AAリーグ第71期 スコアボード

第71期 第31節 7月17日

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:崎川
敗戦投手:吉冨
エンジェルス 4 1 4 0 5         14 HR:大海
イーグルス 4 0 0 0 3         7 HR:丸山(裕)
勝ち組コメント
とうとう今期も最終戦、イーグルスさんとの一戦に13人で臨みました。
結果は14-7で勝利!いい勝負となりましたが、終始ゲームをリードする展開でムードはGood!
簡単に今期の振り返り。
11月に71期が開幕し、シーズン途中で大ベテラン松樹、主砲の冨田、万能遊佐、そして宮本、落合、杉本、と主力を失いチームとしては大打撃を受けたシーズン。
しかし!!宮崎、木原、若松、前川、大海、中村、池田と新たなメンバーが加わることでパワーアップを成し遂げることができました。
イーグルスさんとの試合、木原の安定した守備、大海のHR、前川のヒットとダブルプレー演出の守備、若松はいいとこなしに終わるも、新しく加わったメンバーの活躍光り、見事勝利を収めることに。
投手は石本がシーズン前半戦をひっぱり、後半戦は崎川→石本のリレーで順当に勝利を重ねることに成功。
崎川のくせ球で打って取り、試合中盤以降は石本のスピードボールで抑え込むいい流れ。
守備も昨年に比較して投手を盛り上げ、エラー絡みの失点も削減できました。
打撃ではチーム平均0.534と当たるアタル。
今期から取り入れた新打順もハマり、抜け目ない打線へと成長!
おそらくリーグトップ?のリードオフマン片倉、HR&打点王佐藤と若手が試合を盛り上げました。
チームHRの合計38本はここ最近ではトップクラスの成績に。
「ちょっと最近クリスマスパーティ端っこの方に座り過ぎじゃない?」を原動力に、中込新監督&片倉新助監督の新体制で迎えた今期もいい雰囲気で終わることができました!
クリスマスパーティは、例年よりも少し中央寄りに座ることができそうです。
71期お疲れ様でした!来期もよろしくお願いします。
負け組コメント
前試合で負け越しが決定し挑んだ今期最終戦。
相手は前回流れよく試合を運びながらも雨天ノーゲームとなったエンジェルスさん。
今回もその流れのままいきたいところだが、初回遠藤憲一の立ち上がりは制球が乱れてリズムに乗れず。
四球に味方エラーも重なり、球を置きにいったところを打ち返される展開で、4点を献上。
その裏、フォアボールのランナーPuiを置いたところで回ってきたのは、後半戦尻上がりに調子を上げてきた4番監督。
強烈に弾き返したライナー性の打球はそのまままっすぐセンターオーバーのホームラン!
さらにツーアウトながら、5番NOBUがエラーで出塁し、要所で仕事をこなす6番樫本がセンター返しでつなぐと、7番Calvinの放った打球はライトオーバーの2点タイムリーで、初回表に取られた4点差を抹消。
2回表は苦しみながら相手打線を1点に押さえ、波に乗りたい2回裏の攻撃だが、9、10、11番と三者凡退でよくない流れ。
3回表は再び憲一の制球に乱れが見えたことに加え、打ち取りながらも野手間を抜ける単打が連続し、追加で4失点。
どうしても点を取り返したい3回裏だが、またしても12番、1番、2番と三者凡退し、攻撃からのリズムを作れない展開に。。。
このままずるずると引き離されるか。。。と思われた4回の表。
相手先頭打者の一塁線を抜けるかという強烈なライナーを一塁手高田純次がピシャリとキャッチ!
さらにはツーアウトでランナーを背負ったところで跳ね返されたライト頭上へと抜けそうな当たりを右翼手樫本がジャンピングキャッチ!
守備からのリズムをお膳立てし、その裏の攻撃に高まる期待。
先頭3番稲場うわぁが四球を選ぶと、初回と同じ流れで回ってきた4番監督。
相手投手の素早いボールに若干詰まりながらも弾き返したライナーは、運悪く二塁手正面でキャッチされアウト。
さらに稲場うわぁが飛び出したところを帰塁しきれず返球されダブルプレー。。。
5番NOBUは粘りに粘るも、最後は絶妙なコースを見逃しで三振。
試合の主導権を取り損ねた最終回の守備では、憲一に復調が見られながらも、相手打線につかまり、連打・連打で5失点。
10点差で迎えた最後の攻撃。
6番樫本は今日2本目のヒットで出塁すると、7番Calvinの四球と8番Cliffがデッドボールで出塁。
ランナーを貯めたところで9番オーナー中原の打球はしぶとくレフト前に落とすヒット!
10番憲一が三振に倒れるも、11番3年ぶりの出場伊藤が四球を選び、最終バッターはぎっくり腰からの帰還、オーソネミーヨ。
セカンドゴロの間にランナーが帰り、3点目。
このまま続きたい!ところだが、睡眠時間2時間のリードオフマン鷹は今日3本目の凡退であえなくゲームセット。
シーズン始めと比較すると、粘り強い攻撃が出来ていた後半戦だが、本日は三振も多く、単調な攻撃が故のリズム感の悪い試合展開。
ただ、要所要所でいいプレーも見られたので気持ちをしっかりと切り替え、来週以降のトーナメント戦で来シーズンでのきっかけをつかみたい!
71期戦、皆さんどうもお疲れ様でした!!

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:川満
敗戦投手:迎

ブレーブス 0 0 6 0           6

HR:VINCENT DAI MAN

カイザース 2 4 4 2           12 HR:鈴木 
勝ち組コメント
71期もいよいよ最終戦。
お相手はカイザースを知り尽くすY田さん率いるブレーブスさん。
そのY田さん、この試合誰よりも声が出てました。
『相手ピッチャーのファーストストライクが一番甘い球やで〜!それ打たんか〜い!』などなど。
ご自身はそのファーストストライクを見逃して、総突っ込みにあっておられましたが、、流石です。。。
試合の方は満塁HRを打たれるなどあぶない試合でしたが、何とか勝ちました。
もちろん試合後は両チームで美味しくビールを飲んで楽しく中華をいただきました。
負け組コメント
今日も暑さがハンパなかったですが、皆さんお疲れさまでした。
今期最終戦、なんとか2勝目を挑みましたがカイザースさんに完敗。
でも3回に打線が繋がり、ビンセントの満塁弾 にダイマンが続きアベック弾と良いところも出て楽しい試合でしたね。
来期に向け納会やりましょう!

第71期 第30節 7月3日

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:高橋
敗戦投手:北浦
パイレーツ 0 4 7             11 HR:青
ベアーズ 2 0 4             6 HR:
勝ち組コメント
6勝6敗で数十年ぶりの勝ち越しがかかった最終戦。
人数が揃わない状況で新人3名を含めた計12名で迎えたベアーズ戦。先攻でスタート。
1回表:先頭打者南は四球、続く打者根本は三振、ここで当たっている3番小泉、4番青監督に先制点の期待。
しかし両者とも強い当たりのセカンドゴロで無得点。嫌な流れ。
1回裏:最終戦はここ2試合連勝中の高橋が先発登板。
先頭打者の痛烈なライン際サードゴロを名手SAMが好捕で1アウト。
しかし続く2番打者から3本の安打と四球で2点を奪われ、なおも1アウト2,3塁のピンチ。
続く打者はセカンドライナー、新人村田が裁き、飛び出した2塁ランナーも併殺でこの回を2点で食い止める。
2回表:何とか追いつきたいこの回、先頭打者SAM、続く吉富が四球でノーアウト1,2塁。
続く菅原は1,2塁間のライト前安打で1点返す。
続くHOWARD三振、高橋四球で1アウト満塁のチャンスで新人川村。
同点のチャンスで川村はレフトオーバーの2塁打で2点追加逆転に成功。
続く新人村田もピッチャーへの強いゴロで相手の好捕でアウトになるが、3塁ランナー帰ってこの回4点目。
続く新人JASON四球でなおも2アウト1,3塁の追加点のチャンスで1番打者南は同僚新人二人の活躍に力が入ったかキャッチャーファウルフライでこの回終了。
2回裏:逆転に成功し大事な回。
投手高橋は相手先頭打者をショートゴロで1アウト、続く打者に四球を与えるが、後続を内野ゴロに打ち取りこの回4人、無得点に抑える。
この回の途中で降ってきた雨が強まり、一時試合中断。その後回復し試合再開。
3回表:更なる追加点で投手を楽にしたいところ、この回2番からの攻撃。
先頭根本は綺麗なライト前安打、続く小泉はショートの右を破る痛烈なライナーで結果左中間2塁打となり1塁ランナーが生還。
続く青は2試合連続のライト場外へ消えるツーラン本塁打で早くも3点追加。
続くSAM四球、吉富死球でノーアウト1,2塁打で先制タイムリーの菅原はライトへの深いフライ。
2塁ランナーSAMは相手の守備を見ながら一気にホームインで更に追加点。
続くHOWARD四球でなおも1アウトランナー1,3塁で高橋。
自身の為にも更なる追加点がほしいところレフト線への2塁打でこの回5点目。
続く川村は力んでピッチャーゴロの隙に3塁ランナーHOWARDホームイン、続く村田のショートゴロを相手エラーで更なる追加点。
続くJASONは内野フライに倒れるものの、この回貴重な7点追加。勝利が近づく!
3回裏:相手も高橋の投球にタイミングが合ってきたか、先頭から3連打で1点を失う。
更に四球を挟み詰まった当たりがレフト前、センター前と落ち、あっという間に4点を失い、なおもノーアウト1,2塁のピンチ。
このあたりで1時間15分コールがあり、この回を守り抜けば勝利が見える。
続く打者はあわやセンター越えかと大きなフライを南が好捕で1アウト。
続く打者の辺りはセカンドベースよりのライナー。
新人村田がキャッチし、2塁ランナーが飛び出している隙にセカンドベースにタッチ、この試合2度目の併殺プレイで試合終了。
結果11対6で見事最終戦を勝利で飾り、今季リーグ数十年ぶりの7勝6敗の勝ち越しで優秀の美を飾ることができました!!!
第6節を最後に8名のパイレーツ選手が転勤、帰任で抜け、レギュラーバッテリーを失くし一時はどうなるかと思いましたが、ベテランと新人が上手く絡み、後半3試合を3連勝で飾れたのが大きかった。
最後に途中転勤や帰任でパイレーツを去った選手たちも本当にありがとうございました!
今季パイレーツを一緒に戦った選手全員の力でもぎ取った結果です!
また来季も今季以上の結果を残せるようチーム一丸となって頑張りましょう!!!
とりあえず飲み会やろう!!!
負け組コメント
71期最終戦は雨上がりの天光道、ベアーズは新加入の空手家胆藤選手を含む選手13名でパイレーツに挑みました。
1回表パイレーツの攻撃、先発北浦は先頭打者を四球で歩かせるものの、後続を3人で断ち無失点の立ち上がり。
その裏ベアーズは先頭川島の痛烈な当たりが攻守に阻まれるも、続く熊谷、北浦が連続安打、Stephenが四球を選んで満塁とすると、5番阿部のセンター前で一気に2者が生還して2点を先制。
なおもチャンスが続くが鈴木の当たりはセカンドライナー、この当たりに飛び出したランナーが刺され運悪くダブルプレーとなってしまう。
2回表は連続四球でランナーを溜めてしまい、間を抜けるヒットや内野ゴロの間に得点を重ねられ4失点と逆転を許してしまった。
追い付きたいベアーズはその裏、青山6ゴロの後Philが四球で出塁するが、パスボールの間に狙った2盗で刺され、続く角田が安打で出塁するも岩木が4ゴロと、ちぐはぐな攻撃で無失点に終わってしまう。
その後突然の豪雨で試合が中断、中断明けの3回表に流れが変わったか、四球と安打、更に相手4番にライトへのスリーランを許し、7失点と突き放されてしまった。
最終回となった3回裏は、藤木がヒットで出塁、初出場初打席の胆藤は初球を見事に弾き返してレフト前、更に島がセンター前で満塁のチャンス。
川島押し出し四球で先ず1点。
熊谷のライト前、北浦のセンター前で更に2点、Stephenはセンターへの犠飛を放ち1点とじわじわと追い上げる。
しかし続く阿部の当たりはセカンドランナー、飛び出した1塁ランナーが還れず最後も不運なゲッツーで万事休す。
最終戦を勝利で飾ることは出来なかった。これで今期の全試合が終了。
前半は5割近辺で踏ん張ったものの、主力選手の帰任が相次ぎ、終盤戦は6連敗と、悪い流れを最後まで断ち切ることができませんでした...
しかし、強豪相手の惜しい敗戦もあり、チーム力は着実に上がっています!
オフの間にチーム練習を重ね、来期こそは捲土重来を期しましょう!
皆さんお疲れ様でした。

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:長谷川B
敗戦投手:

