AAリーグ第72期 スコアボード

TOPページ >>第1節〜第10節 >>第11節〜第20節 >>第21節〜

第72期 第20節 3月26日

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:島上
敗戦投手:藤原
ツナーズ 1 1 0 4 0         6 HR:砂永 JOE
ドリームス 0 0 0 0 0         0 HR:
勝ち組コメント
72期12戦目はドリームスさんとの対戦。
前回の対戦ではトーナメント戦の決勝で0対0のジャンケン負けをしているのと、今日は監督でエースの島上と玉田の送別試合、何としても勝利で送り出したいツナメン。
気合いを入れ先行でゲーム開始。
1番武藤がデットボールで出塁しWPで進塁するが、2番砂永はセカンドフライ、3番厚澤も三振に倒れツーアウトとなるが、頼れる4番松倉の登場。
追い込まれてから遅いボールにタイミングを外されるも、上手くライト前に運び1点を先制する。
エース島上の立上りは2安打されるも得点を許さない好投をみせる。
2回の攻撃は6番Joeがセンター前で出塁すると、7番Owenも続き8番宮田のライト前でJoeが還り1点を追加。
尚も1・3塁のチャンスに9番玉田へ打った打球はレフトに上がりタッチアップでもう1点追加と思いきや、3塁ランナーOwenの離塁が早くアウトとなりツーアウトとなってしまう。
10番松永に11番富山もファーボールで満塁のチャンスとなるが、12番下山はセカンドフライで倒れ攻守交替。
相手好投手も最少失点で切り抜け島上も得点を与えず投手戦へ。
3回は共に0点で4回先頭1番武藤が右中間に痛烈な当たりで出塁、2番砂永がセンターにツーランを放ち2点を追加し、3番4番は倒れるも、5番島上がファーボールで出塁すると、6番Joeもライトにライナーで放り込み貴重な4点が入り試合を優位に進めると、エース島上は圧巻のピッチングで最終戦を6対0で見事完封勝利で締め括りました。
今期は優勝を逃しましたが、楽しく早朝ソフトボールが出来たと思います。
チームとしては次戦が最終戦となるので引き続き頑張りましょう!
玉田さん、島上さん、日本に戻られても体に気を付け頑張って下さい!
では今晩の送別会で美味しいお酒を飲みましょう!
負け組コメント
72期第10戦、送別続きの夢軍団は今回もキヨシさんの送別試合!
15名でツナーズさんとの一戦に臨みました。
初回組長の立ち上がり、相手強力打線を1点に抑えるまずまずの展開。
裏の夢軍団の攻撃、先頭ともきん7前、キヨシ7前でいきなりチャンスも、たてっしー、たかG、組長のクリーンアップが簡単に打ち取られて得点ならず。
2回も最少失点で切り抜けた組長、裏の味方打線に期待するも、市助、を総裁、チャーリーで三者凡退。
相手好投手の前に中々チャンスすら作れない。
すると4回、ここまで踏ん張ってきた投手組長だったが相手打線に2本塁打を浴びて6点差とされる。
2回以降三者凡退続きであった夢軍団の最終回の攻撃、2死後、ラストゲームとなるキヨシの痛烈な2塁打で盛り上がるも、後続続かず結局1点も奪えないまま完封負け。
キヨシさん、最後のゲームを勝って送れずすいません!
鳥取行っても寒さに負けず、酒量も変えず、そのままの元気なキヨシさんでいて下さい!
お世話になりました!頑張れキヨシさんー!!!!!

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:川満
敗戦投手:迎

ブレーブス 2 1 0 0 3 0       6

HR:

カイザース 2 0 1 0 4 X       7 HR:赤坂
勝ち組コメント
負け組コメント
今期未だ0勝、何とか初白星をと挑んだカイザース戦。
迎投手の好投と助っ人松江さんがセカンドに入ってくれたことも有り、弱点の守備がなんとか形となり、4回を終わって3対3の同点。
久しぶりの心地よい緊張感にチームメンバーも盛り上がり、なんと5回表に1〜4番の4連打で3点をもぎ取り勝ち越し。
一部メンバーがグラウンド整備はどうするんやったっけとそわそわするなか、5回裏とうとう守備の乱れも出てしまい4点取られ逆点される。時間ギリギリで6回表に入るが抑えられあえなく敗戦、勝ち慣れていない結果なのか。
いよいよ後2戦です。何とか1勝出来るよう頑張りましょう。

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:金塚
敗戦投手:森本

アタッカーズ 0 0 0             0

HR:

サンダース 17 5 5             27 HR:吉田 吉原 小西
 斉藤 植中
勝ち組コメント
第11戦目はアタッカーズさんとの対戦。
主将かつ攻守の要としてチームを牽引してきた津曲と、急速にチームに馴染んできた岡本の最終戦。
残念ながら津曲は急遽欠場となり、岡本を1番に据えて試合開始。
また、優勝へのマジックも1となっており、勝てば優勝とあって、チーム一丸、気合十分で試合に臨む。
初回サンダースの攻撃。
岡本の3塁打、四番吉原のHRなどで、とりもとったり17得点。
続く2回の攻撃も、岡本に3塁打、三番吉田にHRがでて5得点。
3回は小西、斎藤、植中になんと3者連続HRが飛び出し、全員安打で27-0と大きくリード。
守っては金塚・浜田バッテリーを中心に3イニングを被安打3、6奪三振と0封。
試合は3回終了時点で雨脚が強くなり終了。
めでたく3期ぶりの優勝となり、監督浜中がついに宙に舞った!!
次戦からはピコ小西が新主将となり、監督浜中と一体でチームを引っ張る体制へ。
一抹の不安はあるも、新キャプテン小西は既に気合充分。
その目はすでに72期とトーナメントを通り越し、73期を見据える。
他のメンバーはやや置き去り気味となっているが、今の良い雰囲気のまま、チームを強く引っ張って欲しい。
津曲さんと岡本さん。日本でも明るい性格そのままに、大活躍して下さいね。
負け組コメント

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:
敗戦投手:

エンジェルス                    

HR:

ベアーズ                     HR:

雨天順延


第72期 第19節 3月19日

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:久下(兄)
敗戦投手:吉冨
オオゼキ 2 0 1 1           4 HR:山田
イーグルス 1 0 2 0           3 HR:
勝ち組コメント
今季第11戦はイーグルスさんとの一戦。少数精鋭12人が天光道に集まりました。
1回は1死後マグが左中間にスリーベース!
続くカリはレフトにタイムリーで先制!
マロもタイムリーツーべースでもう一点!
DGMもヒットで続き、盗塁も決めたが、 この回は2点どまり。
その裏は打撃妨害、四球、ヒットで1点を失うが、その後の満塁のピンチは内野ゴロ2つで切り抜ける。
2回表はゾロがショート内野安打で出塁したが、モリケンショートゴロ、JETピッチャーゴロ、イチローサードゴロでゼロ。
2回裏は死球でランナーを出したものの、後続を抑えてゼロで抑える。
3回表はツーアウト後、マグが初球を一閃!センターにソロホームランを放り込む!
3−1!この1点は大きい!
続くカリも連続ホームラン!と見えたが惜しくもフェンスギリギリのレフトフライ。
3回裏はフォアボール、エラーなどで1点を奪われ、なお1死満塁。
内野ゴロホーム アウトとなったが、キャッチャーからファーストへの送球がそれて同点。
続く打者が四球で再び満塁となるも、マロがショートゴロを打たせてなんとか同点で凌ぐ!
4回表は4番マロがレフトにスリーベースを放つと、5番DGMの内野ゴロの間にホ ームに還って4−3と勝ち越し!
2死後ワッキーが死球で出たがこの回は1点。
4回裏は三振、フォアボール、内野フライで2死1塁。
ここで1番打者を三振に斬って取り、ちょうどそこで1時間15分、ゲームセット!
ロースコアの接戦を1点差で守りきる、会心の勝利でした!マロナイスピッチ!
残り2戦も勝って、今季勝ち越しで終わろう!
負け組コメント
この日はドタキャンがあり、試合前にバタバタしてのゲーム開始。
速球派投手との対戦で好球必打の精神でイーグルス打線挑むも3得点止まりと相手投手を打ち崩せず。
大黒柱、タフマン吉富もリーグ終盤になり安定した投球で4失点で試合を作るものの、最後はライナーバック出来ずにゲームセット!
ラスト最終戦頑張りましょう!!

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:
敗戦投手:真鍋

ブレーブス 2 1 1 1 0         5

HR:

コンポードー 13 11 7 3 X         34 HR:
勝ち組コメント
負け組コメント
迎投手不在の中、参加メンバーは13名と今期最多で挑んだコンポードー戦、軟投満投手の久しぶりの登板だったが、豪打コンポードー打線のパワーに圧倒され、34失点と大敗。
打線も4安打のみ。
悲しい結果ですが、切り替えて次のカイザーズ戦、頑張りましょう!

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:吉冨
敗戦投手:北浦

パイレーツ 2 2 1 3 5         13

HR:佐久間 村田 南

ベアーズ 2 0 0 4 0         6 HR:
勝ち組コメント
雨が降ってきそうな天気であったが、今期は天気に恵まれ順調に第11戦を迎えたパイレーツの相手はベアーズさん。
勝ち越しのかかった大事な試合13名(一人負傷でスコアラーベンチ入り)で先攻スタート。
1回表:先頭南が右中間3塁打、2番SAMはボテボテのサードゴロで3塁走者挟殺。
嫌な流れを3番小泉が左中間へ3塁打、相手の中継ミスで本塁生還、2点先取。
1回裏:先発吉富、いきなり先頭打者へレフト前クリーン安打を打たれ、この回計3安打、味方のエラーも絡み2失点。
2回表:2アウトから藤井がいぶし銀のライト前安打、続く佐久間はレフトへの痛烈な打球、これがランニング本塁打となり、大きな2得点追加。
2回裏:1四球、1安打を打たれるが、セカンド高橋のファインプレーもあり無得点に抑える。
3回表:2アウトからSAMが四球で出塁、すかさず盗塁を決め、続く打者小泉はレフト前タイムリーで1点追加。
2回、3回と2アウトからの得点が大きい。
3回裏:吉富は相手打線を3者凡退に抑える。
4回表:1アウトから村田がレフトオーバーの今期第1号本塁打、続く高橋がショートエラーで出塁し、ここでDANNYがセンターオーバーの3塁打と相手の中継ミスで本塁生還、3得点追加。
4回裏:吉富からクローザー高橋にスイッチ。
いきなり連続安打と盗塁、四球もあり満塁のピンチ。
ここから四球、味方エラー、タイムリーなどあらよあらよと10人打者で4失点、8対6の2点差で最終回を迎える。
5回表:この回点差をつけたいパイレーツ打線、先頭南がセンターオーバーの今期2号本塁打で口火を切る。
続くSAMはレフト線3塁打、小泉センター前タイムリー、青監督ピッチャーゴロでこの日3タコ。
1アウトから吉富四球、村田ピッチャーゴロで3塁封殺。
続く高橋のレフト前タイムリー安打と、DANNYのこの日2本目のライトオーバー3塁打でこの回5得点とリードを広げる。
5回裏:ピッチャーを再び吉富に交代。
ショートゴロ2つ、ピッチャーフライで3者凡退に抑え、結局13対6で勝利!!
今日のパイレーツは良く打ちました。本塁打3本、3塁打5本を含む14安打。
特に2回の2アウトからのいつ以来かの佐久間のツーラン本塁打が効きました!
これで6勝5敗と勝ち越し。
残り2試合も連勝し、前期の7勝6敗に勝る成績を残せるよう、チーム一丸となり頑張りましょう!!!
私は腰の治療に専念します、、
負け組コメント
今期第11戦は選手12名でパイレーツに挑みました。
1回表、先発の北浦は2点は失うもののまずまずの立ち上がり。
裏の攻撃、先頭のStephenがレフト前できっちり出塁するとすかさず2盗、川島が1ゴロに倒れるが3番北浦がレフトに2塁打を放ち1点、更に5番の三澤がレフトへ技ありの3塁打を放ち2-2の同点に追い付く。
踏ん張りたい2回の表は再び2失点を喫し、先行される展開。
2回裏の攻撃は熊谷が四球を選び青山のライト前でチャンスを拡げるが、2死から岡田が三振に倒れ得点できない。
3回表にも1点を失い、じわりとリードを拡げられるが、裏の攻撃は山口、Stephen、川島が倒れて反撃の糸口がつかめない。
4回表には更に3失点で6点差となったところで、その裏相手ピッチャーが交代。
この代わり端に北浦が内野安打で出塁するとすかさず2盗、4番米澤がレフト前で続き、三澤が四球で無死満塁のチャンス。
続く島の内野ゴロ、更に熊谷の当りは相手のエラーを誘い3人が生還。
角田が内野安打でつなぎ、胆藤の5ゴロの間に更に1人が生還してなおも2死満塁のチャンス。
ここで山口が三遊間に鋭い当たりを放つも、何とこれが走者胆藤を直撃してしまい追い上げムードが断ち切られてしまう。
最終回となった5回表は相手打線に捕まり致命的となる5失点。
その裏最後の攻撃は相手エースがマウンドに戻る中、Stephen、川島が6ゴロ、最後は北浦が高々とピッチャーフライを打ち上げて万事休す。悔しい敗戦となった。
うーん、決して一方的な試合ではないのですが、大事なところで歯車が噛み合わず、今期の不調を象徴するような敗戦でした。
残り2戦い、各自課題を持って来期につながる戦いをしましょう!頑張れベアーズ!

