースの攻撃は無失点で切り抜け、3回表は、川島、三澤がヒットで出塁、更に四球で走者を溜め、Jungのタイムリーなどで3得点、じわじわと追い上げるかと思えたが…
3回裏、再びカイザース打線に捕まり13失点で万事休す。
最終回は先頭角田が四球で出塁すると気迫の2盗、熊谷のタイムリーで1点を返すがここまで。
2016年の初戦は7対26と悔しい大敗に終わりました。
いやしかし打たれましたな。ま、こんな試合もあります。
次回は旧正月を挟んで約1ヵ月後、その間チーム練習も行います。
JungさんプレゼンツのBBQもあるので、気持ちを切り替え次戦に備えましょう!

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:森實
敗戦投手:真鍋

ブレーブス 1 0 2 0 0 0       3

HR:

サクラ 3 4 1 4 0 7       19 HR:清野(2本) 藤田(2本)
 中(2本)
勝ち組コメント
まだまだ寒いセッキメイ。今日はブレーブスさんと対戦です。
本日、監督不在、そのうえ10人で挑む櫻。
なんとブレーブスさんも少数部隊。しかもエース不在ということで意気込みハンパない櫻。
一回表、エース森實、立ち上がり上々も少ない失投をきれいに弾かれ一点献上。
その裏、一番ショーマが鋭い選球眼でフォアボール。
四番清野、バックスクリーンにホームラン。
五番藤田も負けじとアベックアーチ。
六番森實、ツーベースも後続続かずチェンジ。
二回表をしっかりと抑えて流れは櫻ペース。
九番出水のセンター前。相手ピッチャーのゆったりとした軌道をしっかり読む十番中助監督の木の根本に当てるピンポイントホームラン。
一、二番がしぶとく塁にでて三番新人野口、左中間に二点タイムリー。
三回表、強風(?)にあおられた高いフライの目測を誤りレフト中、エラー。そして二点献上。
この時点で前の回のホームランは記憶が薄れていきます…?
三回、四回とヒット、フォアボールをこつこつと重ねて得点。
最終回、エース森實、バッティングの疲れをみせず、しっかり抑え完投。
その裏、今日の守備がひかる七番山田ヒットから満塁のチャンス。
そして十番中、ライトの頭を綺麗に超える満塁弾。
すべて塁にでて帰ってくる素晴らしい活躍。
猛打賞を決める二番鈴木が出塁。
そして、清野、藤田の二回目のアベックアーチ(仲良すぎでこわい…)。試合終了。
大差で勝つことが出来ましたが、ブレーブスさん、櫻のメンバー、寒い中、怪我人もでず、すごいいい雰囲気で、元気に試合が出来て良かったです。お疲れ様でした!
負け組コメント
監督・助監督が不参加となり、前日まで参加者9名のみと厳しい状況のなか、久しぶりに阿部さんが参戦、急遽助っ人ひとりがくわわり11名で挑むことになった。
しかしピッチャー不在のため、チームで一番の若手・満が登板。(しかも4番打者)
むちゃくちゃな試合となることを覚悟したが、なんとなんとストライクが入る入る、リズムも良い。
しかしそこは強豪櫻クラブ打線、当然打たれまくって結果3-19の大敗でした。
でもそんなことは関係なく、我らブレーブスに取っては最高に楽しい試合となりました。
(この気持ち強いチームにはわからないやろうなぁ。)

第71期 第12節 1月24日


雨天順延


第71期 第11節 1月17日


雨天順延


TOPページ >>第1節〜第10節 >>第11節〜第20節 >>第21節〜

(C) Copyright is reserved by HONG KONG SA Men's AA LEAGUE