イーグルス 4 3 0 1           8

HR:稲場 冨安

コンポードー 4 5 2 X           11 HR:
勝ち組コメント
中止も続き約2カ月ぶりの試合となった、今季最終戦。相手は、イーグルスさん。
先発は歯B。
1回、味方のエラーなども絡みいきなりの4失点。
その裏、一番広瀬がヒットで出塁し、すかさず盗塁。
西村が4フライに倒れるも、新人市川、4番ウーイェイがしぶとく四球を選び満塁とする。
5番ローター、6番歯B、7番お変わり君も打ち気を我慢し連続の押し出しで3点を返す。
8番稲葉の当たりはセンターへ。きっちり犠飛を打ちすかさず同点とする。
2回の歯B。ボール、コースともに悪いと言うわけではないが、相手の中軸に2本のホームランを浴び、3点を勝ち越される。
その裏、岡田は倒れるも、新人杉本が執念の全力疾走で相手のエラーを誘い出塁。
続く新居はしっかりと珠を見極め四球を選ぶ。一番に帰り、広瀬は得意のこすいバントを決め満塁に。
西村、市川と連続押し出しで1点差に。ウーイェイは力みすぎアウトとなるも、頼れるローターがきっちり8前にタイムリーで逆転に成功。
続く歯B。狙いはホームランも打球はショートへのゴロ。相手エラーを誘い追加点を挙げる。
3イニング目に入った歯B。1,2回の反省を生かし、3回は3者凡退に抑える。
3回裏。稲葉が四球、杉本の初ヒットなどもあり2点を追加し最終回へ。
最終回の歯B。1点は取られるものの安定したピッチングでゲームセット。
見事今季最終戦を白星で終えられました。
7勝5敗1分けで今季終了。次期は1勝でも多くできるよう頑張りましょう!!
負け組コメント
来期に持ち越しとなった勝率五割。。。
第一試合でシーズン勝ち越しを達成したパイレーツさんの勢いをもらいいざ勝負!!
1番Puiがフルカウントまで粘ったが凡退。続くバウワー稲場が珍しく(?)右中間に痛烈な打球を飛ばし出塁!続く富オパ、初球が腹に当たったとニヤニヤDBで12塁のチャンスを作る。
4番監督、流れにのりレフト前タイムリーで幸先よく先取点!!
ノブ丸山もタイムリー相手ミスも誘い初回4点を奪取。
しかし、裏の守りタフマン吉冨制球定まらず押し出し含む4失点と振り出しに。
2回の攻撃。バットを持ったタフマン吉冨が右中間を破るシングルヒットで出塁すると1番Puiは右中間にいい当たりを飛ばすがライトに取られ1アウト。
スパイク壊れたバウワー稲場がライトへツーランを放つと流れそのままで3番富オパ!連続HRをかっ飛ばしあっという間に3点を奪う。
続く監督がツーベース、ノブ丸山が四球と再びチャンスを作るが後続が倒れ3点どまり。
調子を取り戻したいタフマンだが調子が上がらず5失点と逆転を許す。
3回の攻撃は無得点と流れを掴めない。
最終回、4点を追うイーグルス。
先頭、富オパがライト前で出塁し、監督へ繋ぐ。
真ん中に甘い球が来たが飛ばしたのは上空へ。センターフライで1アウト。。。
四死球で満塁のチャンスを作るものの1本が出ずゲームセット。
残るは最終戦!今季は雨が多く6月以降連戦ですが最終戦勝利目指して頑張りましょう!!

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:崎川
敗戦投手:

エンジェルス 4 5 2 3 9         23

HR:片倉 川村 
 崎川(2本)

ロイヤルズ 2 0 6 3 0         11 HR:
勝ち組コメント
今期も残すところあと2戦、ロイヤルズさんとの戦いに挑みました。
23 11と乱打戦を制したのは我々エンジェルス!
初回は渡辺、吉田、石本、佐藤と連続出塁からの、打率を上げたい木原がまさかの凡退だが、片倉、酒井で返して4得点。
もっとイケた感があったが、とりあえずは先制のスタート!
守りは先発崎川―川村のバッテリー。四球に苦しもバッグも奮起し2点に抑える。
2回エンジェルス打線がブースト。
川村が一発をお見舞いし、続く宮崎がレフト前にうまくクリーンヒット、吐田は失策をつき出塁、澁谷は大人の四球、若松センター前に弾き返し、どんどん塁がうまっていくいいムード。
なんとか追加点で突放したい場面で打席には投手崎川。
マンブリをかましてグランドスラム!!この回5点の追加。
3回先頭佐藤がヒットで出塁&盗塁、チャンスで木原、ここも凡退。
「速球派投手には僕は強いんですが」との試合後のコメント。
打席には片倉、文句なしレフトに突き刺さる一発で2点追加。
4回の守りは2アウトまで粘るも崎川に打球が直撃、急遽マウンドに石本が立った。
スクランブル発進にも石本は柔軟対応できっちり切った。しかしこの回痛い6失点。
4回、吐田がサードゴロを放ち守備がバタバタしている間、吐田も打席でバタバタしておりまさかの1アウト。
続く澁谷は絶好調、教科書通りのライト前で出塁すると、本日崎川2発目で3点を追加。
崎川はマウンドでは四球で苦しむ形となったが、打席でマルマル借金を返すスタイル、本日トータルで9打点。
ここで雨天中断、、、も5分程度ですぐに太陽を拝めることになり再開。
守備からの再開となったが雨でゲームの流れはロイヤルズさんへ。失点を重ね点差が迫った。
最終回となる5回。なんとか追加点を取って楽になりたいエンジェルスは打線爆発。
ヒットと重ねて9得点で一気に試合を決めた。
さぁ今年も残すところあと1戦。
暑くなってきましたが、イチローなみの体調管理で気持ちよくシーズンを終えましょう!
負け組コメント
いよいよ71期も最終戦。既に5割復帰の可能性は無くなったが、一つでも上を目指したい ロイヤルズは上位に舞う天使達(!?)を撃墜すべく13名で戦いに挑んだ。
この日も後攻の我がチームは、初回を抑えぐっと流れを引き込みたかったが、先発澁谷の 緩い球筋にいきなり天使軍団が反応し、初回から乱打を見舞われ4点を先制される。
1回の裏ロイの攻撃は、1番疇地が得意のライト方向に先頭弾!かと一瞬思う当りの 大きなフライを打ち上げる。
幸いにも相手守備が落として下さり見事先頭バッターが出塁。
2番城倉、3番大井が四球を選び、ノーアウト満塁のチャンス。ここで今期打率は5割を越える ものの未だ大砲待ちの4番白杉に打席が回るが、好球に巡り会えず敢え無く内野ゴロに。
しかしその間、疇地が生還し1点を返す。
その後6番澁谷、7番道宗と四球を選び2点目を返すも、相手守備に阻まれこの回2点止まり。
続く2回表は自軍のエラーも重なり満塁のピンチを迎えると、最近石z尾に相性が良くないのか逆に満塁弾を放たれ5点を献上してしまう。
2回裏の攻撃は簡単に4人で討ち取られ点差を縮める事もできず早々に交代。
3回表も2ランを浴び2桁失点と なりズルズル行ってしまいそうな嫌な展開に。
しかし3回の裏先頭バッターの木俣が2試合 連続弾となるソロを放ち反撃の狼煙を打ち上げると、1番に返り疇地、城倉、白杉、赤石がいずれも四球を選び塁を埋めて行く。
ここで本日の先発投手澁谷が仕返しの2点タイムリーを 放つと、更に四球と相手エラーを呼び込み2点を加えこの回6点を返し再び3点差まで詰め寄る。
4回表の守備、サード強襲のゴロをショート疇地がうまくカバーしてアウトにするなどいい流れも出来て来たが、この回も被弾してしまい再び3点を奪取されなかなかリズムが掴めない。
ここで突如スコールに会い一時中断。
やる気も試合も流されそうになりかけたが、ここで終わる事の出来ないロイヤルズはゲーム再開を希望。
すると相手投手のリズムに異変が生じたのか、12番小高が死球で出塁すると、そこから6連続四球を選びノーヒットで3点をそっくり返す。
しかしまずい走塁死もあり自らチャンスを畳んでしまうと、5回の表には3倍返しとなる9点をもぎ取られここで万事休す。
最終回も見せ場なく終わってしまい、最終戦を勝利で飾る事は出来なかった。
17死四球をうまく利用して得点に繋げた面もあったが、チャンスを活かし切れないところは毎回悔やまれるところ。
次期課題として挙げ、72期王者復活を目指したい。

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:
敗戦投手:

                     

HR:

                      HR:
勝ち組コメント
負け組コメント

第71期 第29節 6月26日

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:中島
敗戦投手:三浦
イーグルス 0 8 1 1           10 HR:丸山(裕)
ロイヤルズ 11 2 0             13 HR:木俣
勝ち組コメント
この日は5月22日以来一ヶ月以上振りの試合になった。
朝から照りつける太陽に、ベテランを 主軸とするチームメンバーは体力消耗と、鈍った感覚にやや不安を感じつつプレイボールを迎える。
後攻のロイヤルズは1回表、その懸念された鈍い動きを早々に吹き消すプレーを繰り広げた。
まず先頭打者がフラフラっと打ち上げた二遊間へのあわやポテンヒットというフライを、セカンド道宗が見事な滑り込みキャッチ。
続く二番の当りもファーストフェンス際に フラフラっと上がった邪飛を、わざわざ日本から出張して来たベテラン水野がナイスキャッチ。
続く三番の当りも二遊間へ落ちそうなフライを、ベテランに任せてはおけないとショートの疇地が見事な背面キャッチ。三者凡退で切り抜ける。
続く1回の裏ロイヤルズの攻撃は、逆に1ヶ月空いたうっぷんを晴らすかのような怒涛の攻撃を見せる。
1番疇地が四球で出塁すると、2番小高がレフト前にクリーンヒット、3番大井のライトオーバーの2塁打で早々に1点を先制。
4番白杉の内野ゴロの間に一人生還し2点目。
5番赤石も相手エラーを誘って出塁すると、6番澁谷が再びレフト前へヒットを放ち3点目。
7番中島は四球を選び満塁とすると、8番丸山、9番道宗、10番水野、11番中村と4連打で一挙6点を追加。
締めくくりはラストバッター木俣の2ランホームランで、打者一巡13人の猛攻で初回11点を先制する。
しかし2回表、大量得点で気の緩んだロイヤルズに鷲軍団が襲い掛かる。
ボール球を振らず甘い球に的を絞り始めたのか、ストライクゾーンに入った球はことごとくクリーンに跳ね返され、右へ左へヒットを連打。
その間サードへの強襲ライナーで赤石が負傷し途中退場してしまう。
気づけばあれよという間に8点をとられその差はわずか3点に縮まる。
しかし、ここもピッチャー 中島の粘りの投球と、ショートに移った道宗の気合溢れる守備で何とか切り抜ける。
2回裏の攻撃は再びクリーンアップに打順が回り、大井、白杉の安打に澁谷の犠牲フライなどで2点を追加。その差を5点に拡げる。
太陽もすっかり天高く上り始めた3回表、疲れが出て来た中島は相手4番に豪快なフェンス越えのホームランを打たれこの回でお役御免。
3回裏の攻撃は打者は出すも得点に至らず4点差のまま最終回へ。
勢いに乗る鷲軍団にもしや逆転勝利されてしまうのではと不安がよぎるも、クローザーに入った丸山と本日3つ目のポジションに入った道宗の往年のゴールデンバッテリーが1点に抑え、鷲の追撃を絶ち逃げ切る事が出来た。
次週が71期の最終戦。
暑さも気合と根性で吹き飛ばし、試合後のビールの為にも勝利で飾りたい。
負け組コメント
勝率5割をかけて負けられないイーグルス。
悪天候続きから打って変わってド快晴のベストコンディションで挑んだ今シーズン11戦目の相手はロイヤルズさん。
初回表の攻撃、鷹、かっしー、稲場うわぁが三者凡退の良くない流れ。
その裏、久しぶりの先発フランク三浦は、ストライクゾーンとの相性が中々合わず、フォアボールでランナーを出し、打ち取った当たりも内野手の間をうまく抜けるヒットの連続+被ホームラン。
さらには、ランナーを溜めている場面で、レフトCalvinの後逸、セカンドかっしーのゲッツー崩れの暴投と、まずい空気が膨らんだ結果、なんと初回に大量11失点。
とはいえ、つなぐバッティングで試合をまとめてきたイーグルスは2回表の攻撃、先頭4番監督がツーベースで出塁すると、前夜に酒を控えた5番オパはライト前ヒット。
6番NOBUがチーム最多11個目の四球を選ぶと、7番Puiがボテボテのキャッチャー前に転がる打球の間に監督が巧みにホームインし1点。
続く8番Calvinは強烈なライト前の打球も、速すぎてライトゴロに倒れるも、その間にオパが頑張ってホームイン。
9番遠藤憲一が倒れるも、10番Cliffは粘った後にきれいなセンター前で追加点。
11番オーナー純次の打球をセカンドがファンブルし何とかチャンスを広げると、ラストバッターフランク三浦はライトを越える見事なツーベースでさらに追加点。
リードオフマン鷹は初回の借りを返すべくセンターに弾き返して打点をつけると、2番かっしーもツーベースで1点をもぎ取り、終わってみると8点を奪取。
これで波に乗りたいイーグルスだが、2回裏の攻撃も初回と同様の流れ、フォアボールとヒットにエラーが絡み、2点を追加されて引き離される。
流れを変えたいイーグルス、初回に続いて先頭打者の4番監督は、相手投手の速球を鋭く振り抜き、大きく飛んだ打球はセンター頭上のネットを越え、見事場外ホームラン!!
前の試合に続いてのホームランで、ようやく眠れる獅子が目を覚ましたところで、それに続きたいところだが、5番オパは力んだかライトフライ、6番NOBUは粘るも最後は三振に倒れ、ツーアウト。
そこから、Pui、Calvinが連続安打で9番憲一が四球を選び満塁とするも、10番Cliffが打ち上げてしまい、あえなく三者残塁。。。
3回裏はピッチャー交代し、波に乗っている憲一が登板。
ゾーンに苦しんだフランク三浦とは一点、相性が合ったのか、ヒットでランナーを出すも、緩急をつけたピッチングで相手打者を押し通し、ショート鷹の好判断によるダブルプレーにも助けられ、しっかりと無失点で抑えて最終回の攻撃へ。
なんとしてもランナーを出したいところだが、先頭11番純次と12番フランク三浦はともに内野フライに倒れツーアウト。
しかし野球はツーアウトから、と1番鷹が四球で出塁し、すかさず本日2個目の盗塁をすると、2番かっしーが粘って内野安打。
3番稲場うわぁはレフトへ痛烈なヒットで鷹がホームインして3点差とし、ツーアウトランナー一・二塁と一打同点の場面で迎えるは4番監督。
チェンジアップを使い分ける相手ピッチャーになんとか食らいつき、ファールで粘ること数球。
期待値がいよいよ高まったところで、飛んだ打球は。。。高く打ち上げてしまい、センターのグラブへおさまり、ゲームセット。
目覚めたと思った獅子だが。。。zzZZ
あと一本というところまで迫る打線のつながりはいいリズムだが、なんでもないところでのエラーは大きな痛手となることを痛感させられた試合。
残りはあと2試合。ひとつも負けられない背水の陣で、5割キープを目指し、頑張っていきましょう!