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:井土
敗戦投手:中島

ロイヤルズ 1 0 1 3           5

HR:

サクラ 0 5 8 X           13 HR:小山 大沢
勝ち組コメント
72期11戦目の相手は、勝率で接戦のロイヤルズさん。
試合は、先週の勝利の勢いそのままに、打線が爆発して連勝となった。
一回の表に1点を失い、嫌な流れを止めたい一回裏。
一番バッターの呉山が四球を選ぶも、2番、3番が凡退。
しばらく打てない試合が続いていた記憶が蘇るが、ここでピッチャー井土が2回表を0点に抑えて打線に勇気を与える。
井土の好投に応えたい2回裏、単打6本と四球を絡めた打者11人の猛攻で5得点をあげる。
3回裏は、2回と打って変わって長打攻勢。
この回リードオフの内田と続く増山が連続2塁打。
更に監督小山と助監督大沢のホームランも飛び出して、8得点のビッグイニングとなった。
投げては、先発井土が終始安定したピッチング。
結果、13対4の大勝となった。
負け組コメント
1回の表ロイヤルズの攻撃は2つの四球で1、3塁とし、投ゴロの間にランナーが返り1点を先制。
その裏の守備では疇地、道宗、村川の6−4−3のダブルプレーが決まるなど、なかなか締まった展開に。
しかし2回の攻撃はあえなく3者凡退で退くと、その裏は四球とタイムリーなどで5点、3回は2本のホームランを浴びるなど8点を加点され大勢が決まってしまう。
3回表は打撃妨害を機に1点を加点するも、ここまでノーヒットに抑えられる。
4回表9番村川がしぶとくセンター前に初ヒットを放つと、続く木俣もライト前へ続く。
遊ゴロエラーの間に村川が返り3点目。
3番疇地のライト前ヒットと、4番城倉の投ゴロの間にも2人が返り計5点を返すも、反撃はここまで。
なかなか戦力的に厳しい状況が続くが、持前の守備力で残り3戦を勝利に繋げたい。

第72期 第18節 3月12日

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:崎川
敗戦投手:
エンジェルス 6 11 6 4           27 HR:
アタッカーズ 1 2 0 0           3 HR:
勝ち組コメント
72期第10戦はアタッカーズとの一戦。
ここ2試合打線に元気がないエンジェルスは、オーダーを大幅に変更して試合に臨みました。
先行の初回、1番の若松がフォアボールできっちり1番の仕事をすると、続く2番田川がヒットで繋ぎ理想的な展開に。
その後もヒットや相手のエラーなどで初回は6得点。
守備では味方のエラーの後、次のバッターに四球を与えてピンチを迎えるも、大きく崩れることなく1失点で初回を終える。
その後は、これまでの鬱憤を晴らすかのようにヒットを重ね、3回で21得点と久しぶりの大量得点。
守備では2回にホームランを打たれ2失点するものの、大きな声で味方を鼓舞することで良い雰囲気で試合を進め、3回と4回は0失点。
27-3で勝利することができました。
新しい打線オーダーに新しい守備位置など色々と収穫のある試合になりました。
残りの試合はチーム一丸となって全勝します!!
負け組コメント

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:森實
敗戦投手:吉冨

サクラ 5 1 2 0 2         10

HR:辻

イーグルス 2 0 0 2 0         4 HR:
勝ち組コメント
初回、先頭打者呉山のヒットで勢いづいたサクラは2つの四球に6番森實のツーベースを絡め一挙5得点。幸先の良いスタートを切った。
また2回には、サクラの高見盛こと、巨漢捕手・辻が逆方向へのオーバーフェンスとなる初アーチを描き、更にベンチを盛り上げた。
この大量得点をバックに、エース・森實は低めのコントロールがさえ、走者を出しながらも要所を締めるナイスピッチング。
エラーで失点する場面はあったものの、大崩れすることなく、会心のピッチングで強力イーグルス打線を4点に抑え、完投。
新メンバーを迎え14名で臨んだ対イーグルス戦はサクラが見事10-4で勝利を収めた。
負け組コメント
2連勝で勢いの出てきたイーグルス。
この日はサクラさんと対戦。
10年ぶりにイーグルスの試合出場のBillを加えて試合に挑む!
先発、タフマンは初回に相手打線につかまり5失点。
追う展開になり、初回の攻撃。
先頭はるっちが四球で出塁するもKIUCHIが三振で走者を進めず。
続く大ちゃんの打席でバッテリーエラーで進塁するとライトにタイムリーで1点返す。
監督がヒットで繋ぎ、5番篠崎が犠牲フライで追加点。
4回四球と3連打で2点を奪うがオパがライナーバック出来ず。。。撃沈。
相手投手のコーナーワークに翻弄され追加点を奪えず敗退。
残り2試合。勝ち星を積み上げましょう!!

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:島上
敗戦投手:川満

ツナーズ 3 0 0 8 6         17

HR:武藤 松倉

カイザース 0 0 0 3 3         6 HR:白川
勝ち組コメント
72期11戦目はカイザースさんとの対戦。
数ヶ月ぶりの出張で阿部も参戦し計14名で試合に臨む。
初回の攻撃は1番玉田、2番阿部が倒れツーアウトから3番武藤が出塁して4番島上もサードのエラーを誘い出塁すると、5番松倉が打った瞬間分かるスリーランホームランで3点を先制。
2回、3回は共に0点で4回先頭2番阿部がレフト前で出塁すると、3番武藤がツーランホームラン放ち追加点が入るとその後もファーボールや長短打で一挙8得点で試合を優位に進める。
その裏に3点を返されたものの5回にも6点を奪い最終回の守りへ。
エース島上から松倉が登板し相手打線を2点で抑え、結果17対5でゲームセット。
次回はエース島上(監督)と玉田の最終戦となるので、チーム一丸で勝利出来る様に頑張りましょう!
負け組コメント

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:金塚
敗戦投手:藤原

サンダース 7 0 0 0 0         7

HR:斉藤

ドリームス 0 0 0 0 2         2 HR:
勝ち組コメント
72期第10戦目はドリームスさんとの一戦。
いつも真剣勝負、僅差勝負となる永遠のライバルとの対戦は、じゃんけんに負けての先攻スタート。
1回表、1番・稲田が持ち前の選球眼を発揮し四球で出塁すると、相手守備の隙を突き、すかさず盗塁。
さらに悪送球の間に3進。2番・津曲も四球で出塁し、無死1-3塁のチャンス。
続く3番黄・4番吉原にそれぞれタイムリーヒットが出て、71期MVP投手相手に貴重な先制点を獲得。
更に2死1-3塁と攻めたて、続く打者はムードメーカー「ピコ太郎小西」。
今やすっかりチーム内の人気者となった小西が放った打球は、右中間を深々破る2点三塁打。
ベンチを一気にお祭りムードにすると、9番・久々に参戦した斎藤が小西に負けじとレフトへ特大アーチ!!!。
初回で7-0と大きくリード。最高の形で1回表を終える。
1回裏、金塚-浜田バッテリーの立ち上がり。
浜田はOB太田から伝授された「ドリームス対策」を駆使し金塚をリード。
死球は出したものの、内野ゴロ2つと三振と無難なスタートを切る。
圧巻だったのは2回裏の攻めの投球。
1アウト2-3塁のピンチの場面、一気に流れが傾きそうところで続く2者を連続三振で抑え悪い流れを断ち切った。さすが大エース金塚!!!。
2回以降、サンダースは得点こそなかったが「長い攻撃、短い守備」という理想の形で試合をすすめることができた。
際立つのは、サンダース自慢の守備。
この試合も合計9個もの内野ゴロを無難にさばき、アウトを積み重ねる。
ベンチからは宮定の的確な指示も飛び、終わってみれば初回の7点を守りきり、主導権を渡さぬまま7-2での勝利となった。
試合後、監督浜中は「全ては稲田の四球から」と、小西・斎藤の長打を絶賛しつつ、先頭打者で相手を翻弄した稲田をベタ褒め。
最強ライバルのドリームスに勝利し、念願の優勝へ大きく一歩前進した。
次戦はいよいよ優勝をかけた一戦。同時に主将津曲と好打・岡本の最終戦でもあります。
勝って盛大に二人を送り出しましょう!
負け組コメント
72期第9戦、助っ人も入れ16名でサンダースさんとの一戦に臨みました。
初回組長の立ち上がり、いきなり四球でランナーをためると、不運なヒットもありなんとなんと7失点。
しかしまだ初回、もちろん諦めるどころか気合満点の夢軍団。
しかし相手好投手の前に、中々ランナーをためれずモヤモヤしたままゲームは進む。
2回以降、生まれ変わった組長はランナーをためるも追加点を許さず0で抑えて味方の反撃を待つ。
最終回5回、1死後、ともきんが三塁線を破る2塁打で出塁後、これがラストゲームのダニエルが気合の三塁強襲2塁打でようやく1点を返す。
さらに助っ人の超高速ショートゴロの間にさらにもう1点追加。
しかし初回の7失点が響き、残念ながら敗戦。。。
わずか1年ながら強烈なインパクトと最高の思い出を残してくれたきーやん、日本に戻ってもお祈りとドリームを忘れる事なく、若い力で頑張って下さい。アーメン。

第72期 第17節 3月5日

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:長谷川
敗戦投手:島上
ツナーズ 4 1 0 0           5 HR:武藤
コンポードー 6 0 8 X           14 HR:
勝ち組コメント
上位に食い込みたいコンポードーとしては、2位のツナーズさん相手に絶対に落とせない試合。
初回、足の怪我が微妙に完治していないピッチャーの長谷川 がいきなりパンチを喰らい、さらに内野陣の立て続けのエラーにも見舞われ暗雲立ち込めるも何とか立て直し4点で抑える。
一瞬勢いに蹴落されそうになったものの、このところ絶好調のコンポードー打線が一回裏にいきなり爆発。
高江洲のデッドボールを皮切りに、西村、杉本(み)、藤澤、Jack、市川と5連打。
岡田は三振に倒れたものの、ここで終わらないのが今シーズンのコンポードー。
この試合前時点チーム打点王の稲葉に打順が回りセンター前にヒット。
この回計6点が入り逆転に成功!
味方の援護で立ち直ったピッチャー長谷川B、ツナーズ打線を2回は1点、3回は相手4番の強烈なピッチャー返しをファインプレーのおまけ付で見事0点に抑える。
6−5と拮抗した状態で迎えた3回裏、コンポードー打線が再び火を噴く。
就任後負けなしの監督河邊と広瀬が立て続けにライト前ヒット、体で稼ぐ高江洲のデッドボール、西村のライト前ヒット、杉本(み)の強烈な右中間ツーベース、藤澤の打球が相手エラーを誘い、公私に渡って絶好調のJackが左中間スリーベース、見た目からは想像のつかない慎重派の市川がキチンとファーボールを選べば、香港マラソン疲れが程好く残っている稲葉が力みないスイングで左中間ツーベースでダメを押し、この回計8点!
最終回も長谷川Bの安定したピッチングで相手打線を0点に押さえ、強敵ツナーズさんを撃破!
ツナーズさんを倒したことを自信に混戦模様の2位争い抜け出し、さらにはサンダースさん追撃に残り4試合頑張りましょう!
負け組コメント
72期10戦目はコンポードーさんとの対戦。
今期2戦目の小屋を加え計16名で試合に臨む。
先行で1番武藤がライトに先頭バッターホームランを放ち幸先良くスタートする。
松倉、Owenのツーベースも有り初回は4得点で攻守交替。
裏の守りではヒットにエラーが絡み6失点で逆転を許してしまう。
2回の攻撃は9番斉藤が右中間にツーベースで出塁すると、11番玉田のヒットで1点差に詰め寄り、ツーアウト満塁で15番河野へ。
惜しい当たりのライトライナーで追加点を奪えず攻撃を終了。
裏の守りを0点で抑え、3回の攻撃へ、何とか逆転したいツナメンだが0点に抑えられてしまい3回裏の守りへ、連続安打などエラーも有り一挙8点を取られてしまい厳しいゲーム展開となってしまう。
先ずは1点を返し流れを戻したい所だが4回、5回とも0点で終わりゲームセット。
今期、痛い2敗目となってしまいましたが、気持ちを切り替えて残り試合を頑張りましょう!

