TOPページ ≫イベント ≫2007年出身地別対抗戦


2007年7月1日 天光道グラウンド

優勝 京葉チーム


準優勝 雪国・香港・USAチーム



ホームラン競争

優勝 遊佐選手(ロイヤルズ)



準優勝 (サンエイ・アタッカーズ)




試合結果

A組 京葉 九州・山口 東海・南海・瀬戸内
B組 関東 関西 雪国・香港・USA

 
対戦
勝利チーム
第1試合
関東 vs 関西
関東
第2試合
京葉 vs 九州・山口
引き分け
第3試合
関東 vs 雪国・香港・USA
雪国・香港・USA
第4試合
京葉 vs 東海・南海・瀬戸内
京葉
第5試合
雪国・香港・USA vs 関西
雪国・香港・USA
第6試合
東海・南海・瀬戸内 vs 九州・山口
東海・南海・瀬戸内
決勝戦
A組1位:京葉 vs B組1位:雪国・香港・USA

京葉


--- 決勝戦スコア---

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:遊佐(ロイヤルズ)
敗戦投手:矢崎(ロイヤルズ)
雪国・香港・USA 3 0 0 0 2 0       5 HR:
京葉 2 1 0 0 4 x       7 HR: 遊佐(ロイヤルズ)

優勝コメント
決勝戦にふさわしい緊迫したゲームの行方は、5回裏、京葉チーム、遊佐(ロイヤルズ)の一振りで決まった。
終了時間も迫った終盤で2点リードをゆるし、雪国・香港・USAチームに流れが傾きかけた直後の攻撃だった。
京葉の攻撃は、1番本山(櫻)からの好打順。
センターが捕みきれなかった際どいヒットを放つと、すかさず2番池田(サンダース)がバントで、無死1、2塁とする。
ここで、2回裏にも犠牲フライを放った3番吉竹(サンエイ)が、今度はセンターフェンス直撃の2ベースヒットを放つ。
2塁走者は悠々と生還、1塁走者は本塁でクロスプレーとなるがセーフ!!これで瞬く間に同点とした。
そして、無死2塁という逆転の好機に打者は4番遊佐。
午前中のホームラン競争で楽々と優勝飾った遊佐は、ここしかないという終盤のこの場面でも、ドンピシャリのタイミングで狙い通りの右中間方向に決勝弾を叩き込んだ。
2回途中からリリーフ登板した雪国・香港・USAチームのベテラン矢崎(ロイヤルズ)は、ここまで外角ギリギリのストレートを決め、ノーヒットの無失点に抑えていた。
目を見張る好投で、完璧に打線を封じ込めていたのだが、惜しくも、最後の最後、ついに京葉強力打線に捕らえられてしまった。
最終回、逆転に賭ける雪国・香港・USAの攻撃は、1死から土井(アタッカーズ)が右翼に2ベースヒットを放ち、さらに四球で逆転の好機を広げるが、反撃はここまで。
東海戦で完投勝利を上げ、その勢いのまま先発した須藤(ベアーズ)から、中一試合肩を休めることのできた遊佐への継投を打ち崩すことはできなかった。
香港AAリーグを代表するような試合展開に、決勝戦に残れなかった他チームの面々も食い入るように観戦。
手に汗握る接戦にスタンドも唸りを上げ、そして歓声は奇跡的に雨が上がった曇天の空に響き渡った。




京葉チーム

関東チーム

東海・南海・瀬戸内チーム

関西チーム

九州チーム

雪国・香港・USAチーム

優勝記念撮影

遊佐投手(優勝胴上げ投手)

須藤投手(優勝チーム)  

矢崎投手(準優勝チーム)

宮地選手

松井選手 

松木選手 

鍛治選手 

対抗戦の為に、上和田先生香港へ

試合途中、降雨 

みんなで水取り 

せっせと水取り 

まだまだ水取り 

気合の一発 

気合の雄叫び 

一休み 

整列 

決勝戦スタート 

決勝戦スコア

チビッ子応援 

福嶋投手 

林選手 

開内選手(スイング早くてピンボケ)

丸山投手 

椎野選手 

渡部投手 

整列 

理事長から優勝カップ授与

阿部選手

岡本投手

金塚投手

小野寺選手

森實投手

森投手

成田投手

整列

川満選手

竹島選手

水取り

水取り

水取り

弁当アレンジありがとう!

弁当代回収!!
 


TOPページ ≫イベント ≫2007年出身地別対抗戦
(C) Copyright is reserved by HONG KONG SA Men's AA LEAGUE