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:高橋
敗戦投手:相賀

パイレーツ 8 10 0 1           19

HR:青

ブレーブス 4 0 3 0           7 HR:DAI MAN
勝ち組コメント
今週はキャッチャー三谷の送別試合。計14名で迎えたブレーブス戦。
現在5勝6敗、戦績を5分に戻したい試合は先攻でスタート。
1回表:相手投手の制球が定まらず、先頭打者から4者連続四球後、青監督が目の覚めるような右中間へのライナー満塁本塁打で5点先取。
その後も四球が続くが追加点が取れず、ツーアウト満塁から菅原がセンター前へタイムリー安打。
その後の打者も四球を選び初回打者一巡で8点先取。
1回裏:3試合目の先発登板の高橋。先頭打者に痛烈な安打を浴びるが続く打者をセカンドゴロホースアウトでいい立ち上がりを見せる。
しかし、その後味方エラーと四球で満塁となり、甘い球を左中間場外へ本塁打され4失点。
その後、後続を抑え何とか4失点で切り抜ける。
2回表:先頭打者南はセカンドゴロ、しかしファーストが落球しエラーで出塁。
その後、3者連続四球で初回満塁本塁打の青監督へ。
2打席連続満塁本塁打を期待するも、打球は勢いなく、しかしセンター前安打で追加点。
続く三谷はピッチャー強襲安打、根本は四球でノーアウト満塁。
バッターは向井助監督。前打席は高めのボール球に手を出しショートゴロ、ここは更に追加点がほしいところ、左中間へ見事な走者一掃のタイムリー2塁打。
続くHOWARDも右中間へ2塁打、その後四球、内野ゴロで得点を重ね、この回も打者一巡で10得点。試合を優位に進める。
2回裏:追加点で楽になった高橋は制球が定まり、また相手打者もタイミングが合わず打者全員レフトフライで3者凡退に抑える。
3回表:再度1番打者から始まるパイレーツ打線。
更なる追加点となるか、と期待したが、1,2番は内野ゴロで早くもツーアウト、3番鈴木(健)は綺麗にセンター前安打を放ち4番絶好調の小泉の打球はレフトへあわや本塁打と思ったがフェンス前で失速レフトフライでこの回4人で攻撃終了、追加点ならず。
3回裏:この回から吉富に交代。スピードがあり三振も奪うも制球が定まらず四死球とライトへの大きな打球を一度はキャッチするも落球するなど、この回3点献上。
4回表:先頭青監督はレフトライナーで倒れ、続く打者は本日最終試合となる三谷、三遊間へクリーン安打。
続く根本の当たりは痛烈なセンター返しであったが、相手投手の好捕でツーアウト2塁。
ここで向井助監督。前打席のイメージを持って綺麗なセンター前タイムリー安打で追加点。
4回裏:最終回を吉富がきっちり抑え、ゲームセット。
終わってみれば19対7と言う結果となりました。
相手投手の制球が定まらないこともあり結果的に15四球を選び、ランナーを溜めてから安打、本塁打で得点を重ねたことが大量点につながった。
また先発の高橋もこの日は四球4つと安定した投球内容で、抑えの吉富も好投。
これで6勝6敗。来週最終戦を勝って、何十年ぶりかのリーグ勝ち越しを決めて上手い酒を飲みましょう!
最後に、この日が最終試合となった三谷さん、短い間でしたが名キャッチャーとしてパイレーツの歴史に刻まれるでしょう!本当にお疲れ様でした!
負け組コメント
暑さがハンパなかったですが、皆さんお疲れさまでした。
今期も残すところ後一試合です。
何とか勝利し気持ちよく終われるよう頑張りましょう。

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:金塚
敗戦投手:北浦

サンダース 3 1 1 0 4         9

HR:

ベアーズ 3 2 0 0 1         6 HR:
勝ち組コメント
「71期ラストゲーム」
71期ラストゲームはベアーズさん。本日、雲ひとつない快晴の石z尾。
先攻のサンダーズは、初回ノーアウト1、2塁から4番吉原選手の左中間への2点タイムリー2ベースで先制。
植中選手も続き、初回3点の幸先良いスタート。
裏の守備、本日の先発は、現在育成中の簀戸投手。前回のリベンジ果たすべく、練習の成果が試される。
初回立ち上がり、先頭打者をヒットで許すと、その後2者連続ファーボールを与え苦しい展開。
その後ヒットを打たれながらも、なんとか一つずつアウトを積み重ね逆転を許すことなく初回3失点で切り抜ける。
ベンチでは金塚投手が、息子を見守るお父さんの表情になっていました。
2回表、1死ランナー無しからまさかの金塚選手セフティーバント…で出塁すると、新人綿引選手のライト前タイムリーヒットで追加点取得。
緊張もほぐれ波に乗れたかに見えた簀戸投手であったが、2回制球を乱し已む無くエース金塚投手と交代。残念、簀戸投手!!
逆転を許したものの、3回に1点を加え同点に追いつくと、5回綿引、そして今期初試合の鈴木両選手のタイムリーで4点を加え、逆転に成功。
その裏の回もエースが無難に抑え、71期最終戦を白星で飾れました。
71期は結果11勝2敗、リーグ3位の成績で締めくくりました。
この試合では、新人綿引選手の2安打3打点、久しぶりの復帰鈴木選手2安打2打点など新戦力の活躍が目立ちました。
今期相次ぐ主力選手の帰任で優勝は逃しましたが、有望な新人選手も多く加入、またリーグチャンピオンのドリームスの全勝優勝を阻止した事は来期以降の大いなる自信に繋がったサンダース。
来期は全員の力を結束して優勝目指して頑張りましょう。
負け組コメント
雨天中止が続き約2ヶ月振りのリーグ戦は第1試合というのに炎天下となった石z尾。
ベアーズはリーグ屈指の強豪サンダースに選手11名で挑みました。
1回表先攻はサンダース。
先発北浦は球が走り悪くない立ち上がりではあったが、不運なヒットも重なり3点を先制されてしまう。
取り返したいベアーズはその裏、相手先発投手の不安定な立ち上がりを攻める。
1番三澤がレフト前で出塁すると、続く川島、北浦が連続四球。
4番Stephenは8フライに倒れるも、布村が三遊間をきれいに抜いて1点目。
続く熊谷の5内野安打で2点目。更に阿部の6ゴロの間に走者が還って同点に追い付く。
鈴木が四球で更にチャンスがつながるが、角田6ゴロでこの回は同点止まり。
2回表は1失点で切り抜け、裏の攻撃は島、三澤の連続四球から2番川島が右中間へ2点適時二塁打を放ち遂に逆転に成功。
更に北浦、Stephenと死、四球で満塁のチャンスとするが、ここでサンダースはエース金塚投手が登板。
布村粘るも三振、熊谷は5ゴロに倒れ、見事に流れを断ち切られてしまった。
3回表は満塁のピンチから押し出しで1点を失い更に無死満塁のピンチ。
しかし、ここで相手1番をチェンジアップで三振に取ると続くバッターのショート横への痛烈な当たりをStephanがグラブで叩き落し4-2と転送。
見事ゲッツーとして同点で切り抜けた。
3回裏、阿部が8前ヒットで出塁するが、鈴木三振、角田遊ゴロ、岩木三振と追加点を奪えない。
ベアーズも4回表はサンダースの上位打線を無失点に抑えるが、その裏は島、三澤連続三振、川島5ゴロと完璧に抑えられてしまう。
この時点で5対5の同点、イニングは最終回と見込まれる5回へ。
踏ん張りたいベアーズ。しかし巧打のサンダース打線にしっかりと見極められ、四球と安打で満塁のピンチを招くと、続く打者の打球は右中間へ。
センター川島が必死に追いかけるが後一歩届かず、この間に2者が生還。
その後、二塁の横を抜ける安打で更に2点を奪われ、最終盤で遂に突き放されてしまった。
最後の粘りを見せたいベアーズは最終イニングの攻撃へ。
先頭の北浦は初球を強振するも3フライでチャンスを作れない。
しかし、続くStephenが8前に弾き返すと、意地の2盗3盗を決め、布村遊ゴロの間に生還。
しかし最後は熊谷が三振に倒れゲームセットとなってしまった。
敗れはしましたが、強豪サンダース相手に終盤まで食らい付いた戦いは自信になりました!
次週の最終戦は必ず勝って、良い形で来期につなげましょう!頑張れベアーズ!

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:藤原
敗戦投手:崎川 石本

ドリームス 1 1 1 2           5

HR:

エンジェルス 0 0 0 3           3 HR:木原
勝ち組コメント
71期最終節、勝つか分けるかで優勝の夢軍団。
今期最大の18人でエンジェルスさんとの一戦に臨みました。
先行夢軍団は、お帰り一番ワルヲが強烈なツーベースを左中間へ運ぶと、ワルヲ2が四球でチャンス拡大。
3番組キャプの強烈な打球は、6-4-3のDPとなるもファーストからピッチャーへの返球が乱れ、ワルヲ1がホームイン。先制。
タカG四球・MT四球でさらにチャンスを作る。市助の打席で、WPからの盗塁失敗で攻撃終了。
初回、組キャプの立ち上がり先頭打者に強烈なセンター返しを打たれるもともきんナイスプレーで1アウト。
次打者のセカンドゴロは、内安打となり色々とあったけど無失点で終了。
2回表、市助四球・角太死球でチャンスメイク、副キャメ6Eを誘いノーアウト満塁。
お総裁の強烈な5ライナーを5が弾きベースへタッチ。
その後の本塁への送球が暴投となるも、本塁憤死・・・。結果DP。
2アウトとなるも、WPで2・3塁。さらにWPで副キャメ生還。2点目。
さとまは見逃しK・・・なんか確定。その裏、うだるような暑さがプレイヤーの体力を奪う・・・それでも、バッテリー踏ん張り無失点。
3回表、ともきんDBで出塁後連続WPで3塁へ。
きよし明は惜しい当たり連発も、結果相手の上手い守備に阻まれた6ゴロでランナー動けず。
続く、テコンは粘って四球を選ぶと続く純生に待望のタイムリー2塁打が飛び出し、湧き出すベンチ!
でも、テコンはなぜか3塁・・・。
押せ押せの場面で、海猿垂れた4ライナーで2アウト。
気合たっぷりぶいちに繋がるも割と痛げなDBで満塁に。
き〜やんに期待がかかる。左中間への打球は、レフトのグラブを弾くもセンターが抑え、結果3者残塁でこの回も1点。
その裏、下位打線に付け入る隙を与えない組キャプ!しっかり3人で抑え、打線の援護を待つ。
4回表、時間も気になる攻撃もますけん1フライで1アウト。
先頭戻ってワルヲが9前に運ぶと、エラーも有って一気に3塁へ!
2番ワルヲ2が、しっかり9へ弾き、4点目。組キャプ四球後、たかGもしぶとく9へ運び5点目。
MT9前に運び満塁となるも・・・
市助インフィールド5フライ、角太6ゴロで2点止まり。
最終回の守り、1アウトから出塁を許すも2アウトまでこぎつける。
ここで副キャメへスイッチ、相手1番へのその初球・・・打った瞬間の打球はレフトへ飛び込むツーランホームラン。
続く打者へ気を取り直し2ストライクとするも、レフト前へ弾かれる。
3番へは、サードゴロもレフトへ抜けピンチ拡大。
4番も追い込むもセンター前へ弾き返され2点差に・・・。4番はフルカウントからの四球で満塁。
1打同点、逆転、サヨナラ・・・色々な思いが試行錯誤する中2ストライクと追い込む!
相手もきわどいコースをファールで粘る。
サードファールフライで試合終了・・・とはならず、さらに続く。
そして・・・最後は9フライをきよし明ががっちり掴みゲームセット。
実に長かった6期ぶりの優勝!お総裁胴上げ!歓喜の夢軍団!!!
応援頂いたOB・OGの皆様本当に有難うございました。
これからは、トーナメントの制覇!
来期の2連覇に向けて、常勝軍団の再構築に邁進致します!
今後ともご声援のほど宜しくお願い致します。
負け組コメント
5連勝中と絶好調のエンジェルス、今期順位変動に関わる大事な一戦。
ここで勝てるか否かで今期上位に食い込めるかどうかがかかってくる絶対に負けられない試合となった。
新人大海、中村、池田を含む16人での戦いである。
相手は剛球投手二枚看板のドリームス。
一回表、ドリームスさんの攻撃、いきなり二塁打と四球でピンチ。。。。
不穏なムードが漂うも、ダブルプレーで二死!
か、しかし、ファーストからピッチャーへの返球エラーで1失点。。。
その後連続四球で二死一、二塁からのWP、、、キャッチャー中込が強肩で三塁で刺して何とか最少失点で切り抜ける。
一回裏、先頭バッター木原は速球をセンターフライ。
一番やってはいけないスタートを切ることになるが、エンジェルスの攻撃は常にフライから始まる。
2番石本は内野安打、3番吉田は三振も倒れるも、4番、5番と連続四球で二死満塁で6番佐藤は三振でこの回無得点。
二回表、四球死球失策でまたまた無死満塁のピンチも、サード佐藤のライナーを落としながらも、頭脳的ダブルプレーで二死一、二塁。そしてこの回も連続WPで1失点。
二回裏、相手の速球に手も足も出ず三者凡退。
三回表、この回も四球・WPで苦しむも味方好守で1失点に抑える。
三回裏、三者凡退。。。
四回表、連打を浴び2失点。
四回裏、5点を追いかけるエンジェルスの攻撃、先頭池田はサードゴロで一死。
14番川村はライトへ運ぶと、15番崎川はサードゴロで二死二塁。
ここでやっと二巡目に突入。1番木原は投手交代した流れを引き寄せる一発を左中間へ運び2得点。
2番石本、3番吉田は技ありのレフト前で二死一、二塁。
4番中込監督もきっちりセンター前で1点追加。
5番片倉は四球を選びサヨナラのランナーとなる。
本日2回目の満塁6番佐藤は粘りに粘って、ライトフライで追撃もここまで。
今期残すところあと2戦。残り2試合はもう落とせない!気合入れろエンジェルス!