1
2
3
4
5
6
7
8
9

ベアーズ投手:北浦
ロイヤルズ投手:中島 丸山

ベアーズ 0 0 2 0 2         4

HR:

ロイヤルズ 4 0 0 0 0         4 HR:
引き分けコメント(ベアーズ)
今期第10戦は選手14名でロイヤルズに挑みました。
1回表、先制して主導権を握りたいベアーズ、先頭のStephenは5ゴロに倒れるも川島が5エラーで出塁、北浦の犠牲フライで進塁し2死2塁のチャンス、しかし4番の米澤が4ゴロに倒れ無得点に終わる。
その裏、先発北浦の立ち上がりを攻められ逆に4点を先制されてしまう。
追いつきたいベアーズだが、2回表は先頭の三澤が5ゴロ、吉川7フライであっさり2死、続く絹川がレフトへこの日のチーム初ヒットを放ち、すかさず2盗でチャンスを作るも、続く熊谷が三振とここでもチャンスを活かせない。
2回以降立ち直った北浦は、バックの好守にも助けられ4回まで無失点ピッチングで流れを作る。
すると3回表、先頭の角田が7前、島監督死球でランナーを溜めたところで、青山が右中間深くへ3塁打を放ち2点を返す。
更に胆藤が四球、山口は三振に倒れるも金光も四球で1死満塁と絶好のチャンス。
迎えるバッターは頼れるStephen。しかしStephenの痛烈な当たりはショートの正面を突き、643と渡ってまさかのダブルプレー。
4回表は先頭の川島がセンターへの2塁打でチャンスを作るが、続く北浦の当たりは痛烈ながらレフトライナー。
更に米澤、三澤が連続で倒れクリーンナップが役割を果たせない。
ところが迎えた5回表、吉川がレフトへ2塁打を放ちチャンスを作ると、絹川4ゴロの間に一気にホームを落とし入れ1点差、熊谷がライト前で続き、角田は死球、島は倒れるも、続く青山の打球はセンターへ、熊谷がセカンドから激走して生還し、土壇場でついに試合を振り出しに戻した。
守りきりたいベアーズは最終回の5回裏、2死から出塁を許すも、最後は相手打者の12塁間への打球が走者を直撃して守備妨害の判定。 引き分けで試合終了となった。
残念ながら勝ちきることはできませんでしたが、締まった良い試合でした。
チーム状態も着実に向上しています。
残り3戦、次期につながる試合にしましょう!頑張れベアーズ!
引き分けコメント(ロイヤルズ)
1回の裏ロイヤルズの攻撃は四球とエラーでランナー1、2塁とすると、2死から丸山、早川 がライト前へ連続タイムリーを放ち、大井が四球を選び満塁とした後中島がセンター前へ弾き返し4点を先制。
戦略通り相手投手の立上りをテンポよく攻める。
この日の先発は初回にタイムリーを放った中島。
微妙なコース判定にも影響されず落着いた投球を見せ、2回までは無失点で抑える。
しかし3回に突如乱れはじめ2点をとられたところで早くも丸山にマウンドを託す。
1死満塁のピンチでリリーフに上がった丸山は、遊ゴロゲッツーに仕留め最小失点で凌ぐ。
追加点が欲しいロイヤルズは四球や単打でランナーを出すも得点には至らず、逆に最終回に2点をとられ土壇場で追いつかれてしまう。
最後の攻撃は2死から、今日は守備で活躍している小高が粘りのヒットを見せ、3番畦地にサヨナラタイムリーの望みをつなぐ。
すると畦地の打った打球は痛烈なライト前ヒット!かと思いきや、一塁手のグラブを弾いて(?)ランナー小高に直撃し、衝撃で転がりこんだまま走塁不能となりまさかのアウト。
劇的な幕切れとなり両チーム不完全燃焼のまま時間切れ引分けに。
勝ちきれなかったロイヤルズ、やはりあと一本が課題ですね。

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:久下(兄)
敗戦投手:迎

ブレーブス 1 0 0 2           3

HR:DAI MAN 真鍋
 秋山

オオゼキ 1 12 3 X           16 HR:久下(弟) 岩井 高尾
 久下(兄)
勝ち組コメント
今季第10戦はブレーブスさんとの一戦。
初回先発マロはいきなり先頭打者に一発を浴びたが、この1点で抑えると、その裏オオゼキは2死から3番カリがレフトを越えるランニングホームランで同点。
早くも4番に座ったタカオーもヒットで続くがこの回は1点どまり。
2回表も1点を奪われたが、その裏オオゼキ打線が大爆発!
フカチンとDGMの連打でまず同点。
ゾロはエラーでつなぐと、ワッキーのレフトへのヒットで2点。
コータローヒット、ジローフォアボールのあと、ジャンボの2塁打で2点追加。
湯けむりは四球を選び、ポッターは押し出し。
2番バットーサイの一打はピッチャーライナーとなって満塁のランナーは全員よろめいたが、3番カリがレフトに綺麗なタイムリーを放ち9−2。
ここで4番タカオーがなんと3試合連続となるスリーランホームランを打って12−2。
5番マロも負けじとセンターにランニングホームランで続く!
6番フカチンの当たりはレフトのファインプレーに阻まれてアウトとなったが、DGMはヒット、ゾロがエラーで出塁。
ワッキーは大差でもきっちりと四球を選んで満塁としたが、コータローは惜しくもサードライナー。
しかし、この回12点!
3回表マロはゼロに抑えると、裏の攻撃はジローのヒットの後ジャンボのセンターへの3塁打で1点。
1死後ポッターがアベックホームランとなる一発をレフトに打ち、16−2!
バットーサイはセンター前にヒットを打ち、2塁を狙うもアウト。
カリも倒れて、この回は3点。
4回表はブレーブスさんの主軸に連続ホームランを献上し、16−4となったが、こ こでゲームセット。
4回裏のタカオー、マロのヒットや得点は参考記録となったが、エラーもなく、ホームラン4本も飛び出して快勝!
今季残り3試合は全勝といきましょう!!
負け組コメント
初回先頭打者DAIMANが追い込まれての一振りドンピシャのレフト方面ライナーでのホームラン!
1点先制と気持ちの良い出だし。
その後、秋山ヒット打つも1回は1点止まり。
初回裏。守りも投手迎が1点に抑え上々の立ち上がり。今日はリズムよく雰囲気最 高!
2回岐部御大がヒット打つもその後ダブルプレーで追加点奪えず。
攻撃のリズムが狂ったか、裏の攻撃で大量失点で長い守りで万事休すか、、、
3回三者凡退で悪いムードだが、4回攻撃で真鍋のランニングホームラン、秋山の特大ホームランと2打席続く!
3連続と期待の4番迎5番細尾だが凡退に終わりゲームセット。
初回の守りのリズムはとても良かったので、あの感じを続けばいいムードで試合運びが出来ると思う。
しかし、守りのエラーがきっかけとなりリズムが悪くいつもの感じに陥る。
完璧な守備は望んでいないが、もう一つ皆が集中して守っていく意識を持って試合にのぞむと違う結果というより負けてもいいので納得できる試合をしていきましょう!

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:吉冨
敗戦投手:森本

アタッカーズ 3 2 0 0 3         8

HR:

パイレーツ 2 8 4 4 X         18 HR:小泉 吉富
勝ち組コメント
天気に恵まれここまで雨天中止もなく、第10戦を迎える相手はアタッカーズさん。
現在4勝5敗で何とか勝率5分に持っていきたいパイレーツは、今期一番少ない11名で後攻スタート。
1回表:先発吉富、今日は何かピリッとしないのか、先頭に綺麗なセンター前安打を打たれ、続く打者に四球。
3番はショートゴロに抑えダブルプレーを焦ったセカンドがファースト暴投で1アウトは取るが早くも1失点。
更に安打、死球、エラーで初回3失点を奪われる。
1回裏:先頭柳田がセンター前安打。
2番SAMは3ボールからサードゴロでセカンドフォースアウト。
続く小泉、青、吉富と3連打で2点を返しなおも1アウト2,3塁のチャンスだが、後続は三振、内野フライと相手投手の緩い球の術中に見事にはまる。
結局2得点で初回から逆転できず嫌な雰囲気。
2回表:3本のライト前安打と守備の乱れでこの回も2失点。
2回裏:1アウトから藤井、古川四球でラストバッター、腰痛持ちの菅原がライト線へポテン2塁打で1点を返す。
トップに返り柳田はショートゴロエラーでその間3塁走者生還。
続くSAMは左中間2塁打、小泉センター前、青は高いセンターフライが相手エラーを誘うラッキーな出塁。
ここで吉富の自身初本塁打(スリーラン)が出てこの回8得点で逆転。
3回表:本塁打を打って気分のいい吉富はこの回は1安打、1四球を出すが打者5人で無得点に抑える。
(柳田私用のため2回終了後途中帰宅)
3回裏:1アウト1塁からSAMの右中間3塁打、小泉のセンターオーバーの本塁打、続く青、吉富の連続安打でこの回4点追加。
4回表:先発吉富から高橋へスイッチ。
高橋は1四球を出すが打者4人で抑える見事な好投。
4回裏:先頭高橋がセンター前、続く陸はショートエラーで1アウト2,3塁から藤井のお手本となる見事なライト線3塁打で2点追加、その後も相手エラー、SAMのこの日2本目の3塁打で更に4点追加で勝負を決める。
最終回、高橋は3安打2四球で3点を奪われるが見事抑え、結果8対18で勝利する。
これで10戦戦い5勝5敗の5分。
今日は少ない人数で、腰痛持ちも必死に走り、結果的に2本塁打を含む17安打とみんな良く打ちました。
また7盗塁と足もからめたことが高得点につながっった。
残り3試合、全勝する気持ちを持って戦っていきましょう!!!
負け組コメント

第72期 第16節 2月26日

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:
敗戦投手:
ブレーブス                   0 HR:
サクラ                   7 HR:
勝ち組コメント
負け組コメント
第一試合の朝早くまた寒空のなか、お集まりいただいた櫻クラブメンバーの皆様、また、審判担当のイーグルスのメンバーの方々、ご迷惑をお掛けし本当に申し訳有りませんでした。

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:吉冨
敗戦投手:北浦

ベアーズ 1 0 0 2 0         3

HR:

イーグルス 8 1 0 1 X         10 HR:
勝ち組コメント
前の試合が思わぬ形で終了となり、準備時間たっぷりのイーグルス。
連勝へ向けていざベアーズさんとの試合に挑む!
先発は試合前に100球オーバーの投げ込み?!をしているタフマン吉富。
前回は9失点したが四球もだいぶ減り良いボールも増えてきた。
初回は1失点したものの無難な立ち上がり。
裏の攻撃、KIUCHIがエラーで出塁すると2番絶好調ミシュラン大ちゃんがヒットで繋ぐ!
3番影の4番候補篠崎が四球でチャンスにめっぽう弱い4番監督。
どん詰まりだったが飛んだ方向が功を奏しライト前ヒットで同点。
オパの押し出しであっさり逆転に成功すると初回からNOBUのバットが火を吹く走者一掃のツーベース!
その後もカッシーのヒットなどを絡ませ打者一巡で8点をもぎ取る。
この後は両チーム2点づつを加え静かにゲームセット。
タフマン吉富 今シーズン最少失点とナイスピッチング!!
残り3試合。勝ち越しの可能性はまだある。頑張れイーグルス!!
負け組コメント
今期第9戦は選手12名でイーグルスに挑みました。
1回表、先頭の川島が5ゴロに倒れるが、続く熊谷が死球で出塁、北浦の2塁打で進塁するとパスボールの間に熊谷が生還して幸先良く1点を先制。
しかし続く主軸の米澤、島監督が倒れて初回1点に留まる。
その裏イーグルスの攻撃、先発北浦の立ち上がりを攻められ、不運なヒットや守備の乱れも重なり8点を失ってしまう。
この失点が最後まで響いてしまった。
2回表は先頭の絹川がセンター前に会心の当たりを放ちチャンスメイク。
続く吉川は良い当たりながらレフトの正面をついてしまい、角田、青山が連続で倒れてこの回無失点。
2回表は1失点で切り抜け、反撃したいベアーズは3回表、先頭の岩木が5ゴロに倒れるも、金光、山口、川島が連続四死球で満塁のチャンス。
しかし、ここで続く熊谷の5ゴロを5-4-3と見事なダブルプレーに取られてしまい惜しくも無得点。
3回裏はショート米澤の好プレーやサード岩木のダイビングキャッチに助けられ無失点。
迎えた4回表、先頭の北浦がレフトへ2塁打、更に3盗でチャンスメイク。
米澤が四球で続き、島6ゴロの間に1得点、更に絹川ライト前で2点目を奪取。
しかし続く吉川、角田の当たりは相手内野陣の好守に阻まれ、ここでも逆転できない。
4回裏は1失点で、最後の望みを託した最終回5回表、岩木、山口が四球でチャンスを作るも、最後は川島がレフトフライに倒れて万事休す。
残念ながら2連勝はかなわなかった。
惜しくも敗れましたが、後半は締まった良い試合にすることができました。
次週は連戦です。目の前の一球に集中し、勝利を目指しましょう!