第71期 第28節 6月19日

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:藤原
敗戦投手:島上
ツナーズ 0 0 1 0 0         1 HR:下山
ドリームス 0 0 0 2 1         3 HR:
勝ち組コメント
6月19日 快晴 優勝を占う大一番、首位ツナーズさんとの直接対決。夢軍団15名で挑みました。
初回、組キャプの立上り。テンポよく3者凡退、2奪三振と気合の入ったピッチング。
その裏の攻撃、汚名返上といきたいキョギヲは7フライで1アウト、続く角太8フライで2アウト、組キャプ9前へ弾くも4番隆Gは7フライで攻撃終了。
2回の組キャプ、相手主力に真っ向勝負!「0封」で味方の援護を待つ。
2回裏、副キャメ三振、を総裁6ライナー、さとま1ゴロと投手戦の様相に。
相手がエンジンを組んで臨んだ3回表その初級。
打った瞬間のあたりは、ライトスタンド中段に飛び込む先制被弾。
多少の動揺から、さらにランナーは許すも最少失点で切り抜ける。
3回裏、すぐに追いつきたい打線もともきん6ゴロ、海猿6ライナー、テコン9ライナーでなかなかチャンスを作れない。
それでも、組キャプ4回表は0封とし互いに譲らない展開に。
その裏先頭塾生純生隊長、しっかり粘り四球で出塁すると流れは夢軍団に。
き〜やんも四球で続くと、疲労の見え始めた投手からぶいちは三振するうも、ちゅんたも四球を選び満塁に。
ますけんが、1ゴロで2アウトとなるも、先頭キョギヲの2球目にWPで同点に追いつく、盛り上がるベンチ。キョギヲは四球となり。
続く角太の初球・・・こんどはDBでついに逆転。
おせおせの場面も組キャプ力んで高い6フライ。2点を奪い逆転に成功。
5回表、大事な場面でしっかり3人で切って取りその裏の攻撃へ。そして1時間15分コール。
相手のエラーから1点を奪い、3対1で見事に勝利!
両チーム合わせて3安打というAA市場稀に見る投手戦を制し優勝へ一歩近付いた夢軍団。
次週、最終節エンジェルスさんとの一戦に全ての思いを込めて悲願の優勝奪還へ皆の思いを一つに頑張りましょう!!!
負け組コメント
71期最終戦の相手は強豪ドリームスさん。
勝てば71期自力優勝のかかった大一番。一戦必勝と気合の入る15名のツナメン。
初回、1番武藤おしい当たりの4ゴロ。2番JOE三振。3番砂永三振と、三者凡退。
気合はたっぷりだが、結果に繋がらない。
その裏、エース島上は4人で抑える。
2回も三者凡退と中々塁に出られない苦しいツナーズ打線。
その裏、三者凡退とお互い一歩も譲らぬ投手戦。
3回、先頭下山が初球をとらえライト上段へのHR!!!ツナーズの時限爆弾がここで爆発!!!一気に盛り上がる。
しかし、松永が内野安打するもこの回3三振と1点で終わる。
その裏、三者凡退と島上も暑い中踏ん張りをみせる。
4回、これまた三者凡退…。
その裏、四球でピンチを招くと、WPと死球で2点を失う…。
5回、まずは1点を返そうと気合を入れるも3者連続三振と相手好投手を最後まで打ち崩せない。
その裏、エラーで1点を追加され万事休す。結果1対3と悲しい結果。
自力での優勝を逃し、さすがのツナメンもガッカリ。
しかし、その後のBBQでは反省しつつも楽しく和気藹々と盛り上がり、トーナメントへの前向きな姿勢を見せるツナメン。
今期は終わりましたが、トーナメント、そして来期に向けチーム一丸となって頑張りましょう。

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:小山
敗戦投手:吉冨

サクラ 0 1 0 5 3         9

HR:小山

イーグルス 3 1 0 0 2         6 HR:丸山(裕)
勝ち組コメント
前節長い連敗をストップさせた櫻、本日は1ヶ月ぶりの試合、イーグルスさんとのリーグ戦最終戦。
今日から復帰のウッチーを加えた13人で試合に臨む。
先行の櫻、リードオフマン好調増山が初球からレフトに運ぶクリーンヒットでチャンスメイクも、後続が続かず無得点。
櫻の先発は小山監督、前節好投の流れそのまま今日も伸びのあるボールを投げ込む。
初回四球とヒットで3点を失うもまずまずの立ち上がり。
2回の櫻の攻撃、ショーマが四球狙いと思いきや強打でヒット、すかさず走ってチャンスを広げ、山口のヒットで1点。
久しぶりのウッチー、詰まったあたりもきっちりとヒットで出塁も後続が続かず、1点止まり。
その裏、小山監督、イーグルスの上位打線を1点で抑える好投、守備からリズムを作るいい流れ。
3回は両軍無得点、投手戦に。
4回の櫻、1番増山からの好打順、期待に応え三遊間を抜くヒット、2番鈴木のヒットで1点返し、4番清野四球の後、5番小山監督の3ランホームランで逆転、投打に大活躍。
最終回櫻の攻撃、森實、安信が四球でチャンスメイクの後、2番鈴木、打った瞬間ライト上段まで飛び込む3ランホームランが飛び出し、リードを広げる。
最終回の小山監督のピッチング、ホームランを打たれた後、四球を出す嫌な流れも、ファースト大沢の好判断のゲッツー、最後は鈴木の華麗なフィールディングで試合終了。
途中、勝てない苦しい試合が続くも、最後はいい形でリーグ戦終え、来月からのトーナメントに弾みをつけた櫻戦士。
トーナメント戦2年連続3位も、今年こそは優勝目指して頑張りましょう。
負け組コメント
今期まったく天候に恵まれないイーグルス。
雨で流れに流れ、数週間ぶりの試合の対戦相手はサクラさん。
初回表の守備は、遠藤憲一の緩急巧みなピッチングで強力打線を0点で抑える上々の立ち上がり。
波に乗りたいその裏の攻撃、久しぶりの出場となるリードオフマン鷹が期待通り四球を選び、すぐさま盗塁でノーアウト二塁とすると、2番稲場うわぁのレフト前ヒットの間に生還し1点。
さらに3番NOBUが四球で出ると、4番監督がセンターフライに倒れるものの、5番憲一のきれいなセンター返しで2点目。
6番Cliff、8番樫本がしっかり選んた押し出しによる1点も加え、結局3点で初回の攻撃は終了。
この援護射撃でリズムに乗ったピッチャー憲一は、5番から始まった相手の打線も1点で抑え、初回に続き順調。
追加点が欲しいその裏、超久しぶりの登場、10番笹川がライトフライに倒れるも、一巡した1番鷹は右中間を破るツーベース。
2番稲場うわぁがセオリー通りセンター返しでチャンスを広げると、3番NOBUがレフト奥に打ち上げたフライで鷹がタッチアップで1点獲得。
このまま続きたいところだが、4番監督はファーストライナーに倒れチェンジ。
3回は両チーム無得点で終え、暑さにより体力が削られ始めた4回表。
それまで粘り強い投球を続けてきた憲一にも疲労が見られ、四球やヒット、守備陣のエラーでためたランナーをホームランで一掃される、苦しい展開。
終わってみれば5得点を挙げられ、一気に逆転されただけでなく、長い守備でエネルギー切れのメンバーは、その裏の攻撃を10番笹川のレフト前ヒットのみの4人で終えてしまい、無得点。
これで流れが傾いたか、5回表の守備は、再び相手の強力打線につかまり、ホームランを含む3失点。
裏の攻撃が時間いっぱいで始まり、もうサヨナラ勝ちをするしかない、と意気込むイーグルスは、先頭の3番NOBUが慎重に四球を選び出塁すると、前2打席凡退に終わっている4番監督が鋭く振り抜いたバットは、打球を見事にセンターの頭上へ弾き返し、待望のツーランホームラン!これで雨天ノーゲームとなった試合で見せたホームランが嘘ではなかったことを証明!
一気に流れを引き寄せたチームは、その後5番憲一が四球、6番Cliffがレフト前にしぶとくヒットを放ち、点差をわずかに3点とし、ノーアウト一二塁の大チャンス。
迎えるバッターは前打席で(師匠・森實氏の守る)ライトへヒットを放った7番高田純次。
以下、タイムライン形式(これはノンフィクションです):
打球がゴロとなりファーストへ→一塁手が捕球→何故かファーストランナーCliffが一塁へ帰塁→一塁手がセカンドへ送球しアウト
→「あー残念。フォースアウトはしょうがないか」とベンチも切り替えムード
→皆がふと目を向けると、何故かファースト手前を歩く高田純次
→「何故まだそこにいる!?」「何故歩いている!?」と皆疑問に思いつつ、全員で叫んだ「走れ!!」
→現実世界に戻ってきた純次があわてて走り出すも、二塁手から送球されてきたボールがファーストに到着し、アウト
というわけで、異空間に引き込まれそうになっていた純次を取り戻した代償に、イーグルスはツーアウトを献上。
最後は8番樫本の強烈な打球を相手二塁手に好守され、ゲームセット。
押せ押せムードだっただけに、なんとも微妙な幕切れは非常に残念。
打線は面白くつながっており、ピッチャーの調子も尻上がりなので次戦こそしっかりものにして連敗をとめたいところ!
本日の教訓:飲んだら乗るな。乗るなら飲むな。打ったら走る。

第71期 第27節 6月5日

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:
敗戦投手:
エンジェルス                     HR:
イーグルス                     HR:

雨天順延 (⇒7月3日)


1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:
敗戦投手:

カイザース                    

HR:

ブレーブス                     HR:

雨天順延 (⇒7月3日)

第71期 第26節 5月29日

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:
敗戦投手:
ロイヤルズ                     HR:
イーグルス                     HR:

雨天順延 (⇒6月26日)


1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:
敗戦投手:

パイレーツ                    

HR:

ブレーブス                     HR:

雨天順延 (⇒6月26日)


1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:
敗戦投手:

サンダース                    

HR:

ベアーズ                     HR:

雨天順延 (⇒6月26日)


1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:
敗戦投手:

ドリームス                    

HR:

エンジェルス                     HR:

雨天順延 (⇒6月26日)


第71期 第25節 5月22日

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:小山
敗戦投手:
サクラ 9 8 10 8 1 6       42 HR:大沢 清野 小山(3本)
 山口 藤田(2本) 安信
アタッカーズ 0 0 0 2 0 2       4 HR:
勝ち組コメント
本日の対戦相手は、アタッカーズさん。
前節が不完全燃焼で終わった我らサクラなので、今日の試合は、前節の鬱憤を晴らすべく14名が参加しました。
初回から1番増山のツーベースヒットで口火を切り幸先のいいスタート。
続く2番鈴木、3番大沢もそれぞれツーベースヒットで続き、この先の猛打爆発の予感をさせました。
清野もヒット、小山、マイク、安信の本塁打等、出水が三振でスリーアウトチェンジまで、初回から怒涛の攻撃で大量リードの好スタートを切りました。
守っては、ピッチャー小山を中心に零封に抑えました。
2回の攻撃も森貫のツーベースから西山、増山と連打。
8番藤田に本塁打で飛び出し、絶好調のサクラ打線。
3回の攻撃も5番小山と8番藤田のこの日2本目の本塁打で、さらにリードを広げていきます。
続く4回も順調に得点を重ねて、出場選手全員安打で打線は絶好調でした。
守っても4回途中まで、小山が無失点に抑える力投で2失点したところで、マイクに交代。
最終回となった6回三者連続本塁打を含む6得点で締めくくり、会心の勝利となりました。
この勢いのままに次節も猛打爆発といきましょう!!
負け組コメント

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:金塚
敗戦投手:藤原

ドリームス 0 2 0 0 0         2

HR:

サンダース 0 0 0 5 0         5 HR:
勝ち組コメント
71期全勝中の強豪ドリームスさんとの一戦。
昨年10月に帰任した攻守の要・太田選手が助っ人として参加。
太田選手との再会を楽しみにして、いつもよりだいぶ早く集合したサンダース。
ウォーミングアップもバッチリで気合十分♪
初回、エース金塚投手が2者連続三振・ファーストフライで抑えると、先頭打者・稲田選手がヒットで出塁、津曲キャプテンもヒットで続き上位打線がチャンスを作る良い流れ。
上々の滑り出しも、残念ながらあと一打が出ずに無得点。
2回表、先頭打者に内安打で出塁を許すと、2アウトから2連続ヒットを浴び2失点。
その裏に先頭打者の大砲・太田選手が2ベースヒットで出塁するも、これまた無得点に終わり、なんだか雲行きが怪しくなる。
しかーし、エース金塚投手は謎の利き腕とは逆の右腕がつったといいながらも、3・4回を無失点で凌ぐと、ついに4回裏でサンダース打線がその不安を掻き消す。
相手エラー、フォアボールのチャンスに浜中監督のヒットで1点、なおも好調・1番稲田選手のヒットに続き、浜田選手の当たりはセカンドゴロも相手ファンブルの隙に大御所・宮定選手がお手本となる素晴らしいホームへのスライディングで同点に追いつく(浜田選手はフィルダースチョイスで進塁)。
宮定選手の魂のスライディングにチームも勢いづき、なおも満塁のチャンスに良い意味でも悪い意味でも調子に乗ると止められない津曲キャプテンが走者 一掃2ベースヒット!!
この回一挙5得点で逆転に成功!!
5回表は相手上位打線の事を一番知る金塚-太田が久々のバッテリーを組み、ドリームスさんの強力上位打線をきっちり抑えて見事逆転勝利。
本日は最後まで 集中力を維持し、劣勢をはね返した奮闘ぶり、走攻守すべてにわたり選手が一丸となって声も出ていた試合でした。
最終戦もこの調子で頑張りましょう。
太田さん、次回来港時も期待しておりま〜す!!
負け組コメント
71期11節、いよいよ大詰め。強敵サンダースさんとの一戦に、新人ともきんを加え17名で挑みました。
先行の夢軍団、初回の攻撃・・・キョギヲK。MT、K、組キャプ3Fフライであっさり三者凡退。
その裏組キャプの立上りは、ピンチは招く0封で2回の攻撃に。
2回表、先頭タカG詰まるも4への内安打。
続く角太4ゴロでランナー入れ替わる。副キャメK。で2アウト。
続く市助、レフト線への2塁打で先制。続く監督こちらもレフト前で、2点を奪う。サトマKにて先制成功。
2回裏、力投組キャプしっかり0点。
3回表、新人ともきん見逃しK・・・。次戦に期待!
海猿、4ゴロ、きよし明Kにて3分?で攻撃終了・・・。
3回裏も0封。
4回表は、純生4ゴロの後き〜やん、ぶいちに連打が飛び出し追加点のチャンスもチュンタK、ますけんピーゴロにて0点。
勝負を分けた4回裏、先頭打者を5ゴロに打ち取るもファーストへの悪送球で出塁を許すと、連打と守りのエラーも絡み5失点。
5回の上位の攻撃も、チャンスをつくるもあと一本が出ず、5回裏副キャメへスイッチし0封も無常の1時間15分コールにて試合終了。
今期発黒星の夢軍団。しかし勝負は残り2戦!
しっかり勝って最後には笑顔・涙で締めくくりましょう!!!

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:高橋
敗戦投手:中島

パイレーツ 7 0 0 0           7

HR:

ロイヤルズ 4 1 1 0           6 HR:
勝ち組コメント
今週は好調のロイヤルズさんとの一戦。
パイレーツは、総勢14人で試合に臨みました。
前日の雨で、1塁ベース周辺と1・2塁間後方には水が浮いている状態。
審判団と両チーム総出で水掃き作業をしてプレイボール
1回表:しぶとく根本が四球を選ぶと南が続き、青・小泉のクリーンナップへ繋ぐ。
相手投手の球をなかなか捉えられないながらも、満振りを信条とするパイレーツ打線のバットに当たった球は、内外野の間にポトリポトリと落ち、四球に脚を絡めて、なんと初回に7点を奪取。
ノリノリで初回を終える。
1回裏:2試合目の先発登板となる高橋の立ち上がりは制球に苦しみ、四球を大量献上するも、ショート根本の好捕など、内野守備陣の攻める気持ちの守りで盛り立て、要所を締めて4点でしのぎきる。
2回表:寺田ヒットの後のDH由良の打球は今シーズン最鋭、最長飛距離ながら、センターが好捕。
根本・南が凡退で無得点。ちょっと嫌なムード・・。
2回裏:2四球に暴投が絡んで、1失点するも、徐々に調子が上がってきた投手高橋を内野守備陣が好捕連発。
セカンド青の背走キャッチ、サードSAMのダイビングキャッチで盛り立てる。
3回表:先頭向井の2本目のヒットで口火を切るが、2進後の三谷のセンターライナーで飛び出し、ダブルプレー。チャンスを潰してしまう。
ここで1時間経過。嫌なムードで最終回を迎える。
3回裏:気温が上がってくるなか汗だくの高橋に最終回、1点以内に抑えれば初完投勝利。
ロイヤル打線にしぶとく粘られ、ヒット・四球で1点を献上。
2アウまで漕ぎ着けたものの、得点圏にランナーを抱え、一打サヨナラの大ピンチ。
2−1から投じた懇親の直球は右翼への痛打。右翼のハワードがキャッチしてゲームセット。
これで5勝6敗。再び勝率5割を視界に入れ、残る2戦に臨みます!
負け組コメント
勝率で並んでいるパイレーツさんとの一戦。
1回の表、四球とヒット、レフト線への不運なポテンヒットなどが続き、さほど打たれた気はしないものの気づけば7点を先制される。
その裏攻めるロイヤルズは、相手投手の不安定な立上りを見極め、先頭バッターから3者連続でフォアボールを選んで無死満塁のチャンスを作る。
4,5番が倒れ2死を喫したものの、その後も4死四球を選びノーヒットで4点を返す。
先発中島は初回こそランナーを溜めたものの、2回以降は安定的なピッチングでタイムリーを許さず、堅い守備にも支えられ無得点で抑えていく。
2回裏の攻撃は再び2四球で無死1,2塁のチャンスを作ると、1番城倉がライト前へタイムリーヒットを放ち2点差へ詰め寄る。
しかし上位打線が凡退に終わりこの回1点止まり。
3回裏も先頭バッターから3者連続四球を選び無死満塁のチャンスを迎えると、8番小高の内野ゴロの間に1点を返すものの、その後の下位打線も続かず1点に留まる。
最終回、1点を追うロイヤルズの打線は一死後松山のレフト線2塁打で同点のチャンスを作り上位打線へ望みを繋げる。
しかし逸る気持ちが焦りを生み、最後も連続フライでランナーを返せず、1点差での痛い敗戦となった。

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:島上
敗戦投手:三浦

ツナーズ 0 5 8 4           17

HR:宮田

イーグルス 0 3 2 1           6 HR:Calvin 丸山(信)
勝ち組コメント
71期第12戦目の相手はイーグルスさん。
今シーズンも残り2試合、一戦必勝と気合の入るツナメン。13名で試合に臨みました。
初回、志願でトップバッターに入った1番島上は気合が入りすぎてセンターフライ…。
2番玉田がライト前ヒットで出塁するも3番JOE,4番松倉といずれも打ち上げてこの回0点…。
その裏、先発島上は四球を出すも安定した立ち上がりで4人で抑える。
2回の表、先頭の5番砂永が3ベースで出塁。
続く6番松永が犠牲フライを放ち先制点。
7番厚澤四球、8番下山2ベースと続き、9番萩原の犠牲フライで1点追加。
10番宮田が内野安打のあと、11番江藤のあたりはライトへの3ベースヒット。2点追加。
ランニングホームランいけたのに途中で失速してましたね…。残念。
12番河野が2ベースで続き更に1点追加。
13番直田が倒れるものの、この回5点を先制。
その裏、島上は制球を見出し連続四球。
打たれてはいないにも関わらず、押し出しを含めて3点を返される。
ピンチが続くもコントロール重視に変えピンチを切り抜ける。
3回表、先頭の島上はやはり気合が入りすぎて8フライ。
続く玉田は綺麗にセンター前、JOEヒット、松倉四球で続き、砂永はエラーで出塁。追加点。
松永の絶妙なセフティーバントに下山のタームリーも飛び出し加点していく。
そして10番宮田が右中間を抜くランニング3ランホームラン!この回8点のビッグイニング。
その裏、四球、ヒットにエラーも絡んでしまい、2点を失う。
4回表、1アウト後、1番島上詰まりながらもレフト前。ようやくヒットが出る。
玉田がこの日3安打目の内野安打、松倉3ベース、下山のタイムリーなどで4点を追加。
最終回の守備も1点に抑えて勝利を掴みました。
攻撃では3-3の玉田、2-2の下山の活躍が目立ちました。
また初回の攻撃(上位打線)、守備のミスなど反省もありました。次の試合に生かしましょう。
いよいよ残すは最終戦。
少し間が空くので各自体調を整えて有終の美を飾れるように頑張りましょう!
負け組コメント
連敗を止めたい!と臨んだ対ツナーズさん。
初回、フランク三浦の立ち上がり緩急を使い強力相手打線をフライアウト3つで無失点と最高の立ち上がり。
イーグルスの攻撃、先頭若武者Calvinが四球を選び出塁するがそのあとは繋がらず両チーム静かな立ち上がり。
2回長短打を浴び5失点。
流れを掴みたい2回、NOBU丸山がレフトに放物線を描きホームランで反撃!(ナイスバッティング)
その後、連続四球と相手ミスもあったがタイムリーが出ずに3点止まり。
3回に8失点と大差がついたが食い下がりたいイーグルスの攻撃。
3回にダンディ中原60の打席で打撃妨害で1点、超新星Puiの初安打で2得点。
最終回には若武者Calvinがライトフェンスオーバーのホームランで1得点。
大味な試合だったが、要所で良いプレーはありました。
毎試合選手が目まぐるしく変わる中ですが残り試合1個でも勝ち星を狙いましょう!!
これから暑い中での試合が続きますピッチャー陣が頑張っているので打線も頑張りましょう!!

第71期 第24節 5月15日

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:島上
敗戦投手:高橋
パイレーツ 6 0 3 0           9 HR:SAM
ツナーズ 5 1 8 X           14 HR:
勝ち組コメント
優勝を目指して一試合も落とせない今季11戦目のパイレーツさんとの試合、14名のツナメンで臨みました。
先発、エース島上の立ち上がりはいつになく不安定…。
フォアボールに不運なヒットも続き、満塁のピンチでランニングHRを献上。
6点の先制を許す苦しい展開。
その裏、1番砂永、2番玉田が連続四球のあと、3番JOEのタイムリーで1点を返す。
更に4番松倉のツーベース、5番島上のスリーベースで追加点。
押し出しもあり、5対6の1点差まで迫る。
なおも1死満塁のチャンスで10番萩原は初球止めたバットにあたりまさかの1−2−3のゲッツー…。
勢いに乗れず。
続く2回、島上はコントロール重視のフォームに変え、自分のピッチングを取戻しゼロに抑える。
その裏、好調11番下山のヒット、13番江藤の四球、14番河野のヒットと恐怖の下位打線でチャンスメーク。
1番砂永のサードゴロの間に1点を返すもあとが続かず2回を終えて6対6の同点。
3回、島上はコントロール重視の投球を痛打され3失点。先行を許す苦しい展開…。
その裏、松倉のヒット、続く島上、松永が四球を選び、厚澤の内野ゴロの間に1点を返す。
続くチャンスで新人斉藤が見事なライト線へのツーベースで続き1点差。
ここでOWENが低めのボールをすくい上げる一撃でセンターオーバーのツーベース。逆転に成功する。
先ほどのゲッツーを引きずってか萩原はセカンドフライに倒れるものの下山ヒット、宮田ヒット、江藤四球で下位打線がつなぎ、ラストバッター河野がライトへの走者一掃のタイムリー2ベース!!(3塁を狙うがタッチアウトで残念…)大きな追加点をあげる。
最終回は島上がピシャっとしめ、何とか勝利をものにしました。
厳しい試合でしたが勝つことができ、チームにより一体感ができた試合となりました。
今季も残りはあと2試合。一戦必勝で頑張りましょう!
負け組コメント
リーグ屈指の好投手を誇る強豪ツナーズさんとの10節目。
『完封回避!』を合言葉に総勢13人で挑みました。
1回表:1番近藤がヒットでチームに勢いをつけると、特別布陣で2番となった主砲・青もヒットで続く。
その後…、連続四球でまさかの先制点!早々に完封回避 を達成し歓喜に沸くパイレーツ。
続く高橋のタイムリー、南も続き満塁として迎えるバッターはメジャーの風格漂う7番SAM。
レフト線へのヒットがフェンスまで届く間に快足を飛ばしヘッドスライディングでホームイン…、なんとなんと、ランニング満塁ホームラン!!
奇跡的に6点を奪取しこの日最高の盛り上がりをみせる。
その裏の守り。先発高橋は不安定ながらもリードを保ち初回を乗り切る。
2回表、三谷がヒットで出塁するも後続が断たれ無得点。。。
嫌なムードになりかけたその裏の守備でセンター南が魅せる。
1塁にランナーを置く場面でセンターへのヒットを捕球すると、レーザー一閃!!
三塁へのダイレクト返球でこの回を1点に抑える。
粘りの投球を続ける高橋をバックが盛り立てる。
3回表:同点で迎えた3回。1アウト後、2番青が快足を飛ばしスリーベース!
続く3番鈴木の犠飛で1点勝ち越し。
その後、ランナー2人を溜めて迎えるバッターは守備で魅せた南がレフトへの2点タイムリー!
3点を奪取して最終回の守りへ。詳細割愛。。。
最終回で逆転を許し敗れたものの、向井助監&小泉裏監督の采配も冴え、攻守に光るプレーがみられパイレーツ的にはナイスゲーム。
今月の4連戦も2戦を終え1勝1敗。体調を整えて次戦に臨みましょう!