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:藤原
敗戦投手:大澤

カイザース 0 1 0 0 5         6

HR:鈴木

ドリームス 3 6 2 9 X         20 HR:藤原 赤萩
勝ち組コメント
72期第8戦、14名でカイザースさんとの一戦に臨みました。
初回の守り、今日の組長は打たせて取る理想のピッチングで相手打線を0におさえる。
初回夢軍団の攻撃は、先頭ともきんサードへの鋭い当たりも相手三塁手がファインプレーで1アウト。
そこから、たてっしー、組長、きよし明と四球を選び、ここで久々登場の市助がショートエラーを誘いまずは先制。
その後、を総裁ショート強襲ヒットで繋ぐと、チャーリーも上手くセンター前でこの回3点。
2回、組長は失点を許すも最小失点で切り抜け、まだまだ守備も良いムード。
2回の攻撃、ダニエル四球で出塁もテコンがサードゴロ、なかすけはセカンドゴロもなんやかんやセーフに。
さとまショートゴロの間に1点追加後、ますけん、ともきん、たてっしーとヒットで再びチャンスとなり、組長が試合を決めるグランドスラム。
タプタプとお肉を揺らしベースを一周する姿は、先週のテコンを思い出させる嬉しい80世代の活躍。
そしてこの日は何といっても3回に飛び出したチャーリーの2ランホームラン!
1月に夢軍団加入後、ヒレ酒をひたすら飲む姿を披露してきた彼の打球には、まるでこれまでのヒレが乗り移ったかのごとく打球はグングン伸びてスタンドイン。本日見事監督賞を受賞!
その後も着実に得点を重ね試合を優位に進め、見事勝利した夢軍団。
これからも勝利目指して頑張りましょう!
負け組コメント
72期も残りわずか、エースと4番が不在で迎えたドリームス戦。
先行カイザースで試合開始、カイザースは1回から4回まで1点に抑えられた。
久しぶりの登板の大澤監督はブラングを感じさせない投球、しかし味方のミスの後1発を浴び悔しい失点。
最終回に5点を取るがゲームセット20対6、後3試合全勝でいきましよう。

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:金塚
敗戦投手:崎川

エンジェルス 0 1 0 0 0 1       2

HR:木原

サンダース 3 2 2 0 0 X       7 HR:
勝ち組コメント
72期優勝に向けて、絶対に負けられない相手は強豪エンジェルスさんとの対戦。
サンダースはやや少なめ13名でプレイボール。
初回、相手打線を3人で抑え良い流れで攻撃へ。
1番に入った稲田が綺麗な中前打を放ち出塁。
続く吉田が三塁打を放つと、俊足の二人がダイアモンドを瞬く間に疾走し1点先制。
更に四死球でランナーが貯まったところで、浜田が痛烈な二塁打を右中間に放ち、3-0。
左打者3人の活躍でなんとしても欲しかった先制点を獲得。
2回裏の攻撃。宮定が死球で出塁。続く最近好調な土佐屋が右安打で2死1・2塁のチャンス。
ここでやはり左打者の浜中がセンター後方に2塁打を放ち、リードを4点に拡大。
続く3回も、浜田押し出しで1点、小西の大きな犠牲フライで1点を加点し7-1。
守っては捕手浜田がショートバウンドを幾度も体で止め、ショート吉原、セカンド岡本に、「ここぞ!」の場面でファインプレーが飛び出すなど、相手に流れを渡さぬまま7-2で勝利となった。
とは言え、今日のMVPはやはりエース金塚。
強打のエンジェルスさん相手に散発7安打、7奪三振での投球内容は圧巻で終始リズム良く投げていた。
内容は失点こそあれ今シーズン1.2を争うベストピッチでした。
「今日の吉原君」・・・この日も涼しい顔で難しい打球を2つ処理。
打っては2打席1打数1安打1四球。打率を.944と上げた。
今のサンダースは、参加者全員が試合に集中し、声を張り、試合を楽しめているとても良い状態。
次の試合は前期優勝のドリームスさんです。
王者の胸を借りる挑戦者の立場は変わりません。
バッテリーを中心に試合の流れを引き寄せ、王者に挑みましょう!
負け組コメント
72期第9戦は首位サンダースとの一戦。
勝てば優勝の可能性が残る大事な一戦に、初参加の米澤を含む17名で試合に臨みました。
先攻の初回、最近ピリッとしない上位打線に先制点を期待したいところだが、相手投手の前に三者凡退。
ものの数分で攻撃の時間が終わってしまう。
裏の守備では、先発崎川が相手打線に捉まり大量失点のピンチを迎えるも、なんとか3失点で抑える。
闘志の衰えないエンジェルスは2回先頭の中込がヒットで出塁するも、続くチーム首位打者の片倉・吉田が連続三振。
チャンスを活かせない打線に嫌なムードが漂うも、続く川村が右中間への2塁打で1-3とする。
このまま試合の流れを掴みたいエンジェルスであったが、その後も大海が三振し、なかなか波に乗り切れない。
その後も相手打線にコツコツと得点を与え、5回までで1-7とワンチャンスで逆転可能圏内のまま最終回を迎える。
なんとか一矢報いたいエンジェルスは、この回先頭の木原がこれまでの鬱憤を晴らす特大ホームラン。
これで相手ピッチャーが崩れてくれることを願うものの、安定したピッチングは変わらず、その後得点することはできなかった。
次の試合は打のエンジェルスらしさが出せるよう、気合を入れていきたいと思います。

第72期 第15節 2月19日

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:長谷川
敗戦投手:川満
カイザース 2 3 1 1 3         10 HR:阿部 佐藤
コンポードー 1 1 3 11 X         16 HR:高江洲 藤澤
勝ち組コメント
どんよりとした天気で寒い中、上位に食い込みたいコンポードーにとって負けられないカイザース戦に臨みました!
まずは守りから流れを作りたいコンポードーでしたが、サードに入っていた海明のエラーも絡み2失点してしまいます。
後攻のコンポードーは広瀬がセーフティーバントで出塁。
このままチャンスを広げたいところで、広瀬が盗塁死してしまい、少し嫌な雰囲気に、、、
しかし、この回嫌な流れを断ち切ったのは、コンポードーホームランキングの高江洲!
見事なホームランで再び一点差まで縮めます。
2回のカイザースさんの攻撃では、またまた海明のエラーも絡みこの回三失点。
一度は断ち切ったものの再度嫌な雰囲気になってしまいます、、、。
この回の裏、長谷川がヒットで出塁し自分のバットで点差を縮めますが、あと一歩が出ずこの回終わって5-2と徐々に話されていく展開に。
更に不運なことに、チームのエース長谷川が走塁時に足を負傷してしまいまい、コンポードーの大ピンチが訪れます。しかし、長谷川は続投を志願。
3回表のカイザースさんの攻撃は、長谷川が気迫のピッチングで1点に抑えます。
その裏、長谷川の粘りのピッチングにこたえたいコンポードーの攻撃は、本日エラー続きでしょんぼりしていた海明から。
気持ちのこもったヒットで出塁し、チャンスを作ります。
広瀬の二塁打で二三塁とし、高江洲の四球で満塁、西村の死球で一点を返します。
更に四番の杉本の二塁打で再び1点差に差を縮めます。
勝負の4回、テーピングでガチガチにした足の長谷川が1点に抑えます。
裏の攻撃では、長谷川ピッチングに応えたいという思いで、チームが1つになりました。
この回7番の市川から始まり、市川・長谷川・岡田・DECK・稲葉・海明・河合・広瀬・高江洲の9連打を含む打者一巡の猛攻で、一挙11点を入れゲームをひっくり返します。
チームの盛り上がりも最高潮!
最後の回の攻撃も長谷川のピッチングで抑え、16-11で勝利を収めました!!!
今日は長谷川の粘りのピッチングと、それにこたえようとチームで気持ちを1つにして、打線が繋がったとこが勝因だと思います。最高の勝利でした!
ただし怪我人が何人か出ているので、その方はゆっくりと怪我を治し、そうでない人はしっかりと練習して、大一番となる次回のツナーズ戦に臨みたいと思います!
みなさま、今日は本当にお疲れ様でした。次も勝って上位に行きましょう! 。
負け組コメント
旧正月明けの一戦目。久しぶりに主力メンバーが多く参加した。
相手はコンポードーさん。強敵だが、今までの戦績では相性はいい。
やや肌寒さが残る曇りの天候の中、ゲームは開始した。
先攻はカイザース。先頭のヒロから一挙5連続安打で2点を先制。
その裏の守備でも、エース川満が安定した立ち上がりを見せ、上々の滑り出し。
その後、3回までは追加点を続け、6-5と食い下がるコンポードーと息詰まる攻防が続く。
1点を追加した4回裏の守備。今まで均衡を保っていた、勝利の天秤がコンポードーに傾いた。。。
先頭打者から長打を含む悪夢の9連打。。。
どうにも止まらない。一挙11失点。
5回の表、意地で3点を取り返したが、一度傾いてしまった天秤を戻すことはできず、今期2敗目を喫してしまった。
来週は、またまた強敵のドリームズさん。
ある意味すっきり負けた今回の敗戦から気持ちを切り替えて、優勝めざし、星をとって行きましょう!!

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:金塚
敗戦投手:吉冨

パイレーツ 0 0 0 0 1 1       2

HR:

サンダース 4 0 4 3 6 X       17 HR:吉田
勝ち組コメント
1ヶ月ぶりの試合は今期絶好調のパイレーツさんとの一戦。
少し多め、15人で試合開始。
初回、津曲稲田といつも通り出塁をすると、続く4番吉原がライト前に放ち先制点獲得。
続く絶好調吉田がランナー2人を置いて弾丸ライナーでライトオーバーのHRを放ち4-0とリード。
その後も、家族を連れてきた津曲・小西の活躍もあり、終わってみれば毎回安打で17得点。
守備面では金塚が3試合ぶりに四死球を出すも、吉原・菅原の鉄壁の三遊間が好捕連発で強打パイレーツ打線を2失点に抑え17-2での勝利となった。
やはり奥様方が来ると、旦那はハッスルするんだと改めて思い知らされました。
来週は強豪エンジェルス戦。更に気持ちを引き締めていきましょう!
負け組コメント
旧正月をはさみ1カ月ぶりの試合はリーグNO.1投手を擁するサンダース戦。
今年に入り強豪相手にいい戦いをしているパイレーツは15名で先攻スタート。
1回表:先頭南が倒れ、2番SAMがライト線2塁打、続く小泉もレフト前安打で1アウト1,3塁の先制チャンス。
しかし4番青監督、5番吉富と内野フライに倒れ初回無得点。惜しい好機を逃す。
1回裏:先発吉富、立ち上がりは上々であったが、味方連続エラーにタイムリーと3ラン本塁打が絡み初回4失点。
エラーが無ければ無失点だったのに悔やまれるスタートとなる。
2回表裏は両者無得点、3回表:1アウトからいぶし銀藤井が速球投手を打つお手本のようなライトへの安打で出塁。しかし後続は1四球をはさむが続かず。
4回表:パイレーツは2アウトから先頭南が意地の内野安打出塁、続くSAMは2打席連続のライトオーバー2塁打、1塁から南がホームを突くがタッチアウト。初得点ならず。
相手打線は3回裏に4得点、4回裏に3得点とエラーとタイムリーを絡めて4回を終わり0対11と相手投手を考えればここで勝負あり。しかし何とか完封は免れたい。
5回表:1アウトから青監督がライト線2塁打で得点チャンス。
続く吉富は意地のセンター前タイムリーで初得点。完封を逃れる。しかし後続倒れ1点のみ。
5回裏:相手打線が爆発、味方エラーも絡みこの回も6失点。
6回表:勝負はすでにあったが、次の試合につなげるべくこのままでは終われないパイレーツ打線。
先頭向井が相手ショートエラーで出塁。
続くHOWARDはライトオーバーの2塁打でノーアウト2,3塁、藤井は四球を選び満塁のチャンス。
続く陸はレフトフライの犠打で1点追加。しかし後続続かず試合終了。
やはりサンダースさんは強い!
パイレーツはこの試合7失策と久しぶりの試合ではあったが酷すぎ!
次の試合は味方投手を守備で盛り上げれるよう頑張りましょう!
しかしリーグNO.1投手から8安打(2塁打4本を含む)は次の試合の打線爆発に期待したい!

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:丸山
敗戦投手:田原

ロイヤルズ 5 3 5 0 3 6       22

HR:木俣(2本) 小高

アタッカーズ 1 0 2 3 0 0       6 HR:
勝ち組コメント
ここ3試合石z尾で連敗中と縁起も元気も無いロイヤルズ。
再び石z尾のグランドで再起をかけ試合に臨む。
じゃんけんも連敗し先攻となったロイヤルズは、監督木俣が暗雲を断ち切る先頭打者ホームランでまずは1点を先取。
続く城倉理事長、4番に座った畦地が2塁打を放ち、村川、野嵜のタイムリーなどで初回5点を挙げ上々のスタート。
2回表も先頭木俣の2打席連続特大ホームランで完全に目覚めたロイヤルズ打線は、その後も長短打を連発。
本日サードに入り見事4失策と期待通りの守備力を見せてくれた7番小高の窒息寸前のランニングホームランなどもあり、結局全員安打で22点と久々の大量得点となった。
投げては先発丸山が制球に苦しみながらも要所を抑え、自責点自体は2点と安定したマウンド捌きで6回を投げ切り今期初完投初勝利。
次戦は久々天光道でのゲーム。再び5割復帰を目指してアゲて行きましょう!
負け組コメント

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:島上
敗戦投手:高見

ツナーズ 1 2 3 1 1         8

HR:斎藤

オオゼキ 3 0 0 2 0         5 HR:高尾
勝ち組コメント
72期9戦目はオオゼキさんとの対戦。今日は14名のツナメンで臨む。
先行ツナーズで試合開始。トップバッター武藤がいきなりセンター前で出塁。チームを勢いづける。
続く最近2番に定着しつつある宮田だが、カウントノースリーから引っかけ相手を助けてしまう。
結局この回は松倉の内野ゴロの間の1点にとどまる。
その裏、先発の島上の立ち上がりはヒットに野手陣のエラーも重なり3失点。逆転を許す。
2回のツナーズ攻撃は先頭のJOE、続くOWENの連続シングルヒットに斉藤が打撃妨害で出塁、ノーアウト満塁のチャンスを迎える。
ここで故障明けの松永がセンターへ勝負強く2点タイムリー。同点に追いつく。
しかし後続は倒れこの回は同点どまり。
その裏、島上は満塁のピンチを迎えるが、ここで苦しい流れを断ち切る3奪三振圧巻のピッチングで流れを引き込む。
3回表の攻撃、簡単にツーアウトとなってしまうものの、最終バッター江藤が粘って四球。
続く武藤がヒットで続き、2アウト1,2塁から2番宮田がしぶとくライト線への2点タイムリーで逆転に成功。
3番厚澤が四球で続き、4番松倉のレフト前ヒットで更に1点追加。
その裏、島上は無失点に抑える。
4回の攻撃は8番斎藤にソロホームランが飛び出し貴重な1点を追加。徐々に引き離したいツナーズ。
しかし、その裏、島上が2ランホームランを打たれ再び点差は2点に。緊張する試合展開が続く。
5回の表は下山、江藤の四球に相手のミスが絡んで1点追加。
最終回、エース島上がきっちりと3人で抑えて試合終了。
今日は接戦となったが毎回コツコツを点数を重ね勝利を掴んだツナメン。
これから上位チームとの戦いが続きますがチーム一丸で頑張りましょう!
負け組コメント
旧正月明け、約1ヶ月ぶりのゲームは強豪ツナーズさんとの一戦でした。
1回表はタカミーの立ち上がり、ヒットと内野ゴロで1点を献上。
しかし、その裏は1死からマグがヒットで出塁。
2盗、3盗を決めると、3番カリはフィルダーズチョ イス、4番タカミーの内野ゴロは相手エラーを誘い、同点。
5番高尾がレフトに高々と犠牲フライを放ち逆転すると、6番マロのセンターへのツーベースでもう一点入り3−1。
しかし2回表は連続安打と打撃妨害で無死満塁のピンチを招き、センター前に同点タイムリーを打たれる。。
ただ、ここでセンター強肩マグが一塁走者をサードで刺し、タカミーが後続を内野ゴロ2つに仕留めて同点で踏みとどまる!
2回裏は出塁率チームトップのワッキーが8球粘って四球をもぎ取り、続く湯けむりはセカンドゴロエラーで出塁。
暴投で無死2、3塁のチャンスに!
しかし、ツナーズさんのエースはここからの3人をすべて三振に斬って取り、この回ゼロ。
3回表は簡単に2死を奪うが、あとワンアウトが遠く、2四球と3安打で3−6とされてしまう。
3回裏はポッターが失策で出塁したが、この回も3三振でゼロ。
4回は、代わったマロがソロホームランを浴び、3−7。
しかしこの1点で抑えると、その裏1死からタカミーがヒットを放ち、5番高尾はレフトに2試合連続のアーチを かけて、2点差に詰め寄る!!
5回表は2四球などで1点を失うがまだ3点差。
最終回の攻撃は先頭ワッキーが内野ゴロエラーで出塁し、暴投2つで3塁まで進むが、セカンドゴロと三振2つと力で抑えこまれてゲームセット。。
負けはしたものの、ここのところ強豪相手にも接戦に持ち込んでいるオオゼキ。
今季残り4試合は全勝といきましょう!!

第72期 第14節 2月12日

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:北浦
敗戦投手:迎
ベアーズ 0 13 3 2           18 HR:
ブレーブス 1 0 6 2           9 HR:真鍋
勝ち組コメント
第8戦は選手13名でブレーブスに挑みました。
1回表、先攻のベアーズはStephen、川島、北浦が連続飛球であっさりと無失点に終わってしまう。
1回裏、先発の北浦は1点を失うもまずまずの立ち上がり。
すると2回表、開幕から長らく沈黙してきたベアーズ打線がついに爆発する。
三澤、阿部が連続で出塁しチャンスを作ると、島監督がレフトへ適時2塁打。
熊谷が四球で続き、角田の鋭い当たりは惜しくも相手投手のグラブに収まるも、絹川が四球で出塁、続く鈴木がセンターへタイムリー。
更に岩木が相手失策でチャンスが続き、吉川、山口がセンターへ連続タイムリー。
先頭に帰ってStephenが犠飛、更に川島がレフトへ、北浦は内野安打、三澤、阿部が四球で続いた後に再び島が今度はセンターへ適時2塁打を放ち、この回一挙に13点を挙げた。
2回裏の守備は無失点に抑え、3回表は先頭の絹川が出塁し続く鈴木がレフト前打、岩木、吉川が倒れるも山口が出塁したところで先頭Stephenがレフトへ適時2塁打を放つなどこの回3点を追加。
3回裏には5失点を喫してしまうが、4回表の攻撃では本日大当たりでチームを引っ張る島監督、更に熊谷、角田の3連打で2点を追加。
その裏を2失点で切り抜けて結局18対8、長い長い開幕からの連敗を止め、ベアーズは遂に今期初勝利を挙げた。
長かった連敗が遂に止まりました。
上位から下位まで打線が機能するとともに、守備でも二度のダブルプレーを奪うなど、随所に好プレーがありました。
ここから今期の逆襲を期して、いつものやついきます。頑張れベアーズ!!!
負け組コメント
旧正月明けの初戦はまたまた9人。
ちょっと肌寒いが天気も良く、気合を入れてゲームに挑む。
一回表、迎投手がテンポ良く3人で抑えると、その裏1点を先制。
流れはこっちかと思いきや、2回表エラーをきっかけに大量13失点、一気に流れを持っていかれる。
その後追加点も取られ、こちらも3回裏に6点を返し、最終回となった4回裏に満のソロホームランが飛び出すが、万事急須。
はやく一勝が欲しい。

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:吉冨
敗戦投手:田原

アタッカーズ 3 4 0 1           8

HR:

イーグルス 6 0 2 8           16 HR:鈴木D(2本) 丸山(裕)
 木下 丸山(信)
勝ち組コメント
連敗を止めたいイーグルス!
初回いきなり打線が火を噴き、大ちゃん・NOBU・キノッシーがHRを放つ派手な立ち上がりとなった。
下位打線も勢いを止めずに相手ミスも絡み6点を奪う。
先発タフマンは試合前に100球以上(投げすぎ・・・?!)は投げ込み初回と2回に失点するものの、四死球は少なく無駄な失点せず優位にゲームを進めた。
4回にも大ちゃん(2本目)と監督が連続HRもあり16点を奪い快勝!!
今シーズン、監督のバットが湿っているのでシーズン後半戦の復活を願う!!
負け組コメント

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:藤原
敗戦投手:石本

ドリームス 2 1 2 3           8

HR:近藤

エンジェルス 0 0 0 3           3 HR:石本
勝ち組コメント
72期第7戦、新人ナカスケを迎えた14名でエンジェルスさんとの一戦に臨みました。
先攻の夢軍団は先頭のトモキンが左中間2塁打で出塁すると、たてっしー内野ゴロの間に3塁まで進み、MT、タカGが貫禄の四球と死球で満塁後、組長のレフト前タイムリーであっさり2点先制。
ここ2試合ピリッとしなかった守りも今日は組長を中心に良いリズムで守り、相手打線を0に抑える。
2回の攻撃は絶好調 を総裁が技ありのライト線2塁打で出塁すると帰任決定のきーやんが、上司への怒りを球にぶつけレフト前へタイムリー。
ここで新人ナカスケ登場もブンブンブンの三振まいどあり。
俺は出塁率にかけてます宣言をしたウミが四球を選びチャンス拡大もテコン三振、酒乱ショートフライで1点止まり。
2回以降も投手組長はまとまった投球を見せ、リズム良く相手打線を封じていく。
3回の攻撃は、さとま三振チャリーンの後、ちゅん太鋭い当たりでライト前ヒット、ともきん四球後、たてっしーがサード強襲ヒットで1点追加後、MT四球で満塁となり、期待のタカGが豪快なライナーを放つも三塁ナイスキャッチでツーアウト。
その後組長がしっかり押し出し四球でこの回計2点追加。
4回の攻撃は を総裁センター前で出塁後、きーやんが謎のファール5連発でランナーを疲れさせるだけの嫌がらせに満足した後、見逃しKでチャリン。
ここで再び登場の新人ナカスケ、ブンブンブンの三振まいどあり。
その後ウミが三塁内野安打で1,2塁とし、新婚テコンが初球をレフトスタンドへ運ぶスリーラン!!!
このホームランは新妻クラウディアへ捧げるぜ!と言わんばかりのニヤニヤ顔でダイヤモンドをそれはそれはゆっくり回りホームイン。これで勝負あり。
最終回はさすがの強豪エンジェルスさんに3点を取られるも何とか逃げ切りようやく2017年初勝利。
この後も厳しい戦いは続きますが、チーム一丸となり残り全勝でいきましょう。
負け組コメント
72期第8戦はドリームス戦。
エンジェルスの柳田こと高橋の送別試合ということもあり、気合十分で前期王者との試合に挑みました。
後攻のエンジェルスは剛腕石本が先発するものの、先頭バッターにいきなり2塁打を打たれ先制のピンチ。
その後制球も定まらず、続くバッターに四死球を与えるなどピンチを広げてしまい初回は2失点。
裏の攻撃で追いつきたいエンジェルスだったが、1番バッター石本のセーフティバントヒット一本で攻撃を終え、流れに乗れないエンジェルス。
その後はエラーなども重なり、2回に1失点、3回に2失点、4回には本塁打を打たれ3失点と計8失点に対し、エンジェルスは3回までヒットわずか2本、0得点と打のチームであるエンジェルスらしくない展開に今季初黒星がちらつくものの、最終回の攻撃では先頭石本が本塁打で始まり、連打で3得点とようやくエンジェルスらしさが出てきたところでゲームセット。
3-8で前期王者ドリームスに今季初黒星を喫しました。
まだまだ優勝の可能性が残っているので、ここから再度気合を入れなおして優勝目指して新たな連勝街道を歩みたいと思います。