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:高見
敗戦投手:渋谷

ロイヤルズ 0 0 0 0 0 1       1

HR:

オオゼキ 1 15 0 4 3 X       23 HR:久下兄 河村 高見
勝ち組コメント
早くも今季最終戦を迎えたオオゼキ、気持ちよくシーズンを終えたいと、ロイヤルズ さんとの一戦を迎えました。
初回の守り、エースタカミーは内野ゴロと三振でテンポよく3者凡退で立ち上がり。
その裏オオゼキは、2死からマロ、監督の連続2塁打で先制。
タカミーも内野安打で出たが、湯けむりセンターフライで1点止まり。
2回表は1死後ヒットと2四球で満塁のピンチを迎えたが、ここをタカミーがサードゴロと三振でゼロに切り抜ける!
するとこの頑張りに応えるように打線が大爆発!!
カリギュラ2塁打、ポッターはエラーを誘いまず1点。
孝太郎内野安打で1点。ゾロのヒットで1点。ゾロ盗塁後、ジロー四球、バットウサイがセンターへの2塁打で1点。
シュンは粘ってフォアボールをもぎ取り、ワッキーが初球をセンターに運び、2者を迎え入れると、3番マロはレフトへの大ホームラン!
まだ攻撃は終わらず、監督、タカミー、湯けむり、カリギュラ、ポッター、孝太郎が6者連続ツーベース!
ここまで15連続出塁。一死後ジローにもタイムリー。
バットウサイも内野安打で繋いだが、シュンは併殺でチェンジ。しかしこの回15点!
3回表タカミーは3四球で満塁としたが、後続をショートゴロに打ち取り、ゼロ!
3回裏は3者凡退に終わったが、4回表もタカミーが2者を出しつつ0に抑える。
4回裏はそのタカミーがレフトオーバーの一発!
1死後、カリギュラ、ポッター、孝太郎、ゾロに4連続ツーベース!
ジロー、バットウサイにもヒット。走塁死もあったが、この回も4点!
5回表も2三振とセカンドゴロで0封を続けるタカミー。
すると裏の攻撃では2死からマロが安打で出て、4番監督は狙いすまして初球を一振り、左中間場外に今季6号アーチを架ける!
タカミーはエラーで出ると、湯けむりがタイムリーツーベース!
6回表はヒットとワイルドピッチで惜しくも完封を逃したタカミーだったが、1点に抑えて、終わってみれば23−1の勝利でシーズンを終えることができました!
シーズン後半には投打がきっちりかみ合い、6勝7敗でシーズン終了。
来季はもっと上が狙えるはず!引き続きチャレンジャー精神で臨もう!
負け組コメント
現在3連勝中と勢いに乗るロイヤルズは、今試合一部主力を欠き厳しい戦力の中でオオゼキさんに挑んだ。
先制点をとって流れを掴みたいと先攻を選択しつつも、1回表はあっけなく三者凡退に倒れる。
しかし今日先発に入ったピッチャー渋谷は先頭バッターを見逃し三振に切って獲る上々の立ち上がり。
後続も独特のぼよよん手法で的を絞らせず、単打とエラーなどの1失点のみに抑えるなど投手戦を思わせる試合展開から始まった。
2回表早速反撃のチャンスが訪れる。
5番赤石のセンター前ヒットと渋谷、小高の四球で一死 満塁のチャンスが到来。
しかし初回から快投を見せる相手投手の前に、木俣はボテボテのサードゴロ、続く八武崎も空振り三振に倒れチャンスを逃してしまう。
これで勝利の女神に見放されたのか、その裏渋谷のチェンジアップもきれいに弾き返されるようになり、気づけば一気に15失点と試合を決められてしまった。
3回以降、四球を選んで塁を埋めるもタイムリーに繋がらず、大井のライト線へのクリーンヒット以外は凡打と三振の山を築き、ゼロ行進が続く嫌な展開に。
先発渋谷は3回裏を0で抑えたものの、逆に緩球に慣れきったオオゼキ打線は容赦せず長短打を浴びせかけ更に7点を献上。
元気のないロイヤルズは、守備ではレフト早川の好返球、ライト八武崎の好捕もあり何とか一矢報いたいと6回まで粘りを見せる。
最終回、この日4試合目を迎えた松山がライト前へ待望の初ヒットを放つと、ワイルドピッチの間に3塁へ進塁。
続く打者は三振に倒れ、いよいよ完封負けを覚悟した頃、1番に返った城倉の打席で更にワイルドピッチが発生。
オートマチック進塁となりようやく1点を返す。
しかし 反撃ののろしを上げるには時すでに遅し。結局この1点のみでゲームセット。
前回とは間逆の完敗となってしまった。
もう一度戦力を立て直し、残る3試合に全精力を傾けたい。

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:藤原
敗戦投手:三浦

イーグルス 0 0 0 1 0         1

HR:

ドリームス 4 2 3 1 X         10 HR:藤原
勝ち組コメント
71期第10戦、雨で1か月空いた夢軍団。
イーグルスさんとの一戦に新人ぶー、海猿を加え夢軍団15名で挑みました。
先発、組キャプの立上り。先頭打者を三振に打ち取るその後は塁上を賑わせる・・・。
なんとか踏ん張り、無失点でその裏の攻撃へ。
1回裏、新1番キョギヲは力の無い4ゴロで1out。
2番角本8前でチャンスメイク、3番組キャプ8フライも相手取れずで先制。
4番タカGこちらは7フライも同じく取れずでさらに1点。
5番副キャメ7への犠飛でさらに加点。
6番市助8フライを今度は相手がエラー、7番を総裁綺麗に7へツーベースでもう1点。
8番さとまは強烈なピーゴロで4点止まり。
2回の組キャプ、3者三振で裏の攻撃へ。
2回裏、新人海猿力んで5ゴロ次回に期待。10番テコン、7線へツーベース。
11番純生も7へ弾き加点。12番きーやん、突っ込んで5フライ。
13番ぶー、三振も振り逃げで出塁。14番チュンタの6ゴロは、相手の暴投で加点。
15番ますけん繋げて上位に回したいところ、さらに6ゴロもあっさり3アウト。2点追加。
3回組キャプ、圧巻の投球で2三振を奪う。結果3回を7奪三振。
その裏、組キャプに待望の今シーズン第一号が飛び出すなど3点を追加。
最終回は純生に6への強襲ヒットで1点を追加。
投手陣は、4回キャメルがPBにて1失点。
5回を総裁は、レフトさとまのナイスバックホームも有り無失点。
勝つには勝ったが打撃内容(アウトの内容・点の取り方)には課題の残る夢軍団。
上位が残る、残り三戦。しっかりきっちり勝つために、全員の奮起が必要です!!!
負け組コメント
前回の大敗を切り替えて望んだ今季勝率10割のドリームス戦。
初回、四球とヒットでツーアウト満塁のチャンスを作るもののあと一本が出ず先取点ならず。
先発、フランクは緩急と上下のコントロールで攻めるがドリームスさんの各バッター振れてますね。。。
エラーとヒットで初回4失点。
2-3回の攻撃は、K/K/K/K/K!!!6個中5個の三振と厳しい展開。
先頭、カントクがライト戦に落ちるツーベースでチャンスメイク。Dちゃん、信リンが連続四球とこの試合最大のチャンス到来。
クリフ、ピッチャーゴロで1アウト後ワイルドピッチで1点を奪うが後続が倒れチャンスを活かしきれない。。。
裏にホームランを浴び、1−10での敗戦。
ピッチャーが頑張っていただけに打線の奮起が待たれる。
5月6月は連戦です!まずは連敗ストップ掛けましょう!!

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:崎川
敗戦投手:西山

サクラ 0 0 0 0 5         5

HR:大沢

エンジェルス 12 6 3 10 2         33 HR:片倉(3本) 石本
 佐藤
勝ち組コメント
4連勝中と絶好調のエンジェルス、昨年トーナメントで激戦を共に演じたサクラさんとの大事な一戦。
ここで勝てるか否かで今期上位に食い込めるかどうかがかかってくる絶対に負けられない試合となった。
新人前川を含む13人での戦いである。
相手はエースを欠き、そして監督息子・石本息子が応援に駆けつけ、さらに親衛隊がバックに付くなど、試合前から既に勝利の条件が整っていたといっても過言ではない中、先頭バッター片倉総経理が緩いストレートを力んでポップフライ。
一番やってはいけないスタートを切ることになる。
しかし打つべく人が打たなくてもどこからでも噛み付けるのが今期エンジェルスのいいトコロ。
後続はきっちりと結果を出し、4番中込が豪打で走者一掃。
続く田中もキレイに打ち返し、四球などが続いて打席にはSHIBU。これも走者一掃のヒットとなった。
今日から新しく参加の前川四球を選び、打席には片倉総経理。
打者一巡で迎えた打席はセンター奥深くのグランドスラムで汚名返上。
「あやうく3アウト全部僕だけになるところでした(片倉)」というくらい先頭ポップフライ以外、アウトを取られない初回で大量12得点をマーク。
ここ数試合「爆勝」を連続させるエンジェルス、長くなるためここでの打撃での記載、これ以降は省略。
片倉総経理の3HR、石本HR、佐藤HR、4の4中込、3の3吉田、3の3澁谷。
ここのところ調子が出てきた若松、そして2の1+2四球としっかり結果を残した新人前川。
今期エンジェルスは絶対的エースを有しているわけではないがチーム力が試合毎に伸びており、非常にいい流れ。
打撃も残塁少なく打線として機能していることはとても気持ちイイ!
そして本日のMVPは3HRの片倉さんと、もう一人「投手崎川」。
5回途中まで完封モードで相手打線をピシャリ。四死球も1つで試合をきっちりと作ることができる。
守備も悪くない、とにかく木原の守りが堅い!
セカンド石本も最高のベース周りでゲッツーは2つ。
崎川のピッチングをバックが支えるいい流れ。最後は田中が締めてゲームセット!
今期残すところあと3戦。全勝でリーグ上位に食い込みたい!
ここのところクリパの円卓が端っこばかりなので久しぶりに中央付近に陣取りたい!
負け組コメント
好調エンジェルスとの一戦。エースと四番を欠き10人で挑みました。
今、櫻で一番の課題でもある投手育成、5人の選手が投げましたがそう簡単には行かず、大敗でした。
打線も最終回なんとか意地をみせ得点しました。
投打共に課題いっぱいの櫻71期残り2試合、来期に向けて投手育成、打撃向上を目指し頑張って行きましょう。

第71期 第23節 5月8日

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:吉冨
敗戦投手:久下兄
パイレーツ 10 0 2             12 HR:
オオゼキ 2 4 2             8 HR:
勝ち組コメント
大砲 小泉、いぶし銀菅原などの主要選手を欠く中、総勢16人で臨んだオオゼキ戦。
蒸し暑さが増すことが分かっていたので、初回から全員飛ばし気味に入ったパイレーツ・・・
1回表:根本の四球、南のセカンドゴロがFCを誘い1,3塁。
南は即盗塁を決め、2,3塁に。
鈴木健の打球は右中間深くに飛ぶ、あわや本塁打か?の2塁打。
その後、3進。続く、青は四球を選び、すかさずスチール。
遠藤が三振に倒れた後も、Sam - 向井がしぶとく四球を選び、高橋に繋ぐとライト前のヒットで追加点。
止まらないパイレーツは、藤井のライトへのヒット、近藤の痛烈なレフトへの打球はオオゼキの左翼手の後逸を誘い、一気に3塁へ。
そして捕手がパスボールする間に果敢に生還。
続く、吉冨は四球、Howard 見逃し三振に倒れるも、佐久間も四球を渋く選び、由良も四球。
打者寺田の際に、由良が2盗を試み、3塁に居た佐久間は本塁奪取かと思いきや、佐久間は泰然として動かず、由良は1−2塁間でタッチアウト。
四球をしぶとく選んで大量10点を先取。攻撃時間は30分を超えたという。
1回裏:3試合目の登板となる吉富が2度目の先発。
立ち上がりこそコントロールに苦しんだものの、要所を押さえる。
正捕手不在で急遽マスクを被った向井だが、パスボールで投手と野手のリズムを作れなかったが、投野連携で何とか2点で食い止める。
2回表:寺田凡退のあと、新人吉福が、遠藤ばりの粘りを見せ、ベンチを沸かせる。
惜しくも凡退したが次に繋がる粘りのバッティングを見せた。
根本四球、南凡退で無得点。
2回裏:湿度・気温の上昇で、投手には苦しい状況のなか、吉富は四球とエラー、オオゼキの痛烈のヒットを受け4点を失うが(キャッチャーのパスボールで2点を献上)、要所で踏ん張り追加点を待つ。
3回表:先頭の鈴木健は渋くセンター前に落とし、4番青は打ったとたんに分かる本塁打で追加点。
その後も遠藤が四球を選び、Samがレフトへのヒット、向井が1・2塁間を破るヒットで1アウト満塁。
前の打席でタイムリーを放っている高橋に繋ぐも、まさかのピッチャーゴロで1−2−3のダブルプレーで追加点は2点に終わる。
3回裏:8時半を回り、薄日が差しはじめる。
高温多湿の中、汗だくで頑張る吉冨にオオゼキ打線が襲い掛かる。
しぶとく粘られ、2点を返されて、しかも2アウト満塁のピンチ。
本塁打が出れば同点。前の打席でも痛打されている左打者との対戦だったが、この回から1塁への高いバウンドのゴロを、代わったばかりの長身の高橋が難なくキャッチし、スリーアウト。ゲームセット!
必死に繋いで、もぎ取った4勝目!
前の試合とはうってかわって粘って・繋ぐパイレーツ打線。
次の試合も繋ぐ気持ちで臨めば何かが起きるか!?
負け組コメント
3連勝と好調オオゼキ、今季勝ち越しのためには負けられないパイレーツさんとの一 戦。
早朝の天光道に精鋭13名が集まりました。
初回の守り、マウンドには先発マロ。
先頭打者を四球で出すと、続くセカンドゴロが エラーとなり、盗塁で2、3塁となった後タイムリーで2点。
四球後三振を奪うが、その後連続四球、3連続タイムリーなどで失点が重なり、三振と湯けむりの盗塁阻止でチェンジとなるまでに0−10・・。
その裏オオゼキは、出塁率・打率でチームトップのDGMが7球粘って四球で出るとすぐに盗塁!
タカミー内野フライのあと、3番監督はセンター前タイムリーで1点。
4番湯けむりの打席で監督が盗塁。暴投もあって生還して2点目。
湯けむりは四球を選び、盗塁も成功。
5番ジャンボは最近のハードワークがたたって見逃し三振となったが、マロ、孝太郎はフォアボールで満塁のチャンス!
しかし、バットウサイは惜しくも三振でチェンジ。
2回表はマロが立ち直り、ランナーを一人を出すも0に抑えて反撃を待つ。
その裏はツーアウトとなったがここから反撃開始。
シュンがフルカウントから四球を選ぶと、ポッターのヒットとゾロのフォアボールで満塁。
1番DGMが2打席連続の四球でまず押し出し。
2番タカミーの打席でパスボールがあり4点目を奪うと、タカミーはレフトへのツーベースを放ち、2者が還り6−10。
3番監督はサードゴロでチェンジとなったが、4点差!
3回表はパイレーツさんにツーランホームランが飛び出したが、続く満塁のピンチをピッチャーゴロ2つで凌ぎ、6点差で最終回の攻撃へ。
先頭湯けむり倒れて一死後、5番ジャンボは貫禄のレフト前ヒットで出塁。
マロはマウンドのうっぷんを晴らすツーベースで2、3塁のチャンス。
孝太郎の打席にパスボールで2人とも生還し、再び4点差に迫る!
その幸太郎はライト前ヒット、バットウサイはしぶとく四球を選び、1、2塁。
ピストンは惜しくも見逃し三振となったが、ディックはフルカウントからの四球で2死満塁、一発出れば同点のチャンスを演出!
しかし、シュンの初球好球必打はファースト正面を突き、ゲームセット・・・。
必死の追い上げ及ばず、8−12と痛い敗戦となりました。
次の試合は早速来週あり早くも今季最終戦!勝って有終の美を!