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:島上
敗戦投手:井上

サクラ 0 0 0 3 0         3

HR:内田

ツナーズ 2 2 2 4 4         14 HR:松倉 下山
勝ち組コメント
72期8戦目はサクラさんとの対戦。
ここ2試合連敗している相手なので、先週の金曜日に決起集会を行い気合いを入れて試合に臨むツナメン。
先行はサクラさんで試合開始。
エース島上の立上りはエラー絡みでランナーを許すが、相手上位打線を0点に抑える立上りで裏の攻撃へ。
1番Joeがライト前で出塁すると、すかさず盗塁を決め2番宮田のセンター前で1点を先制。
3番下山、4番松倉は倒れるが、5番島上がレフト線にツーベースを放ち追加点を奪う。
後続は打ち取られ攻守交替。
2回、3回も0点に抑えると攻撃は2回、3回と2点ずつ得点を重ねホームランキング松倉のホームランも有り試合を優位に進める。
4回は相手上位打線に3点を献上するが、サクラキラーこと下山にもホームランが飛び出し、毎回得点で効率良く得点を重ね結果14対3で勝利。
久しぶりの勝利に喜ぶツナメンだが、守備ではエラーなどミスが目立ち、今週末の試合では修正して行きましょう!
負け組コメント
毎シーズン好ゲームとなるツナーズさんとの一戦。
なんとか初回から打ってチームを勢いに乗せたい櫻でしたが、1回から3回まで、ツナーズ島上投手の前になかなか形を作れず0点に抑えられる。
初の顔合わせとなる櫻ピッチャー井土が、強力ツナーズ打線をなんとか毎回要所を抑える好投で、3回を終え4−0。
4回の表、櫻の攻撃で、貧打の櫻打線を見ていられなかったのか、体がうずうずして抑えきれなかったのか、肩の大怪我をし長期離脱中の監督が代打で登場。右手一本でレフト前に運ぶ。
監督の気持ちに答えるかのように、1番ショーマの3塁打・2番西山の犠牲フライなど打線が続き、3点を返す。
1点差まで詰め寄った櫻でしたが、その裏の攻撃で1発を浴び再び離されゲーム終了。
負けてはしまいましたが、森實投手・井土投手の2枚看板で、今後の楽しみな櫻でした。

第72期 第13節 1月22日

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:長谷川
敗戦投手:藤原
コンポードー 0 4 1 3           8 HR:藤澤
ドリームス 2 0 0 4           6 HR:
勝ち組コメント
本日は昨季のチャンピオン・ドリームスさん、気合十分で試合に臨む。
初回3番市川がデッドボールで出塁するものの無得点に終わる。
裏の攻撃で2点を先制されるも、2回の先頭5番ピンク・タローが反撃のホームランを打ち1点を返す、ここで寝坊・西村も合流(すみません)。
6番JACK・7番長谷川Bとヒットで続きこの回一気に逆転で4-2に。
2回の守り、ノーヒット・ノーラン男・長谷川Bの好投で無失点と守り、3回の攻撃先頭の1番広瀬の華麗な流し打ちで出塁するとすかさず盗塁、 すると腹黒店長こと2番高江洲がキャラに似合わない献身的な右打ちで進塁打。
連続四球とワイルドピッチで1点を追加すると、3回の攻撃も0点に抑える。
4回の攻撃9番稲葉・10番岡田が連打で出塁しチャンスメーク、 2アウトから寝坊・12番西村ここで打たなければベンチに帰れない...。
悲壮な覚悟で打席に立つ、変化球にタイミングを外されながらもライト前にはじき返 し追加点、塁上でホッと胸を撫で下ろす。
※ベンチからの長谷川Bの「もう遅刻許したる!」の声が胸に染みる。
更に13番河邊・芸術的な右打ちでランナーが二人生還し、この回3点を追加。
最終回さすがの王者ドリームスさんに4点返され2点差に追い上げらるも、 全員で守り切りゲームセット。
強敵相手に2試合連続で接戦をモノにして、チームとしても団結力が試合毎に強くなっていっている気がします。
試合途中・キャッチャー杉本知の肉離れのアクシデントがあったが、来月までに完治させて次回も良い雰囲気・勢いに乗って連勝と行きましょう!
負け組コメント
72期第6戦、日本から助っ人1名追加の14名でコンポードーさんとの一戦に臨みました。
前の試合、サヨナラで負けている悪いムードを断ち切るように、組長が初回から全快で三者凡退に抑える!
初回夢軍団の攻撃は、先頭たてっしーがレフト2塁打で出塁すると、きーやん技ありのセフティーバントでチャンス拡大、初回夢軍団の攻撃は、先頭たてっしーがレフト2塁打で出塁すると、きーやん技ありのセフティーバントでチャンス拡大、組長もライト前に繋ぐものの、ブーが2塁でアウトとなり2アウト。
ここで久々?登場キャメルがライト前ヒットで繋ぐが、続く市助がライトライナーでチェンジとなり、2点にとどまる(ちなみに夢軍団、勝っていたのはここまで・・・)
2回、レギュラー捕手を欠くこの日の夢軍団、バッテリーエラーが少しづつ出始め、さらに相手の強打にもやられて4失点。
その裏、先頭のを総裁が渋くライト前に運び出塁し、この日初めて試合参加となったチャーリーが打席に入る。
結果は・・・見逃しK。チャリンチャリン。
その後、当試合が独身最後の試合である、うみが独身最後のDBをくらうも、まもなく既婚の余裕を見せいつも通りガニ股で一塁へ。
その後、さとま、ちゅんたと惜しくも倒れ無得点。
3回、4回と流れを変えようと踏ん張るものの、追加点を奪われ6点ビハインドで最終回の攻撃へ!
最終回、先頭たかGの四球から組長、キャメル、市助、を総裁、チャーリーと連打を見せ2点差まで迫るも残念ながら敗戦。
今年まだ未勝利の夢軍団。次こそは2017初勝利を目指して、再び団結して頑張りましょう!
そしてブー、短い間でしたがお世話になりました!
そして楽しい時間を有難う。東京でも頑張れよー!

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:川満
敗戦投手:高見

オオゼキ 0 5 2 1           8

HR:小野 高尾

カイザース 5 6 7 X           18 HR:阿部
勝ち組コメント
寒空の中、カイザース後攻で試合開始。
初回、好投に加え、ランナーを出すもヒロさんの盗塁阻止もあり0点に抑え、幸先の良い立ち上がり。
1回裏の攻撃は、上位打線が前試合に続き好調をキープ。
ヒットとファーボールでランナーが溜まると、阿部さんの3ランホームランで4点を先制。
その後も川満さんの好走で1点を追加。初回から5点のリードを奪う。
2回以降は、両チームの打撃戦の様相。
2回表は被本塁打を含み5点を失うも、カイザースの好調打線も、2回裏には打者一巡の猛攻で6点を奪取。
3回表にも2点を失うが、その裏の攻撃で2アウト後、大澤監督の出塁から打者一巡の猛攻。7点を追加。
ご愛嬌の失策はちらほらあったものの、好投・好打で試合の主導権を離さないナイスゲームで勝利!
次戦も、この勢いで勝利を目指しましょう!!
負け組コメント
旧正月を前にした一戦は強豪カイザースさんとの一戦。
そして、このゲームが約4年に亘りオオゼキの投打を支えたタカミーこと高見選手の最後の一戦となるということで、なんとか勝ちたい!
少数精鋭11名が天光道のグランドに飛び出しました。
初回先頭打者ポッターは右前安打で出塁したが、盗塁失敗。
ただ、積極的な走塁は次に繋がるはず。
2番タカミーは四球を選んだが、続くカリ、マロは凡退でゼロ。
裏のカイザースは3ランホームランも含めて5点を先制・・。
しかし、ひるまないオオゼキは2回表湯けむりのヒットを皮切りに、エラーと礼文の ツーベースで2点を返し、ここで9番ゾロがカウント1−1からの3球目を振り抜く と、快音を残した打球はセンターオーバーのホームラン!
これがゾロにとって、嬉しいリーグ初ホームラン!!!4−5。
ツーアウト後、今度は新人先生(仮称)が初打席でいきなりセンターにホームランで同点!
1番ポッターもレフト線のツーベースで続いたが、2番タカミーはセンターフライ。
しかし、同点にしたのもつかの間、2回裏はカイザースさんの猛打が爆発。
ヒットを集められて6点を献上。。
3回表は1死後マロ、湯けむりが相次いでエラーで出て1点。
亀井がデッドボールでつなぎ、2死後礼文の当たりもエラーを誘いもう1点を取り、7−11とする。
3回裏はあっさり2死を取ったが、ここから3四球にエラー3つも絡み、3安打ながら7点を失い、勝負あり。
最終回4回表は1死後新人先生がまたもヒットで出塁、2死後タカミー最後の打席を迎える。
タカミーは万感の思いで4球目を弾き返すと打球はセンター後方に!
最終打席がタイムリーヒットとなり、1点を返す。
カリはエラーで繋いだが、マロはキャッチャーフライに倒れてゲームセット。
残念ながら勝利でタカミーを送り出すことはできませんでしたが、タカミーおつかれさま!
また、出張や再赴任で是非ゲームに参加してください!

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:崎川 石本
敗戦投手:吉冨

エンジェルス 0 3 2 1 0         6

HR:

パイレーツ 0 0 5 0 0         5 HR:
勝ち組コメント
72期第7戦はパイレーツ戦。
前の試合で完封した崎川の先発で、15名で試合に臨みました。
先行の初回、自慢の上位打線が奮わず三者凡退で攻撃を終えるも、裏の守備はこちらも0点に抑える。
2回には相手の四球やヒットが絡み3得点するも、いつものように上手く打線が繋がらない。
味方の好守備もあり、2回裏もパイレーツ打線を0点に抑えるが、エンジェルス打線は湿った様子で3回には2点追加し5-0。
安心できない得点差に守備も堅くなったのか、3回の守備では四球やエラーが絡み、前の試合から7回連続無失点だった崎川が5失点と同点に追いつかれてしまう。
4回の攻撃もわずか1得点とパイレーツを突き放せない試合展開が続くが、4回からはマウンドにあがった石本が好投し、4回・5回を無失点で切り抜け何とか勝利することができた。
打線は奮わなかったが、好守備で試合に勝つことができました。
これから上位チームとの試合が待っていますが、攻守共に成長したエンジェルスで連勝街道を歩みたいと思います。
負け組コメント
2017年2試合目も強豪エンジェルス戦。
前試合ドリームスさんに奇跡の逆転サヨナラ勝利の勢いをそのままブツけたいパイレーツは、14名で後攻スタート。
1回表:久しぶりの先発高橋は相手のタイミングを外した投球でセカンド柳田の好プレーもあり、何と強豪打線を3者凡退に抑える素晴らしい立ち上がり。
1回裏:先頭南は高めの際どいボールを見逃し三振、2番SAM死球、3番小泉セカンドゴロが2塁への送球がランナーに当たり1アウト1,2塁のチャンスに広がる。
ここで4番青監督、みんなの期待を裏切りサードフライ、続く村田もファーストゴロで初回絶好の得点チャンスをつぶす。
2回表:初回好調であった高橋が乱れ、4四球と安打を絡められ3失点。
その裏6番柳田四球でノーアウト1塁のチャンスも、7番DANNYセカンドゴロ併殺、続く8番吉富も相手の投球にタイミングが合わず三振で無得点。
3回表も相手の打線がつながり2失点で、5対0と点差を広げられる。
しかし、今年のパイレーツは昨年までとは少し違う。
3回裏:パイレーツオールディーズ打線の先頭9番陸が死球、続く菅原サードへのボテボテゴロが相手のエラーを誘い出塁、続く向井も四球を選びノーアウト満塁のチャンス。
オールディーズ最後の切り札藤井に期待したが、ピッチャーゴロで本塁併殺。こんなオチがあったとは、、。
2アウト2,3塁となったが、まだまだチャンス。
続く高橋、佐久間が連続四球を選び2アウトながら押し出し得点。
なおも満塁でトップに返り、好調南は低めの難しい球を走者一掃の右中間3塁打で1点差に迫る。
続くSAMは1塁へのボテボテゴロだが執念のヘッドスライディング。
これが相手のエラーを誘い、3塁走者が帰り何と同点!
押せ押せムードから3番小泉はライト前安打で2アウト1,3塁、逆転のチャンスで4番青監督。
2回も裏切りは許されない場面で、何と1塁走者小泉が青の打席でのパスボールで2塁へ盗塁を試みるも、捕手からの矢のような送球でアウト!
一気に逆転のチャンスをつぶしてしまうが、3回裏で5対5の同点に追いつく。
4回表:投手交代で吉富をマウンドへ。
安定した投球で5人の打者で抑えるものの、サードの2連続エラーがあり悔しい1失点。
4回裏:相手も投手を速球派に交代。
なかなか打ち崩すのは難しいが、こと回トップの青監督がセカンド内野安打で出塁。
しかし続く好調村田は速球に押されファーストゴロ併殺、続く柳田も三振で三者凡退に抑えられる。
5回表:これ以上追加点を与えられない場面で吉富が踏ん張り、何と3者凡退に抑え1点差で最終回の攻撃を迎える。
前試合と同様、強豪相手にサヨナラ逆転勝利がチーム全体にイメージされるが、最終回裏も相手好投手にあっけなく3者凡退でゲームセット。
世の中そんなに甘くないよ!でも悔しい!!!
しかし、強豪エンジェルスさん相手に1点差ゲームはナイスゲーム!(しかし1試合3併殺はいただけません)
ここ最近投打にバランスが取れているのは確かであり、現在4勝4敗の5分だが、残り5試合何としても勝ち越しでシーズンを終えることができるよう、このまま良い雰囲気で頑張りましょう!

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:金塚
敗戦投手:丸山

ロイヤルズ 0 0 2 0 0 0 0     2

HR:

サンダース 0 2 6 0 0 4 X     12 HR:吉原 小西 吉田
勝ち組コメント
72期第7戦は古豪ロイヤルズさんとの一戦。14人で試合に臨む。
いつも大きな声でチームを引っ張る主将津曲と、温厚な土佐屋選手のバースデーゲーム。おめでとうございます!
試合は0-0で迎えた2回裏、吉田の技ありレフト前で先制すると、復調してきた菅原にもレフト前タイムリーがでてこの回2点先制。
直後、同点に追いつかれるも、続く3回裏、稲田が左中間への強烈な2点タイムリーを放ち、続く4番吉原のえげつない特大HRなどで6点加点し再びリードを奪う。
その後は両投手ともに好投が続き、8-2で迎えた6回裏、今期好調を維持する小西にランニングHR、続く吉田にもセンター後方へHRが出て、試合を決定づけた。
守ってはセンター吉田が大飛球を背走キャッチするなど、随所に好プレーがでて追加点を許さず。
特筆すべきは4番吉原。この試合も3打数3安打1HR 2打点と活躍。
通算成績は15打数14安打、打点18。打率は.931とちょっとおかしな数字になっている。
旧正月明けの2月には勢いのあるパイレーツさん、エンジェルスさんとの厳しい戦いが控えている。
休み中も気を引き締めて、この勢いを継続しましょう!
負け組コメント
第7戦目はサンダースさんとの一戦。
戦力ダウンに苦しむロイヤルズが、強豪相手にどこまで立ち向かう事ができるかを課題に試合に臨む。
先攻のロイヤルズは、1回2回と簡単に打ち取られ3人ずつで攻守交替。
この日の先発は久々の右腕、丸山がマウンドに上がる。
初回は調子が出ない中0点で切り抜けるが、2回はセンターのエラーなどもあり2点を先制される。
3回の表、先頭の野嵜がチーム合流後初安打で塁に出ると、すかさずパスボールの間に2塁へ進塁。
続く丸山もライト線へヒットを放ち2、3塁のチャンスで3番畦地に打順が回る。
点が欲しかったチームの願いを乗せて、畦地の打った打球は左中間へのツーベースとなり、2点タイムリーで同点に追いつく。
しかし、その裏ホームランを含む長短打で6点をとられると、その後の打線も繋がらず試合終了。
雰囲気は悪くないだけに、やはり打撃でチームに勢いをつけたいところ。
上位チームとの連戦も一休み。
春節明けから気合を入れなおして頑張って行きましょう!

第72期 第12節 1月15日

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:金塚
敗戦投手:吉冨
イーグルス 1 0 0 0 0         1 HR:
サンダース 4 1 3 3 X         11 HR:
勝ち組コメント
本年も皆様よろしくお願いします。
2017年初戦は前期敗れているイーグルスさんとの一戦。
日本からチャンスに強い男中村も参戦し、小雨の中プレーボール。
1回裏の攻撃、黄が四球、津曲が技ありのライト前安打でチャンスを拡大すると、今日は3番に入った吉原がセンターに大きな犠牲フライを放ち同点に追いつく。
その後も小西が右中間に2点三塁打を放ち加点。
2回以降も、菅原、岡本、吉原にタイムリー2塁打が出て、8安打ながら10得点と効率よく得点を重ねる。
守備面では、捕手浜田が金塚のショートバウンド投球を再三好捕し試合を締める。
更にセンター黄、セカンド小西、ライト中村にも好捕が飛び出て、ランナーは多数出すも1失点で切り抜け、10−1で勝利となった。
6試合終了時点で、吉原の打率は.917と今日も上昇。
その背中を浜中がピタッと.818で追走。
くしくも二人共野球エリート、兵庫県出身、金融業界勤務と共通点が多い。
そして「優勝への情熱」も人一倍強い。2人の戦いはまだまだ続く。
負け組コメント
2017初戦は強敵サンダースさん。
昨年度は唯一イーグルスが土をつけたという事で、今年も是非勝ちたかったところ。
しかし主砲の監督が不在、今シーズン初の悪天候での試合という事もあり、非常に苦しい展開となった。
初回に鈴木Dが3塁打、丸山2号がセンター前に運び幸先よく先制。
しかし、相手ピッチャーの巧みな変化球にやられ、その後は得点圏までランナーが出るもあと一打が出ず。
ピッチャー吉富も緩急をつけ、相手打線に芯を外させて長打をほとんど抑えられたものの、やはり雨で球が滑り四球を重ねてしまった。
2回の守備では、ファースト・オパ富安がフライ捕球時にまさかの足負傷。そのまま守備に内野守備未経験の川崎、今回初参加の松本が変わりを務めることに・・・。
しかし、悪天候でありながらエラーもなくしっかりと仕事をこなした!
(足を負傷しておきながらバッターボックスに立ったオパであったが、ライト前ヒットを放ったのは見事!)
大きな崩れはなかったものの、相手に毎回数点ずつコンスタント入れられたのが痛く、結果2桁得点差に開いてしまった。
イーグルスは乗ると打線がかなりつながるが、今回は雨でしぼんでしまった模様・・・。
一方で、前試合から入部したバッター篠崎が流し打ちでレフトの頭を超える長打を放つなど、貴重な長距離打者として働きを見せ、今後を期待させてくれた。
今年初戦は落としたが、残り試合全部勝ちに行きましょう!

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:川満
敗戦投手:井上

サクラ 4 0 0 7           11

HR:藤田 清野

カイザース 3 0 15 X           18 HR:鈴木
勝ち組コメント
日本は大雪、天光は小雨と、寒さを感じるコンディションでむかえた2017年初戦。
相手は、永年の宿敵、櫻さん。負けたくない相手に育休から復帰した監督大澤は、上位打線をしっかり固めた布陣で臨む。
四点ビハインドでの初回の攻撃。相手投手は、初顔合わせの好投手。
調子づかせると厄介か。しかし、そこはチーム随一の元気丸の南国系ヒロが、不安をもろともせず、しっかりとらえてライナー性の先頭打者ホームラン。
初回一点差まで詰め寄るも、続く二回は両チーム無得点の緊迫した展開に。
1点差のまま三回裏の攻撃、先頭打者は、ダンススタジオで日々是精進のダディーKO。
監督からの「この試合、この場面に掛かってるから、とにかくなんでも良いから塁に出て」という、無茶苦茶な指示に、戸惑いながらも、際どい球をむりせずにじっくり待って死球をもぎとる。
しっかり上位陣につなぎチームオーダーを完遂。
その後はあれよあれよの15得点で大逆転。
最終回の7失点はご愛嬌、2017年初戦を勝利ということで、明けまして、おめでとうございます。
皆々様、本年もよろしくお願い申し上げます!
負け組コメント
小雨が降る天光道、第二試合、今日から小山監督が左肩負傷から長期離脱と苦しい状況下、期待のピッチャー経験の新人井土さんを入れた10人の櫻戦士、相手は強敵カイザースさん。
初回の櫻の攻撃、1番ショーマ君、珍しくいきなり強振するもあえなくセンターフライ。
仕切り直しで2番鈴木さん、セカンドへのヒット、続くキャプテン増山さんが右中間に抜ける2塁打で幸先よく1点、4番清野さんが珍しくライトに繋ぐ打撃で2点目、5番藤田が久しぶりくレフトにホームランでいきなり4点のビッグイニング。
櫻のバッテリー、期待の新人、本格右腕井土さんとこれまた前回加入、キャッチャー経験の辻さんの新人コンビ。
注目の初回のピッチング、慣れないマウンドと雨で滑ったか、いきなり1番バッターにすごいあたりのレフトホームラン。
その後なんとか2点で凌ぐナイスピッチ。
2回櫻の攻撃、好調山田ひろし君がお手本のようなセンター返しで出塁するも、後続が倒れ無得点。
井土さんの2回のピッチング、ランナーを出すも要所を締めるピッチングで無得点。
ゲームの流れを掴みたい櫻、4番清野さんからの攻撃、当たりは良かったがサードゴロ。
続く藤田、ショートへの内野安打も、1塁走塁後フェアーグラウンドに出ていたようで敢え無くタッチアウト、すみません、ルール把握しておらず。
6番辻さん倒れて結局3人で終了の櫻。
ここまで好投を見せる井土さんでしたが、カイザース打線の大技、小技に、守備エラーも重なり、まさか、まさかの15点、最後は森實さんが締めて何とか長〜い守備が終わる。
粘りを見せたい櫻最後の攻撃、森實さんショートエラーで出塁、井土さん今日2つ目のファーボール、西山さん、好調山田ひろし君のサードゴロの間にそれぞれ2点取るも、2アウトと追い込まれた櫻。
ここで眠れる1番ショーマ君が目の覚める当たりをレフトに飛ばし出塁、2番鈴木さんファーボール、3番増山さんの当たりはショートエラーを誘い満塁、ここで4番清野さんが、これぞ4番の一撃、レフトにライナーで飛び込む満塁弾!
まだまだ終わりません、その後藤田がレフトへヒット、6番辻さんが加入後初となるセンターヒット、この回2回目の森實さんがライトヒットでこの回7点目、最後井土さんが倒れてゲームセットも粘りました。
前節ノーヒットから打線は調子を取り戻すも、守備で課題が残った櫻。
次節旧正月明けまで、各自しっかりと身体を動かして準備して望みたい。

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:島上
敗戦投手:北浦

ベアーズ 0 0 0             0

HR:

ツナーズ 3 7 3             13 HR:宮田 松倉
勝ち組コメント
72期7戦目はベアーズさんとの対戦。
朝から小振りの雨で試合が出来るか心配に集まるツナメン。
何とか試合開始となり初回のエース島上の立上りは晴れてる時より?調子が良く、相手打線を打ち取り0点で裏の攻撃へ。
1番宮田はセンター前で出塁し、2番島上はセンターフライで倒れ、3番厚澤はエラーで出塁、4番松倉の珍しいランニングホームランで3点を取り攻撃を終了。
2回も0点に抑え、裏の攻撃では7番Joeがライト前で出塁すると打線が繋がり、1番宮田のホームランも有り長短打で一挙7点を奪う。
次第に雨も強くなり、グランドにも水が溜まり始めゲーム続行が気になり始めると、審判と両監督が話合い3回で終了が決定し、最終回も0点で抑え雨天中止となる事なく完封勝利で7戦目を終える事が出来ました。
雨で寒い中、審判をして頂いたブレーブスさん大変お疲れ様でした。
では、次戦も頑張りましょう!
負け組コメント
夜も明けきらぬ石z尾、冷たい雨が降る中今年最初の試合を迎え、ベアーズは先取14名で強豪ツナーズに挑みました。
1回表先攻のベアーズ、川島、熊谷が倒れ2死から北浦が内野安打で出塁、2盗を決めてチャンスメイク、しかし4番の米澤が三振に倒れて先制点ならず。
1回裏、守備の乱れからランナーを溜められ、相手4番にレフトへ運ばれる。
クッションボールをもたつく間に本塁帰塁を許し、初回に3点を先制されてしまう。
2回表は阿部、角田が凡退、絹川がヒットで出塁するも、続く青山がライトフライで得点ならず。
強まる雨の中、2回表には7失点を喫し、3階の攻撃は鈴木が四球を選ぶも、岩木、胆藤、岡田と倒れてまたも無失点。
3回裏、更に3失点を喫したところで雨脚が激しくなり内野のゴロが転がらない状態に至って、協議の結果試合終了。
1時間に満たない短い試合で3回コールド負けとなった。
残念な結果となってしまいましたが、今年はまだ始まったばかり、旧正月明けからは連戦です。
心機一転頑張りましょう!