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:中島
敗戦投手:北浦

ロイヤルズ 5 5 2 0 0 6       18

HR:畦地

ベアーズ 0 1 0 0 0 0       1 HR:
勝ち組コメント
現在1勝差で上位に居るベアーズさんとの試合。
勝てば順位が入替わる大事な一戦。ロイヤルズ先攻で試合スタート。
初回、1番城倉のライト前ヒットでランナーが出ると、3番畦地、4番白杉の連続安打、四死球を挟み8番早川の右中間を破るクリーンヒットなどで幸先よく5点を先制。
その後渋谷、八武崎が出塁し2死満塁のチャンスを迎え一打大量得点と期待が高まる。
しかし打撃不振に陥る監督木俣は見逃し三振に倒れチーム内からも大きな溜め息が。。
一方、先発ピッチャーの中島は初回から制球が利き、セカンド宮本、センター木俣の好守備にも救われ0点で抑える。
すると2回表ロイヤルズの攻撃は、下位から始まった打線も塁を埋めながら上位に繋ぎ、3番畦地が愛娘の誕生日に捧げる満塁ホームランなどで再び5点を加点。
守っては7年振りにチームに復帰したキャッチャー道宗が絶妙なセカンドへのけん制球でランナーを刺しピンチをしのぐと、4回からリリーフに入った丸山は3回を無失点で抑え、結局2回に許した犠牲フライ1点のみに抑える圧巻の投手リレー。
6回には再びヒット、四球などで加点し更に満塁のチャンスを迎えると、木俣の汚名返上となるこの日チーム2本目の満塁弾で締めくくり、終わってみれば18対1の大差で勝利を飾る事が出来た。
この勢いのまま次戦へ突入し、5割復帰を目指したい。
負け組コメント
71期も残り3試合、少しでも勝率を上げるべく今節は選手13名でロイヤルズに挑みました。
1回表先攻はロイヤルズ。
先発北浦の立ち上がりはそれほど悪くないように見えたが、間を抜ける当たりや四死球で、2三振を奪いながらもいつの間にか5失点。
立ち上がりで簡単に失点するこのところの悪いパターンがまたもや出てしまう。
反撃したいベアーズだが裏の攻撃は三澤、川島が連続フライアウト、北浦のセンターへの当たりも好捕されてあっさりと三者凡退。
2回表は再びランナーを溜めたところで高めの失投を満塁被弾…
2回までで10点差と大きくリードを許してしまった。
2回裏は先頭Stephenが倒れるも、布村がレフト2塁打で本日初ヒット。
更に3進し熊谷の犠牲フライでようやく1点を返したが続く鈴木は2ゴロに倒れる。
3回表は2失点で抑え、裏の攻撃は先頭の絹川がライトへの2塁打でチャンスメーク、しかし続く阿部はレフトフライ。
更に2塁ランナーが相手捕手からの絶妙のけん制に刺され、最後は角田がレフトフライとチャンスを活かせない。
4回、5回は三者凡退で抑えたが、攻撃陣は相手ピッチャーの緩急に翻弄され、安打は藤木のセンター前のみ、島、三澤の外野への当たりも相手センターにことごとく好捕されてしまう。
最終回には更に6点を失い、終わってみれば散発3安打で1対18と完敗を喫した。
元気なく4連敗となったベアーズ、しかしこのままでは終われない。
今期残りの2戦、粘り強く戦って来期につなげましょう!頑張れベアーズ!

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:崎川
敗戦投手:川満

エンジェルス 3 6 13 1           23

HR:石本 中込

カイザース 1 0 0 3           4 HR:
勝ち組コメント
前節に勝率を5割に戻したエンゼルス、本日は豪打カイザースとの一戦。
なんとしても順位を上げたい我々はピッチャーを崎川、打線はどこからでも点を取る布陣を敷いた。
采配がうまくハマって毎回得点、大差で勝つことができた。
ピッチャーは崎川→石本の継投、今期後半から崎川の好投が光りゲームメイクはばっちり。
大事な初回、そして大量得点を稼いだ直後の2回も危なげなく相手をおさえ、チームはノリノリ。
23得点があったため、打線については基本省略。
中込がSKMで特大の一発を含む3の3、そしてまさかスイッチヒッターのカミングアウトを試合前に告げた石本が左打席で特大の一発を含む4の4。
左打者特有の巻き込み方を見ていると本格スイッチであることが判明。
その他片倉、酒井、渡辺、崎川も当たってきた!
残り4試合、このメンバーなら全勝も夢じゃない!
なんとしても全ての試合をモノにして、上位に食い込むぞエンゼルス!
負け組コメント
71期 第12戦目。相手は強敵エンジェルス。
初回、川満投手の慎重なピッチングで抑えたいところでしたが、失策もあり3点を先制されてしまう。
その裏、ヒロの3塁打でチームの雰囲気が盛り上がるも1点のみ。
2回表のエンジェルスの攻撃、、、、、あまり覚えてません。6点取られてました。
2回裏のカイザース、、、、、覚えてません。0点みたいです。
3回表、ここでビシッと抑えて裏の攻撃だぁ〜と気合いが入るも、あれよあれよで13点のフルボッコ。
エンジェルスも勝利を確信したのか!? サイン練習スタート。涙。
終わってみれば、3 - 23の完敗です。
それにしても途切れが無いエンジェルス打線はお見事のひと言。脱帽。
とにかく打てなければ勝てません。打撃陣は猛省の敗戦でした。
今期残りは1試合。最終戦勝利で気持ち良く今期を終了させましょう!

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:島上
敗戦投手:迎

ブレーブス 0 0 0 0           0

HR:

ツナーズ 5 22 1 0           28 HR:Joe 松倉 厚澤
勝ち組コメント
新入部員3名を迎え15人でブレーブスさん戦に臨むツナメン。
1回表、3者連続3振で絶好調の島上。
その裏、先頭砂永がBで出塁。からの盗塁。
2番玉田も2ベースヒットで先制。
3番Joeは8フライ。4番松倉7前ヒット。5番島上はB。6番松永は2ベースヒット。
7番萩原5ゴロで2アウト。8番下山7前ヒット。9番OwenはB。
10番新人斎藤5ゴロでチェンジ。この回5点とまずまずのすべり出し。
2回表、3ベースヒットを打たれるが、キャッチャーJoeが強肩で盗塁を刺し0点で抑える。
その裏、11番新人厚澤の初打席初球HR(快挙です!)でツナーズ打線に火がつき、12番新人宮田の2ベースヒット、スーパー下位打線江藤、河野、直田と繋ぎ、先頭に戻りみな打つわ打つわとこの回22点と得点。
途中直田の安打を消す江藤の走塁ミス。反省です...。
3回表、レジェンド・キベ様にクリーンヒットを浴びるが、後続を抑え無失点のエース島上。
その裏、11番厚澤のヒットでタイムリーヒットで1点を追加するが、暑さのせいか疲れ気味のツナーズ打線...。
4回表、3回から変えた守備も機能し0点で抑える。
その裏は、残念ながら打線が続かずあっさり0点で終了。そして、タイムアップ。
今日は特に新人3名の活躍が光り、ベンチも盛り上り快勝できました。
残り3戦、暑さに負けず気を引き締めて頑張りましょう!
負け組コメント
香港夏突入!晴天の中、ツナーズ戦。
新人の秋山さんも加わり15名で試合開始。
好チームツナーズを相手に何とか一矢をとの思いとは裏腹に、1点も取れず。。。。
御大岐部さんはヒットを打ったのに。。
今期もあと2戦。岐部さんを見習って、みんながんばりましょう!
先ずはチームコンセンサスの徹底から!

第71期 第22節 4月24日

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:
敗戦投手:
ドリームス                     HR:
ツナーズ                     HR:

雨天順延


1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:
敗戦投手:

イーグルス                    

HR:

サクラ                     HR:
勝ち組コメント
負け組コメント

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:金塚
敗戦投手:

アタッカーズ 6 0 2 0 0         8

HR:

サンダース 1 2 7 0 6         16

HR:斉藤 吉原 浜田
 玉城

勝ち組コメント
昨年末から大量にレギュラー&クリーンナップが帰国して何かと課題が多いサンダース。
前節ツナーズ戦の敗戦で優勝の可能性こそ無くなったが、残り3試合、来季に続くような 意地を見せようとアタッカーズ戦に臨みました。
本日は、土曜練習の成果で打撃が好調な育成投手簀戸を先発に起用するも、制球が定まらず苦しい内容で、きちんと助けられない守備が目立つなど悪さを露呈する立ち上がり。
6点を奪われ、1アウトから少し遅れて参戦した金塚投手に交代すると、ランナーを背負いながらも2者連続三振で切り抜ける安心感抜群のピッチングで、悪い流れを断ち切る。
ところが、肝心の打撃陣はニューフェイス・玉城選手の初HR(ランニング)が出るものの、初回・2回と1・2得点にとどまり、なかなか点差を縮めることができない決定力不足に危機感を抱く展開。
3回表にはアタッカーズさんに2点追加され、再び6点差に戻されたその裏、ようやくサンダースを嘆かせていた打線がつながりを見せる!!
浜中監督のヒットに始まり、”永遠の若手”パパラッチ斉藤選手が今季2号HR、4番吉原選手のチームHR王単独首位に踊り出る3号Hを含む一挙9安打7得点の猛攻で逆転に成功。
4回こそ無得点となったものの、5回にも浜田選手の初HRなどで6点を追加。
終わってみれば18安打16得点4HRで逆転勝利を収めた。
勝てて良かったけど、やることをちゃんとやらなきゃいけない。
重鎮宮定幹事長・浜中監督よりムチが入る。
チームの課題、個人の課題を意識して練習に取り組み、緊迫感を持って、次節以降の準備をしましょう。
負け組コメント

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:河合
敗戦投手:真鍋

コンポードー 7 6 14             27

HR:Deck 高江須 藤澤

ブレーブス 6 5 2             13 HR:Deric
勝ち組コメント
今期も残り二戦となり、最近、人の入れ替わりが激しい中でブレーブスさんと池尻の最終試合に臨む13名のコンポードー。
昨晩から嵐の予報、当日も雨の影響でグラウンドもぬかるんでいたが、池尻の日頃の行ない?のおかげもあり、天気も何とか持ちこたえ、プレイボール。
1回の表の攻撃は、1番 ただのイケメンではない関が四球を選び、すかさず二塁盗塁成功。
2番に抜擢された池尻にレフト前に落ちるヒットで関が本塁へ戻り、先制!
3番池中、4番絶好調のDeck、5番新居がヒット、四球で続き、打撃が好調な稲葉がスリーベースで追加点。
その後、最近調子を落としている太郎丸もスリーベースで初回に一挙に7点を先制。
ルーキーの河合が初先発。雨模様の中、緊張の立ち上がりとなり、ボールが高めに浮き、なかなかボールが定まらず、味方のエラーもあったが、何とか6点で凌ぐ。
2回表の攻撃では、点を取られたら、取り返すという気持ちがあり、不調のHoimingが先頭で出塁し、セクシィ監督・関が続き、体調不良の高江Sホームラン(まじで!?)もあり、6点を取り、7点リードで2回裏を迎える。
2回裏の守りでは、雨足も強くなった影響もあるがボールが定まらず、四球、エラーも重なり、5点を献上。
3回表の攻撃では、ピッチャー交代後にいぶし銀河辺がレフト前のヒットで出塁し(これのヒットが試合を決めた!)、Hoiming、セクシィ監督、関と続き、最初で最後の池尻のセンターオーバー、本日2エラーのDeckのホームラン、とどめは、太郎丸のホームランで一挙に14点を取る。
3回裏の守りでは、キャッチャーの池中のアドバイスもあり、河合の制球も安定してきたが、満塁となった場面で、リリーフでセクシィ監督がマウンドへ向かう。
マウンドで安定感が増してきたセクシィ監督は、押し出し四球となるが、ファーストゴロでホームゲッツーを取り、最後はサードライナーで試合終了。
終わってみれば、大勝したスコアとなっているが、歯B存在の大きさをまたしても痛感する試合であった。河合の成長に期待。
次節は今季最終戦。勝って気持ちよく今期を終えることができるようにしましょう!
池尻トルーパー、短い間でしたが笑いとインパクトをありがとう!日本でも頑張れ!
負け組コメント
雨の中でのコンポードーとの一戦。
先発真鍋投手の軟投作戦で試合開始。
軟投をじっくり見られて、好球を痛打され、初回から7失点。
その裏、ブレーブスもじっくり粘り、1点差。
2回も1点差で、2回終わりで2点差。
まだまだ逆転の目が有ったが、3回からの投手継投が裏目に出て、14失点。。。。
その裏も1点しか返せず、試合終了。次回、がんばりましょう。

第71期 第21節 4月17日

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:崎川
敗戦投手:吉冨
パイレーツ 0 0 0 2 0         2 HR:
エンジェルス 7 1 2 0 2         12 HR:片倉 中込
勝ち組コメント
勝率5割がかかった大事な試合、相手は強打パイレーツさん。
主軸を欠く相手打線、こちらは現状でのフルに近い13名で臨むこととなった。
初回先発の崎川がビシーっと相手打線を翻弄、守備もきっちりで0点に切って取った。
打撃は初回からガンガンいきました。
先頭片倉総経理は一揆に3塁打でワイルドピッチの間に早々に先制点を挙げ安心感をチームに。
続く佐藤もヒット、酒井は歩いて4番中込監督待望の1発。ソフトでは久々に拝ませていただきました。
続いて田中、石本もクリーンヒットで出ると後続は続かないものの相手のエラーがらみもあって初回で7点。
2回も崎川が魅せる。きっちりと0封にして今日はかなんだか勝ちパターン!
2回3回と得点を重ねるエンジェルス打線。
さらにはセットアッパーにピッチャー石本がキチッと閉め、最終回には片倉総経理からも久々の一発が放りこまれるエンジェルス最高の流れでの勝利となった。
なんとか勝率を5割に戻し、勝負はこれから!
今年こそはクリパでブッフェをキレイな状態で楽しみたい!
負け組コメント
主力の青監督、小泉マネージャーが欠席で、向井助監督(女監督?)初采配で新人2名追加し計14名で迎えたエンジェルス戦。
現在3勝4敗、戦績を5分に戻したい試合は先攻でスタート。
1回表、2回表と四球でランナーは出るものの4人、4人で攻撃が終わり無得点。
1回裏:前試合でいいところを見せた新人吉富が初先発。
先頭打者に目の覚めるようなレフト線を打たれ、緊張したのか続く打者もレフト前であっさり1失点。
四球をはさみ、4番にスリーラン本塁打を打たれる。
相手は積極的に盗塁と安打を重ね気が付けば初回7失点。
2回裏:吉富は緊張がほぐれたか先頭、次打者と抑えツーアウト。
その後四球、盗塁でツーアウト3塁。
続くバッターはセカンドゴロでこの回無失点、と思ったところ、名手(迷手?)菅原が痛恨のエラーで1失点。
3回表:ここまでノーヒットのパイレーツ。先頭HOWARDがセンター前へ初安打。
ノーアウトでランナーは出るものの後続が続かず無得点。
3回裏:吉富は力んだか先頭、次打者と四球。相手の容赦ない盗塁、味方のエラー、ワイルドピッチなどでこの回も2失点。
4回表:先頭新人青山が四球を選びノーアウトでランナーが出る。
ワンアウトから1番鈴木のセカンドゴロを相手エラーで1,2塁に。
その後ツーアウト1,2塁となるが、何としても完封は免れたいところ、続く打者は前試合より出場の新人南。
みんなの期待に応え右中間へ快心の当たり。
1塁ランナー鈴木の激走もあり走者一掃の2塁打で2得点。
4回裏:この回から高橋が登板。先頭打者四球、続くランナーにライト前を打たれるが後続を抑えこの回無失点。
5回表:先頭打者SAMが三遊間安打、続く三谷もライト前へ、ノーアウト1,2塁と反撃のチャンス。
続く打者は向井助監督。しかし打球はピッチャーゴロで1−5−4のダブルプレー。
チャンスは掴んだもののこの回も無得点。
5回裏:高橋続投でこの回を早く切り抜け6回表へ持ち込みたいところではあったが、先頭打者にいきなり本塁打を浴び、その後安打、味方のエラー、四球もあり1時間15分コールで万事休す。
終わってみれば2対12と前試合に続く大敗。
相手の足を絡めた攻撃に脱帽です。
新人の活躍で何とか完封は逃れましたが、しかしパイレーツの貧打線、この試合たった4安打。
前試合も4安打。相手投手が良いのもあるが、これでは投手が可哀そう!
次の試合は打線爆発を期待します!

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:川満
敗戦投手:吉冨

カイザース 11 4 6 2           23

HR:大出 鍛冶 大澤

イーグルス 0 5 0 0           5 HR:
勝ち組コメント
71期11戦目、上位進出の為にも負けられない一戦の相手は昨シーズン負けているイーグルスさん。
深セン組不在の中、11名先攻で挑みました。
1番大出が相手バッテリーの策にハマりサードゴロで倒れるも、ここからが凄かった、カイザース劇場のはじまり。
2番松木のヒットを皮切りに3番、4番が続き先ずは2点を先制。
その後5番ピッチャー川満の四球の後に7連続安打で11点を初回にあげる。
その連打の中には最終バッター大澤監督の技ありのホームランと1番大出の第一打席をチャラにする見事なホームランが飛び出した。
11点もらったその裏の守りでは川満の丁寧なピッチングとキャッチャー竹内のナイスリードで相手の攻撃を0点でおさえ2回表の攻撃へ。
この回トップバッターの4番寺内がまさかのピッチャーフライに倒れるが、5番川満が第一打席に続いて四球、これに続いて竹内、佐藤も相手のエラーなどで出塁し満塁になったところで、絶好調男鍛治の満塁ホームランが出て1回2回で15点の大量リードを頂く。
2回裏に5点を取られるが、3回に6点、4回に2点と全員安打で合計23点をたたき出し見事勝利!
昨シーズンのリベンジを果たした!
負け組コメント
今季5勝1敗現在3位につけている4連勝中の絶好調イーグルス。
今回は前期勝った強敵カイザースさん。
相手は連敗はできないと試合前から気合いが入っているように見えました。
当のイーグルスは鷹、信、富、石、竹の4人を欠く厳しい布陣で臨みましたが、初回いい球が行っていた吉富でしたがカイザース打線の方が上で、いきなり11点献上の厳しい立ち上がり。
その裏イーグルスの攻撃は3人で終わり、11-0で1回終了。
2回も4点献上で迎えた2回裏イーグルス。
4番力みの監督、5番クリフは相手エラーで連続出塁し、6番ケルビン三振の後、7番三浦、8番樫本、9番じゃーまね、10番オーナーの4連続ヒットで5点を返すも、カイザース打線を止められず3回に6点、4回に2点を取られ最終回もランナー2塁まで進めるも最終回バッターじゃーまねのセンター前ヒット性の当たりを相手好守備に阻まれあっけなく試合終了。
終わってみれば23-5と手も足も出ない完敗でした。
応援の沙織ちゃんごめんね。。。
気持ちを切り替えて来週のサクラ戦に臨みましょう!!(≧∇≦)

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:中島
敗戦投手:迎

ブレーブス 0 2 1 0 1         4

HR:吉田

ロイヤルズ 0 2 5 2 X         9 HR:
勝ち組コメント
前回勝利を収めたアタッカーズ戦に続き、勝ちたい一戦。
ブレーブス先行の戦いとなったが、中島のキレのある投球で初回、0点に抑える。
ロイヤルズの攻撃、第一打席から城倉がショートへヒットを放ち早速チャンスをつくるが、その後、白杉のライト前ヒット以外は、打線も振るわず。
2回、ブレーブスの攻撃で2点を失点。
続いてロイヤルズの攻撃、八武崎、丸山の華麗なる外野へのヒット、及びフォワーホールでの進塁により、2点。
3回ブレーブスの攻撃。相手チームの打線は衰えないが、セカンド小高の好守備による、ダブルプレイ。
チームの勢いに拍車が掛かる。
ロイヤルズの攻撃では白杉から、赤石を始め、強打者が次々と外野ヒットを放ち、結局この回、5点を取得し、ブレーブスを引き離す。
ピッチャー中島の顔にも少し安堵の様子が伺えた。
4回、相手の攻撃を0点に抑え、9対3で勝利を収めることができた。
今回は参加選手も多く、前回に続き勝利を分かち合える好試合となった。
負け組コメント
試合開始直前まで8名であわや棄権試合になるところ、ぎりぎりで2名が到着し無事試合開始。
初回は両チーム投手の好投から始まり無得点、2回表に2得点を先取するもすかさずその裏に2点を取られる。
3回表、吉田に約10年ぶりの一発が飛び出し1点を勝ち越すも、裏に5点を取られ逆転される。
その後は打線が振るわず結果敗戦。
しかし、迎投手に復調の兆しが出てきているので、打線が繋がれば次の1勝は近いはず。
皆さん、頑張りましょう。

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:高見
敗戦投手:北浦

ベアーズ 2 0 2 0           4

HR:

オオゼキ 3 10 0 2           15 HR:柳沢 山田 岩井
勝ち組コメント
好調オオゼキ、今週はベアーズさんとの一戦。オオゼキ後攻にてプレーボール!
初回の守りは三振のあと、四死球・盗塁・悪送球などでバタバタしたが、タカミーがなんとか2点で凌ぎ、これが流れを呼ぶことに。
その裏は先頭シュンがいきなりセンターオーバーの大ホームラン!
2番マロは初球をレフト前に運び、ここで前回の試合で4安打と大暴れの3番マグナム。
真価が問われる第1打席、初球を一閃すると打球は見事にSKMのセンター石垣の上段につき刺さる2試合連続の逆転ツーランホームラン!後続は倒れたが3−2とリード。
2回表は連続三振とピッチャーゴロで三者凡退。
すると、2回裏打線が爆発!
先頭ワッキーがしぶとく四球で出塁すると、続くDGMが技ありの内野安打で繋ぎ、孝太郎は粘った末に四球を選ぶ。
この間に相手バッテリーエラーで1点。
ポッターはデッドボールで無死満塁となり、このチャンスにカリギュラは右中間を深々と破る当たりを放つ!
これが自らも還る満塁ホームランとなり、4点追加!!
まだまだ攻撃は終わらず、バットウサイ四球、JETライト前ヒット、ゾロ四球でまた満塁のチャンスを作り、1番シュンは押し出し四球。
パスボールの後、マロにもレフト前タイムリーが飛び出す。
3番絶好調マグははやる気持ちを抑えて慎重にフォアボールを選ぶと、4番湯けむりはセンターに大飛球を放ち、これが犠牲フライ。
続くジャンボの内野ゴロの間にもう1点入り、この回ちょうど10点!!
3回表、好調タカミーは前の回からの3連続ピッチャーゴロで2死を取ったが、ここからヒット、四球、エラーで2点を献上。
しかし最後もまたピッチャーゴロで切り抜ける。
3回裏はDGMにレフトへのツーベースは出たが、続かずにゼロ。
しかし今日のタカミーにはこの援護で十分。
4回表もランナー2人を出したがゼロ。
4回裏はカリギュラ四球、バットウサイレフト前ヒット。
JETの一打は相手失策を誘い、満塁からゾロはセンターにしぶとくタイムリー!
シュンのファーストゴロでも う一点。
マロ、マグは内野フライ、三振に倒れたが、ここで試合終了。
ということで、15−4と快勝!3連勝で今季5勝6敗としました。
投打が噛み合っ ての快進撃。残り2戦、連勝しよう!!
負け組コメント
勝って勝率を5割に戻したいベアーズ、しかし今節も台所事情は苦しく、前々監督の岩間さんを加えた選手11名でオオゼキ戦に挑みました。
1回表先攻のベアーズは先頭の熊谷が三振に倒れるも、続く川島が四球で出塁すると、バッテリーエラーの間にホームまで還り幸先良く1点を先制。
3番北浦は四球で続きすかさず2盗。
4番三澤の1ゴロの間に一気に本塁を陥れ2点目。
更に岩間、鈴木が四死球で出塁しチャンスを作ったが、Jungが惜しくも三振に倒れこの回2点止まり。
その裏、先発北浦の立ち上がり、先頭バッターにいきなりランニングホームランを許すと、3番には左中間に運ばれ、あっさりと逆転を許してしまう。
しかし後続を3人で締め、それ以上の追加点は許さない。
2回表の攻撃は青山、岩木が連続三振、阿部は1ゴロに倒れて3者凡退。
するとその裏、討ち取ったはずの当たりがことごとく間に落ちる不運もあり、抑えたいという力みがコントロールの乱れも呼んで、一挙9失点を喫してしまう。
取り返したいベアーズは3回表、島、熊谷が1ゴロで2死となるが、続く川島がライト前でチャンスメイク、すかさず2盗。
北浦も四球で続き2盗。三澤の6ゴロの間に2者が生還し2点を追加。
更に岩間が四球で続くが、鈴木が1ゴロに倒れて2点止まり。
3回裏はきっちり0点に抑え、4回表の攻撃は先頭のJungが四球で出塁。
しかし青山、岩木がフライアウト、阿部の四球を挟んで島は惜しい当たりながら6ゴロと追い上げられない。
4回裏には2点を失うが、後続をリズム良く断って最後の攻撃、と思ったところでジャスト1時間15分のコールが掛かり無念の試合終了となった。
今季初の3連敗となったベアーズ。
特にここ2戦は投打が噛み合わず苦しい試合展開となってしまいました。
しかしまだまだベアーズは諦めません。
新しい守備位置も少しずつ機能し始めています。
もう一度チーム練習で建て直し、最後の3戦、逆襲を見せましょう!

(C) Copyright is reserved by HONG KONG SA Men's AA LEAGUE