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:
敗戦投手:

ブレーブス                    

HR:

アタッカーズ                     HR:

雨天順延(⇒4月2日 SKM)


第72期 第11節 1月8日

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:島上
敗戦投手:田原
ツナーズ 6 0 9 9 6         30 HR:武藤 松倉 JOE
 松永
アタッカーズ 1 0 1 8 0         10 HR:谷本 田原 北村
勝ち組コメント
72期6戦目はアタッカーズさんとの対戦。年末年始の暴飲暴食が気になるツナメン。
蓄えた脂肪燃焼か?全員参加の17名で2017年の初戦に挑む。
初回の攻撃は1・2番で簡単に2アウトとなるが、3番チーム首位打者の厚澤がヒットで出塁し、エラーとファーボールで6番Joeが先制タイムリーを放ち、8番玉田のツーベース、9番松永のヒット、10番宮田のツーベースで連続安打の6点で初回の攻撃を終える。
エース島上の立上りはエラー絡みで1点を取られるが、何時も通りのピッチングで相手打線を抑える。
2回は共に0点となり、3回の攻撃は先頭の16番江藤がヒットで出塁すると4番松倉、6番Joeと9番松永にも嬉しい初ホームランの3発が飛び出し長短打で一挙9点を奪う。
3回の裏からは松倉が登板し1点で抑える好投をみせる。
続く4回の攻撃も1アウト後、14番富山のスリーベースに15番河野も上手いライト前で16番江藤もレフト前で続き1番武藤がスリーランホームランを放つなど2番以降も繋がりこの回も9得点と試合を有利に進めると、最終回には富山も登板し2点で抑えゲームセット。
今年は全勝を目標に頑張りましょう!
負け組コメント

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:吉冨
敗戦投手:岡本

ドリームス 2 0 7             9

HR:

パイレーツ 3 0 8             11 HR:南 川村
勝ち組コメント
2017年初戦が前期王者ドリームス戦。
胸を借りるつもりでいい試合がしたいパイレーツは14名で後攻スタート。
1回表:先発吉富は相手が前期王者ということで力みもあり2四球と味方のエラーも重なり2点を失うが、ダブルプレーもあり初回を2失点で切り抜ける。
1回裏:先頭打者南、今日は子連れで登場。
子供たちにいい所を見せたい南は、相手前期MVP投手からライトオーバーの先頭打者本塁打!
この一発にベンチのムードが高まり、続くSAM、小泉と連続安打。
4番青が倒れ、5番吉富は四球で1アウト満塁。
6番ダニーはレフト前安打で同点なおも満塁。
7番陸は相手も痛い死球で逆転。なおもチャンスは続くが8番川村、9番藤井と倒れ初回3点に終わったが逆転。
2回表、裏は両チームとも無得点に終わる。
3回表:ここまで相手打線を1安打で抑えてきた吉富だが、さすが前期王者。
四球と安打を上手くつなぎ、バッテリーエラーも重なり7失点と大きくリードされる。
3回裏:すでに1時間コールされたこの回先頭13番佐久間は見逃し三振に倒れ1アウト。
最終打者古川は痛烈なセカンドゴロを相手がエラー、その後WPもありで1アウト2塁。
1番に帰り前打席本塁打を放った南は痛烈なライト前安打、その後WPで1アウト2,3塁。
続くSAMは粘るもののピッチャーゴロで2アウト。
ここで1時間15分コールで次の回が無くなり開き直ったパイレーツ打線。
3番小泉右中間2点タイムリー2塁打、4番青センター前タイムリー、5番吉富四球、6番ダニーセンター前タイムリー、7番陸がレフト前へ同点タイムリー、何と2アウトから四球を挟む4連打で同点。
なおも1塁に逆転のランナーを置いて前試合3三振の8番川村の打球はレフトフェンスを直撃するサヨナラ2ラン本塁打で劇的な逆転勝利!
なんとドリームスさん相手に勝てるなんて!
本塁打で始まり本塁打で終わった今日の試合のMVPは間違いなく南、川村の両名でしょう!
南君の子供たちにもいい試合を見せることができて良かった!またおいでね!
投打のバランスが良くなり2017年も幸先良いスタートを切れたので、次の試合もいい試合ができるよう頑張りましょう!
負け組コメント
72期第5戦、レギュラーショート&スコアラーが発熱ダウンの13名にてパイレーツさんとの一戦に臨みました。
1回表:先頭ともきんエラー出塁、きよし明が三遊間を抜いて、組きゃぷ内野ゴロで一死後、TK-Gもエラー出塁の満塁から角ぴろ〜んの内野ゴロで1点先制。
をそうさい四球、不純生押し出し四球で1点追加も、き〜やんが外野フライに倒れ初回は2点止まり。
1回裏:先発は第71期MVP男の組きゃぷ。いつも組きゃぷなら2点で十分(!?)のハズだが、先頭打者ホームランを被弾後、ヒット&四球が絡み、あっさり逆転を許してしまう・・・
2回表:先頭のうみが四球も選ぶも、続くさとまがまさかのダブルプレー。
その後ちゅん太&ぶ〜いちのHHEコンビが連打で出塁するも、ますけんが内野ゴロでこの回無得点。
2回裏:組きゃぷが立ち直り気配を見せて三者凡退で無失点。
3回表:先頭ともきんがライトオーバーの二塁打、きよし明は外野フライで倒れるも組きゃぷ四球、TK-Gのセンター前でまず同点。
続く角ぴろ〜んもライトへの二塁打で逆転後、をそうさいの内野ゴロで1点追加。
不純生の四球後、Wスチールで更に一点追加。
き〜やん四球&好走塁、うみのライト前、さとまの四球にWPが重なりこの回7点を奪い試合の主導権を握るが・・・
3回裏:先頭を三振に取るも、次打者は絵に描いた様なトンネルエラーで1死1塁。
相手も1番に戻りヒットで繋がるも、粘る二番をPゴロで二死。
三番、四番に連続タイムリーを浴び、雲行きが怪しくなって来た所で守護神@をそうさいを投入。
しかしここから記憶がおぼろげです・・・
5番打者にフルカウントから四球を出した様な・・・。
6,7番に詰まり気味の連続ヒットを打たれて同点に追い付かれた様な・・・
8番打者の打球はレフトフェンスを越えた様な・・・。
気が付けば次の日の朝でした・・・
監督の采配(投手交代判断ミス)&不甲斐ないピッチングで負けてしまい、監督更迭の声が聞こえたのは夢の中だけでしょうか・・・

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:崎川
敗戦投手:渋谷

エンジェルス 5 6 3 0 6         20

HR:

ロイヤルズ 0 0 0 0 0         0 HR:
勝ち組コメント
2017年の初戦はロイヤルズ戦。
昨年は4勝1分と上位をキープしているエンジェルスにとって、2017年も波に乗るための大事な一戦を16名で臨みました。
初回、これまで打率10割をキープしていた片倉がついに凡打で打率を落とすも、6得点とまずまずの攻撃を見せる。
その後も打線が噛み合い、計20得点と強打のエンジェルスは健在。
チーム打点トップの澁谷はこの試合でも4打点と勝負強さが目立った。
守っては先発崎川がテンポ良く投げ、サード石本の好守備もありロイヤルズ打線を完封。
2017年、投打が噛み合い最高の船出になりました。
この調子で連勝目指して頑張ります!!
負け組コメント
017年に入り初戦の相手にエンジェルスさんを迎える。
本日の先発ピッチャーは5年間ロイヤルズならびAA理事会にも尽力して頂き、今日が帰任前最後の試合となった渋谷がマウンドに立った。
先攻エンジェルスの攻撃は初回からナックルボールに的をしぼり長短打で一挙5点を先取。
その裏ロイヤルズの攻撃は、先頭木俣の痛烈なヒット性の当りも相手の好守備に阻まれ1アウト。
2番城倉が出塁し、続く3番畦地が左中間に3ベースを放つも城倉がホーム前でタッチアウトとなり得点に至らず。
これで試合の流れが完全に出来てしまったのか、守備では凡ミスが目立ち、打撃の方も奮わず、どんどん点差が離れて行く展開に。
4回リリーフに入った中島が1回を0点に抑えるも、攻撃では得点のチャンスを自らのミスで潰してしまうなど、なかなか1点が遠い。
結局流れを変える事の出来ないまま2試合連続の0封負け。
4番ピッチャー渋谷に勝利の餞とは行かなかったが、まだシーズンも前半戦、ここから盛り返して行きましょう。

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:長谷川
敗戦投手:久下(兄)

オオゼキ 2 3 1 1           7

HR:

コンポードー 2 0 4 2           8 HR:高江洲
勝ち組コメント
新年最初の試合はオオゼキさんとの一戦。
じゃんけんに勝ち後攻を選択。先発はおばあちゃん改めノーヒッターBさん。
前回ノーヒットノーランを達成し、今回もどこまでノーヒットピッチングが続くか期待されマウンドに。
が、先頭打者にあっさりセンター前に運ばれ2戦連続ノーヒットノーランの夢ついえる。
その後、サードのまずい守備もあり2点を先制されてしまう。
何とか追いつきたい初回の攻撃。フォアボールとヒットをからめ、同点に。
2回以降も点を取られては取り返し、1点差のまま最終回の攻撃に。
先頭打者いぶし銀杉本(知)さんは、目の覚めるレフト前でノーアウトランナー1塁。
1アウト後、打席に入るは腹黒店長トンカチ。
肩痛をおしての出場ながら、結果は3塁線を鋭く破るランニングホームラン。
新年初戦、接戦をものにしての勝利。
次戦以降もこういう試合をものにし、上位に食い込めるよう、全員一丸で頑張りましょう。
負け組コメント
新年初戦は、コンポードーさんとの一戦。
1回表は先頭ポッターがヒットで出塁。1死後3番カリは内野安打。
ツーアウト後、マロが右中間にスリーベースを放ち、まず2点先制。
しかしその裏コンポードーさん もすぐに同点に。
2回表は、ゾロ、DGMが内野安打、ジローがよく見て四球を選び満塁。
ここから、湯けむりの犠牲フライ、二死後監督の2点タイムリーで計3点!
2回裏は四球を出すも、ゼロに抑え、いいムード。
3回表は一死後、首位打者カリがまたもヒットで出て、盗塁。
二死後マロが歩き、6番深田はセンターにタイムリーツーベース!
しかし、一塁走者マロは長駆本塁を狙うもホームタッチアウト・・。
3回裏はエラーと四球、犠飛で1点を失い、その後2死 まで漕ぎ着けるが、続く打ち取った当たりはファーストとライトの間に落ちるポテン ヒットとなり、6−4。
次打者の当たりはショート内野安打となり、2者が還り同点に追いつかれる。
4回表は湯けむりキャプがヒットと盗塁でチャンスを作り、バットーサイの投手ゴロの間に本塁を陥れ、しぶとく一点勝ち越し!
しかし、4回裏好投を続けるマロがついに力尽き、ヒットとレフトへのランニングホームランで7−8と逆転を許す。。
後続 2者を抑えたが、ここで時間切れとなり、前回のドリームスさんとの一戦に次ぐ連続1点差負け・・。
惜しい。惜しすぎる。ただ、いい試合はできているので、次戦は勝とう!

TOPページ >>第1節〜第10節 >>第11節〜第20節 >>第21節〜

(C) Copyright is reserved by HONG KONG SA Men's AA LEAGUE